ご教示賜る。 「賜りますよう」の意味と使い方の例文|/ご理解/ご高配/ご指導

「ご教示」の意味と読み、使い方、例文、英語、「ご教授」との違い

ご教示賜る

ご助言という言葉の「助言」とは、具体的にどのような意味を持つのでしょうか。 「ご助言」とは、進言や勧告などを含む「助言」に、丁寧語である「ご」を付けたものです。 ご助言の類似語にはご教授やご指導、ご意見やご提案などがあります。 つまり、「ご助言」とは、自分の行動に対する相手からのアドバイスや、方針の提案を指します。 したがって、「ご助言」という言葉は、目下の者が目上の者に対し、アドバイスや指導を乞う際に使う言葉です。 「助言」は基本的に目上の人から目下の人に使用する ビジネスシーンにおいて、「助言」は目上の者が部下に対して、アドバイスやヒントを提案する際に使用します。 新入社員や入社年数の浅い社員は、困ったことや分からないことが起こった際に、自分はどうしたら良いか悩む場面があるでしょう。 そんな上司や先輩方の知識や経験に基づいたアドバイスをして欲しい時に「ご助言」を使います。 例えば、「この企画に対して、ご助言をいただいてもよろしいでしょうか。 」といった具合です。 また、「ご教授願えますでしょうか。 」や、「ご教示いただいてもよろしいでしょうか。 」と言った言い換えも可能です。 このように、「ご助言」や「ご教授」などといった言葉を使って、目上の人に「分からないことに対してアドバイスを下さい」とお願いすることができます。 アドバイスのため社外の人には使わない 「ご助言」という言葉を使う際に注意すべきことは、社外の人間に対して使ってはいけないことです。 それは、「助言」という言葉自体がアドバイスや提案という意味を持つため、社外の人に対して「ご助言」を使うと失礼になってしまう場合があるためです。 外部の人に「ご助言」を使用したことを問題視され、企業のイメージをダウンさせる可能性もありますので、注意が必要です。 「ご助言」は、社内の目上の人に対する言葉遣いで使用する程度にとどめておきましょう。 社外の人からアドバイスや提案を受けた際は、そのお礼として「ご教授」という言葉を使用します。 例えば、「先日提出した企画書に対してご教授いただき、ありがとうございました。 」などといった言い方をするとよいでしょう。 「ご助言」のビジネス上での使い方 次に、ビジネスシーンにおける「ご助言」の使い方について、例文を交えながら説明していきます。 アドバイスが欲しいときには、「今回の事業計画に関して、ご助言をいただいてもよろしいでしょうか。 」というような使い方をします。 また、「私が担当した企画書に関して、ご助言をいただければ幸いです。 」といった言い回しもできます。 相手からアドバイスを受けた際は、「ご助言をいただきありがとうございました」のように、お礼の言葉を添えると良いでしょう。 「ご助言」の類似語は「ご教示」 「ご助言」の類似語には、「ご教示」という言葉があります。 ご助言はアドバイスが欲しいときに使うのに対し、ご教示は業務内容などのやり方や知識、情報などを求める際に使用します。 アドバイスというよりも、具体的な物事に対して教えて欲しいときは、「ご助言」ではなく「ご教示」を使うと良いでしょう。 例えば、「本日の日程をご教示いただいてもよろしいでしょうか。 」「計画書の作成において、ご教示いただけましたら幸いでございます。 」「先日の案件に関して、ご教示を賜りたく存じます。 」などと言った言い回しがあります。 ご教示は、ご助言と同様に目上の人に対して使える用語です。 その場のシーンや知りたいことに応じて、「ご助言」と「ご教示」を使い分けましょう。 「ご助言ありがとうございます」に続く言葉例 目上の人からアドバイスや指導を受けた後は、お礼の言葉を伝えることが大切です。 しかし、「ご助言ありがとうございます」と言うだけでは、少し物足りない印象を与えがちです。 そこで、「ご助言」に対するお礼に付け加えると、より丁寧な言葉になる例文をいくつかご紹介します。 まずは、「勉強になります。 」「仕事の励みになります。 」といった、相手の助言が役に立ったことを伝えることです。 さらに、「今後とも、引き続きご指導のほどよろしくお願いいたします。 」というような、今後の関係性を良好に保つためのフレーズも良いでしょう。 また、「ご多忙中にも関わらず、おご助言をいただきましてありがとうございます。 」といった言葉を付け加えると、相手によりよい印象を与えることができます。 「ご助言」は目上の人からアドバイスをもらったときに使用する 先述したとおり、「ご助言」は目上の人にアドバイスをいただいた時に使用します。 ご助言は、軽いアドバイスのような意味合いがあるため、社外の人に対して使うのはご法度です。 社内の上司にのみ使用するようにしましょう。 外部の人に使いたいのであれば、「ご教授」という言葉に言い換えてください。 ご助言の類義語には、「ご教示」や「ご指導」、「ご助力」などがあります。 使う相手やその場の状況に応じて、適切な言葉を選んで使うと良いでしょう。 目上の人からアドバイスをいただいた後は、お礼の言葉を伝えることも大切です。 相手の貴重な時間を割いて指導してもらったのですから、その点も踏まえて「お忙しいところ」というフレーズを付け加えると、相手にもより感謝の気持ちが伝わります。

次の

「ご教示ください」の例文・意味と使い方・ご教授との違い

ご教示賜る

ご助言という言葉の「助言」とは、具体的にどのような意味を持つのでしょうか。 「ご助言」とは、進言や勧告などを含む「助言」に、丁寧語である「ご」を付けたものです。 ご助言の類似語にはご教授やご指導、ご意見やご提案などがあります。 つまり、「ご助言」とは、自分の行動に対する相手からのアドバイスや、方針の提案を指します。 したがって、「ご助言」という言葉は、目下の者が目上の者に対し、アドバイスや指導を乞う際に使う言葉です。 「助言」は基本的に目上の人から目下の人に使用する ビジネスシーンにおいて、「助言」は目上の者が部下に対して、アドバイスやヒントを提案する際に使用します。 新入社員や入社年数の浅い社員は、困ったことや分からないことが起こった際に、自分はどうしたら良いか悩む場面があるでしょう。 そんな上司や先輩方の知識や経験に基づいたアドバイスをして欲しい時に「ご助言」を使います。 例えば、「この企画に対して、ご助言をいただいてもよろしいでしょうか。 」といった具合です。 また、「ご教授願えますでしょうか。 」や、「ご教示いただいてもよろしいでしょうか。 」と言った言い換えも可能です。 このように、「ご助言」や「ご教授」などといった言葉を使って、目上の人に「分からないことに対してアドバイスを下さい」とお願いすることができます。 アドバイスのため社外の人には使わない 「ご助言」という言葉を使う際に注意すべきことは、社外の人間に対して使ってはいけないことです。 それは、「助言」という言葉自体がアドバイスや提案という意味を持つため、社外の人に対して「ご助言」を使うと失礼になってしまう場合があるためです。 外部の人に「ご助言」を使用したことを問題視され、企業のイメージをダウンさせる可能性もありますので、注意が必要です。 「ご助言」は、社内の目上の人に対する言葉遣いで使用する程度にとどめておきましょう。 社外の人からアドバイスや提案を受けた際は、そのお礼として「ご教授」という言葉を使用します。 例えば、「先日提出した企画書に対してご教授いただき、ありがとうございました。 」などといった言い方をするとよいでしょう。 「ご助言」のビジネス上での使い方 次に、ビジネスシーンにおける「ご助言」の使い方について、例文を交えながら説明していきます。 アドバイスが欲しいときには、「今回の事業計画に関して、ご助言をいただいてもよろしいでしょうか。 」というような使い方をします。 また、「私が担当した企画書に関して、ご助言をいただければ幸いです。 」といった言い回しもできます。 相手からアドバイスを受けた際は、「ご助言をいただきありがとうございました」のように、お礼の言葉を添えると良いでしょう。 「ご助言」の類似語は「ご教示」 「ご助言」の類似語には、「ご教示」という言葉があります。 ご助言はアドバイスが欲しいときに使うのに対し、ご教示は業務内容などのやり方や知識、情報などを求める際に使用します。 アドバイスというよりも、具体的な物事に対して教えて欲しいときは、「ご助言」ではなく「ご教示」を使うと良いでしょう。 例えば、「本日の日程をご教示いただいてもよろしいでしょうか。 」「計画書の作成において、ご教示いただけましたら幸いでございます。 」「先日の案件に関して、ご教示を賜りたく存じます。 」などと言った言い回しがあります。 ご教示は、ご助言と同様に目上の人に対して使える用語です。 その場のシーンや知りたいことに応じて、「ご助言」と「ご教示」を使い分けましょう。 「ご助言ありがとうございます」に続く言葉例 目上の人からアドバイスや指導を受けた後は、お礼の言葉を伝えることが大切です。 しかし、「ご助言ありがとうございます」と言うだけでは、少し物足りない印象を与えがちです。 そこで、「ご助言」に対するお礼に付け加えると、より丁寧な言葉になる例文をいくつかご紹介します。 まずは、「勉強になります。 」「仕事の励みになります。 」といった、相手の助言が役に立ったことを伝えることです。 さらに、「今後とも、引き続きご指導のほどよろしくお願いいたします。 」というような、今後の関係性を良好に保つためのフレーズも良いでしょう。 また、「ご多忙中にも関わらず、おご助言をいただきましてありがとうございます。 」といった言葉を付け加えると、相手によりよい印象を与えることができます。 「ご助言」は目上の人からアドバイスをもらったときに使用する 先述したとおり、「ご助言」は目上の人にアドバイスをいただいた時に使用します。 ご助言は、軽いアドバイスのような意味合いがあるため、社外の人に対して使うのはご法度です。 社内の上司にのみ使用するようにしましょう。 外部の人に使いたいのであれば、「ご教授」という言葉に言い換えてください。 ご助言の類義語には、「ご教示」や「ご指導」、「ご助力」などがあります。 使う相手やその場の状況に応じて、適切な言葉を選んで使うと良いでしょう。 目上の人からアドバイスをいただいた後は、お礼の言葉を伝えることも大切です。 相手の貴重な時間を割いて指導してもらったのですから、その点も踏まえて「お忙しいところ」というフレーズを付け加えると、相手にもより感謝の気持ちが伝わります。

次の

「ご教示ください」の例文・意味と使い方・ご教授との違い

ご教示賜る

「ご助言」とは 「ご助言」の読み方は「ごじょげん」 「ご助言」は ごじょげんと読みます。 「助言」は「じょごん」と読む場合もありますが、「じょげん」が一般的です。 同音語に「序言」がありますが、意味は「まえがき」「はしがき」などと全く異なるので、間違えないようにしましょう。 「助言」の意味は「役に立つような言葉を添えて助けること」「アドバイス」 「ご助言」の「助言」は「 役に立つような言葉を添えて助けること、その言葉」「 口添え」を意味します。 「助ける」という言葉が入ってるので、「助言」は「自分の行動にとって助けになる言葉」ということが分かると思います。 「助言」の類語には、「進言」「勧告」「案内」「提案」「指示」などがあります。 「ご助言」の敬語と注意点 「ご助言」の「ご」は尊敬を表す接頭語で正しい敬語 「ご助言」の接頭語「ご」は尊敬を表す敬語です。 接頭語「ご」は修飾する言葉によって「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の場合がありますが、 「ご助言」は目上の人が助言をする行為を敬って使うため尊敬語にあたります。 「ご助言」の「ご」を「助言」という名詞をただ丁寧に言ってるだけと解釈して、「丁寧語」とするのも正しくなっています。 そのため同等・目下の人のアドバイスを指して「ご助言」というのは不適切です。 目上の人にアドバイスを求める時に使う 「ご助言」は主に目上の相手にアドバイスを求めるときに使います。 目上の人に「アドバイスください」などを使うと軽い表現となってしまうため、「ご助言」を使うことで正しい敬語でかしこまった表現をすることができます。 お礼「ご助言ありがとうございます」は失礼 目上の人から助言をもらった際、「ご助言ありがとうございます」と使うことが多いですが失礼になることがあります。 「助言」という言葉自体が「アドバイス」や「提案」といった意味があるため、「自分の教えは、アドバイス程度にしかならないのか」と思われてしまうことがあります。 助言をもらったあとは「ありがとうございます」「勉強になりました」などと使うと良いでしょう。 「ご助言」は社外では多用しない 上記で説明したように「ご助言」は「アドバイス」「提案」程度である印象があるため、社外の人に使うと失礼になることがあります。 上下関係のはっきりしている相手にはなるべく「ご助言」は使わないようにしましょう。 ご助言いただけないでしょうか 「〜いただけないでしょうか」も「〜してほしい」の丁寧な言い方になります。 疑問文ですが、お願い・依頼をするときに使います。 例文 ・明日のプレゼンについて、ご助言いただけないでしょうか。 ・お忙しいところ恐縮ですが、ご助言いただけないでしょうか。 ご助言を賜りたく 「賜る」は「もらう」の謙譲語で「目上の人からものをいただく、頂戴する」という意味を持ちます。 「ご助言を賜りたく」は、主に「ご助言を賜りたく存じます」「ご助言を賜りたくお願い申し上げます」といったフレーズで使います。 かしこまった場面や目上の相手にも使うことができます。 ・社長よりご助言賜りたくお願い申し上げます。 「ご助言」の類語・言い換え 「ご助言」には「アドバイス」などやや軽いニュアンスが含まれます。 ビジネスシーンで目上の相手にも使える、「ご助言」の言い換え表現や類語を紹介していきます。 「ご教示」は、知識や方法などを教え示すこと 「ご教示」は ごきょうじと読みます。 意味は「知識や方法などを教え示すこと」です。 「ご教示」の「ご」は丁寧を表す接頭語です。 「ご教示いただきたく存じます」など謙譲語を使うことで、目上の相手にも使うことのできるフレーズです。 「ご教示」は仕事内容や物事のやり方を教えてもらう時に使い、「ご助言」はアドバイスをもらいたい時に使います。 例文 ・企画書の作成について、ご教示いただければと存じます。 「ご教授」は、専門的な学術、技芸などを長期間に渡って教えること 「ご教授」は ごきょうじゅと読みます。 意味は「学術、技芸などを教えること」です。 「ご教授」の「ご」は尊敬を表す接頭語です。 「ご教授ください」は「専門的な知識や技術を教え授けてください」という意味になります。 また、「比較的長い期間に渡って教えてもらう」という意味合いも含まれます。 そのため、短時間でさっと教えられるような内容に使うものではありません。 例文 ・先生方のお陰で、上位入賞という目標を果たせました。 今後ともご教授賜りますようお願いいたします。 ・幼いころから先生にご教授いただいたお陰で音楽の道に進むことができました。 今後とも変わらずご教授願います。 「ご鞭撻」は、怠らないよう強く励ますこと 「ご鞭撻」は ごべんたつと読みます。 意味は「鞭 むち でうつこと」「怠らないよう励ますこと」です。 ビジネスシーンでは「怠らないよう励ますこと」の意味で使われています。 また、「ご鞭撻」のみで使うことはなく「ご指導ご鞭撻」で使われることがほとんどです。 例文 ・まだ未熟な私達に、皆様方のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 ・何かと至らぬ二人ではございますが、今後とも今までと変わらずご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 「ご助力」は、力を添えること 「ご助力」は ごじょりょくと読みます。 意味は「力を添えること」「力を貸すこと」「手助け」です。 「ご助言」は「言葉で教えてもらう」という意味ですが、「ご助力」は「協力してもらう、手伝ってもらう」といった意味となります。 例文 ・この計画を実現するために、ご助力くださった全ての方に感謝申し上げます。 ・今後もご指導とご助力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 ・この度はご助力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となってしまい大変申し訳ありません。

次の