アンドリュー サル クス。 現代に存在してなくて良かった 恐すぎる絶滅動物5選

アンドリューサルクスとは

アンドリュー サル クス

(メソニクス目メソニクス科) 初期 - 初期 : : : : : : : :? 階級なし : Cete? 階級なし : メソニクス目 Mesonychia , Acreodi メソニクス目• メソニクス目(めそにくすもく、 Mesonychia)は、の絶滅した系統で、中型から大型のである。 無肉歯目(むにくしもく、 Acreodi)とも呼ぶ。 ただし、メソニクス目に近縁な可能性のあるなどを加えた群を無肉歯類としてメソニクス目と区別することもある が、それらは実際は近縁でない可能性が高い。 系統的には、おそらく鯨類と近縁である。 これを類鯨目としてその中に鯨亜目と メソニクス亜目を置くこともある。 概要 [ ] メソニクス目はの初めに出現したが、その数はの終わりには先細りになってゆき、の初期における Mongolestes 属の消滅を以って絶滅した。 この目の起源はおそらくであり、メソニクス目の中で最も原始的な種である (暁新世初期)の化石もアジアで見つかっている。 彼らはアジアで多様化し、暁新世のの中で主要な位置を占めた。 やといった他の肉食動物がまだ居なかった(もしくはごく少数しか居なかった)ころには、メソニクス目は大型者のを占めていたと思われる。 という属は暁新世の初めのころにはヨーロッパと北アメリカに広がることに成功していた。 Dissacus は大の肉食獣で、北半球の全域から発掘されている。 しかしその子孫と思われる属 (暁新世初期 - 中期のに分布)はもっと大きく、ほどのサイズがあった。 後代に現れた 属は始新世の序盤には既に北アメリカに入っており、その地で Ankalagon を凌ぐ巨体に進化した。 メソニクス目は、暁新世初期から始新世中期にかけての北アメリカ大陸においては、最大の捕食性哺乳動物であった。 特徴 [ ] メソニクス目の( Sinonyx jiashanensis)の骨格標本。 の展示。 メソニクス目の動物は表面的にはによく似ている。 初期のメソニクス目は五本の指を持ち、おそらくはであった。 しかし後期型になると指は四本で、なおかつ各指先は小さなとなっており、走行に適した形態であった。 偶蹄目の走者たちと同様、彼ら( Pachyaena など)は蹄行性だったのである。 これらの「蹄を持った狼たち」は暁新世の後半および始新世のヨーロッパ(当時そこは多島海であった)、アジア(島大陸であった)、北アメリカの生態系で最も重要な捕食者(もしくは腐肉食者)であった。 歯は、肉や骨を齧るようには出来ていたが、真のは備えていなかった。 多くの種が魚食性だったと推測されており、最大の種たるも捕食性ではなく腐肉食性だったと考えられている。 系統と進化 [ ] かつては、メソニクス目はの一部、もしくは、の一部 のメソニクス亜科と考えられたこともある。 ただし、鯨偶蹄目に近縁であるものの含まれない可能性もある。 3つの(Mesonychidae, Hapalodectidae, Triisodontidae)を内包する。 メソニクス目に属するほぼ全ての動物が、同時代の肉歯目やミアキス上科()の肉食獣より大きかった。 古い資料では 無肉歯目(Acreodi)との呼称もある。 メソニクス目の臼歯は三角形の特異なもので、のそれと類似していた。 とりわけ(頭骨の構造やその他の形態学的特徴からも)との類似性が強い。 そのことから、メソニクス類を鯨目の直接の祖先だする説が長らく信じられていた。 しかし古代クジラ類のよく保存された骨が発見されたこと、そして近年の的な分析 によって、今日では、鯨目はメソニクス目よりも寧ろを始めとするに近縁であることが示された。 この説は的な知見とも一致する。 クジラ類がメソニクス目の子孫であるという考えに、2007年現在ではほとんどの古生物学者が疑問を呈し、代わりにクジラ類はアントラコテリウム科 ()の子孫もしくはそれと共通祖先を持つものであるとの説が浮上してきている。 ただし、クジラとカバをメソニクス目の生きた子孫だとする研究者がいなくなったわけではない。 未確認動物学 [ ] メソニクス目は漸新世の初期には絶滅した。 しかし、の中には猫もしくは犬に似た有蹄獣がいるかもしれない。 有名なものとしてが挙げられる。 これの目撃者の中には、問題の獣を「足先が蹄のようになった巨大な狼」と表現した者もいた。 関連項目 [ ]• 出典・脚注 [ ]• ただし、Mesonychia Matthew, 1937 としている資料もあり。 Tabuce, R. ; et al. ; et al. 出典:Jehle, Martin 2006. Paleocene mammals of the world online. 出典:O'Learya, Maureen A. , Spencer G. Lucas, and Thomas E. Williamson 2000. "A New Specimen of Ankalagon Mammalia, Mesonychia and Evidence of Sexual Dimorphism in Mesonychians". Journal of Vertebrate Paleontology 20 2 : 387—393. doi:10. CO;2. 出典:Jehle, Martin 2006. Paleocene mammals of the world online. Zhou, Xiaoyuan; et al. 1995 , Journal of Vertebrate Paleontology 15 2 : 387—400,• 出典:Geisler, J. and Uhen, M. 2003. "Morphological support for a close relationship between hippos and whales". Journal of Vertebrate Paleontology 23: 991—996. doi:10. 出典:Geisler, J. and Uhen, M. 2005. "Phylogenetic relationships of extinct cetartiodactyls: results of simultaneous analyses of molecular, morphological, and stratigraphic data". Journal of Mammalian Evolution 12 1 and 2 : 145—160. doi:10. 出典:Boisserie, J. , Lihoreau, F. , and Brunet, M. 2005. "The position of Hippopotamidae within Cetartiodactyla". Proceedings of the National Academy of Sciences 102: 1537—1541. doi:10. 0409518102. 出典:Gatesy, J. , Hayashi, C. , Cronin, A. , and Arctander, P. 1996. "Evidence from milk casein genes that cetaceans are close relatives of hippopotamid artiodactyls". Molecular Biology and Evolution 13: 954—963. 脚注:アントラコテリウム科 - 半水棲の偶蹄類で、カバの祖先。 出典:Hall, Jamie 2007. 外部リンク [ ]•

次の

歴代最強の絶滅動物30選(古生代・中生代・新世代)

アンドリュー サル クス

A・モンゴリエンシス A. mongoliensisOsborn, 1924 アンドリューサルクス(: Andrewsarchus)は、約4,500万- 約3,600万年前(中期- 後期半ば)の東部地域(現在の)に生息していた、原始的な大型の一種(1)。 下位分類は現在、 A. mongoliensis (A・モンゴリエンシス)の1のみが知られている。 (ひづめ)を持つであり、推定(頭胴長)382cm 、推定180-450kg というその体躯の巨大さゆえ、ときに「 史上最大の陸生肉食獣」と称される。 実際、で最大、史上でも最大級の陸生肉食哺乳類であると言える。 その意味合いは「 アンドリュース(にゆかり) の統治者」である。 Andrews は本属のを発見した調査隊を率いていた研究員 のことであり、すなわち、である。 学名であるラテン語音は「 アンドレウサルクス」。 mongoliensis ( モンゴリエンシス)は「 モンゴル産」「 モンゴル由来のもの」との意。 発見と分類 [編集 ] は6月、のモンゴル領内にある Irdin Mahna にて、前述の調査隊の一員であったカン・チュウエン・パオ(Kan Chuen Pao)によって発見された。 そこで見出されたのは(したあご)の無い(とうがいこつ)と、わずかに2、3個の骨片のみで、これに続く発見例はまだ無い。 しかし、歯と頭蓋骨の的分析により、 メソニクス類との類縁性が認められ、その下位分類に書き加えられることとなった。 ゆえに、現在その全体像が語られるとき、基底となっている情報の多くは「アンドリューサルクス属の」と言うより「メソニクス類の」特徴である。 再現像のなかの頭蓋骨以外の部分は、完全な骨格が残るメソニクス属( )の1種である メソニクス・オブトゥシデンス( Mesonyx obtusidens)を比較資料として組み上げられたものである。 本種は翌1924年、によって記載(学術上の正式命名)された。 現在、アンドリューサルクスはメソニクス目トリイソドン科()に分類されているが、に含めたり、メソニクス科()に分類したり、あるいはまた、やへの分類をあえて避ける場合などがあり、分類は必ずしも確定したものではない。 本種が属するメソニクス類は、かつては歯の類似などから(鯨目)の祖先系統と考えるのが主流であった。 しかし、による知見、および、他の化石の発見などに基づく形態学的知見によって、(比較的近いとは言えるものの)直接的な祖先系統や最も近縁と言えるような系統ではなかったことが判明した。 特徴 [編集 ] 形態 [編集 ] Andrewsarchus mongoliensis の頭蓋骨化石の複製( 英国・ 蔵) アンドリューサルクスは、現在知られている限りの全ての陸生肉食哺乳類のなかで最大級の顎の持ち主である。 長い部によく発達した顎を持ち、そこに生えるはどれも大きかった。 、湾曲した鋭い、そして、獲物の骨を噛み砕いたかもしれない頑丈なを具えている。 頭蓋骨は長さ83. 4cm 、最大幅56cmと巨大。 頭蓋骨の巨大さや全体のプロポーションから、大型の類である()に類した動物と考えた研究者もあったが、この類似は同じような食性によるの結果であり、系統的にはメソニクスに近縁と考えられるようになった。 頭蓋骨の形態が似ている前述のメソニクス・オブトゥシデンスを参考に頭骨長から単純計算されたアンドリューサルクスの大きさは、体長約382cm、肩高約189cmほどである。 ただし、胴体部分の化石が無いために確かなことは分からない。 いずれにせよ、近縁のものから類推して、大きな頭部とやや長めの胴体、そして長い尾を持った、かのような体形の大型獣で、やや短めのとその指先に小さく丸まった蹄を具えている、そのような姿で再現されるものである。 生態 [編集 ] Andrewsarchus mongoliensis (生態復元図の一例) かつて、アンドリューサルクスは、狭義でいう肉食獣(性の高い肉食獣)として語られてきた。 しかし今日では、そのように描かれることはない。 彼らの歯は肉を切り裂くような形態ではなく、むしろ、強靭な顎の力で硬く丈夫なものを強引に(そしゃく)するのに適当な構造をしていると考えられるからである。 つまりこれは、の甲羅や貝殻・大きなといったものを食するための顎と歯ではなかったか、という意味である。 通常、それらの動物は陸生肉食獣の手には負えないもの、どれほど飢えていても素通りするよりほかにないもの達である。 学説が正しければ、本種は他のものが手出しできないまたと無い(生態的地位)を獲得していたことになろう。 アンドリューサルクスの食性については、次に挙げる3つの説が現在の主流となっている。 水辺などで小型・中型の動きの速くない動物や貝類を漁るもの(厳密にはこれも肉食であるが)。 陸生大型哺乳類や水際に打ち上げられた大型水生動物の死体を主食とする獣(スカヴェンジャー、屑あさり)。 草の根であろうと何であろうと貪欲に口にする雑食獣。 食性のいかんにかかわらず、始新世という時代にあって彼らが獲物としたもののなかには、同じ地域で当時最大の草食獣であったなどもいたと思われる。 黎明期にあったも水際で手に入れやすかったかもしれない。 アンドリューサルクスの巨躯を維持するに十分な生物量がそこにはあった。 時代の気候は高温であり、の豊富さに疑いの余地は無い。 絶滅 [編集 ] しかし、次の世であるが訪れようとするとき、当時の環境の中心的役割を果たしていたであろうが、完全な消滅に向けて縮小を始めていた。 これは、急速に北上を続けるがユーラシア大陸の南岸に衝突し、を初めとするの大を引き起こすという、から続くの流れの本格化であった。 テティス海(そのアジアの部分)が細って消えてゆくなか、地球規模での気候変動には多大な影響を受けたはずであり、また、ヒマラヤの本格的なとそれに先立つ活動が多くの生物を絶滅させたであろうことは想像にかたくない。 アンドリューサルクスが生息した地域の場合、乾燥化に見舞われたであろうことが言われており、彼らはそのような時代に絶滅していった動物であった。 また、それとは別に以前から言われていることではあるが、彼らはその体の造りから動きがさほど敏捷でなかったとされており、また、脳容積も大きいとは言えなかった。 そして、遅れて台頭してくる に比べての前時代的劣等性は否めない。 アンドリューサルクスらが滅びた後にそのニッチを肉歯目が埋めたのか、競合によってアンドリューサルクスらがされ、取って代わられるような状況もあったのかは分からないが、それは気候変動以外で絶滅の一因となりそうな事柄であろう。 いずれにしても彼らは、漸新世を迎えることなく絶滅した。 しかし、後釜に座った(もしくは、取って代わった)肉歯目もまた、気候変動かあるいはより洗練されたの進化・台頭によって、同じような運命をたどることとなる。 そのようにして、今日の肉食獣はを生きているのであり、アンドリューサルクスと肉歯類はその姿を見ることはない。 画像と解説( )。 しかし、実際には「最大」をこれと断じ得る種は存在せず、よって、語られるものの全ては最高位を複数とする「 最大級」である。 そして、頭骨長 83. 4cmで体長(頭胴長) 382cmの本種は、まずは間違いなく現在知られる限りでの最大級と言える。 北米に現生のシンリンオオカミ(アラスカオオカミ、)との体長比較では約3倍であるという。 現生で最大の は体長(頭胴長)190- 220cm、全長240- 330cm、体重180-310kg(最大値384kg)。 現生最大の は体長(頭胴長)約220-280cm。 体長では明らかにアンドリューサルクスのほうが上を行っている。 ただし、ホッキョクグマは平均体重250- 500kgと質量が大きい。 史上最大のクマとして知られる ()は体長約3mながら、推定体重約400-600kgと重量級である。 体重については、日本ので平均300kg未満(最大値450kg)、北米の (グリズリー)で平均450kg 未満であるが、アンドリューサルクスの数値は180-450kgの間のどこかにあると推算されている。 つまり、巨大肉食獣のなかにあって質量的には特筆するほどの値ではないと言える。 ()の メギストテリウム()も推定体長4m、推定体重900kgとされる。 5- 6mで1,500kgとする説もあって、それが事実であれば間違いなく最大であるが、推定値の信憑性に疑問が残る。 この種は腐肉食獣であった。 脚注 [編集 ] []• 1924年、による Mesonyx obtusidens との比較推算。 4〜453. 上に同じくオズボーンによる推算。 ロイ・チャップマン・アンドリュースは有名な米国人であり、者。 映画『』シリーズの主人公のモデルの一人ではないかと噂される人物である。 ただ、監督がそれについて言及したことはない。 現生種ではが大きくても約43cm程度。 つまり、本種の頭蓋骨はその特徴的な細長い形で尺を稼ぐとは言え、ライオンのほぼ倍の大きさである。 以前からいたが、より競合力に優れた形質への進化に成功して分布を拡げた、という意味。 :この想像画では(純粋な肉食獣説に基づき)、アンドリューサルクスがのを襲っている。 後方から様子をうかがっているのは、肉歯目オキシアエナ科()のサルカストドン()である。 そして、手前には後に肉食獣の最終的勝利者となる食肉目の初期のものが描かれている。 また、樹上にいるのはである。 最大値はもっと上であるが、現生種のみ最大値で比較することは科学的ではない。 化石種の標本がたまたま通常より大きな個体である可能性もゼロではないが、特に問題にしなければならないほどの確率ではないであろう。 平たく言えばこれは、のっぽ型とがっしり型、とで比べているようなものである。 6kg。 ポンドのほうは Henry Osborn が提示した数値。 本種を専門とする古生物学者による数値ではあるが、これはあくまで憶測の範疇である。 BBC 2001. Walking with Prehistoric Beasts DVD. British Broadcasting Corporation. ISBN 0-7907-6195-5. 関連項目 [編集 ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [編集 ]• Osborn, Henry Fairfield, 1924 11 Nov. "Andrewsarchus, giant mesonychid of Mongolia" American Museum Novitates 146. 剥製風再現模型.

次の

絶滅種/アンドリューサルクス

アンドリュー サル クス

5、カプロスクス 西アフリカのニジェールでワニの一種の化石が発見されたとき、ギリシャ語のイノシシとワニを組み合わせて、カプロスクスと名付けられました。 このよう命名したのは、発見された頭の骨に大きな牙があってイノシシのようだったからです。 化石が見つかった地層から、この生物が生きていたのは9300万年前のことであることが分かっています。 化石の下顎の長さは60センチもあります。 このことから、カプロスクスは体長が6メートルに及ぶ大型のワニだったと考えられています。 現在のワニとは目の位置や歯の形と大きさが違います。 これらを考慮すると、カプロスクスは肉食で、自分よりも大きい生物、たとえば恐竜などを捕食していたのだろうと考えられています。 こんな見た目のワニと遭遇したら、気を失っちゃいそうですね!それじゃあ続きをいっくよー! 4、プルモノスコルピウス イギリス・スコットランドの中心都市エディンバラの近郊で巨大なサソリの化石が発見されました。 その体長はなんと70センチもあったのです。 プルモノスコルピウスとは長いサソリの意味です。 この化石が石炭紀と呼ばれる地層にあったことから、プルモノスコルピウスは3億年以上前に地球上に存在していた生物だったことが分かります。 プルモノスコルピウスが何を餌にしていたのかは解明されていませんが、獲物を捕らえるときには毒を使っていただろうと考えられます。 また、大きなハサミを持っていたので、小動物を捕食していたのではないかと推測されます。 3、ヘリコプリオン ヘリコプリオンという魚の化石は世界中で見つかっています。 これはおよそ3億年前に現れて、2億年前に絶滅した魚です。 体長はおそらく数メートル、場合によっては10メートル近くあったと考えられますが、正確なことは分かりません。 なぜなら、ヘリコプリオンの化石はほとんどが歯だけだからです。 ヘリコプリオンの歯はとても奇妙な形をしていました。 上下の顎に生えているわけではなく、螺旋状に一列に並んでいたのです。 そのため、この歯が体のどこにあったのかという問題が、生物学者の想像力を掻き立てました。 丸ノコのチップソーのように下顎の先端についていたと考える人もいれば、上顎から鼻の方に向かって丸く渦を描いていたと想像する人もいました。 しかし、この歯の列は下顎から喉の奥の方に伸びていたものと現在では考えられています。 2、アンドリューサルクス 1923年にゴビ砂漠で、それまで知られていなかった獣の頭蓋骨といくつかの骨の化石が発見されました。 頭蓋骨の長さは83センチもあったことから、体長は4メートル近い動物のものだったと推測されます。 顎は頑丈で立派な臼歯を持っていたため、亀の甲羅や貝をそのまま噛み砕いていたものと学者たちは想像しています。 この動物は化石調査をしていた調査団隊長アンドリュースの名前をとって、アンドリューサルクスと名付けられました。 アンドリューサルクスはトラやライオン、クマよりも大きく、史上最大の肉食獣であった可能性が高いです。 しかし、今から4000万年前に大陸が移動を始めたため、しだいに水辺の餌が減少し、アンドリューサルクスは絶滅します。 超大型動物ではあったものの、脳みそが小さかったことも絶滅の原因と考えられます。 1、ギガントピテクス 2006年の映画『キング・コング』では、キングコングはギガントピテクスが進化した怪獣という設定になっていました。 ギガントピテクスは今から100万年くらい前に現れ、30万年ほど前に滅亡した類人猿です。 化石となった下顎と奥歯の大きさから計算して、身長は3メートル、体重は500キロに及ぶ大型の猿だったと考えられています。 ゴリラやオランウータンよりも大きかったということです。 1960年代には、ギガントピテクスは人類の祖先アウストラロピテクスと関係があると考えられていましたが、現在ではその説は否定されています。 ギガントピテクスが絶滅した理由は定かではありません。 しかし、中国・ベトナム・インドあたりに生息していたと見られる雑食性のギガントピテクスは、 餌となる竹をめぐってジャイアントパンダとの争いに負けて滅んだとする説が有力です。

次の