無神経 類語。 センシティブの意味とは?正しい使い方・類語・対義語・英語表現を解説

センシティブの意味は?使い方やナイーブなど類語との違いも解説

無神経 類語

公開日: 2018. 19 更新日: 2018. 19 目上の人に使える「厚かましい」の意味と使い方、類語「図々しい・おこがましい」との違いについて解説 「厚かましい」という言葉をご存知でしょうか。 「厚かましい人」「厚かましい態度」などと使われているように、意味について知っている方も多いかと思います。 では、どのような場面で使うのでしょうか。 実は日常会話だけでなく、ビジネスシーンにおいてもよく使われる表現なのです。 「厚かましい」はあまり良い印象がない言葉かもしれませんが、一体どのように使うのでしょうか。 また、「図々しい」「おこがましい」といった似た言葉がありますが、何か違いはあるのでしょうか。 頻繁に使われる表現なだけに、しっかりと覚えておく必要があります。 そこで今回は「厚かましい」の意味や使い方、類語、反対語について解説していきます。 「厚かましい」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう! 「厚かましい」の意味 「厚かましい」の意味は 「恥を恥だと思わない。 ずうずうしい。 厚顔である」です。 行動や態度に慎みがない様子・ずうずうしくて恥じる気持ちや遠慮がないさまを表します。 「厚かましい」には「他人に迷惑をかけているという意識があるにも関わらず.... 」というニュアンスが含まれます。 「厚かましい」は「厚い」+「かましい」で成り立っています。 「厚い」は「他者への関わり方の程度がはなはだしいこと。 深いこと」を意味します。 「かましい」は「〜のきらいがある」「〜ようすである」「〜の傾向がある」と物事や状態に似ている意を表します。 「厚かましい」は、「面の皮が厚い」から「厚皮」=「あつかわしい」=「あつかましい」に変化したと言われています。 他にも、「厚顔」という言葉から「厚」をとって「厚かましい」としたという説もあります。 「厚かましい」の使い方と例文 「厚かましい」は自分の行動が図々しいことを、みっともないと恥じ入る気持ちがない様子を表す場合に使います。 自分の行動だけでなく、相手の行動に対しても「厚かましい」は使うことができます。 他にも、「厚かましいにもほどがある」「厚かましすぎる」などという使い方もあります。 「厚かましい」は日常会話以外にも、ビジネスシーンで使います。 主に、お願いや依頼をする場面で「厚かましい」を用います。 依頼が相手に迷惑になる内容だと分かっている場合に、「身勝手なこととは承知ですが... 」という意味合いを込めて「厚かましいお願いですが〜」と言います。 単に「お願いですが〜」と言うよりも、相手に不快な思いをさせることなく、依頼を受け入れてもらえやすい雰囲気を出すことができます。 また、無茶な依頼を引き受けてくれた場合は「厚かましい希望」「厚かましいお願い」といった形で、お礼を伝えられます。 言い回しとしては、 ・厚かましいお願いですが ・厚かましいお願いではございますが ・誠に厚かましいお願いとは存じますが ・厚かましいお願いで恐縮ですが ・厚かましいとは存じますが などとなります。 例文 ビジネスシーンでの例文 ・厚かましいとは存じますが、お言葉に甘えて頂戴します。 ・厚かましいお願いですが、こちらのペンをお借りしてもよろしいですか。 ・誠に厚かましいお願いではありますが、ご連絡をいただけると幸いです。 ・厚かましいお願いで恐縮ですが、お話を聞かせていただきたく存じます。 ・先日は厚かましいことをお願いしてしまい、大変申し訳ありませんでした。 ・厚かましい希望にも関わらず、引き受けてくださり、誠に感謝申し上げます。 日常会話での例文 ・本当に彼は厚かましくて、対応するのが面倒くさい。 ・会うたびにお金を貸してくれとねだるなんて、厚かましすぎる。 ・平気で並んでいる列に割り込んでくるなんて、厚かましいにもほどがある。 ・今まで彼女みたいな厚かましい人なんて、見たことがないよ。 ・あの人は毎度のごとく、何かある度に厚かましくしゃしゃり出る。 「厚かましい」と「図々しい」の違い 「図々しい」の意味は 「人に迷惑をかけながら平気でいるさま。 ずぶとく、あつかましいこと」です。 「図」は「計画。 はかりごと。 企み」を意味します。 この「図」を重ねて形容詞化したものが、「図々しい」です。 「ちゃんと並んでいる列に図々しく割り込む」「図々しく席を詰めてくる」などと使います。 「厚かましい」は「行動や態度に慎みがないようす。 恥じる気持ちや遠慮がないこと」 「図々しい」は「相手の都合や状態を考えず、身勝手に振る舞うこと」 「厚かましい」よりも「図々しい」の方が、「自己中心的な」「わがままな」という意味合いが強まります。 「図々しい」は「厚かましい」よりもややくだけた表現です。 ビジネスの場など改まったシーンなどで、人にお願いをするときは「厚かましい」を使います。 例文 ・許可していないのに、図々しく人の家に上がりこむ。 ・彼は図々しく、許しを得ずに人のものを勝手に使ってしまう。 ・あの人は図々しくそばに寄ってきて、あたかも友達かのように接してくる。 「厚かましい」と「おこがましい」の違い 「おこがましい」の意味は、 1. ばかげていて、みっともない。 物笑いになりそうだ 2. 出過ぎている。 さしでがましい。 なまいきだ です。 「おこがましい」には2つ意味がありますが、主に「生意気である、思い上がっていてしゃくにさわる。 分相応であるさま」を表します。 身の程をわきまえていない様子を示しています。 「厚かましい」は「行動や態度に慎みがないようす。 恥じる気持ちや遠慮がないこと」 「おこがましい」は「分不相応なさま。 自分の身では出過ぎているさま」 「おこがましいことをお願いしますが... 」「厚かましいお願いですが... 」と2つとも依頼する場合に使います。 どちらも、自身の行動をへりくだる表現ですが、意味合いが少々異なります。 目上の人に対して、「申し訳ないが... 」といった気持ちをより強調したい場合は「おこがましい」を使います。 他にも、「おこがましい」は目上の人に何かを意見する場合にも、「私のような者が出過ぎた真似をしますが... 」という意味で使うことができます。 また、「厚かましい」は自分と相手の行動に対して使えますが、「おこがましい」は自分の行動にしか使いません。 例文 ・おこがましいことを承知で申し上げますが、先ほどの案件について私の考えを話してもいいでしょうか。 ・おこがましいのは重々承知ですが、先ほどのお話に若干の違和感を覚えました。 「厚かましい」と「差し出がましい」の違い 「差し出がましい」の意味は 「でしゃばるようである。 余計なことをする感じである」です。 「お節介」「余計なお世話」ということで、本来自分のすべき役割ではないことを行ってしまう様子を表します。 「厚かましい」は「行動や態度に慎みがないようす。 恥じる気持ちや遠慮がないこと」 「差し出がましい」は「出しゃばるような感じを与える。 必要以上に他人に関与しようとすること」 「厚かましい」と「差し出がましい」では意味が異なります。 「差し出がましい」は他人に対して必要以上に余計な世話を焼いたり、しゃしゃり出ることをする様子を表します。 「厚かましい」と同様に、ビジネスシーンでも使います。 改まった場面では、目上の相手に何か言いづらいような意見を言う場合に「差し出がましいことを言うようですが... 」といった形で用います。 これは「非常におせっかいなことを言いますが.... 」といったニュアンスです。 例文 ・先日は差し出がましいことをしてしまい、大変申し訳ありませんでした。 ・差し出がましいことを言うようですが、今回使うのは資料Aではなく、資料Bではありませんか。 ・伯母さんはいつもお見合いを勧めてくる、非常に差し出がましい人である。 「厚かましい」と「不躾(ぶしつけ)」の違い 「不躾」の意味は 「礼儀作法をわきまえないこと。 無作法。 無礼」です。 「不躾」には「露骨」や「唐突」という意味も含まれます。 「厚かましい」は「行動や態度に慎みがないようす。 恥じる気持ちや遠慮がないこと」 「不躾」は「礼儀作法をわきまえていないこと。 失礼なこと。 無礼なこと」 このように、「厚かましい」と「不躾」では意味が異なります。 「厚かましい」と同様に、「不躾なお願いで恐縮ですが〜」などと依頼することができますが、これを使う場面としては、お願いが相手にとって急なことであったり、相手にとって手間になる場合です。 「不躾なお願い」は「無茶なお願い。 失礼なお願い」という意味なので、めったに使うことはありません。 また、「厚かましい」は相手だけでなく自分の行動に対しても使いますが、「不躾」は自分の行動に対して使うことが多いです。 例文 ・不躾であることは承知ですが、今からお伺いしてもよろしいでしょうか。 ・不躾なお願いにも関わらず、承諾していただき誠になりがとうございます。 ・不躾な質問ではありますが、こちらはどこでお買い求めになったのでしょうか。 「厚かましい」の類語 横風<おうふう> (意味:威張って人を見下したような態度であること) 「あの人はいつも横風な態度を取っている」 僭上<せんじょう> (意味: 身分をわきまえないで、差し出た行為をすること) 「僭上の振る舞いを受ける」 ふてぶてしい (意味:大胆不敵である。 憎らしいほどずぶとい) 「ふてぶてしい態度を見せていた」 馴れ馴れしい (意味:無遠慮であるさま。 ぶしつけであるさま) 「彼は誰に対しても馴れ馴れしく口をきく」 臆面もない (意味:気後れした顔色や様子を見せないで) 「臆面もなく頼みごとをしてくる」 盗人(ぬすっと)たけだけしい (意味:悪事を働いていても、平気にしているさま) 「君は簡単に人を裏切るね。 まさに盗人たけだけしい」 図太い (意味:少しのことで動じない。 肝が太い) 「だいぶ図太い神経をしているから何も感じないよ」 無遠慮 (意味:遠慮のないこと。 不作法) 「無遠慮な言葉を投げかけてくる」 無神経 (意味:物事の感じ方が鈍いこと。 また、外聞や恥辱、他人の感情などを気にかけないこと) 「あの女は無神経にもほどがある」 鉄面皮<てつめんぴ> (意味:恥を恥だとも感じないこと。 あつかましいこと) 「鉄面皮な男だから、何を言っても無駄だ」 しゃしゃり出る (意味:でしゃばって出てくる。 厚かましくでしゃばる) 「何にでもしゃしゃり出てきて非常に不快である」 悪びれない (意味:気後れしないで卑屈な様子も見せない。 未練がましく振る舞わないこと) 「あんなことをしたのに、彼女は悪びれていないよ」 野太い (意味:はなはだ横着であるさま。 大胆であること) 「本当にあなたは野太い奴だね」 「厚かましい」を意味する四字熟語「 厚顔無恥」 「厚顔無恥」は< こうがんむち>と読みます。 「厚顔無恥」の意味は 「あつかましくて、恥を恥とも思わないこと」です。 「面の皮のあついこと」を「厚顔」、「恥を恥とも思わないこと」を「無恥」と言います。 この2つが組み合わさり「恥知らず」を強調する言葉となりました。 「厚顔無恥」とは「他の人のことを全く考えない行動をしたうえで、それに対して全く恥じることや申し訳なさそうに思う姿勢がない」ときに使用する言葉です。 「厚顔無恥」を「厚顔無 知」と表記する人がいますがこれは間違いです。 「無知」という言葉もあり、これも「知識や知恵がないこと」を表すネガティブな意味です。 そのため、「厚顔無 "知" 」と書いてあってもあまり違和感はありません。 しかし、四字熟語として正しいのは「厚顔無恥」なので注意しましょう。 例文 ・彼はどこまでも厚顔無恥で観ているこっちが恥ずかしくなる。 ・無能で無責任で、なんとも厚顔無恥な政治家だ。 ・電車やバスの中で、普通に化粧をするなんて厚顔無恥だよ。

次の

センシティブの意味とは?正しい使い方・類語・対義語・英語表現を解説

無神経 類語

「几帳面」の意味と語源とは? 「几帳面」とは「きちんとしていること」 「几帳面」は「きちょうめん」と読み、細かいところまで行き届き、きちんとしていることを表す言葉です。 型どおりに整って折り目正しい様子や、いいかげんでないことを指しており「几帳面な性格」「几帳面な仕事ぶり」というように用います。 もうひとつの意味として、柱などの角部分に施した細工のことを指すこともありますが、あまり一般的ではありません。 「几帳面」の語源は家具の名前 「几帳面」の語源は、「几帳」という室内で貴人用に使われた間仕切りや風除けのための家具です。 「几帳」の柱の角を削り落とし、両側に刻み目を入れた部分のことを「几帳面」と呼ぶのですが、細部までていねいに細工が施されていることから、きちんとした様子や細かくていねいなことを指して「几帳面」というようになりました。 「几帳面」と「神経質」との違いは? 「几帳面」は性格を表す言葉 「几帳面」はきちんとしている様子を指す言葉ですが、性格についてのプラス評価を表すときによく用いられます。 人から几帳面であると言われた場合は、褒められたと受け取ってよいでしょう。 几帳面な人は仕事ぶりがていねいであったり、期日や時間に遅れることがなかったりするため、安心して任せられる人であると評価されることが多くみられます。 ただし几帳面な人は、几帳面さを他人にも求める傾向があるため、行き過ぎると敬遠されることもあるようです。 「神経質」は病的な状態を指す言葉 「神経質」は「細かいことによく気がつく」と言う意味で、「几帳面」と同様に用いられることもあります。 また、「ささいなことが気にかかる性格」のことを「神経質な性格だ」のように、気質や性格などを指すこともあります。 (本来は神経症のひとつに分類される病的な状態のことを指す言葉です。 ) 「神経質」は「几帳面」のようにプラス評価を表す言葉ではないので、よく気がつく人に対してほめるつもりで「神経質な性格ですね」と言ってしまうようなことがないよう、注意が必要です。 「几帳面」の類語 「真面目」とはいいかげんなところがないこと 「真面目」とは、うそやいいかげんなところがなく真摯な様子であることを指しており、きちんとしていることを表す「几帳面」と似た意味を持つ言葉です。 両者の違いは、「真面目」は物事に対する姿勢にいい加減さがないことを指し、「几帳面」は決まりを尊重しおろそかにしないということを指している点にあります。 「まめ」は面倒がらずに立ち働くこと 「几帳面」の類語として「まめ」も挙げることができ、何かにつけて面倒がらずに立ち働く様子を指すことばです。 「筆まめ」「気まめ」の「まめ」にあたりますが、漢字では「忠実」と書きます。 「几帳面」はきちんと仕事をこなすことですが、「まめ」は精度より勤勉さに重きをおいた言葉です。 なお接頭語の「こ」がついた「こまめ」は、「こまめな点検」というように時間をあけずにちょくちょくという意味合いがあります。 「律儀」は義理堅いこと 「律儀」とは、義理堅く実直な様子や馬鹿正直なことを表す言葉です。 約束をきちんと守り仕事をきちんとこなすなど、ものごとをいいかげんにしない「几帳面」と意味が似ています。 両者の違いは、「律儀」は人との関係性を大切にすることを重視しますが、「几帳面」は仕事や作業そのものを大切に行うことに軸足が置かれているところです。 「几帳面」の対義語 「出鱈目(でたらめ)」とはいい加減なこと 「出鱈目」は「でたらめ」と読み、いい加減な言動や様子のことをいう言葉です。 漢字は当て字で、さいころを振って出た目のままということから、根拠のないいい加減なことを指すようになりました。 したがって「出鱈目」は、型どおりにきちんとした様子を表す「几帳面」とは反対の意味をもっている対義語です。 「ずぼら」とはだらしがないこと 「ずぼら」はやるべきことをおろそかにすることや、行動・態度がだらしないことを指しており、「几帳面」とは正反対の言葉です。 近世の上方の方言で、堂島で米相場がずるずる下がることから生まれた「のっぺりとしたさまを表す」「ずんべらぼん」が由来となっています。 「無頓着」とは無関心なこと 「無頓着」は「むとんじゃく」あるいは「むとんちゃく」と読み、ものごとに対して無関心な様子やこだわらないことをいう言葉です。 強い関心を持ってこだわることを指す「頓着」に打ち消しの意味を加える接頭辞「無」がついて「無頓着」となっており、細かいところまで気を配ってきちんと整える「几帳面」とは反対の意味を持っています。 まとめ 「几帳面」の意味と語源に加え、神経質との違いや類語・対義語も解説しました。 「几帳面」は美徳ですが、完璧主義に陥ったり他の人に几帳面さを要求しすぎたりすると、周囲との摩擦が生じる原因になります。 ビジネスにおいては効率性や協調性も求められるため、バランス感覚を忘れずに几帳面さを発揮することが肝要でしょう。

次の

花言葉「無意識」の意味を持つ花一覧

無神経 類語

「センシティブ」の意味は? まずはじめに「センシティブ」の本来の意味から解説します。 語源は英語の「sensitive」 「センシティブ」の語源は英語の「sensitive」で、「名詞」と「形容詞」の2つの使い方があります。 ちなみに名詞で使う時は「傷つきやすい人」「感受性の高い人」「霊感のある人」というように「人」に対して使われるのが特徴です。 意味は「敏感な」「感覚がある」 センシティブ」の意味は一般的に外の刺激に対して「敏感な」「感覚がある」「傷つきやすい」「影響を受ける」となります。 また、芸術作品などが「繊細な」「微妙な」「感性溢れる」、他人に対して「親切な」「思いやりのある」、情報や技術が「機密である」、また問題が「公にできない」「慎重に取り扱うべき」、市場や金融分野において「不安定な」などのような意味もあるため、併せておさえておきましょう。 ちなみに、カタカナ語「センシティブ」の意味と使い方は、英語とほぼ同じになります。 センシティブな内容だから、時間をとってゆっくり話そう。 Nさんは人との付き合いでセンシティブな一面を持っている。 似た言葉「センシブル」の意味 「センシティブ」に似た言葉に「センシブル=sensible」があります。 「センシブル」は人が「思慮深い」「分別がある」、外のものごとに対し「感知できる」「理解している」という意味がある言葉です。 たとえば、「もっともセンシブルになるべきだ」という文章なら「もっと思慮深く、良識のある行動をとるべきだ」という意味となり、また「あの人はセンシブルだ」という文章なら「あの人はものごとをよく理解できている」という意味になります。 「デリケート」「ナイーブ」との違いは? 続いて「センシティブ」に意味が近い言葉「デリケート」「ナイーブ」との違いについて解説しましょう。 「デリケート」は「繊細な」「細かい」 「デリケート=delicate」は「繊細な」「壊れやすい」「細かい」という意味のあるカタカナ語です。 たとえば、洗濯機で「delicate」は傷みやすい素材のものや下着などを指し、衣服の形状が繊細であることを意味しています。 また、赤ちゃんの肌を表現する時にピッタリなのも「デリケート」です。 また、デリケートな顔立ちとは「優美で繊細な顔立ち」のことで、デリケートな仕事とは「細心の注意を払うべき、さじ加減が微妙な仕事」となります。 これらの使い方を見ると「センシティブ」の「感覚がある」「敏感である」とはややニュアンスが異なってくるのがわかるでしょう。 「ナイーブ」は「無知」「未熟」 カタカナ語の「ナイーブ=naive」は「感受性が高い」「繊細な」という意味合いで使われていますが、英語の「naive」の意味は「うぶ」「無知」「未熟」「世間知らず」「考えが甘い」などのように良い意味で使われることは少ないです。 もともと「naive」はフランス語であり、「素直な」「無邪気な」という良い意味と「鈍感」「ばか正直」という悪い意味とが混在した言葉です。 そして、カタカナ語の「ナイーブ」はフランス語の良い意味の部分が派生し「感受性の強い」という意味合いに発展したと考えられています。 そのため、国際環境において「ナイーブ」を使う時には十分注意が必要です。 同僚のことを「感受性の強い素直な人」と良い意味で説明しようと思っても「鈍感で無邪気な正直者」と悪い意味で受け止められてしまうことがほとんどだからです。 「センシティブ」の類語と反対語は? それでは「センシティブ」の類語についてみてみましょう。 類語は「感じやすい」「神経質」 「センシティブ」の類語はカタカナ語での意味「敏感」「感覚のある」の他に、「感じやすい」「「神経質」「過敏」「鋭敏」「多情多感」「短慮」などがあります。 言い換えをする時は文脈を見ながら状況に合わせて適切な類語を選んでみて下さい。 彼はものごとに対して神経質だ• 娘は多情多感な時期を迎えている。 反対語は「鈍感」「無感覚」 「センシティブ」の反対語にあたる言葉は「敏感」や「感覚のある」という意味と正反対にある「鈍感」「無感覚」「平然」「無神経」などになります。 まとめ 「センシティブ」は英語の「sensitive」のことで、意味は「敏感な」「感覚のある」となります。 「デリケート」と「ナイーブ」は似たような使われ方をするため混同しがちですが、ニュアンスが微妙に異なるため、使い分けをするようにして下さい。 ビジネスシーンでは「センシティブな取引」「センシティブな契約」「センシティブな交渉」など、さじ加減を調節しなければ上手く行かないような場面でで使われることが多いです。 そのような時は、全神経を集中させて上手にことを納めるように努めなければなりません。

次の