群れ なせ シートン 学園 アニメ 化。 ON AIR

【群れなせ!シートン学園】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

群れ なせ シートン 学園 アニメ 化

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 【良い点】 豊富な動物知識を活かしたネタの数々。 世界観構築が巧み。 女の子が軒並み可愛く、擬人化が適度で見やすい。 雌野さんのお色気要素も。 ドタバタ学園コメディーとして騒がしく楽しい雰囲気。 南国少年パプア君っぽいOPや、ランカ役の木野日菜氏によるEDなどの楽曲面でも特有の持ち味あり。 声優陣は木野日菜氏の好演が光る。 奇声など中々真似の出来なさそうな熱演。 キャラクターも軒並み面白く、主人公の間様人が一貫して動物嫌いな言動態度を崩さないまま、徐々に粋な計らい見せる塩梅が良かった。 ランカも奔放な犬型ヒロインとしてかなりキャラ立っていて可愛さ十分。 人への切ない想いがいじらしく、回が進む程に可愛さ増してくる。 コメディーとしては全般的に良い意味で古いノリを感じる。 ランカの人へのペロペロ お坊ちゃまくん彷彿 や、コアラのフンネタなど、下品だが嫌味を感じない。 動物ネタを絡めてテンプレお約束を複数確立、テンポが良い上にネタが豊富なためか、マンネリ感はあまりない。 杉田ライオン登場以降は彼が登場すれば安定して笑えた。 2019秋のBEASTARSを彷彿とする異種族恋愛も、コメディー時空ならこうなる感じで面白い。 学園ドラマ面でも種族を超えた絆の話が結構真摯。 習性や価値観が異なる者同士が良好な関係構築していくのは小気味良し。 各キャラの交流掘り下げも中々、パンダとネコや、ミユビががんばる回など、学園青春物として見てもかなり良い。 イルカ回は、けものフレンズ2を遙かに良くしたらこうなるという模範例。 終盤も適度なシリアスからの良好な雰囲気で纏めて後味が良い。 遅れてきたヒロイン・アンも十分な可愛さあった。 雌野さんまさかの百合で萌え的にもおいしい。 【悪い点】 序盤がイマイチ。 雰囲気が辛気臭くて楽しくない。 この点は早い時点で改善されていきエンジンが掛かってくるが。 中盤の体育祭のサルの卑劣さが目に余り不快。 最終的に留飲は下がったものの、あまり楽しくはなかった。 終盤もランカがボコボコにされて痛ましい。 可愛い女の子が痛そうなのはちょっと勘弁。 コメディーは安定感はあるが、爆笑する程のシーンはあまりない。 杉田ライオンくらいだが2回目以降は慣れてしまう。 【総合評価】 動物擬人化学園コメディーという括りでは見所の多い良作。 可愛さも面白さも十分だけど、序盤中盤終盤それぞれ若干の難あり。 評価はとても良いには惜しい「良い」 締め方も良いし原作で更に面白そうなキャラや展開もあるので、もし2期あれば期待出来そう。 全話視聴。 ストーリーライン。 5話までは以前述べたとおり。 6話以降は脚本家一人ひとりが味を出し主張している。 5話までは福田さんだったが、総合的には佐藤さんの脚本も良い味を出している。 その中で、福田さん、佐藤さんは元より、村越さんもこの作品に慣れてきたのもあって、6話以降はギャグもシリアスも安定した傾向にある。 まとめ方も悪くない。 キャラクター性。 ジンに若干のキャラブレ? とも取れる描写の違いがあったくらい。 慣れてしまうとそこまで気にならない。 OPは【良い】、EDは【とても良い】 総括すると【普通】よりの【良い】。 基本的には【良い】が、最序盤が少しダレたことを加味して、この評価とさせていただく。 【良い点】 意外と使える動物ネタ。 ハイエナのメスネタは結構驚かされた。 やはり謎の中毒性があるOPとEDだろう。 EDの脳のとろけ具合は格別。 豪華声優の名演。 ツダケンは毎回必ず何かのキャラをやっていたので今回はどの役だろうと探すのも面白かった。 【悪い点】 ややマンネリ的な展開。 都市伝説とか混ぜちゃだめでしょ。 【総合評価】 動物擬人化アニメ。 シートン動物記で有名なシートンの名前を冠したアニメ。 動物の生態をコメディとして成立させている。 はじめ見たときは、女子は人間スタイル、男子はそのまま二足歩行のケモノ姿なので、もしかしたら単に視聴者に女子を人間スタイルに見せているだけで、実際のジンにして見たら男子のように見えているのではないかと思っていた。 だからケモノとか言っちゃうのかなと。 本作は動物嫌いなのに動物に詳しいジンと一匹狼の女の子のランカを中心に進む話で、第1話だと男子生徒はすべて動物の二足歩行姿なので単なる背景上いるだけで、基本的にはハーレムアニメだと勘違いしていたが、ライオンあたりから、こういう男子も含めたキャラの話も絡まることでだんだんと面白くなってくる。 動物擬人化コメディとしてはなかなか面白かった。 人間視点では残念に見える動物ネタを軸に徐々にエロコメに移行。 ・EX団は面白い発想だった。 オチもなかなか。 やはり序盤はイマイチだが 次第にノッてくる感じ。 二期もやるのかな? 【悪い点】 ・段々と良くはなるが、序盤はテンプレでイマイチ。 ギャグの方向性も不安定だった。 トータルではまぁまぁだが、短尺1クールが当然な昨今では、スロースターターな 作品というだけでかなりの減点対象。 ・「ただし都市伝説 だが、作中では圧倒的破壊力 」は反則と思う。 都市伝説に 相手がびびって勝利、で貫徹すべきだったのでは。 もうちょっとマニアックなところを攻めて欲しかった。 スローロリスとか カモノハシとか色々あるじゃん? 白イルカはネタも話もかなり良かったが 実はクジラってやったっけ? ・・・ 【総合評価】 「良い-」。 序盤がイマイチ至極だったが尻上がり的に良くなったのは評価したい。 開始時はギャグの軸が定まってない印象で笑えないネタも多かったが、開き直って? 動物残念ネタとエロコメ風味が強くなってからはかなり良かった。 最初からトバしてれば さらに良かったと思う。 中盤までやや我慢が必要だが、まぁまぁお奨め。 二期やるなら最初からガンガン飛ばしてもらいたい。 掴みは大したことはなかったのだけれど 、終わってみれば意外に面白かった! というのが素直な感想ですね。 本作は オオカミ、コアラ、ナマケモノ、ハイエナ ・・・ etc の極端に擬人化された動物キャラを中心にした一種の学園コメディーですが 、それにしても各動物の習性や特徴を巧みに捉えたキャラクター達が実に生き生きと活躍していて 、加えてメス? キャラ達の可愛さもあって 、これが実に良かったです。 どうして 「 シートン学園 」 に高校生の 「 間様 人 」 や 「 牝野 瞳 」 が召喚されているのか、とかいささか疑問な点もありますが 、まぁ 、この種のアニメに野暮な解析は無用というもの 、素直に楽しめればそれで良しとしましょう。 つまらないという回もなく 、ほとんどストレスフリーで楽しめました。 何となく懐かしさも感じる良作だったと思います。 5話まで視聴。 5話が一番面白かった。 ストーリーとしては動物嫌いの人間、間様人が織りなすドタバタコメディ……といった感じである。 脚本家によってストーリー評価が異なるので、以下、参考までに、ここに各話の評価を書く。 構成の組み方については流石であるが、個々の脚本を見るに、どうやら村越氏はギャグ描写に苦手意識があるようであり、原作と見比べ、どうにもこじんまりとしている印象を受ける。 また、必要以上にギャグ描写を端折っている嫌いがある。 その分、彼が得意な分野である「ロマン」で補おうとするも、この作品の作風と合わず、若干滑っている。 「脚色」にしても、そこまで上手とは言えない。 4話【良い】。 佐藤裕氏の脚本。 原作準拠であるが、テンポの小気味良さは流石である。 5話【とても良い】。 福田裕子氏の脚本。 一部整合性に難があるものの、個人的にこれが一番面白かった。 この作品が求めるものを描いている。 インパクト、間、アニメオリジナルエピソード……どれをとってもこれこそまさに「脚色」であり、原作の良さを活かしつつ、福田氏特有の「味」を足して、より良いものとして昇華している。 キャラクターとしては、基本、濃いことは濃く、牝野さんのキャラクターも一見埋もれがちながら、却ってその優しさが浮いているため目立つ。 クルミも少ない登場ながらインパクトはある。 【普通と思う】で。 今後に期待。 作品DB内ブログ記事 1. by ウクレレ... 好きなケモノキャラは? で、ケモノといえばだね、 漫画アプリ・サイコミ連載『 群れ なせ! シート ン 学園』がTVアニメ化! by mosukuwa... の評価漫画もほぼ「サイコミ」のやつなんですけれど、「第一話から最新話まで全話無料で読める」ってモチベは自分の中ではやっぱり破格です。 あとは、やっぱり「無料」と言って太っ腹にしてくれる分だけ、「良い漫画はもっと読みたい! 」的な心理が働いて、逆に単行本買っちゃうようになりましたね……。 『 群れ なせ! シート ン 学園』とか既に... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

【群れなせ!シートン学園】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

群れ なせ シートン 学園 アニメ 化

今回は、 「サイコミ」で連載されている 「群れなせ!学園」について語りたいと思います。 まず 「群れなせ!学園」とは、 動物嫌いのジンが通う動物だらけの学園!狼少女ランカを筆頭に周りはケモノな生徒だらけ。 動物少女達と群れなす、学園アニマルラ!! という 山下文吾先生の作品なのですが、今回はその中で気になったことをまとめてみました。 二人の主人公 まず 「群れなせ!学園」では、 狼の大狼ランカ(おおかみランカ)と 人間の間様人(まざまジン)を中心に、物語は進んでいます。 トラブルメーカーでありながら、困っていたり一人(一匹?)になっている人(動物)を放っておけない性格のランカと、動物嫌いなために動物に関する豊富な知識を持つジンの二人は、一見噛み合っていないように見えますが、作中における様々な問題の解決に導いており、お互いに見解の相違がありながらも、名コンビとして描かれていました。 動物の生態を活かしたキャターやストーリー 「群れなせ!学園」の登場人物たちは、元となっている動物の生態やそれに関連した様々な情報がキャターの見た目や性格に反映されています。 また、それらの要素が、作中における恋愛要素だけでなく、お色気や下ネタや熱血要素にも活かさせれおり、「群れなせ!学園」の魅力をより良く引き立てていました。 種族の壁を超えた青春群像劇 「群れなせ!学園」の舞台となっている 「私立学園」では、基本的に同じ種族の動物で固まっていることが多いのですが、ランカとジンが出会ったのをきっかけに料理部を立ち上げられ、今では様々な動物の異種交流が行われています。 豊富なアクションシーン 「群れなせ!学園」は、学園ラでありながら、アクションシーンが豊富に出てくるのも、この漫画の特徴の一つです。 作中では主に、動物の生態を紹介や、熱血要素などで数多く使われており、私自身も、つい学園ラだということを忘れてしまうほどよく登場しています。 しかし同時に、 ラとしての役割をしっかりと果たしており、「群れなせ!学園」においてアクションシーンは、 作品の要と一つとなっていると私は考えています。 まとめ 「群れなせ!学園」は、 人間と擬人化 獣人化 した動物たちが織り成す学園ラの漫画なのですが、その中でも、• 二人の主人公• 動物の生態を活かしたキャターやストーリー• 種族を超えた青春群像劇• 豊富なアクションシーン が魅力だと、私は考えています。 最後となりましたが 「群れなせ!学園」に関わっているすべての皆様、本当にありがとうございます。 toaruhitono.

次の

群れなせ!シートン学園とは (ムレナセシートンガクエンとは) [単語記事]

群れ なせ シートン 学園 アニメ 化

Anitubeなどの海外動画サイトを利用すると ウイルスに感染する危険性があります。 Anitubeから誤ってウイルスもらったぁ... 慌ててお店行ったら「ウィルスに感染したから初期化しかないですね」って ToT ウィルスソフト意味なし。 — yayoi togashi1206 最近ネット環境がよろしくない・・・ワイファイつなげてると動画途切れるしPCはウイルス?変な警告出される。 第1話『おおかみ親分(ボス) ランカ -ランカとジンとヒトミの話-』 間様人です。 この春、シートン学園に入学しました。 僕らはすぐに意気投合、二人で料理部をつくり、一緒にレシピを考える毎日です。 これってもしかして、将来の予行演習!? そんなリア充スクールライフ! が、過ごせるはずだった。 さきごろ、シートン学園に入学しました。 同級生の瞳ちゃんと始めた料理部だけど、二人だけでは存続できません。 そこへ集まってくれた素敵な生徒たち。 みんな、牝野さんと僕の仲を取り持とうと入部テストに臨んでくれるんだけど…… 個性豊かな仲間に囲まれた、二人の青春ラブラブコメディ! に、なるはずだった。 第3話『愛するものたちと脱ぐもの -ミキとキングとシホの話-』 間様人です。 シートン学園の1年生です。 大好きな瞳ちゃんとの料理部は順風満帆! 活動内容や諸々の噂も広まってきた! これでまた部員が増えるかな? なんて思っていた矢先、意外な目的で訪れた2人の生徒! ラブラブな僕と瞳ちゃんのドキドキハプニング! が、起こるはずだった。 第4話『自称少年と大狼 -イエナとフェリルの話-』 間様人です。 シートン学園に通っています。 そして今、瞳ちゃんとの青春学園ライフが暴力によって脅かされています! 誰しも強くありたい。 理解できます。 だから僕は教えてあげました。 真の強さとは、人を恐れさせる力ではなく、愛する力によってもたらされるのだと。 そう、僕と瞳ちゃんのように、ね。 ……なんて、言えたかもしれなかった。 第5話『誰が勇敢であったか? -体育祭の話-』 間様人です。 シートン学園にも少しずつ慣れてきました。 体育祭。 僕は走ります。 僕たち二人の輝かしい未来に向かって。 僕にとって、ただ一つのゴール、瞳ちゃんに向かって。 ええ、ただ走るだけじゃ意味ないんじゃないかって思うことは当然あります。 僕もバカじゃない。 でもやめられないんです。 じゃなきゃやってられないんです。 第6話『女熊猫の伝記 -メイメイの話-』 間様人です。 シートン学園に入学して、数か月が経ちました。 人気者。 それはどこにでも存在する。 時に鼻に付くこともあるけれど、人気者にはそれなりの理由があるのです。 ひがまずねたまず、見習うところは見習って、盗めるところは盗もう。 そして僕は、瞳ちゃんの為に成長するんだ。 ……なんて、思えたのかもしれない。 第7話『悩みし獣の野性的習慣 -イエナとテルの話-』 間様人です。 シートン学園に馴染んでいくのが怖いです。 男らしさ、女らしさ、って何でしょうか。 そんなものに振り回されず、僕はありのまま瞳ちゃんにぶつかっていきたい! 強い想いと折れない心があれば、どんな壁でも乗り越えられるのだから! とか言いたいけれど、なんか癪です。 第8話『海の吟遊詩人 -カナとルカの話-』 間様人です。 シートン学園にも臨海学校があります。 想像してみてください。 青い海と白い雲。 そして隣には大切な人。 僕の場合はもちろん瞳ちゃん。 瞳ちゃんの場合は僕。 たぶん。 見てごらん! 海の生き物たちも、美しき共演で二人を祝福してくれてるよ! そんな気分に、浸れたのかもしれない。 第9話『動物生態伝 -マナコとミキとキングの話-』 間様人です。 シートン学園入学以来、皆勤賞ペースです。 何事も距離感って難しいですよね。 近すぎたり。 遠すぎたり。 僕の場合、皆の前でも瞳ちゃんが近づいて来てしまいます。 ダ・メ・ダ・ゾ! 距離感に迷った時は、第三者の目線を通してみるのも一つの手。 そんなアドバイスをしてやろうと思った自分に戸惑っています。 第10話『一人の穏和な野蛮人 -アンと瞳の話-』 間様人です。 シートン学園の寮生活にも順応してきています。 発情期ってどんなものでしょう。 いつでも発情できるヒトにはわかりません。 もしもヒトに発情期があったら、僕はその間、毎日瞳ちゃんに迫られてしまうかな? ボヤボヤしてたら、誰かに僕をとられちゃうぞ! なんて心配が、現実のものとなるかもしれない。 第11話『絶滅種と原始的謀略 -EX団の話-』 間様人です。 シートン学園の料理部で副部長をしています。 少子化と言われる昨今ですが、絶滅とまで言われるとなかなか想像できません。 もしもヒトが絶滅寸前になったら、どうなるのでしょう? 答えは簡単。 僕と瞳ちゃんがアダムとイブみたいになってムフフのフ! なんて思いを馳せる楽しい時間を邪魔された。 第12話(最終回)『オレの知る学生動物 -ともだちの話-』 間様人です。 不本意ですが、シートン学園でクソイヌの群れに入っています。 誰かと一緒にいることって、とても大変です。 僕と瞳ちゃんのように運命で結ばれていれば別ですが、たいていは違います。 そんな大変なことにわざわざ挑もうとするなんて、バカのやること。 でも、必ずしもそうとは言い切れないと思ってしまいました。 ……不本意ですが。

次の