ラディッツ 極限エリア。 ラディッツを仲間にし、ラディッツを極限Z覚醒させよう。

まったりゆったりドッカンバトル詳細解説: 【極限Zエリア】運命に導かれた3人のサイヤ人

ラディッツ 極限エリア

【非情な侵略者】ラディッツの考察です。 リーダー評価:4. 0点 サブ評価:7. 40倍 必殺技 『ウィークエンド』 必殺技倍率 5. 【概評】 で手に入る【驚異の飛来】ラディッツを同イベントのメダルでドッカン覚醒させた姿です。 極限Zエリアにより『極限Z覚醒』が追加されています。 極限パワーによって、かつての『天下一入門』みたいな立場もいくらか取り戻した、イベント産のお手軽な全体攻撃キャラクターです。 初実装時の2017年11月は『全体攻撃キャラはゲーム中9体のみ』『9体の中で火力は上から4番目』ということで、手持ちが揃っていない人にとってこのラディッツは天下一でも有用なキャラクター…だったのですが、その後は『意気込みシステム』の導入や全体攻撃キャラの増加により完全に存在感が消えていたのですが、今回の強化で天下一でも一定以上の実用性を取り戻しました。 例えば、をリーダーにした『&』デッキで天下一を周回することを考えてみましょう。 全体攻撃の駒が揃っていない人にとっては、十分に活躍の余地もあるでしょう。 例えば『下級戦士バトルロード』なんかが今後来た場合、かなりの人材難となりそうな予感ですが、このラディッツはリンク抜きでも『ATK万129万・DEF8. 仮に敵が3体も4体も居れば、『総ダメージ量』という観点からすればATK400万くらいのキャラと変わらぬ総合火力という見方も出来ますし、穴埋めで採用するには十分な実力があるでしょう。 前述の『』でクウラのサポート込みなら『ATK171万・DEF10. 6万』くらいにもなり得ますし、イベント産全体攻撃キャラとしては十分な水準です。 しかし、全体攻撃を活かせぬ場においては全く採用価値も無く、カテゴリも噛み合っているとは言い難いので、まあ出番は局所的になりがちです。 『天下一でATK100万超え』と書けば聞こえは良いものの、これはのリーダースキル・パッシブスキルありきの値で、その他の編成ではここまでパワーを引き上げることは難しいです。 特にバトロだと、同名カード・があまりにも強過ぎるので、両持ちしている人はまず出番も無いでしょうし…。 そういう意味では『特別抜きんでて優れている』とまでは言えませんが、特定イベント・特定状況下における強さは中々のものであり、イベント産キャラとしては良い水準まで、その強さは引き上がったと言って良いでしょう。 特定編成で回る際の天下一要員、来る『下級戦士バトロ』なんかを想定すると使える部分もあるので、自分のBOXのニーズに合っていれば解放する価値もあるでしょう。 スキルは全体攻撃キャラですし、やはり『会心』も『連撃』も一定以上は付けたいです。 各自に会心抽選があるのも美味しいし、全体攻撃2連発は複数の敵に対する殲滅力も高いので、どちらも捨てるには勿体ないでしょう。 半々程度か会心ちょっと多め程度が無難です。 勿体なくないなら銅の会心・連撃を付ける手もありますが。 銀・金も全体攻撃の底上げという意味で、会心・連撃は潜在能力同様バランス良く上げるか会心ちょっと多めくらいで行きたくはあります。 ATK100万超えを実現してくれるので、普段からクウラ編成で天下一を回っている人には有難いでしょう。 例えばこのナッパなんかは非常にパワフルな全体攻撃アタッカーですが、その撃ち漏らしのお掃除なんかに使うのも全然悪くありません。 今後、カテゴリバトロが実装されれば十分採用出来るキャラクターでしょう。 特に敵が超系なら…。 【老界王神は使うべき?】 イベント周回で技上げ出来るので使う必要はありません。 素体のレベル10を1体、極限後の餌用のレベル5を1体用意して、技レベル15を目指しましょう。 【引けたら当たり?外れ?】 イベント限定入手のキャラクターなのでレアガシャからは登場しません。 『ガシャ産キャラを凌駕する』みたいなインパクトのある強さではないし、使える場所も結構限られてしまいますが、適正のある所でしっかりと運用すれば確実に仕事をしてくれる、 イベント産としては中々優秀なキャラクターになりました。 直近のイベント産だとなんかが天下一でも筆頭戦力で、流石にそういうレベルには程遠いくらいの能力ではあるものの、イベント産でここまで出来るなら悪くないでしょう。 超優秀とまでは言えないものの、及第点の実力は持っています。

次の

【ドッカンバトル】極限Zエリア「運命に導かれた3人のサイヤ人」の攻略情報

ラディッツ 極限エリア

開 催 期 間• 全難易度でのステージクリアが条件となります。 さらに本イベントは、 特定のキャラクターのみが挑戦可能! また一部のキャラクターはチームへの編成が必須だ! 編成必須の対象キャラクター• 挑戦可能なキャラクター 「キャラクター」ボタンから 対象キャラクターを確認できます。 編成必須の対象キャラクターを チームに編成していない場合、 イベントに参加できません。 挑戦可能なキャラクター以外は イベントに参加できません。 編成必須のキャラクターは 本イベントの開放条件である 物語イベント「運命に導かれた3人のサイヤ人」に 関連しているぞ! 物語イベントでドッカン覚醒させて 必須キャラクターをチームに編成しよう! 物語イベントの詳細は 該当のお知らせよりご確認ください。 開放条件を満たしているにも関わらず 本イベントが開放されていない場合、 アプリの再起動をお試しいただくことにより 改善される可能性がございます。 各ステージでは、極限Z覚醒に必要な覚醒メダルを すごろくマップ上でGETできるぞ! ステージ毎に獲得できる覚醒メダルが異なるので 注意しよう! 難易度[Z-HARD]で[銅][銀]、 難易度[SUPER]では[金][虹]の覚醒メダルを それぞれ獲得可能だ! ・難易度[Z-HARD] ルート詳細 左側ルート: 覚醒メダル[銅] 右側ルート: 覚醒メダル[銀] ・難易度[SUPER] ルート詳細 左側ルート: 覚醒メダル[金] 右側ルート: 覚醒メダル[虹] ステージ1で獲得できる覚醒メダルで 【はじめての友達】ブロリー 幼年期 は極限Z覚醒! また本イベントは、 フレンドとして連れて行けるキャラクターが 決まっているぞ! フレンドとして連れて行けるキャラクターの詳細は 「フレンド選択画面」または「チーム選択画面」より、 ご確認ください。 他プレイヤーのフレンド用サポーターは フレンド選択画面に表示されません。 ミッションをクリアして報酬をGETしよう! ミッション情報の詳細は 「限定ミッション」をご覧ください。 すでに達成済みのミッションは表示されません。 イベント内容および開催期間は 予告なく変更する場合がございますので、 あらかじめご了承ください。 今後とも「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」を よろしくお願いいたします。

次の

ドラゴンボールZ ドッカンバトル攻略の地

ラディッツ 極限エリア

- 概要 極限Zバトルと同じで覚醒メダルを集めるイベントだが、極限Zバトルと違ってすごろくマップが用意されており、なおかつ 挑戦にACTを消費する。 今回は新実装イベントキャラクターが対象。 メダル集め ステージ2つ、難易度2つずつが設定されており、Z-HARDで「銅と銀」、SUPERで「金と虹」の覚醒メダルが手に入る。 覚醒メダルはボスドロップではなく道中カプセルから手に入るものとなっている。 単純計算で各3回ずつ入手すれば必要数を集めきれる。 また最初の1マス目に確率で が出現するが、これは覚醒メダル2マス分入っている。 入手すれば出撃1回分のACTが浮くぞ。 から手に入ったメダルはカプセルの種類で判別できる。 以下の表を参考にして欲しい。 覚醒対象 入手覚醒メダル 制限 出撃条件• 編成必須キャラクター2体を全て編成する。 フレンド枠はSPECIALの極限Z覚醒済みしか選べない。 その他の編成は指定キャラクターからのみ選択可能。 必須キャラクター以外は編成せずとも挑戦可能。 サポートアイテムはすべて外さないと出撃不可能。 難易度SUPERは なんと気絶無効。 気絶で行動不能にすることが不可能で、更に必殺技ATKが140000あるため一撃でも喰らえば致命傷は必至。 安定して勝利する場合、の極限Z覚醒を終えた上でリーダーとして使用したい。 による必殺技封じと、ATK低下必殺技持ちで封殺ということも可能。 しかしそれでも行動順や敵の必殺技を受けてしまうキャラクター次第で勝てないこともある。 ブロリー 幼年期 の回避が発動するしないですら戦況に影響してしまうかなりの難易度となっている。 編成できるならガシャ版のキャラクターを組み込みたい。 敵が速属性なので技属性のを編成できると良い。 必殺技封じも持っているので被弾も減らせる。 最大12回クリアが必要なので10回クリアは問題なくできる。 しかし、実は マスが3回以上出た場合9回以下で極限Z覚醒分を集めきれてしまうため、余計にクリア回数を増やさないと龍石が手に入らないという事態にも。 613 444 423 397 329 320 247 205 204 201 200 188 186 185 175 172 164 162 162 152 150 142 142 137 135 132 129 124 121 119 119 114 112 111 108 108 107 101 100 99 95 94 93 93 86 84 77 76 76 74 74 72 69 69 69 69 67 67 64 64 61 60 59 57 53 53 52 49 47 46 45 45 43 41 41 41 35 35 35 33 32 31 31 30 30 29 29 28 27 26 25 25 25 25 23 23 23 23 21 21 21 19 19 19 19 18 18 18 17 17 16 16 14 13 13 13 12 12 12 10 10 10 10 10 10 9 9 8 8 8 8 8 7 7 7 7 7 6 6 6 6 6 6 6 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1.

次の