永遠 の 桃花 54 話。 動画

華流ドラマ【永遠の桃花〜三生三世〜】全58話まで見終えた感想レビュー|IriShare

永遠 の 桃花 54 話

2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 28 BS12 トゥエルビ 視聴者相談センター 年末年始休業についてのご案内• 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 21 本日のプロ野球中継は悪天候のため中止となりました。 2015. 2015. 08 本日のプロ野球中継は悪天候のため中止となりました。 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 03 本日のプロ野球中継は天候不良のため中止となりました。 2015. 31 TwellVサイトリニューアルいたしました.

次の

第54話 よみがえった記憶

永遠 の 桃花 54 話

華流ドラマ 永遠の桃花 あらすじ54話 「よみがえった記憶」 夜華にとって大事なのは私ではなく素素だと気づいた白浅は深く傷つき苦しみます。 そんな中、結魄灯が割れ、白浅は記憶がよみがえると自分が素素だったと気づき、阿離は我が子だったと思い出し〝素素〟は私の修練だったと酒を浴びるほど飲みます。 白浅は迷谷と白鳳九に、私が修練で人間だった時素錦に目を奪われたの。 修練はもう終わった…素錦の目に私の目は合わないはずだし 厄介だろうから返してもらおうと思うのと洗梧宮に向かいます。 白浅は素錦に、私の目を300年も使ってるようだけど具合はどう?と 尋ねます。 素錦は、今 何と?と驚愕します。 白浅は、使ってるうちに元の持ち主を忘れた?300年前に私は愛の修練に遭い両目を失った…それを思い出したから取りに来たの…その目を自分で取り出す?それとも私がする?と睨みます。 素錦は、素素は神仙じゃなく人間だった…あり得ない…と混乱します。 白浅は、300年前、お前のような者に目を奪われ罪を着せられたわ! どうやら自分で取り出すのは難しいようね…お前の本性が どんなものか早く見せたいの。 目を奪われた あの日…夜華は言ったわ〝借りを作れば必ず返すものだ〟とね…お前が目を失った理由は互いに知ってる!私の目が 今そこにある理由も!互いによく知ってる…と詰め寄ります。 白浅は素錦に目を返してもらうと、誅仙台から飛び降りてもらう?と 言って立ち去ります。 記憶がすべてよみがえった白浅は、300年前の痛みが昨日のことのように感じ、何もかも私を守るためだったとか そんなのどうでもいい… 私が覚えているのは一攬芳華での孤独な夜や わずかな望みさえ 少しずつ消えていったことだけ…夜華…あなたとは一緒になれない…と 決心します。 夜華は人間界から戻り崑崙虚で目が覚めると墨淵が目の前に現れます。 墨淵は夜華に、私を兄上と呼んでくれ…そなたは父神の子。 私の弟だ。 ある事故により眠りについた そなたの元神を父神が金蓮の中に入れたのだ。 そして父神は金蓮を私に託し、私はこの池に置き 目覚めるのを待っていた…ここで白浅が修行していた時 金蓮の世話をするのが好きだった…今にして思えば天意だったのかもしれん。 大切にすべきはそなたたち2人の縁だ。 と告げます。 一方、目を取られた素錦は天君に泣きつきます。 そこに、東華帝君と白鳳九も来ます。 東華帝君は、これは天族と青丘の問題です。 夫であった天君が口を挟むのはよくないかと…さばきに私情が絡んでいると青丘に疑われます。 誰もが知るように四海八荒の主だった私はあらゆる一族と関わりがないから私が裁けば世も納得するでしょうと話します。 天君は自分の保身を考え、東華帝君に裁きを任せます。 This theme is powered with custom menu, custom background, custom header, sidebar widget, featured image, theme options, nice typography and built-in pagination features. Contango Theme is suitable for any business or personal website. The Theme can work for various different niches. Contango is translation-ready and so much more.

次の

動画

永遠 の 桃花 54 話

もくじ• 永遠の桃花|第52話「三生石の悲劇」あらすじ・ネタバレ サクッとネタバレ 人間界の夜華 照歌 を見に、素錦がやってくる。 幼い時のことを思い出し誰よりも夜華に尽くし思っているのは自分だと、またも白浅への憎しみを募らせる。 崑崙虚では、白浅が墨淵と出会った頃の話をしている。 「もし東皇鐘の生贄になっていなかったらまだ崑崙虚にいたか?」と問われ、白浅は離鏡のことで傷ついていた時に、いつまでも崑崙虚で墨淵の側で修行をしていたいと思っていたと話す。 さらに「7万年の間、元神を集めたいたのはなんのためか」と問われ、白浅は崑崙虚の弟子たちのためでしょう?と、墨淵の気持ちがまるでわかっていない白浅。 そこに今度は阿離がやってくる。 帝君と来る予定だったのだが仙力を無くしているため一人できたのだ。 白浅を母上と呼ぶその子供に兄弟子たちは盛り上がるが、墨淵は複雑な表情で。 照歌の遊び相手として人間の女児に扮し潜り込んだ素錦は、せっせと照歌に尽くすも天宮と同じく冷たい態度を取られる。 ある日、婚姻が決まったと素錦は嬉しそうに照歌に告げるが、照歌はすぐに断りに行くと憤る。 素錦は天宮に戻ると、白浅の姿をした人形を彫り始めた。 狐狸洞では、鳳九が飲まず食わずで泣いている。 迷谷は、叔母と仲違いした理由を聞いて、天君になる夜華とは違い引退した帝君はどこにでも行くことが出来る、さらに言えば女帝に即位し朝議に出る機会が増えれば帝君と毎日会えると励ます。 そこへ司命星君が、帝君が四海八荒を治めていた時の史籍を持ってやってくる。 司命星君は、三生石の天命により天宮にいる時は鳳九を愛することは出来ないが、人間界でならそれが出来ると修練のためではなく鳳九のためにそれを成したことを話す。 それを聞いていても経ってもいられなくなった鳳九は帝君のもとに飛んでいく。 「三生石から名前を削り取ったのか」と聞く鳳九に、帝君はそれを認め名がない以上どうすることも出来ないという。 鳳九は剣で自らの尾を一本切り取ると、それを神器に変え三生石に帝君の名を刻むと駆け出していく。 その昔、争いが絶えなかった時代に誰にも弱みを見せないため帝君は自ら名前を削り取った。 三生石は婚姻の縁を定めるもの。 そこに名前がなければ誰とも結ばれることはない。 誰かを愛してもそれは悪縁にしかならないのだ。 誅仙台にある三生石で自分の名前を探した鳳九は、その隣に「文昌帝君」という名が刻まれているのを見つけてしまう。 そこから自分の名前を消そうと必死に石を削るが、名前が消えることはない。 尾を断った激痛にその場に倒れ込んでしまう。 高熱を出した鳳九は崑崙虚に運ばれる。 三生石 とは、中国では誰もが知るものなんだろうか。 そこに名前があれば生まれ変わっても結ばれるってことは運命最初から決まってますやん。 そしてそんなものがあんなに簡単に…しかもデータベース風にみれる…雰囲気出して! 今回、素錦がすごい気持ち悪いことしてたな、お人形で夜華を騙してなんかまた悪事をはたらくんだろうけど、もし人形に入るのが素錦自身とかだとめちゃくちゃ気持ち悪いな! 頑張れ素錦!もう話が終わっちゃうぞ! いつもの中国ドラマと違ってヒロインがごっつ強いのでとても気持ちがいいわ。 永遠の桃花|第53話「止められない嫉妬心」あらすじ・ネタバレ サクッとネタバレ 崑崙虚まで心配し駆けつけた帝君をみて鳳九は夢を見ていると思いこむ。 人間界での呼び名で呼び合い笑いあった後、鳳九は眠ってしまう。 その姿をみて帝君は涙をこらえながら額に口づけした。 人形を掘り上げた素錦は仙術を使い、それを人間の素素の姿に作り変える。 人間界にいる照歌のもとに置き白浅を嫉妬させようというのだ。 白浅は子闌にいたずらをしたことで、修為が半分になっている事を知る。 子闌は墨淵がこもった後、無妄海に行き命果てるまで天族の墓を守るという。 墨淵が療養に入り、弟子たちも崑崙虚を去った。 白浅も崑崙虚を後にし、人間界で18歳になった照歌に会おうと出かけていく。 白浅が屋敷に着くと、照歌は素素にそっくりな女と酒を飲んでいた。 声をかけるのをためらっている所に素錦がやってくる。 素錦はあれは人形で夜華が愛した素素という人間を模したものだと話す。 素錦は夜華がいかに素素のことを愛していたか白浅に話し、その嫉妬心を煽ろうとする。 策が成功すると、これで遠くないうちに白浅は夜華の元を去るだろうとご満悦。 人形を使ったことがばれたら夜華に罰せられるのではと心配する辛奴に「支族の首領たちを統率するために私の存在は欠かせない、だから首領たちがいる限り危険はない」と自信満々。 白浅は素素に似ているから自分を愛したのだと、ただ面影を追っているだけなのではと不安になってしまう。 狐狸洞に戻りやけ酒をする白浅はすっかり自信をなくしたようで。 素素の記憶は 戻らないのかな。 素素であったときとは性格がガラッと違うわけだし、見た目を好きになったのねと思っても仕方がないような気もするぞ。 なんかいも引っかかるけど、なんで人間界で神童と崇められ18歳で科挙に合格し順風満帆の人生を歩むのが罰なんや!!!変わってくれや! 今の所誰も幸せになってないのであと5話でどう治めるのか。 永遠の桃花|第54話「よみがえった記憶」あらすじ・ネタバレ サクッとネタバレ 白浅は、「夜華は素素を愛している」と勝手に決めつけ落ち込む。 酔いつぶれ眠ろうとした時、結魄灯の明りが眩しいことに腹を立て誤ってそれを壊してしまう。 結魄灯から溢れてきたのは素素の記憶だった。 白浅は自分が素素であったことを思い出す。 人間界の夜華は嫁を娶らず青丘を探し続けていた。 そばにいる素素の人形も、夜伽の勤めを断りただ見守っている。 白浅は鳳九に素素であったことを打ち明ける。 すべてを思い出した白浅は目を取り戻すため飛び出していく。 「私の目を300年も使っているようだけど具合はどう?」と話す白浅に、素素は間違いなく人間であったのにありえないと混乱し座り込む素錦。 酒を飲みすぎて手が震えているから痛いかも知れないけど大目に見てね、と白浅は素金の目を取り出す。 目は取り返したが、誅仙台での出来事はまだ許していない。 誅仙台から飛び降りてみる?それとも、天君に「 擎蒼 けいそうを封じた東皇鐘を渡しの弱い力で見張ります」と直訴する?と償いの方法を提案する白浅に、素錦はそんなのいやよと本性を見せた。 夜華の従者が若水を見張っていることから、異変が起こるのではと考えた東華帝君は司命星君と現地へ向かうことに。 その途中、白浅を心配し追いかけてきた鳳九が正門の門番に怪しまれ困っている姿が目に入る。 司命星君に命じてそれを助けさせるが帝君は彼女の前に現れない。 慌てる鳳九から白浅の話を聞いた司命星君は急いで洗梧宮へ。 天君に助けてもらおうと正殿へ急ぐ素錦。 それを追いかけてきた鳳九は彼女の悪事を話し詰め寄るが、天族の首領たちが素錦の味方をし相手にされない。 白浅は誅仙台で、孤独だった日々を思い出していた。 夜華への希望も日に日に薄れていく悲しみの日々、白浅はもう夜華とは一緒になれないと考えている。 十里桃林に戻った白浅は、折顔に目を入れてくれるよう頼むが、まずは邪気を取り除かねばと少し時間が必要なことを告げられる。 照歌は現れぬ白浅を待ち続け独り身のまま死んだ、天界で目覚めた夜華は墨淵から自分の出自を聞かされる。 東華帝君に連れられ正殿にやってきた鳳九だが、いくら本当のことをいっても天族には相手にされない。 そこで東華帝君は、私ならば私情を交えずこの件を裁けると天君に直訴し、素錦に話をさせることに。 この期に及んで 腹の中を表に出さないその才能は素晴らしいですわ素錦さん!まさかここまで生き残るとは思いもしなかった。 玄女が中途半端に死んじゃったから期待してるんだけど、まず目をえぐられましたね。 次は何を取られるんでしょうね^^にっこにこ 永遠の桃花で一番の良心は臙脂だと思ってるから彼女の行く末も気になるし、あと4話!.

次の