集まり 類語。 集まりの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

敬語「お集まり」の意味とビジネスにおける全使い方

集まり 類語

「お集まり」の意味と敬語の種類、ビジネスシーンに最適な使い方のすべてについて。 ここでは敬語「お集まり」にまつわる疑問のすべてに答えを示していきます。 集まる(あつまる)の意味は・・・• 多くの人や物が一つところに寄る。 「東京駅前にお集まりください」「大量のゴミも集まれば埋立地になる」• 人々の気持ちなどが集中する。 注がれる。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お(ご)」の使い方があります。 謙譲語としての「お(ご)」の使い方はたとえば、• 会議日程の ご連絡• 会食の お誘い• 販売状況の ご報告• 転勤の ご挨拶• 貴社ご訪問の お願い こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お誘い・ご報告・ご挨拶」するため「お(ご)」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お(ご)」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お(ご)」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 いっぽうで尊敬語の「お(ご)」は「 部長がお戻りになりました」などのようにして、相手の行為をうやまって使う敬語です。 ご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 「~いただきたく存じます」の意味は「~してもらいたいと思います」。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 「いただきたく」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+願望の「~たい」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 『お集まりいただければ幸いです』 依頼・お願い「集まってください」と言いたいときの敬語フレーズ• 【例文】お集まりいただければ幸いです 意味は『集まってもらえたら嬉しいです』 「~いただければ幸いです」の意味は「~してもらえたら嬉しいです・幸せです」 ようするに「 集まってほしい!」「 集まってください!」という依頼・お願いをあらわしているのですが、このままではあまりにストレート過ぎて目上や上司に使うにはイマイチです。 そこで遠まわしに「集まってもらえたら嬉しいです」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 「~いただければ幸いです」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下のフレーズもご参考にどうぞ。 例文「お集まりいただけますと幸いです」• 例文「お集まりいただけましたら幸いです」• 例文「お集まりいただければ幸甚に存じます」• 例文「お集まりいただけますと幸甚に存じます」• 例文「お集まりいただけましたら幸甚に存じます」 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 例文「お集まりくださいますようお願い申し上げます」• 例文「お集まりくださいますようお願い致します」 意味は『集まってくれるようお願いします』 とくに ビジネスメール結び・締めにつかわれる敬語です。 そこで遠まわしに「集まってくれるようにお願い!」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 まず前半部分の「ます」はシンプルに丁寧語の「ます」 つづいて後半の「よう(様)」の意味はいろいろありますが… ここでは「 婉曲 えんきょく な命令・希望の意を表す」言葉として使われます。 希望をあらわす「よう(様)」にはたとえば、• 【例文】時間に遅れない よう、ご留意ください• 【例文】部長に怒られない ように気をつける• 【例文】風邪などお召しになりません ように などあり。 ちなみに「ように」でも「よう」でも正しい日本語ですが、「お集まりくださいます ようにお願い申し上げます」はあまり一般的ではありません。 また表記は漢字「ます様に」でも平仮名「ますように」でも、どちらも正しい日本語です。 『お集まりいただきますようお願い致します』 依頼・お願い「集まってください」と言いたいときの敬語フレーズ• とくに ビジネスメール結び・締めにつかわれる敬語です。 そこで遠まわしに「集まってもらうようにお願い!」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なフレーズですね。 ちなみに、 「くださいますよう」「いただきますよう・いただけますよう」はニュアンスが違うものの、どれも結局のところ「~してほしい」と言いたいので同じです。 メール結び・文末では「~くださいますよう」を使うことが多いのですが、心底どれをつかっても構いません。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。 例文「 お集まりいただきたく、お願い致します」 意味は「集まってほしい、お願いします」• 例文「 お集まりいただけますと幸いです」• 例文「 お集まりいただけますと幸甚に存じます」• 一般的に、会話や商談でカチッとした敬語をつかいすぎると、相手とのあいだに壁をつくってしまいます。 ようは会話がスムーズに進まなくなってしまうのですよね。 そこで 会話シーンではすこしカジュアルな敬語をつかうことをオススメします。 とくに「〜いただけますか?」サラッと言えるためビジネスシーンで重宝するフレーズです。 敬語の解説 「お集まり いただけますか?」「お集まり いただけますでしょうか?」 の敬語の成り立ちとしては…• 可能形にして「お集まりいただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが… バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」でも構いません。 つづいてお礼の敬語フレーズ。 目上や社内上司・社外取引先に「 集まってくれてありがとう」「 お集まりありがとう」と言いたいときにも「お集まり」をつかいます。 ビジネスシーン(メール・電話・上司・社内目上・社外など)につかえる丁寧な例文は以降よりご紹介。 『お集まりいただきありがとうございます』 「お集まり」の使い方。 お礼・感謝「集まってくれてありがとう」と言いたいときの敬語フレーズ。 意味はどれも『集まってくれてありがとう』 こちらもビジネスメールでよく目にする敬語フレーズですね。 目上や上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語です。 ちなみに「お集まりくださいましてありがとう」よりも先ほどの例文「お集まりいただき〜」をつかう方が、よりやわらかい印象の敬語になります。 丁寧な対応を心がけたいときには「お集まりいただく」をオススメします。 ただ、 お礼するときにいつも「ありがとうございます」を使っていてはビジネス敬語ビギナー。 ここからは「ありがとう」だけじゃないお礼・感謝の敬語フレーズを紹介します。 『感謝申し上げます』など 「ありがとう」だけじゃないお礼・感謝の敬語フレーズ 「感謝」をつかった例文を。 【例文】お集まりいただき感謝申し上げます• 【例文】お集まりいただき感謝いたしております• ようは「 集まってもらいありがとう!」「 集まってくれてありがとう!」と言いたいのですが… 丁寧な敬語をつかうとこんな風にややこしい表現になります。 例文「お集まりいただき深謝いたしております」• ようは「 集まってもらい本当にありがとう!」「 集まってくれて本当にありがとう!」と言いたいのですが… 丁寧な敬語をつかうとこんな風にややこしい表現になります。 【例文】お集まりいたしかねます 意味は「集まることができません」 ようは「 お断りします!」「 集まることはできません!」ということなのですが、このままではあまりにストレートすぎて強い口調に感じられてしまいます。 上司や目上・取引先につかうにはイマイチですね。 そこで、 「~いたしかねます」という敬語をつかうことで、 より丁寧な断りのフレーズにしています。 ここで「〜いたしかねる(兼ねる)」は「~することができない」という意味の敬語。 否定語であり「〜しかねる」の謙譲語です。 たとえば、• 【例文】お受けいたしかねます 意味は「引き受けることができません」• 【例文】ご要望にはお応えいたしかねます 意味は「要望に応えることができません」• 【例文】ご対応いたしかねます 意味は「対応することができません」 などのようにして使います。 ビジネスメールでは例文のように丁寧語「ます」をくっつけて「〜いたしかねます」として使うのが一般的。 【例文】ご対応いたしかねます 意味は「対応することができません」 ようは「 お断りします!」「 対応できません!」ということなのですが、このままではあまりにストレートすぎて強い口調に感じられてしまいます。 上司や目上・取引先につかうにはイマイチですね。 そこで、 「~いたしかねます」という敬語をつかうことで、 より丁寧な断りのフレーズにしています。 【例文】xxにより、ご要望にお応えすることが叶いません• 【例文】xxにより、お集まりすることが叶いません• ようは「 お断りします!!」ということなのですが、このままだと上司や目上・取引先につかうにはあまりにストレートすぎます。 「お断りします」は確実に失礼にあたりますので、二度と付き合いたくない相手にだけつかいましょう。 そこで、 「叶いません=したいけどできない」「大変困難な状況です=難しい」といった、 遠まわしに断るフレーズをつかっています。 『ご要望に添いかねます』 断り「お断りします!集まりません」と言いたいときに使える敬語フレーズ• 【例文】ご要望に添いかねます 意味は「要望に添うことができません」 使い方は「お集まりいたしかねます」と似たようなもの。 ようは「 あなたの集まってほしいという要望には応えることができません!」ということなのですが、このままだと上司や目上・取引先につかうにはイマイチ。 そこで、 「~しかねます=~することができません」というフレーズをつかうことで、 より丁寧な断りのフレーズにしています。 丁寧な断りのフレーズいろいろ 上司や目上・取引先につかえる丁寧な断りの敬語フレーズは他にもいろいろあり。 飲み会の誘いを断るのであれば「~は 遠慮させていただきます」 仕事の依頼を断るのであれば「~を 見送らせていただきます」 内定を辞退するのであれば「 内定を辞退いたします」 ・・・などなど ビジネスシーンごとにふさわしいフレーズがあります。 以下の記事もご参考にどうぞ。 つづいて催促・確認の敬語フレーズ。 目上や社内上司・社外取引先に「 すでに集まってくれた?」「 集まってもらった?」と言いたいとき。 ビジネスシーン(メール・電話・上司・社内目上・社外など)につかえる丁寧な例文を紹介します。 わざわざ「お集まり」という言葉を入れずとも「いかがでしょうか?」をつかって確認・催促できます。 ちなみに「いかがでしょうか?」はどんな状況であれ確認・催促するのにつかえる丁寧な敬語フレーズ。 目上・社内上司にかぎらず取引先にも丁寧ですし、ビジネスメール・会話シーンをとわず活躍します。 覚えておくとかならず役に立ちます。 ようするに「 すでに集まってもらえたのか?」「 もう集まってもらえたのか?」という催促や確認の意味をあらわしているのですが、このままではあまりにストレート過ぎて目上や上司・取引先に使うにはイマイチです。 そこで遠まわりに「~していただけましたか?=~してもらえましたか?」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧に催促する必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語について解説していると日がくれるため… わかりやすく以下の例文をそれぞれ見比べてみましょう。 【例文】すでに返事したのか? vs. お返事いただけましたか?• 【例文】すでに対応したのか? vs. ご対応いただけましたか?• 【例文】すでに予約したのか? vs. ご予約いただけましたか? どちらが丁寧に感じられるかは一目瞭然ですね。 ちなみに「お集まりいただけましたか」よりも 「お集まりいただけましたでしょうか」のほうが丁寧。 ただし結局のところどちらも上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語です。 あまり気にせず、あなたのお好みでお使いください。 『集まって頂けましたか?/頂けましたでしょうか?』 催促・確認「集まってくれたの?」と言いたいときに使える敬語フレーズ• とくに 会話や電話対応シーンでつかわれる敬語ですね。 ようするに「 すでに集まってもらえたのか?」「 もう集まってもらえたのか?」という催促や確認の意味をあらわしているのですが、このままではあまりにストレート過ぎて目上や上司・取引先に使うにはイマイチです。 そこで遠まわりに「~していただけましたか?=~してもらえましたか?」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 ただ、 丁寧レベルとしては「お集まりいただけましたか?」「お集まりいただけましたでしょうか?」のほうが上。 カチッとしたビジネス敬語がもとめられるシーンではお気をつけください。 その他『お集まりくださいましたか』など 催促・確認「集まってくれたの?」と言いたいときに使える敬語フレーズ 他にはたとえば、• 【例文】お集まりくださいましたか?• 【例文】お集まりいただ きましたか?• どれもまぁ上司・目上・社外取引先につかえる敬語です。 が、あまり一般的ではなくおとなしく「お集まりいただけましたか?」「お集まりいただけましたでしょうか?」のいずれかを使うことをオススメします。 自分が「 集まります!」「 集まっています!」と言いたいビジネスシーンにも敬語「お集まり」をつかいます。 ビジネスシーン(メール・電話・上司・社内目上・社外など)につかえる丁寧な例文は以降でご紹介。 『お集まりします/お集まりいたします』 「お集まり」の使い方。 自分の行為「集まります」と言いたいときにも「お集まり」は使えます。 【例文】お集まりします• ようするに「 集まるよ!」という自分の行為をしめす敬語ですね。 どちらも目上・社内上司・社外取引先につかえるフレーズですが「お集まりします」よりも 「お集まりいたします」のほうが丁寧な敬語となります。 『お集まりしております/お集まり致しております』 「お集まり」の使い方。 自分の行為「 集まっています!」と言いたいときには、• 【例文】お集まりしております• 「~しております・いたしております」はどちらも「~しています」の意味の敬語(謙譲語) ようするに「すでに 集まっているよ!」「前々から 集まっているよ!」という自分の行為をしめす敬語ですね。 なお「お集まりします!」との違いは進行形かそうでないかという点。 「~しております=~している」だと進行形 「~します=~する」だと現在形 というように違いあり。 どちらも目上・社内上司・社外取引先につかえるフレーズですが「お集まりしております」よりも 「お集まりいたしております」のほうが丁寧な敬語となります。 漢字表記「致します」はどちらもOK 『お集まりしましょうか?/しますか?』 「お集まり」の使い方。 自分の行為「集まります」と言いたいときに使える敬語フレーズ• なんでもかんでも使えば丁寧という訳ではない。 意味や使い方は「お集まりします/いたします」と似たようなものなので省略。 とくに「お(ご)~申し上げます」はビジネス文書や手紙・丁寧なビジネスメールにしたいときなど、カチッとした敬語がこのまれるシーンでよくつかわれます。 つづいて禁止の敬語フレーズ。 つまり、 目上や社内上司・社外取引先に「 集まってはいけません!」あるいは「 集まってはダメです!」「 集まるは止めてください!」と言いたいとき。 こんなビジネスシーンにも「お集まり」をつかいます。 『お集まりいただけません』 「お集まり」の使い方。 禁止「集まってはダメです!」と言いたいときにも「お集まり」は使えます。 【例文】お集まりいただけません 意味は「集まってはダメです」「集まってはいけません」 「~いただけません」は直訳すると「~してもらってはいけません」ですが… ようは禁止「~してはいけません」という意味。 「 集まってはいけません!」「 集まってはダメだよ!」ということなのですが、このままではあまりにストレートすぎて強い口調に感じられてしまいます。 上司や目上・取引先につかうにはイマイチですね。 そこで「~いただけません」という敬語をつかうことで遠まわしに禁止の意味をあらわしているのです。 ビジネスシーンでは回りくどい敬語ほど丁寧にみられる傾向にあり。 そういう意味で丁寧といえます。 (本質的には間違っているのですが事実なので仕方ないです) ちなみに「〜いただけません」はたとえば、• 【例文】この車両はご利用いただけません 意味は「利用してはいけません」• 【例文】このトイレはご使用いただけません 意味は「使用してはいけません」 などのようにして使います。 禁止「集まってはダメです!」と言いたいときにも「お集まり」は使えます。 【例文】お集まりになれません 意味は「集まってはダメです」「集まってはいけません」 「お(ご)~になれません」の意味は「~してはいけません」 使い方はおなじく禁止の意味をあらわす敬語です。 どちらかというと「〜いただけません」のほうが丁寧というか、やわらかい印象になりますが、いずれも丁寧な敬語でありどちらを使っても構いません。 社内上司や目上・社外取引先にも丁寧な敬語です。 『お集まりいただくことはできません』 禁止「集まってはダメです!」と言いたいときに使える敬語フレーズ• 【例文】お集まりいただくことはできません 意味は「集まってはダメです」 意味や使い方は「お集まりいただけません」と似たようなもの。 こちらのほうがよりダイレクトに禁止の意味をあらわすフレーズになります。 ビジネスシーンでは回りくどい敬語ほど丁寧にみられる傾向にあり。 (本質的には間違っているのですが事実なので仕方ないです) したがって 「お集まりいただけません」のほうが丁寧と言えます。 【例文】xxはご遠慮ください(ませ)• 【例文】xxはご遠慮いただきたく存じます• 【例文】xxはご遠慮いただければと存じます• 【例文】xxはご遠慮いただけますと幸いです• あるいは電話対応や会話シーンであれば「いただけますか?」をつかい、• 【例文】xxは遠慮していただけますか?• 【例文】xxは遠慮していただけますでしょうか?• 【例文】xxはご遠慮いただけますか?• としても丁寧です。 ようは「 xxしてはダメだよ!」「 xxしてはいけません!」という意味なのですが、このままではあまりにストレートすぎて上司や目上・取引先につかうにはイマイチですね。 そこで、 「ご遠慮=控える・やめる」をつかって、遠まわしにやんわ〜りと禁止の意をしめしています。 ビジネスシーンでは回りくどい敬語ほど丁寧にみられる傾向にあり。 (本質的には間違っているのですが事実なので仕方ないです) ちなみに遠慮(えんりょ)の意味は…• 人に対して、言葉や行動を慎み控えること。 辞退すること。 また、ある場所から引き下がること。 その他『お控えください』など 禁止「集まってはダメです!」と言いたいときに使える敬語フレーズ あとは「控える」をつかった言い換えもできます。 【例文】xxはお控えください(ませ)• 【例文】xxはお控えいただきたく存じます• 【例文】xxはお控えいただければと存じます• 【例文】xxはお控えいただけますと幸いです• 【例文】xxはお控えくださいますようお願い申し上げます 言いたいことは「控えてください・やめてください」 控える(ひかえる)の意味は…• 待つ・待機する• そばにいる• 空間・時間が迫っている、近くに位置する、近くに予定される• 度を越さないように、分量・度数などを少なめにおさえる。 節制する• 自制や配慮をして、それをやめておく。 つづいてあなたの希望や意思・願望をあらわしたい時につかえる敬語フレーズ。 つまり、 自分が「 集まりたい!」と言いたいとき。 こんなビジネスシーンにも「お集まり」をつかいます。 『お集まりしたく存じます』 「お集まり」の使い方:希望・意思・願望「集まりたい!」と言いたいときに使える敬語フレーズ• 【例文】お集まりしたく存じます あるいは、• 【例文】お集まりしたく思います としてもまぁOK。 意味はどれも「集まりたいと思います」 謙譲語の基本形「お(ご)~する」に希望の「~したい」をくっつけると「お(ご)~したく」という敬語になります。 また「存じます」は「思います!」という意味の敬語(謙譲語)。 すべてあわせると、 「 集まりたい!」という自分の意思や希望・願望をしめす敬語になりますね。 『お集まりいたしたく存じます』 希望・意思・願望「集まりたい!」と言いたいときに使える敬語フレーズ• 【例文】お集まりいたしたく存じます あるいは、• 【例文】お集まりいたしたく思います としてもまぁOK。 漢字表記「致したく」はどちらもOK 謙譲語の基本形「お(ご)~いたす」に希望の「~したい」をくっつけると「お(ご)~いたしたく」という敬語になります。 また「存じます」は「思います!」という意味の敬語(謙譲語)。 すべてあわせると、 「 集まりたい!」という自分の意思や希望・願望をしめす敬語になりますね。 どれも目上・社内上司・社外取引先につかえるフレーズですが「お集まりしたく存じます」よりも 「お集まりいたしたく存じます」のほうが丁寧な敬語となります。 つまり「 集まってもいいか?」と言いたいときに使える丁寧な敬語フレーズをご紹介。 「〜してもよろしいでしょうか?」の意味は「〜してもいいだろうか?」 「〜してもよろしいですか?」の意味は「〜してもいいですか?」 「よろしい」は「よい」の意味ですが、ビジネスシーンではより丁寧なフレーズ「よろしい」をつかうのが一般的。 「よろしい」のほうが丁寧なフレーズ。 意味や使い方は「お集まりしてもよろしいですか/よろしいでしょうか」とおなじため省略。 「お集まりしてもよろしいですか/よろしいでしょうか」のほうが、より丁寧な敬語ではありますが… どちらをつかっても差し支えありません。 「よろしい」のほうが丁寧なフレーズ。 つづいて上司や社内目上・社外取引先に許可をだすとき。 つまり「 集まってもいいよ!」と言いたいときに使える丁寧な敬語フレーズをご紹介。 『お集まりいただけます/集まっていただけます』 許可をだす「 集まってもいいよ!」の丁寧な敬語フレーズ• 【例文】お集まりいただけます• 【例文】集まっていただけます 意味は「集まってもらうことができます」 「~いただけます」は直訳すると「~してもらうことができます」 ようは許可「~してもいいですよ」という意味。 「 集まってもいいよ!」ということなのですが、このままではカジュアルすぎて上司や目上・取引先につかうにはイマイチですね。 そこで、 「~いただけます=~してもらうことができます」という敬語をつかうことで、ものすご〜く回りくどいフレーズで許可をだしています。 ビジネスシーンでは回りくどい敬語ほど丁寧にみられる傾向にあり。 そういう意味で丁寧といえます。

次の

集まるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

集まり 類語

・風景、場所、機会、事態などに直面する ・出かける、参加する(特に公の場などに) ・ふさわしい態度で人に対する 意味がひとつでないのはちょっとややこしいですね。 後ほどそれぞれの意味での使い方を紹介します。 臨むの語源・由来 「臨」は「臣」「人」「品」という3つの漢字を組み合わせて作った会意文字です。 会意文字は、2文字以上の漢字を合体させて作った漢字のこと。 「臣」「人」「品」は象形文字です。 象形文字は、ものの形から作られた漢字のこと。 それぞれ何を表す漢字なのかみてみましょう。 漢字 もとになるもの 臣 伏した目 人 横からみた人 品 いろいろな器物(器物は道具のこと) 「臣」「人」「品」を組み合わせて 「さまざまな特徴をもつ器物」を「伏した目で上から」「人がみる」という意味を表したものが「臨」です。 「臨」は「見下ろす」「身分の高い者がその場に出向く」「目の前にする」などの意味をもつ漢字になりました。 冒頭で紹介した臨月や臨終は、その事柄が目の前に迫っていること。 降臨や君臨は、身分の高い人が下々を見下ろすというニュアンスをもっています。 「臨む」と「望む」と「挑む」 「望む」や「挑む」は、 臨むと意味を間違えやすい言葉です。 それぞれの意味と臨むの違いを確認しましょう。 臨むと望む 「臨む」を「向かい合う」という意味で使うとき、「望む」は似たニュアンスなので間違いやすいです。 「望む」の意味は「遠くを眺めやる」「こうあってほしいと願う」。 臨むには「直面する」という意味があるので、音が聞こえたり匂いが感じられたりするほど対象物との距離が近く、臨場感があるときに使います。 たとえば「海に臨む」なら、すぐ目の前に海があるという意味です。 一方、望むは 「眺める」という意味合いが強くなり、遠くにあって全体を一望できるものに対して使用します。 「海を望む」なら、視界の先に広がった海を見渡すというニュアンスです。 「海 に臨む」と「海 を臨む」で、使用する助詞が「に」と「の」で異なるので間違えないように注意。

次の

「錚々たる」の意味は?「錚々たる面々」や敬語での使い方・類語も

集まり 類語

「語彙」とは、「ある言語やある人が持っている単語の総体」であり、「どれだけ多くの単語を知っているか」という意味で使われる言葉です。 語彙という言葉はたまに使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 しかし、あなたの使い方によっては間違っている可能性があります。 正しい意味でボキャブラリーを高めていきたいとあなたも考えているはず。 そこで今回は、 語彙の本来の意味や定義を解説するとともに、例文や使い方についてわかりやすく解説していきます。 また、類語・言い換え語との違い、対義語の意味についても触れていきます。 「語彙の意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 INDEX• 言語体系をどのように限るかによって,内容が変わる。 日本語という限り方をすれば,日本語の単語全体を意味し,漁村・農村あるいは特定の職業など,ある領域に限れば,その領域内で使われる単語の全体を意味し,ある個人に限れば,その人の使う語の総量を表す。 解釈の付けられているものが多い。 「近松-」 引用: 語彙は「ある言語やある人が持っている単語の総体」という意味の言葉です。 わかりやすくいえば「ある言語(例えば日本語や英語)の持っている単語の数」や「ある人が知っている単語の数」という意味です。 語源で考えてみると、語彙の「彙」という字は「同類のものの集まり」という意味をもっており、語は「言葉や単語」という意味を持っています。 したがって、語彙は「同じ種類の言葉や単語の集まり」という意味になり、上記のような意味合いの言葉になるのです。 語彙は「特定の語」に関しては使えない 語彙は、「ある言語やある人が持っている単語の総体」という意味の言葉なので、「もったいない」「怪しい」「疲れる」などのひとつひとつの語句に関して使うことはできません。 通例「語彚」を個々の語を示す表現として用いることはできない。 たとえば、「あの人は語彚が豊富だ。 」という文は容認できるが、「『もったいない』という語彚」と述べることには不自然さが伴う。 引用:• 語彙力の多さを示すような素晴らしい文章だ。 語彙力が少ないとどうしても言葉足らずになってしまうな。 語彙力が多いことは必ずしも具体的な知識が豊富であることを意味しない。 語彙力の例文・使い方|「語彙力が向上/低下する」 「語彙力を向上する(語彙力を向上させる)」「語彙力が低下する」という表現も多く用いられます。 「語彙力が向上する」もしくは「語彙力を向上させる」とは、語彙力を何らかの努力や工夫によって高めることを表します。 「語彙力が低下する」という場合、衝撃的な出来事や、筆舌に尽くし難いような出来事に直面した時などに、一時的に「言葉足らずになる」ことを意味する表現として用いられます。 語彙の2つの種類とは?|「認知語彙」と「使用語彙」の違い 語彙とは、「ある言語やある人が持っている単語の総体」を意味する言葉であることは、前述した通りです。 しかし、この語彙には2つの意味に区別することができます。 その種類とは「認知語彙(にんちごい)」と「使用語彙(しようごい)」の2つになります。 以下、2つの種類それぞれについてご紹介、解説します。 認知語彙とは? 認知語彙とは、文章で目にした単語のうち、「見てなんとなく意味が理解できる程度の言葉の範囲」を表す言葉です。 どんな単語であれ、最初から使いこなすのではなく文章や会話で用いられていることを記憶し、自分自身でも使うようになるという順序があります。 そのため、認知語彙とは「使わないが意味を理解できる語彙」であると言えます。 使用語彙とは? 使用語彙とは、「自分自身の発言や書く文章で使いこなすことができる言葉の範囲」を指す言葉です。 認知語彙よりも使用語彙の方が圧倒的に少ないため、語彙を使いこなすこと自体にはある程度の訓練が必要であることがわかります。 最終的に、語彙を増やす、あるいは語彙力を上げるためには、この「使用語彙」を増やすことが目標となります。 しかし、最初は現段階での「認知語彙」がどの程度であるのかを「語彙検定」「語彙力テスト」などを通して把握することも重要です。 覚えた言葉(認知語彙)を繰り返し学ぶことで、使用語彙へとグレードアップさせることが可能となります。 語彙の類語・言い換え語 語彙の類語・言い換え語|ボキャブラリー ボキャブラリーとは、日本語に訳すと「語彙(ごい)」という意味です。 よって、 「語彙=ボキャブラリー」と考えていただいて構いません。 ボキャブラリーは「ボキャブラリーが豊富な人」や「ボキャブラリーが足りない」など、頻繁に用いられます。 「ボキャブラリーが乏しい」というのは、「知っている単語」又は「使える単語」が乏しいという意味になります。 「やばいね!かわいいね!」のみを連呼していると「ボキャ貧かよ!」と言われてしまいますね。 ただし、「ボキャブラリーが豊富」と言うと「引き出しが豊富」という意味が強く、単純な「使える単語が多い」という意味を超越した意味で用いられることがある点に注意が必要です。 悲しみ• 哀感(あいかん)• 悲哀(ひあい)• 悲痛(ひつう)• 断腸の思い(だんちょうのおもい)• 悲憤慷慨(ひふんこうがい)• 悲憤(ひふん)• 荒涼・荒寥(こうりょう)• 悵然(ちょうぜん) 例えば、今の自分の悲しみを他人に伝えようとおもったときに「悲痛」という単語の意味しか知らない状況を考えます。 「悲痛」とは「心が痛み極めて悲しい」ことを意味する表現であり、それほどではないちょっとした悲しみを表現することはできません。 また、ただもの悲しいだけではなく「何らかの苦しい決断をしたこと」への思いを表現するならば「断腸の思い」などを使うことも本来できたはずです。 こういった感情表現はあくまでも一例であり、ビジネスシーンでは客観的な情報に基づいた「適切な表現」が最重要といっても過言ではありません。 語彙力を磨くことで、より現場・状況にあった表現を、自分なりにカスタマイズして他人に伝えることができます。 語彙力を高める方法とは? ここでは、「語彙力」を具体的にどのようにすれば高めることができるのか、そのヒントや明日から実践できる方法をご紹介、解説していきます。 できる限り具体的かつすぐに使えるものに厳選したので、「語彙力を高めたい」と考えている方はぜひメモなどをしていただければ幸いです。 1 辞書を引きながらの「読書」 語彙を増やす際、手始めとして実践できるのは「読書」になります。 読み物はどのようなジャンルでも構いません。 そして、読書する際には必ず「自分で使うべきタイミングがわからない」程度にあいまいな理解しかしていない単語を調べながら読みます。 普通に読み進めるよりも膨大な時間がかかるため、実践している人は少ないのですが、この作業に時間を使うだけで「認知語彙」をストックすることができます。 また、調べるのを空いている時間に行うことを決めておき、スマホのメモやスクリーンショットなどで「後から調べる単語」を貯めておくのも良い方法です。 2 メディア媒体に数多く触れる 語彙力を高めるために真っ先に思いつく「読書」ですが、実は効率や表現の偏りを考えると、本だけでは語彙力を総合的に高めるうえで不足している部分があります。 それは、「トレンド」「固有名詞」といった、そのときどきに多く使われる言葉や流行り言葉、流行りの商品・サービス、人名などを指します。 語彙力とは、古くから用いられている表現のほか、時代性も加味されたうえで評価されることも多いです。 そのため、読書だけではなくTVや雑誌、ラジオやインターネット記事など、様々なメディア媒体に分け隔てなく触れることも重要です。 また、ビジネスパーソンであれば、仕事のうえでもトレンドや流行りの言葉を理解しておくことが重要になるケースも多いでしょう。 ぜひ「語彙力と仕事の成果を結びつける」という意味で、各種メディア媒体に触れる習慣を作りましょう。 3 文章を書く 「認知語彙」ではなく「使用語彙」を向上させるために必要なのは、「実際に自分で使える語彙を増やす」ということです。 知っている言葉だけではなく、実際に使う言葉を増やすことが、「語彙力の向上」の本来の目標ですが、そこまでフォローしつつ継続して語彙力向上のための努力ができていない場合、非常にもったいないと言えます。 そこでおすすめなのが、「文章を書く」ということです。 文章であれば、会話で使うよりも前に「使う練習」をすることができますし、間違った使い方が誰かに誤解を与える危険性もありません。 また、ブログ等に文章を書く場合でも、記事の内容は修正することができます。 意味をゆっくり調べながら慎重に文章を書くことができれば、自然と使用語彙を増やすことができるでしょう。 4 会話で使う アウトプットを通して「使用語彙」を実質的に増やすためには、会話で使うことがベターな方法です。 会話で使うことには、文章を書くとは違ったメリットがあります。 それは、「相手に合わせた言葉選びの練習になる」ということです。 つまり、個々人が語彙力を高めるだけでは、その人個人の語彙力は向上したとは言えないのです。 「語彙力」とは、他人から評価されることで確定するものだからです。 使用語彙として十分言葉の意味を理解することができたと感じたら、実際に会話でその言葉を使ってみましょう。 具体的な使い方や、使うべきシーンや相手を即座に理解する練習を積むことができます。 5 語彙力診断テストでフィードバックを得る 最後に、現時点での自分自身の語彙力を知りつつ「まだ不足しているな」ということを定期的に振り返ることも、「語彙力向上」のためには必要なことであると把握しておくと、向上が早くなります。 語彙力に関するスマホ向けアプリなども多数リリースされていますので、自分に合ったテスト・診断系アプリをダウンロードし使ってみることをおすすめします。 参考: 語彙の意味や定義、使い方と例文、また語彙力を高める方法について解説してきました。 ここまで読んできた方は、語彙の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上に知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の