体重計 筋肉量 あてにならない。 体重体脂肪率はあてにならない!本当のダイエットの経過を確認する方法

【タニタの体組成計】筋肉量がおかしい?!調べてみた結果

体重計 筋肉量 あてにならない

本気ダイエットを始めてから、今日で64日が経ちました。 先週はmikioさんが時差ぼけしていて夜早く帰って来てくれていたこともあり、キックボクシングジムに5日も行くことができて大充実!しかし、ブログは完全放置になってしまいました。 なんと、お腹の上の方にうっすらと線が入って固くなり、腕にがっちりと筋肉が付いたのです!春夏生さんが腕にぶら下がってもへいちゃらになりました。 今までの人生でこんなに身体がたくましくなったことがなかったので、俄然やる気がでてきました。 あともうひと頑張り+その後を維持するために体重計を購入しました。 今回のダイエットを始めた翌日に体重計が壊れてしまったのですが、最近の高性能な体重計の高価さになかなか買う気が起きず、ジムの体重計で測定していました。 購入したのはタニタのBC-314という体重計です。 体重、体脂肪の他に、BMI、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、推定骨量を知ることができます。 個人データを一度設定すれば、あとは乗るだけで家族の誰が乗っているのかを自動で判断して測定してくれます。 この体重計に決めた一番の理由はとても単純で、ダイニングにあるのペンダントライトのシェードと色が似ていたからです。 のミエさんからのアドバイスで家のテーマカラー決めていて、何色のものを買うか迷ったときは、白か青にすると決めています。 テーマカラーを決めることにより、家の中に統一感ができ、ごちゃごちゃした印象になりません。 本当はスマホのアプリに自動でデータを記録してくれるものが欲しくてずっと悩んでいたのですが、ジムの会長の内山さんに「家庭用の体重で測る体脂肪はあてにならないよ。 水を飲んだり、お風呂に入ったりするだけでも変るから。 体重計は体重が分かれば充分です!」と言われたのでやめました。 トレーニングジムにあるようなアスリート仕様ものでないと正確な体脂肪率は測定できないそうです。 体重計を購入したことにより、それがはっきりとわかりました。 まず体重、こちらはジムにある家庭用の体重計で前日測定した時とほぼ同じくらいの数値だったので特に疑問は感じませんでした。 続いて体脂肪率です。 7%になっていました。 前日にジムで測定した時は24. でも、毎日測定できるのは家の体重計なので、今後は家で測定した結果を記録することにしました。 少ないことは良いことなので前向きに考えよう!タニタさん、少なめに表示してくれてありがとうー。 「あてにならない!」と言いつつ、ちょっと嬉しかったのがこの数字。 体内年齢が25歳でした。 自分に都合の良いことは信じたくなってしまいます。 見た目もこれくらいになってたら最高なのにな。 今週からはまた週3日くらいのペースでしかジムに通えなくなるので、気をつけることを少し増やしました。 今週の後半には12月に突入!最も体重が増加しそうな時期なので、気持ちを引き締めていこうと思います。 タンパク質が多い食材と野菜中心の食事を心がける。 食事の際はまず野菜類から食べる。 お肉を食べるときはできるだけ鶏肉か豚肉にする。 夜の食事は主食の量を控えめにする。 週に1日はどか食いをしてもいい日にする。 お酒もOK。 甘い物を食べるのは基本的にどか食いしてもいい日だけ。 ただし、外食した時にデザートがセットになっているときは我慢せずに食べる。 水をできるだけ沢山飲む。 お風呂に入る時、水を飲みながらできるだけ長く湯船につかる。 (30分くらい)• 自宅でも筋トレをする。 体重-2. 4kg、体脂肪-3.

次の

ダイエット中は体重計に乗らない方が痩せる?!その理由とは

体重計 筋肉量 あてにならない

あてになる・ならない以前に、家の体重計からのその体重でその筋肉量はあり得ない。 化け物です。 体重80キロで体脂肪率19%であれば、体脂肪量は約15キロに。 これで筋肉量が61キロだとすれば、全身の体脂肪量と筋肉量以外の量が4キロになるよね。 全身の筋肉と体脂肪以外には、水分・血液・脳・臓器・骨・・・とあるわけで、それらの合計が4キロなんてことはあり得ません。 少なくとも筋肉量61キロは明らかな間違いです。 もっと少ないです。 ついでに言えば、その身長でその体重なら一般的な感覚では体脂肪率は25%ぐらいはあるはずです。 あまり普段から運動していない人は筋肉が霜降り様になっていて、筋肉内に入り込んだその脂肪は体脂肪率計でカウントされ難く、よって運動していない人ほど見かけよりも体脂肪率が低く出る傾向があります。 これに対してアスリートは高めに出やすいのよね。 体組成計など、人にもよりますが、体脂肪率・筋肉量など、極めて不正確な値です。 ただ、同じ人が同じコンディションで同じ機械によって測定された数値は、日々の体の変化を観察する目安になります。 そもそも、体組成計の「筋肉量」は「筋肉の重量ではない」事をご存知でしょうか? 体組成計の筋肉量の表示は、単に体脂肪の重量を抜いた除脂肪体重だったり、さらに骨の重量を除いた数値だったり、筋肉以外に内臓の重量なども入ってる場合がほとんどです。 「筋肉+内臓+骨」の重量を測ることで、これが増えていれば、内臓・骨はそう変わらないとして、筋肉が増えているのだろうと考えるのに役立つだけです。 他人のデータや他の測定器でのデータと比べることに、何の意味もありません。 例えば、ちょっと昔見かけた論文が見当たらないので、ブログ情報になってしまいますが、もとプロ野球コーチを務めたという方のブログで、 ・ダルビッシュ投手は体重95kgで筋肉量が約24kg ・阿部捕手も体重97kgで筋肉量が24kg ・イチロー選手は体重78kgで筋肉量が20kg とあります。 引用元:『トレーニングの目的 倉俣監督BLOG スポーツナビ+』 それに比べれば、質問者さんの体重80kg、体脂肪20%もありながら、筋肉量32. 2kgもおかしな話ですよね。 おそらく、この野球選手のデータは、運動するときに使う骨格筋の重量に絞った数値でしょう。 2kgは、そういった意味では正しい筋肉量なのかもしれません。 ただ、その32. ご自宅で使用されている体組成計は、 TANITAの製品ではないですか? TANITAの場合、筋肉量は内臓筋や組織中の水も含みます。 「体組成計で測定している筋肉量は、 骨格筋、平滑筋 内臓など 、体水分などを含んだ値、 すなわち脂肪と骨塩量を除く組織量のことです。 」 体脂肪率が19%なら、骨格筋はおよそ40%でしょう。 kirei-laboの計算値がほぼ目安になります。 ただ、体組成計で測った体脂肪率は、 計測時の条件で5%ぐらいは平気で変わります。 まず朝起きてすぐ、計測してみてください。 次に学校から帰宅してすぐ、足の裏を水で濡らし、 太腿の内側も濡らしてくっつけて計測してみてください。 あまり数字にこだわらず、鏡と相談するほうがいいですよ。 その数字は何かの間違いでしょう。 80㎏ 体脂肪19%の体になる為の努力とはこんなモノです。 とある人のブログから抜粋してきました。 0 総筋肉量 kg 61. 85 右腕 kg 3. 45 左腕 kg 3. 55 右足 kg 11. 10 左足 kg 10. 45 体幹 kg 33. 30 基礎代謝 kcal) 1869.

次の

体重計の体脂肪率はあてにならない?見た目がリアルさが大切!

体重計 筋肉量 あてにならない

家庭用体組成計でよく聞く悩みが「体脂肪率が1日で増える、減る」といった数値の変動について。 それは、体組成計が壊れているのではなく、計測タイミングに原因があるのかもしれません。 今回は、タニタ企画開発部・主任研究員で栄養士の資格もお持ちの西澤美幸さんに、体組成計の精度を上げる計測タイミングを教えてもらいました。 毎日「同じ時間・同じ条件」で測る 体組成計は、足の裏から微弱な電流を流して身体の電気抵抗をはかることで体脂肪率や筋肉量を計測します(生体インピーダンス法)。 脂肪はほとんど電気を通さず、水分の多い筋肉などは電気を通しやすい性質をもっているのだそう。 「計測はできるだけ 毎日同じ時間に同じ条件で行なうのがおすすめです。 ご自身のライフログとして身体の変化を把握すれば自分の体調の変化にも気づける材料にもなります。 朝食前、トイレに行った後に計測するとか、夜の帰宅後、空腹の状態でトイレに行った後に計測するなど決めるとよいです。 できるだけ計測する自分の状況をそろえて測っていただくことは、単純に体重だけの変化を見るのにも有効です。 また、体組成に関しても1日の体水分の変動や体温変化もあるので、 計測条件をそろえた方がいいですね」(西澤さん) トイレに行った後がよいというのは、膀胱に溜まった尿は単なる重さとして計測されてしまうから。 尿は水分ですが、筋肉量に加算されず体重の重さにのみ反映してしまうのは、膀胱のある位置が問題で、臓器に囲まれているために電気抵抗は変わらず、重さとしてのっかってしまうからだそうです。 厚生労働省によると、夕方は下半身に分布する水分が増えるため体脂肪率は低めに出て、飲食後も水分が体内に入っているため同様の結果となりやすいそう。 逆に、トイレや入浴などで水分を外に出したとき、また水分補給をしていないときは、体脂肪率は高めに出やすい傾向にあるとのことです。 ・参考サイト:厚生労働省 e-ヘルスネット ・取材協力:株式会社タニタ <Edit:編集部/Text:京澤洋子(アート・サプライ)/Photo:Getty Images>.

次の