英語 塾 おすすめ。 【東京】大学受験の合格実績で評判のおすすめ英語塾9選|塾選びのコツ

東京都のおすすめ英語塾7選!【目的別】成果がでる塾の選び方も解説 東京都のおすすめ英語塾7選!【目的別】成果がでる塾の選び方も解説AmazingTalker®

英語 塾 おすすめ

高校3年生で大学を受験したけれども希望の学校に行けなかったという場合に浪人を選んでもう一年受験勉強を行う人もいます。 そんな人が通うのが予備校です。 英語は受験においてとても重要な科目で、合否を左右する科目と行っても過言ではないといわれます。 その理由として挙げられるのが、理系なら大体理数系科目ができる人が集まります。 その中で差がつくのが英語だからです。 また、文系科目であれば、文系教科としても国語と同様、言語でもあるこの教科は文系を志望しても重要視される科目なのです。 そのため、理系にも文系にも重要な科目となっており、 この教科のマスターの度合いはやはり大学受験にも大きく影響するといえます。 この教科に強い予備校を選ぶと、そうでない予備校に比べると英語の得点力をより伸ばしやすくなります。 苦手だった教科の力が伸びれば翌年の大学入試でもアドバンテージになります。 そのためには、どうすれば現状のこの教科の力を伸ばしていけるのかということについて 具体的なビジョンをもてるスクールを探すことが大切なのです。 大学入試では受験生のモチベーションが何より重要な要素になります。 このモチベーションを高めてくれるのが英語に強い学校に通うという大きなメリットの一つなのです。 ではどのようにすれば英語に強い予備校を探すことができるのでしょう。 ではそのようなスクールをどのようにして探したらよいのでしょうか。 この点についてはまずはそのスクールのホームページにある講師のプロフィールページを活用してみます。 講師のプロフィールページにはどんな講師が授業を行っているのかわかるようになっており、プロフィールなども掲載されています。 そのため、そのような情報からこの教科に対してしっかりとノウハウをもっているといった講師をチェックするのは一つです。 その講師の学歴や取得資格などを見て、 資格取得で顕著な結果などを残している講師は英語に強いといえます。 英語に強い予備校を選ぶにあたっては、以上のようにランキングサイトを使ったり、ネットやリアルの口コミを活用すれば、 自分に適しているところを選ぶことができます。 最終的な判断は自分のスタイルに合っているかを基にして決めてください。 他の人に適していても自分には適していないことがあります。 例えば、個別指導と集団指導といった違いがありますが、それぞれにメリットとデメリットがある以上、メリットが自分にとってピッタリな方を選んだほうが成績アップにつながることを考えればわかりやすいはずです。 多くの予備校では、体験授業で無料で授業を受けられる機会を設けているため、興味がある所を見つけたら実際に受けてみると良いです。 チューターとは、予備校の卒業生で大学に通っている人のアルバイトで、 わからないことを教えてくれたり受験について相談をしてくれる存在です。 受験を直近で経験しているので、そのアドバイスはとてもリアルなものです。 学校の先生や親が言っている情報よりも役立ちます。 もちろん、学校の先生や親も受験を経験していればそれに基づくアドバイスをすることができますが、少し昔の話になります。 受験の傾向は日々変わってくるので、対策も時代によって変わってきます。 そのため、古い情報は参考にならないこともありますが、チューターの情報は新しいものですから、役立てやすいです。 成績を上げるためには分からない問題や苦手な分野を克服する必要がありますが、一人で立ち向かうと打破が難しいため予備校が頼りになります。 苦手を得意にするには、分かりやすい解説はもちろん、その分野や授業自体に興味を持ち、次もまた受けたいと思えるような内容である必要があります。 人気講師の授業には、 飽きさせない工夫や要点がまとまった解説、生徒のやる気を刺激するような叱咤激励が詰まっているのです。 「分からない」が分かる苦手な分野や解けない問題は、どこがどのように、なぜ分からないのかを生徒自身が把握していないことがあります。 そのためどこから手を付けてよいのか分からず、苦手なままになります。 人気講師は予備校でたくさんの生徒を見てきているため、生徒がどんな点につまづきやすいか、 難しいと感じる生徒が多い分野はどんなところかをよく知っています。 生徒の苦手を理解しているからこそ、それをどうフォローすればよいのかに焦点が当てられた、すなわち分かりやすい授業が生まれるのです。 自分が何を理解できていないのかを明らかにすることは成績の前進に欠かせません。 それが解きほぐされれば、 苦手意識が薄れて面白く感じるようにもなります。

次の

小学生から英語塾に通わせるべきか?授業で取り残されないためのおすすめ英語塾15選!│ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

英語 塾 おすすめ

2020年度から大学入試に英語の民間試験が導入される予定となっていましたが、2019年11月1日、文部科学省は急遽、導入を延期する発表を行いました。 これにより、民間試験に備えて準備してきた人はかなり混乱し、憤慨している人も多いことでしょう。 英語民間試験の大学入試導入が今後どう展開していくのか先行きは不明ではありますが、「英語4技能」のスキルが無駄になるわけではありません。 たとえ民間試験を受験しなくても、これからのグローバル社会において、英語4技能の必要性が低くなることはないでしょう。 そこで、 英語4技能を習得するためのお役立ち情報をご紹介いたします。 今回は、中学生・高校生のための英語4技能および民間試験対策が習得できる東京にある英語塾をご紹介いたします。 英語4技能5領域とは? これからの学校教育での英語は「英語4技能の習得が必須」と言われています。 英語4技能とは、「聞く(Listening)」「読む(Reading)」「話す(Speaking)」「書く(Writing)」の4つの力を指します。 さらに文部科学省の新学習指導要領では、英語の科目において「聞くこと」、「読むこと」、「話すこと(やり取り)」、「話すこと(発表)」、「書くこと」とし、英語5領域を押し出しています。 これは、よりコミュニケーションを図る資質・能力にポイントを置いていると言えます。 この「 英語4技能5領域」がこれから中学校、さらに高校の英語学習において、大きなポイントになってきます。 英語4技能5領域が求められている理由 なぜ今、英語4技能5領域が求められるようになったのでしょうか?それは、国内外で急速に加速しているグローバル化社会に備えるため、日本で教育改革が実施されるからです。 今まで受け身の教育だったものが、生徒が自ら主体的に学び、考え、発信していく能動的な教育へと変化しようとしています。 英語教育においても、 従来の読んで書けるだけの英語では、世界に通用しないことが露呈してきました。 そのため、これからはコミュニケーションツールとしての 「使える英語力」の習得が必須だと言われるようになっています。 これは新学習指導要領でも以下のように具体的に求められています。 中学校…「コミュニケーションを図る基礎となる資質・能力の育成」を目指す。 互いの考えや気持ちなどを英語で伝えあう対話的な言語活動を重視し、授業を英語で行うことを基本とする。 英語を聞くこと、読むこと、話すこと、書くことによる実際のコミュニケーションにおいて活動できる技能を身に付ける。 高校…「4技能5領域での言語活動および総合的な活動」を目指す。 主体的・対話的な他者との協働・コミュニケーションを通じた深い学びの実践と、スピーチ、プレゼンテーション、ディスカッションなどによる自己発信力の強化を図る。 中高生向け英語塾8選 幼児や小学校低学年のお子さまであれば本格的な英語学習のスタートとなり、年齢に合わせて学校での英語教育も進化し、高校受験、大学受験の時にはそれなりの英語力が身に付くようカリキュラムされています。 しかし、すでに中学生、高校生となっているお子さまにとっては、新学習指導要領に対応した英語学習は同じくスタートラインに立ったところです。 今までのやり方ではついていけなくなるのでは?学校の勉強だけで受験に間に合うの?と心配する方も多いでしょう。 そうした英語4技能習得や英語民間試験など、これから取り組んでいかなければならない状況にあるお子さまにとって、 英語指導を専門に行っている塾や英語教室は力強い味方となってくれることでしょう。 専門塾にしかない最新の情報や指導法も用意されています。 そこで、東京都内で受けられる英語を専門とした英語塾を8つ、ご紹介いたします。 ぜひ参考にしてみてください。 対象学年 小学生、中学生、高校生、社会人・大学生 授業特徴 完全学校対応の3~4人の少人数、個別対応型指導 コース例 教科書準拠コース、英検対策コース、高校受験対策コース、大学受験対策コースなど 教室所在地 恵比寿 プログレスアカデミー英語塾では、少人数制の個別指導で自分で考える力をつける授業形式を採用しています。 こうすることで、一人ひとりの理解度や習熟度そして能力を把握できるのです。 また音読を重視し、常に声に出して勉強する習慣をつけるよう指導します。 速読力が磨かれるだけでなく、発音問題やアクセント問題なども音読により、同時に習得できるでしょう。 学校の成績向上、受験英語の実力養成に加え、英検、TOEIC、TOEFLや大学受験にも欠かせない リスニング力も指導してくれます。 また、完全プライベートレッスンとなる英会話コースも実施しています。 対象学年 特になし 授業特徴 完全レベル別少人数制 コース例 GVコース、LSPコース、実践演習ゼミ 教室所在地 新宿 ラコムスはTOEIC TEST対策の英会話スクールです。 しかし、従来の解答テクニックに頼ったスコアアップだけを目的としたTOEIC対策学習ではなく、TOEIC対策を勉強しながら総合的に英語を学習し、知的なバイリンガルとして 「一生使える英語力」を身に付けることを目標としています。 文法・語彙力を伸ばすためのGVコースと、リスニング・スピーキング・発音を伸ばすためのLSPコース、またTOEICでハイスコアを取るためのレベル別実践演習ゼミなどがあります。 初心者、中級者、上級者とレベルに合わせた指導をしています。 対象学年 一部の中学生、高校生 授業特徴 少人数制のゼミスタイル、アクティブラーニング コース例 資格試験対策、国際系大学入試、AO・推薦入試、各種留学コースなど 教室所在地 池袋、高田馬場、渋谷、四谷、立川、調布など トフルゼミナールでは、TOEFL対策だけでなく、その他のあらゆる民間試験や大学受験、海外留学、帰国生入試、中学生プログラム、オンライン講座など、幅広く質の高い英語教育を提供しています。 特に国際系大学・学部の受験に強く、多くの合格実績を残しています。 また資格試験対策講座では、 英語4技能をバランスよく習得できるようなカリキュラムとなっています。 中学生プログラムは、一般のコースはなく、高校で留学を予定している人や帰国子女の入試サポート、中高一貫校の総合英語などに特化しています。 4技能をバランスよく習得し、社会で活躍するためのコミュニケーション力をつける「本物の英語教育」を実践してきた当校の理念に学校教育、入試制度がマッチしてきたようです。 財団法人国際教育振興会が運営する日米会話学院は、グローバル化社会に対応できるように、「教養ある英語力」と「コミュニケーションスキル」を備えた人材の養成を目指しています。 英検やTOEIC、TOEFLなどの試験対策コースから、レベル別小中高生プログラム、ビジネス英語、通訳養成コースなど多岐にわたって英語のプロフェッショナルレッスンが受けられます。 小中高生プログラムでは、毎週土曜日に細かくレベル分けされたクラスで簡単な「読む」・「聞く」の学習から、大学スキル以上の仕事で通用するレベルまで提供しています。 フォニックス学習や速読、4技能学習を通じ、コミュニケーション力やプレゼン、スピーチ力を養っていきます。 講師は バイリンガルの日本人講師とネイティブ講師の両方が指導してくれます。 J PREPは、最高水準の英語教育を通じ、世界に通じる英語を指導します。 自由に生きるために「学問」があるということ、そして英語は学問の手段であることを教育理念に置き、生徒一人ひとりが抱く関心や情熱を尊重し、世界でたくましく活躍するための基盤を形成することを使命としています。 英語力と教養を同時に身に付けるカリキュラムを提供しています。 4技能に加え、これらを駆使して論理的に考え、表現する作業を繰り返すことによって、言葉そのものへの理解を深めていきます。 また、生徒が自発的に意見を表明するように工夫された授業を行っています。 コースは入門・初級から中級、上級、大学受験対策など、難関大学の受験対策も含め、 幅広いコース設定があります。 平岡塾は1965年、東大受験生専用の英語塾として創立され、現在でも東大合格率は80%以上。 海外有数のトップ校への進学・留学する生徒も数多く在籍しています。 平岡塾の教育方針は以下の3点です。 人間教育…英語教育を通じて、「幸せに生き抜く力」としての「持続力」「思考力」「判断力」「発信力」の育成人間教育• 教養主義…「豊かな国語力と幅広い視野の涵養なくして、真に実りある英語学習は望めない」として国語力と教養力を重視• 文法重視…4技能習得を目指すのは当然として、その土台として「音声」と「文法」を重視した堅実な学習法を提供 授業は 生徒同士がひざを付き合わせた寺子屋スタイルで行われ、1回の授業が3~4時間、高3生なら最大6時間というのも驚きです。 ENGLISH-X 本部 住所 東京都目黒区下目黒2-20-22 2階 電話番号 ー まとめ いかがだったでしょうか。 単に受験を突破するためだけの「英語学習」ではなく入学後も、そして大学卒業後においても、生きた英語を活用し、ホンモノの英語力を身に付けることは、グローバル社会で生き抜く人材となるために必要不可欠になってくるでしょう。 そういった意味でも、中学生、高校生のお子さまにとって、英語4技能を習得するための目標として民間試験合格を目指し、学習されることは非常に有意義なものとなります。 その時、英語指導だけを専門に行っている英語専門塾の情報網や指導法、学習法は大きな力になることでしょう。 英語学習や英語の民間試験対策や英語塾について、ご不明な点や気になる塾などがございましたら、お気軽にスタスタコンシェルジュまでご相談ください。

次の

英会話スクールの比較・ランキング

英語 塾 おすすめ

高校3年生で大学を受験したけれども希望の学校に行けなかったという場合に浪人を選んでもう一年受験勉強を行う人もいます。 そんな人が通うのが予備校です。 英語は受験においてとても重要な科目で、合否を左右する科目と行っても過言ではないといわれます。 その理由として挙げられるのが、理系なら大体理数系科目ができる人が集まります。 その中で差がつくのが英語だからです。 また、文系科目であれば、文系教科としても国語と同様、言語でもあるこの教科は文系を志望しても重要視される科目なのです。 そのため、理系にも文系にも重要な科目となっており、 この教科のマスターの度合いはやはり大学受験にも大きく影響するといえます。 この教科に強い予備校を選ぶと、そうでない予備校に比べると英語の得点力をより伸ばしやすくなります。 苦手だった教科の力が伸びれば翌年の大学入試でもアドバンテージになります。 そのためには、どうすれば現状のこの教科の力を伸ばしていけるのかということについて 具体的なビジョンをもてるスクールを探すことが大切なのです。 大学入試では受験生のモチベーションが何より重要な要素になります。 このモチベーションを高めてくれるのが英語に強い学校に通うという大きなメリットの一つなのです。 ではどのようにすれば英語に強い予備校を探すことができるのでしょう。 ではそのようなスクールをどのようにして探したらよいのでしょうか。 この点についてはまずはそのスクールのホームページにある講師のプロフィールページを活用してみます。 講師のプロフィールページにはどんな講師が授業を行っているのかわかるようになっており、プロフィールなども掲載されています。 そのため、そのような情報からこの教科に対してしっかりとノウハウをもっているといった講師をチェックするのは一つです。 その講師の学歴や取得資格などを見て、 資格取得で顕著な結果などを残している講師は英語に強いといえます。 英語に強い予備校を選ぶにあたっては、以上のようにランキングサイトを使ったり、ネットやリアルの口コミを活用すれば、 自分に適しているところを選ぶことができます。 最終的な判断は自分のスタイルに合っているかを基にして決めてください。 他の人に適していても自分には適していないことがあります。 例えば、個別指導と集団指導といった違いがありますが、それぞれにメリットとデメリットがある以上、メリットが自分にとってピッタリな方を選んだほうが成績アップにつながることを考えればわかりやすいはずです。 多くの予備校では、体験授業で無料で授業を受けられる機会を設けているため、興味がある所を見つけたら実際に受けてみると良いです。 チューターとは、予備校の卒業生で大学に通っている人のアルバイトで、 わからないことを教えてくれたり受験について相談をしてくれる存在です。 受験を直近で経験しているので、そのアドバイスはとてもリアルなものです。 学校の先生や親が言っている情報よりも役立ちます。 もちろん、学校の先生や親も受験を経験していればそれに基づくアドバイスをすることができますが、少し昔の話になります。 受験の傾向は日々変わってくるので、対策も時代によって変わってきます。 そのため、古い情報は参考にならないこともありますが、チューターの情報は新しいものですから、役立てやすいです。 成績を上げるためには分からない問題や苦手な分野を克服する必要がありますが、一人で立ち向かうと打破が難しいため予備校が頼りになります。 苦手を得意にするには、分かりやすい解説はもちろん、その分野や授業自体に興味を持ち、次もまた受けたいと思えるような内容である必要があります。 人気講師の授業には、 飽きさせない工夫や要点がまとまった解説、生徒のやる気を刺激するような叱咤激励が詰まっているのです。 「分からない」が分かる苦手な分野や解けない問題は、どこがどのように、なぜ分からないのかを生徒自身が把握していないことがあります。 そのためどこから手を付けてよいのか分からず、苦手なままになります。 人気講師は予備校でたくさんの生徒を見てきているため、生徒がどんな点につまづきやすいか、 難しいと感じる生徒が多い分野はどんなところかをよく知っています。 生徒の苦手を理解しているからこそ、それをどうフォローすればよいのかに焦点が当てられた、すなわち分かりやすい授業が生まれるのです。 自分が何を理解できていないのかを明らかにすることは成績の前進に欠かせません。 それが解きほぐされれば、 苦手意識が薄れて面白く感じるようにもなります。

次の