セーラー アイアン マウス。 ☆【美少女戦士セーラームーン セーラースターズ】感想記事15(181)『セイヤとうさぎのドキドキデート』

セーラームーンのセーラースターズが1番くらいすきなんですが。スターズって...

セーラー アイアン マウス

セーラームーンのセーラースターズが1番くらいすきなんですが。 スターズってなんでイマイチ不評というか、あまり人気がないんですかね? 敵もいままでにないくらい強いし、全戦士登場するし、ネヘレニア編もすごく泣けたし、まさにセーラームーンの集大成だとおもうんですが。 昔はあまりすきではなかったライツも今みるといいかんじだし、(特に星夜。 )やはり変態仮面が出ないからですかね? 無印ぶりにムーンの攻撃が浄化になったのもよかったし、セーラーコスモスも最後にシルエットだけですが、でましたし、 Rと同じくらいすきなんですが、 みなさんはどうおもわれますか? わたしが1番おどろいたのは、セーラームーンシリーズ見てたのに、スターズの存在すらしらないひとがいたことです。 スターズアンチの方は回答をお控えください。 セーラームーン・シリーズの魅力のひとつは個性的な敵キャラクターなんですが、スターズは特に面白かったですね。 私自身はセーラーアイアンマウス(根津宙子)が大好きでした。 最後、どこへ逃げてもギャラクシアから電話がかかってくるという話は超ウケ。 最終回近くになって、9人のセーラー戦士がスターシードを奪われ、どんどん倒されているところはテンポ速すぎ。 でも、うさぎちゃんが守ちゃんのスターシードを見つけた時は涙が出ました。 事情が分からずに音信不通というのは空気重すぎですよね。 エンディング・テーマの悲しい内容はストーリーに合っており、とてもよかったと思います。 個人的な評価は、無印>S>SSS>SS>R といった感じですね。

次の

「セラミュー」敵集団セーラーギャラクシア&セーラーアニマメイツのビジュアル

セーラー アイアン マウス

実は小さい頃から悪役が大好きでした。 ずっと憧れていた作品への出演、大変嬉しく思います。 また、地元豊橋でも地方公演が行われます。 憧れの作品で、凱旋公演が出来ること、本当に夢のようです。 作品の世界観を大切に、精一杯、セーラーアイアンマウスとして使命を果たします。 みんなが大好きな作品だからこそのプレッシャーはものすごくありますが、今は楽しみな気持ちが大きいです。 いちセーラームーンファンとしてキャラクターの魅力を引き出せるよう素敵なキャストの皆さんと一緒に全力で努めさせて頂きます。 自分には無い雰囲気を持つセイレーンなので役に向き合う時間を今からとても楽しみにしています。 25周年という記念すべき年、そして最終章... 毎年セラミューを観に行っていたので、この作品の最終章『-Le Mouvement Final-』に出演させて頂くことが決まった時は、本当に嬉しかったです。 今回演じさせていただくセーラーレッドクロウ。 本番を迎えるその日までこの役と向き合い、最高の舞台になるように精一杯努めさせていただきます。 そして、チラシビジュアルがついに公開となります! 登場キャラクターが勢揃いしている、豪華なビジュアルは必見です! 6月から各劇場や「美少女戦士セーラームーン」プロジェクト関連のイベントにて配布されますので、どうぞお楽しみに! 【公演情報はこちら】.

次の

セーラーギャラクシア&セーラーアニマメイツに一問一答!ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」

セーラー アイアン マウス

11 登場した敵:セーラーブリ(声:伊藤美紀)、セーラーアイアンマウス(声:原えりこ) スターシードのターゲット:五木アリス(声:伊藤美紀) 絵コンテ時のサブタイトル「出会いと別れ!運命の星々の流転」 シナリオ時のサブタイトル「アイドルをさがせ(仮題)」 【アイドルグループのスリーライツが大人気。 レイや美奈子、亜美でさえスリーライツの大ファン。 しかし、うさぎはアメリカ留学が決まった衛との別れで思い悩んでいた。 衛とは離ればなれになりたくない、しかし、衛の夢が叶うことを喜ばなくてはならない。 うさぎは複雑な気持ちに揺れ動いていた。 そして、衛がアメリカへ旅立つ日、うさぎは、飛行場で熱狂的なファンに囲まれるスリーライツのセイヤとすれ違った。 】 アイドルグループ・スリーライツに首ったけの美奈子たち4人。 だけども、うさぎだけはどこか一人浮かない様子。 聞けば、衛がアメリカ留学することになったという。 ちびうさが30世紀に帰ったばかりだというのに、さらなる別れの刻が彼女に迫っていたのだ。 けれどもルナの励ましもあって、笑顔で衛を見送ることにしたうさぎ。 それが次なる試練の幕開けとも知らずに……。 そんな折、近所の十番公園でスリーライツのロケが行われると知り、さっそく見学に向かう一同。 しかしそこに現れたのは「セーラー戦士」を名乗る新たな敵であったのだった!! 今回ゲストに登場したのは五木アリス。 しかし、銀河テレビ第三制作部の「根津宙子」に扮したセーラーアイアンマウスによりスターシードを抜かれてファージ化してしまう。 そんな五木アリスが変身してしまったファージ第1号が「セーラーブリ」 トゲ付きマイクを振り回しながらデュエットを強要してきた。 最後はエターナルセーラームーンの新必殺技を受け、「ビューティフル!」の断末魔とともに元のアリスに戻ります。 なお、声優は伊藤美紀さん。 この回から「スターライツ編」とも呼ばれる『セーラースターズ』本章が開巻! これにともない、オープニングが部分的に変更。 これまでシルエットで描かれていたセーラースターライツとイメージビジュアルのみだったギャラクシアが真の姿を現わしました。 この回ではファーストシーズン第10話から原画マンとして活躍してきた北野ヨシヒロ氏=北野義宏氏が初の作画監督に昇進されてます。 冒頭、とある決意を胸にステージへと進む星野、大気、夜天の3人ですが、これは絵コンテ段階で追加されたシーンであるとのこと。 衛との別れの前夜、うさぎが物憂げに寝転んでいるのは、かつてのちびうさの部屋。 空港ですれ違う星野(シナリオでは「セイヤ」と表記されていた)とうさぎですが、シナリオでは星野の視線を受け止め、心の声で「何なの……?」と明確に返す描写が盛り込まれていたとのこと。 十番公園におけるうさぎと星野の再会は、シナリオではうさぎが腹立ちまぎれに蹴った空き缶が、昼寝をしていた星野に当たってしまうというシチュエーションだったそう。 また、うさぎのことを「お団子頭」呼ばわりする星野の言動を含め、どこかでうさぎと衛の出会いを彷彿とさせるシーンにもなっています。 エターナルセーラームーンへの変身ですが、「ムーン・エターナル・メイク・アップ」と、新必殺技「スターライト・ハネムーン・セラピーキッス」の完成型バンクが今回初登場。 なお、同バンクシーンの絵コンテおよび演出は五十嵐卓哉氏が担当しています。 セーラースターライツの決めゼリフとともに初「見参」も披露! 『夜の暗闇つらぬいて 自由の大気駆け抜ける 3つの聖なる流れ星!セーラースターライツ、見参!』です!! シナリオによると、指タップののちに、口笛でハーモニーを奏でながら姿を現わすという構想だったようです。 さらに、セーラースターファイターによる必殺技「スター・シリアス・レイザー」も初披露となりました! ちなみに、観月ありささんが歌うエンディング主題歌「風も空もきっと…」が今回から新アレンジバージョンに変更。 編曲者も小西貴雄さんから大槻啓之さんに変わっています。 なお、今回衛の1年間のアメリカ留学の為にしばらく会えなくなるうさぎと衛。 別れ際には涙を流しながらも衛とキスするうさぎのロマンスがありますが、その後…衛の乗った飛行機が…。 これによってセーラースターズでは衛の活躍が無くなるのはファンの間でも賛否両論あるところです。 次回は『学園に吹く嵐!転校生はアイドル』.

次の