惣流・アスカ・ラングレー 死亡。 ヱヴァンゲリオンの惣流・アスカ・ラングレーは最後はどうなった...

先生「惣流・アスカ・ラングレーさんですが、ご家庭の事情で式波・アスカ・ラングレーさんに変わりました。」

惣流・アスカ・ラングレー 死亡

『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する葛城ミサトとは? 葛城ミサトのプロフィール 葛城ミサトは 『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物の1人。 生年月日は1986年12月8日、年齢は29歳、血液型はA型、身長は163㎝、体重は47㎏です。 テレビ版では NERV(ネルフ)の戦術作戦部作戦局第一課課長、 新劇場版ではNERVの戦術作戦部作戦局第一課課長からWILLE(ヴィレ)の指揮艦長となっています。 葛城ミサトは 碇シンジと惣流・アスカ・ラングレーの保護者であり、上司でもあります。 エヴァンゲリオンの戦闘指揮官も務めており、シンジやアスカがエヴァンゲリオンに乗る際には指示を出しています。 指揮官として優秀な一方で、 私生活はずぼらでだらしがありません。 家事もシンジに任せており、レトルトカレーを作った際にもまずくなるというかなり料理下手です。 関連記事をご紹介! 葛城ミサトの過去 【セカンドインパクト】15年前、人類の半数を死に至らしめた地球規模の大災害。 その被害の爪痕は各所に残っている。 — アンク@金曜ロードSHOW! セカンドインパクトに遭遇した者の中では葛城ミサトが 唯一の生存者であり、その際に 大きな精神的外傷を受け失声症を患っている時期がありました。 また、胸部から腹部にかけて傷痕が残っています。 家族よりも、研究を優先して没頭する父にあまりいい想いを抱いていませんでしたが、セカンドインパクトが起きた際に命と引き換えにミサトを救い、それ以来ミサトは 使徒に対して復讐心を抱くようになります。 それでは、葛城ミサトの最後とその真相についてご紹介していきます。 『葛城ミサトの死』はTV版と劇場版で結末が違う! 平成最後の8月後半は、ふと思い立って、夜な夜なエヴァンゲリオンのテレビ版全話と旧劇場版を見直してしまった。 90年代に引き戻されて映画館で打ちのめされた精神破壊まで思い出したけど、最後のシーンが「救い」だと感じるくらいには大人になれてた。 つまり、葛城ミサトの最後もテレビ版と旧劇場版では違うということです。 葛城ミサトの最後を紹介する前に、テレビ版と旧劇場版の結末について簡潔にご紹介します。 テレビ版は人類補完計画が発動し、シンジの精神世界が描写されます。 エヴァンゲリオンも使徒も存在しない世界を見て、自分がここにいてもいいということに気付きます。 最後に登場人物たちに「おめでとう」と言われ、シンジは「ありがとう」と言って微笑んで終わります。 旧劇場版は全ての使徒を倒し終わり、ゼーレの戦略自衛隊との戦いが始まります。 シンジの絶望からサードインパクトが始まり、全人類の肉体が液化します。 EVA初号機は第2使徒リリスに取り込まれ、 シンジが全人類が1つになること望まなかったことでリリスを倒します。 葛城ミサトの死因は戦略自衛隊による爆破! 久々に好きな旧劇見てたら目線誘導がちゃんとなってて驚いた。 戦略自衛隊が構える銃の先に目が行くよう壁の線があったり、別画面でも同じように火炎放射の先にラインがある。 エヴァは画面レイアウトすげーな — OA omnifactory 葛城ミサトが死ぬことになるのは旧劇場版の方です。 全ての使徒を倒したNERVに対してゼーレは戦略自衛隊を用いて武力的占拠を開始します。 NERVの施設がどんどん破壊されていく中、 シンジが生きる気力を失ったまま戦略自衛隊に殺されそうになっているところをミサトによって救出されます。 ミサトとシンジはEVA初号機のケージへと向かいますが、その途中でミサトは 戦略自衛隊から銃撃を受けて負傷します。 その後のミサトとシンジの会話は非常に印象的で2人の人間性がよく表れています。 シンジをEVA初号機の元へと送り届けた後、ミサトは倒れます。 戦略自衛隊から受けた負傷は致命傷ではありましたが、 最後は戦略自衛隊による区画爆破によって命を落とします。 漫画版の葛城ミサトは戦略自衛隊を道連れに自爆して死亡 漫画版のここのミサトさんがさいこうにセクシーでかっこいいからみんなエヴァ買お? ? —? kawakilla 漫画版では若干ですが葛城ミサトの最後が違います。 旧劇場版では戦略自衛隊による区画爆破によって死亡しましたが、漫画版では 手榴弾で戦略自衛隊の隊員を道連れにして自爆します。 旧劇場版でも漫画版でも死亡してしまうことには変わりありませんが、どちらにしてもシンジを守って死亡していることから、 保護者としても上官としても使命を全うしていることがわかります。 人類補完計画が発動。 葛城ミサトを含む全人間はL. Lへ! あーそっか、こいつらもテレワークだったのか。 Lという液体と化します。 Lとは エヴァンゲリオンのエントリープラグ内に満たされるオレンジっぽい色の液体のことで、液体でありながらも肺に取り入れることで直接酸素を供給させることができます。 また、L. Lは 血液のような臭いがします。 生命のスープとも言われていることから重要なものであることがわかります。 戦略自衛隊による区画爆破で死亡した葛城ミサトですが、彼女もまた人類補完計画の発動と共にL. Lに還りました。 肉体がL. Lとなった後、 魂は「黒き月」に集められ、全人類が単体の生命になりかけます。 しかし、シンジがそれを望まなかったことで元の世界に戻り、シンジとアスカだけしかいない世界になります。 Lに還った全人類と葛城ミサト。 しかし、L. Lに還ったということは死んだということなのでしょうか。 その真相はいかに。 葛城ミサトは生き返ることは可能なのか? エヴァ。 テレビ版だと、ここなのか? 「おめでとう」 個人的には「笑えばいいと思うよ」 「笑えばいいと思うよ」は、テレビ版がイチオシ。 — 椿らい堂 raidotsubaki そもそも人類補完計画とは、 全人類をL. Lに還元して1つの生命となることが目的でした。 自分と他人の間には壁または境界線があり、これが ATフィールドです。 このATフィールドがなくなることで人類は1つになります。 シンジは他人と1つになることに葛藤し、最終的にはそれを拒みます。 これによって L. Lに還元された状態を再び他人との境界線がある状態にし、人間の姿に戻ります。 これを サルベージと言います。 Lから人間の姿に戻れるということは、 葛城ミサトや他のL. Lになってしまった全人類も生き返れる可能性があるということです。 なかなか難しい話ではあったかと思いますが、ATフィールドとサルベージが人間と大きく関係していることは確かです。 葛城ミサトはもう1人の主人公的な要素もあるキャラクター! 葛城ミサトの死亡フラグ ほんとにかっこいい? — ガンダムマイスターしゅん kawashun05 いかがでしたでしょうか。 葛城ミサトの最後とその真相について少しでも知ることができましたでしょうか。 葛城ミサトは旧劇場版にてシンジを庇って死亡し、サルベージによって生き返ることができる可能性があるということでした。 少々難しい内容ではありましたが、詳細は是非とも『新世紀エヴァンゲリオン』をご覧になって確認してみてください。 いろいろな解釈があるからこそ面白いかと思います。 関連記事をご紹介!.

次の

宮村優子 (声優)

惣流・アスカ・ラングレー 死亡

貝塚ひろ子(かいづか ひろこ) は、鬱漫画の金字塔『なるたる』に登場するキャラクター。 シイナのクラスメイトで親友。 3つ編みが特徴的な女の子。 毎回テストで好成績を収めるほど勉強がよく出来る。 シイナの作るご飯が大好き。 実は彼女も竜の子のリンク者。 彼女の竜の子には具体的な名前はないが、目撃者からは「鬼」と呼ばれており、彼女の部屋のクローゼットにずっと隠してあった。 本来は明るい性格だったが、難関私立中学への合格を目指して父親からスパルタ教育を強いられており、またクラスメイトから陰湿ないじめを受けていたことから、明るさを抑圧されていた。 やがてある出来事がきっかけで過酷な現実に耐え切れなくなり、竜の子を使って両親と自分をいじめていたクラスメイト達を惨殺した。 テレビアニメ『グリザイアの果実』第10話「エンジェリック・ハゥルI」から12話「エンジェリック・ハゥルIII」にかけて、周防天音(スオウアマネ)の過去、壮絶で凄惨な「滝園学園マイクロバス転落事故」の真相、真実についてが詳細に語られる。 合宿帰りの滝園学園バスケ部のマイクロバスが旧道を走っていた時にタイヤがパンクし崖から落下、そのままの森へ転落した。 バスの乗組員は、生徒13名と男性教諭1名。 バス転落により3名が死亡するが、その後は閉鎖状態故の小さな確執はあれど比較的小康状態を保つ。 『グリザイアの果実』第12話「エンジェリック・ハゥルIII」 13日目には犬の飼い主で生徒の一人「小森めぐみ」が不用意に花の芽を食し倒れる。 14日目、転落時の骨折が元で「広岡たまき」が死亡。 15日目、広岡同様転落時に腹部に傷を負った「桜井美冬」が敗血症により死亡、寝込んでいた小森が精神の摩耗から首吊り自殺。 飢餓と負傷の悪化で、もう限界の生徒たち…。 坂下千秋『死んではダメ。 先生が鹿をとらえたわ、食べなさい』 地獄絵図のような過酷なサバイバルの末に、とうとう食人の禁忌を犯してしまった。 人肉を食してしまったら、人は人でなくなる。 もうここは地獄。 アニメ史に残る衝撃的なトラウマ回として名高い。 部長の「坂下千秋」と教諭の「那智義彦」が振舞った「野うさぎや鹿の肉」の正体は、死んだクラスメイトの人肉であった。 風見一姫は周防天音と共に森からの脱出を決行。 その途中、天音に「坂下と那智の真実を見せる」と語る。 ここにきて初めて、2人が取ってきた「野うさぎや鹿の肉」=死んだクラスメイトの人肉であると知ってしまった天音は、思わず悲鳴を上げてしまう。 宇宙戦艦ヤマトのBGM「無限に広がる大宇宙」は、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』の真田さんと斉藤と加藤兄の戦死BGMにも使われた。 テレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の遊星爆弾のシーン 「ダメだ もう今は防げない 我々には あの遊星爆弾を防ぐ力は無い、あれが我々の母なる地球の姿だとはなぁ」 時に西暦2199年、地球は今、最後の時を迎えようとしていた。 21世紀の始め以来、宇宙侵略を着々と進めてきた謎の宇宙艦隊は、ついに太陽系へその魔の手を伸ばし地球に対して遊星爆弾による無差別攻撃を加え続けているのだ。 地球人は地下都市を築き、必死に生き延びていたが、地球防衛軍の懸命の努力にもかかわらず、謎の宇宙艦隊は圧倒的に強力であり、地球人の絶滅か奴隷か要求して情け容赦の無い攻撃を繰り返していた。 次第に戦力を失っていく地球防衛軍にとって最後の頼みは地球防衛艦隊であったが、強大な謎の宇宙艦隊の攻撃の前に、今や地球防衛艦隊は壊滅しようとしているのだ。 遊星爆弾による放射能の汚染は地球の表面はもとより地下をも着実に冒し始めていたのである。 もはや地球に健康な土地は無くなった。 人類は、ただその絶滅の時を待つだけだろうか。 明日への希望は無いのだろうか。 「 見ておれ悪魔め。 わしは命ある限り戦うぞ。 決して絶望はしない。 たとえ、最後の一人になっても、私は絶望はしない 」.

次の

素晴らしい頂き物の部屋

惣流・アスカ・ラングレー 死亡

エヴァ弐号機パイロット惣流・アスカ・ラングレーの魅力に迫る! エヴァ弐号機パイロットの惣流・アスカ・ラングレーは、2001年12月4日生まれの ドイツ人クォーターの帰国子女です。 そして初登場早々にツンの部分を全開にして 俺様発言を連発します。 男勝りという言葉がぴったりですが、それはよほどの自信を持っているとも言えますし、繊細だからこそ見栄を張って自らを奮い立たせているかのようです。 シンジたちはそんな アスカの初登場から「変な女の子」といった感じで受け止めています。 見た目は明るく自信家ですが、ストーリーが進むにつれてアスカは 不遇な人生を歩んでいることも分かります。 そんなアスカを知れば知るほどシンジとの掛け合いの奥の深さも分かってきますし、何のためにエヴァに乗っているのか、次第に明らかになっていきます。 関連記事をご紹介! 惣流・アスカ・ラングレーとは?その1:アスカがエヴァに乗る理由 裏コード ザ・ビースト は驚いた… 終わってみれば弐号機は旧劇場版でもそうだったけどこういう運命なのか…と — たいよう Taiyosun16 アスカがエヴァに乗る理由は、ずばり 他人に認めてもらうためです。 アスカの母親は優秀な研究者でしたが、道半ばで精神崩壊を起こしてしまいました。 実験の最中に 碇ユイと同様に弐号機に取り込まれてしまったのです。 アスカの母親はサルベージを行い還ることができましたが、 精神の大半が弐号機に取り込まれた状態となり、人形をアスカと思い込むようになってしまいます。 そして、幼いアスカを残し、自殺してしまいます。 母親の成し遂げられなかったことを自らが引き継ぐという気持ちを持って弐号機にアスカは乗っています。 そして良い成績を出すことで誰もが認めてくれました。 これは何よりも嬉しく 自分がここにいても良いという気持ちにさせてくれました。 アスカにとって弐号機は 自らの存在を証明するためのものであり、まるで仕事のような感覚でした。 そうすることで 母親の呪縛から逃れようとしていたのかもしれません。 初号機パイロットであるシンジに戦い方を見せようとしますが、自らの能力の凄さを思い知らせようという魂胆もありました。 そして結果もしっかりと残すかのように使徒を殲滅することに成功しています。 そこからはシンジたちと協力して使徒を次々と殲滅していくのですが、サポート役にも回ることができるので、強い味方となっていました。 動きの繊細さという点でアスカはレイやシンジよりもエヴァの操縦は、能力的に上です。 ただし精神的に弱い部分があり、精神のバランスを崩すことでシンクロ率の低下につながってもいました。 驚異的な強さを見せたのはやはり旧劇場版です。 ゼーレの用意した 量産型エヴァを次々に撃破していく姿は誰も真似出来ないと思いました。 そして精神力の強さもかなりのもので、常に相手を殺す気持ちで向かっています。 シンジはチートのような暴走状態というものがありますが、アスカは 純粋な技術と精神力でしっかりと戦えています。 惣流・アスカ・ラングレーとは?その3:一時は廃人状態となった アスカの ターニングポイントとなった戦いは第15使徒アラエルです。 精神汚染の能力を持つ使徒であったため、アスカも侵食されることで昔の傷をえぐられることになります。 消したい過去を無理やり思い出させられたことで、アスカは精神崩壊を起こしてしまいます。 そこからは母親と同様に廃人状態となりずっと病室のベッドで横たわることになり、 後任を渚カヲルが引き継ぐこととなります。 シンジは何度も声を掛けましたが、反応することはなく寝たきり状態がしばらく続きます。 しかし無理やり弐号機に乗せられることで 弐号機の中に母親がいるということを知り、覚醒して復活することになります。 惣流・アスカ・ラングレーとは?その4:旧劇場版で見せた壮絶な最後 旧劇場版はアスカの見せ所が満載となっていますが、その一方で悲惨な結末も迎えています。 ゼーレが送り込んだ量産型エヴァとの戦いを迫られることになったアスカですが、 廃人状態から目覚めたばかりでした。 すぐに戦えるのか?そう思っていましたが、アスカは弐号機に母親がいるということを初めて感じて、今まで以上の動きを見せてくれました。 まるで獣のような動きで次々に量産型エヴァを撃破していき、壊滅状態にしていきます。 勝利目前か?と思われましたが不死のような量産型エヴァの逆襲にあいます。 ロンギヌスの槍が頭部を貫通し、その衝撃で眼窩からの出血。 そこから量産型エヴァはまるで 獣の死体に群がるハゲタカのように弐号機を食い尽くしてしまったのです。 これにはアスカも無事なのかどうかもわからない状態となってしまいました。 惣流・アスカ・ラングレーとは?その5:新劇場版での違い 新劇場版では、アスカの名前が惣流から式波に変わっています。 名前が改名されたのは キャラとしての設定が若干変わっているからとのことです。 以前は過去のトラウマを抱えて、加持リョウジのことを好きだった設定ですが、それは一切なく社交的で明るい前向きな女性になっています。 そして名前は前回の惣流も今回の式波も戦艦からの由来で、 日本海軍第二航空戦隊の「蒼龍」と帝国海軍の「敷波」からきています。 更に新劇場版の違いは眼帯にあります。 「Q」から何故か眼帯をし始めたアスカですが、前回の「破」から14年後の世界になっています。 その過程でどうにかなったことが予想されます。 考えられるのは アスカが人間ではなくなり使徒に近い存在になったと考察する人もいるようです。 この考察が挙げられた理由として、アスカの眼帯が光るシーンがあります。 これが、 使徒封印用呪詛文様に非常に似ていることから、使徒と融合してしまった可能性があると考察する人もいるようです。 また、 人間のことをリリンとも呼ぶように変わり、まるで使徒側の発言もするようになった姿も、アスカが使徒に近い状態になった、と示しているようにも見えます。 声優以外にも 歌手、ラジオパーソナリティー、俳優、音響監督など幅広く活躍をしています。 そして出産や発症したバセドウ病などで声優業や俳優業を度々活動を休止していたりもします。 アスカ以外で声優を担当したキャラクターは 『名探偵コナン』の遠山和葉や『エルフを狩るモノたち』の井上律子などがあります。 それは悲惨な過去があったからなのですが、そんな屈折した境遇にあったからこその名言がありますので紹介していきます。 「あんたバカァ?」 【式波・アスカ・ラングレー】EVA2号機に乗る「第2の少女」。 ドイツ出身で、勝ち気な性格。 気持ちをストレートに反映した発言と行動で周囲を圧倒する(CV:宮村優子) — アンク@金曜ロードSHOW! ツンの部分全開なのですが、この言葉を連発することでアスカの定番のセリフとなりました。 この言葉はシンジに向けてのものですが、この言葉を受けたシンジも特に本気で起こる様子もありません。 「はいはい…」といった様子で軽く受け流す程度でした。 アスカは大学も飛び級で卒業するほどの天才なのでシンジと比べると頭の中身も雲泥の差ですが、この言葉を聞くだけで普通の14歳なんだなと安心してしまいます。 もしもこれが変に堅苦しい言葉だったとしたらガリ勉キャラになっていたかもしれません。 自由奔放で豪快なアスカというには相応しい言葉になっています。 アスカにとってエヴァのパイロットであることが全てで自分の存在意義を示すことができるものでもありました。 もしもこれを奪われたのなら…といった不安感を感じてしまいます。 シンジはエヴァには乗りたくないのに乗らされている、アスカは乗りたくても乗られなくなるかもしれない、と2 人の境遇の違いが出てしまう場面でもあります。 アスカは何よりも必要とされないことに対して恐れているので、 必死に結果を残そうとするのですが、これが空回りして悪い方向へと進んでいってしまいます。 「ママ…ここにいたのね」 なんだか楽になったわ。 誰かと話すって心地いいのね。 知らなかった【式波・アスカ・ラングレー】 — エヴァbot takatanien10 エヴァの弐号機に取り込まれた母親の存在をはっきりと感じ取ったアスカが発した言葉です。 アスカは幼少期に母親を亡くしてしまったので 母親に対しての固執が半端ではなくなっていました。 それが解消された瞬間でもあり、自分がエヴァに乗ったことで1番嬉しかった瞬間でもありあました。 そして母親の存在を知ったからこそゼーレの派遣した軍隊とも戦うこともできます。 今まで以上の動きを見せて圧倒的な力でネルフを護る形で戦っていました。 アスカの母親はエヴァに取り込まれ、旦那にも逃げられ最後は自殺してしまうという悲惨な末路を迎えました。 この時だけが 唯一アスカとの繋がりを感じた瞬間なのかもしれません。 シンジは人類補完計画で最後の選択を迫られることになりました。 他人との共存を果たす世界を望むか、それともひとつの生命体となって誰も傷つけることのない世界で永遠に生き続けるのか… シンジが選んだのは、 傷つけられても他人と共存する世界でした。 そして生きたいと強く願えば誰もがサルベージして人の形を取り戻すこともできました。 アスカもその中で人としての形を取り戻したのですが、 目覚めるとシンジに首を締められます。 予想外の行動でしたがアスカは全く抵抗はせず、黙って様子を伺ってシンジが首を締めるのを止め泣き出すとこの言葉を口にしました。 誰もが「え?」と思ってしまうのですが、これはアスカなりの愛情表現でもあります。 シンジが今までに受けた アスカに拒絶されているのではないかという不安を解消する方向へ持っていったのです。 だから今までのように強気な姿勢を取って話していました。 首を締められるのを黙って見ていたのも シンジになら殺されても良いという覚悟があったのかもしれません。 式波・アスカ・ラングレーの新劇場版ラストの動向も気になる! そっか……私、笑えるんだ【式波• アスカ• ラングレー】 — エヴァbot takatanien10 惣流・アスカ・ラングレーはTV版や旧劇場版でシンジと並ぶ活躍を見せてくれました。 それは 悲しい過去や使徒との戦いの中でアスカという人物の本心を見せてくれたからでもあります。 母親も弐号機の開発に携わっていたことからの関係性も見どころのひとつになっていました。 旧劇場版ではシンジと新世紀のアダムとイヴのような状態となりましたが、新劇場版ではどうなるかが分かりません。 「Q」までアスカは全くブレずに強気の姿勢を貫き精神崩壊も起こしてはいません。 更にシンジとも敵対関係になって戦ってもいました。 いよいよ最終章へと向かっている『新世紀エヴァンゲリオン』ですが、 式波・アスカ・ラングレーの動向には注目が集まりそうです。 関連記事をご紹介!.

次の