ぐるり 公園。 子連れで豊洲市場見学なら、幼児遊具に駐車場もある「豊洲ぐるり公園」を拠点にごはん&公園遊びがおすすめ!

豊洲ぐるり公園|江東区

ぐるり 公園

立地としては、お台場よりも北側なわけで、湾奥も湾奥。 ここは公園ということもあって遊具、トイレがあってお子様連れにはいい場所です。 最寄りのコンビニは徒歩15分くらい。 ちょっと遠いですね。 「豊洲なんかで釣りなんてww」って思う人も多いのではないでしょうか。 まあ私も同じ気持ちです。 しかし世の中灯台下暗しというように案外近くていいポイントで釣れたりするなんてこともあるのかもなと思ってやってきたわけです。 便利な時代なので、ネット経由ではタチウオなどが釣れていることが分かっていますしね。 今回はひさしぶりということもあり、他の釣り人の迷惑にならない範囲で多めに竿を出してみることにしました。 投げ竿で、アジ餌のブッコミ• シーバスロッド2本• 投げ竿で、アオイソメちょい投げ• 磯竿:トリックサビキ ここまでで、5本。 そしてもう一本… ダイソーで1,000円の釣りセットです。 これも使ってみます 今午後四時実釣開始! こんなに竿があるとすべて投入するのに一苦労です(笑) 一つずつ餌をつけてとやっていると、かなり時間がかかり、投入完了。 同時に最初に投入した竿を上げてみるも、アオイソメは食われてません…。 幸先悪いです。 ちょい投げ竿を順次回収してみても何も釣れない。 人が増えてきたら竿をどかそうと思いつつ、ここは鈴を着けて長期戦モード突入。 ゴミが多いかと思ったら意外ときれい。 有志の方がきっと拾っているのでしょう。 素敵です 待ちの釣りということで、この時間はYou Tubeみたりゲームしたりとのんびりモードでアタリを待ちます。 最近ギガ数お増えたので、そのあたりはけっこう飽きず待てるわけです。 ・・・ ・・・ ・・・ 時間はあっという間に過ぎ、夕日がレインボーブリッジの方に沈んでいき夜。 来たときにたくさんいた親子釣り師たちも次々と竿を畳み始め、帰っていきます。 釣りを初めて3時間くらい経過したでしょうか。 ふとアジを回収してると、いきなり竿がグーンと重くなりました! ゆっくり巻き上げていると最後の最後に軽くなりました。 ぶっこみ釣りの回収時にタチウオが食ったのか??? そしてお隣の百均竿を回収すると、良型ハゼ。 これまでちょい投げはシーバス狙いだったので、ハゼ仕掛けに替えることに。 「ハゼ底釣り仕掛け」というのに変えるのですが、そのあたりはまた別の機会にお話します。 いずれにせよ、これでどうにかボウズは逃れられました。 ここからちょくちょくアオイソメが取られはじめるも、中々かけられません。 30分ほどしてようやく鈴が鳴りました! こちらもよく太った、落ちハゼですね。 どうやらハゼはちらほら底にいるようです。 ただどうしても落ちたハゼの活性は低いので、その後はなかなかあたりません。 30分に1匹ペースで釣れるくらい。 一発大物の期待も時間とともに消えていき、あっという間にタイムリミットの21時。 釣果はハゼ6匹。 ハゼだけでも、もう少し釣りたかったなー。 順次片付けのために竿を回収してると20時くらいから来た隣の釣り師にタチウオがヒット。 サイズは60cmくらい。 こんな奥まったところでタチウオが釣れるのかーと感動すると同時に、道理でスーパーのアジ小では大きくて釣れないわたけだなと思いました。 ぶっこみ釣りだから、そもそものタナが違うという理由もありますが。 やはりタチウオを専門に狙って釣りをするなら、テンヤか電気ウキで10cm以下の豆アジやキビナゴが食い込みもよいだろうなと思います。 ルアーでも釣れているようでワインドやメタルジグもよいのでしょう。 ラストアジ餌竿を回収すると、ちょっとだけかじられてました。 モクズガニもいるのでタチウオなのかは確定ではないのですが、小型のタチウオからしたらこの15cmほどあるアジはあまりにも大きかったのでしょう。 こうして久しぶりの厳しい冬の釣りは終わりました。 釣りの締めはやっぱりラーメンに限る。 ということで、帰りに豊洲の「つけ麺さとう」で冷えた体と心を温めました。 しみるなー。

次の

【豊洲ぐるり公園】突如、都会に出現した広大な釣り天国

ぐるり 公園

豊洲ぐるり公園 釣り場概要 東京都江東区豊洲にある公園。 都心に近いにもかかわらず様々な魚が狙える釣り場として近頃人気を集めている。 釣れる魚は、アジ、イワシ、サヨリ、ハゼ、イシモチ、カレイ、メバル、クロダイ、タチウオ、シーバス。 サビキ釣りではアジやイワシがターゲット。 釣果にはムラがあり、この釣り物に関してはの方が実績があるようである。 夜釣りではタチウオが人気ターゲット。 メタルジグやジグヘッド+ワームなどのルアーフィッシングでもイワシ、キビナゴなどを餌に使ったウキ釣りでも狙うことができる。 また夜釣りでは、セイゴクラスが多いがシーバスも狙うことができる。 釣り方はルアーまたはアオイソメ等を餌に使ったウキ釣り。 公園内にトイレ、駐車場(1時間400円)あり。 釣果情報 釣具店のサイトやブログ、ツイッター、ユーチューブから「豊洲」に関する情報を表示しています。 立入禁止、釣り禁止になっている場合もありますので法と良識に則った行動をお願い致します。

次の

豊洲『ぐるり公園』でシーバスのストラクチャー撃ちができると聞いて

ぐるり 公園

豊洲ぐるり公園360度写真-CLICKでSTART 豊洲ぐるり公園で狙える魚は• シーバス• クロダイ がメインとなります。 筆者が訪れた際も、ルアーやヘチ釣りをやっている方々がメインでした。 夏場はアジやイワシなどの回遊魚も回ってくるらしく、季節によってはサビキやカゴ釣りも楽しめそうです。 他にはハゼやカレイ、メバルなどの釣果情報もあります。 筆者の釣果:2019年1月 豊洲ぐるり公園での初めての釣行は、真冬の1月。 この時はシーバスを狙ってルアーを投げまくったのですが、残念ながらボウズでした。 周りにもシーバス狙いの方が複数人いましたが、誰も釣れていない様子でした。 筆者の釣果:2019年11月 2019年の秋は、東京湾奥にもイナダなどの青物が入ってきていると話題になっている年でした。 そんな中、Twitterなどで「豊洲ぐるり公園でタチウオが釣れた!」との情報が出回っていたので、筆者も出陣してみることに。 結果は、午後4時~10時までの釣行で• サッパ:10数匹• イワシ:10数匹• コノシロ:1匹• タチウオ:2匹 と、大満足の釣果でした。 午後からの釣行だったのですが、インターネットの情報を見た方々が殺到している土曜日ということもあって、駐車場に入れるのに行列で1時間ほどかかりました。 釣り場は広いですが、駐車場はそこまで広くないのでボトルネックになっているようです。 ちなみに、昼から釣りを楽しまれていた方は、サヨリやカマスが沢山釣れていたようです。 タイミングさえ合えば、豊洲ぐるり公園でも色んな魚を狙えそうですね。 豊洲ぐるり公園へのアクセス 最寄駅は、ゆりかもめの「市場前駅」となり、徒歩10分程度です。

次の