紫陽花 毒 種類。 紫陽花には毒がある!?カタツムリに影響は?致死量や症状例は?

あじさいの種類は何種類ある?あじさいの花の色ごとの花言葉とは?

紫陽花 毒 種類

Contents• 紫陽花の種類 紫陽花は大きく分けると 二つの種類に分けられます。 もともと 紫陽花は日本固有の品種があり、 それが日本からヨーロッパに伝わり、 ヨーロッパで品種改良されて逆に日本に 伝わったものがあります。 日本固有の紫陽花はガクアジサイです。 西洋で品種改良されて 大正の頃に 逆輸入されて入ってきたのが ハイドランジア(ホンアジサイ)という種類です。 ガクアジサイは 平たい花が特徴的で、 大きめの花の中に小さな花が集まるような 独特の咲き方をします。 ホンアジサイの方は 手まりのように 立体的な丸みのある花で、 現在では主流の紫陽花となりました。 品種改良も盛んに行われていて、 日本国内では100種類以上の品種があり、 色彩も豊かになっています。 紫陽花の毒についてのウワサ 紫陽花には毒があるというウワサの真相ですが、 これは デマではなく本当のことです。 紫陽花の葉や根の部分に含まれる 青酸配糖体が 胃の中に入ると私たち人間が持っている 消化酵素と反応して シアンという毒性の強い 成分に生成されてしまうのです。 Sponsored Link 中毒症状としては、軽い場合は歩行時に ふらふらする程度ですが、 嘔吐、けいれん、呼吸麻痺など 深刻な 中毒症状を引き起こす危険があります。 過去に、紫陽花の葉を加熱して食べて 中毒症状を起こしたという事例があります。 紫陽花の葉や根を食べるようなことは まず考えられませんが、そのようなケースが 過去にあったことは間違いありません。 ただ手で触ったりすることで 毒性の強い成分を生成することはないので 切り花として室内に飾ったりしても 全く安全なので安心してください。 紫陽花が咲き乱れる名所に行くと 毒に反応するなんてウワサはデマなので そのようなことは信じないようにしましょう。

次の

【日本文化】20 款日本特有花種

紫陽花 毒 種類

【アジサイとは】 ・日本原産のを原種とする園芸品種の総称。 奈良時代以降に日本で作り出されたものだが、交配が簡単であるため欧米を中心とした世界中に広がり、現代では多色多様の品種がある。 ・6~7月に咲く花の基本色は青紫だが、酸性土壌では青が強く、アルカリ性土壌では赤味が強くなるといわれる。 なお、花と呼んでいるのは本来の花ではなく「萼(がく)」。 本当の花はその中心にある微小なもの。 ・原種のガクアジサイには両性花と呼ばれる花が咲き、実ができるが、アジサイでは、雌しべや雄しべが退化しており、結実しない。 このためアジサイの繁殖は、挿し木や株分けによる。 ・アジサイという名は「アズサイ」が転訛したもの。 「アズ」は「集める」を、「サイ」は「真の藍」を意味し、藍色の花が集まった様子を表す。 漢字名は「紫陽花」を使うことが多いが、中国に渡って様々に名付けられ、「八仙花」、「天麻裏花」、「粉団花」、「洋繍花」など数多くのバリエーションがある。 ・乾燥させた若葉をフリカケにして食べた地方があったり、乾燥させた花を解熱剤にした時代があったりと、アジサイは実用的に使われる面もあった。 しかし、セイヨウアジサイの花や葉には有毒物質が含まれ、腹痛、嘔吐、めまいを引き起こすこともある。 【育て方のポイント】 ・直射日光を好まない「陰樹」であり、日陰~半日陰が植栽に適する。 ただし、セイヨウアジサイは日向でもきれいに育つ。 ・やや湿った肥沃な土地を好み、日照りが続くと葉に元気がなくなる。 (西洋アジサイは水はけの良い場所を好む。 ) ・病害虫に強い。 ・刈り込みに耐えるが、タイミングを考えないと、翌年の花が咲かない。 また、花を大事に育てると、年々大きくなって手に負えなくなる。 このため剪定のタイミングが難しい木でもある。 ・寒さの厳しい場所では花つきが悪くなることもある。

次の

繡球花

紫陽花 毒 種類

【アジサイとは】 ・日本原産のを原種とする園芸品種の総称。 奈良時代以降に日本で作り出されたものだが、交配が簡単であるため欧米を中心とした世界中に広がり、現代では多色多様の品種がある。 ・6~7月に咲く花の基本色は青紫だが、酸性土壌では青が強く、アルカリ性土壌では赤味が強くなるといわれる。 なお、花と呼んでいるのは本来の花ではなく「萼(がく)」。 本当の花はその中心にある微小なもの。 ・原種のガクアジサイには両性花と呼ばれる花が咲き、実ができるが、アジサイでは、雌しべや雄しべが退化しており、結実しない。 このためアジサイの繁殖は、挿し木や株分けによる。 ・アジサイという名は「アズサイ」が転訛したもの。 「アズ」は「集める」を、「サイ」は「真の藍」を意味し、藍色の花が集まった様子を表す。 漢字名は「紫陽花」を使うことが多いが、中国に渡って様々に名付けられ、「八仙花」、「天麻裏花」、「粉団花」、「洋繍花」など数多くのバリエーションがある。 ・乾燥させた若葉をフリカケにして食べた地方があったり、乾燥させた花を解熱剤にした時代があったりと、アジサイは実用的に使われる面もあった。 しかし、セイヨウアジサイの花や葉には有毒物質が含まれ、腹痛、嘔吐、めまいを引き起こすこともある。 【育て方のポイント】 ・直射日光を好まない「陰樹」であり、日陰~半日陰が植栽に適する。 ただし、セイヨウアジサイは日向でもきれいに育つ。 ・やや湿った肥沃な土地を好み、日照りが続くと葉に元気がなくなる。 (西洋アジサイは水はけの良い場所を好む。 ) ・病害虫に強い。 ・刈り込みに耐えるが、タイミングを考えないと、翌年の花が咲かない。 また、花を大事に育てると、年々大きくなって手に負えなくなる。 このため剪定のタイミングが難しい木でもある。 ・寒さの厳しい場所では花つきが悪くなることもある。

次の