妊娠後期便秘。 【妊娠29w】ついに8ヶ月。妊娠後期がとにかくしんどい!お腹は張るし、疲れやすくなってきたよ。

【薬剤師解説】妊婦の便秘薬|酸化マグネシウム(マグミット)は安心?市販は?

妊娠後期便秘

妊娠すると便秘を訴える妊婦さんの割合はとても多いです。 便秘はすべての妊婦さんに起こりうる症状ですが、とても苦痛なので母体の健康のためにも解消したいもの。 妊婦さんが便秘になりやすい原因や、便秘解消に効果的な食べ物、マッサージ、ツボ押しなどの対策方法をまとめました。 快適なマタニティライフのためにぜひご参考ください! 妊婦が便秘になりやすい原因は? 妊娠すると、生理的・心理的な変化によって、つわりや腰痛などのマイナートラブルという不快な症状が現われます。 妊婦さんのマイナートラブルの中でも多く聞かれるのが 便秘です。 妊婦さんが便秘になりやすい背景には、以下のような原因が挙げられます。 原因1.妊娠時に増加するホルモンの影響 妊娠中のホルモンバランスの変化は、妊婦さんの便秘の主な原因のひとつです。 妊婦さんの体内では、妊娠を維持する働きを持つ「プロゲステロン」などのホルモンが多く分泌されます。 プロゲステロンは、消化管の運動を抑える働きも持ちます。 そのため腸の中での便の貯留時間が長くなり、水分やナトリウムが吸収され便が固くなり、妊婦さんの便秘へと繋がってしまいます。 原因2.つわりなどによる食生活の乱れ 特に妊娠初期の妊婦さんは、つわりによって偏った食生活になりがち。 水分の摂取量も不足してしまうので、便が固くなりやすく便秘を引き起こします。 原因3.子宮が大きくなり腸の運動を弱める 妊娠すると、子宮が徐々に大きくなることによって胃や腸を圧迫します。 すると大腸の運動が弱まり、結果、妊婦さんの便秘の原因となります。 原因4.運動不足 運動不足は腸の動きを低下させます。 妊婦さんはもともと激しい運動を制限されている上、大きくなる子宮によって動きづらくなり、より運動不足に。 体を動かす機会が減ると便秘に繋がりやすくなります。 原因5.精神的変化やストレス 妊婦さんは、慣れない妊娠生活への戸惑い、出産や育児への不安、プレッシャー、周囲からの孤立といった、様々な精神的ストレスを抱えやすいもの。 ストレスによって自律神経が乱れてしまうと、排便に障害が起き便秘になってしまいます。 原因6.睡眠不足 特に妊娠後期の妊婦さんはお腹が重くなり、寝不足になりがち。 不規則な生活や睡眠不足も自立神経を乱れさせます。 腸が活発に働くためには、副交感神経という自律神経が優位になっていなければなりません。 十分な睡眠が取れていれば副交感神経が優位に働くものの、睡眠不足になると腸が動く時間が減ることで便秘へと繋がってしまいます。 原因7.貧血による薬の影響 妊婦さんは貧血になりがちです。 貧血になると病院から鉄剤が処方されますが、これが便を固くさせてしまう原因に。 貧血による薬は妊婦さんの便秘を誘発します。 原因8.痔による影響 妊婦さんが便秘になると、痔になったり、もともとの痔を悪化させてしまいます。 痔による痛みや恐怖は、排便をすることを拒んでしまうため、さらに便秘を悪化させる悪循環に陥ります。 原因9.もともと便秘体質 もともと便秘体質な妊婦さんは特に注意が必要です。 非妊娠時から慢性的な便秘である場合、毎日の食生活や排便習慣、日常生活の中の何からが原因となっていることが多いです。 妊婦の便秘解消に市販薬を飲んでも大丈夫? 妊婦さんの場合、いくら便秘がつらくとも、解消されずに長引いたとしても、自己判断で市販の便秘薬やサプリを服用することは避けましょう。 お腹の赤ちゃんに影響を与える可能性があります。 自宅でのケアで便秘が治らず苦しい時は、かかりつけの産婦人科の医師に相談し、適切な内服薬を処方してもらいましょう。 妊婦の便秘を解消する10の方法! 妊婦さんが便秘になることで、それ自体が苦痛なだけでなく、痔になるなどの新たなマイナートラブルへと繋がる可能性があります。 これらを予防するためにも、妊婦さんに効果的な便秘解消方法をご紹介します。 解消方法1.食物繊維の多い食べ物(栄養)を摂取する 妊婦さんの便秘を解消するためには、食物繊維を多く含む食べ物を積極的に摂取しましょう。 食物繊維には水分を含み、便を柔らかくする働きがあります。 食物繊維には、海藻類や果物などに多く含まれる水溶性食物繊維と、穀類や野菜、きのこ類、豆などに多く含まれる不溶性食物繊維があります。 便秘の解消には、水溶性と不要性どちらも摂ることが理想的です。 納豆やごぼうにはどちらの食物繊維もバランスよく含まれています。 解消方法2.起床時に水や牛乳を飲む 起床時にコップ1杯の水、または牛乳を飲むことによって、胃腸の動きが促されるため便秘解消に効果的です。 また、朝食をきちんと摂ることも便秘解消に大切ですよ。 解消方法3.ヨーグルト、はちみつ、食用オイルを取り入れる ヨーグルトやはちみつなどの乳酸、乳糖は、腸を刺激して腸の運動を促します。 併せてプルーンやイチジク、リンゴなどと一緒に摂取すると妊婦さんの便秘解消に効果的です。 なお、油分を極端に制限すると便秘を促す原因となります。 オリーブオイルなど適量のオイルを摂るように心掛けましょう。 解消方法4.毎朝の排便習慣をつける 朝食後の排便習慣がもともとない妊婦さんも、朝の時間にゆとりをもってトイレの時間を確保しましょう。 最初は便意がなくても、続けているとリズムがついて排便習慣が身に付き便秘解消に効果的です。 ただし、長時間トイレの便座に座っていると痔に繋がる可能性があるため注意しましょう。 解消方法5.便意を我慢しない 便意があるのに我慢をすると、腸や肛門がその状態に慣れてしまい、便意を感じにくくなってしまいます。 便意がある時は我慢しないで、すぐにトイレに行くように心掛けましょう。 解消方法6.適度な運動をする 妊婦さんでもできる「適度」な運動をすることで、腸の動きが刺激されて便秘解消に効果的です。 ウォーキングやマタニティヨガ、ストレッチなど、無理のない妊婦さん向けの運動を心掛けましょう。 解消方法7.睡眠を十分に取る 睡眠をしっかり取ることで、副交感神経が優位になるため腸の消化運動が活発になります。 なかなか寝付けなかったり、良質な睡眠が取れない妊婦さんは、就寝前にリラックスできる環境をつくりましょう。 ぬるめのお湯で入浴したり、好きな音楽やアロマの香りを取り入れるなどして、リラックスして安眠できる環境を整えましょう。 解消方法8.ツボを押す 妊婦さんの便秘解消にはツボ押しも効果的です。 ただし、妊娠中は子宮を刺激するツボや、腰やお腹を刺激するようなツボは押さないようにしましょう。 両腕ともおこないます。 両足ともおこないます。 他にも、足の土踏まずを時計回りにマッサージすると便秘解消に繋がります。 マッサージの際は、肌の摩擦を防ぐためにクリームやボディオイルを使うこと、また力を入れずにやさしく撫でることに注意してください。 解消方法10.アロマオイルを使う リラックス効果のあるアロマテラピーは便秘にもおすすめですが、妊娠中には気を付けたいことが。 禁忌とされているアロマの種類があったり、皮膚に塗布する場合は必ず薄めて使うようにしましょう。 熱めのお湯にグレープフルーツやオレンジなどの柑橘系アロマオイル、またはペパーミントのアロマオイルを2~3滴垂らします。 その中にタオルを入れて軽く絞り、みぞおちあたりに乗せて温湿布をします。 みぞおちの部分に塗布して深呼吸をすると、便秘解消に効果的です。 便秘を解消してスッキリ健やかな妊婦生活を送ろう 非妊娠時は便秘とは無縁だった人も、妊婦になった途端に便秘に悩まされることも…。 今回ご紹介した便秘の解消方法は、妊娠中や産後に健康的な生活を送るためにも効果的です。 すべてを取り入れる必要はありませんので、できることからトライしてみてください。 重くてつらい便秘を解消して、毎日健やかにスッキリしたマタニティライフを送りましょう。 また、便秘がつらいときは、我慢せずにかかりつけの産婦人科の医師に相談してくださいね。

次の

妊婦さんの便秘解消法!みんなが即効性を感じた方法とは?| 女子力バイブル

妊娠後期便秘

Sponsored Links 妊娠中の便秘はなぜ起こるのか? 私はもともと快便!! という程ではありませんが、1〜2日に1回は普通に出ていました。 そんな私も妊娠初期が終わるころから、だんだんと便秘がちになってきて。。。 妊娠と便秘にはどのような関係があるのでしょうか? 妊娠中の便秘の主な原因(初期~中期)• 妊娠すると黄体ホルモンが増加し、消化管の収縮を抑制する。 ホルモン異常で食道下部の収縮がおさえられ、嘔吐しやすくなる(吐き悪阻)。 嘔吐により十分食事が取れなくなり、水分が失われて、体が脱水状態に陥りやすくなる。 大腸の運動が抑制されると、便からの過剰に水分吸収を行うようになり、さらに便秘となりやすい。 中期までは ホルモンバランスの乱れからくる負の連鎖といった感じですね。 妊娠中の便秘の主な原因(後期)• 胎児が育つにつれ、子宮より下の静脈圧の上昇が起こり、浮腫み・痔・静脈瘤が起こりやすくなる。 大きくなった子宮のために、胃は圧迫され、食事が十分取れなくなる。 同じように大腸も圧迫され、腸の運動が十分でなくなる。 腹直筋も弱まり、腹圧が十分にかけられなくて、便が押し出せずに溜まりやすくなる。 後期になってくると、ホルモンバランスに加え、 胎児の成長による内臓器官の圧迫も原因のようです。 妊娠中のマイナートラブルについてはこちら。 妊娠中の便秘で薬を使うと、さらに便秘が悪化する?! 刺激の強い便秘薬を使うことで、胃腸に良くない影響が出る場合があるそうです。 下剤による便秘の悪影響• どのタイプの便秘でも、 長期にわたって下剤を常用することで、悪影響が出てしまうようです。 妊娠中に飲む可能性の高い薬も、便秘に悪影響 ・ 妊娠中の貧血に鉄剤 ウンチが硬くなって便秘の原因となる ・ 咳止めのコデイン 腸の動きを抑制して便秘の原因となる ・ 胃痙攣などに対するブスコパン 腸の動きを抑制して便秘の原因となる その他、 悪阻、風邪、貧血などによる服薬も、便秘に関係があるようです。 妊娠中の便秘に浣腸はいいの? 服薬と違って即効性があり、一度きりの使用もできる浣腸。 妊娠中に使ってもいいのか、看護婦さんに聞いてみました。 結論としては「ケースバイケース」のようで、入院中の私の場合は「 あまり良くないかな」とのことでした。 どうやら 妊婦の浣腸には賛否両論があるようで、病院によっても対応が違うそうです。 浣腸は赤ちゃん用もあります.

次の

妊娠後期~臨月の便秘(原因や解消方法など)について知っておきたいこと

妊娠後期便秘

妊娠中はホルモンの働き、運動不足、食事内容が原因で便秘になりやすい• 妊娠中でもできる便秘解消法は油分・水分・食物繊維をとる、適度な運動、腸内環境を整える• どうしてもダメならお医者さんへ 便秘って本当に辛いので自分のことに精一杯になってしまうのでなかなか赤ちゃんのケアまで考えるのが大変になりますよね…。 つわり中ってきちんと栄養が摂れなくて、お腹の赤ちゃんが大丈夫なのか心配になりますよね…。 妊娠中のママが体調が悪くても絶対に摂ってほしい栄養に葉酸があります。 十分な葉酸を摂ることでお腹の赤ちゃんが先天性の病気になるリスクを下げれるんです。 葉酸は食事でとると毎日ブロッコリーをたくさん食べることになるので、ベルタ葉酸サプリでお手軽に摂ることをお勧めします。 詳しい解説はをご覧ください• 運動不足のため• つわりで十分な食物繊維や水分が摂れていないため• 大きくなった子宮に腸が圧迫されたため 妊娠に関わる様々な要因が便秘を引き起こすのです。 妊娠中の便秘が酷すぎる! 妊娠前は快調だったのに 平気で1週間とか出ないよ そして陣痛のような激痛とともに 2時間以上トイレに引きこもって 1kg〜2kgのブツがでるよ ヨーグルトも何も効かないよ 運動したら改善するかな— アラサー妊婦母ちゃんは育休中 JIP's smileszk 妊娠の便秘・下痢、中期から便秘ひどい場合の解消方法 妊娠中はお腹の赤ちゃんに何かあってはいけないと薬やマッサージにも気を遣って、なかなか手が出ないのが悩みですよね…。 そこで 妊娠中でも安心して試せる頑固な便秘対策の方法を紹介します。 水分をとる• 水溶性の食物繊維をとる• 適度な運動をする• 腸内環境を整える• 妊娠中は血液の量が大幅に増えるため体から 水分が不足しがちになります。 つわりがひどい場合も氷をなめられる場合もあるので、無理のない範囲で水を飲む量を増やしましょう。 水溶性食物繊維が多く含まれる代表的な食べ物には バナナ・わかめ・昆布があります。 他にも こんにゃくゼリーや野菜や果物を使ったスムージーだと食べやすいですよ! ただ毎日となると用意するのも大変だし、食べやすいこんにゃくゼリーや果物はカロリーが気になる上、ちょっとお高いですよね。 スッキリ贅沢抹茶は1杯あたり 37. 4kcal で、 1日120円で飲めちゃいます。 妊婦さん用に開発されているので もちろんカフェインゼロ! 手軽に水溶性食物繊維をとりたい場合にオススメです。 体調がいい日に無理のない範囲でウォーキングやマタニティヨガなどで体を動かすことで、 便秘解消が期待できるだけでなく、気分転換にもなり母子共にいい影響があります。 スーパーで手軽に買えるのはヨーグルトですが、毎日食べると飽きてしまうので 砂糖の代わりに使えるオリゴ糖、錠剤であればビオフェルミンがお勧めです。 オリゴ糖には腸の調子を整える効果があり、また消化されにくい糖分のため体重増加対策にも使うことができます。 一度に大量に食べるとお腹を下しますし、私の場合は食べ続けるとお通じの効果が薄くなっていきましたが、 初めて食べた時に非常にお通じが良くなり、効果が薄くなってからは一度日数をあけてまた食べることで効果が戻ってきました。 妊娠の便秘・下痢、中期から便秘ひどい場合の解消方法が効かない場合 全部試してもダメなら、 妊婦検診の際にお医者さんに相談しましょう。 私は便秘になり始めのころ、食物繊維をとる方法しか試しておらず、それが全然自分に合わなかったため1週間も出ずに苦しんでいたことがあります。 お医者さんに相談したところ、 ビオフェルミンと麻子仁丸という漢方薬を処方してもらい、ようやく出すことができました…。 私には漢方薬はよく効いたのですが、猛烈な腹痛がくるので、できるだけ飲まずに過ごしたくて、他の便秘解消方法を探すようになりました。 妊娠の便秘・下痢、中期から便秘ひどい状態になった私の体験談 私も妊娠中の便秘に苦しんだうちの一人です。 普段から定期的にお通じがあるタイプではなかったので特に最初は心配していなかったのですが、 中期からお産までは放っておくと1週間出ないのが当たり前でした。 次第にお腹も目立ってくると、 トイレで力んだら赤ちゃんが出てきてしまうのでは?なんて毎日心配になっていました。 そんな状況の中で私が最初に出会った神食材が オリーブオイルでした。 寝る前にオイルをスプーン1杯飲むと、翌朝にはあまり腹圧をかけずにつるんと(笑)出すことが出来たので、思わず感動してしまったのを覚えています。 ちなみに、オイルで便秘解消をしていた時に、朝昼晩のごはんで美味しくオイルを摂取していたレシピがあるので紹介します。 朝ごはんにフルーツヨーグルト フルーツの中でもおすすめは バナナです。 スライスしたバナナの上にプレーンヨーグルトをかけ、そこに オリーブオイルをいれます。 オールブランなどの食物繊維を多く含んだシリアルを加えると、さらに効果的です。 お昼ごはんのサラダにオリーブオイルドレッシング 手作りドレッシングといっても、難しいものじゃありません。 オリーブオイルに塩こしょうを加えるだけで十分美味しいドレッシングになります。 あとはお好みでにんにくを加えてスパイシーにしたり、お酢を足してさっぱり仕上げたり、しょうゆを加えたら和風ドレッシングにもなります。 その日の気分でアレンジして作れるのでおすすめです。 夜ごはんにオリーブオイルがけ味噌汁 これには、ギョッとする方も多いのではないでしょうか。 でもこれが実は合うんです!いつもの味噌汁にオリーブオイルの風味が加わり、一風変わった味噌汁を味わうことが出来ます。 小さじ1ほど垂らすだけでグッと変わるので、ぜひお試しいただきたいです。 皆さんも 自分に合った解消方法を見つけて、快適で健康なマタニティライフをお過ごしくださいね!.

次の