ランド 円 チャート。 ランド円ショートコメント(2020年7月13日)

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)の為替チャート・予想・見通し

ランド 円 チャート

南アフリカランドとは? 南アフリカランドとは、南アフリカ共和国の通貨のことで、日本でいうと円になります。 金・ダイヤモンド・プラチナなどの鉱物資源に恵まれていることから、 資源国通貨の代表的な存在と言われています。 つまり資源価格の傾向に大きく左右される通貨なのです。 資源価格は世界景気の影響を受けやすく、状況によってはどこまで下がるか分かりません。 ただ世界的には経済が発展してる地域に選定されています。 価格変動の特徴 南アフリカランドは、経済の成長段階においては中期に位置しており、 今後の発展が期待できる新興国通貨です。 そのため流動性が低くなり、ボラティリティが高くなるという特徴を持っています。 また南アフリカランドは、国の位置する地理的な関係から、南アフリカ周辺諸国の影響を受けやすい通貨といえます。 南アフリカの経済情勢はそこまで悪くありませんが、周辺諸国では不安定な国が多く、影響を強く受けてしまうのです。 高金利通貨 南アフリカランドは高金利通貨としても有名です。 つまり持っているだけで高い金利を付けてくれ、利益につながるという訳です。 日本の政策金利が0. 1%に対し、南アフリカの政策金利は6. 5%と大きな差をつけているのが分かります。 スワップ取引を行う投資家には魅力的な通貨となっているのです。 下げ相場なのか上げ相場なのか 過去10年間の南アフリカランドをチャートから確認すると、 大きな右肩下がりとなっています。 一時期は6. 39円を記録しどこまで下がるか分からない状況とも言えました。 昨年も、米国の利上げや株式の急落、トルコリラの下落の影響から右下がりのチャートとなりました。 ただ今後はアメリカの利上げ回数が減少するという見込みや、不安なトルコリラから南アフリカランドへ変更する投資家が増えるなどプラス材料もみられます。 そもそも、南アフリカランドが下がる要因は? 南アフリカランドが下がる要因はいくつかあります。 内容によってはどこまで下がるか分からない事ものもあるのです。 これは南アフリカランドの特徴ともいえる新興国通貨では仕方のないことです。 リスクを考えた投資が必要になるという事を理解してください。 要因1 国営電力会社の破綻 南アフリカの9割以上の電力を供給しているエスコムが経営危機となり、大規模な停電が発生しました。 エスコムの債務残高は4200億ランド(約3兆3000億円)となっており、政府保証を付けることが決定、現在は立て直しを図っていますが受け入れない政治勢力も存在しているのです。 この状況が長く続けば投資家から見れば明らかなマイナスイメージ、良い状況にならない限りは、下がる要因の1つとして考えられます。 要因2 米ドルの利上げ 米ドルの利上げが行われると南アフリカランドは下がります。 これは新興国通貨への投資より米ドルの魅力が高まってしまうために起きる現象です。 2019年以降は米ドルの利上げ回数が減るという見通しになっていますが、必ずという訳ではありません。 もしかすると予想を覆し複数回の利上げを行う事も考えられます。 パウエル議長は利上げの終了か一時停止なのかについては、明言を避けており万が一もあり得るのです。 要因3 中国の景気悪化の影響 南アフリカの最大貿易国は中国です。 その中国の景気が悪くなれば南アフリカに与える影響はとても強く現れます。 もちろん中国経済が冷え込めば世界経済に与える影響も高くなるのです。 世界景気に左右される南アフリカランドは、中国の経済情勢に大きく左右されてしまいます。 つまり現在の米中貿易戦争は、南アフリカランドにとって無視できない状況という訳です。 南アフリカランドはどこまで下がるのか? 南アフリカランドが下がるとしたら、どこまで下がるのかを考えます。 為替は底が分かれば一旦上昇するものです。 南アフリカランドがどこまで下がるかを予想することにより、エントリーするポイントが見えてくるという訳です。 6~9. エスコムや5月の総選挙でプラスの展開を予想されている結果です。 確かに今抱えている問題の、電力や構造改革が進めば7. 6円より下がることは考えられません。 ただ、マイナス要素の計算がされていないようにも考えられます。 あくまですべて上手くことが運んだらという予想です。 予想2 テクニカル分析からの予想 円高の流れはなかなか変わりそうにもないという見通しが成り立ちます。 ファンダメンタルの強い影響を受けない限りは、チャート分析を行うと円高方向に向くという事に頷けます。 2019年はテクニカル分析で考えるとレンジ相場になり、7. 0円付近まで下がる可能性も考えられるという訳です。 予想3 様々なサイトを確認すると7. 3円~8. 0円予想 多くのサイトを確認しましたが、総合的に見ると、 2019年は7. 3円から8. 0円の予想が多くなります。 つまりレンジ相場が続くという予想です。 ただ強いファンダメンタルが起きれば当然レンジ相場からトレンド相場に移行します。 ただ2019年に関して考えるとそこまで影響力のあるファンダメンタルが起きるとは考えにくい、よって7. 3円付近が底値と考えられるという訳です。 南アフリカランド ZAR の投資におすすめのFX口座 南アフリカランドの購入におすすめのFX会社と特徴をご紹介します。 (1)LIGHT FX この記事のまとめ• 南アフリカランドは高金利通貨としても有名でスワップ取引を行う投資家には魅力的な通貨となっている• 南アフリカランドを過去10年間のチャートから確認すると大きな右肩下がり• 総合的に見ると2019年は7. 3円から8. 0円の予想が多くレンジ相場が続くと予想• 2019年はレンジ相場になりやすい年で最近の推移は魅力的• 南アフリカランドの購入におすすめのFX口座は、スワップポイントが高水準の「」 2019年は今までのチャート見ているとレンジ相場になりやすい年です。 ならばサポとライン付近でのエントリーを行えば、 スワップでの利益も見込めるという訳です。 もちろん中国とアメリカの状況に気を付ける必要がありますが、それを言えばどの通貨でも同じことになります。 南アフリカランドの魅力はスワップですので、その恩恵を受け取るのに最近の推移は魅力的といえます。

次の

南アフリカランド円の為替見通し(今後)

ランド 円 チャート

スワップポイントの大きさも特徴のひとつですが、それだけではありません。 スワップポイントは2か国間の金利差で決まります。 そこで、南アフリカと日本の政策金利の推移を確認しましょう。 この値動きの高値と安値を見ますと、7. 00円弱~7. 70強です。 広く見ても1円という範囲で、4か月~5か月という長い期間にわたってボックス相場(レンジ相場)でした。 そして、チャート中ほどで下値支持線を破って下方向に動きました。 比較的長い期間のボックス相場を下方向に抜けましたので、円高警戒です。 ところが、なかなか円高になりませんでした。 6月24日に、イギリスの国民投票の結果を受けて円高方向に動きましたが、それも一時的でした。 結局、再び円安方向に動きました。 このチャートの右端では、再び元のボックス相場(レンジ相場)の範囲に戻っています。 ボックス相場(レンジ相場)を下方向に抜けた• イギリスの国民投票で円高に動いた この2つの出来事があっても、完全には円高にならずにボックス相場を維持しているということです。 数年という単位でボックス相場になりやすい 2016年夏時点で、ボックス相場を形成しています。 このボックス相場の始まりは2015年末くらいでした。 そこで、もうしばらく(1年以上?)ボックス相場が継続すると予想できます。 長期的には円高傾向 一方、 円高の流れはなかなか変わりそうもないという見通しが成り立ちます。 と言いますのは、南アフリカは物価上昇率が高く、日本はゼロ近辺だからです。 物価上昇率がとても大きい国の通貨は弱くなりやすいことが知られています。 このことから、現在のボックス相場が終了した後は、円高方向に進みやすいと予想します。 ただし、予想や見通しは常に外れるリスクを持っています。 正解になるときは問題ありませんが、見通しが外れる場合にも対応できるよう、資金管理を万全にしましょう。

次の

【2020年最新版】南アフリカランド円の見通しを為替チャートで徹底解説!今後のレートや相場動向を予想

ランド 円 チャート

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック 0. 8 pips 50 円 -150 円 1,000 通貨 最大103,000 円 0. 9 pips 70 円 -70 円 1,000 通貨 最大505,000 円 0. 9 pips 61 円 -61 円 1,000 通貨 最大53,000 円 0. 9 pips 60 円 -160 円 1,000 通貨 最大54,000 円 0. ランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨で表記しています。 南アフリカランド円に関連する経済指標 特徴 金、プラチナ、パラジウムなどの鉱物資源に恵まれた世界有数の資源国。 一方でサブサハラ アフリカ大陸サハラ砂漠以南 最大の経済大国として、工業製品などの生産も盛んであるが、相場への影響は資源国通貨として国際商品市場の影響が大きい。 高金利通貨としても知られており、政策金利は2018年8月時点で6. 50%。 その後景気の回復もあって金利が少し上昇しているが、リーマンショック前の水準には届いていない。 もっとも、同じく高金利通貨といわれていた豪ドルやNZドルの金利が低下、ランド以外の通貨で高金利を狙える通貨が変動の激しいトルコリラなどごく一部となっていることもあり、高金利狙いの取引の対象として依然として利用されている。 労働市場が不安定なことでも知られており、鉱山労働者などの長期ストライキがランド売りを誘うなどのケースがみられる。 取引のポイント プラチナなどの国際商品市場の影響が中期的には大きいが、短期的にはそれほどきれいな相関を見せないケースも多い。 それよりも主要な輸出先である中国の景気動向などの影響が大きい。 国内要因としては長く独裁体制にあったズマ大統領から、ラマポーザ大統領に政権が変わったことで、様々な変化が生じるとみられており、今後の注目材料となっている。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の