ハッカ 油 虫除け スプレー 作り方。 ハッカ油とアルコールで作る無害な滅菌&防虫スプレーの作り方

カメムシ対策。ハッカ油の作り方と使い方アイデア3選。

ハッカ 油 虫除け スプレー 作り方

家庭菜園は育てる楽しみと収穫する楽しみがあり、季節ごとにいろいろな野菜が作れます。 大きな庭がなくてもプランターで簡単に栽培できるのも人気の理由ですね。 でも植物を育てているとどうしても避けられないのが「害虫」の存在。 家庭菜園初心者の方は知識はあっても実際に虫を目にするとギョっとしてしまうかもしれません。 覚悟は出来ていても実際に自分が育てた野菜につくとなると、その対策に戸惑ってしまうのではないでしょうか? この記事では家庭菜園の虫除け対策と、農薬を使わない天然成分で出来る虫除けスプレーの作り方をご紹介します。 「家庭菜園で安全な野菜を作りたい」「小さな子やペットがいるので農薬は避けたい」という方は是非参考にしてみてください。 コンパニオンプランツとは? コンパニオンプランツとは、互いに良い影響を与え成長を助け合う2種類以上の植物のことです。 違う植物を隣り合わせて育てることで、病気や害虫予防などといった相乗効果が得られます。 家庭菜園におすすめの防虫剤とは? 「虫が食べるほどおいしい」とは言っても、やはり虫食い跡のある野菜を食べるのは抵抗がありますね。 防虫剤ならサッとスプレーするだけで対策になりますから手軽です。 ただ 問題は使われている成分。 ケミカルなものは家の庭やベランダに持ち込みたくはありませんから、安全なものを選びたいですね。 目指すは無農薬。 安心なオーガニック野菜を作りましょう。 まずは農薬を使う危険性を確認し、家庭菜園用に簡単に作れる防虫スプレーをご紹介します。 農薬の危険性 農薬は農作物を守るための薬です。 でも病気や害虫から助けてくれる反面、 化学物質による影響は心配です。 それでも日本で認可されている農薬は環境や人体への影響が確認された安全なもの。 正しく使えば何も問題はありません。 とはいえ家庭菜園であれば出来る限り安全性を確保したいですから、無農薬へのこだわりも強くなるでしょう。 虫や病気に負けない強い作物を作るのが理想ですが、いざという時に ピンポイントで使うのも得策です。 農林水産省登録番号とは 「農薬取締法」に基づき国産・輸入問わず、日本で販売される全ての農薬が対象となり、厳しい検査に合格したものにだけ与えられます。 つまりこの番号が表記されているものは安全性が確認されたという証です。 農薬の毒性、土や作物への残留性も細かくチェックされていますから、安全性の判断基準となります。 木酢液は失効農薬 園芸店でもよく見られ、防虫に効果があることで知られる木酢液 もくさくえき。 木酢液の製造方法や使用する樹木の種類によっては、入の粘膜を刺激するホルムアルデヒドなど、人体に何らかの影響を及ぼす 有害物質が含まれている場合もあります。 安全性の保証も特にされていないため、木酢液を使用しての防虫スプレー作りはあまりおすすめはできません。 家庭菜園向け虫除けスプレーは手作りできる 農薬に抵抗がある方は 天然成分で虫除けをしましょう。 無農薬の防虫剤もホームセンターなどで市販されていますが、使い続ければ結構なコスト負担になります。 安心・安全な虫除けスプレーは家にあるもので手作りできます。 万一口に触れたとしても全く心配のない成分ですから、小さなお子様やペットがいるご家庭には持ってこいですよ。 材料となるのは「 酢」「 唐辛子」「 ニンニク」それに「 ハーブ」。 私達にはお馴染みのものでも虫にとっては近づきたくない成分。 キッチンにあるものを使って上手に虫除けをしましょう。 手作り!天然成分の虫除けスプレーの作り方 料理のスパイスや調味料として常備していることの多い食材の虫除け効果を確認してみましょう。 酢 酢には 抗菌・殺菌作用があります。 防虫効果のみならず、病原菌対策としても効果的ですから、家庭菜園にも使いやすいでしょう。 ただしお酢を かけ過ぎるのは逆効果となり、植物を傷めてしまいますから注意しましょう。 唐辛子 唐辛子は昔から 防虫対策として重宝されてきました。 身近なところでは米びつや衣装ケースなどにも使えます。 唐辛子に含まれる成分は水には溶けにくく、アルコールや油に溶けやすい性質があり、抽出された成分には抗菌効果もあります。 ニンニク ニンニクは土の中でも根から殺虫成分が出ているほどで、その実や皮をすりつぶせば殺虫剤が作れます。 ニンニクの実を1片植物のそばに置くだけでも 病原菌対策や防虫対策になります。 ハーブ 私達にはリラックス出来る心地よい香りでも、虫には 忌避効果があります。 家庭菜園の虫除けだけでなく、自分の肌を守るためにも使えます。 エッセンススプレーを作っても良いですし、虫を寄せ付けたくない場所に 直接植えても効果があります。 酢・唐辛子・ニンニクで作る虫除けスプレー 簡単にできる、手作り虫除けスプレーの作り方をご紹介します。 用意するもの• 酢 米酢 ・・・・・500ml• 唐辛子 鷹の爪 ・・・10本程度• 深めの蓋付き容器• スプレー容器 作り方はこれらの材料を合わせるだけ。 唐辛子はヘタと種を取り除き、ニンニクは皮をむいて包丁で押しつぶすと高い防虫成分が抽出されます。 約1ヶ月ほど常温で寝かせてから使いましょう。 原液のままでは成分が強過ぎるため、植物自体を傷めてしまいます。 葉の表面だけでなく、虫がつきやすい裏側や土にもスプレーしましょう。 ベランダOK!ハーブで作る虫除けスプレー ハーブを使って虫除けスプレーを作る場合は、水を入れた鍋でハーブを適量煮出せば完成します。 面倒ならハーブを乾燥させたポプリをネット状の袋に入れて置いておくだけでも効果があります。 食品にもある虫除け効果 牛乳も虫除けに有効 「乾燥すると収縮する」という牛乳の膜が持つ性質を利用して、アブラムシを窒息死させるという駆除方法です。 飲み終わった牛乳パックに水を注いだら、霧吹き容器に入れ替えて植物全体に吹きかけましょう。 ただ牛乳水は吹きかけたまましておくと独特の悪臭を放つため、牛乳膜が張り、乾燥したら水で優しく洗い流しましょう。 よく晴れた日の午前中や、風通しが良い場所でスプレーすると良いですね。 コーヒーにも虫除け効果がある カフェイン成分を嫌う害虫もいるため、コーヒーも虫除けの効果が期待できます。 ドリップ後のコーヒーの残りかすを乾燥させ、菜園やプランターの土にまきましょう。 ポイントは根の近くにまかないことと、少量にしておくことです。 コーヒーの持つポリフェノールには、植物の成長を抑制させてしまう効果があるため気を付けましょう。 虫除けネットの選び方と使い方 まだ虫がつかない内に虫除けネットで防護するのも対策のひとつです。 植物自体の力でしっかりと成長させることができ、 太陽光や風も通すので便利ですね。 ネットを購入する場合は、避けたい害虫に見合う適切なものを購入しましょう。 虫除けネットの選び方 ポイントは 目合い 網目の細かさ です。 避けたい虫のサイズよりも小さい目のものを選びましょう。 アオムシやヨウトムシ類なら1. 0mm、アブラムシなら0. 8mmと、 育てている野菜につきやすい虫に合わせてサイズを選びましょう。 虫除けネットの使い方 広い畑の畝 うね に沿って虫除けネットを張るのは大変ですが、家庭菜園であれば範囲が限られる分扱いやすいでしょう。 庭に直接張ったりプランターに隙間なく覆ったり、家庭菜園用にコンパクトなものがたくさん市販されています。 庭での使用法 庭の菜園に虫除けネットを張る場合は、支柱をアーチ状に挿してその上にネットを被せます。 裾部分にはしっかりと土を乗せ、 隙間を作らないようにしましょう。 さらにネットの上から支柱を数本挿して押さえます。 ネットと支柱を固定する固定具 パッカー を使えば少々の風でも飛ばされることはありません。 コンパニオンプランツとしておすすめの植物 花・ハーブ ローズマリー ローズマリーはツンとくる刺激的な芳香を持っています。 料理はもちろん、クラフトやアロマテラピーでも大人気です。 野菜のそばに植えると青虫からの食害を防ぐことができます。 ミント ミントはスッと清涼感のある香りが特徴的で、ハーブティーや料理など様々な用途に使用できます。 ミントには、アブラナ科であるキャベツやブロッコリーを好む蛾やモンシロチョウなどを予防する効果があります。 ハエや蚊、ノミなどを避ける働きも持っています。 マリーゴールド マリーゴールドは黄・赤・オレンジ・白など、鮮やかでボリュームのある花を長期間咲かせてくれます。 葉の部分に独特な香りがあるため、虫を寄せ付けない効果があります。 根の部分は土の中にいるセンチュウ 肉眼での確認が不可能なサイズの吸汁性害虫 を避ける働きを持っています。 バジル フレッシュな葉は、パスタやピザなどのイタリア料理に欠かせません。 バジルにはトマトやキュウリなどのアブラムシ駆除や、青虫の予防に効果があります。 ハッカ 全体に芳香を持っているハッカの葉には、爽快な香味のメントールが多く含まれています。 蚊やカメムシ、ゴキブリなどがこの香りを嫌います。 ニーム 近年注目されている薬木のニームは、インドやバングラディシュなど南アジアに生育する熱帯常緑樹です。 ニームにはアザディラクチンという成分があり、クモやアリ、ムカデなどの不快害虫を寄せ付けにくくする効果があります。 根を浅く張るキュウリの乾燥防止に、ラディッシュが役立ちます。 パセリは余分な水分を吸収する働きがあるため、ナスの株元に植えると、水分の吸収量を安定させてくれる働きがあります。 土中の微生物が老廃物を分解し合うため、うどん粉病などの病気にもなりにくいです。 ネギの根に共生している菌がアブラムシやハスモンヨトウなどの病害を防いでくれます。 また、ニンニクの根の周りには抗生物質を出す微生物がいるため、炭疽病や萎黄病などのイチゴの病害も防ぐことができます。 ブロッコリーにはアブラムシがつきやすいのですが、カモミールがアブラムシの天敵であるテントウムシを引き付けて、食害被害を防いでくれます。 害虫駆除につながる家庭菜園のお手入れ方法 野菜が育ちやすく虫が嫌う環境を作ることも忘れてはいけません。 虫の住み家を作らないように、菜園の 雑草はこまめに取り除き風通しを良くしておきましょう。 同じ理由で苗を密集させて植えるのもおすすめできません。 また同じ種類の野菜ばかり植えるのではなく、ハーブやコンパニオンプランツを上手に取り入れるとグッと育てやすくなります。 植物には 共生する力がありますから、色々な種類を楽しんで育ててみましょう。 家庭菜園の虫除け対策のまとめ 家庭菜園の虫除け対策は 人と環境に優しいものがベストですね。 ネットを使っても良いですし、万一口に入っても安心な虫除けスプレーなら家にある食材で簡単に作れます。 植物が育つ環境であれば虫はどこからともなくやって来ます。 気付いた時には手遅れだったと後悔しないように、虫除けスプレーを定期的に使って対策しましょう。 何より大切なのは日頃の観察。 雑草をこまめに取り除き、家庭菜園に根付く 野菜の状態をしっかり把握しておくことが虫の被害を避ける重要な仕事です。

次の

ハッカ油虫除けスプレーの作り方と使い方 効果を1週間試してみた!

ハッカ 油 虫除け スプレー 作り方

家庭菜園は育てる楽しみと収穫する楽しみがあり、季節ごとにいろいろな野菜が作れます。 大きな庭がなくてもプランターで簡単に栽培できるのも人気の理由ですね。 でも植物を育てているとどうしても避けられないのが「害虫」の存在。 家庭菜園初心者の方は知識はあっても実際に虫を目にするとギョっとしてしまうかもしれません。 覚悟は出来ていても実際に自分が育てた野菜につくとなると、その対策に戸惑ってしまうのではないでしょうか? この記事では家庭菜園の虫除け対策と、農薬を使わない天然成分で出来る虫除けスプレーの作り方をご紹介します。 「家庭菜園で安全な野菜を作りたい」「小さな子やペットがいるので農薬は避けたい」という方は是非参考にしてみてください。 コンパニオンプランツとは? コンパニオンプランツとは、互いに良い影響を与え成長を助け合う2種類以上の植物のことです。 違う植物を隣り合わせて育てることで、病気や害虫予防などといった相乗効果が得られます。 家庭菜園におすすめの防虫剤とは? 「虫が食べるほどおいしい」とは言っても、やはり虫食い跡のある野菜を食べるのは抵抗がありますね。 防虫剤ならサッとスプレーするだけで対策になりますから手軽です。 ただ 問題は使われている成分。 ケミカルなものは家の庭やベランダに持ち込みたくはありませんから、安全なものを選びたいですね。 目指すは無農薬。 安心なオーガニック野菜を作りましょう。 まずは農薬を使う危険性を確認し、家庭菜園用に簡単に作れる防虫スプレーをご紹介します。 農薬の危険性 農薬は農作物を守るための薬です。 でも病気や害虫から助けてくれる反面、 化学物質による影響は心配です。 それでも日本で認可されている農薬は環境や人体への影響が確認された安全なもの。 正しく使えば何も問題はありません。 とはいえ家庭菜園であれば出来る限り安全性を確保したいですから、無農薬へのこだわりも強くなるでしょう。 虫や病気に負けない強い作物を作るのが理想ですが、いざという時に ピンポイントで使うのも得策です。 農林水産省登録番号とは 「農薬取締法」に基づき国産・輸入問わず、日本で販売される全ての農薬が対象となり、厳しい検査に合格したものにだけ与えられます。 つまりこの番号が表記されているものは安全性が確認されたという証です。 農薬の毒性、土や作物への残留性も細かくチェックされていますから、安全性の判断基準となります。 木酢液は失効農薬 園芸店でもよく見られ、防虫に効果があることで知られる木酢液 もくさくえき。 木酢液の製造方法や使用する樹木の種類によっては、入の粘膜を刺激するホルムアルデヒドなど、人体に何らかの影響を及ぼす 有害物質が含まれている場合もあります。 安全性の保証も特にされていないため、木酢液を使用しての防虫スプレー作りはあまりおすすめはできません。 家庭菜園向け虫除けスプレーは手作りできる 農薬に抵抗がある方は 天然成分で虫除けをしましょう。 無農薬の防虫剤もホームセンターなどで市販されていますが、使い続ければ結構なコスト負担になります。 安心・安全な虫除けスプレーは家にあるもので手作りできます。 万一口に触れたとしても全く心配のない成分ですから、小さなお子様やペットがいるご家庭には持ってこいですよ。 材料となるのは「 酢」「 唐辛子」「 ニンニク」それに「 ハーブ」。 私達にはお馴染みのものでも虫にとっては近づきたくない成分。 キッチンにあるものを使って上手に虫除けをしましょう。 手作り!天然成分の虫除けスプレーの作り方 料理のスパイスや調味料として常備していることの多い食材の虫除け効果を確認してみましょう。 酢 酢には 抗菌・殺菌作用があります。 防虫効果のみならず、病原菌対策としても効果的ですから、家庭菜園にも使いやすいでしょう。 ただしお酢を かけ過ぎるのは逆効果となり、植物を傷めてしまいますから注意しましょう。 唐辛子 唐辛子は昔から 防虫対策として重宝されてきました。 身近なところでは米びつや衣装ケースなどにも使えます。 唐辛子に含まれる成分は水には溶けにくく、アルコールや油に溶けやすい性質があり、抽出された成分には抗菌効果もあります。 ニンニク ニンニクは土の中でも根から殺虫成分が出ているほどで、その実や皮をすりつぶせば殺虫剤が作れます。 ニンニクの実を1片植物のそばに置くだけでも 病原菌対策や防虫対策になります。 ハーブ 私達にはリラックス出来る心地よい香りでも、虫には 忌避効果があります。 家庭菜園の虫除けだけでなく、自分の肌を守るためにも使えます。 エッセンススプレーを作っても良いですし、虫を寄せ付けたくない場所に 直接植えても効果があります。 酢・唐辛子・ニンニクで作る虫除けスプレー 簡単にできる、手作り虫除けスプレーの作り方をご紹介します。 用意するもの• 酢 米酢 ・・・・・500ml• 唐辛子 鷹の爪 ・・・10本程度• 深めの蓋付き容器• スプレー容器 作り方はこれらの材料を合わせるだけ。 唐辛子はヘタと種を取り除き、ニンニクは皮をむいて包丁で押しつぶすと高い防虫成分が抽出されます。 約1ヶ月ほど常温で寝かせてから使いましょう。 原液のままでは成分が強過ぎるため、植物自体を傷めてしまいます。 葉の表面だけでなく、虫がつきやすい裏側や土にもスプレーしましょう。 ベランダOK!ハーブで作る虫除けスプレー ハーブを使って虫除けスプレーを作る場合は、水を入れた鍋でハーブを適量煮出せば完成します。 面倒ならハーブを乾燥させたポプリをネット状の袋に入れて置いておくだけでも効果があります。 食品にもある虫除け効果 牛乳も虫除けに有効 「乾燥すると収縮する」という牛乳の膜が持つ性質を利用して、アブラムシを窒息死させるという駆除方法です。 飲み終わった牛乳パックに水を注いだら、霧吹き容器に入れ替えて植物全体に吹きかけましょう。 ただ牛乳水は吹きかけたまましておくと独特の悪臭を放つため、牛乳膜が張り、乾燥したら水で優しく洗い流しましょう。 よく晴れた日の午前中や、風通しが良い場所でスプレーすると良いですね。 コーヒーにも虫除け効果がある カフェイン成分を嫌う害虫もいるため、コーヒーも虫除けの効果が期待できます。 ドリップ後のコーヒーの残りかすを乾燥させ、菜園やプランターの土にまきましょう。 ポイントは根の近くにまかないことと、少量にしておくことです。 コーヒーの持つポリフェノールには、植物の成長を抑制させてしまう効果があるため気を付けましょう。 虫除けネットの選び方と使い方 まだ虫がつかない内に虫除けネットで防護するのも対策のひとつです。 植物自体の力でしっかりと成長させることができ、 太陽光や風も通すので便利ですね。 ネットを購入する場合は、避けたい害虫に見合う適切なものを購入しましょう。 虫除けネットの選び方 ポイントは 目合い 網目の細かさ です。 避けたい虫のサイズよりも小さい目のものを選びましょう。 アオムシやヨウトムシ類なら1. 0mm、アブラムシなら0. 8mmと、 育てている野菜につきやすい虫に合わせてサイズを選びましょう。 虫除けネットの使い方 広い畑の畝 うね に沿って虫除けネットを張るのは大変ですが、家庭菜園であれば範囲が限られる分扱いやすいでしょう。 庭に直接張ったりプランターに隙間なく覆ったり、家庭菜園用にコンパクトなものがたくさん市販されています。 庭での使用法 庭の菜園に虫除けネットを張る場合は、支柱をアーチ状に挿してその上にネットを被せます。 裾部分にはしっかりと土を乗せ、 隙間を作らないようにしましょう。 さらにネットの上から支柱を数本挿して押さえます。 ネットと支柱を固定する固定具 パッカー を使えば少々の風でも飛ばされることはありません。 コンパニオンプランツとしておすすめの植物 花・ハーブ ローズマリー ローズマリーはツンとくる刺激的な芳香を持っています。 料理はもちろん、クラフトやアロマテラピーでも大人気です。 野菜のそばに植えると青虫からの食害を防ぐことができます。 ミント ミントはスッと清涼感のある香りが特徴的で、ハーブティーや料理など様々な用途に使用できます。 ミントには、アブラナ科であるキャベツやブロッコリーを好む蛾やモンシロチョウなどを予防する効果があります。 ハエや蚊、ノミなどを避ける働きも持っています。 マリーゴールド マリーゴールドは黄・赤・オレンジ・白など、鮮やかでボリュームのある花を長期間咲かせてくれます。 葉の部分に独特な香りがあるため、虫を寄せ付けない効果があります。 根の部分は土の中にいるセンチュウ 肉眼での確認が不可能なサイズの吸汁性害虫 を避ける働きを持っています。 バジル フレッシュな葉は、パスタやピザなどのイタリア料理に欠かせません。 バジルにはトマトやキュウリなどのアブラムシ駆除や、青虫の予防に効果があります。 ハッカ 全体に芳香を持っているハッカの葉には、爽快な香味のメントールが多く含まれています。 蚊やカメムシ、ゴキブリなどがこの香りを嫌います。 ニーム 近年注目されている薬木のニームは、インドやバングラディシュなど南アジアに生育する熱帯常緑樹です。 ニームにはアザディラクチンという成分があり、クモやアリ、ムカデなどの不快害虫を寄せ付けにくくする効果があります。 根を浅く張るキュウリの乾燥防止に、ラディッシュが役立ちます。 パセリは余分な水分を吸収する働きがあるため、ナスの株元に植えると、水分の吸収量を安定させてくれる働きがあります。 土中の微生物が老廃物を分解し合うため、うどん粉病などの病気にもなりにくいです。 ネギの根に共生している菌がアブラムシやハスモンヨトウなどの病害を防いでくれます。 また、ニンニクの根の周りには抗生物質を出す微生物がいるため、炭疽病や萎黄病などのイチゴの病害も防ぐことができます。 ブロッコリーにはアブラムシがつきやすいのですが、カモミールがアブラムシの天敵であるテントウムシを引き付けて、食害被害を防いでくれます。 害虫駆除につながる家庭菜園のお手入れ方法 野菜が育ちやすく虫が嫌う環境を作ることも忘れてはいけません。 虫の住み家を作らないように、菜園の 雑草はこまめに取り除き風通しを良くしておきましょう。 同じ理由で苗を密集させて植えるのもおすすめできません。 また同じ種類の野菜ばかり植えるのではなく、ハーブやコンパニオンプランツを上手に取り入れるとグッと育てやすくなります。 植物には 共生する力がありますから、色々な種類を楽しんで育ててみましょう。 家庭菜園の虫除け対策のまとめ 家庭菜園の虫除け対策は 人と環境に優しいものがベストですね。 ネットを使っても良いですし、万一口に入っても安心な虫除けスプレーなら家にある食材で簡単に作れます。 植物が育つ環境であれば虫はどこからともなくやって来ます。 気付いた時には手遅れだったと後悔しないように、虫除けスプレーを定期的に使って対策しましょう。 何より大切なのは日頃の観察。 雑草をこまめに取り除き、家庭菜園に根付く 野菜の状態をしっかり把握しておくことが虫の被害を避ける重要な仕事です。

次の

ハッカ油スプレーの作り方と万能すぎる効果!保存方法もチェック♪

ハッカ 油 虫除け スプレー 作り方

<ハッカ油に期待できるの主な効能>• 冷感作用• 抗菌作用• 消臭作用• 防虫作用 ハッカ油スプレーを作ってみよう!基本の作り方・レシピ それではハッカ油スプレーの基本の作り方をご紹介します。 必要なもの(50ml容器分) ・水 45ml ハッカ油の香りをできるだけそのまま香らせるためには、不純物がない純度の高い水である「精製水」が最適ですが、なければ軟水のミネラルウォーターでも構いません。 また、スキンケアが目的でなければ水道水でもOKです。 ・無水エタノール 5ml ハッカ油は水に溶けにくいという性質があります。 そこでハッカ油を水に混ざりやすくするために使うのが「無水エタノール」です。 防腐作用があるため、スプレーを作る際に全体量の1割を目安に加えると保存性も高まります。 薬局やAmazonで1000円ちょっとで購入できます。 作り方 [1] 清潔なスプレー容器に無水エタノールを5ml(小さじ1杯)入れる。 [2] ハッカ油を10滴加え、容器を軽く振って混ぜる。 [3] 精製水を45ml加える。 (エタノールと水が混ざり合う反応熱により、やや温かく感じることもありますが問題ありません) [4] 容器のふたをしめ、よく振って混ざったら完成。 使用期限は冷暗所保管で約2週間。 ダイニングテーブルや布巾、まな板の除菌にも使えます。 おしぼりにスプレーして肌にあてても気持ちいいですよ。 寝る前に枕にかけると、夏の寝苦しさも軽減します。 香りがしなくなったら虫よけ効果が弱まるため、適宜スプレーします。 ただし、香りの刺激でむせてしまうこともあるので、マスク外側のアゴ部分にひと吹きするのがおすすめです。 上部の小さな穴が空気穴 ハッカ油を使う上での注意点 使用量に注意 ハッカ油は植物由来の天然成分ですが、香りや刺激が強いため、念のため妊娠中や授乳中の方、乳幼児やお年寄りなど体の抵抗力が弱い方への使用は控えることをおすすめします。 また、敏感肌の方や、鼻や喉の粘膜が弱い方はレシピの半量以下でお試しください。 ペットを飼っている方へ ハッカ油は植物の香り成分を濃縮したものです。 そのため、猫のような肉食性の強い動物は、ハッカ油に含まれる成分をうまく代謝できず、中毒を起こす恐れがあります。 猫のほか、香りに敏感なフェレットや小鳥、子犬、カブトムシなどを飼っている方は、ペットがいない場所で使うようにしましょう。 おわりに 今回はハッカ油スプレーのレシピをご紹介しました。 少ない材料で簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてください。 ハッカ油のパワーを上手に利用して、夏の不快感を吹き飛ばしましょう!.

次の