アーク プテラノドン。 PCパーツ専門フロア

『ピックスアーク』レビュー。プテラノドンに乗って空を飛び、魔法の杖で敵を倒す。チクチク遊べるサンドボックスゲーム!

アーク プテラノドン

いよいよスイッチ版ピックスアークが登場。 本体プレイだと画面が小さいので、快適にプレイするなら大画面テレビのほうがよさそうです。 スイッチ版ピックスアークとは? ピックスアークのスイッチ版です。 ピックスアークは、ARKというオープンワールドクラフトゲームをマインクラフトにしたようなゲームです。 以下参照ください。 スイッチ版の始め方 基本的にはスイッチ版もPC版と同じような機能・進め方となります。 起動するとこんな感じ。 ゲームに参加 ピックスアークではマルチプレイヤーもだいご味です。 以下のようなタイプがあります。 パイオニア:戦いなし。 平和的。 カオス:戦いあり。 フューリー:一定時間で戦いあり、なし切り替え 操作に慣れるには、まず世界を作ってシングルプレイヤーとしてプレイするのがよいでしょう。 ゲームを作成 「シングルプレイ」を選びゲームを開始しましょう。 クラフトだけなら「クリエイターモード」でもいいでしょう。 最初はキャラクターとワールドを作ります。 できたら、このように落下してスタートです。 Xボタンで草などを採取できます。 このようにボタン操作やチュートリアルがあるので、動かすだけなら操作しやすいです。 ゲームを終了する 途中で落とすとセーブされない可能性があります。 食料 食料としては鳥や恐竜を倒してゲットすることもできます。 鳥さんを倒したらインベントリになります。 Xボタンでインベントリにアクセスします。 そして肉を取り出しましょう。 恐竜は倒すと、肉の塊になります。 さらにこん棒や斧などでたたいて、肉や革を取り出す作業が必要です。 生肉はすぐ腐ってしまいます。 たき火を作って肉を焼くと長持ちします。 エングラムでたきびを利用可能にします。 火打石、木などの材料を集めてクラフトします。 火打石はこんな感じのブロックです。 作ったらスロットに入れて選択。 ちょうどよさげな場所に置けそうだったらZRで確定します。 つくった焚火に近寄って画面中央にくるようにすると以下のようにXボタンで「インベントリを開く」というメッセージが出るようになります。 あとはわらなどの材料を入れたのちに点火。 焼き肉を選んで作成しましょう。 再度焚火に近寄り、Xボタン長押しでメニューが出ますので、左スティックで選択。 火を消したりインベントリを開いたり、解体(消去)することもできます。 クエスト ピックスアークはできることが非常に多いので、最初はクエストをこなしながら覚えていくのがいいと思います。 クエストはこのロボット君が出してくれますので探してみましょう。 最初のミッションは石の斧でブロックを作ること。 石は下のようなグレーっぽいブロックを採掘します。 材料で石と木があつまったら、まずエングラムで「石のオノ」を利用可能にします。 すると作成画面から作れるようになります。 ベッドでリスポーン場所を作る 敵に襲われたりするとやられてしまいます。 死亡した場所に一定時間アイテムがあるので早めに回収しましょう。 ベッドがあると、リスポーン場所を指定しやすいので早めにベッドを作るところまでクラフトしてみましょう。 ベッドやわらの寝袋は、わらや革などで作成可能。 革は恐竜を倒してゲットします。 操作一覧 [移動] Lスティック:移動 Rスティック:カメラ視点 Lスティックを押し込む:ダッシュ Rスティックを押し込む:しゃがむ Aボタン:ジャンプ。 水泳時は上へ。 [アクション] インベントリはよく使うので、まずはBボタンに慣れましょう。 X:草やアイテムの取得、使う、乗るなどアクションボタン。 Y:リロード。 B:インベントリ。 インベントリで体力やスタミナをアップさせるボタンは矢印には対応していない?ようで本体のタッチパネルで押さないとだめかもしれません。 [スロットのアイテム選択] アイテムスロットにはボタンがかかれているのでそれを押すことで切り替えます。 スロットの右側にあるものはLボタンをおしながら表示されているボタンを押します。 矢印ボタン:アイテム選択 L:アイテム選択 [攻撃] RやZRで攻撃です。 素手でZLだとブロックの情報をスキャンして取得できます。 [コミュニケーション] Bボタン長押しで命令メニューが出ます。 左スティックで選びます。 さらに「エモート」からおじぎやありがとうなどのダンス?を選択することができます。 スイッチ版のQA コマンドは使える? PC版ではマイクラのようにコマンドが使えます。 ためしにスイッチにUSBキーボードをさしこんで、タブキーを押してみましたがコマンド画面にはなりませんでした。 使い方がわかりましたらまた更新したいと思います。 操作しづらい? マイクラをやったことがある人ほど、操作の悪さが気になるかもしれません。 対策の一つはカメラです。 カメラの視野角をひろげたり狭くしたりして調整してみましょう。 こちらは視野角をだいぶ狭めたとき。 下は、思いっきり視野角を広げた場合です。 また人称を切り替えることができます。 1人称なら自分の視点となります。 ブロックを破壊するときなどは、1人称のほうが便利だと思います。 感想は? もともとアイコンや文字が多数出てくる画面インタフェースだけに、スイッチ本体上でプレイすると文字はかなり読みにくくなります。 やはり大型テレビに出力してプレイするほうがやりやすいと思います。 操作はPC版と比べて若干重い感じです。 キャラの動かしはじめでラグる感もあります。 今後のバージョンアップ・改善に期待したいところです。

次の

【PS4】ARK プテラノドン(Pteranodon)

アーク プテラノドン

こちらは『ピックスアーク』。 かわいらしい見た目にモデルチェンジ。 『ピックスアーク』は、『』と同じく恐竜を始めとしたさまざまな生き物が住む島で、サバイバル生活を送るアクションゲーム。 『ARK』にあったサバイバル要素やクラフト要素はサンドボックスゲームと相性がいいので、それらの要素が違和感なくピッタリとハマっているなという印象でした。 プレイヤーキャラクターには、空腹度や喉の渇きといったパラメータがあり、物を食べたり水を飲んだりしないと倒れてしまいます。 環境によっては装備品で体温を調節しないといけない場面に遭遇するなど、ほかのサンドボックスゲームと比べるとサバイバル要素が強め。 ですが、綿密に数値を管理しないとすぐに死んでしまうというバランスではないので、まったりスローライフ派なアナタも、ストレスなくプレイできるはず。 日々の素材集めやクラフト、バトルによって経験値が獲得でき、キャラクター自身も成長していくため、コツコツと積み上げていく感覚をつねに味わっていけるのが本作の魅力。 最初は原始的な生活しかできません。 しかし、木から銅、そして鉄と扱える素材が増えるごとにできることも増えていき、それによって達成感が味わえるのです。 さらに、本作独自の要素として、魔法の存在にも注目です。 サンドボックスゲームといえばファンタジー要素は薄めな作品が多いですが、本作ではモロに魔法が登場! 杖を作成すると、バシバシッと魔法が使用できます。 風を吹かせたり、雷を落としたりと、自由自在です。 魔法生物との戦いや、魔法を使った狩り、魔法を原動力とした建築物なども登場するのが、『ARK』とは異なる点ですね。 博物館では、登録した生き物の姿をいろいろな角度から見られます。 ちなみに、まだプレイはできていないのですが、オンラインを通じて公式サーバーに接続すると、なんと最大で70人ものプレイヤーと遊ぶことも可能だとか! また、自分がホストプレイヤーになった場合は最大8人でいっしょに遊べるそうです。 公式サーバーのほうはなかなかカオスなことになりそう。 自分がホストになるほうはフレンドを誘って協力プレイができるようなので、身内だけで遊びたいという人も安心ですね。 原点である『ARK』の醍醐味と、サンドボックスゲームのおもしろさが見事に融合した『ピックスアーク』。 じっくりまったり建築を楽しむこともできますし、バッチリ装備を整えてバトルに勤しむような遊びかたもできます。 冒頭でも書いたように、サバイバル生活をするゲームですが、自分がプレイした感覚では、自生している木の実を食べたり、水辺で定期的に水を飲めばパラメータを維持し続けられたため、それほどきびしいサバイバルを強いられるわけではなさそう。 自分はクラフト要素をじっくり楽しみたいんだけどなぁという人も、気にせずプレイできると思います。 ちなみに、シングルプレイではゲームを始める際に自分でバランスを調整できるので、きびしめに設定すると、自然の過酷さをより体験できるかもしれません。 操作に難しい要素はなく、サンドボックスゲームの入門作としてもオススメできるタイトルです。 『ARK』のファンにも! サンドボックスゲームファンにも! まだ見ぬビギナーさんも! みんなでいっしょに楽しもう『ピックスアーク』! C 2016-2019 Snail Games. All rights reserved. PixARK and the respective logos are trademarks or registered trademarks of Snail Games in the U. All other trademarks are the property of their respective owners. C 2017 Studio Wildcard. ARK: Survival Evolved is a trademark of Studio Wildcard. Created and developed by Studio Wildcard, Snail Games, Efecto Studios, Instinct Games, and Virtual Basement.

次の

『アーク:サバイバル エボルブド』で恐竜を手なずけてペットに! 恐竜の圧倒的存在感をたっぷりレポート

アーク プテラノドン

ステゴサウルスとは? ステゴサウルスとは背中に生えた板状の突起やトゲの付いた尻尾が特徴の草食恐竜です。 普段はおとなしいですが草食恐竜の中でも高い戦闘力を持ち、うかつに攻撃すれば返り討ちにあってしまいます。 ですがうまくできればその分強力な仲間になるため中盤でしておきたい恐竜です。 今回はそんな ステゴサウルスの方法や運用の仕方などについてご紹介していこうと思います! ステゴサウルスの出現場所 ステゴサウルスは Islandの山岳地帯などに多く出現します。 生息地自体は雪山地帯以外の広い範囲に及びますが、 平地よりも崖上や山のふもとなど高い場所にいることが多いです。 またステゴサウルス単独で出現することはあまりなく、大体は2~4匹ほどの群れで現れます。 攻撃を仕掛けると周囲のステゴサウルスも同時に襲い掛かってくるので注意しましょう。 ステゴサウルスのテイム方法 高い岩の上などに登って戦おう ステゴサウルスは移動速度は遅めですが攻撃の威力が高いうえに吹っ飛ばし効果があるため、そのまま戦うと手ごわい相手です。 そのため、戦闘の際はなどに乗って 相手の攻撃の届かない高い岩の上などに降りてからや麻酔弾で気絶させるのが手っ取り早いです。 一度攻撃すると周囲のステゴサウルスも襲い掛かってくるためしたい一匹以外はその場でキルしてしまうと安全です。 捕獲施設を作るとより安全 また余裕があれば付近に壁とスローブで 捕獲施設をし、そこに誘い込むのも有効です。 周囲を壁とでふさぎ、壁の中に落とすためのスローブを掛けたらステゴサウルスを攻撃しておびき寄せ、スローブを登って壁の中に落としましょう。 捕獲施設を作る手間はかかりますが、より安全にできるほかステゴサウルス以外の恐竜にも使えます。 餌やりは長時間かかる 気絶したらベリーや野菜、のなどを与えてします。 低でもにはと比べて倍以上の時間がかかり、長丁場になりやすいです。 生息域付近にはアロサウルスなどの強力な肉食恐竜が出現することもあるので周囲を常に警戒し、できればを大量に持っておくといいでしょう。 また、捕獲施設を作っておけば周りを気にせずゆっくりすることができます。 ステゴサウルスの運用方法 拠点の防衛役に ステゴサウルスは移動速度が遅いものの高めの攻撃力と吹っ飛ばし効果のある攻撃を持っています。 そのため に数匹配置しておくことで外敵からを守る防衛役として活躍できます。 移動速度が遅いため騎乗して移動するには向きませんが、サドルをつけると防御力がアップするため防衛中に装備させておくとより安定します。 ただし、やアロサウルスの群れなどには力負けすることもあるため過信は禁物です。 キブルがアルゲンタヴィスのテイムに使える ステゴサウルスのからできるは のに有効です。 はARKの中でも特に便利な飛行生物なので、ステゴサウルスのを作っておくとより効率的にをすることができます。 ただし、移動速度が遅くまで連れ帰るのが大変なので注意しましょう。 なら掴んで運ぶこともできますが、ケツァルができる時期だとのために捕獲する必要は薄くなります。 まとめ ステゴサウルスは攻撃の届かない岩の上や捕獲施設を作って麻酔などで戦うことで安全に気絶させられます。 後はの防衛役や用の係として活躍してくれるので中盤ごろに見かけたらぜひしてみましょう!.

次の