眉ティント 危険性。 眉ティントが危険な2つの理由

【眉ティントの危険性】色素沈着や肌荒れ炎症の恐れがあります

眉ティント 危険性

「フジコ眉ティント」が、 今年バカ売れしてるらしいですね。 日経トレンディの、 2016年ヒット商品ベスト30の、 第27位が 「フジコ眉ティント」。 日テレのスッキリ!! を見て、 この前初めて知りましたよ。 使ったことありますか? 触っても落ちない眉メイクらしく、 化粧直しの手間も省けて、 使い方も簡単らしいのですが・・・ アイブロウメイクの悩み アイブロウメイクって、 普段どうしてますか? 私はアイブロウペンシル派。 汗をかかない季節は、 まだマシなのですが・・・ 夏場や暖房のきいた場所だと、 汗をかくので、 朝描いた眉毛を一日中キープするのは、 本当に難しいですよね。 それに顔にかかった前髪を、 手で払う時に、 眉に触れてしまって、 眉メイクが落ちてしまったり。 でも「眉ティント」なら、 汗や水で落ちることも無く、 触っても大丈夫なんだとか。 一日中、朝の眉をキープできるという、 超優秀なコスメらしいのです。 でもね、ちょっと心配が。 ティントってことは染めるんでしょ? 色素沈着の危険性って、 無いんですかね? 眉ティントってどんな商品? ティント(tint)というのは、 「染める」とか、 「色をつける」という意味。 眉ティントは名前の通りで、 眉を染める製品なんです。 眉を染めるといっても、 眉マスカラのように、 眉毛自体に色を乗せるのではなく、 眉毛ラインの皮膚を染めるんですね。 アイブローペンシルやパウダー、 眉マスカラだと、 前髪が擦れたり汗をかくと、 すぐに落ちてしまうのが難点。 でも眉ティントは、 眉下の皮膚そのものを染めるので、 クレンジングしても全然落ちないんです。 メーカーや使い方にもよりますが、 1度、眉ティントで染めると、 3日間~1週間程度は色持ちするんだとか。 眉下の皮膚を染めるって、 ちょっと怖いと思うのは私だけ!? で、どんな使い方をするのかと言うと・・・ 眉ティントの使い方はどの商品もほぼ同じ 眉ティントは、 今回ヒット商品にランクインした、 フジコ眉ティント以外にも、 類似品がたくさん販売されています。 というよりも、 そもそも眉ティントは、 韓国で火がついたメイクアイテム。 でも最近では、 フジコ眉ティントのように、 日本のメーカーの眉ティントも、 どんどん増えてきています。 どこのブランドでも、 使い方はほとんど同じなので、 今回はフジコ眉ティントの使い方を、 説明していきますね。 フジコ眉ティントの使い方 しっかり染める場合には、 トータルで2時間以上かかるので、 お風呂上がりとかに、 染めた方が良いかもしれません。 フジコ眉ティントを使っている、 動画を見つけましたよ。 最初に眉毛表面の油分を、 ティッシュで拭き取るか、 クレンジングで軽く拭き取って下さい。 眉ティントを、 染めたい部分(好みの形)に、 塗っていきます。 眉ティントを塗ると、 「えっ?!こんなに濃いの?」と、 びっくりすると思います。 でも、塗ったままの色が、 そのまま付くわけではないので、 安心して下さいね。 染めたい形に塗り終えたら、 そのまま 2時間ほど放置。 ティント液自体は、 5分から10分くらいで乾燥します。 2時間放置した後、 ゆっくりと剥がしてください。 剥がす時眉毛が引っ張られて痛い時は、 ぬるま湯で流してもOKです。 キレイに塗れなくて、 はみ出してしまった時の対処法は・・・ ティント液が乾く前であれば、 綿棒で優しく拭き取ると、 ちゃんと取り除けます。 ただ乾きが早いので、 失敗したと思ったら、 すぐに拭き取ったほうが良いですね。 眉ティント放置中はイモト風の眉 正直ティントを塗っている間は、 誰にも見られたくないくらいの、 ごん太眉になります。 眉ティント中の、 イモト風眉の写真を、 SNSに投稿する女子が多くて、 人気に火が付いたそうですよ。 と、脱線しましたが、 眉ティント放置中はイモトですが、 ティントを剥がすと、 凄くナチュラルな色合いになるので、 安心して下さいね。 口コミでわかった失敗しないコツ フジコ眉ティントを使った人の、 感想が知りたくて、 口コミを見てみたんですよ。 一度使えば毎日使わなくても、 色持ちするので、 朝のメイクが楽になったとか、 すっぴんの時も気分が良いとか、 割と 口コミの評価は高かったです。 しかも容器を開けた瞬間に、 ふわっと良い香りがするので、 テンションも上がるとのこと。 ただ、中には使い方を誤って、 失敗している人も多くいます。 放置時間の他にも失敗しないコツがある! 2時間以上置けば、 色が3日程度は持つという、 説明書きがある商品。 でも、10分程でカラカラに乾くので、 もう大丈夫だろうと思い込んで、 すぐ剥がしてしまう人が多いみたい。 それじゃあ、色が付きませんよね。 他にも失敗の事例がたくさんあって・・・ ・洗顔後、水分を十分拭き取っていない。 ・フェイスパックをしてから塗ったために、 眉下に保湿成分が付着しているため、 眉ティントの色が乗らない。 ・眉ティント直後にオイルクレンジングし、 洗顔料で顔を洗ってしまう。 ・クレンジングシートを使って、 眉ティントを剥がす。 最低でも2時間以上放置するのが基本だし、 眉ティントを使う前には、 眉下の保湿はダメですよね。 失敗しないコツは、 説明書の使い方の通りに使うということ。 当たり前だけど、これに尽きます。 どうしても染まりにくい場合の対処法 夜寝る前に眉ティントを塗り、 朝起きた時に剥がせば長持ちすると、 公式で発表されていましたよ。 それでも染まりにくい場合には、 2、3日続けて使ってみたり、 完全に乾いた後に、 二度塗りしてから2時間以上放置すると、 1週間ほど長持ちするそうです。 でも・・・ 眉下の肌って顔でしょ? 染めてしまって肌に悪くないのか、 危険じゃないのか、 かなり心配なんですけど・・・。 眉ティントは危険じゃないの? 眉ティントは時間が多少かかるけど、 使い方はすごく簡単。 毎朝のメイク時間を短縮できる上に、 眉毛が無くなってないか、 そわそわしなくて済むのも良いですよね。 でもね、やっぱり心配なのは、 色素沈着などの、 危険性はないのかってこと。 例えば、韓国産の眉ティントに、 使われているカラーは、 洋服に着色するものを使っているらしい、 とかね。 実際のところはわかりませんが、 もし本当なら、使い続けると、 炎症や色素沈着の可能性はありそう。 ある程度時間が経たないと、 「色素沈着が起きた」っていう報告は、 出てきませんよね。 たとえ国産の製品でも、 ティント製品自体が、 まだ新しい商品。 色素沈着してしまうかどうかは、 素人目では判断できませんよね。 新陳代謝と共に、 色も剥がれていくから大丈夫、 ということらしいですけどね、 やっぱり心配。 お肌を染めるものではなくて、 一日中眉毛を心配しなくて良い、 画期的なものができないかな~って、 期待しちゃいますね。 yuki1995jp.

次の

【7日間消えない眉毛?】眉ティントよりセルフタンニングアイブロウ

眉ティント 危険性

眉ティントは、眉の形に沿って塗って時間をおいて剥がすと 角質に色が定着し、1〜7日ほどその色をキープしてくれるアイテムです。 なかには剥がさずに塗るだけで色をつけてくれるものも。 眉ティントは肌の一番外側に色をつけてくれるので、通常のアイブロウのように水や汗で落ちにくいのが魅力です。 海やプールなど水を浴びる場面はもちろん、すっぴんを見せたくないときにも使えます。 また、 眉が薄くて悩んでいるという方にもおすすめのアイテムです! 色素沈着するという話を耳にしたことがあるかもしれませんが、ターンオーバーによって 日が経つにつれて角質が垢となって剥がれていくので色素沈着の心配はありません。 人によっては肌荒れを起こす可能性があるので、肌が弱い方はパッチテストをおこないましょう。 眉ティントを7日間腕に塗っていて、もっとも色持ちがよかったのは「かならぼ|フジコ眉ティント」、次点が「ベリサム|マイブロータトゥーパック 眉毛ティント」でした。 フジコとベリサムの眉ティントは 1週間経っても色がはっきり残っていたので、安心して使えそうです。 また、1Dayのキャンメイクは1日目はずっと定着していましたが、洗顔をしただけでキレイに落ちてくれました。 一方、ノーブルの1Day眉ティントは3日経ってもうっすら残っている状態。 朝起きて眉を描こうか描くまいか悩んでしまう状態は困るので、特に1Dayは色持ちだけでなくしっかり落ちるかも重要ですね。 もちろん個人差はありますが、1週間しっかりもたせたいならフジコ、1Dayでよければキャンメイクがおすすめです! 使用感の検証で 評価が低かったのは、液量の調整が難しくムラになってしまうものでした。 塗れば塗るほど内側の色がなくなってしまったり、逆に大量についてしまって対処法が分からず慌ててしまうものなどは、総じて低評価に。 また、実際に使ってみたスタッフからは、筆先が細すぎても太すぎても使いづらいという声が多く上がりました。 ちょうどよい描き心地と 好評だったのは「ミシャ|セブンデイズ アイブロウティント」や「メークソリューション|セルフタンニングアイブロウ」など、筆ペンのようなタイプのものです。 アイライナーのような筆先をしているため、眉尻の細かいところまでしっかり描けるのが勝因。 数日間同じ眉で過ごさなければいけないので、ムラなく描くためにも細すぎず太すぎない筆先のものを選ぶようにしましょう。

次の

必見!眉ティントで眉毛が抜けて薄くなってきた場合の対処方法

眉ティント 危険性

pakutaso. com まずティントリップとはどんなリップなのかをご存知でしょうか? ティントリップはこれまでのリップ(口紅)とは全く違う物だと言っても良いでしょう。 では簡単に違いを説明したいとおもいます。 ティントリップとは ティントとは英語で「染める」という意味です。 通常のリップは皮膚の表面から色をのせるものが一般的ですが、ティントリップは唇の皮膚の角質層へ浸透させ、唇自体を染めて色付けをしているのです。 唇自体を少し染めているので従来のリップコスメよりも格段に 落ちにくいという特徴なのです。 「塗る」グロスや口紅は、いくら落ちにくい事を売りにしていても、どうしても食べたり飲んだりしたら大抵は落ちてしましますよね。 「ティントリップ」は染めるので本当に落ちにくく、メーカーによっては半日落ちないものやリップ専用リムーバーを使わないと落ちないものもあるようです。 従来の口紅のように色をのせるわけではないので、ティントリップはナチュラルに仕上がります。 そしてティントリップは最近のトレンドメイクの グラデーションリップを作ることができます。 グラデーションリップとはオルチャンメイクでも人気のグラデーションリップ。 唇の内側を濃く外側に向かって薄くしてグラデーションを作るリップメイク。 グラデーションにより立体的になるので女性っぽさが増すボリュームのある唇を可能にします。 その理由は「皮膚を染める」という事や「なかなか落ちない」便利さに抵抗がある方も多いからでしょう。 多くの化粧品には色素が配合され、殆どは顔料と染料の2種類に分けられるため、まずは 顔料や染料を調べてみました。 顔料は普段のメイクで使われているフェイスパウダーやファンデーションや一般的なリップにも使われている顔料でした。 染料も色素の微粒子も皮膚に吸収されるほど小さくないので皮膚の表面に付着するだけです。 ネイルカラーやヘアカラーリング剤などにも使われている染料でした。 次に心配されているのは 色素沈着です。 そもそも国内の化粧品は厚生労働省の条件をクリアしなければ販売される事はないので、その点でも危険は特に少なく、ある程度の安心をしても良いと思います。 それにティントリップは皮膚の表面のみを染色しているので唇自体に 色素沈着を固定化させる可能性はそこまで強くないと考えられます。 しかしデリケートな唇を染めるわけですから毎日必ずしっかり落とし、色素沈着をしないよう気をつける必要はあるかと思います。 それでも気になる方は、最近日本製のティントリップも充実してきているのでより安全基準の厳しい日本製をお勧めします。 これらの理由からティントリップの危険性に関してはさほど気にしなくても良さそうです。 関連記事: ティントリップの塗り方のコツ ティントリップには色々な機能を追加されている商品が次々と発売されています。 種類によって使用感や仕上がりも違ってきます。 ティントリップの種類• リキッドタイプ• 水のような軽いテクスチャーのウォータータイプや、とろっとしたやや重みのあるリキッドタイプ。 ティントリップのなかで一番種類が多いです。 固形タイプ• 一般的なリップと同じように使えるスティックタイプやバームの形が多いです。 スティックタイプが初心者には一番おススメです。 綿棒型ティント• 綿棒型の使い捨てティント。 使い捨てなので衛生的でコンパクトなので化粧ポーチに入れて持ち歩くこともできます。 綿棒に色が染み込ませてあり、その綿棒で色付けするタイプ。 ティントパック• ティントを塗ってしばらく置いてから乾いたらティントをそっと剥がすと唇に色がついている。 新感覚のリップティントで、持続時間が半日ともいわれている。 オイルティント• どうしても乾燥が気になるティントリップのデメリットをカバーするため美容オイル配合のティント。 うるおい成分が配合されており乾燥や荒れを防ぐことができます。 ティントリップの塗り方にもコツがある! 口紅やグロスと違いティントリップのには綺麗に塗るコツがあります!• 唇をリップクリームでしっかり保湿します。 【ティントリップは乾燥しやすいのと、ツヤを出すため】• リップコンシーラーで唇全体か、唇の輪郭を均一に塗って唇の色を薄くする。 もしリップコンシーラーをお持ちでない方は通常用のコンシーラーかファンデーションを使っても構いません。 【綺麗に発色させるため】• ティントリップを唇の中央にのせていく。 【一気に塗るよりも綺麗な立体的な唇に見せるため】• 中央から放射線状に外に向かって塗る。 【グラデーションのようにするため】• 乾くまで数分待つ。 最後につやを出し良い方はグロスを塗る。 これで完成です!! まとめ• ティントリップの危険性は低いようです。 どうしても不安な方は海外製ではなく日本製のものをお勧めします。 ティントリップを塗る前にしっかりリップクリームで保湿をしてから塗りましょう。 コンシーラーを使ってからティントリップを塗った方が断然発色が違います。 専用リムーバーでしっかりと落とす。 夜もしっかり保湿する。 今回ティントリップの成分を調べてみてもおかしなものは特に見つからず、果物の成分が入っているのもありました。 なので危険性はそこまで感じられませんでした。 日本製は今のところ特に危険性はなさそうです。 私の使った感想はやはり乾燥が気になるのでリップクリームと通常のメイク同様1日の終わりには唇もしっかりとクレンジングが必要だと感じました。 それとティントリップを使った日はたっぷりと保湿をしてあげましょう。

次の