軽 自動車 車検。 軽自動車を持ち込み車検に出すと大体いくらくらいの費用が相場?

車検の有効期間。軽自動車・バイク・10年超など一覧|チューリッヒ

軽 自動車 車検

軽自動車に乗るメリットの一つは、普通車に比べて車検費用が安いことです。 しかし、実際にどのくらい違うのか、よくわからないという方が多いのではないでしょうか。 軽自動車と普通乗用車の費用の違いを知っておくことは、車選びにも役立ちます。 ここでは、自動車に乗る上で欠かせない車検という制度について、その方法や軽自動車と普通車の費用の違いについて紹介します。 車検とはどんな制度? 車検は自動車が国の定める安全基準をクリアしているか一定期間ごとにチェックするための自動車継続検査という制度です。 定期的な点検や整備を実施し、安全に車が走れる状態を保つことはドライバーの責任でもあります。 しかし、ルールがなければ十分な整備の基準がわからないため、危険な車が公道を走ることのないように、車検という制度が作られました。 なお、道路運送車両法58条では車検に合格しない車は公道を走ることができないことが定められています。 車検には有効期限がある 車検には、車検に合格すると発行される車検証に記載されている有効期間の満了する日までに受けるというルールが設けられています。 1回の車検の有効期間は車の種別に決まっており、自家用乗用車や軽乗用自動車、小型自動車二輪は初期登録時のみ3年間、以後は2年ごとの更新となります。 車検は有効期間内であればいつでも受けることができますが、早く受けすぎても意味がなくなってしまうので、期間満了の1ヵ月前から期限までに受けるのが一般的です。 車検費用の内訳 車検にかかる費用は法定費用や車検基本料、整備費用の3つに分けられます。 このうち法定費用とは、自賠責保険の保険料、車両の重さに応じて税額が決まる自動車重量税、検査や登録手数料の3つを指し、車検を受けるときに必ず必要となる費用のことです。 また、車検基本料はディーラーや整備工場などに依頼して車検を行う場合にかかる費用で、測定検査料や車検代行手数料、車検とセットで行われる24ヵ月定期点検料を合わせたもののこと。 整備や修理費用は名前の通り、車の整備や修理、部品交換にかかる費用のことです。 車種による車検費用の違い 車検全体にかかる費用は、エコカー減税の適用の有無や新車登録からの年数、修理箇所などによって変わりますが、軽自動車や普通自動車など車のクラスによっても大きく異なります。 また、軽自動車は車を普及させるために普通自動車より手軽に所有できるというコンセプトで設けられた分類なので、普通自動車よりも税金面で優遇されているのが特徴です。 軽自動車の場合は法定費用が3万円程度、車検基本料も合わせて6~8万円程度が目安です。 一方、排気量1500ccクラスの普通自動車の場合、法定費用が5~6万円、車検基本料を合わせると10万円前後が車検費用の目安となっています。 軽自動車及び普通自動車の車検費用の内訳例は、次のようなものになります。 法定費用 車検基本料 整備・修理費用 合計(整備・修理費用を除く) 自賠責保険料(24ヵ月分) 自動車重量税 検査 ・登録手数料 軽自動車 25,070円 6,600円 1,000円~ 30,000~50,000円 車の状態による 60,000~80,000万円 普通車 0. 5~1. 0tクラス 25,830円 16,400円 1,000円~ 40,000〜50,000円 車の状態による 80,000〜90,000万円 普通車 1. 0~1. 5tクラス 25,830円 24,600円 1,000円~ 40,000〜50,000円 車の状態による 90,000〜100,000円 普通車 1. 5~2tクラス 25,830円 32,800円 1,000円~ 40,000〜50,000円 車の状態による 100,000〜110,000円 *エコカー減税の対象になる場合は、自動車重量税が初回のみ免税又は減税になります *新車登録から13年以上経過している場合は、自動車重量税の金額が変わります 軽自動車でも車検費用が高くなる原因とは? 軽自動車の車検費用は、多くの場合6~8万円程度が目安となります。 しかし、場合によってはこの範囲に収まりきらないこともあります。 軽自動車の車検費用が高くなるのには次の3つのような理由があります。 新車登録から一定年数が経過すると重量税が上がる 最新モデルに比べると、古い車は燃費が悪かったり二酸化炭素の排出量が多かったりして環境性能がよくありません。 また、乗車年数が長くなればそれだけ車体や部品は傷みます。 このような理由から新しい車への買替えを促すために、 新車登録から13年、18年経った段階で自動車重量税が引き上げられ、軽自動車は13年目に6,600円から8,200円に、18年目に8,800円へと重量税が変わります。 2度目の車検から整備費用がかかり始める 新車登録後の3年目に行う最初の車検では、まだ車も新しいため、故障や部品の交換もあまりなく、整備・修理費用はあまりかかりません。 しかし、5年目を越えたあたりからエンジンやバッテリーなどの消耗部品の交換が発生したり、メーカーの保証期間が切れて修理費用が自己負担になったりして、整備や修理費用が増える傾向があります。 車検基本料は車検の依頼先によって変わる 車検の依頼先となる業者には、ディーラーや整備工場、車検専門店、ガソリンスタンド、カー用品店、車検専門店などがあり、それぞれサービス内容や価格が違います。 ディーラーは純正の部品を使ったり消耗品も早めに交換したりすることから価格が高くなる傾向があり、車検専門店やガソリンスタンドなどとは整備内容や使用する部品なども異なります。 そのため、選ぶ業者によって数万円の違いになることもあります。 軽自動車の車検で必要な書類は? 軽自動車の車検を行う上で必要な書類には次のようなものがあります。 車検以外では使わない書類もあるので、失くさないようにしっかり保管しておきましょう。 ・自動車検査証(車検証) 車が国の定める保安基準に合格し、車検に通ったことを証明する書類です。 車を運転する時は携帯することが義務付けられているため、車内のダッシュボードなどに保管しておきましょう。 また、車検時にはコピーではなく、原本を用意しましょう。 ・自動車損害賠償責任保険証明書 自動車の持ち主が必ず加入しなければならない自賠責保険の証明書です。 自賠責保険の保険期間が車検の有効期間をカバーしていなければ、新たに車検証の交付を受けることができません。 車検の日までに更新の手続きをしておくか、車検当日に手続きを行いましょう。 ・自動車税納税証明書(継続検査用) 自動車税を納付してから3週間経過している場合は提出を省略できますが、直前に支払った場合には納税証明書が必要となります。 軽自動車に乗るなら定額カルモくんがお得 2〜3年に1度とはいえ、一度に10万円近い出費となる車検は家計にとって大きな負担となります。 このようなまとまった出費をなくして、定額制で車を利用できる「カーリース」という方法もあります。 カーリースとは、あらかじめ期間を定めて車を借りるサービスで、リース会社が顧客の代わりに希望に合った車を購入します。 リース期間は1年以上の長期で設定されるのが一般的で、おトクにマイカー「定額カルモくん」では1〜11年から1年単位で契約期間を選ぶことができます。 また、期間中は各種税金や納車時の諸費用、自賠責保険料などが含まれた月々定額の使用料を支払うだけで利用することができるので、これらの費用を別途用意する必要はありません。 なお、メンテナンス付きプランを選べば車検費用も毎月の料金にまとめることができます。 車種と利用期間によって異なりますが、定額カルモくんでは軽自動車タイプ標準グレードの車であれば、カーナビや車検も含まれるメンテナンスプラン付きで、月1万円台で新車に乗ることが可能です。 車検制度の違いを知ってもっとお得に軽自動車に乗ろう 軽自動車と普通車は車両価格に違いがあるだけでなく、車検にかかる金額も数万円単位で違うことがわかりました。 また、軽自動車でも車検費用がかかるタイミングや車検を受ける方法は異なります。 軽自動車の車検に関する特徴を知ることで、よりお得に軽自動車のカーライフを過ごせるのではないでしょうか。 よくある質問 Q1:軽自動車の車検費用はどのくらい? A. 軽自動車の車検費用は法定費用のみなら3万円程度、車検基本料を合わせても6万~8万円程度が目安です。 一方普通自動車の場合、排気量1500ccクラスで法定費用のみで5万~6万円前後、車検基本料を合わせると10万円~程度が目安となり、軽自動車は普通自動車と比較すると車検費用がかなりお手軽であることがわかります。 Q2:軽自動車の車検費用が高くなる原因って? A. 新車登録から13年、18年経過で重量税が上がること、また一般的に5年目を過ぎた頃から整備・修理費用がかかり始めるため、長く乗れば乗るほど車検費用は高額になる傾向があるといえるでしょう。 重量税は通常6600円のところが13年経過で8200円と約20%アップ、18年経過で8800円と25%アップします。 また業者によっても車検費用は大きく異なるので、選ぶ業者によって数万円の差が出る場合もあります。 Q3:軽自動車の車検に必要な書類は? A. 軽自動車の車検には、自動車検査証(車検証)、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書(継続検査用)が必要です。 自動車税納税証明書は自動車税を滞納しておらず、自動車税を納付してから3週間経過している場合は提出を省略できます。

次の

車検の有効期間。軽自動車・バイク・10年超など一覧|チューリッヒ

軽 自動車 車検

お車の所有年数や状況、どの業者に依頼するかによって車検費用は大きく変わる可能性がありますが、一般的に乗用車の車検費用の相場は6万〜12万が相場です。 一方、 軽自動車の車検費用の相場はだいたい5万〜8万円で、乗用車よりも安いようです。 この差が生まれる最大の要因はなんでしょうか? それは車検時に支払う なのです。 重量税は車両の重量に応じて課せられる税金ですが、車両の重量が重ければ重いほど税金の額は高くなります。 車検費用は初回の3年後、以後2年ごとに支払いが必要であるだけに、この差はとても大きいかもしれません(また後述いたしますが、長きにわたって乗った車は重量税も変わってきます)。 もちろん車検の際の交換部品や整備項目によっても車検費用が大きく変動する可能性もありますが、そういう意味では軽自動車は重量が軽いだけではなく、車検費用も軽くする素晴らしい車といえるでしょう。 お車を買い換えようとお考えであれば、購入価格やガソリン代も重要ですが、この車検費用というのも要チェックの項目です。 軽自動車に限らずですが、車検の費用は大きく分けて「 」と「 点検整備費用」の2種類です。 法定費用は国によって定められていますので、業者問わずどこでも金額は変わりません。 軽自動車の場合、• …21,140円(24ヶ月)• つまり法定費用は以上の通り 最高の場合でも合計31,340円です。 そして2つ目の点検整備費用で車検費用は変わってきます。 具体的に車検費用は変わるポイントは「どの業者に依頼するのか」「どこをどのグレードで修理するか」などによって費用の額は変わってきます。 一般的には ディーラーの方が整備工場やガソリンスタンドよりも高くなるのですが、ガソリンスタンドでも修理が必要な箇所が多かったり、高価な部品交換することになれば当然費用は高くなります。 軽自動車でも新車登録してから 10年以上経過してくると車検費用は高くなる傾向があります。 その理由としては自動車重量税の額が高くなることが挙げられます。 13年以上経過すると割増しとなり、さらに 18年以上でも割増しとなります。 自動車重量税が増額となる理由としては車の劣化が挙げられます。 経ちますとエンジンベルトやドライブシャフトなど摩耗のため交換しなければいけない部品が出てきます。 この費用がとても大きいのです。 そしてそれ以外にも修理箇所は増えてきます。 その中で10年以上経っていると手に入りにくい部品も出てきますし、当然ながら修理や交換部品が増えれば増えるほど車検費用は高くなってしまいます。 このように軽自動車に限らずですが、10年以上の経過は車検を通して引き続き乗るか、思い切って買い換えするかということが検討すべき1つのポイントと言えるでしょう。

次の

車検の有効期間。軽自動車・バイク・10年超など一覧|チューリッヒ

軽 自動車 車検

部品交換の必要性なども理解しておこう! 費用目的だけで軽自動車でユーザー車検を選択するデメリット まずは、軽自動車におけるユーザー車検のデメリットについて解説していきます。 業者に依頼するときに比べて大きく節約できるユーザー車検ですが、その分リスクも高いといえるでしょう。 長年ユーザー車検のみで乗り続けている方もいるかもしれませんが、安易に選択すると損をする可能性がある点も理解しておくことが大切です。 車検に落ちてしまうケースもある ユーザー車検の大きなデメリットのひとつは、必ずしも車検が通るとは言い切れないことです。 とくに、車に詳しくない方や車検の検査項目を細かく知らない方がユーザー車検を選ぶと、基準をクリアできない可能性も高くなります。 車検に通らず再度検査に通すと、手数料も重ねて支払わなければなりません。 1度の車検で2回分の費用がかかってしまうということです。 金額にすると数万円にもなるため、結果的に「業者に頼めばよかった」と後悔する事態になりかねません。 ほとんどのことを自分でやらなければならない ユーザー車検で費用を節約できるのは、一般的な車検で業者が行う整備・点検を自分で実施するからです。 ここで見落としがあると車検に通らないため、細部まで細かくチェックしておく必要があります。 また、無事に車検を通過すると「検査標章」が交付されます。 いわゆる「車検シール」のことで、フロントガラスに貼り付けて車検通過を証明する大切な標章です。 業者に依頼すると貼り替えまで対応してもらえることも多いですが、ユーザー車検では自分で貼り替えなければなりません。 車検シールの貼付は法律で義務付けられているので、忘れないよう注意しましょう。 車検後すぐにトラブルに見舞われる可能性もある ユーザー車検では「車検に通ればいい」と考えて最低限のポイントしかチェックしない方も多いでしょう。 たしかに車検を通過すると、法律的には安全な車であることが証明されます。 しかし、同時に思いもよらない部分で不具合を起こしている可能性も否めません。 業者に依頼した場合、車検前に車の細部までチェックして不備のある箇所を確認します。 消耗部品に劣化が見られれば、車自体が車検に通る基準以上であっても必要に応じて交換を提案してくれるでしょう。 ユーザー車検では、タイミングが悪ければ車検後すぐに修理が必要になるということも考慮しておく必要があります。 また、こういったトラブルを避けるため、劣化・故障が少ない初回の車検のみユーザー車検を選ぶ方もいるようです。 軽自動車のユーザー車検の費用はいくらなのか それでは、軽自動車のユーザー車検費用は具体的にどのくらいになるのでしょうか。 業者に依頼するよりも安く抑えられるとはいえ、少なくとも数万円の費用は必要です。 毎回必須となる法定費用は一定ではないため、車検を受ける年の金額をチェックしておきましょう。 ユーザー車検と通常の車検を比較しながら解説していきます。 追加の整備・修理が不要であれば、これだけの費用で車検を終えることが可能です。 業者に依頼して車検を行う場合は、上記の法定費用に点検・整備費用が加わります。 法定費用と合わせると、高ければ10万円ほど必要になる場合もあります。 ユーザー車検費用の内訳(2019年) ユーザー車検にかかるのは、検査手数料、自賠責保険料、自動車重量税の法定費用です。 検査手数料は、1,400円の印紙を購入することで支払います。 自賠責保険は車を購入したら必ず加入するもので、軽自動車の車検時に支払うのは24か月分の21,140円です。 軽自動車の重量税は普通自動車と違って重量にかかわらず一定です。 エコカー減税適用車であれば減税・免税措置がありますが、エコカー対象でない場合は6,600円、13年経過した車では8,200円、18年経過で8,800円となります。 軽自動車検査協会で受け付けをしている 通常の車検であれば、ディーラーや中古車業者、あるいはガソリンスタンドなどでも依頼できます。 一方で、ユーザー車検の場合は「検査のみ」を行うためどこでも受け付けているというわけではありません。 軽自動車のユーザー車検は、「軽自動車検査協会」で手続きします。 公式ホームページから車検の予約が可能で、検査項目や必要書類も確認できます。 具体的な流れや書類については後述しますが、インターネットから予約する方は他の項目もあわせてチェックしておくと安心です。 軽自動車のユーザー車検の流れと必要書類 ユーザー車検ではさまざまな書類が必要になり、忘れると車検を受けられない場合もあります。 車検場が遠方にあると自宅に取りに戻るのも大変なので、なるべくスムーズに進められるよう事前にリストアップしておきましょう。 ここからは、車検申し込みに必要な書類と、実際の車検の流れをひとつずつ解説していきます。 軽自動車のユーザー車検申し込みに必要な書類 軽自動車のユーザー車検に申し込む際は、以下の書類が必要になります。 ・自動車検査証(車検証)• ・自賠責保険証明書• ・軽自動車税納税証明書• ・点検整備記録簿 これらは、あらかじめ自分で用意しておくべき書類です。 車検証は車内常備が義務付けられているため忘れることはほとんどありませんが、万が一紛失に気づいたときは早急に再交付を申請しましょう。 また、以下の書類は、車検当日に窓口で受け取ります。 ・自動車重量税納付書• ・軽自動車検査票• ・継続検査申請書 上記の書類については、窓口周辺には記入見本がある場合が多いので、1か所ずつ確認しながら記入漏れや誤りのないよう書いていきましょう。 記入する内容を事前に知っておくと安心です。 さらに、代理人が車検を受ける場合は委任状も必要になります。 予約から合格ステッカーの受領までの流れ 軽自動車のユーザー車検は、事前予約が必要です。 予約は、車検を受ける軽自動車検査協会の事務所に直接電話するか、公式ホームページの「軽自動車検査予約システム」から行えます。 予約には自動車検査証(車検証)に記載されている情報が必要になるので、手元に用意しておきましょう。 インターネット予約の際にはアカウント登録が必要です。 当日は、窓口で検査申請をして検査手数料を支払います。 不備がないことを確認したうえで検査コースへ移動し、いよいよ検査のスタートです。 チェック項目がすべて基準を満たすと、無事に合格ステッカー(車検シール)が交付されます。 検査項目の1つ目は、バッテリー・ライトなど電気系統のチェックです。 ボンネット内の不備確認のほか、方向指示器がしっかり機能しているか、ライトに問題がないかといったポイントをチェックしていきます。 車の排気管に専用器具を差し込み計測します。 操作がわからない場合は検査員の指示に従いましょう。 「ハンドルを切らない状態で、まっすぐ進んでいるか」をチェックします。 表示器の待機・進入サインを目印に進みましょう。 専用機械の上で車を操作し、スピードメーターの正確性をチェックします。 続けてヘッドライトの向きと明るさ、ブレーキが問題なく機能するかも検査していきます。 下回り検査では車をリフトで上昇させるため乗車したままの状態ですが、ハンドル操作などは検査員の指示に従いましょう。 車検が切れている軽自動車は「予備検査」を受けよう 通常、車検は「今の車検が切れる前に通す」のが原則です。 しかし、2年の期間があるとうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。 車検が切れた車を公道で運転すると法律違反となり、30日間の免許停止、6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金などのペナルティを受けてしまいます。 これを避けるために「予備検査」という方法があります。 予備車検合格で受け取る「自動車予備検査証」 予備検査といえば、車検の際に「さらに安全な状態にするため」に業者に依頼する検査を想像する方も多いでしょう。 もちろんこれもひとつですが、「車検が切れた車・ナンバープレートのない車が受ける」という目的をもつ予備検査もあります。 車検切れに気付いた場合は、予備検査に合格することで「自動車予備検査証」の受取が可能です。 予備検査を申請する際には、自身の印鑑や完成検査終了証など必要な書類もあるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。 3か月の間にやらなければならないこと 自動車予備検査証の有効期限は3か月です。 本来の車検証を発行してもらうには、この期間内に必要な手続きを終えなければなりません。 予備検査証を受け取ったあとは、軽自動車重量税や自賠責保険料などの法定費用を必ず支払いましょう。 比較的スケジュールに余裕があるように感じますが、先延ばしにするとさらに出費がかさむ事態にもなりかねません。 必要書類も確認して、なるべく早めに済ませておきましょう。 軽自動車の車検費用を安く抑えるポイント 節約につながるユーザー車検ですが、車検に通らない、すぐに故障してしまうといったリスクを考えると「少し高くても業者に依頼したい」と考える方も多いでしょう。 それでも、やはりできるだけ安い費用で依頼したいものです。 ここからは、軽自動車の車検費用節約のポイントを解説していきます。 業者選びだけでなく、日頃のメンテナンスも意識しましょう。 車検を依頼する業者の選び方 車検の依頼先には、車を購入したディーラー、ガソリンスタンド、中古車販売業者などさまざまな選択肢があります。 それぞれにメリットとデメリットがありますが、検査・整備内容と費用を天秤にかけて選択することが大切です。 車検の費用を抑えつつ、安心して車に乗り続けるためには中古車販売業者に依頼するのがおすすめです。 幅広い車を扱っているお店ならば、メーカーや車種を問わず専門知識の豊富なスタッフが担当するため、より安全な走行を実現するための相談もできます。 業者選びでお悩みの方は、ぜひネクステージへお問い合わせください。 車検費用を抑えるために日ごろからやっておくべきこと 信頼できる業者選びも大切ですが、同時に日頃のメンテナンスを心がけることが大切です。 乗車頻度に関わらず、なるべく細かい部分までチェックしておくと不具合にも気付きやすくなります。 消耗品は、気にかけて手入れを続けるとある程度長持ちさせることが可能です。 「まとめて部品交換したら高価になった」ということがないよう少しだけ手間をかけてメンテナンスしましょう。 確認項目・交換部品をしっかりチェックする 業者にかかわらず、車検の際には部品交換を勧められることも多くあります。 これは、業者だからこそ気付く劣化があり「壊れる前に変えるべき」という提案によるケースがほとんどでしょう。 しかし、ときにはそれほど交換の必要が感じられない場合もあります。 部品が新しくなれば故障のリスクも減りますが、まだ使えるものを変えてしまうのは、もったいないだけでなく出費もかさんでしまいます。 車検費用を抑えたいときは、業者側に本当に交換すべきか否かを確認しておくと安心です。 「節約したいから」という希望を伝えると、部品交換の必要性について細かく説明してもらえるでしょう。 まとめ 軽自動車の車検費用を抑えるためには、ユーザー車検が有効だと考える人も多いでしょう。 しかし、車に詳しくない方にとっては、結果的に大きな出費となるリスクもあります。 安全に車を乗り続けるためにも、ぜひネクステージでの車検をご検討ください。 ネクステージでは、安価かつ高品質をモットーに車検を承っています。 インターネットからいつでもご相談やお見積もりが可能です。 お客様のご希望やお悩みに向き合い、ご満足いただけるようなサービスをご提供いたします。 最新の自賠責保険料率表はをご確認ください。

次の