食べ過ぎ 寝る向き。 (3ページ目)食道がんにならないためには、どちら向きで寝ればいいのか?

あなたは右向き?左向き? 寝るときの体の向きで、健康になれるかも!?

食べ過ぎ 寝る向き

スポンサーリンク 胃もたれを起こしてしまうと胃が重苦しくなって辛い状況になります。 これは胃の中の食べ物が十二指腸へと送られずにとどまってしまうことによって起こります。 要するに胃の内容物が入っているため重くなっている状態が続いてしまうと症状として現れます。 多くの場合は消化に悪い食べ物、揚げ物などの脂っこいものなどを食べ過ぎてしまうことによって起こります。 他にもストレスや過労などの影響も胃腸は受けやすいこともあり、それが原因となっている場合もあります。 胃が重苦しく、むかつき、吐き気などを起こしている状態だと横になりたくなりますよね。 そんなときにオススメの寝る向きを紹介しましょう。 これはずばり「身体の右側を下」にして横になりましょう。 これは横になれる環境さえあればすぐに試せますので試してみてください。 これにはきちんと理由があります。 その理由というのは胃の形が大きく影響しています。 横になる場合には右を向いて右側を下にします。 スポンサーリンク これは簡単に説明すると胃の出口が右側にあります。 入り口が左側にありますので食べ物は右側へと流れていきます。 そのため右側を下にするということは食べ物が流れやすくなる=消化を促すことにつながります。 胃に入ってきた食べ物は胃で消化され溶かされて十二指腸へと押し出されます。 この働きをぜん動運動と言いますが、ぜん動運動を促すことによって胃の負担が軽くなりますのでお勧めです。 吐き気がある場合にも右側を下にすることによって食道を逆流してくることを防ぐ効果も期待できますので吐き気がある場合にも試してみてください。 この寝る向きは食後のある程度時間が経ってからのお話です。 食後すぐに横になる場合には左側を下にして寝る方が消化を促進させることが出来ます。 それは食後は胃の上部に食べ物が溜まります。 そのため胃の構造上右側を下にしてしまうと食道側に食べ物が上がってきてしまいますので逆流する結果となります。 食事をした直後は左向きになり左側を下にして横になりましょう。 スポンサーリンク.

次の

消化に良い寝方を徹底解説!向きは左右どちらを下にする!?

食べ過ぎ 寝る向き

スポンサーリンク 食べてすぐ寝る体の向きは? 胃の形をイメージすると、左上から右下に向かっている絵を思い浮かべる人が多いでしょう。 このため、食べてすぐ寝る体の向きは「右が下」のほうが消化によいと考える人が多いようです。 実際、街でアンケートをとると、70%もの人が「右が下」と答えていました。 しかし、消化のメカニズムを考慮すると、横になる向きは「左が下」が正解なのです。 それは、食後に横になったときの胃の動きに関係しています。 胃は左上から右下に三日月形になっていますが、食べ物はそのまま右下に溜まっていくわけではありません。 実際は、胃の上部に食べものが溜まる構造。 一時的に食べ物は胃の上部に滞留していて、それが少しずつ消化されて右下に移動していくのです。 食べてすぐ寝るなら「左が下」 この状態で「右が下」になると、食べ物は食道に逆流してしまいます。 実際にバリウムを飲んで実験してみると、首のところまで上がってきていました。 そして「左が下」の場合、胃の中のバリウムはまったく逆流しないのです。 左上にものが溜まる胃は「右が下」だと食道のほうが下になってしまいます。 これでは、食べ物が逆流して当然です。 「左が下」なら食道のほうが上になるため、食べ物は逆流しません。 つまり、食べてすぐ寝るなら本当は「左が下」が正解。 食べ物の逆流を防いでくれるからです。 逆に「右が下」は食道に食べ物が逆流してくる恐れがあるのでオススメできません。 スポンサーリンク 食べてすぐ寝ると胃に負担をかけない 食べてすぐ寝るという行為はあまりよい印象を与えません。 しかし、食べてすぐ動くほうが健康に悪影響を与えます。 食べてすぐ動き始めることは、まるで胃で縄跳びをするようなものなのです。 というのも、胃は腹部に固定されているものではありません。 両端が止まった構造になっています。 食べてすぐは、ここに食べ物がたっぷり入ってぶら下がった状態。 非常に不安定なのです。 実際、犬などは満腹のときに散歩させると胃捻転になることもあります。 人間も食べてすぐ運動することは、胃の消化によい影響を与えません。 その意味で、食べてすぐ寝ると胃に負担がかからないのです。 食後の胃もたれで寝るなら「右が下」 食べてすぐ寝るときは「左が下」ですが、胃もたれのときは寝る向きが違います。 そもそも胃もたれがおこるのは、胃の運動機能が低下して食べ物がきちんと消化されないため。 それが胃の中に留まることでおこります。 食べてすぐは食べ物は胃の上部に滞留していますが、胃もたれのときはその多くが胃の下部に移動。 ここで「右が下」になるように寝ると、胃の中に留まった食べ物が腸に流れやすくなるからです。 すなわち、胃もたれで寝るときは「右が下」が正しい向きになのでした。 なお、胃もたれは炭酸水を飲むことでも症状が軽減します。 炭酸水を飲むと、胃の粘膜が刺激されて血流が増加。 胃の働きが活発になるため症状が改善するのです。

次の

食べ過ぎて苦しい時に横になると楽な向き?胃が痛い時の寝る方向

食べ過ぎ 寝る向き

食後すぐ寝るのはどうしてよくないの? 食後すぐに寝るのはよくないとされていて、根拠も存在します。 注意したいのは、寝るのが駄目だからといって、動くのが正解とは限らないことです。 しっかりと 消化のメカニズムを理解する必要があります。 胸やけ注意!逆流性食道炎を起こす! ? 食後にすぐに寝るのが体に悪いのは、食べ物を消化するための胃液が食道などに入り込み、炎症を起こすことがあるからです。 胸やけだと思っていた症状が、実際には 食道の炎症によって起こっていたというケースもあります。 逆流性食道炎という病気もあるので、食後すぐ寝るような習慣自体を、見直した方が良い場合があります。 食後すぐに眠ると太りやすくなる? 食後すぐに眠ってしまうと、血糖値のコントロールや代謝などが難しくなります。 起きていればエネルギーを消費する使い道が多く、無駄なくエネルギーを使えるようになります。 しかし、眠っている場合は、ゆっくりでも食事の消化が進み、使いどころのない血糖が脂肪にかわりやすくなるからです。 肥満が気になる場合は、 食後に休むタイミングをチェックする必要性があります。 夜寝る前は3時間前に食事を済ませるのがベスト! 食べ物の消化にかかる時間は、食べ物の内容によって異なります。 果物であれば20分から30分程度、野菜であれば1時間から2時間程度、ごはんやうどんなどの炭水化物は2時間から4時間程度と非常に長くなっています。 肉などのたんぱく質を消化させるには4時間から6時間もの時間がかかります。 多少の仮眠なら影響は少ない 食後の仮眠で10分から20分程度休むのであれば影響は少ないものの、しっかり休むのであれば身体に及ぼす影響も大きくなります。 夜寝る時は、就寝3時間前には最後の食事を終えておくのがベストです。 軽食で済ませるのであれば、量や内容応じて30分から1時間を目安に、起きている時間を調整するのがおすすめです。 横を向いて寝る時の左右にこんな違いが! 食後に横になって眠る場合、向きによって大きな違いがでてきます。 注意したいのは、人によって左右逆向きの方が良いケースがあることで、 自分の体質にあわせて選択することが重要になってきます。 左側を向いて寝る場合 食べ物は胃腸を通る時に、左から右に流れていきます。 右向きに寝ると食べ物が腸に向かいやすくなりますが、一方でその構造上の理由から、逆流性食道炎がおきやすくなるというデメリットがあります。 胃の形は左右対称ではなく、右向きに寝れば腸だけでなく食道にも食べ物が戻りやすくなってしまうからです。 食べ物と同時に胃酸が食道に流れ込み、食道に炎症を起こす危険性がでてきます。 左向きに寝れば胃のふくらみの部分に食べ物が収まるため、逆流性食道炎がおきにくくなります。 ただし、腸に食べ物が流れづらくなり、消化機能の妨げとなる場合があります。 右側を向いて寝る場合 健康的な消化器を持つ人や、胃下垂の人は右側を向いて寝る方が良いとされています。 メリットとデメリットは左向きと逆になりますが、健康な人であれば、下部食道括約筋がしっかりと働き、胃液や胃の内容物が逆流して食道にダメージを与えないといわれています。 下部食道括約筋とは、食道と胃のつなぎ目にある筋肉のことで、胃や食道が弱っていると、この筋肉の働きが衰えた状態になり、食べた物が逆流しやすくなります。 一般的に、右側を向いて寝る方が、食べ物が腸に流れやすくなるため、 消化不良がおきにくい等のメリットがあります。 寝る前に気をつけたいコトは何があるの? 寝る前に気をつけることとは、どのようなことでしょうか。 ここでは、 寝る前の過ごし方と休憩のとり方をみていきます。 食後の過ごし方 寝る前に注意したいのが、食後すぐに動いた場合も消化不良が起きやすくなるなど、体に悪影響を及ぼす危険性があるということ。 『食べた後にすぐに寝ると牛になる』という言葉もあり、牛になる=太るというイメージがつきがちです。 しかし、食べ物の消化には消化液を分泌するためのエネルギーも必要で、すぐに激しい運動をすると、消化器にいくはずの血液が不足して、消化管の血流不足から消化不良がおきやすくなり、かえって太る原因にもなります。 寝る際の左右が気になるからといって極端に動いても、デメリットの方が大きくなります。 意識がなくなると、体はリラックス状態になろうとしますが、胃に食べ物がある場合は、消化のための活動などをしなければならず、リラックスしきれないのがポイントになります。 横になるのは意識がある状態を指し、いつでも活動に移れる状態を指します。 目を閉じていても、意識があれば眠ったことにならないのがポイントです。 目を閉じているだけ、横になっただけでも、体力はある程度回復するため、うまく使い分けるのがおすすめですね。 こんな病気にご用心!寝る姿勢に着目 寝る姿勢によっては、身体の不調や病気につながる可能性もでてきます。 胸焼け 食事の量が多すぎる場合や、油ものや肉などに偏った食事をすると胸焼けが起こりやすくなります。 食べ物を見ただけで胸焼けがするのは、実際に胸やけをした時のことを思い出したり、想像したりしてしまうから。 左側を向いて寝るクセがついている場合は、消化不良が原因で胸焼けが起こっている可能性が高くなります。 肥満 肥満は消化不良によって起きることもあります。 消化不良は短時間の仮眠で起きるリスクは低く、食後にしっかりした睡眠をとると発生のリスクが高まります。 また、左向きに寝ると消化不良が発生しやすくなることもあるため、注意してください。 逆流性食道炎 逆流性食道炎は、胃液が食道に逆流し、食道にダメージを与えると発生する病気です。 胃液の影響で食道が炎症を起こしてしまい、放置すると内部出血が起こり、ガンなどの重大な疾患が発生しやすくなります。 食道は胸の辺りまで伸びているだけでなく、痛みを感じる神経が発達していないため、胸焼けと勘違いしやすいのが特徴。 食直後右向きに寝ると起こりやすくなります。 胸部やみぞおち辺りに違和感がある場合は、医師の診断を受け、治療することが必要になります。 寝る向きを考えて休息を! 食後に寝る向きは、思っている以上に身体に大きな影響を与えます。 どの程度寝るのか、食後の寝る前にどの程度時間を置くかも重要で、仮眠かしっかりとした睡眠かでも影響の度合いが変わってきます。 普段意識していない寝る向きと習慣が、病気や肥満の原因となっているケースあります。 身体への負担を意識して、健康的な生活習慣に変えていき、病気や肥満などの健康リスクを予防・回避していきましょう。 関連する記事• 2015. 24 みなさんは「睡眠のゴールデンタイム」をご存じでしょうか?睡眠のゴールデンタイムとは、睡眠によって最も多く成長ホルモンが分泌され、体に良い効果がもたらさ[…]• 2016. 16 どうしても夜寝つけない。 そんな時にリラックスできる音楽をつけてみようと思った経験ありますよね。 でも眠れる曲ってどんなものがいいのかわからないし、そも[…]• 2015. 13 ぐっすり眠れない、起きると体が痛い、眠りが浅いせいで朝から疲れているなど、眠りにまつわる悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?悩みの原因は、も[…].

次の