二重整形 特徴。 二重整形・目尻切開法の特徴とメリットデメリット

美容整形をする人の心理、性格、特徴、理由は?

二重整形 特徴

[目次]• 二重まぶた整形のリスクとは 技術の進歩もあり医療レベルはどんどん上がってきてはいるものの、整形手術には少なからずリスクがともないます。 まずはじめに、二重まぶた整形のリスクについて紹介します。 失敗や、思い通りにならないこともある 二重まぶたの整形手術をするならば、自分の思い通りの形にしたいと思うことは当然です。 ですが、手術も人の手で行うものなので思い通りの二重の形にならない可能性もあります。 また、理想通りの形にはしてもらったものの、全体の顔のイメージが自分の想像していたものと違う…ということも。 左右のバランスが悪くなった 切開法は強い腫れが1週間程度続き、アイメイクもその間我慢しなければいけないため、会社や学校をまとまって休めない人の場合には片目ずつ手術を行います。 その場合、左右のバランスが悪くなるケースもあるので気をつけなければいけません。 二重まぶた整形の種類は大きく分けて3つ 二重まぶたの整形手術では、その代表的な種類として「埋没法」、「部分切開法」、「完全切開法」という方法があります。 以下で説明します。 埋没法 埋没法には二つある そもそも二重には種類があり、それぞれ糸の縫い方が変わってきます。 最初になりたい二重を決めておきましょう。 ・末広型 日本人がもっとも似合うとされている形の二重です。 やや控えめな印象もありますが、すっきりとした美しい形で誰からも愛される自然な二重です。 ナチュラルメイクが向いているタイプの二重でもあります。 ・奥二重 まぶたの奥に二重が隠れている状態で、一見すると一重のように見えることもあり、本人も自分は一重なんだと勘違いしていることがあります。 一重と二重両方の要素を兼ね備えていることになりますが、その程度により与える印象はさまざまです。 埋没法の特徴は? 埋没法の特徴は以下となります。 ・埋没法は低料金で受けることができる ・メスを入れないので術後の腫れが少ない ・基本的に抜糸がない ・気軽にできる ・糸がとれてしまう可能性がある ・まぶたの腫れぼったさを取ることはできない ・ダウンタイムが必要 埋没法の特徴について詳しい内容については をご覧ください。 ダウンタイムとは? 手術後の患部の腫れが収まるまでの期間を、ダウンタイムと呼びます。 埋没法のダウンタイムは約2? 3日と考えてください。 埋没法の場合、切開法やミニ切開法と比べると、比較的腫れは少なくて済みます。 術後2日も経てばアイメイクが可能で、腫れはメイクで隠せる程度です。 休暇を取得して手術を行う場合には、3日程度の休暇取得が理想的です。 ただし、患部の腫れやダウンタイムには個人差がありますので、腫れがなかなか引かない場合には、自己判断をせず、ドクターに相談しましょう。 埋没法の内容と料金は? 埋没法は手術費用が比較的安価で済むというのも魅力です。 料金に関してはクリニックによって大きく差はありますが、基本的には10万円以内で手術を受けることができると考えておいてよいでしょう。 中には極端に料金が安いところもありますが、料金が安ければよいというわけではありません。 メスを使用しないといっても手術をするのに変わりはありませんので信頼できる医師に任せるようにしてください。 部分切開法 まぶたが厚く、埋没法ですっきりとした二重まぶたがつくれない人や、縫合していた糸が切れて元の一重まぶたに戻ってしまう人向けの方法が部分切開法です。 局所麻酔をし、まぶたの表面に1cm~2cm程度の部分的なメスを入れたあと、まぶたの厚みの部分や糸が切れる原因のか所を処理して縫い合わせ、二重まぶたを整形します。 抜糸は1週間程度おいた後に行われることが多いです。 部分切開法は小切開法とも呼ばれる通り、切開する部分が少しだけですので、腫れが治まる日数は比較的短く、施術時間は短時間で済みます。 部分切開法を行うにあたって大切なのは内部処理になります。 この内部処理がきちんとできていないと二重が定着しません。 内部処理とは二重のラインが外れることがないように癒着操作することを指します。 この内部処理は施術する病院によって異なります。 中縫いするか・しないかということでも分かれますが、できるのであれば中縫いはしない方がよいでしょう。 その理由は中縫いしたことによってまぶたにしこりが残ってしまう可能性があるからです。 吸収糸などを使用するから大丈夫だという意見もありますが、吸収糸であっても吸収する過程でしこりのように残ることもあるので気をつけましょう。 全切開法 まぶたが厚いだけでなく腫れぼったい人や、幅の広い二重まぶたを求める人向けの施術が全切開法です。 全切開法では、希望する二重の線に沿ってメスを入れ、切開部分の余分な組織や筋を切ります。 加えて厚みや腫れぼったさの原因となっている脂肪(眼窩脂肪)を取り除いたあと縫合し、二重まぶたを整形します。 抜糸は部分切開法と同じくおよそ1週間後に行われることが多いです。 希望する二重の線に沿ってメスを入れるので、くっきりとした二重まぶたを形成することが可能です。 また、脂肪を取り除くので、目もとの厚みや腫れぼったさを解消することができます。 半永久的に二重まぶたを維持したいと考えているのであれば、埋没法のように二重が取れる可能性がある整形手術ではなく、切開法による整形手術がよいでしょう。 切開法の手術後の腫れ、行ったあとの経過、リスクについては、 をご覧ください。 クリニック選びの注意点 どのような情報を参考にしたらよいか インターネットの普及により、美容クリニックの情報が簡単に手に入るようになりました。 ネットの検索で頻繁に用いられるのは、ランキングです。 しかし、ランキングは広告塔として活用されることもあります。 二重まぶたの手術を受ける際、ランキングばかりを鵜呑みにせず、実際の美容クリニックのホームページを検索し、情報を得ることが重要です。 美容クリニックのホームページでは、二重まぶたの手術方法と価格が明確に表示されているかが大切です。 二重まぶたの手術方法は一つだけでなく、体質(腫れぼったい目をしているなど)や希望(くっきりとした二重を形成したいなど)に合わせ、いくつかの選択肢があります。 同じ手術方法でも、クリニックによって若干の違いがあるので、価格と同時に確認すると効率的です。 医師の選び方 ホームページでは医師の経歴を確認することもできます。 医師や経歴が記載されていないときは、注意が必要です。 経歴が記載されていた場合は、日本美容外科学会に所属しているかを確認します。 日本美容外科学会は同名で二つありますが、どちらの学会にも所属していない場合は見送るようにしたほうが賢明です。 また、医師の経歴から得意とする手術を判断できることもあるので、医師選びの参考にしましょう。 手術前、術後のダウンタイムに現れる赤みや腫れなどの症状について、きちんと説明をしてくれる医師を選ぶことも重要です。 ダウンタイムが過ぎても、年数が経過するとまぶたは変化していきます。 どのように変わっていくのかなど、数年先の相談も受けてくれる医師を選ぶこともとても重要になってきます。 最近では手術の方法などについて、担当医とは別に相談ができる医師、セカンドオピニオンができる医師を持つ必要性も高まっています。 美容クリニックとの間に起こったトラブルの一例 二重まぶたの手術は手軽に行える印象がありますが、手術方法によってはまぶたを切開することになります。 手術後、切開したか所がひどく腫れたという事例や、目に違和感があるというようなことが原因でトラブルになるケースがあります。 また、料金が安いクリニックで手術をし、最初に提示された金額よりも高額の料金を請求されたというような、金銭に関わるトラブルも発生しています。 埋没法は二点、三点と留めるか所が増えるにつれ、料金も増加することを説明されず、一点止めの料金しか伝えられていなかったなどという例もあります。 手術後のトラブルや金銭トラブルが発生する原因は、しっかりとした対応や説明を受けていないことが多いです。 このようなトラブルを起こさないためにも、カウンセリング時に術後のダウンタイムや、手術料金、手術後の保証などをしっかり確認しましょう。 きちんとした説明が受けられないクリニックは避けた方がよいでしょう。

次の

ネットに流れる「二重整形の見分け方」は本当か?専門家に聞いてみた

二重整形 特徴

きれいなモデルやタレントを見ると、みんなパッチリとしたきれいな二重瞼をしています。 私も!とメイクで時間をかけて二重瞼を作っても、メイクを落としてしまうと元通り…。 毎日の手間を考えると、 二重整形をした方が良いのでは?と思ってしまいますよね。 二重整形をしている人が増えたとはいえ、実際に手術を受けるとなると、不安に感じることが多いはず。 二重整形におすすめなクリニックや、二重整形の方法について見ていくので、参考になれば嬉しいです。 二重整形でおすすめクリニック ガーデンクリニック 池袋、新宿、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡に展開しているクリニックです。 女性医師も数多く在籍しているので、相談しやすいメリットがあります。 二重整形は、埋没法(ナチュラル法)、脱脂(マイクロカット法)、全切開法、眼瞼下垂手術、目尻切開法といった手術方法や、たれ目整形 グラマラスライン も行っています。 豊富な施術が受けられるので、自分の好みの仕上がりを目指すことができます。 施術料金についての説明が明瞭で、追加料金なし、という姿勢は、美容整形初心者にとって安心できますね。 表参道スキンクリニック 表参道、名古屋、大阪、福岡、沖縄に展開しているクリニックです。 「スキンクリニック」という名称ですが、美容外科にも対応しています。 テレビや雑誌などメディアでも取り上げられることが多く、テレビでよく見かける友利新さんも、このクリニックに在籍している医師の一人です。 二重整形は、 埋没法、埋没法 自然癒着法 、上まぶたの脂肪取り、全切開法、眼瞼下垂、目頭切開、グラマラスラインなどを行っています。 カウンセリングが丁寧で、看護師の対応も良いという口コミが多く寄せられています。 もとび美容外科クリニック 新宿にあるクリニックです。 目元や二重整形の実績が高く、美容整形で50,000件以上の実績がある中、 20,000件以上が二重整形となっています。 埋没法、目頭切開、脂肪とり、二重切開法、眼瞼下垂手術、目尻切開、タレ目、デカ目などのほかに、目の上のたるみ、くぼみ目、目の下若返り、涙袋形成などにも対応していて、目元の悩みを幅広く解決することができます。 目元の整形の豊富な経験があるから安心して任せられる、と多くの女性に信頼されているクリニックです。 湘南美容クリニック 全国に87院展開している、大規模な美容クリニックです。 二重整形は、2018年で年間7万3千996人の人が受けていて、その規模はアジアで最多。 知名度も実績も高く、患者のニーズに応えられるよう、新サービスの導入が早いのが特徴的です。 二重整形は、全切開法、タルミ取り併用全切開法二重術、MD式切開法二重術といった「切る」二重術も行っていますが、「切らない」二重術に力を入れています。 切らない二重整形には、湘南二重術、腫れづらいばれづらい二重術、フォーエバー二重術、クイックコスメティーク法、クイックコスメティーク・ダブル、SBC『デカ目』術といった施術があり、自分に合った方法が選べます。 東京形成美容外科 千葉県船橋市にあるクリニックで、千葉県で唯一の美容外科専門クリニックとなっています。 広告費に費用をかけず、独自のルートで仕入れをしていることから、 低価格での施術が可能で、この点でも人気です。 ドクターは都内の大手美容整形外科で院長として11年以上の経験を積んでおり、二重症例数だけでも4万件を超えています。 安く高品質の施術が受けられる、と口コミから患者数が増えているクリニックです。 二重整形は、埋没法、切開法、目頭切開法、目尻切開法、眼瞼下垂、たれ目形成などを行っています。 東京ヒルズクリニック 新宿区と愛知県岡崎市に開院しているクリニックです。 待合室にはイタリアの高級家具カッシーナのソファーが置かれていたり、処置室にカシウェアのブランケットが置かれていたりと、セレブ気分を味わうことができます。 整形手術はカウンセリングを受けに行くだけでも緊張するものですが、ゆったりとくつろげる空間づくりがされています。 二重整形は、埋没法(ビューティーナチュラル法 スタンダード法・エクストラ法)、切開法(スタンダード法・エクストラ法)、目頭切開法(スタンダード法・エクストラ法)ミリカット法などを行っています。 一重と二重のまぶたについて 第一印象は目で決まる、と言われるくらい、顔の中で目は重要なパーツですよね。 二重瞼の人は華やかな印象がしますが、一重瞼の人は暗そうな印象を与えてしまいます。 ちなみに、日本人の多くは一重瞼と奥二重瞼だと言われています。 好みは分かれるかもしれませんが、 二重瞼の方が可愛く見える、と考える女性が多くなっていて、二重を作るメイク道具を使ったり、二重整形を考える人が多くなっています。 まぶたの仕組みについて 二重整形の手術について説明する前に、瞼の構造を簡単にご説明します。 瞼を開ける時に使われるのが、 眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉です。 この筋肉が、瞼の縁にある瞼板 けんばん といわれる硬い組織とつながっていて、これらの組織の収縮により、まぶたが開けられる構造になっています。 二重瞼の人は、瞼板と瞼の皮膚に癒着があり、目を開いた時にまぶたの皮膚が瞼板と一緒に引き上げられ、皮膚の折り返しができます。 一重瞼の人は、瞼の皮膚と瞼板とのつながりが無かったり緩かったりしていて、目を開いた時に瞼板だけが引き上げられます。 皮膚の折り返しができていないので、一重瞼になるのです。 また、二重瞼ができる構造になっていても、 瞼の脂肪量の多さが原因で一重瞼になってしまうこともあります。 脂肪が少ないとハッキリとした二重瞼になり、脂肪が多いと重たさがある二重瞼になります。 蒙古ヒダとは? 蒙古ヒダとは目頭を覆っている部分にある皮膚のことです。 欧米人にはほとんど見らませんが、アジア人に多くあり、日本人の約70%にあると言われています。 蒙古ヒダが大きく発達していると、二重のラインが隠れてしまったり、目が小さく見えてしまったり、というありがたくない効果があります。 多くの女性が憧れるパッチリとした二重瞼は、 「並行型の二重」。 この蒙古ヒダがないものです。 蒙古ヒダがないと二重のラインが目頭まで伸び、目の横幅が広く大きく見えるのです。 目ちなみに頭が蒙古ヒダで覆われているのが「末広型の二重」で、日本人の二重瞼の多くはこちらのタイプになっています。 二重整形の方法にはいくつかの手術方法があります。 蒙古ヒダがあまり発達していない人は、埋没法という方法で二重瞼を作ることができます。 いわゆるプチ整形で切らない二重整形として有名な方法ですが、 蒙古ヒダが発達している人は埋没毛では対応が難しいく、蒙古ヒダを除去する目頭切開という手術が行われます。 埋没法と併用することで、よりきれいな二重瞼を作れるようになりますよ。 目頭切開について 目頭切開は 目頭にある蒙古ヒダを切ることで、目の横幅を大きくさせる二重整形の手術方法です。 蒙古ヒダが発達していることで目が小さく見える人や、離れて見える人に向いています。 目頭切開には 三日月法、W法、Z法、リドレープ法などがあり、クリニックによってやり方が異なります。 目頭切開術はこんな人におすすめ• 目の横幅を広げたい人• 目と目がの距離が離れて見える人• 目を大きく、顔を小さく見せたい人• 埋没法では二重整形ができなかった人• 目元の印象を変えたい人• 目頭側の二重の幅を広げたい人• ある程度の整形費用がかけられる人• 永久的にラインを維持させたい人 眼瞼下垂とは 眼瞼下垂とは、目を開いた時に上瞼が上がらず黒目が隠れてしまった状態のことです。 上瞼が開きにくいことで、視野が狭くなってしまったり、目が細く見えたり、目つきが悪く見えたり、といった影響があります。 眼瞼下垂は生まれつきまぶたが下がっている先天性の人もいますが、加齢とともに起こることも。 最近では、コンタクトレンズの使用で起こるケースが増えています。 眼瞼下垂の治療方法としては、上瞼の一部を切除したする余剰皮膚切除術や、伸びてしまった腱膜を瞼板に戻す挙筋短縮法、挙筋タッキング法などがあります。 眼瞼下垂の治療を受けると、 肩こりや頭痛の軽減といった健康面だけでなく、二重整形効果、おでこのシワが軽減するなどの美容面でのメリットもあります。 眼瞼下垂手術はこんな人におすすめ• 瞼が上がらず物が見えにくい人• 目を開けると額にしわができる人• 黒目を大きく見せたい人• 瞼が重く眠たそうに見える人• 目つきが悪く見える人• 肩こりや頭痛がある人• 左右で目の開き方が違う人• パッチリとした二重整形にしたい人 埋没法とは ひとえに二重整形の手術と言っても様々な方法があるのですが、 その中でも特に負担が軽く、気軽におこなる方法の一つが埋没法です。 埋没法とは目の端から針で糸を通し、瞼の裏から通した糸で瞼を引っ張り上げることで一重から二重にする二重整形術となります。 目尻や瞼などを切開する必要がないため、気軽に手術を行うことができる点や術後のダウンタイムが短い点、 比較的低料金で手術ができるなどのメリットがありますし、主要な美容外科クリニックなどは大概埋没法での手術に対応しています。 埋没法はこんな人におすすめ 二重整形術の中でも埋没法は以下のような考えを持つ人に向いています。 傷などを残さずに二重にしたい• ダウンタイムがなるべく短い方法で手術したい• 予算があまりない• 自然な感じの二重にしたい• 手術の時間は短時間が良い 二重整形におすすめの病院の選び方 二重の手術方法で病院を選ぶ方法 二重整形術のクリニック選びをする方法ですが、最も基本的な選び方が手術の内容で選ぶ方法です。 二重整形術は大きく分けると3種類の手術方法があり、それぞれ特徴やメリットが異なりますし、クリニックによっては3種類すべての方法を取り扱っているとは限りません。 主要な3種類の手術方法を解説していきます。 埋没法 最もポピュラーな手術方法が埋没法です。 針と糸だけで二重にするため、失敗のリスクが小さく、美容整形初心者には特におすすめです。 埋没法はほとんどの病院が取り扱いをしていますし、低価格・短時間で手術をうけることができるクリニックも数多くあります。 一方で実績や万が一の際の保証システムなどは各クリニックごとにまちまちなので、 実績・保証・口コミ評判などを確認してクリニック選びをすると良いでしょう。 特に埋没法は他の方法と比較して術後に元の一重に戻ってしまうリスクが高い方法であるため、 短期間で戻ってしまった場合にはどのような対応をしてくれるのかなどをしっかり確認しておくことが大切です。 切開法 切開法はその名の通り、瞼を切開することで一重から二重にする二重整形術です。 埋没法と比較すると手術の料金が高い、ダウンタイムが比較的長期間などのデメリットがありますが、 よりクッキリした二重にできますし、手術は半永久的に効果が持続します。 パッチリした二重を手に入れたいという人や、術後にまた一重に戻るのは嫌だという場合は切開法を選ぶのが良いでしょう。 切開法で二重にした場合、基本的に術後は目の形を戻すことは非常に難しくなります。 クリニック選びをする際はデザイン力に定評のあるクリニックやこちらの希望を丁寧にヒアリングしてくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。 脱脂法 脱脂法とは瞼に蓄積された余分な脂肪を取り除くことで目元の雰囲気を変える二重整形術です。 瞼の厚ぼったさが原因で一重になってしまっている人に特に有効な手術であり、切開法と組わせて手術をするケースもあります。 脱脂法は切開法のように瞼を切開するため、埋没法と比較して術後のダウンタイムに時間がかかりますし、術後には腫れや内出血が伴います。 またすべてのクリニックで脱脂法を取り入れているわけではないので、脱脂法ができるかどうかは事前にクリニックに確認しておくと良いでしょう。 安心して施術が受けられる場所で決める 安心して任せることができるかどうかも二重整形術のクリニックを選ぶ際には重要な指標となります。 具体的にはどのような基準で安心できるかどうかを見極めれば良いのかを解説していきます。 保証制度が整っているかどうか 埋没法は比較的低リスクで受けることができますが、それでも一定のリスクが伴います。 もしも術後に目にトラブルが生じたり、手術がうまく行かなかった時の保証がしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。 シミュレーション制度が整っている 特に切開法の場合は 一度手術を受けると元の状態に戻すのが困難なため、事前のシミュレーションが非常に大切になります。 しっかりしたクリニックの場合、専門の機器で術後の目のイメージをビジュアルで示し、患者さんの理想のイメージに擦り合わせます。 術後のイメージ映像を見せてくれないクリニックは適当にシミュレーションをしている可能性が高く、失敗のリスクも高くなります。 シミュレーション制度が整っているかどうかも重要なファクターの一つと考えられます。 カウンセリングがしっかりしている 主要なクリニックでは基本的に術前にカウンセリングが行われます。 このカウンセリングでこちらの話をしっかりヒアリングしたり、手術のリスクなどをきちんと説明する場合には信頼できます。 一方でリスクなどの説明をしなかったり、強引な勧誘をするクリニックは危険度が高いと考えられます。 手術後のフォロー体制が整っている場所で決める 技術力が高く、信頼できることに加えて、もしもの時にも誠実な対応してくれるかどうかも、重要な指標の一つです。 具体的にどのようなポイントを押さえるべきなのかを確認していきましょう。 アフターケアが無料のクリニックを選ぶ 埋没法は二重整形術の中では比較的低リスクですが、絶対に失敗しないとは限りませんし、切開法の場合は瞼を切るためそれなりのリスクが伴います。 術後に目にトラブルが生じた場合、無料で診察や薬の処方を行っているクリニックであればもしもの時も安心できます。 クリニックによっては24時間体制でアフターケアを行っているケースもありますし、術後のトラブルは永久保証をしているケースもあります。 アフターケアの充実度やいつからいつまで保証してくれるのかなどを術前のカウンセリングで確認しておきましょう。 保証が充実しているかどうかを確認する 埋没法は切開法などと比較して手術後に二重から一重に戻ってしまう可能性が高いですし、実際に埋没法を受けた後すぐに元に戻ってしまったという実例も多数あります。 短期間で元に戻ってしまった場合の保証が充実しているクリニックを選ぶと安心して手術に臨めます。 基本的には1ヶ月保証や3ヶ月保証など一定期間のみの保証となっているケースが多いのですが、中には永久保証をしてくれるクリニックもあります。 初めて手術をする場合にはできるだけ保証期間が長いクリニックを選びましょう。 プライバシーに配慮しているかを確認する 二重整形術はデリケートな問題であるため、他人に知られたくないと考える人は多いでしょうし、一流と呼ばれるクリニックでは患者さんが不快にならないようにプライバシーには十分に配慮しています。 具体的には目立ちにくい場所で開業していたり、完全個室制・完全予約制で診察や手術を行っており、待合室などで他人と顔を合わせる必要がない等の配慮を行っています。 目立つ場所にあるクリニックの場合、クリニックに入るところを知人に見られるリスクがありますし、完全個室制でない場合には待合室で他人と顔を合わせて気まずい雰囲気となってしまうことがあります。 快適に過ごせるかどうかもクリニック選びの際の重要なポイントです。 支払い方法を事前に確認しておく 二重整形術はまとまったお金が必要となるため、現金以外の方法で支払いたいと考える人も大勢います。 クリニックによっては現金以外にもクレジットカードの分割支払いや医療ローンの利用も可能なケースがあるので、 分割支払いができるのかなどを確認しておくと安心できます。 まとめ 二重整形術の中でも埋没法は失敗や傷跡が残るリスクが少なく、初めて美容整形手術を受ける人でも比較的安心して手術を受けることができます。 なおクリニックを選ぶ際には保証制度が整っていて信頼できるクリニックを選ぶとより安心して手術に臨めます。 主要なクリニックでは手術前に無料のカウンセリングが実施されているのが一般的なので、カウンセリングを利用してクリニックの見極めをしましょう。 サイトマップ•

次の

二重・目元整形なら湘南美容クリニック【公式】|美容整形・美容外科・美容皮膚科

二重整形 特徴

きれいなモデルやタレントを見ると、みんなパッチリとしたきれいな二重瞼をしています。 私も!とメイクで時間をかけて二重瞼を作っても、メイクを落としてしまうと元通り…。 毎日の手間を考えると、 二重整形をした方が良いのでは?と思ってしまいますよね。 二重整形をしている人が増えたとはいえ、実際に手術を受けるとなると、不安に感じることが多いはず。 二重整形におすすめなクリニックや、二重整形の方法について見ていくので、参考になれば嬉しいです。 二重整形でおすすめクリニック ガーデンクリニック 池袋、新宿、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡に展開しているクリニックです。 女性医師も数多く在籍しているので、相談しやすいメリットがあります。 二重整形は、埋没法(ナチュラル法)、脱脂(マイクロカット法)、全切開法、眼瞼下垂手術、目尻切開法といった手術方法や、たれ目整形 グラマラスライン も行っています。 豊富な施術が受けられるので、自分の好みの仕上がりを目指すことができます。 施術料金についての説明が明瞭で、追加料金なし、という姿勢は、美容整形初心者にとって安心できますね。 表参道スキンクリニック 表参道、名古屋、大阪、福岡、沖縄に展開しているクリニックです。 「スキンクリニック」という名称ですが、美容外科にも対応しています。 テレビや雑誌などメディアでも取り上げられることが多く、テレビでよく見かける友利新さんも、このクリニックに在籍している医師の一人です。 二重整形は、 埋没法、埋没法 自然癒着法 、上まぶたの脂肪取り、全切開法、眼瞼下垂、目頭切開、グラマラスラインなどを行っています。 カウンセリングが丁寧で、看護師の対応も良いという口コミが多く寄せられています。 もとび美容外科クリニック 新宿にあるクリニックです。 目元や二重整形の実績が高く、美容整形で50,000件以上の実績がある中、 20,000件以上が二重整形となっています。 埋没法、目頭切開、脂肪とり、二重切開法、眼瞼下垂手術、目尻切開、タレ目、デカ目などのほかに、目の上のたるみ、くぼみ目、目の下若返り、涙袋形成などにも対応していて、目元の悩みを幅広く解決することができます。 目元の整形の豊富な経験があるから安心して任せられる、と多くの女性に信頼されているクリニックです。 湘南美容クリニック 全国に87院展開している、大規模な美容クリニックです。 二重整形は、2018年で年間7万3千996人の人が受けていて、その規模はアジアで最多。 知名度も実績も高く、患者のニーズに応えられるよう、新サービスの導入が早いのが特徴的です。 二重整形は、全切開法、タルミ取り併用全切開法二重術、MD式切開法二重術といった「切る」二重術も行っていますが、「切らない」二重術に力を入れています。 切らない二重整形には、湘南二重術、腫れづらいばれづらい二重術、フォーエバー二重術、クイックコスメティーク法、クイックコスメティーク・ダブル、SBC『デカ目』術といった施術があり、自分に合った方法が選べます。 東京形成美容外科 千葉県船橋市にあるクリニックで、千葉県で唯一の美容外科専門クリニックとなっています。 広告費に費用をかけず、独自のルートで仕入れをしていることから、 低価格での施術が可能で、この点でも人気です。 ドクターは都内の大手美容整形外科で院長として11年以上の経験を積んでおり、二重症例数だけでも4万件を超えています。 安く高品質の施術が受けられる、と口コミから患者数が増えているクリニックです。 二重整形は、埋没法、切開法、目頭切開法、目尻切開法、眼瞼下垂、たれ目形成などを行っています。 東京ヒルズクリニック 新宿区と愛知県岡崎市に開院しているクリニックです。 待合室にはイタリアの高級家具カッシーナのソファーが置かれていたり、処置室にカシウェアのブランケットが置かれていたりと、セレブ気分を味わうことができます。 整形手術はカウンセリングを受けに行くだけでも緊張するものですが、ゆったりとくつろげる空間づくりがされています。 二重整形は、埋没法(ビューティーナチュラル法 スタンダード法・エクストラ法)、切開法(スタンダード法・エクストラ法)、目頭切開法(スタンダード法・エクストラ法)ミリカット法などを行っています。 一重と二重のまぶたについて 第一印象は目で決まる、と言われるくらい、顔の中で目は重要なパーツですよね。 二重瞼の人は華やかな印象がしますが、一重瞼の人は暗そうな印象を与えてしまいます。 ちなみに、日本人の多くは一重瞼と奥二重瞼だと言われています。 好みは分かれるかもしれませんが、 二重瞼の方が可愛く見える、と考える女性が多くなっていて、二重を作るメイク道具を使ったり、二重整形を考える人が多くなっています。 まぶたの仕組みについて 二重整形の手術について説明する前に、瞼の構造を簡単にご説明します。 瞼を開ける時に使われるのが、 眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉です。 この筋肉が、瞼の縁にある瞼板 けんばん といわれる硬い組織とつながっていて、これらの組織の収縮により、まぶたが開けられる構造になっています。 二重瞼の人は、瞼板と瞼の皮膚に癒着があり、目を開いた時にまぶたの皮膚が瞼板と一緒に引き上げられ、皮膚の折り返しができます。 一重瞼の人は、瞼の皮膚と瞼板とのつながりが無かったり緩かったりしていて、目を開いた時に瞼板だけが引き上げられます。 皮膚の折り返しができていないので、一重瞼になるのです。 また、二重瞼ができる構造になっていても、 瞼の脂肪量の多さが原因で一重瞼になってしまうこともあります。 脂肪が少ないとハッキリとした二重瞼になり、脂肪が多いと重たさがある二重瞼になります。 蒙古ヒダとは? 蒙古ヒダとは目頭を覆っている部分にある皮膚のことです。 欧米人にはほとんど見らませんが、アジア人に多くあり、日本人の約70%にあると言われています。 蒙古ヒダが大きく発達していると、二重のラインが隠れてしまったり、目が小さく見えてしまったり、というありがたくない効果があります。 多くの女性が憧れるパッチリとした二重瞼は、 「並行型の二重」。 この蒙古ヒダがないものです。 蒙古ヒダがないと二重のラインが目頭まで伸び、目の横幅が広く大きく見えるのです。 目ちなみに頭が蒙古ヒダで覆われているのが「末広型の二重」で、日本人の二重瞼の多くはこちらのタイプになっています。 二重整形の方法にはいくつかの手術方法があります。 蒙古ヒダがあまり発達していない人は、埋没法という方法で二重瞼を作ることができます。 いわゆるプチ整形で切らない二重整形として有名な方法ですが、 蒙古ヒダが発達している人は埋没毛では対応が難しいく、蒙古ヒダを除去する目頭切開という手術が行われます。 埋没法と併用することで、よりきれいな二重瞼を作れるようになりますよ。 目頭切開について 目頭切開は 目頭にある蒙古ヒダを切ることで、目の横幅を大きくさせる二重整形の手術方法です。 蒙古ヒダが発達していることで目が小さく見える人や、離れて見える人に向いています。 目頭切開には 三日月法、W法、Z法、リドレープ法などがあり、クリニックによってやり方が異なります。 目頭切開術はこんな人におすすめ• 目の横幅を広げたい人• 目と目がの距離が離れて見える人• 目を大きく、顔を小さく見せたい人• 埋没法では二重整形ができなかった人• 目元の印象を変えたい人• 目頭側の二重の幅を広げたい人• ある程度の整形費用がかけられる人• 永久的にラインを維持させたい人 眼瞼下垂とは 眼瞼下垂とは、目を開いた時に上瞼が上がらず黒目が隠れてしまった状態のことです。 上瞼が開きにくいことで、視野が狭くなってしまったり、目が細く見えたり、目つきが悪く見えたり、といった影響があります。 眼瞼下垂は生まれつきまぶたが下がっている先天性の人もいますが、加齢とともに起こることも。 最近では、コンタクトレンズの使用で起こるケースが増えています。 眼瞼下垂の治療方法としては、上瞼の一部を切除したする余剰皮膚切除術や、伸びてしまった腱膜を瞼板に戻す挙筋短縮法、挙筋タッキング法などがあります。 眼瞼下垂の治療を受けると、 肩こりや頭痛の軽減といった健康面だけでなく、二重整形効果、おでこのシワが軽減するなどの美容面でのメリットもあります。 眼瞼下垂手術はこんな人におすすめ• 瞼が上がらず物が見えにくい人• 目を開けると額にしわができる人• 黒目を大きく見せたい人• 瞼が重く眠たそうに見える人• 目つきが悪く見える人• 肩こりや頭痛がある人• 左右で目の開き方が違う人• パッチリとした二重整形にしたい人 埋没法とは ひとえに二重整形の手術と言っても様々な方法があるのですが、 その中でも特に負担が軽く、気軽におこなる方法の一つが埋没法です。 埋没法とは目の端から針で糸を通し、瞼の裏から通した糸で瞼を引っ張り上げることで一重から二重にする二重整形術となります。 目尻や瞼などを切開する必要がないため、気軽に手術を行うことができる点や術後のダウンタイムが短い点、 比較的低料金で手術ができるなどのメリットがありますし、主要な美容外科クリニックなどは大概埋没法での手術に対応しています。 埋没法はこんな人におすすめ 二重整形術の中でも埋没法は以下のような考えを持つ人に向いています。 傷などを残さずに二重にしたい• ダウンタイムがなるべく短い方法で手術したい• 予算があまりない• 自然な感じの二重にしたい• 手術の時間は短時間が良い 二重整形におすすめの病院の選び方 二重の手術方法で病院を選ぶ方法 二重整形術のクリニック選びをする方法ですが、最も基本的な選び方が手術の内容で選ぶ方法です。 二重整形術は大きく分けると3種類の手術方法があり、それぞれ特徴やメリットが異なりますし、クリニックによっては3種類すべての方法を取り扱っているとは限りません。 主要な3種類の手術方法を解説していきます。 埋没法 最もポピュラーな手術方法が埋没法です。 針と糸だけで二重にするため、失敗のリスクが小さく、美容整形初心者には特におすすめです。 埋没法はほとんどの病院が取り扱いをしていますし、低価格・短時間で手術をうけることができるクリニックも数多くあります。 一方で実績や万が一の際の保証システムなどは各クリニックごとにまちまちなので、 実績・保証・口コミ評判などを確認してクリニック選びをすると良いでしょう。 特に埋没法は他の方法と比較して術後に元の一重に戻ってしまうリスクが高い方法であるため、 短期間で戻ってしまった場合にはどのような対応をしてくれるのかなどをしっかり確認しておくことが大切です。 切開法 切開法はその名の通り、瞼を切開することで一重から二重にする二重整形術です。 埋没法と比較すると手術の料金が高い、ダウンタイムが比較的長期間などのデメリットがありますが、 よりクッキリした二重にできますし、手術は半永久的に効果が持続します。 パッチリした二重を手に入れたいという人や、術後にまた一重に戻るのは嫌だという場合は切開法を選ぶのが良いでしょう。 切開法で二重にした場合、基本的に術後は目の形を戻すことは非常に難しくなります。 クリニック選びをする際はデザイン力に定評のあるクリニックやこちらの希望を丁寧にヒアリングしてくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。 脱脂法 脱脂法とは瞼に蓄積された余分な脂肪を取り除くことで目元の雰囲気を変える二重整形術です。 瞼の厚ぼったさが原因で一重になってしまっている人に特に有効な手術であり、切開法と組わせて手術をするケースもあります。 脱脂法は切開法のように瞼を切開するため、埋没法と比較して術後のダウンタイムに時間がかかりますし、術後には腫れや内出血が伴います。 またすべてのクリニックで脱脂法を取り入れているわけではないので、脱脂法ができるかどうかは事前にクリニックに確認しておくと良いでしょう。 安心して施術が受けられる場所で決める 安心して任せることができるかどうかも二重整形術のクリニックを選ぶ際には重要な指標となります。 具体的にはどのような基準で安心できるかどうかを見極めれば良いのかを解説していきます。 保証制度が整っているかどうか 埋没法は比較的低リスクで受けることができますが、それでも一定のリスクが伴います。 もしも術後に目にトラブルが生じたり、手術がうまく行かなかった時の保証がしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。 シミュレーション制度が整っている 特に切開法の場合は 一度手術を受けると元の状態に戻すのが困難なため、事前のシミュレーションが非常に大切になります。 しっかりしたクリニックの場合、専門の機器で術後の目のイメージをビジュアルで示し、患者さんの理想のイメージに擦り合わせます。 術後のイメージ映像を見せてくれないクリニックは適当にシミュレーションをしている可能性が高く、失敗のリスクも高くなります。 シミュレーション制度が整っているかどうかも重要なファクターの一つと考えられます。 カウンセリングがしっかりしている 主要なクリニックでは基本的に術前にカウンセリングが行われます。 このカウンセリングでこちらの話をしっかりヒアリングしたり、手術のリスクなどをきちんと説明する場合には信頼できます。 一方でリスクなどの説明をしなかったり、強引な勧誘をするクリニックは危険度が高いと考えられます。 手術後のフォロー体制が整っている場所で決める 技術力が高く、信頼できることに加えて、もしもの時にも誠実な対応してくれるかどうかも、重要な指標の一つです。 具体的にどのようなポイントを押さえるべきなのかを確認していきましょう。 アフターケアが無料のクリニックを選ぶ 埋没法は二重整形術の中では比較的低リスクですが、絶対に失敗しないとは限りませんし、切開法の場合は瞼を切るためそれなりのリスクが伴います。 術後に目にトラブルが生じた場合、無料で診察や薬の処方を行っているクリニックであればもしもの時も安心できます。 クリニックによっては24時間体制でアフターケアを行っているケースもありますし、術後のトラブルは永久保証をしているケースもあります。 アフターケアの充実度やいつからいつまで保証してくれるのかなどを術前のカウンセリングで確認しておきましょう。 保証が充実しているかどうかを確認する 埋没法は切開法などと比較して手術後に二重から一重に戻ってしまう可能性が高いですし、実際に埋没法を受けた後すぐに元に戻ってしまったという実例も多数あります。 短期間で元に戻ってしまった場合の保証が充実しているクリニックを選ぶと安心して手術に臨めます。 基本的には1ヶ月保証や3ヶ月保証など一定期間のみの保証となっているケースが多いのですが、中には永久保証をしてくれるクリニックもあります。 初めて手術をする場合にはできるだけ保証期間が長いクリニックを選びましょう。 プライバシーに配慮しているかを確認する 二重整形術はデリケートな問題であるため、他人に知られたくないと考える人は多いでしょうし、一流と呼ばれるクリニックでは患者さんが不快にならないようにプライバシーには十分に配慮しています。 具体的には目立ちにくい場所で開業していたり、完全個室制・完全予約制で診察や手術を行っており、待合室などで他人と顔を合わせる必要がない等の配慮を行っています。 目立つ場所にあるクリニックの場合、クリニックに入るところを知人に見られるリスクがありますし、完全個室制でない場合には待合室で他人と顔を合わせて気まずい雰囲気となってしまうことがあります。 快適に過ごせるかどうかもクリニック選びの際の重要なポイントです。 支払い方法を事前に確認しておく 二重整形術はまとまったお金が必要となるため、現金以外の方法で支払いたいと考える人も大勢います。 クリニックによっては現金以外にもクレジットカードの分割支払いや医療ローンの利用も可能なケースがあるので、 分割支払いができるのかなどを確認しておくと安心できます。 まとめ 二重整形術の中でも埋没法は失敗や傷跡が残るリスクが少なく、初めて美容整形手術を受ける人でも比較的安心して手術を受けることができます。 なおクリニックを選ぶ際には保証制度が整っていて信頼できるクリニックを選ぶとより安心して手術に臨めます。 主要なクリニックでは手術前に無料のカウンセリングが実施されているのが一般的なので、カウンセリングを利用してクリニックの見極めをしましょう。 サイトマップ•

次の