飛行機 キャンセル。 飛行機のチケットキャンセルは当日でもいいですか?

【コロナウイルス】飛行機キャンセルは?各航空会社対応まとめ【返金どうなるの?】

飛行機 キャンセル

ANAの飛行機のフライトをキャンセルする方法と発生する手数料をまとめてみました。 当日キャンセルでも手数料が無料になるパターンも紹介します。 [2020年6月4日 更新] コロナウイルス感染症対策の国内線航空券変更、キャンセルが手数料無料となる期間の延長が発表されています。 とある日程で、自分一人がANAの国内線フライトを予約していたのですが、当日、搭乗予定ではなかった家族が病気になり、自分だけ飛行機に乗るということができず、泣く泣くの当日キャンセルとなりました。。 早くから予約していたチケットだったので「変更不可搭乗券」というやつで、日付を変更することになりました。 ANAの飛行機(フライト)のキャンセル手順と発生する手数料(キャンセルした日によって異なる)を紹介します。 また、家族が絡んでくるパターンの場合、当日キャンセルでも手数料が無料になることもあるので、その条件なども紹介しています。 ANAというか飛行機に限らず旅行などもそうですが、キャンセルする時に発生する手数料は、フライト日が近ければ近いほどアップします。 当日でも飛行機が飛び立つ前であれば、〇%の手数料となり〇%は返金されます。 この他、ANA VALUE割引や株主優待割引、いっしょにマイル割などの航空券はキャンセル時の手数料が異なります。 航空券別のキャンセル、払い戻し手数料はANA公式を確認してみてください。 基本的に購入した方法と同じもので返金されます。 今回の自分の場合は、ANA公式サイトからクレジットカード決済で航空券を購入していたので、手数料が引かれた分がクレジットカードに返金されるということになります。 会員or非会員で電話番号が分かれていますが、その選択さえ間違えなければどの番号に電話してもOKです。 時間に余裕があるのであれば、ウェブサイトからのキャンセルやメールでの問い合わせで十分だと思います。 が、最初にも書いていますが、 自分または家族(フライト予定ではない人の場合も対象)が病気などになり、やむを得ずキャンセルになる場合は、申請することで「全額返金」or「30日間以内の便への変更」が適用されるパターンもあるので紹介します。 【ANAの神対応】当日キャンセルでも手数料が無料(または30日間以内の便への変更)になるパターン、条件 搭乗者本人または2親等以内の家族が病気になった場合は特別対応が適用される 今回、自分はANAのサポートに電話してキャンセルを行ったのですが、その際にオペレーターさんに理由を聞かれました。 「私事で申し訳ないのですが家族が病気で」と伝えたところ「その場合は、病院の診断書があれば手数料0円で全額キャンセルできるor30日間以内の便への変更できる」とのことでした。 フライトを予定してなかった人でも2親等以内の家族であれば、この特別対応が適用できるとのことでした。 最初オペレーターさんからこれを聞いた時は「ええ?マジですか?」という感じだったのですが、マジです。 キャンセル時に病気になった旨を伝える&後日、診断書をFAXかメールで送る必要あり 自分の場合、オペレータさんに理由を聞かれた時に「家族が病気になってしまった」と伝えたところ、特別対応の話を頂きました。 病気が理由で特別対応を申請する場合は、キャンセルした後に届くメールかFAXで病院の診断書を送る必要があります。 メールやチャットでも対応してもらえるとは思いますが「家族が病気」といったような場合はだいたい緊急だと思うので、電話か当日の空港でのカウンターで行うことになると思います。 自分の私用が理由でキャンセルする場合は、所定の払い戻し手数料が発生しますが、自分または2親等以内の家族が病気などの理由の場合は、手数料無料(または30日間以内の便への変更)となる特別対応という神対応も行ってもらえます。

次の

東京オリンピック用の航空券、中止の場合キャンセルはどうなる?

飛行機 キャンセル

とてもお得に空の旅を楽しめることで大人気の早割チケット。 しかし、キャンセル料金がかかることを知らずに購入して後で損してしまったという方もいるようです。 このようなリスクを軽減するために、スケジュールに気をつけるだけでなく購入する航空券のチョイスを見なおしてみましょう。 1つ目はフライトの日程を変更してもらう、そして2つ目はキャンセルです。 後者の場合はチケット代を払い戻してもらえることがあります。 飛行機に乗らないことで何かペナルティがあるわけではないため、何もしないという選択肢も一応はあるようです。 しかし、上記のようなサービスがあるためオススメできるものではありません。 どちらの方法でも、航空会社や料金プランによってはできないものがあったり、別途手数料がかかったりなどするため注意が必要です。 予約・購入する際にはキャンセル料金をよく確認しておきたいものです。 傾向としては以下のようなケースが多いようです。 セールで買えるチケットは日程の変更や払い戻しができない• 出発後のキャンセルは更に手数料が上がる(!)中には払戻のできない事もあります。 旅割を購入する前に、同行者の方とのスケジュールを固めて確認をー。 これで買ったチケットはキャンセル料金が高額になります。 格安チケットはキャンセル料金が上がるのでご注意ください。 いざとなったらチケットの確保だけしておくことも良いでしょう。 ギリギリまでスケジュールが不安な時は変更可能な航空券で 払い戻しの料金が高かったり、手数料が安かったりすることが多いようです。 もちろん航空券代は割増になるため、取り消し時のリスクと天秤にかけて考える必要があるでしょう。 これらのケースでは特別な対応をしてくれます。 放置してしまう方が多いですが、必ずサポートセンターに相談するようにしましょう。 病気になられた場合は飛行機の利用ができない旨を記載された診断書が必要になります。 早割チケットはお得ですが、キャンセル料金についてはよく注意しなければなりません。 スケジュールが不安な時は、便の変更が可能なチケットを購入してリスクを減らすようにしましょう。 関連記事•

次の

国内航空券のキャンセル・変更手続きについて

飛行機 キャンセル

先日のクレジット使用額の話の続きです、 気になるのが 東京往復飛行機代、、、東京オリンピック観戦用、夫婦2人分、、 というところ 7月の東京オリンピックの飛行機を1月末に取ったのです。 地方に住んでいるので 観戦チケットが当選しても 東京までの移動手段を確保しなければなりません。 半年前からの発売を待ってゲットしました。 単純キャンセルはできます。 早期で安めの航空券ですので 通常はキャンセルによる払い戻しは不可のはずです。 航空券の購入の目的は「東京オリンピック観戦」です。 でも 航空券にその明記がしてあるわけではありません。 例えば「オリンピックツアー」という表記の旅行の場合は 返金の可能性もあるはずです。 間に旅行会社などが入っているはずですしね。 我が家の場合 単純に個人のネット購入ですから、、 北海道のコロナウィルス感染で緊急事態となっています。 今回は北海道関係の飛行機のキャンセルは特別にできたようです。 オリンピックの場合はどうなるのでしょうか? 今のところ 「開催」予定なので 「中止」対応など全く発表されていません。 本当に東京オリンピックあるんでしょうか、、 夫は「オリンピックがなかったら東京旅行にすればいい」などとのんきなことを言っています。 でも、「オリンピックが中止になるほどの流行状況で旅行ができる?」と思うのです。 中止になったら お金はあきらめるしかないですかね。 東京オリンピックまで あと4. 5か月、、 最終的にいつ決定するのでしょうか、、 流行も収まり 普通にオリンピック開催されれば行くと思います。 不安な状況をのこしつつ強行開催された場合は、、、、 ちょっと考えます。 もう 気持ちは下向きです。

次の