東野 英治郎 水戸 黄門。 TBS「水戸黄門 第13部」

東野英治郎

東野 英治郎 水戸 黄門

薩摩の旅から帰った黄門(東野英治郎)が水戸・西山荘に戻って早2年が過ぎた。 天下の副将軍の権威をもってしてもどうにもならない政治のゆがみと人間の運命を知った第3部までの旅。 そんなある日、騒動でとりつぶされた越後高田松平藩の人々のその後を気遣って越後へ向かう。 見事、一件落着した黄門一行は水戸には戻らず、当時ベストセラーとなり話題となった「奥の細道」の松尾芭蕉の足跡をたどり、「政治のゆがみにはじき出されて苦しむものをすくいあげ、日のあたらぬところに光をもたらしたい」という想いをもって蝦夷松前までの旅を続けるのだった。 第4部では格之進の妻・深雪が一児の母親、霞のお新は弥七の女房になっている。 また、水戸藩家老の娘・浪路で助三郎の見合い相手には山本陽子が登場。 【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】第19回「七人の暗殺者-三戸-」は数ある『水戸黄門』のエピソードの中でも異色の一編として評価されている。 このため、現在の再放送時は、第18回以降の回数表記が2回ずつ繰り上げられることがある。 各回のサブタイトルは以下の通り(括弧内は第16回・第17回をカウントしない場合の回数表示)。 第1回「旅立ちの歌-水戸・江戸-」、第2回「天狗馬鹿-忍-(「忍」にルビ「おし」が付く)」、第3回「人情榛名おろし-高崎-」、第4回「鬼と呼ばれた娘-三国峠-」、第5回「黒いひげの黄門さま-長岡-」、第6回「越後血風録-高田-」、第7回「消えた雛人形-新発田-(「雛」にルビ「ひな」が付く)」、第8回「忍び狩り-米沢-」、第10回「あの紅が憎い-天童-」、第11回「地獄に落ちた悪い奴-庄内-」、第12回「なまはげ様のお通りだ!-秋田-」、第13回「曲わっぱの恋-大館-」、第14回「落ちて来たおしら様-弘前-」、第15回「津軽哀歌-青森-」、第16回「北海の反乱-松前- 前編」、第17回「北海の反乱-松前- 後編」、第18回(第16回)「駈けろ若駒-八戸-(「駈」にルビ「か」が付く)」、第19回(第17回)「七人の暗殺者-三戸-」、第20回(第18回)「湖水の女-十和田-」、第35回(第33回)「旅こそ人生-水戸-」。 協力:群馬だるま組合 3 、あしだや 京都中山人形店 7 、米沢市 8 、男鹿市 12。 【役名(演技者)】水戸光圀・丹後屋光衛門[第5回のみ・二役](東野英治郎)、佐々木勘三郎(里見浩太朗)、渥美格之進(横内正)、風車の弥七(中谷一郎)、石塚清雅(中丸忠雄)、霞のお新(宮園純子)、うっかり八兵衛(高橋元太郎)、天童玄蕃(郷鍈治)、浪路(山本陽子)。 」) 1 - 3 、 4 7 14 、() 5 6 、 8 15 18 、 10 13 19 20 35 、(クレジット表示では「高」は「はしご高」) 11 12 )(記録: 1 - 3 、 4 7 8 13 20 、 5 6 、 10 - 12 14 、(クレジット表示では「高」は「はしご高」) 15 18 35 、 19 ) 局系列 JNN 制作会社 (制作:C・A・L C. ) 制作協力 東映(東映京都制作所)、(協力:俳優座) 制作 (進行主任:今井 正夫 1 - 3 5 6 、山田 勝 4 7 10 14 、持田 久仁 8 15 18 、杉浦満洲男 11 12 13 19 20 35 )(演技事務:上ノ山 敏 1 - 3 5 6 、松岡 茂 4 7 8 13 15 18 - 20 35 、本多 和雄 10 - 12 14 ) 音楽 、(邦楽監修:) 主題歌 、「ああ人生に涙あり」(作詞:、作曲:)( 19 35 ) 撮影技術 1 - 4 7 10 14 、 5 6 11 12 15 18 、 8 19 35 、 13 20 、(照明: 1 - 3 、(クレジット表示では「喩」は「口」「? 」) 4 7 19 35 、 5 6 、 8 15 18 、 10 、 11 12 、 13 20 、 14 )(録音: 1 - 3 5 6 、 4 7 8 15 18 、 10 - 12 、 13 19 20 35 、 14 )(編集:( 4 8 「河合 勝己」))(現像:) ビデオ TBS 美術 1 - 3 、 4 7 8 10 - 15 18 - 20 35 、 5 6 、(衣裳: 1 - 3 5 6 、 4 7 8 10 - 15 18 - 20 35 )(美粧・結髪:)(装飾:)(装置: 1 - 3 5 6 、 4 7 8 13 15 18 - 20 35 、 10 - 12 14 )(題字:)(一刀剛: 8 ) 引用パーツ 水戸黄門(第4部) 薩摩の旅から帰った黄門(東野英治郎)が水戸・西山荘に戻って早2年が過ぎた。 天下の副将軍の権威をもってしてもどうにもならない政治のゆがみと人間の運命を知った第3部までの旅。 そんなある日、騒動でとりつぶさ... 出典:テレビドラマデータベース.

次の

水戸黄門 (パナソニック ドラマシアター)

東野 英治郎 水戸 黄門

国民的時代劇シリーズ「水戸黄門」。 その記念すべき第1部は、1969年(昭和44年)に放送され高視聴率を獲得した。 いわゆる「新番組」として放送された第1部。 その映像からは、新たな形の時代劇を作ろうとする当時のスタッフ・キャストの意欲や熱意があふれ、初めて視聴する方、懐かしい思いで視聴する方、どちらにとっても新鮮な印象を抱くこと間違いなしの作品となっている。 【ストーリー】 徳川光圀(東野英治郎)は、常陸国・西山荘にて「大日本史」の編さんのかたわら農作業に勤しみ、近所の子どもに読み書きを教えながら隠居生活を送っていた。 水戸藩士・佐々木助三郎(杉良太郎)と同・渥美格之進(横内正)は、藩の命により光圀の手伝いをさせられていたが、平穏すぎる日々に若い力を持て余し気味だった。 ある日、格之進の許婚・深雪の父が水戸藩家老邸の門前で切腹する事件が起こった。 背景には、なにやら重大なことが隠されているようだ。 時を同じくして光圀は、義賊・風車の弥七(中谷一郎)から文書を渡された。 それは、光圀と対立する老中・柳沢吉保が、水戸藩江戸家老・藤井紋太夫に宛てた密書だった。 どうやら吉保と紋太夫は互いに結託して、幕府および水戸藩の権力を手中に収めようとしているらしい。 こうして光圀・助三郎・格之進の三人は、越後のちりめん問屋の隠居およびその使用人という名目で水戸を発つことに…。

次の

水戸黄門 東野英治郎 1969

東野 英治郎 水戸 黄門

ご了承下さい。 2020/5/25(月)放送 薩摩へ向う世直し旅(江戸) 西山荘に無事平穏な日々を送る水戸老公が、薩摩に輿入れした将軍の姫君からの使いに旅への虫を起したが、ヤセガマンの最中。 将軍綱吉が世継ぎ誕生を願って次々と発する悪令に、江戸庶民の難儀を聞いて、江戸に急行。 綱吉を取り巻く側近の悪計を退治する。 そのまま一路薩摩へと、水戸老公の世直し旅はその第一歩を踏み出した。 2020/5/26(火)放送 駕籠屋になった助さん格さん(川崎) 六郷の渡しで老公と八兵ヱが悪い雲助駕籠屋にひっかかり、駕籠屋と結託した代官所で百敲きの刑。 手当をしてくれたのは悪党一味の妨害にも屈せず正業を営む男勝りの駕籠屋の娘。 助さん格さんも駕籠屋になって大奮斗、デッチ上げられた人殺しのからくりを見事あばいて、悪党一味を根だやしにする御大師様は川崎宿の駕籠騒動。 2020/5/27(水)放送 東海道お化け旅籠(平塚) 東海道馬入川を渡った平塚宿、客引き娘の親切に引かされて泊った宿屋が何と幽霊宿。 薬売りの老人が自殺した曰く付きの座敷に現れた幽霊の正体は?競争相手の宿屋に泊った弥七とお新が睨んだ博打うちと宿の主人の黒い繋がり、殺された親の仇を捜す息子を助けて水戸老公一座が演じる幽霊芝居は見事大当り、悪党一味の正体暴露。 2020/5/28(木)放送 黄門さまに似た男(沼津) 駿河の浜辺沼津千本松原の界隈で、霊験あらたかな人肌地蔵。 村人達は代官に仕事止めや寄進を強要されて青息吐息。 水戸老公が勇敢な若者と代官に追われるその母親と妹を助けたが、水戸老公そっくりの父親の出現にてんやわんやの大騒ぎ。 人肌地蔵の正体をあばいて悪代官のからくりを暴露する、二人の水戸老公神出鬼没の大活躍。 2020/5/29(金)放送 秘密を握られた男(清水) 東海道名代の港町清水の宿場で無法なやくざから小料理屋の難儀を救った助さん格さん。 やくざ一家の為めに町は無法地帯。 地付きの目明しは腰抜けでその娘にも愛想をつかされている。 水戸老公が町の人々を勇気づけダニ退治を試みたが臆病風。 その時弱い筈の目明しが生命を的に立ち上り水戸老公の後ろ盾で無法者と対決する。 2020/6/1(月)放送 自慢高慢馬鹿のうち(駿府) 駿府名物安部川餅百ケ食べたら賞金一両、八兵ヱが挑戦したが惜しくもダウン。 一方駿府の城下では酒の飲み比べ。 食い過ぎの八兵ヱが、飲み比べに優勝した左官職人の妹に介抱されていた。 久能山東照宮の普請をめぐる悪企みに引っ掛かった左官職人の腕前を惜しんだ水戸老公、助さん格さんを弟子に仕立て、悪者共を降参させる。 2020/6/2(火)放送 助さんの身替り亭主(掛川) 掛川の宿で助三郎が助けた母と子は名産葛布の総問屋の一人娘。 人足元締めの息子を嫌って家出して、江戸で後家となっての国帰り。 助三郎が身替り亭主で家へ帰ったが、その父親が問屋の暖簾を狙う元締め親子のたくらみに殺し屋に傷つけられた。 水戸老公主の前で、黒幕奉行一味の非行をあばいて、織物の伝統を守ってやる。 2020/6/3(水)放送 骨身にこたえた母の愛(吉田) 三州吉田の領内で落ちぶれた織元の息子が箸にも棒にもならぬ親不孝者。 見かねた水戸老公が足をとどめて、おしえさとすが馬の耳に念仏。 やくざにおだてられ、老母が財産をかくしていると信じ込み益々つのる乱暴ろうぜき。 だが愚かな息子へのつきぬ母の愛に感じた水戸老公が、息子御手討ちの土壇場に親不孝者を改心させる。 2020/6/4(木)放送 人情しだれ柳(岡崎) 岡崎城下は殿様上覧の献上花火菊屋、松屋の腕比べの噂で持ち切り。 八兵ヱの失敗で火傷をさせた花火師松屋に、三河男の心意気を感じた水戸老公が後ろ盾。 利権を狙う一味に利用された花火問屋菊屋の息子が仕掛けた爆発から、傷ついた花火師松屋を助けて、工夫の花火しだれ柳を見事完成させて悪一味を裁ち、岡崎の夜空を飾る。 2020/6/5(金)放送 命賭ける時(名古屋) 格之進が昔の剣術の友人を苦戦の最中から救ったが、格之進と友人を隠家に案内した馬子は意外や男装の娘。 友人は城内の権力を握る国家老の生命を狙う江戸から来た刺客であった。 一方、友人と同じ刺客の仲間と疑われた水戸老公達に迫る国家老一派の襲撃。 友人の許婚と馬子の娘が、女心に生命をかける、名古屋城下の大決戦。 2020/6/8(月)放送 風車に賭けた恋(桑名) 桑名の城下で弥七がやくざの乱暴から茶店の女主人を助けたが、その時現れた若侍に女主人は何故か弥七を亭主だと偽った。 その様子に焼蛤ならぬ大焼きもちのお新をなだめる水戸老公。 女主人が主家の若侍に尽くす真心に感じ入り、桑名藩のお家騒動を大事に致らず消し止め、若侍に親の仇を討たせ、若い二人の仲人役で上機嫌。 2020/6/9(火)放送 掏ってしまった仇討免状(松坂) 可愛い娘に鼻の下を延した助さんが見事財布をすられたが、その娘が病気で苦しむ兄妹連れからすり取った仇討免状にびっくり仰天。 だが伊勢松坂の関処で水戸老公達が引っ掛り、スリの娘も共々御用。 然し兄妹の探す敵が代官屋敷に匿われている事を知った。 水戸老公の計畧で助さんとスリの娘が替玉となり仇の本陣に乗り込んだ。 2020/6/10(水)放送 芝居になった漫遊記(伊勢) 伊勢山田に近い宿で送金を待つ水戸老公、怪しまれ身ぐるみ剥がれて追い出されたが旅役者の一行に拾われた。 伊勢山田の町で頼った興行の元締めが無法な親分一家に嫌がらせを受け、娘太夫も危うく色好みの奉行の餌食。 傷つけられた座頭を助け、水戸老公達が役者に扮し、狂言は何と本物を地で行く黄門漫遊記、世直し旅の大活躍。 2020/6/11(木)放送 飛龍の火祭り(新宮) 熊野権現の御神域の中から現れた男、神隠しにあって一年、女房も子供も総てを忘れた記憶喪失。 だが頭の古傷から不審を抱いた水戸老公、山番役人だった男の足取りをたどって苦心の探索。 遂に御神木を盗み横流しする大掛りな悪事を探り出し、ごうごうたる那智の滝の霊験は男の記憶を呼び戻す。 そしていよいよ火祭りの日を迎える。 2020/6/12(金)放送 殺しを誘う薪能(和歌山) 紀州和歌山の城下で、餅食い競争でのびた八兵ヱを介抱してくれたのは能の面打師の娘だった。 折から殿様献上の面を打つ兄弟弟子の腕くらべ。 藩の悪家老一味が競作にやぶれ破門された兄弟子を使い、面の裏側に細工させ殿様毒殺をねらう大陰謀。 この事実を探知した水戸老公は誠実な弟弟子と娘を助け、能の舞台に自から舞って大活躍。 2020/6/15(月)放送 非情の対決(橋本) 大和国吉野で行方不明の夫を探す武家の妻と老女中に出逢ったがその女は助三郎の剣術の師匠の娘。 だが折しも獄門の刑に処せられる贋金作りの首領は何と探し求める夫であった。 無惨に打ちひしがれた妻女の悲しみが助三郎の胸を打つ。 その后代官所へ狩り出される野鍛冶の秘密を追い、金をめぐる奥深い陰謀に迫る水戸老公。 2020/6/16(火)放送 鹿が知ってた悪い奴(奈良) 奈良で水戸老公が求める墨造りの有名な老舗南都園。 主人は頑固親父だが、やさしい娘と腕利きの職人は心が通う間柄。 公儀納入の墨をめぐって利権を狙う商売仇が奉行所与力と企んで、主人を鹿殺しの罪に落す。 処刑が迫る危機一髪の刑場に乗り込んだ水戸老公の大奮闘。 若い職人と娘の仲を結び、新しい紅花造りの墨を世に残す。 2020/6/17(水)放送 黄門さまの土蔵破り(堺) 泉州堺で知り会った若い盗人に盗賊の親分と間違えられた水戸老公。 小盗人が目を付けた回廻問屋の金塊に不審を抱いて乗った仕事は何と土蔵破り。 同じく金塊を狙う鳥追い女が、罠に掛けられて殺された親の仇討ちと判り、水戸老公の強行突破作戦。 弥七の押えた金塊を証拠に抜け荷商人と結託して私腹を肥やす悪奉行を取り押える。 2020/6/18(木)放送 人情灘の生一本(兵庫) 弥七夫婦が、旅先で母親に死なれた男の子を助けたが、その父親は酒処灘で働く杜氏だった。 水戸老公と共に、健気な造り酒屋の女主人を助け、商売仇のいやがらせから守り酒造りに協力する。 ようやく新酒が出来る寸前、酒を腐らす企みに掛ったが、細工は隆々。 見事新酒造りに成功して、悪党一味をこらしめる、人の情の生一本。 2020/6/19(金)放送 虚無僧の密書(洲本) 淡路島で虚無僧と鳥差しの不思議な血斗。 弥七とお新が、今際の虚無僧からたのまれた密書は、領内百姓の不穏な形勢を伝えるもの。 名主の娘が恋する漁師の息子はその父親と共に公儀が放った里隠れの忍び者。 水戸老公は百姓達を死地に追いやる悪家老の暴政を暴き、忍びの掟を越えて若い二人の愛情を実らせる淡路島の大活躍。 2020/6/22(月)放送 黄門さまも人の親(高松) 四国に渡った水戸老公が旅の噂に聞いた我が子高松城主松平讃岐守の悪い評判。 父親を真似て、家来二人を連れて領内おしのびの見廻りに領民達は大迷惑。 高松に乗り込んだ水戸老公、世間知らずの殿様を踊らせて私腹を肥やす悪人を取り押へ我が子に振るう愛の鞭。 そこに親子の断絶はない、先の天下の副将軍黄門も人の親。 2020/6/23(火)放送 海鳴り龍王岬(高知) 黒潮躍る南海の土佐の国、海に酒をそそぐ老婆の祈りは、かつて舟で出漁したきり帰らぬ息子の安否であった。 その妹を嫁にねらう網頭が、鰹節の秘伝と利権をねらって悪奉行と組んだ恐ろしい企み。 半年前に出漁した舟に仕掛けられた秘密を探った水戸老公の力は、魔訶不思議、死んだはずの息子が生き返り婚礼の席は一転大騒動。 2020/6/24(水)放送 黄門さまは時の氏神(大洲) 伊予は山国木材の名産地、だが山持ち地主と樵達は犬猿の間柄。 対立の最中で地主の娘と樵の息子が恋仲、駆落ち寸前を老公に止められたが、その時地主の息子が殺された。 下手人の疑いで捕ったのは樵頭の息子、その表に糸引く材木商と代官の悪企みをお見通しの水戸老公の一計で、知らずに集った悪党一味に正義の鉄槌が下る。 2020/6/25(木)放送 裏切り武士道(宇和島) 伊予の国宇和島で、八兵ヱの棹差す舟で一同ぬれねずみ。 老船頭に助けられたが、領民を苦しめる紙騒動に巻き込まれた。 家老と紙問屋の悪事を探った若い藩士が江戸の藩主に訴えようとの志に、協力する老船頭が封印を破り藩士と共に舟を出したが追っ手に捕えられる。 処刑寸前、奉行所に乗り込む水戸老公、正義の灯を守ってやる。 2020/6/26(金)放送 初春博多囃子(博多) 未だうら若い美男剣士、その腕前も只者でない。 思わぬ縁で知り合った格之進に女と見抜かれて打明けたのは、許婚の武士に勝負で勝てばその妻になれると云う。 ところがその武士には芸者の恋人があって子供まで宿した仲。 水戸老公は、女目当にからむ悪党退治は容易いが、さて男一人に女二人、もつれにもつれた恋をどう裁く。 2020/6/29(月)放送 うぐいす春風剣(中津) 天下の景勝耶馬溪を擁する豊前の野にのどかに流れる鶯の声。 藩の城代家老の風格に水戸老公も意気投合。 だが突如藩中に荒れ狂う悪い勢力のクーデター。 城代家老は捕われその娘と許婚者の若侍も追われる身。 暴虐な次席家老一味を向うに廻して、水戸老公の采配で城代家老奪還を目指す時、主をしたう鶯の鳴音が思わぬ大手柄。 2020/6/30(火)放送 熱湯に浸った悪い奴(別府) いで湯の街別府で、唯一人健気に宿を守る美しい嫁。 嫁を取り巻く人間模様、博打にうつつをぬかす亭主、息子可愛さから嫁を事々にいびる姑、宿の権利書を奪おうとする暴力宿の一味、嫁を吾がものにと横恋慕の郡代。 窮地に立たされた嫁を助け、姑を窘しめて、悪辣な暴力宿と好色郡代の野心を打ちひしぐ、老公情けの思いやり。 2020/7/1(水)放送 愛の奇蹟(宮崎) 恐ろしい使い手の浪人者に殺された漁師の遺体を運んだ家に目の不自由な娘が一人。 娘の目薬に不審を抱いた水戸老公。 藩の御用船の船頭や舟子達がドンチャン騒ぎの席に紛れ込み、密貿易の秘密を掴むが、港奉行の悪一味は密貿易の罪を船頭達にかぶせ皆殺しを計る。 危機一髪、水戸老公の怒りは燃えて、刑場に乗り込み大乱斗。 2020/7/2(木)放送 妖雲晴れた桜島(鹿児島) 薩摩への国境で荷車に隠れていた女は、島津家へ輿入れした姫君の腰元で主席家老の娘だった。 城内に物の化が現われて姫君と世継ぎの若君を苦しめる奇怪な噂。 薩摩藩の世継ぎを巡るお家騒動の陰謀か?若い武士とその娘と共に水戸老公は、襲いかかる忍びの物の兇刃と斗い、姫と若君を守り悪人一味を倒して薩摩藩の危機を救う。 ご了承下さい。 2020/4/7(火)放送 水戸から消えた黄門さま(水戸・白河) 西山荘で松の古木の手入れ中、猿ならぬ木から落ちた水戸老公、養生のため温泉めぐりが口実となって又々始まる世直し旅。 奥州白河の湯治場で女で稼ぐ悪辣な宿から、蝦夷の地へ父を尋ねる姉と妹を助けた水戸老公の一行は、妹娘を加えて風薫る初夏の奥州路を晴れやかに民謡の宝庫みちのくの旅、北に向かって出立して行った。 2020/4/8(水)放送 姫君はにせ者(福島) 祭りに湧きたつ福島で祭り見物の最中、水戸老公と共に蝦夷に向うお春が何者かに攫われた。 その頃助さんが盆踊りの輪の中で同じ年頃の娘を助けたが、その娘は刺客に狙われている。 城内ではお世継ぎ問題で善と悪との斗いが渦巻く。 替え玉にされたお春と本物の姫を助け婚約者の若殿と無事対面を叶えさせる、水戸老公福島の活躍。 2020/4/9(木)放送 人情喧嘩まんじゅう(仙台) 伊達家の御家騒動で暗雲漂う仙台城下で老公一行が若い心中者を助けたが、男も娘も名代の老舗菓子屋の跡取り。 二人の親が頑固者、元祖と本家で犬猿の仲。 折から幼君暗殺の毒入り饅頭をめぐる企みに息子と娘が人質にされる。 水戸老公が六十二万石の世継ぎを救い、若い二人の恋も実らせてやる。 御存知伊達騒動、老公の活躍。 2020/4/10(金)放送 御用船大爆破!!(石巻) 父を尋ねる娘お春を連れて水戸老公一行が石巻に近づいた頃、人違いでお新が渡された謎の密書。 誤認と知った盗賊一味はお春とお新を攫って監禁。 弥七が潜入した石巻の舟手番所では莫大な諸大名の米代金を狙う盗賊一味と役人の悪巧み。 盗賊が仕掛けた爆薬が随処で爆発し始める。 お新が監禁された舟倉にも炸裂寸前の煙が揚る。 2020/4/13(月)放送 何の因果で若旦那(花巻) 花巻温泉で八兵ヱが若旦那と間違えられ良い気になって大尽遊び。 処が、只より怖いものはない、これがとんだ落とし穴。 借金のかたに働かされる宿に盗賊が押し入った。 手引きをしたと疑われた親孝行な娘の身代りとなって八兵ヱが牢につながれる。 八兵ヱ救出と盗賊一味を捕らえる為、水戸老公自ら牢に入って巻き起こす鹿踊り大作戦。 2020/4/14(火)放送 武士道無明(盛岡) 盛岡は南部藩の剣術指南役の地位を狙う浪人上りの二人組が家老とその息子に取り入って悪だくみ。 藩指南役の師範代が誠実な武士で、跡つぎの娘と恋仲の若侍を助けて苦斗するが、眼を煩って失明寸前。 遂に老指南役は卑怯な二人組に闇討ちされる。 仇討に乗り込む師範代の危地を水戸老公が救って悪者一味を退治する剣の舞。 2020/4/15(水)放送 帰って来た南部駒(八戸) みちのくの旅は南部駒で名高い八戸で、悪名高い郷士の一党が馬喰達に無理難題。 土地を奪われる瀬戸際の馬喰とその子供達を助ける水戸老公。 姉娘を人質にした郷士の挑戦状を受けて単身敵地に乗り込む格之進。 陰で糸引く悪代官一味を、勇駒の勢いで見事蹴散す。 水戸黄門一行の大活躍。 馬喰たちの歌声に送られて一行は更に北へ。 2020/4/16(木)放送 ちゃんの土俵入り(青森) 蝦夷の地に渡る直前、浅虫温泉の湯舟の中で青森の興行師から角力と間違えられた弥七。 御老公に無理矢理大関にされて諏訪神社の御祭礼相撲の土俵に上げられる。 その陰に、やくざな角力上りの亭主を待つ母と子の悲しみを知った水戸老公が瓢箪から出た駒を使って四十八手の番外手、悪をこらして親子にかける情けの土俵入り。 2020/4/17(金)放送 群狼の罠(松前) 蝦夷松前に着いた水戸老公は、お春の父を尋ねる内蝦夷の御用商人北海屋がお春の父の失踪と関係があるのを知って江差に向った。 そこでお春の父を匿うトド射ちの名人とその娘、更に北海屋との板挟みに苦しむその兄の出現。 隠れ家に向う水戸老公達に襲いかかる悪人一味の銃声は轟き、娘は敵の手に。 蝦夷地の苦斗が展開する。 2020/4/20(月)放送 吼えろ北海の火縄銃(函館) 北海屋一味と決戦を挑む水戸老公達は原始林に潜み、トド射ちがひとり敵地に乗り込んで娘を助け出す。 が、敵の猛追は激しく、素性のばれたトド射ちの息子がお春と共に捕えられた。 水戸老公達が漸くお春の父の隠れ家に辿り着いた時、藩兵を従えた敵の襲撃。 トド射ちと敵の用心棒熊射ちの壮絶な一騎打ち。 蝦夷の天地の大決戦。 2020/4/21(火)放送 津軽こぎん(弘前) 花嫁衣裳がぜいたくと捕えられた父娘と共に、何を想ってか水戸老公も牢屋入り。 厳しい検約令と重い年貢に苦しむ津軽藩の内情は老公の予想以上と二度びっくり。 だが、弥七が探ぐった裏には、悪者どものとんだ二重生活。 若い二人の恋人の幸せを取り戻し、庶民の苦しみを救け、民芸品津軽こぎん刺した世に残すみちのくの旅。 2020/4/22(水)放送 忘れてしまった仇討ち(大館) 米処秋田の領内で水戸老公達が出逢った二人の武士。 一人は旅から旅の風来浪人、一人は農民を悪役人から守り農政を指導する。 二人が苦心協力して作るは新式脱穀機。 だが二人の間には仇を討つ者、討たれるものと云う悲しい宿命が横たわっていた。 乗り出した老公の真情込めた裁きは吉と出るか凶と出るか、恩讐を越えて涙あり。 2020/4/23(木)放送 泣くなわらしっこ(秋田) 民謡づいた水戸老公の云いつけで踊り歌い乍ら秋田の城下へ近づいた頃、夫々の父親と祖父を探す小さな三人組に翻弄され、怒り狂った目明しに水戸老公も泥棒扱い牢へ繋がれた。 いよいよ領主も領民も一緒になって熱気に湧き返る盆踊りの夜、領主に白刃が閃く一大事が起きた。 だが老公情けの計らいに皆の上に幸せが戻って来た。 2020/4/24(金)放送 八兵衛殿様五万石(横手) 横手の城下で起こった珍無類な出来事は、うっかり八兵ヱが二人現われる大騒動。 何と、藩主松平の若殿様の顔型が八兵ヱと瓜二つ。 お世つぎ問題で陰であやつる次席家老もその一味も大まごつき。 水戸老公が二人の八兵ヱを巧みに使い分け、悪企みの裏をかいて次席家老とその一味を討ち破る。 うっかり八兵ヱ男を上げる横手の大手柄。 2020/4/27(月)放送 大見得きった偽黄門(酒田) 米どころ出羽の国庄内地方に水戸光圀の一行が御忍びで現わるの報せに脛に傷をもつ郡奉行と米問屋の一味。 贋桝使っての年貢米誤魔化しの悪事を隠さんとの焦りから旅巡り一座で夜逃げ中の役者を黄門一行と間違えて大もてなし、袖の下迄使ったが。 其処へ現れた本物が筋書を立て、役者達を使って悪者一味を取って押える大芝居。 2020/4/28(火)放送 突っ走れ!!韋駄天野郎(鶴岡) 走る走る韋駄天走りの早飛脚。 その競争相手に選ばれた八兵衛が特訓につぐ特訓、又特訓。 出羽庄内藩の御本家と分家の意地の張り合いを正そうと、水戸老公の立てた作戦。 元の主人親子への忠義を貫く早飛脚兄妹を助けて、かけくらべの大勝負の裏にひそんだ、庄内藩分裂を謀る悪家老一味を退治する、黄門様の韋駄天裁き。 2020/4/29(水・祝)放送 黄門様の駒裁き(天童) 老公と助三郎がヘボ将棋で夢中になりつつ乗り込む天童城下。 将棋の駒のゆかしい文字の書き手は武家の妻。 美しい妻女を狙う家老の息子の悪企みの罠に落ち、夫は入牢。 その上、意地悪な姑に責められ涙も枯れた妻女を助け、駒は天童差し手は光圀。 将棋名人を名乗った光圀が城内で鮮かな駒捌きを見せ、貞女の難儀を救ってやる。 2020/4/30(木)放送 盗まれた印籠(山形) 山形の野天風呂でのんびり湯につかる内、何者かに路銀から大事な印籠迄盗まれた光圀一行の大御難。 盗んだ村の若者が三つ葉葵の力で民百姓をいじめる悪代官と材木商をやっつけるが、若者の母親が人質にされた。 姿を変えた水戸老公の作戦は、鍬形山の山小屋に悪者共を誘き寄せ天誅を下し、若者は親孝行に免じて許してやる。 2020/5/1(金)放送 最上紅花恋の唄(米沢) 米沢名産紅花問屋のじゃじゃ馬娘に献身的につかえる若い染物職人が、娘と二人で新しい染物をこの米沢でと工夫する姿に感じた水戸老公。 藩の勘定方が娘を吾が物にしようと京都の染物問屋と手を組んだ罠に若い職人がかけられたのを救い出し、若い二人を応援し、真赤に咲いた紅花の愛を実らせ結ばせる、水戸老公の人情染め。 2020/5/4(月・祝)放送 暴れ姫君(会津) 会津藩で有名なジャジャ馬お姫様に婿入りの話。 だが相手は国家老のよこしまな計画で、評判の馬鹿殿様。 自からその縁談をぶちこわそうと単身のり出す姫を追う家老一味の前に現われ、姫を捕えた謎の浪人者は、果して敵か味方か。 風雲急を呼ぶ鶴ケ城。 さて水戸老公の立てた姫君救い出し作戦は、意外な結末を迎える、痛快篇。 2020/5/5(火・祝)放送 江戸から来た密使(新発田) お新と夫婦きどりで旅をする商人風の男と、その妹で城中に腰元として勤める女の正体は? 水戸老公が巻き込まれた新発田藩お家騒動は、世継ぎの若君を毒殺せんとする国家老一味の悪謀みが吹き荒れる。 若君を漸く城内より脱出させたが、既に毒薬が廻って死が迫る。 一同が立てこもった山小屋は悪人達に包囲されて風前の灯。 2020/5/6(水・休)放送 つけ馬連れた若旦那(新潟) 助三郎と弥七が新潟近くの旅籠で若い男の口車に乗せられて一杯飲んだのが運のつき。 飲み代を払わされて着いた新潟湊町、だが若い男はまことの回船問屋の若旦那、相棒は何と吉原からのつけ馬だった。 勘当された若旦那を待つ母と娘をたぶらかして腹黒い番頭が役人と結託、店乗取りの陰謀を水戸老公が木っ端微塵に叩き潰す。 2020/5/7(木)放送 地獄で聞いた佐渡おけさ(佐渡) 佐渡の金山この世の地獄。 島送りの罪人と間違えられた助三郎が金山のからくり探索の為め潜り込んだ。 廃坑に見せかけた隠し金山の秘密を知って、行方不明となったもと金山方広間役の父を探す娘を助けて水戸老公は、弥七の活躍と共に金山奉行と人入れ商人の悪徳を叩き潰し、生命の灯を奮い立たせる佐渡金山地獄の底の大奮斗。 2020/5/8(金)放送 仇討ち角兵衛獅子(長岡) 越後長岡で角兵衛獅子の姉弟を助けた弥七が、角兵衛獅子の子供達を絞る親方夫婦をとっちめて、その背後に強欲な人足元締めの親分一家があるのを知った。 そして料理屋に女中奉公する姉弟の母親が町奉行の弟を夫の仇と狙っているのを知った水戸老公、危うく罠に掛つた親子を助け、見事仇を討たせ、故郷に錦を飾らせる。 2020/5/11(月)放送 母恋し父悲し(高田) 崖淵の荒れ小屋に得体の知れない子連れ強盗に謀られて閉じ籠められた老公一行は正に風前の灯。 あげくの果てこの親子に身ぐるみ脱がされた。 だがこの親子は赤の他人同志、高田城下の大商人である実の親に引き渡そうと乗り込んだがこれが大もめ。 水戸老公には憎い筈の泥棒だが、人間の情愛に感じて、親子騒動に一肌ぬいだ。 2020/5/12(火)放送 馬にひかれて善光寺(長野) 信州信濃の善光寺への道すがら、父親を探す少年馬子がごろつき馬方共に襲われた。 善光寺の門前町から問屋場一切を縄張りに、悪親分が役人と結託しての悪業のかぎり。 馬だけが知っていた事の真相、悪親分の手下にされていた少年の父親をはげまし、水戸老公門前長の悪者退治は、牛ならぬ馬にひかれての善光寺詣でとなった。 2020/5/13(水)放送 真実に命をかけて(松本) 烏の城と呼ばれる松本城下で、格之進が再会を楽しみにしていた友人の侍は、意外や逆臣の誹りを受けて暗殺の刃に襲われる。 その老母と許婚の娘に会った格之進が、お家騒動の中心人物家老の腹心として、許婚の兄まで斬った友人の本心を押し計り、水戸老公と共に理非を正してその誠を貫き通してやり正義の刃が悪家老を斬る。 2020/5/14(木)放送 ひょうろく玉の仇討ち(諏訪) 下諏訪宿で参勤交代の供侍の刀をひそかに改める若い男女を助けた水戸老公。 父親が殺され盗まれた銘刀を探す為めと知って、一行総動員での刀探し。 漸く高遠藩の侍の一人に目星をつけたが、意外や目指す刀は持参せず、窮地に追い込まれた一行。 だが、ひとり成算を胸にひめた水戸老公が単身高遠藩主の本陣に乗り込んで行く。 2020/5/15(金)放送 花嫁になったお新(飯田) 弥七とお新が売り言葉に買い言葉、喧嘩別れの飯田の城下。 水引元結作りと、紙作りの親同士がこれ又犬猿の仲、喧嘩のとばっちりで息子と娘の恋人同士が仲をさかれた。 お新があやふく息子の嫁に望まれ祝言の土壇場、奉行と腹黒い商人のたくらみをぶちこわし、親同士の仲を納め、水戸老公が新旧二組の仲人役を勤める伊那の旅。 2020/5/18(月)放送 おふくろさまは山びこ(上田) 信州上田の在にある老人の天国をたづねた水戸老公一行が、宿を借りた家ではおめでたの出産騒ぎ、一行も老婆に追いまくられての大奮斗。 だが、その夜、年老いたおふくろが行こうとした行く先は、天国どころか恐ろしい姨捨山。 身を以て老人天国の真相を探ろうと、単身山へ登った老公に、不気味な山神様の秘密が襲いかかる。 2020/5/19(火)放送 助さん格さん子守唄(渋川) 思いがけず捨て子を拾って大弱りの助三郎と格之進、身投げしようとした捨て子の母親を助けた弥七が、水戸老公と落ち合った渋川の宿場町。 赤ン坊の父親でばくち好きの馬子をいかさまにかけ、その女房をねらう悪親分と手を結ぶ強欲非道な悪代官を取り押え、親子の新しい門出を迎えてやる。 痛快、赤ン坊騒動、ムジナ退治。 2020/5/20(水)放送 高嶺の花が俺の嫁!(高崎) 染物職人が三年間一心不乱に働いて溜めた金を、惚れた花魁に会う為一夜で使う覚悟に驚いた水戸老公。 だが、職人の正直一途にほだされて共に廓へあがって大尽遊び。 職人の真心は花魁にも通じて万事目出度しと思った処に現れた恋仇は何と領主のお殿様。 がぜん巻き起る高崎城下恋のさやあて。 粋な黄門裁きの゛紺屋高尾゛物語。 2020/5/21(木)放送 十七年目の泣き笑い(伊勢崎) 伊勢崎城下で瞼の父を探しもとめる若い踊り子。 お下知物として都落ち刀を捨て、幇間となり世を凌ぐ男。 その男を追う江戸の直参二人。 そして岩鼻陣屋の役人。 江戸の踊り子に縄張りを荒らされたと息巻く土地の芸達達。 卍巴のてんやわんやの大騒動。 水戸老公情けの計いで、二つに割れた親子のえにしが一つに合つた赤い櫛。 2020/5/22(金)放送 日光街道日本晴れ(宇都宮・水戸) 懐かしい水戸の城下も近づく宇都宮で、日光奉行と江戸大奥の老女が結託しての悪謀みを探知した水戸老公。 江戸から来たお秋お春姉妹のお秋を水戸の姫君に仕立てて、家老の娘と許婚の若侍を応援、奉行と老女の不倫を正し、悪一味を一掃。 領主奥平の危難を救う水戸老公みちのくの世直し旅、仕上げの一働き。 日本晴れの御帰館。 ご了承下さい。 2020/2/24(月・休)放送 怒れ!薩摩隼人(鹿児島) 島津家に嫁入りした将軍家の姫君。 日毎の贅沢三昧で庶民の暮しは苦しくなる一方。 実権を握る老女には城代家老も頭が上がらない。 だが大奥育ちの身は所詮世間知らず。 悪家老につけ込まれて忠義の若侍に悉く辛く当る。 何も知らない島津公も悪家老に丸め込まれそうになった時、姿を見せた御老公の諫言によって目を覚ます。 2020/2/25(火)放送 哀愁稗搗節(宮崎) 格さんが路用の金を落とした為に無一文で旅を続ける老公一行。 途中、宮崎へ女中奉公に行く娘達から弁当を分けて貰って飢えを凌ぐ体たらく。 だが女中奉公とは名ばかり、実は京大阪に売られる身なのだ。 無一文がバレて、宿屋でこき使われている間に事情を知つた黄門さま、娘達への恩返しとばかり、悪者相手に大奮戦。 2020/2/26(水)放送 よみがえった男(人吉) きじ馬売りの若妻に夫と間違えられた格さん。 夫は無実の罪で行方をくらましたまま。 病身の姑を抱えてじっと真実の現われる日を待っている。 一計を案じた格さん、夫の振りをして真犯人をおびき出しにかかる。 だが夫は既に殺されていた。 嫁姑の真心に打たれた御老公、真犯人の家老父子に正義の鉄槌を下し、嫁姑の心根に報いる。 2020/2/27(木)放送 わたしは天下の大泥棒(八代) 放蕩が過ぎて勘当された大店の若旦那が久々に故郷の地へ。 妹も取りなすが、父親は若旦那を許さない。 そんな時、店から拝領の観音像が盗まれる。 みかん売買の権利を巡っての陰謀か。 いっぱしのアニイを気取る若旦那だが、何をやっても半人前。 妹に心配のかけ通し。 父親思いの兄妹の為、老公が大泥棒となって真の悪を裁く。 2020/2/28(金)放送 おてもやんの初恋(熊本) 急に嫁が欲しいと言い出した八兵衛、助さんの戯れ言に乗せられておてもやん探し。 殺人現場を目撃した弥七は逆におてもやんに惚れられてしまう。 人妻に横恋慕し、想いが叶わぬとなるや、夫を殺して妻子に謀反人の家族と汚名を着せる目付。 夫の無事を晴らし、仇を討たんとする母子に、おてもやんと老公一行が助太刀する。 2020/3/2(月)放送 あかね雲(山鹿) 灯籠まつりの近い山鹿の里。 今年も将軍家献上の灯籠を競う細工師達。 名人を敗るべく研究を重ねる姉弟。 だが思うにまかせずあせる弟。 姉と恋仲の名人の忠告にも苛立つばかり。 勝負にこだわり過ぎ、つい郡代らの姦計に乗せられ、名人を陥れてしまう。 が、老公達の手助けもあって改心した弟、名人に負けぬ作品を仕上げる。 2020/3/3(火)放送 姫だるまに似た女(大分) 地獄めぐりの湯治場で老公一行が行き合わせた下級武士の嫁と姑。 献身的に仕える嫁だが、姑にはいちいち気に障る。 日田の掛屋から岡藩七万石の台所視察を頼まれた御老公、城下で下へも置かぬもてなしを受ける。 だが掛屋は米相場に手を出し無一文。 藩士はがっかり。 一方、姑にいびり出された嫁だが、老公の仲裁で仲直り。 2020/3/4(水)放送 孤独の捕繩(小倉) 惚れた女房の為に抜け荷一味から足を洗った目明し。 裏切り者に対する抜け荷一味の執拗な仕返しに、女房の身を案じた目明しはひとり家を去り、殺されてしまう。 女房の腹の中に小さな命が育っている事も知らずに。 復讐を誓った女房。 十手を掴むと、恐れをなした村人を尻目に、御老公一行の助太刀で、見事に一味を捕縛する。 2020/3/5(木)放送 偽黄門さまの助太刀(福岡) 老公一行が福岡の宿屋へ着くと、あろう事か、別の黄門さま一行が既に投宿中。 その偽黄門さまに仇討ちを願い出る踊り子。 巡り合った仇は今は大道場主。 病身の兄と妹の願いを叶えてやろうと本物の黄門さま、尻込みする偽黄門さまを宥めたり賺したり。 本物偽物、入り乱れての助力のお陰で、兄妹は見事に仇討ち本懐を遂げる。 2020/3/6(金)放送 兄妹拳法絶海の対決(隠岐) 暴風雨の為、難波して散り散りに隠岐島に流れ着いた老公一行。 島を支配するのは代官と網元。 漁場の独占を企む両人にとって邪魔なのは、少林寺拳法を使う兄妹の存在。 だが役人がぐるでは兄妹も手の打ちようがない。 海賊まがいの手段で私腹を肥やす代官と網元から、命掛けで島民を守る兄妹を、老公一行が悪の手から救う。 2020/3/9(月)放送 黄門さまの縁むすび(出雲) 出雲では時ならぬ神かくしが続発。 若い娘が次々と姿を消す。 老公一行の目の前で沢田屋の娘も神かくしに。 実は後妻を嫌った娘の狂言。 だが忍びくずれの誘拐団の知る所となり、娘は本当にかどわかされてしまう。 今までの神かくしは皆この一味の仕業。 一行の働きで助け出された娘、御老公の計らいで初めて後妻の真情を知る。 2020/3/10(火)放送 宍道湖慕情(松江) 格さんが十年振りに訪ねた旧友は、国抜けの大罪で召捕りに。 裏には世継を巡る松江藩のお家騒動が。 藩主の弟の寵愛を受けた妹と旧友は、自らの血縁に撃がる藩主の孫を立てる城代と対立。 藩政を牛耳らんとする城代の手から弟君を匿っていたのだ。 双方の言い分を聞いた老公、命に代えて訴えた妹の心根を汲み取ってやるのだった。 2020/3/11(水)放送 忍びの女(鳥取) 老公一行の助けた旅芸人の花形娘は実は鳥取藩横目の娘。 虚無僧に変装した許婚と共に、御城代が隠し金山で私腹を肥やしている事実を暴き藩政を正そうと当主のいる江戸より出て来たのだ。 しかし許婚は出世の為に次席家老に寝返る。 隠し金山の元凶は実は次席家老……。 娘の申し立てで事件は解決。 わざと娘の手にかかって死ぬ許婚。 2020/3/12(木)放送 弥七二人旅(津山) 街道筋を荒し廻る兇状持ちは弥七にウリ二つ。 神社で旅人の懐を狙うちんぴらは、弥七を兇状持ちと感違い。 みやげ者を商うちんぴらの母の恩ある織元は、西国屋から機場を乗っとられようとしている。 一枚かんでいる二足草鞋のやくざと郡奉行。 兇状持ちは弥七と共に西国屋へ押し入り織元に三年前の恩返しをする。 2020/3/13(金)放送 丁半花むしろ(倉敷) 腕の良い花ござ造りの職人は、年がら年中夫婦喧嘩。 博奕にかまけて仕事をせず、おまけに負けてばかり。 御老公は岡山藩主に金を貸りて一世一代の大勝負。 にらんだとうりのイカサマ丁半。 盆ござの下ではイカサマ師を弥七が威し、老公の大勝利。 老公に刃が向けられ大乱闘。 そこへ家老が駆けつけ、イカサマ一味を縛り上げる。 2020/3/16(月)放送 若君替玉作戦(松山) 松山藩では、世継ぎをめぐり、亡き正室の嫡子菊千代と側室の子を立てようとする二派に分れての暗斗。 菊千代は実は替玉。 母に会いたい一心で城を抜け出し老公と知り合う。 菊千代の命を狙う側室方の次席家老。 菊千代留守中に公儀大目付が裁決に松山城へ。 弥七の報せで老公は菊千代を連れ登城。 次席家老の悪事を暴き、お家は安泰。 2020/3/17(火)放送 紙を喰う虫(高知) 藩主の不在をよいことに他国との紙商いを禁止、領内で出来る紙を全て藩が買上げる等、土佐紙の利権を動かし、私利私慾に耽る城代家老、目付、御用商人。 老舗の紙問屋にも自由に買付けが出来ず、紙不足から値上りし、領民も大迷惑。 商人に身を替えた次席家老の間者と弥七の手で密売の帳簿を入手、悪事が露見。 2020/3/18(水)放送 仇討ち!阿波踊り(徳島) 徳島名物阿波踊り。 しかしここ数年間唄や囃子言葉は一切御法度。 十年前、家老と大阪の商人が藍の利益を独占しようと藍問屋に漏れ衣をきせ闕所にしたが、その阿漕なやり口に苦しめられた人々は、藍問屋の息子八郎太の再来を願い囃子唄をつくったからだ。 その八郎太が帰って来て、老公立会いのもとで両親のうらみをはらす。 2020/3/19(木)放送 若者の恋(和歌山) 若い男女が駆け落ち。 二人は紀の国を二つに分ける程の勢力を持つ家の娘と息子。 両家は百年来の敵同士。 若い二人の行動に両家の争いは激しくなり、老公主従も巻き込まれる。 争いはついに刃物ざたにまで及び、見かねた老公、名乗りをあげる。 若い二人は御老公の粋な計らいで紀の国を離れ、水戸へ旅立つのであった。 2020/3/20(金・祝)放送 ど根性河内節(八尾) 通船問屋「車屋」の主人が亡くなり、三年前勘当された極道息子が帰って来る。 店は息子の継母が守り、息子を正道に戻らせて継がせようと思っている。 が、親の心子知らず。 河内中の通船乗つ取りを町奉行所与力とたくらんでいる通船問屋に踊らされる息子。 河内音頭を見物に来た老公一行の助太刀で悪事は露見。 親子の誤解も解ける。 2020/3/23(月)放送 父恋し伊勢参り(伊勢) 押し込み強盗の一味と間違えられて牢に入れられる老公一行。 無実の証しに二日の猶予をもらい本物の一味を捜す助・格・弥七。 一味は間の山一の長者の家へ押し込む。 しかし、一味の一人が、そこを貸りて住んでいる盲眼の女大道芸人とその子の捜している父親だった。 父親は改心し、老公は無事牢から出され、伊勢を後に旅立った。 2020/3/24(火)放送 あっぱれ武士道(尾張) 尾張藩の主席家老は、藩内政治向き一切を、自分の思うが儘に取りしきっている。 心ある侍達は、次席家老を盟主に首席家老排斥を企てている。 お家の為に一命を投げ出し主席家老を斬る武骨一徹の作事方下役の小身侍。 しかし、藩では私斗果し合いは御法度。 腹を切る覚悟の武骨侍。 御老公の心優しいとりはからいが……。 2020/3/25(水)放送 うなぎ屋の助太刀(浜松) 元津山藩江戸御留守居役の娘が父の仇討に浜松へ。 仇は郡奉行の息子。 父の病いがちをよい事に悪事を重ねている息子は、目付と組んで娘を無礼討ちにし、闇に葬るたくらみ。 息子の悪行を知った郡奉行は息子を切り切腹。 鰻屋に居候している問屋場の勘当息子と老公一行の助太刀により、娘はとどめを刺しみごと仇討本懐をとげる。 2020/3/26(木)放送 海道一の大盗人(金谷) 大井川の川留めでごった返している金谷の宿。 川の水嵩をごまかして川留めにし、旅人の難儀につけ込み法外なボロ儲けをする代官と川越人足の元締。 そのからくりを知った為に陣屋へ監禁される人足の女房。 老公の路銀を盗んだ女白波と老公一行はそろって盗人かぶりで陣屋へ忍び込み女房を助け、川留めのからくりを暴露する。 2020/3/27(金)放送 暴れん坊の恋(甲府) 十五年前に行方知れずとなった許婚を待つ山師の娘。 しかし許婚は病で行き倒れ、通りがかりの無法者に夫婦約束の書付を娘に渡すよう頼み絶命。 娘を好きになる無法者。 山師は金山を掘る夢の実現の為、娘を百両でお金奉行に売る。 老公の出現でお金奉行から救われる娘。 だが、山師は金山でお金奉行の用心に殺されてしまう。 2020/3/30(月)放送 箱根の山は天下の嶮(箱根) 江戸を守る要害の関門箱根の関所。 ところが袖の下で何とでもなる仕組み。 この噂を聞いた老公一行、視察へと繰り出すが関所番頭に正体を……。 まんまと騙された御老公、何とか尻尾を掴もうとするのだが。 女人禁制の裏街道を急ぐ一人の女。 理由を聞けば姉が関所で本当に監禁されていると言う。 何とこの破廉恥関所の背後には……。 2020/3/31(火)放送 めぐり逢い(鎌倉) 無罪放免とは知らず逃げ回っている大工の夫を捜している女に老公一行は出会い捜してやるのだが男は帰れない理由がある。 世話になった親方の放蕩息子を一人前の大工にするという堅い決意が。 ところがこの息子、ヤクザ相手にイカサマ博奕をし、誤って人を殺してしまったから大変。 鎌倉縁切寺に因んでの人情噺。 2020/4/1(水)放送 黄門さまの頑固くらべ(木更津) 老公一行、ひょんな事から元網元の家に世話になるが、ここの主人、曲がった事の嫌いな大の頑固者。 娘の好きな網元の息子も、代官への上納金を納めた事が気に入らず、結婚を許して貰えぬ始末。 ここは頑固者同士、老公一役買つて娘の力にと説得するのだが、一重に親の愛と知り、まずは代官の悪行を正そうと、葵の御紋が悪を斬る。 2020/4/2(木)放送 希望の灯(成田) 夫の眼の治療代の借金を払えずヤクザに苦しむ女。 陰で手を引くのが女を吾が者に狙う破廉恥名主。 女は老公を将軍家の医者と勘違い。 治療を頼まれた老公、断ると思いきや、軽く引き受け一同唖然。 と、今度は本物の将軍家の医者がやって来てこれが又々悪い奴。 老公の企みは。 破廉恥医者か、偽医者か。 成田を舞台に一行の大活躍。 2020/4/3(金)放送 人情潮来節(潮来) 潮来の乗合い船の権利を一人占めしようとする片腕のヤクザの親分。 邪魔者は頑固一徹な船頭。 かねてから噂を聞いていた老公は弥七に内偵を。 渡世人風の男と出会った一行。 親分の片腕を斬った男、そして船頭の息子。 諸悪の背後には代官が。 親分かつての恨みと私慾の為に船頭親子に兇刃の嵐。 怒る一行、故郷を眼前に大暴れ。 2020/4/6(月)放送 素晴らしきかな人生(水戸) 水戸に帰った一行、老公を迎える為の掘割り工事に出喰わす。 百姓達に信望の厚い若き郷士が命を賭け現場の監督を努めるのだが、何と完成の水入れの段になって水が流れない。 明らかなる設計ミスを、設計者の切腹を止め、作事奉行は郷士と百姓に責任を被せようとする。 老公一行、この騒動を治め、長い諸国遍行の有終の美を飾る。 ご了承下さい。 2020/1/17(金)放送 水戸黄門(江戸) 格之進に瓜二つの男が。 水戸老公と将軍家の行列を間違えて直訴に出た若い女。 肥前五島の領主の娘で安里姫という。 悪どい城代家老のため危機にさらされている五島を救いたい一心で江戸に来た姫だが怪物のような坊主(玄竜)に追いつめられて危機一髪。 事情を聞いた老公は義憤し、みずから五島へおもむく決心をする。 2020/1/20(月)放送 仇討ち甲州路(青梅) 甲州路を行く老公一行は青梅宿で崖崩れで足止めを喰う。 旅籠で相宿となった御岳詣り一行の一人の男にただよう殺気。 それもその筈男の父と妹を無礼討ちにした侍が近くの旅籠にいる。 老公はこの男に仇討ちを成就させてやるが。 その頃、東海道を行く為老公一行は玄竜達に襲われお新が負傷、脱出するが跡をつけられてしまう。 2020/1/21(火)放送 命をかけた友情(塩山) 賊に襲われていた一行を救う老公達。 その護送役は助三郎の竹馬の友で現在は代官所元締をしている。 だが友の変心は尋常一様ではない。 江戸送りの印伝物を奪われた為だけではない。 何かがある…。 彼は代官の好計によって印伝物の横流しを余儀なくされていたのだ。 玄竜の存在に怖れながらも助三郎の友情がこの友を救う。 2020/1/22(水)放送 黄門さまのおまじない(諏訪) ひょんなことから、とあるさびれた旅籠に草鞋を脱いだ老公一行。 使用人は僅かに一人。 お新や安里姫までが掃除炊事をやらされる破目に…。 事情を聞いた老公は看板を書いてやる。 途端に押し寄せるような泊まり客。 この旅籠の以前の番頭は代官に賄賂を贈り老公達を捕らえようと図る。 玄竜が荷担して老公一行は猛火に囲まれる。 2020/1/23(木)放送 苦難を越えて(松本) 塩の津留めを目撃した御老公一行。 この津留め、実は松本藩家老が私腹を肥やさんとして企らんだもの。 これに猛反対した勘定吟味役は家老に暗殺される。 家老の娘と勘定吟味役の息子とは恋仲であった。 腐心する家老の前に玄竜が…。 公儀の隠密に仕立てられる老公達。 安里姫の危機…。 前途ある男女を救う老公一行の大活躍。 2020/1/24(金)放送 お新に惚れた男(高山) 名匠左甚五郎を生んだ飛騨高山に彫刻の名人を訪ねた老公一行だが出迎えたのは酒飲みの二代目。 たった一人の妹が苦しんでいるのも知らぬていたらくに老公達はあきれ果てる。 お新の厳しい意見で心を入れかえる二代目だが、彼女と夫婦になりたいと言い出す。 そこへ弥七が…。 邪な代官と材木商人とを懲らしめる老公一行道中記。 2020/1/27(月)放送 盗まれた路用金(富山) 八兵衛の為に身の回りの物すべてを盗まれた老公一行。 ところがこの泥棒、実は大変な親孝行者。 本物とは露知らず老公達を老公一行に仕立て、途中で捕えられた玄竜までをその一行に加える。 男の気持ちにうたれた老公は命ぜられるまま。 故郷に錦を飾る泥棒男。 そこへ助格達が…。 暴れる玄竜達。 泥棒男は捨て身で老公を護る。 2020/1/28(火)放送 一寸の虫にも五分の魂(金沢) 実直一途の藩勘定方下役が、御用金行方不明の不正を正そうとして、城代の手下に襲われ重傷。 当日婚礼の予定が血で汚され花嫁は実家に連れ戻される。 だが一旦嫁ぐことを決意した彼女は実家との縁を切ってまでも思いを果たす。 その心に打たれた老公一行、囮を使って城代の化けの皮を剥がす。 美しく固く結ばれた嫁と姑の物語り。 2020/1/29(水)放送 黒い奉書紙(福井) 藩主の留守をよい事に福井藩特産の奉書紙を蔵から盗み出した勘定方組頭一味。 その汚名は六年前に泥棒稼業から足を洗った錺職人に着せられた。 誤解から彼の怒りは老公一行に向けられる。 そこへ錺職人の昔の子分が…。 子分は騙されて紙泥棒の片棒を担がされていたのだ。 真犯人を暴き錺職人の汚名を晴らす老公一行の大活躍。 2020/1/30(木)放送 恋にかける天の橋立(宮津) 名物『橋立饅頭』の売り子は、実は廻船問屋の若旦那。 父親に店の女中との結婚を反対され、店を飛び出したのだ。 だが、奉行も女中に横恋慕。 店と恋との板狭みに苦しみ、自ら身を引く女中。 その女中を奉行に差し出して、利権の独占を企むライバルの廻船問屋と町のダニ。 若い恋人達に打たれた御老公、ひと肌脱いで大活躍。 2020/1/31(金)放送 弥七の幽霊(福知山) 弥七を亭主の幽霊と間違えた女博奕打ちは、十七年前に捨てた娘の祝言を見に戻って来た。 だが娘は借金のカタに女郎の身。 言い交わした古着屋と心中する寸前に老公一行に救われる。 いかさまがバレて追われる身の女博奕打ち、老公の力を借りて娘と和解。 晴れて祝言の後、老公一行の大掃除が行われ、幽霊も安心して消え去る。 2020/2/3(月)放送 討たれに来た男(京都) 早馬から大原女を救った親切な侍は、大小を封印し、数珠を手に、曰くあり気な人物。 実は十八年前に、早馬を飛ばす途中で老百姓を切った罪の償いをしに来たのだ。 しかも助けた大原女が老百姓の孫娘だったとは…。 病気の父と借金と、言い寄る代官の息子。 老公の助力で悪玉一派は片付き、大原女も侍の誠実さに怨讐を忘れ去る。 2020/2/4(火)放送 浪花女のど根性(大阪) 十日以内に五百反の反物を納めないと店を潰されるという瀬戸際に立たされた伊丹屋の女主人。 だが織り子は商売敵の丹波屋によって金と力で次々と押さえられてゆく。 八方塞がりの伊丹屋に手を貸した老公一行、織り子を脅していたやくざを退治し、五百反を織り上げる。 丹波屋に丸め込まれた蔵役人も、三つ葉葵の前に畏れ入る。 2020/2/5(水)放送 妖怪の仇討(姫路) 姫路城下に夜な夜な出没する妖怪。 侍の髷を切っては闇に消える。 剣術指南役の道場の門弟ばかりが狙われるのを不信に思った御老公の調べで浮かび上がる五年前の妖怪殺人事件。 八兵衛が惚れた薬売りは、殺された当時の指南役の娘で、妖怪事件も親の仇を討つ為の娘の仕業。 真犯人は藩金横領の家老一派。 老公の助けで娘は仇を討つ。 2020/2/6(木)放送 黄門さまの鬼退治(岡山) 十一年前に生き別れになった母を探しながら行商を続ける桃太郎姿の少年と出会った老公一行。 老公が母探しに協力を申し出るが、肝心の少年は玄竜一味に連れ去られる。 玄竜の仲間である勘定役の屋敷に捕われた少年、そこで勘定役の妻となってる母と再会する。 桃太郎芝居を装って屋敷へ乗り込んだ老公一行、美事に鬼を退治する。 2020/2/7(金)放送 陰謀の罠(広島) 広島の城下に入った途端、老公一行を待ち受けた歓迎に面喰らう主従。 城内では城主が病の床に伏し、京の高僧が祈祷を続けている最中。 実はこの高僧は玄竜。 家老同士の対立を利用して一気に老公一行を無きものにする姦計。 危うく命を落としかけた老公一行だが、玄竜の企みを見破り、痴れ者を倒すが玄竜はまたしても逃げ去る。 2020/2/10(月)放送 酔いどれ用心棒(松山) 領内探索の為、ひと足先に松山領に入った弥七とお新。 ドジな土地の親分に隠密と間違えられ、追われる身に。 親分には腕の立つ正体不明の用心棒がいる。 百姓の訴えを無視し続ける郡奉行と家老も、隠密と聞いて狼狽。 弥七の先導で山越えを図る百姓達に鉄砲隊を差し向ける。 だが用心棒の加勢と駆け着けた老公の裁きで無事落着。 2020/2/11(火・祝)放送 身がわり花嫁(宇和島) 殺人現場を目撃した老公一行、代官所に届けるが埒があかない。 恋がある。 傾いた網元の息子と村娘。 だが娘の兄はやくざ者、海産物問屋竜屋に妹を嫁がせようと、竜屋の言いなり。 殺しも兄が竜屋に脅かされて網元を潰す為であった。 代官所の役人も鼻薬をかがされていて役に立たない。 若い二人を結ばせようと老公一行が大奮闘。 2020/2/12(水)放送 親恋し娘巡礼(今治) 一膳飯屋で情を受けた娘巡礼の財布を狙う文無し浪人。 行きずりのお新は巡礼に救いの手を。 一方、ひょんなことから祈祷師にまつりあげられた老公に消え失せた宝刀の行方を尋ねに来る浪人の妻。 この夫婦をこれまで堕とした宝刀をめぐる醜いお家騒動は御老公一行をも巻き込む。 巡礼がめぐり逢う変わり果てた瞼の父母の眼に涙。 2020/2/13(木)放送 親をだました親孝行(徳山) 老公一行が茶店で拾った夫婦喧嘩。 女房が娘盛りに出奔し残した老父の今際のきわに会わせたい孫娘は既に病死。 御老公は慈悲の心で替え玉作戦を勧めるが、畳の舗の跡取りに絡んで争う父の後妻と女の夫。 番頭と共に店を奪おうとする後妻の放つ刺客をかわし、替え玉となるおみつ。 総てを知りながら老父は快く騙されてやる。 2020/2/14(金)放送 幽霊船の怪(下関) 御老公一行が止むなく宿った寺に現われた盲目の琵琶法師。 その琵琶の音に誘われるように夜ごと出没する平家落人の亡霊。 幽霊船の漂う壇の浦に舟を漕ぎ出す恋仲の二人の若者、海賊を操りその上前をはねる船奉行の悪事が浮かび上がる。 これにかねてより御老公一行を狙う玄竜が加わり、怨み重なる荒海を背景に展開する大活劇。 2020/2/17(月)放送 八兵衛女難(福岡) 御老公一行に逸れ杣道に迷い込んだ八兵ヱは軽業師八兵ヱなる同名の男を激流から救い出すが、一寸の隙に身包み剥がれ大弱り。 残った軽業師の衣裳で老公の宿に辿り着いた八兵ヱを待っていたのは身重の情婦。 この二人に騙されたと迫る織物問屋。 唐織の秘伝をめぐる陰謀に巻き込まれた八兵ヱ、嫌疑を晴らさんと一世一代の大奮闘。 2020/2/18(火)放送 野望の代償(唐津) 刺客兄妹の危機を見かけ思わず手を出す格之進と弥七。 それを糸口に唐津藩を揺るがす藩主嫡男後見人と重臣一派の内紛の全貌が明らかに。 格さんと弥七が救った娘と反対勢力にいる若侍の恋。 陶工あがりの藩重役の歪んだ悲願は、藩主末弟が唐津焼きに熱中する間に老公の命までも犠牲にしようとする。 これを迎え撃っての大活躍。 2020/2/19(水)放送 二人の御老公(佐賀) 久々の再会を前に気が気でない御老公と佐賀の大殿。 この旧友同士に割って入る反対勢力。 大殿追放案を老公に蹴られた一派は更に光圀暗殺をも計画。 そんな折り、知ってか知らずか二人の御隠居は揃ってお忍びの下情御視察。 しみじみと治世の難しさを噛みしめる二人の背後を狙う種ケ島。 その時風を切る赤い風車が死闘の幕を開ける。 2020/2/20(木)放送 黄門爆殺計画(長崎) おくんち祭の前景気で賑わう長崎の街。 唐手使いの大道芸人が弥七を襲う。 一方、老公が無頼漢の手から娘を救った、ところがなんと亡命中の明国王女。 これを匿う貿易商の心意気に打たれる御老公。 王女を清国に売り渡さんと策を弄する豪商の主。 その陰に暗躍する玄竜一味は奉行を口車に乗せ御老公一行を爆殺せんと追い詰めてゆく。 2020/2/21(金)放送 福江城の対決(五島) 爆死寸前の老公らを救ったのは謎の唐手使い。 玄竜は兄の仇。 奪われた安里姫は五島藩の実権を手中に収めんとする家老父子の虜となり政略結婚を強いられる。 玉の浦一族の冤罪を晴らすべく甘んじて犠牲となる安里姫は老公生存を知らない。 領民総出の婚儀の席に躍り出る御老公一行。 西海の果ての死闘は旅の転機を飾る大団円。 ご了承下さい。 2019/11/25(月)放送 旅立ちの歌(水戸・江戸) 平穏の日々が続く西山荘。 独身者の自由を持て余し気味の助三郎と八兵衛は、御老公に旅ごころを起こさせようと大奮闘。 そうはさせじと中山備前守が助三郎の縁組みを企てた折りも折り、突如怪しい侍達に追われる画師が西山荘に現われ縁談は雲散霧消。 かくして流行りの〝奥の細道〟に導かれるかの如く老公主従の旅は始まる。 2019/11/26(火)放送 天狗馬鹿(忍) 謎の画師と共に旅立った御老公一行は、そのふり出しで怪しい侍達の火矢に襲われるが辛くも脱出。 忍藩を通りかかった一行は、〝天狗馬鹿〟なる若殿の出迎えに遭う。 世間からは嘲笑の的のこの若様、胸の内では父の長患いと兄の病死に疑問を抱いていた。 叔母の息子との世継ぎ争いの裏に蠢く陰謀を御老公の鋭い眼光が射る。 2019/11/27(水)放送 人情・榛名おろし(高崎) 偶然乗り合わせた渡し舟で御老公を感心させた気のいい若侍は、毎年ダルマ市の頃この高崎を訪れるのだった。 御老公はこの男が実は兄の仇と暮らす、ダルマ商の妹の安否を気遣う旅であることを知る。 この仇討ちを上意討ちの手段を以ってしても遂げさせようと藩の追手が迫る。 妹の幸福のため武士を捨てる若侍を必死で護る老公主従。 2019/11/28(木)放送 鬼と呼ばれた娘(三国峠) 三年の修業を積み愛する女剣士に試合を申し込んで敗れた浪人は、画師を捜すうち三国峠で賊に囲まれた老公と助三郎の危機を救い、ふたりに腕を認められる。 浪人は老公に授けられたマジナイをひっ下げて再度挑戦。 剣術指南役の地位をめぐる悪企みに巻き込まれながらも、娘の愛と役職を勝ち取る浪人。 さて御老公のマジナイとは? 2019/11/29(金)放送 黒いひげの黄門さま(長岡) 縮緬問屋の光右衛門は実在した。 画師の案内で小千谷の宿を訪れた老公は宿場中から仇敵扱い。 それもその筈、丹後屋の強欲主は老公と瓜二つ。 商売仇の山城屋は汚職絡みの反物献上に取り入ろうと丹後屋の嫁を誘拐。 画師の活躍でこれを知った老公は、守銭奴光右衛門を諫め結託。 家老一味の陰謀に立ち向かっていく、ふたりの光右衛門。 2019/12/2(月)放送 越後血風録(高田) 一触即発の高田城下。 城を追われた郷士を迫害する上士達。 この上、郷士の土地までも奪おうというのか。 謎の画師がその正体を現す時が来た。 父はかつての家老職。 迫り来る上士達は郷士の窮状を救おうとする老公の命までも狙う。 城内次席家老の味方を得、この陰謀を城主に伝える伝令がゆく。 広野に迫り来る敵。 御老公危うし!! 2019/12/3(火)放送 消えた雛人形(新発田) 一膳飯屋で財布を掏られた老公は喰逃げを咎められるところを人形問屋の老婦人に救われる。 この店に老公が厄介になった矢先、将軍家御拝領の内裏雛が消える。 咎を背負って娘婿が連行される。 手を尽くし雛の行方を追う老公。 浮かび上がる番頭の横恋慕。 更に次席家老の奸計。 老公を困らせたスリがそれぞれの欲望をひとつに結ぶ。 2019/12/4(水)放送 忍び狩り(米沢) 米沢城下、次々と公儀隠密を殺害する無気味な謎の三人組。 水戸老公一行の目前でも、また一人……。 この三人組を操るは城代家老と睨んだ老公一行も、隠密と間違えられて狙われる始末。 そして、次席家老の娘に恋した若い隠密にも魔の手が……。 上杉藩のお世継ぎ騒動の渦中に巻き込まれた老公一行の大活躍。 2019/12/5(木)放送 ごますり剣法免許皆伝(山形) 山形城下一の米問屋北野屋。 ところがここの若旦那、大の剣術気違い。 商売そっちのけで、毎日剣術に明けくれているが、ちっとも強くない。 財力に眼をつけている道場主や浪人達におだてられているだけ。 家老までもが私腹を肥やそうと何やら道場主と企む。 水戸老公一行も若旦那を更生させようと乗り出すが、はた又一騒動。 2019/12/6(金)放送 あの紅が憎い(天童) 紅花の名所天童。 老公一行、船に乗って売られていく百姓の娘を助けるのだが事はうまく運ばない。 美しい紅花の背後には厳しい年貢の取り立てと少女達の血の滲むような苦労が……。 それもこの天童藩、莫大な借財を抱えていたのだ。 ところがその背後で藩主を欺き、商人と手を組み私腹を肥やそうとする悪い奴。 老公、若さ撥刺の大活躍。 2019/12/9(月)放送 地獄へ落ちた悪い奴(庄内) 道に迷った老公一行、庄内の堅石村に辿り着くが、土地は荒れ、百姓達に生気が無い事に気が付く。 郡奉行が三年前に召抱えられた時からの事だという。 この奉行、小田原から来ている姉弟の敵討の相手でもある。 いったいこの奉行の正体は、狙いは?城主の幼少をいい事に、私利私欲を貪ぼる重役衆を裁く御老公の鞭が冴える。 2019/12/10(火)放送 なまはげ様のお通りだ!(秋田) 秋田の湊町。 老公一行、行列に出逢うが何と藩が借財を重ねている大商人の行列であった。 その行列の中の家老を狙撃しようとした一人の若者がいる。 かつて勘定役で切腹させられた父を持ち、兄は牢に入れられているのである。 その兄の嫁を家老と大商人は慰み者にしようと企むが、老公一行、秋田名物なまはげに扮して大活躍。 2019/12/11(水)放送 曲わっぱの恋(大館) 壮大な秋田杉の林の中で一人の百姓が殺される。 秋田藩の支藩大館藩の領主の留守をいい事に御本家の重役が借財返済の為勝手に伐採する企みを知られたからだ。 その場に居合わせた曲わっぱ作りに精を出す下級武士、恋仲のマタギの娘も命を狙われる。 己の欲を満さんばかりに人の命も顧みぬ極悪人に老公の怒りの杖が闇を裂く。 2019/12/12(木)放送 落ちてきたおしら様(弘前) 老公が川に落ち、村の少年とその姉に助けて貰う。 この村、隣村との仲が大そう悪い。 老公が間を取りまとめようと骨を折る。 ところが双方の村に山目付けが嫌がらせをし、互いに村を壊滅させようと企んでいた事が発覚。 いったい誰が、その目的は……老公一行にも狙いの矢が向けられる。 御老公、農家の守り神オシラ様に扮して大活躍。 2019/12/13(金)放送 津軽哀歌(青森) 太鼓づくりの老舗・烏帽子屋はヤクザにからまれている。 持ち山を譲れというのだ。 ヤクザの背後には代官所がついている。 そこへブラリと現われる一人の男。 その男と夫との間で苦しむ烏帽子屋の若女房。 代官は窮地のあまり老公の命を奪おうとするが…。 男と女、親と子のもつれた糸をときほぐす水戸老公一行の大活躍。 2019/12/16(月)放送 駈ける若駒(八戸) 将軍家献上の馬を育てることに異常な熱意を抱く母と息子。 三年前献上馬が毒殺された。 その時の御馬奉行であった夫はその責任をとって切腹。 だが毒殺の裏には汚い企みが…。 保身のために暗躍する馬主、代官、御馬奉行。 そして、敵討ち。 けなげな母子を救う、水戸老公一行の大活躍。 2019/12/17(火)放送 七人の暗殺者(三戸) 村人三十余名が一斉に蒸発?!村人をさらったのは鉄砲、槍、居合抜、等に超一流の腕を誇る七人の男たちだった。 すでに他界している町奉行を呼び出す。 水戸老公は自ら山の湯治場に足を踏み入れる。 恐怖に怯える村人たちを救うため、七人の強敵を一人一人うちたおしていく老公一行の手に汗にぎる大活躍。 2019/12/18(水)放送 湖水の女(十和田) 人もうらやむほど仲の良い父と娘、その父が何者かに殺された。 村人の殆んどが木地師である。 それが山の木を切ってはならぬという奉行所からの達し。 全ては私腹を肥やさんとする郡奉行と村役人との謀略だ。 怒りに燃えた娘は敵討ちを決意、格之進に剣の手ほどきを受ける。 そして本願成就。 十和田湖は今も波静かであった。 2019/12/19(木)放送 南部鉄瓶由来(盛岡) 高価な南部釜に代わる廉価な生活用具を作りたい、と親方と喧嘩別れした弟子は、藩の禁制を破ってまでも願いを成就。 その出来ばえに親方は己が非を認める。 だが肚黒い吟味役と町役人との謀略で牢につながれる。 そして、年に一度の上覧の日…。 悪人を懲らしめ正直者を救う水戸老公一行の大活躍。 2019/12/20(金)放送 激流に実る恋(北上川) 百姓たちの手で、川の流れを変え、肥沃な土地をふやそうと南蛮式の機械で測量をする武家娘。 それを助ける老人。 私利私慾の為に商人と結託して武家娘に圧力をかける城代家老。 水戸老公は城へ乗り込み、武家娘の志を叶えさせる。 そして浪人と武家娘を一諸にさせ娘の家の再興をとりはからう。 2019/12/23(月)放送 泥棒にされた黄門さま(一ノ関) 田村藩伝来の家宝天九郎の槍にいたく執心な老中は、それが自分の手に入らない事を不快に思い、甲賀忍者を隠密として送り、田村藩取りつぶしを企る。 百姓達は餓死寸前。 大庄屋の家族を人質にとり、米倉を焼き討ちする計画。 老公一行は、盗賊の一団となりすまし甲賀者と近づき大活躍。 藩は元通りとなり、百姓達も大喜こび。 2019/12/24(火)放送 牢破り(石巻) 父の仇の策略により、無実の罪をきせられた浪人。 仇討免状を持って石巻へ来るその妹。 昔、その浪人の家に奉公していた「くじら屋」の女将の伜、吟味役は、仇討免状の再吟味のために兄妹を牢に。 が仇一味が牢内で兄妹の暗殺を計画。 吟味役と女将はやむなく牢破り。 水戸老公一行の働きにより、見事仇討本懐を遂げる兄と妹。 2019/12/25(水)放送 狙われた弥七(仙台) 弥七が助けた身投げ女は廻船問屋の若妻。 この女こそ、弥七の昔の頭の娘。 近頃、仙台の城下町を荒らしている盗賊は、その頭を裏切って殺した男。 弥七の赤い風車の手裏剣を利用して弥七を落とし入れる。 おまけに、若妻の出生の秘密の臍の緒書を持って脅迫していた。 水戸老公一行は盗賊の一団と成りすまし罠にかけて大活躍。 2019/12/26(木)放送 黄金の誘惑(白石) 旅の若侍が黒装束の一味の手によって殺された。 残された骨箱。 「剣かたばみ」の印籠。 この若侍はいったい何者か。 助三郎はこの若侍になりすまし、鎌先へ…。 木地椀作りの家には眼の不自由な若侍の妹。 骨壷の中は砂金。 蔵奉行が若侍に罠をかけ、砂金盗賊の犯人に仕立て、自れの罪を着せかけたのだ。 娘の眼は全快。 水戸老公の登場。 2019/12/27(金)放送 士魂(福島) 私財を投げうって、百姓達と共に用水路の補強工事を完成させる代官。 しかし、彼を失脚させるため、国家老と蔵奉行は、藩御用両替屋とつるみ、両替屋押込み蔵破りの濡れ衣をきせる。 代官が年貢米上納金を担保として両替屋から金を借りていたことを利用したのだ。 老公一行の活躍で代官の無実が判明。 しかし、その報遅く切腹。 2020/1/6(月)放送 庄助さんの娘(会津若松) 米どころ会津の酒がなぜまずくなったのか?造り酒屋の主人小原庄助、なぜ身上をつぶしたのか?造り酒屋笠屋と悪代官は、私腹を肥やすために酒に租税をかけ、庄助を罠にかけ、ゆすり、まずい酒を造らす。 庄助の娘と杜氏はひそかに山小屋でうまい酒を密造。 水戸老公一行の働きにより、会津にうまい酒が帰って来た。 2020/1/7(火)放送 しのびの殿さま(郡山) 世間知らずの殿様が今日も領内をお忍びで領内視察。 だが領民達は家来のお膳立てに従わされて昼食もロクに食べられぬ始末。 郡山二万石乗っ取りを計る家老と先殿の愛妾にハメられた殿様、危ない所を水戸老公一行に救われる。 殿様の純な心に触れた一行、自ら手助けを買って出て、見事に郡山の悪の根を断ち切る。 2020/1/8(水)放送 御用金強奪事件(白河) 御用金輸送隊を賊の手から救った水戸老公一行。 隊の中に内通者がいると見て密かに探索。 恩人、白石屋の娘を救うべく賊と手を結んだ弥七とお新、老公とひと芝居打って黒幕を探り出そうとする。 賊とともに御用金強奪に成功した時、姿をみせた黒幕の正体は意外にも輸送隊の代官。 駆けつけた老公一行、無事に御用金を取り戻す。 2020/1/9(木)放送 仇討無用(日光) 人に親切を施して何がしかの礼金をせびる旅の浪人と行き合わせた御老公一行、まさかその浪人に仇と間違えられるとは…。 そこに土地のやくざ、二十六年振りに再会した浪人の妻と娘も絡まって、東照宮での大立ち廻り。 だが所詮は人違い。 落胆する浪人に、これからは親娘三人幸せに生きる道をと説く御老公。 親娘の幸せも近い。 2020/1/10(金)放送 からくり異聞(宇都宮) 城の新御殿普請を請け負っていた宮大工が殺された。 後任に選ばれたのは同じ飛騨伊丹流の棟梁。 だが棟梁は仕事を引き受けない。 業を煮やした普請奉行は、棟梁の娘と弟子を人質に。 からくり普請の目的は城の乗っ取りにあると見た水戸老公一行、城に乗り込んで危い所でからくりを止め、黒幕の城代家老以下の姦計を発き出す。 2020/1/14(火)放送 長槍始末記(古河) 水戸老公一行の目の前で関所を破った長槍の浪人、今度は百姓達に頼まれて検地の邪魔。 驚いたのは勘定奉行、浪人は十一年前に別れた父だった。 奉行の藩政改革で甘い汁を吸えなくなる城代家老一派、浪人を利用して奉行を潰しにかかるが、改革の正しさを知った老公一行に退治される。 親子の仲直りも出来、古河藩の未来は明るい。 2020/1/15(水)放送 家康公のお墨付(真岡) 無実の罪で捕えられた百姓と、その妹に関わり合った御老公一行。 事件の背後には大庄屋が。 神君家康公のお墨付をタテに、代官も頭が上がらぬその権力。 その専横に耐え切れず、江戸へ直訴する途中で兄が捕われたのも大庄屋の策略だ。 百姓達の苦しみを救うべく立ち上がった御老公、問題のお墨付を引き裂き、悪を裁く。 2020/1/16(木)放送 旅こそ人生(水戸) 水戸を目の前にした御老公一行、老公の酔狂でガマの油売りを用心棒に雇う。 その頃水戸では付家老中中備前守が急死、跡目を巡って争いが。 備前守の遺言状を狙う本家中山家用人と、老公が戻るまではと応戦する浪路や弥七。 だが肝心の老公はガマ祭りに浮かれている。 報せを受けた老公、急いで水戸に戻り、悪計に裁きを下す。 ご了承下さい。 2019/7/1(月)放送 おあずけ喰った結婚式(水戸・江戸) 助三郎と志乃の婚礼の準備も整った頃、京より江戸へ勅使がやって来た。 ところがその勅使が曲者。 西陣織の利権絡みの賄賂で太る高家と組んで不埒な所業。 揚句の果ては接待役のもてなしが悪いと謹慎させ、思いつめて詫びに来た美しい接待役の妹にまで襲いかかるが、危機一髪老公が立ち塞がる。 後始末に京へ旅立つ老公一行。 2019/7/2(火)放送 女度胸の鉄火肌(神奈川) 程ヶ谷の宿外れで危うい所を助けた娘は人入れ稼業の女元締めだった。 色と欲とに絡むガラの悪い同業の親分が代官としめし合わせてのたくらみ、大名道中人足請負いを用命される。 義憤に燃える水戸老公。 そこで志乃が尾張大納言の若君に化けての一芝居。 街道のダ二の大掃除を助けて、女元締めに晴れの仕事をとげさせてやる。 2019/7/3(水)放送 狐が化けたお姫様(小田原) 八兵衛が茶店でまんまと一杯食った女壺振りを追っていると、平塚宿で怪しい虚無僧達とそれを追う侍達の闇の斗いが巻き起る。 とつぜん虚無僧に捕えられ姫君の姿に変えられてしまった女壺振りに襲いかかる刺客の刃。 はたしてどちらが善玉なのか悪玉なのか。 小田原藩のお家騒動の渦中に水戸老公一行も巻き込まれての大活躍。 2019/7/4(木)放送 仇討ち箱根馬子唄(箱根) 箱根八里を縄張りに旅人を苦しめる無法な駕籠屋と長年箱根で駕籠の御用をつとめるまじめな駕籠屋。 悪い駕籠屋の用人棒に父親を殺され仇討ちを決意するけなげな幼い兄弟。 関所役人と組んで悪い駕籠屋が箱根の商売を一手に奪おうと仕掛けた悪どいたくらみ。 幼い兄弟に力を貸した水戸老公。 一致団結して、雲助退治に大活躍。 2019/7/5(金)放送 鬼庄屋は黄門様に瓜二つ(沼津) 村人達を牛馬の如くしぼり上げるケチで頑固な大庄屋は、何と水戸老公と瓜二つ。 とうとう村人の不満が爆発して、庄屋誘拐のたくらみは水戸老公の身代りに悪代官一味もまんまとひっかかって失敗。 庄屋の三人娘や使用人、村人達のうそとまことを知らされて鬼の庄屋も目に涙。 水戸老公が破滅寸前の村に平和を取り戻してやる。 2019/7/8(月)放送 天下の怪盗光右衛門(駿府) お茶どころ駿河の国、久能詣でをすませて来た水戸老公一行が助けたあわれな父親と娘は、つぶれた老舗の親子。 家出した息子が帰って来たが人の噂に商売がたきの悪だくみを知って復讐に燃える。 お茶の運上金をねらう泥棒一味とそっくり姿を真似た水戸老公達が代官一味の悪計をみごと手玉にとって、どんでん返しのお茶騒動。 2019/7/9(火)放送 関所の沙汰は銭次第(新居) 浜名湖を控えた新居の関所の役人が見るに見かねる汚職ぶり。 関所破りと称しては娘達を人買に売りさばいて暴利を貪る醜態。 水戸老公のふところに飛び込んだおきゃんな娘と弥七が関わった若い男女の駆落ち者。 水戸老公は手品使い一座に化けて、新居の関所で勧進帳の一芝居。 悪役人どもをこらしめて、旅人の難儀を除いてやる。 2019/7/10(水)放送 三人の無法者(新城) 御油の宿をはずれた道中で助けた庄屋の娘。 襲った悪者は、谷に馬を飼う牧童頭の三兄弟の末の弟。 逆襲に燃える兄弟は、たちまち村へ脅迫の無理難題。 宿場を守るはずの役人は子供連れのやもめ暮しで臆病小心で酒びたりの男。 襲いかかる無法者の前に村人皆殺しの寸前、水戸老公の気合い一喝。 負け犬根性の役人が真の勇気を取り戻す。 2019/7/11(木)放送 婿入り八丁味噌(岡崎) 助三郎と弥七が助けた母と娘は岡崎の味噌屋の主人。 名代の八丁味噌の造り方を一度見学したいと立ち寄った水戸老公と合流したが、家老と結託して大豆買い占めの上、女主人を親爺が、娘を息子がそれぞれ狙う味噌問屋の狸親子の悪だくみ。 味噌蔵に罠をしかけて、借金をカセに母と娘にひつこく迫るのを水戸老公がやっつける。 2019/7/12(金)放送 黄門様は呼び込み日本一!!(四日市) 伊勢の四日市で路銀が切れて御難の真っ最中に助けた女軽業一座とともに水戸老公達が興行の呼び込み裏方で大活躍。 女太夫と一座を狙って色と欲との代官と手を結ぶ悪者一味の妨害に怒りを燃やして立ち上がる水戸老公。 その騒ぎの中に影のようにきまって出没する若い侍の謎の正体。 代官所の白洲に展開する水戸老公の一芝居。 2019/7/16(火)放送 身ぐるみ剥がれた御老公(津) 包丁一本さらしに巻いた小粋な旅の板前に、何と水戸老公も八兵ヱも丁半博打で捲揚げられてすってんてん。 遂に宿も追い出されたところを助けてくれた料理屋の若い娘。 店の乗っ取りをたくらむ悪者一味と娘を狙う町奉行。 怒りに燃えた水戸老公、その店の奉公人だった旅の板前を助けて、娘親子に恩返し。 悪者どもを退治する。 2019/7/17(水)放送 罠にはまった男(水口) 近江の国水口で八兵衛を助けた薬の行商人が役人に追われる男からあずかった謎の手帳。 きびしい詮議に捕えられた行商人が水戸老公にたくした郷里で待つ妻への土産の櫛。 夫を想う妻の嘆きをエサに悪役人の横恋慕。 あわや死罪の夫の命と自分の身体の交換条件に死を決した妻を助けて水戸老公一行が、悪者一味をたたきのめす。 2019/7/18(木)放送 鬼が盗んだ運上金(草津) 近江の国、草津の近くで庄屋の娘が婚礼の夜、花嫁に化けた盗賊の一味が代官への運上金を奪うところを追いはらった水戸老公の見事さに近くの村々から、用人棒を頼まれた。 しかし、運上金の集るその夜、裏をかいた盗賊が金を受け取った役人一行を襲った。 しかも、鬼の面をつけた頭の姿形は何と水戸老公そっくりという怪事件。 2019/7/19(金)放送 京の都の悪退治(京) 水戸老公に江戸であついお灸をすえられた悪公卿が性懲りもなく京の都で、仕掛けた証文にひっかかった商家の娘を追いかけまわす相変らずの悪行ぶり。 水戸老公の都入りの邪魔をするが、さんざんに退けられた。 左大臣と水戸老公の息がぴったり、力を合わせて御所に巣喰うねずみを退治する。 京の都を舞台に巻き起こる大波乱。 2019/7/22(月)放送 母恋し鈴鹿馬子唄(大津) 近江路で、ませた子供が引く馬に乗った縁で水戸老公が、生みの親を探す少年馬子と泊った大津の宿で、少年の姉というやさしい心の女中に出会い、とんだお家騒動のからくりを知る。 実は御落胤だった少年馬子とその母親、そして少年を育てた女中を助け、悪党どもを成敗し、八方丸くおさめて、晴ればれと近江八景の名所見物。 2019/7/23(火)放送 ご老公を暗殺せよ!(彦根) 徳川四天王の中でも音に聞こえた井伊家の若殿様が乱心か、遠乗りと称して娘狩り。 志乃をさらって乱暴狼藉のあげく弓の的に。 最後の矢が放たれる寸前、若き剣術指南役が体を投げうち志乃を救う。 志乃が老公の供の者と薄々気づいた悪家老は、お家を救う為と称して老公暗殺を企てるが、見事に老公があばき、井伊家を救う。 2019/7/24(水)放送 八兵衛うっかり若旦那(大垣) 大垣城下で八兵ヱが呉服問屋の娘の危難を救おうと柄にもなくいきがったのが運のつき。 越後の縮緬問屋の若旦那と間違われて、藩の接待で大盤振舞いのもてなし。 娘を奪い、店をのっとろうという商売敵の黒いたくらみ。 そこへとうとう越後から本物の縮緬問屋が現われたから一騒動まき起こる。 水戸老公ここ一番の腕の見せ所。 2019/7/25(木)放送 恋しき人の琴(犬山) 木曾川下りで名高い尾張国犬山で、とある山頂にひとり琴をひく盲目の女。 行方知れない夫の帰りを待ちわびる妻の耳に聞こえて来たのは、正しく夫の吹く尺八。 木曾の御用木をめぐって悪だくみ、横流しする悪者達のワナにかけられた夫婦の悲運を知って、怒りに燃える水戸老公。 夫婦が奏でる愛の調べが月明の木曾に冴えわたる。 2019/7/26(金)放送 名工二代志野茶腕(多治見) 水戸老公が、かねてより念願の名高い志野焼を賞翫したいと多治見をたずねたが、名工の主人は将軍献上の茶碗作りに苦心惨憺。 おりから勘当された一人息子が弥七に助けられたが、父親は頑固一徹。 しかし、裏に悪代官のたくらみを知った水戸老公が、許婚の娘の真心とともに親子の情を呼びさまして、見事な名器を世におくり出す。 2019/7/29(月)放送 じゃじゃ馬娘はお医者様(岩村) 美濃国・岩村で出会った馬上の娘はジャジャ馬ならぬ女医者。 父娘共々評判の高い親娘医者。 その親娘に仕掛ける代官と藩のヤブ御典医の悪だくみ。 家老の息子の無法な横恋慕に許婚者が無惨にも殺された。 悲しい恨みが紅蓮の炎の如く燃えたぎる。 捨ててはおけぬと水戸老公悪者共をきりきり舞い。 親娘の暗雲を追い払ってやる。 2019/7/30(火)放送 赤い財布の恩返し(馬籠) 美濃国・岩村で出会った馬上の娘はジャジャ馬ならぬ女医者。 父娘共々評判の高い親娘医者。 その親娘に仕掛ける代官と藩のヤブ御典医の悪だくみ。 家老の息子の無法な横恋慕に許婚者が無惨にも殺された。 悲しい恨みが紅蓮の炎の如く燃えたぎる。 捨ててはおけぬと水戸老公悪者共をきりきり舞い。 親娘の暗雲を追い払ってやる。 2019/7/31(水)放送 めざす敵はお殿様(高遠) 山国信州の高遠で、いでゆをめざす御老公。 一行が途中で助けた女が一夜で消えてしまった。 湯宿で働く娘の唄にのんびり保養もつかの間、藩主が留守を幸いに悪計めぐらす国家老一味を父の仇と狙う姉妹の危い所を救い出す。 水戸老公の一計にまんまと誘い出された悪者ども。 御老公達と殿の面前で、姉妹が見事仇討ちを遂げる。 2019/8/1(木)放送 襲われた中馬街道(韮崎) 甲州、韮崎の問屋場で、荷運びの中馬が老公達の目前で襲われた。 ただの野盗の仕業ではなく、裏に訳有りと見抜いた老公に、何故か口を閉ざす中馬問屋の人々。 実は、中馬問屋の主人が病身で娘一人なのを幸いに、荷運び馬の利権を一人占めしようという伝馬の悪親玉と代官の陰謀が……富士の霊峰を背に老公が悪を懲らしめる。 2019/8/2(金)放送 白いお髯の千里眼(八王子) 武州八王子で泊った宿の主人が又とない縁起かつぎ。 横車を押した代官が娘と婚礼の席上で、か弱い花嫁が突然変身。 代官一味をとっちめる。 悪者一味はてんてこ舞い。 2019/8/5(月)放送 日本晴れ水戸街道(水戸) 国元常陸に近づいた土浦で、老公の山野辺兵庫へ宛てた短冊を届ける為に一行を離れた格さんが潮来で仇と人違いされた。 聞けば逆恨みで夫を闇討ちされた武士の妻とその若党で死を覚悟の仇討ち旅。 老公一行が助太刀して見事本懐を遂げさせて、無事に帰った西山荘でいよいよ助三郎、志乃の祝言を迎える。 目出度い梅の春の門出。 ご了承下さい。 2019/8/6(火)放送 密命おびた逃亡者(水戸) 弥七が西山荘に向かう途中、刺客に斬られた若侍を助けた。 一方、西山荘では盆踊りの娘達にまぎれ込んだ不審の娘。 その二人が出羽庄内藩の危機を水戸老公に直訴。 襲いかかる刺客達を倒して大張り切りの水戸老公。 妻と冷戦中の助三郎と格之進、弥七、八兵ヱ、おなじみの顔ぶれに庄内から来た若い娘・お美代を加えて世直し旅。 2019/8/7(水)放送 夏祭り・姫君暗殺計画(二本松) 奥州・二本松の城下で祭り見物の助三郎・八兵ヱが面をかぶつた怪しい一団に襲われている娘を助ける最中、加勢にはいつた旅の薬屋。 いわくあり気な娘と町人ながらなかなか腕前の立つ若い薬屋の正体は。 折から城中は姫君に婿入る若君の到着をひかえて、姫の行方不明に大騒動。 ひそかに世継をねらう悪の企みが危機をはらむ。 2019/8/8(木)放送 悲願を賭けた砲術くらべ(米沢) 米沢の城下近くで供の者をまんまとまいた水戸老公が見たものは、女が二人で死人を埋める不気味な姿。 老公を替え玉にして閉じこめた女達は大筒の火薬づくりと奇々怪々。 城中で悪者のために無念の死をとげた夫の無実をはらそうとする母と嫁を助けて、殿御上覧の砲術競べに一同が乗り込んで轟く砲声の中、波瀾万丈の大活躍。 2019/8/9(金)放送 悪を斬る紅緒の三度笠(山形) 山形で最上紅花に法外な運上金をかけて容赦なく民百姓を苦しめ抜く悪者達に一泡ふかせて暴れまわつては風の如く去つて行く三度笠の男。 人呼んで紅緒の仙太郎騒動。 仙太郎を誘い出そうと必死の役人達に捕われ囮にされた渡し守りの老爺と娘がはりつけ寸前の危機一髪。 現われた三人の紅緒の三度笠。 刑場は上を下への大混乱。 2019/8/12(月)放送 黄門様を叱った娘(新庄) 弟妹を一手に育てきり廻す農家の娘のけなげさに思わず心を打たれた水戸老公、娘や子供達を喜ばそうと大サービス。 その娘がひそかにしたう庄屋の息子が穀物問屋の押しかけ縁談を断つたのが仇となり、娘は奉行の横車で召捕られたが、たちまち水戸老公が救い出し、助三郎の介添いで若い二人に愛のささやきをかわさせてやる。 2019/8/13(火)放送 奇祭・化け物まつりの対決(鶴岡) いよいよ目的地・庄内鶴岡城下で、廻船問屋の若い番頭を追う謎の虚無僧。 その虚無僧をねらつて殺し屋が襲いかかれば、助太刀に現われた第二、第三の虚無僧。 藩主の帰国の日を迎えての虚々実々の斗い。 権力と金力を一手に握ろうとする悪だくみを、水戸老公がお美代と弥太郎の後楯になつて名物・化物祭の裏に風雲が渦巻く。 2019/8/14(水)放送 うっかり八兵衛お殿様(本荘) 本荘二万石のお殿様がおしのびで領民の暮しを見廻つて上気機嫌。 そのお殿様が何と八兵ヱと瓜二つ。 一方城中は、殿様の眼を外に向けさせて私腹を肥そうと策をめぐらす悪家老の黒い霧が立込める有様。 正義の若侍が死を決して、八兵ヱを替え玉に遂にクーデターを計画。 本物の殿様と水戸老公の出会いから、珍騒動が続出する。 2019/8/15(木)放送 隠密津軽凧(弘前) 津軽三味線に聞き惚れている最中に怪我をしてしまつたお美代を親切に手当てしてくれた娘の父は津軽凧の絵師だつた。 隠密狩りが吹き荒れている弘前城下で、公儀隠密と間違えられてからくも脱出した弥七が探つた銀山の秘密。 城代家老一味の御用銀横流しのたくらみを水戸老公が見事に打ち破つて、父娘を救つてやる隠密騒動。 2019/8/16(金)放送 北の岬の仇討ち(八戸) 陸奥の国八戸で腹痛に苦しむ水戸老公が出会つたのは強慾非道な医者と、もう一人世の為人の為に患者を救う貧乏医者。 だがその医者を父の仇とねらう侍が現われた。 水戸老公の口添えで貴重な薬草を集め終わる迄仇討は延期となるが、その医者の心の尊さに打たれた侍が、最後の薬草取りに生命をかける。 すべては恩讐の彼方へ。 2019/8/19(月)放送 父子つないだ頑固そば(盛岡) みちのく盛岡で水戸老公の財布をねらつたドヂなコソ泥。 その父親は八兵衛が飛び込んだソバ屋の親父で無類のガンコ者。 親子仲直りのため、水戸老公が仕組んだ芝居も水の泡。 町奉行と組んだやくざ一家がコソ泥息子をタネに悪だくみ。 水戸老公が悪者達をひつ捕え、息子を真人間に立ちかえらせる。 しみじみうれしいそばの味。 2019/8/20(火)放送 瞼の父は用心棒(宮古) 三陸の宮古へ向う弥七が途中で助けた武士の子が、父を訪ねる宮古の町は献上品を積んでいた舟の爆破沈没事件で大騒動のまつ最中。 海産物問屋の利権をねらう悪者一味には凄腕をふるう用心棒が一人。 ひたすら父を想う少年の真心に一肌ぬいだ水戸老公、自ら牢に入れられて証拠をつかむや獅子奮迅。 悪党達を懲らしめる大活躍。 2019/8/21(水)放送 陰謀あばいた俵牛(陸前高田) 陸前高田の高市で助けた親子の死んだ夫が格之進と瓜二つ。 親子の脳裏に甦える昔日の幸福。 その夫が藩の金塊を運搬中に殺されたという話に不審を抱いた水戸老公、そつくりな格之進を使つて悪者一味を大混乱に陥れる。 そこへ現われた謎の虚無僧に敵はますます大混乱。 消えた金塊の謎解きに仕組んだ老公の計略が図に当たる。 2019/8/22(木)放送 河豚にあたった若旦那(仙台) 旅のたいくつしのぎに八兵衛が若旦那になつたが、フグにあたつて危いところ。 助けてくれた仙台のさかな屋の娘。 娘と老舗の看板をねらう悪者一味。 大張り切りの八兵衛を助けて水戸老公もかまぼこ造り。 襲いかかる悪者どもをこてんぱんにやつつけて、娘の笑顔に正体がばれた。 喜ぶ八兵衛の泣き笑い。 仙台城下のかまぼこ騒動。 2019/8/23(金)放送 天狗の鼻にお灸(会津) 会津若松で会津塗りの職人とすつかり気が合つた水戸老公。 しかし名人気質を鼻にかけて、妹と内弟子が苦労する。 そこで一計案じた水戸老公、藩主への献上品の競作に師弟がひたすら打ち込むそのひまに、城下のダニどもに一泡ふかせてやる手ぎわのよさ。 できあがつた塗り物にたくして、職人の真心を説く水戸老公の情と教え。 2019/8/26(月)放送 大当り黄門様の大芝居(新発田) 越後・新発田で、娘太夫の危難を救つた助三郎と格之進。 その太夫が何とお志乃に瓜二つ。 八兵ヱが財布を掏られて野宿の瀬戸際、楽屋に泊めてくれた小屋主の親切と娘太夫の心意気にいたく感じた水戸老公。 興行をぶちこわそうと画策する悪者一味を向うに廻して、本物が演じる「水戸黄門」の大芝居。 胸のすくような幕が上がる。 2019/8/27(火)放送 親不孝トンテンカン(三条) 越後の国、信濃川のほとりで出会つたヘつポコやくざ。 三条で音に聞えた野鍛冶の仕事を見学に立寄つた水戸老公が、役人と結託した悪問屋のたくらみに、窮地に落とされた名人かたぎの職人とその娘を助けて、家出していた親不孝息子を自ら鎚をとつてきたえ直し、悪者共をとり押さえ、誇り高い三条野鍛冶の伝統を守つてやる。 2019/8/28(水)放送 天晴れ早駈け勝名乗り(与板) 与板の城下で、格之進が家老の息子に乱暴される武家娘を救つてやつたのが発端。 父の名代で出場する息子を助けて水戸老公が悪者どもを退治して、見事に勝ち名乗りを上げさせてやる。 2019/8/29(木)放送 馬に蹴られた悪企み(三国峠) 三国峠の山道で風邪をこじらせて苦しむ八兵衛を助けてくれた女馬子は庄屋の娘。 だが、継母に追い出され乳母の家に身をよせる悲しい運命。 悪代官と結んだ継母と番頭が病気の庄屋を殺して、家を乗つ取る悪だくみを許しておけぬと水戸老公。 娘になつく名馬とともにひと暴れ。 悪者どもを退治して親子に幸せをもたらしてやる。 2019/8/30(金)放送 出世を願った嫁いびり(行田) 武州忍藩の城下で、足袋の内職に一生懸命精を出す下級藩士の妻を鬼のような姑がひどい嫁いびり。 だが、見るに見かねた水戸老公を感激させる純情一途な妻の真心。 正義感に燃えさかる夫を闇討ちにかけて、私腹をこやし家老職を狙う悪奉行の抜荷をつきとめた水戸老公が藩主の前で悪事をあばき、夫婦に幸せの道を開いてやる。 2019/9/2(月)放送 初春・黄門様の用心棒(秩父) からっ風が吹き荒れる武州・秩父の宿場は正に死の街。 やくざ同士の斬り合いに血潮も飛び散る。 水戸老公達に宿を貸してくれた不思議な娘が胸に秘めた大望。 闇夜をぬつて飛ぶ破魔矢。 神のお告げに踊らされてやくざ同士が大出入り。 水戸老公達も二手に別れてやくざの用心棒にやとわれた。 果して陰であやつる仕掛人の正体は。 2019/9/3(火)放送 黄門様の子守唄(伊勢原) 阿夫利神社の大山詣りで賑わつている伊勢原の宿外れで助三郎が拾つた赤ん坊をめぐつて一騒動。 水戸老公も子守唄の初体験。 賢兄愚弟の旗本の世継問題がからんでかわいい赤ん坊の生命がねらわれる。 必死で赤ん坊を守る若い母親と忠義な家来を助けて、よこしまな旗本の次男坊と悪代官一味を取つて押さえ、親子を救う大活躍。 2019/9/4(水)放送 鎌倉彫にかけた意地(鎌倉) 相模の国、鎌倉彫りの名人の仕事場を見学に立寄つた水戸老公の目の前で一番弟子の破門騒ぎ。 頑固一徹の名人かたぎの父と破門された弟子にひそかに恋する娘の苦しみ。 弟弟子の真心を踏みにじる代官一味の悪だくみを知つた水戸老公、放つてはおけぬと一肌ぬいで後だて。 師と弟子達の心を一つにして、見事名作を完成させる。 2019/9/5(木)放送 弥七に似てた三度笠(館山) 房州館山で、少年に案内された宿は落ち目となつてしまつた網元の家だつた。 漁業の権利と娘の両方をねらう色と欲との悪党が代官と組んで横車の悪業。 そこに現れた渡世人が何と風車の弥七と瓜二つ。 間違えられた弥七が牢に入れられてしまつた。 水戸老公の作戦にキリキリ舞いの悪党一味を見事に退治して明るい漁場を取り戻す。 2019/9/6(金)放送 胸に悲願の裏切り者(佐倉) 下総佐倉の城下で、格之進が再会を楽しみにしていた友人は武士の魂を捨てて何とやくざの用人棒に変りはてていた。 だが、あいかわらずの剣の冴えに、友を固く信じつづける格之進は苦悩する。 そんな格之進を拒絶する友。 悪城代家老のお家乗つ取りの謀渦巻く佐倉の城下で男の友情を手助けして水戸老公が悪を滅ぼす大活躍。 2019/9/9(月)放送 一陽来復水戸の春(岩槻・水戸) 故郷水戸も間近い土浦で留守番の志乃を気づかう助三郎が水戸に向つた後、水戸老公達は岩槻藩の内紛にまき込まれてしまう。 殿様が不在中、城代家老を押込めて権力を一手に握ろうとする重役一味と正義を守ろうとする必死の若侍の闘争。 裏切られて苦境に立たされた若侍達を助けて、水戸老公人形造りの名所・岩槻での大活躍。 ご了承下さい。 2019/9/10(火)放送 天下を狙う忍びの罠(江戸・水戸) 漫遊から戻られた水戸老公だが、あいかわらずじっとしていられない。 連日、荒地開墾に精を出している。 その頃、江戸では将軍綱吉狙撃という大事件が発生。 しかも狙撃に使われた短筒には尾張家の家紋が。 尾張藩に恨みを持つ一族が企む天下転覆の陰謀に、そうはさせじと乗り出す御老公。 天下の命運を賭けて、前途多難な尾張への旅立ち。 2019/9/11(水)放送 大爆破!恐怖の狼谷(小田原) 執拗に水戸老公を狙う梟の左源太。 その間に巧みに供に加わった忍びの娘由美。 老公の身辺に危機が孕む頃、石屋の職人を助けたところから、小田原領内で石切り場を巡る暗闘に巻き込まれた。 夜明けとともに仕掛けられた爆発に、左源太に踊らされた悪者供が見守る中、水戸老公の安否は、崩れ落ちる岩石の中に埋もれるが-。 2019/9/12(木)放送 鬼が棲んでる天下の嶮(箱根) 箱根の関所で山人足と手を結び、私腹を肥やす役人に阻まれて入牢するハメになった水戸老公一行。 途中助けた若い馬子に導かれた湯の宿で温泉気分に浸つたのも束の間、老公を狙う由美の刃に危機一髪の瀬戸際を越えるなど、外に内に敵を抱えた危険な道中。 男装の娘馬子の仇討ちを助勢して、山に巣喰う悪者どもを大掃除。 2019/9/13(金)放送 欲望渦巻く金山地獄(三島) 伊豆路を辿る水戸老公の前にまたも現れる左源太。 由美と共謀しての誘拐の狂言と、金山を巡る不穏な噂を確かめに、着いた湯ヶ島に神隠しにあった如く無人の村。 農民を助けて金山奉行一味のからくりを追求する水戸老公を狙って闇に躍る左源太。 遂に坑内に閉じ込められて爆破が迫る。 必死に救出を計る弥七。 危し、水戸老公! 2019/9/16(月・祝)放送 ドジな息子の泥棒修業(清水) 由比の宿場で相宿となった若い旅人はどうやら怪しい裏道稼業の人間。 弥七にあしらわれ、水戸老公を泥棒の親分と信じ、乾分に。 旅人の親父は、清水港を牛耳る悪に単身楯突く頑固者。 親父に孝行したいと願う心を買つて水戸老公、一同盗賊姿で代官所に忍び込み、乗り込んだお白洲で、逆に悪代官の裁きを着ける活躍に、父子も無事和解。 2019/9/17(火)放送 おん宿割鍋にとじ蓋(島田) 大井川のほとり島田宿で張り合う二つの宿屋、鍋屋と大鍋屋。 主人は強気な女と弱気な男。 だが二人は元夫婦。 ふたりを何とか元の鞘に納めようと幽霊騒ぎの茶番劇。 無法な川止めで私腹を肥やす川越人足の悪親分と代官の悪業を探つた水戸老公。 老公を狙う梟の左源太の襲撃!風雲急を告げる大井川のひと騒動。 2019/9/18(水)放送 うなぎ屋儀侠の恩返し(浜松) 浜松の城下で老公と八兵衛が出逢った道楽若旦那。 その若旦那に乗せられ、鉄火場に連れ込まれたはいいが、一緒に身ぐるみ脱がされる大失態。 だが、馬鹿息子の面倒を見るうなぎ屋の心意気を買った御老公、ヤクザ相手にお新が鮮やかな壷捌き。 町奉行と結ぶ悪徳商人の企みを暴いて送る、日本一のうなぎの味にも似た痛快編! 2019/9/19(木)放送 悲願を秘めた蜆売り(吉田) 三州吉田の城下で、八兵衛がひょんな事から見染めたしじみ売りの娘。 病身の武家の妻子に仕える建気さだが、驚く程の小太刀の使い手。 水戸からの送金が遅れて、因業な宿の主にこき使われる身となった水戸老公一同が、その武家娘達の大望を知ってひと肌脱いだ仇討ちの助太刀。 胸のすく大活躍で見事に仇討ち本懐を遂げさせる。 2019/9/20(金)放送 危機一髪!火薬小屋の対決(岡崎) 三河の国は岡崎で、鉄砲に撃たれた男を救った水戸老公。 男を担ぎ込んだ水車小屋で、一行を匿って追手を追い払った只者ではない親父。 おりから老公を狙う左源太や平岩一族、藩の火薬を横流ししている悪者一味、また、娘への愛情に命を賭ける抜け忍の親父とそれぞれの秘密を守る為に入り乱れ。 硝煙火を噴く危機が水車小屋に迫る。 2019/9/23(月・祝)放送 尾張名古屋の妖怪退治(尾張) 御三家筆頭の尾張家謀反の噂に名古屋の地は物情騒然。 附家老が隠れ砦に乗り込み、忍び一族と対したが逆に捕えられた。 尾張家に怨みを持ち、復讐の鬼と化した忍び一族の刃が狙うのは水戸老公。 尾張に入った老公を刺し貫く梟の左源太の狂刃。 果たして老公の安否は?執念渦巻く忍びが血で血を洗う大乱闘、天下騒乱の一大危機が迫る! 2019/9/24(火)放送 悪を縛った伊賀の組紐(伊賀上野) 梟の左源太、由美達忍びの故郷、伊賀上野を訪れた水戸老公。 伊賀の里では特産の組紐の行商が禁じられ、二束三文で買い叩かれて領民の死活問題に。 郡奉行と御用商人の悪企みを探る為、助格が用心棒代りで一味に潜入。 が、老公と八兵衛が敵に捕えられ、あわや打ち首寸前の土壇場。

次の