芸人 コロナ 仕事。 最下層芸能人5人、コロナ禍の阿鼻叫喚な生活

コロナ禍で仕事がない芸能人の補償はどうなる?

芸人 コロナ 仕事

新型コロナの感染拡大で、テレビ番組の収録、ロケの中止が続出している。 ダウンタウンの松本人志(56)さえ、《いよいよ。 とうとう。 ヒマヒマ。 》とTwitter(4月7日付)で呟くほどだ。 ところが、そんな中でも通常通り仕事をこなしているお笑い芸人やタレントがいるという。 *** JRA(日本中央競馬界)が戦時中の1944年以来、76年ぶりとなる無観客レースを行ったのは2月29日のこと。 競馬場での観戦はもちろん、ウインズなど場外馬券売り場でも馬券を現金購入することはできなくなり、電話かインターネットによる投票に限定された。 そのせいか、売得金(馬券の総売上から返還金を除いたもの)は平均して前年の8割ほどが続いていた。 だが、無観客レースで7週間が経った4月18日、JRAが開催する全会場の売得金が前年を上回った。 業界記者はいう。 「多くのスポーツが開催中止や延期に追い込まれる中、よく粘ったと思います。 競馬場や場外馬券売り場に行かない馬券購入も、電話投票やインターネット投票に慣れてきたのもあるでしょう。 競馬場でライブ観戦するのは格別ですし、大歓声は騎手を鼓舞する。 とはいえ、入場券は100〜200円。 JRAとしては、警備や係員などの人件費を考えたら、観客がいるからといって儲かるというものでもなかったはず。 公営ギャンブルの売得金の一部は国庫へ納付されますが、オートレースや競輪、ボートレースなどが軒並み売上を落とす中、競馬だけが頑張っているのはファン層が厚いからでしょうね」 さて、本番はここから。 無観客とはいえ、馬券を購入するファンがいる以上、競馬中継の番組をなくすことはできない。 民放プロデューサーが言う。 「生放送の情報ワイドショーやラジオ番組に出演しているお笑い芸人以外は、ほぼ仕事がなくなっている状況です。 「第1弾から第2弾までに間が空いているのは、スタッフの迷いもあったのかもしれません。 公営とはいえギャンブルは、バラエティでは鬼門ですから。 かつては大橋巨泉さん(1934〜2016)が、『11PM』(日本テレビ・読売テレビ)で競馬を扱ったり、競馬ルールに寄せた『クイズダービー』(TBS)などの番組を作ったこともありましたが、追随するテレビマンはいなかったと思います。 ギャンブルは視聴者受けがあまり良くなかったからでしょう。 その負のイメージを払拭したのが、1990年前後に活躍したオグリキャップと武豊騎手(51)です。 JRAは芸能人をCMに起用するようになり、芸能界との繋がりもあります。 そのあたりから競馬中継にタレントが起用されるようになりました」(同) 競馬に興味のない方は、競馬中継番組がそんなにあったっけ、と思われるかもしれない。 「東京キー局では『ウイニング競馬』(テレビ東京:土曜15時〜)と『みんなのKEIBA』(フジテレビ:日曜15時〜)があり、BS11の『BSイレブン競馬中継』も土日に放送されていますし、地方でもそれぞれ番組が制作されています。 また『馬好王国〜UmazuKingdom〜』(フジ)など競馬情報バラエティも放送されています」(同) 競馬番組で稼ぐか、馬券で稼ぐか 競馬大好き芸人には、どんな仕事があるのだろう。 「『ウイニング競馬』の司会は、13年からお笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二(37)が続けています。 そもそもジャングルポケットという名前からして競走馬から取ったものですからね、生粋の競馬ファンと言っていいでしょう。 また、西日本で放送されている『KEIBA BEAT』(関西テレビ)は、14年から麒麟の川島明(41)が司会を務めています。 そして、彼らも認める競馬好きが、『アメトーーク!』のMCである蛍原徹(52)で、この30年、競馬のために金曜と土曜は寝ていないとか。 蛍原は『KEIBA BEAT』で中京担当のMCを務めています。 「爆笑問題の田中裕二(55)も競馬好きとして有名です。 07年の皐月賞では3連単と馬連をW的中させて、払い戻し額は合わせて約800万円だったそうです。 ラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)では競馬コーナーを設け、東スポ(東京スポーツ)では競馬コラムを執筆しています。 また予備校講師でタレントの林修(54)は、競馬情報番組『週末はウマでしょ!』(フジ)で好きな競馬を熱く語っています。 さらに、CSの『競馬予想TV!』では、見栄晴(53)が司会を務めています」(同) 彼らはJRAに競馬ファンとして認められているという。 「JRAが競馬情報を提供するサイト『JRA-VAN』では以前、競馬関係者や著名人のインタビューを掲載していました。 そこに掲載されれば、JRAに公式に認められたファンといって差し支えないでしょう。 58回の連載でしたが、6回に見栄晴、18回に爆笑・田中、32回にジャンポケ斉藤、33回にカンニング竹山(49)、39回にナイツ土屋伸之(41)、52回に林修、そして特別編では井森美幸(51)が掲載されました」(同) 競馬中継番組では、アシスタントとしてAKBグループから起用されたりもするが、彼女たちの多くは競馬をよく知らずに出演することが多いという。 「その点、井森はジャンポケ斉藤の前の『ウイニング競馬』の司会者ですが、番組スタッフは彼女が競馬好きであることを知って起用したそうです」(同) 女性競馬ファンの先駆けと言える芸能人もいるとか。 「『サザエさん』(フジ)の声を務める加藤みどりさん(80)です。 男社会の競馬業界で、日本で最初の女性リポーターとして風穴を開けた功労者と言っていいでしょう。 77年には関係者にインタビューした著書『競馬狂本』(波書房)も出版しています。 彼女は、現行の中継番組としては最も古いラジオNIKKEI(旧・ラジオたんぱ)の『中央競馬実況中継』(56年放送開始)に、今も不定期出演しています」(同) 番組出演ではなく、競馬そのもので稼ぐ芸人もいるとか。 競馬に詳しいのはもちろんですが、生粋のギャンブラーとして知る人ぞ知る芸人です。 12年12月のWIN5で3700万円、14年1月にもWIN5で4432万円を的中させ、それで5000万円のマンションを買ったといいます。 コロナで多くの芸人が仕事を失っている今、ひょっとすると最も稼いでいる芸人は彼なのかもしれません」(同) ちなみにJRAは、昨年まで8年連続で売上を伸ばしており、昨年の総売上はおよそ2兆8817億円。 このうち3187億5070万3989円が国の一般財源に納められている。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

最下層芸能人5人、コロナ禍の阿鼻叫喚な生活

芸人 コロナ 仕事

「君」という字は「コロナ」でできている。 「君はコロナだ。 」 なんという大発見!! 新型コロナウイルスの猛威によって世界はパニック真っ盛りであるが、これにより続々と不要不急な仕事が淘汰されている。 これまでいかに無駄で無意味なモノやコトが溢れていたか、皮肉にもコロナによってまざまざと思い知らされる結果となった。 コロナ以降なくなる仕事たち パブスナックBARキャバクラ夜の街は廃墟化する? まず緊急事態宣言の中でも最も厳しく規制を強いられた夜の街の大人の飲み屋たちだが、コロナ収束以降に 再び景気を回復させる事は不可能であると断言できる。 そもそもコロナでなくともここ十数年これらの店は苦戦を強いられており、銀座の高級クラブなどはどんどん縮小傾向にあった。 これらは昭和の遺物であり、バブル崩壊以降基本的には下降線だ。 カネと時間に余裕のあるリーマンなど滅多にいるはずもなく、少子高齢化でホステスの平均年齢も年々上昇する一方であるため、もはや熟女好きでなければ旨味もないという過疎っぷりである。 風俗も箱型からデリバリー路線が主流になって十年以上経過するが、サービスをする側も受ける側も両方にリスクがありすぎる為、コロナ以降加速度的に廃れていきそうだ。 こういった夜のお店が国に補償を求めてるようだが、反社的な生き方であぶく銭を獲得してきたくせによく言うぜと思う。 個人的には全て潰れてしまえばよいと思っているので、資金的に余力のない店は今年中にバンバン潰れていく事になるだろう。 よかったよかった、ざまぁみろ! 当方ボッタクられた経験があるわけではない。 スポーツ選手アスリート競技プロ興行 エンタメ自体が縮小していく中で、最も割を喰いそうなのがスポーツ界かもしれません。 プロ野球とJリーグはコロナ以前にオワコンですし、近い将来スポンサーの撤退によってプロ化を維持できずマイナースポーツに成り下がる現実味も帯びてきました。 マイナー競技たちも相変わらずマイナースポーツである事に変わりはなく、オリンピックの価値が暴落した今となってはもはや目標も失いかねず、全員 体育教師やジムの講師などに転職していく事となるでしょう。 客入りが厳しい以前に選手同士のフィジカルのぶつかり合いや練習環境において、ウイルスの心配をあげるときりがない為、アスリートのモチベーションはダダ下りかと思われます。 アスリートって呼び名は少々カッコよすぎるので、今後は運動の出来る子、略して運子で良いのではないでしょうか。 運動音痴は運痴って言うしね。 運子たちに幸あれ。 てゆーか社会の役にはいっさいたたないのでとっとと肉体仕事に従事していただければ、逆にものすごく役に立つ人ばかりかと思いますので、 いつまでも遊んでばかりいないでちゃんと働いてほしいものです。 by無職 芸能人ひな壇タレント歌手俳優その他 テレビの世界もモロに煽りを喰らっていてご愁傷様です。 以前からもこいつらいらねーだろと思われてきたひな壇ワイプ芸人達が真っ先にリストラされてきております。 テレビがつまらなくなってしばらく経ちますが、この機会に不要な吉本芸人達などが一掃されてくれれば良いですね。 街を徘徊してお店に入って「おいしぃ!!」って言うだけの仕事なんて不要なんですよ。 そんなものを公共の電波使って高額なギャラ発生して、本来狂っていたのです。 今後街ブラグルメは禁止コンテンツにすべきです!! テレビはニュースとアニメと昔のドラマの再放送でもやってればいいのです。 そのかわりCMを少なくするべきです。 CM多すぎて消したくなります。 太田光が「俳優はバカがやる仕事、あんなの誰でもできる、ただの操り人形」と痛快に言ってのけましたが、キムタクや篠原涼子などが活躍できてる事実から見てまず間違いないでしょう。 ライブハウスが経営難で苦しめられてるのはお気の毒ですが、ここ十数年の新人バンドを聴く限り残念ながら昔の音の焼き直し的なものばかりで、音楽の未来にバンドサウンドから発展するものはないと断言できます。 米津玄師のようなネット配信からの形が主流となるので、ライブハウスは過去の遺物となるでしょうから、経営者はこの機会に撤退した方がよさそうです。 物を売りつける営業・コールセンター こんな時代に売り手側が買い手側に高い広告費を出してアピールする必要はないといえます。 必要な物があれば消費者はネットで調べてamazonで購入します。 車のCMを見て「あ、車買おう」とは絶対になりませんw なので 広告費が無駄であると気付き始めた大手は次々と撤退していくことでしょう。 テレビショッピングで「今だけ!」とか謳いながら羽毛布団などを宣伝したりしてますけど、物を売りつけるという行為は下品なのでやめて頂きたいものです。 が、コロナ以降そのような余裕はいっさいなくなるため、要らないものは排除させられていくのもまた世の常でありますので、 有用不要の選別が今後各自で重要な指針になっていくと思われます。 見渡せば不要なものであふれてると気付いてしまいます。 あなたにとって大切なモノはなんですか? siesta-nightmare 個人情報の保護について 「」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。 しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。 広告の配信について 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 また にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、をご覧ください。 ウェブサーバの記録 当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。 利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。 また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

次の

新型コロナ直撃で若手芸人「収入ゼロ」の恐怖

芸人 コロナ 仕事

K-PROの児島代表に話を聞いたのは、この日行われるはずだったライブ『バティオスネタ祭り』の会場である新宿劇場バティオス 新型コロナウイルスの影響で、あらゆるイベントが中止になっている。 Perfumeが東京ドームで、EXILEが京セラドームでライブの中止を開催当日に決めた。 また、3月20日からツアーを控えているRADWIMPSの野田洋次郎も不安な心情をTwitterに吐露していた。 「ドーム4ヵ所を含む今回のツアー、全部中止にした場合ウチのような個人事務所が生き残る可能性はどのくらいあるんだろうかと考える」 これほどの大物アーティストですら、新型コロナウイルスによるイベント中止よって、事務所の存続に危機感を覚えるのだ。 これが新興の小さなイベント会社であったらいかばかりか。 東京にK-PROというお笑いライブを制作する会社がある。 社員4人の小さな会社だ。 旗揚げから16年、年に1000本ほどのお笑いライブを主催し、数多くの東京芸人がK-PRO主催のお笑いライブで腕を磨いた。 そんな若手芸人にとっての修行の場が、新型コロナウイルス騒動で存亡の危機に直面している。 2月27日から3月10日まで、25本のお笑いライブの開催を中止にしたのだ。 そして、この25本のお笑いライブの中には、「スピードワゴン」に「さらば青春の光」といった各世代を代表する芸人や、今をときめくお笑い第7世代の「宮下草薙」らが共演する、K-PRO最大の看板ライブ『行列の先頭』も予定されていた。 舞台はセシオン杉並、600人規模の会場で、社運を賭けたイベントともいえる。 苦渋の決断であったろう。 この新型コロナウイルス騒動に巻き込まれ、25本のお笑いライブ中止を決めた心境を、K-PRO代表の児島気奈(38)さんに話を聞いた。 「もし強引に開催したとしても、お客さんも不安であれば笑えません。 そして、万が一にもお客様に、そして芸人さんに感染させてしまったら、私たちにはどうにも責任が取れない。 安全第一という判断です」 『行列の先頭』が行われるはずだったセシオン杉並。 無人の座席に無造作に置かれたスタッフの荷物が悲しい お笑いライブは一発勝負だ。 そのために演者もスタッフも周到な準備をしている。 しかし、そのたった一発の勝負をやらせてもらえない。 児島さんは冷静に答えているが、内心では新型コロナ憎しの思いで一杯だろう。 ましてや劇場のキャンセル代、事前準備に費やした費用。 経営面でも大打撃だ。 「『行列の先頭』ではオリジナルのクリアファイルと割引券を配布する予定でした。 これらの制作費用や25本のライブ会場のキャンセル代を含めると、数百万の損害が現時点で発生しています。 まずは2週間、政府の要請に応えてお笑いライブを中止にしました。 ここまでなら、まだ大丈夫です。 ただ、これが1ヵ月、2ヵ月と続くと、かなりマズイことになりそうです」 『行列の先頭』のために用意したアンケート用紙と割引券。 このほかクリアファイルも配布する予定だったが・・・ 捨てる神あれば拾う神ありというが、そんなK-PROの危機に、あるお笑い芸人が立ち上がった。 ホリプロコム所属で芸歴20年のコンビ「磁石」の永沢たかしだ。 彼は、noteのサポートシステムを利用して、K-PROへの支援活動を始めたのだ。 そのお願いの一文にはこんな言葉が綴られている。 「経営は大丈夫?と心配して児島代表に連絡してみましたが『いつまで続くかわからないので…』とけっこう怯えておりました。 国からの補助はまずないでしょうし、お世話になっている私でどうにかお力になれないかと思ってここ(支援サイト)を立ち上げてみました」 そして支援サイトには、今、多くの応援メッセージと共に、支援金が届いているという。 この状況に児島さんは驚きの表情を隠せない。 「お笑いライブは安くて気軽に見られる趣味です。 なければないで死にません。 それが、これほど『なくなったら困る』と言ってくれる人がいたなんて……」 新型コロナウイルス騒動によって、会社の経営に不安を覚えたことも事実だが、ライブの中止によって得ることもあったと児島さんは語る。 「芸人さんと一緒で、私自身もお笑いが大好きで、お笑いを仕事にしたいと、ある意味では夢を追っかけているんです。 でも、お笑いなんて趣味中の趣味だし、社会貢献でいえば、何もできていないよなって思っていました。 ところが、今回の中止騒動があって、こんなにK-PROのお笑いライブを楽しみにしてくれている人が世の中にいて、なくなったら困ると言ってくれる芸人さんがいて、正直驚きました。 少しは社会の役に立っていたのかなって」 そして彼女は新た気づきがあったという。 お笑いライブを仕事としてやらせてもらえているのは、大勢のお笑いファンと芸人さんの応援があってこそなんだと。 そして彼女は最後に新たな決意を語ってくれた。 「お笑いライブなんて、なくなったところでみんな困らないだろうと自分でも心のどこかで思っていたんです。 でも、それは間違っていました。 求められていたんです。 なくなったら困ると言われて、嬉しかったとの同時に、これまで中途半端な気持ちでやっていてゴメンナサイ!って、反省しました」 高校時代からお笑いライブの手伝いをしていたという児島 雨降って地固まるとはまさにこのことだ。 新型コロナウイルスによってライブは中止になったが、それによって制作会社のスタッフとお客さんと演者であるお笑い芸人との絆が確認された。 劇場を廃墟にしたくないと語る児島さんには、新型コロナウイルスに打ち勝って、お笑い第8世代から第100世代まで、修行の場としてお笑いライブを提供し続けて欲しい。 文・撮影(児島気奈):ハギワラマサヒト 1967年生まれの臓器移植芸人兼ライター。 人生で二度の臓器移植を体験し、移植医療普及の活動をしている。 2000年に日本人初の肝腎同時移植をアメリカで、2015年に国内で妻より生体腎臓移植。

次の