リクナビnext。 リクナビNEXTの特徴・強み

リクナビNEXTの口コミ評判は?メリット・デメリットまとめ【転職サイト】

リクナビnext

1取材、プラン選定 今回の採用課題などのヒアリングの為、まずは実際に訪問をさせていただいております。 弊社では、このヒアリングを最も大切にしております。 場合によっては、お問合せいただいた媒体とは異なる商品をご提案させて頂く事もございます。 STEP. 2原稿作成 原稿作成に当たり、取材および写真の撮影のご協力をお願いする場合がございます。 原稿を作成し、修正依頼と修正原稿の送付を1往復~2往復行い、原稿内容の確定を行います。 STEP. 3ご掲載開始 応募受付方法や、応募者の対応について不明点・不安なことは、なんでもご相談ください。 システムの使い方だけでなく、応募者対応や面接での対応方法も含めて、採用に結びつくようにしっかり伴走いたします。 STEP. 4アフターフォロー 効果測定を行い、効果不振や採用に至らなかった場合、採用に至るまで掲載方法や原稿内容、媒体を見直し、再度ご提案をさせていただきます。

次の

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い | リクルートエージェント

リクナビnext

1、希望勤務地に居住都道府県を条件に含めて検索をしているが希望していない都道府県の求人が出る 2、土日祝休み、転勤なしを条件に含めて検索しているが、シフト制(しかも月何日休みか書いていない)、転勤ありの求人が出る 3、既に加入している転勤サイトからオファーが届く 4、急募、採用大人数予定、未経験歓迎、転勤なしと書いてある求人に応募したら書類選考で不採用 5、求人の説明と実際に受ける説明に乖離がある。 事例1 某派遣会社の求人に人材コーディネーター、土日祝休みと書いてあったので応募したら、入社したらしばらくは携帯会社に派遣されますとの説明があり(この時点で土日祝休みではないし、人材コーディネーターではない)さらにジョブチェンジ可能と求人に書いてあったので質問してみたが、周りが認めたら可能との事(そんな事求人には書いていない) 事例2 某派遣会社からオファーが届き、書類選考に通過したので面接のアポを取ったが面接日に都合が悪くなったので日程変更の連絡をいれたところ、その場合再度書類選考になります。 不採用ならメールしますと伝えられ1週間待ったが不採用(なにがしたかったのw?) その派遣会社は100社落ちた人が沢山いる寄り添える人材コーディネーターとの記述あり (私は200社は落ちました100社で止めないとダメなのか) 6、コロナ全盛期に面接するから来い。 密室で対面の面接、1対3の面接にこだわるズームやパソコンを知らないクズ企業がある(リクナビnextが改善をしなければ全社のレビューを晒します) 7、地域限定社員ありと書いておきながらその待遇について書いてない会社がある(一緒ならそう書けばいい。 手抜き) 8、オファーが届いたので面接に行ったら(希望勤務地で転勤なしの求人)不採用になった。 後日求人を見ると私が面接に行った都道府県だけ募集から削除されていた(だったら募集するな) 9、一度求人を閲覧しただけでオファーが届く会社がある。 (リクナビnextの検索がクソだから他の都道府県の求人を間違って見ただけで受験しないよ) 10、私は大卒ではないが大卒限定の求人のオファーが届く、案の定書類選考で不採用(だから何を求めてるのw?) 11、求人を見て面接を受けたら不採用の電話が来て(100歩譲ってここまではいい)求人より低い条件の職種なら採用出来ますと言われた(これは詐欺では?) 12、求人の非表示機能がない(一度落ちた求人見たくないでしょw ホントに転職希望者に寄り添ってる?) 13、そんな中200社受けてやっと採用されたが、そこも話が違う(周りが認めれば昇進出来ると求人にあったので上司に質問したら、この支店では君は3番目に昇進すると言われた。 それは年功序列では?) 14、旅行サイトの法人営業のオファーが届いたので面接に行ったが(もちろん私の希望条件通り)コロナの時期に密室で1対1で面接。 後で1人来ますと言われその間質疑応答をしていたら途中でもう1人入室してきて全く同じ事を聞かれた(まず時間を守れ、社会人だろ)面接終盤に合否は連絡しますとの事だったが1ヶ月たっても合否の連絡なし(まあそれだけ非常識の企業だから働きたくないけど) 15、面接時こちらから自己紹介をしても名乗らない面接担当がいる(1対1で名乗らない?社会人として終わってるだろ。 オメー誰だよ名刺くらいだして身分証明しろよ。 本物の面接担当かわかんねーだろ) リクナビnextがどう思うか知らんが理不尽に落とした企業全部メモしてるからな 交通費返せ 時間返せ リクナビnextはマジで時間のムダだと思う 改善できないならこのアプリ消せ なくなっても誰も困らんよ このレビューを見て頂いた方へ このアプリはアプリを通して会社の恥を晒すアプリです。 人それぞれ意見が違うとは思います。 しかし私は200社受けて採用はたったの1社だけです。 もちろん私の学歴職歴や人間性に原因があるかもしれませんがw 求職者の方がこのアプリを利用するのであれば非常識な企業を探す目的でご利用下さい。 それ以上の目的で利用するのは私はオススメ致しません。 そしてあくまで私の意見なので求職者は他のレビューも見て総合的に判断して下さい オファーが来て現職を退職して転職。 しかし入社後、給与減額。 スキルがあるからと言ってオファー条件以外の業務をさせられる。 それらの業務も時間短縮の会社の方針と合わないと1か月で退職勧告。 挙句にミスすると懲戒解雇をちらつかせ、辞めるか残るかを迫られる。 様子見で残ることを選択すると時間給へ条件変更。 あほらしくなってやめました。 その際もリクナビに支払った費用を請求されそうになりました。 もちろん支払う義務なんてありませんが。 結局こんな企業ばかりの集まりでしょう。 いいところ見つかったらラッキーですが、そのラッキーと現職の条件とよく見比べたほうがいいと思います。 転職者に後の保証なし。 転職者の早期退職理由も調べない。 結局のところリクナビへの斡旋料30万円~80万円リクナビ丸儲け。 リクナビを儲けさすために自分の経歴を差し出し、現企業での実績をフイにするのか?現職と比較してよく考えたほうがいいです。 求人数および、情報量はかなり膨大です。 比較的、希望する細かい内容まで検索条件を指定でき、検索できます。 しかし、条件をそれなりに絞っても、ヒットする求人情報がかなり多く、選別に手間取ることもありました。 また、自らのキャリアを登録してスカウトメールを受けることも可能ですが、企業側が大まかな検索条件でヒットした対象者のほとんどにスカウトメールを送信しているようなきらいがあり、定型文的なスカウトメールも多くありましたが、中には内容をちゃんと精査している企業もあります。 しかし、多くのスカウトメールが届くため、そのような貴重なメールが埋もれてしまうこともあり、豊富な情報量が弊害となっているような気もしていました。 なお、担当者、サポートについては利用しなかったため、評価3とさせていただきました。

次の

リクナビNEXTのスカウトサービスは使えるのか?転職を有利にするには | 平凡サラリーマンの40代からの男磨き

リクナビnext

概要 [ ] をする大学生の多くはこのサイトに登録していると言われ、全国各地でなどのイベントも開催している。 又、リクナビでしかエントリーを受け付けない(特に・商社などの)もあり、その事が高い登録率を誇る要因になっている。 前年にが発売され、での普及率が急激に上昇していた2月に「 RECRUIT BOOK on the Net」としてサービス開始。 に「リクルートナビ」(略称:リクナビ)に名称変更した。 スタート時は、リクルートブックの延長であると評価されていたが徐々に力をつけ、特に以降は、において多大な影響力を持つに至った。 新卒採用においてはトップクラスのサイトであり、からはの就職支援対象サイトとなっている。 2004年にと提携したことに伴い一時ブランド名を「」に切り替えたが、10月より新卒採用については「Yahoo! 」の冠を外し「リクナビ」にブランド名を戻した。 その他のサイト(リクナビNEXT等)は引き続きYahoo! リクナビにて提供していたが、で「Yahoo! リクナビ」全サービスを終了することに伴い、ヤフーとの合弁で展開していた・を除く全サイトが「リクナビ」ブランドに戻ることになった。 サイト [ ] リクナビ 新卒の向けの就職サイト。 リクナビNEXT 社会人の転職者・中途採用者向けの就職サイト。 リクナビ派遣 の仕事探しサイト。 リクナビ薬剤師 薬剤師向けの転職サイト。 テレビコマーシャル [ ]• より大阪ローカルであるが、らを起用し、を使ったニュース番組風のCMが放送された。 、の描くキャラクターを使用したCMを放送開始。 トラブル [ ] 、リクナビの運営主体であるリクルートキャリアが、リクナビに登録した学生の閲覧履歴を基に内定辞退の確率をAI()が予測し各企業に販売していた。 この件について政府の個人情報保護委員会が同月26日、学生の同意を得ないまま第三者に個人情報を提供した違反があったとして是正勧告を出した。 この勧告を受けて同社社長らが記者会見を開き「学生の心情への配慮不足と経営のガバナンス不全が問題の根本」とし、自らの責任を認めて謝罪した。 また厚生労働省が9月6日、同社に対して内定辞退率のデータを企業に販売する事業は、本人の同意の有無にかかわらず個人情報保護を義務付けるに違反すると判断し、同法に基づき是正を求める行政指導を実施した。 この指導を受けて同社は「今回の指導を厳粛に受け止め、今後このような事態が再発することのないよう改善対応に取り組む」とのコメントを出した。 12月4日、個人情報保護委員会はサービスを利用していた企業への指導を行ったほか、8月26日付の勧告等の原因となった事項以外にも個人情報保護法に抵触する事実が確認されたとしてリクルートキャリアに対し改めて勧告を行った。 脚注 [ ] [].

次の