キャプテン 翼 たたかえ ドリーム チーム ガチャ。 「キャプテン翼」のリセマラではSSR狙い!方法と当たりキャラ(~たたかえドリームチーム~)

「キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜」,2周年記念キャンペーンがスタート

キャプテン 翼 たたかえ ドリーム チーム ガチャ

第1回掲載内容 初心者が知っておきたいポイント ・『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』とはどんなゲーム? ・試合ではマッチアップの読み合いがアツい! ・ゲームのおもな要素は選手育成、チーム編成、試合 ・ゲーム序盤はストーリー&強襲ミッションのクリアーを目指す 『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』とはどんなゲーム? 本作は大空翼や岬太郎、日向小次郎といった、『キャプテン翼』のキャラクターたちを自由に編成して試合に臨めるサッカーゲーム。 魅力的なキャラクターの中から、試合に出場する11人と控え選手5人の計16人を自分のチームとして編成するのだが、 キャラクターが所属するチームや国籍などを問わず、好きな選手でチーム作りが可能。 つまり、 原作では絶対に登場しないような夢のドリームチームが作れるのも、本作の魅力となっている。 さらに、試合では 『キャプテン翼』の代名詞とも言える、豪快な必殺技も使用可能。 相手選手がくり出した強力な必殺シュートを阻止するために、こちらも必殺技のブロックで応戦するといった、必殺技同士の熱い応酬は白熱必至! 誰でも簡単に『キャプテン翼』の世界観を試合のなかで体感できるのもポイントだ。 また、攻守どちらのときもフィールド全体の選手に対して攻撃的、バランス、守備的といった動きの指示も出せる。 フィールドの画面で、ボールを持つ選手と相手チームの選手が接触するとマッチアップが発生する。 マッチアップ時はボールを持っている選手であれば、ドリブル、パス、ワンツー、シュートという4つ選択肢から行動を選択。 対する守備側の選手は、ドリブルに対して有効なタックル、パスとワンツーを防ぐパスカット、シュートを止めるブロックのいずれかを選び、相手の行動を阻止するようにボール奪取を狙うことになる。 ほかの選択肢よりも消費するスタミナも多いぶん、ワンツーを成功させるとマッチアップした場所よりも少し前進した位置から動き出せるといったメリットもある。 この マッチアップは、試合の勝敗を大きく分ける重要な要素。 たとえば、自分がオフェンス側でマッチアップしたときに、強力な必殺技シュートを放てる味方FWがゴール前にいる場合、相手はそのFWへのパスを阻止すべくパスカットを選ぶか、ドリブル突破を警戒してタックルを選ぶかの2択を迫られる。 もちろん自身も、得点のチャンスを狙って素直にFWへのパスを試みるか、裏をかいてドリブルで突破するかを選択するのだが、その結果でボールが奪われた場合は試合の攻守が入れ換わることになる。 勝負のカギを握る要素だけに、この読み合いがアツイ! しかも、 試合中にたびたび登場し、状況に応じた駆け引きが楽しめるのも本作の魅力のひとつといえる。 さまざまな状況を加味したうえで裏をかくか、裏の裏を選ぶかを見極めていこう。 ゲームのおもな要素は選手育成、チーム編成、試合 本作の大まかな流れは、選手育成でキャラを強化してパラメーターを上げ、チーム編成で育成したキャラをFW(フォワード)、OMF(オフェンシブミッドフィルダー)、DMF(ディフェンシブミッドフィルダー)、DF(ディフェンス)、GK(ゴールキーパー)という5種類のポジションに配置する。 そして手掛けたチームで、ストーリーやイベント、リーグ戦やオンライン対戦などで試合を行う。

次の

「キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜」,2周年記念キャンペーンがスタート

キャプテン 翼 たたかえ ドリーム チーム ガチャ

MF 大空 翼 中学ではロベルトノートの助言に従って司令塔へ。 1年生から活躍し、南葛中を2年連続の優勝へと導く。 卒業後のブラジル留学を視野に入れた3年目の大会では、ケガ続きで満身創痍ながらも、大会3連覇を果たした。 MF 岬 太郎 翼と偶然街で再会し全日本入りを決意。 ブランクを感じさせない華麗なプレイや、翼とのコンビプレイで大活躍した。 自身の実力を試すためフランス代表へ勝負しに行くなど、熱い一面も見せた。 FW 日向 小次郎 「猛虎」の異名を持つストライカー。 「牙の抜けた虎」と吉良監督に𠮟咤されたことをきっかけにチームを離脱。 吉良監督が待つ沖縄で単身修行を行い、その成果として「タイガーショット」を編み出した。 GK 若林 源三 世界でも屈指の実力を持つGK。 日本の実力アップのため、終始嫌われ役に徹した。 本大会に出場する気はなかったが、若島津の怪我により出場する事となる。 PA外からのゴールは決めさせないという信念をもつ。 DF 石崎 了 通称「ファンキーガッツマン」。 若林には「ドジも多いが、いざという時にはやってくれる男」と評価されている。 ボールに喰らいつく根性から、周囲の人望も厚い。 得意技は「顔面ブロック」。 FW カール・ハインツ・シュナイダー パワー、スピード、テクニックを兼ね備えた「ドイツの若き皇帝」。 絶大なシュート力と得点力の高さからチームの核として君臨する。 いかなる相手をもねじ伏せる「ファイヤーショット」を武器に、ゴールを狙う。 GK デューター・ミューラー 巨体にも関わらず、驚くべき反射神経と身体能力を併せ持つドイツのGK。 修業のため表舞台に出てこなかったため「幻のGK」と呼ばれ、公式戦は国際Jr. ユース大会がデビュー戦となる。 通称「鋼鉄の巨人」。 GK ジノ・ヘルナンデス イタリアはもちろんヨーロッパを代表するGKとして知られる存在。 「1年間全くゴールを許した事がない」データから「パーフェクトキーパー」の異名を持つ。 全日本の前に立ちはだかった。 MF ファン・ディアス 天才的センスの持ち主。 幼少の頃から徹底して技を磨き続けてきた。 個人技もさることながら、幼馴染のパスカルとのコンビプレイも驚異的。 自分と同じ天才である翼にライバル心を抱く。 MF エル・シド・ピエール 攻守ともに高い実力を誇り、「フィールドのアーティスト」の異名を持つ。 岬とはライバル関係。 高いカリスマ性を有し、キャプテンとしてチームをまとめ上げる能力が非常に高い。

次の

「キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜」,2周年記念キャンペーンがスタート

キャプテン 翼 たたかえ ドリーム チーム ガチャ

MF 大空 翼 中学ではロベルトノートの助言に従って司令塔へ。 1年生から活躍し、南葛中を2年連続の優勝へと導く。 卒業後のブラジル留学を視野に入れた3年目の大会では、ケガ続きで満身創痍ながらも、大会3連覇を果たした。 MF 岬 太郎 翼と偶然街で再会し全日本入りを決意。 ブランクを感じさせない華麗なプレイや、翼とのコンビプレイで大活躍した。 自身の実力を試すためフランス代表へ勝負しに行くなど、熱い一面も見せた。 FW 日向 小次郎 「猛虎」の異名を持つストライカー。 「牙の抜けた虎」と吉良監督に𠮟咤されたことをきっかけにチームを離脱。 吉良監督が待つ沖縄で単身修行を行い、その成果として「タイガーショット」を編み出した。 GK 若林 源三 世界でも屈指の実力を持つGK。 日本の実力アップのため、終始嫌われ役に徹した。 本大会に出場する気はなかったが、若島津の怪我により出場する事となる。 PA外からのゴールは決めさせないという信念をもつ。 DF 石崎 了 通称「ファンキーガッツマン」。 若林には「ドジも多いが、いざという時にはやってくれる男」と評価されている。 ボールに喰らいつく根性から、周囲の人望も厚い。 得意技は「顔面ブロック」。 FW カール・ハインツ・シュナイダー パワー、スピード、テクニックを兼ね備えた「ドイツの若き皇帝」。 絶大なシュート力と得点力の高さからチームの核として君臨する。 いかなる相手をもねじ伏せる「ファイヤーショット」を武器に、ゴールを狙う。 GK デューター・ミューラー 巨体にも関わらず、驚くべき反射神経と身体能力を併せ持つドイツのGK。 修業のため表舞台に出てこなかったため「幻のGK」と呼ばれ、公式戦は国際Jr. ユース大会がデビュー戦となる。 通称「鋼鉄の巨人」。 GK ジノ・ヘルナンデス イタリアはもちろんヨーロッパを代表するGKとして知られる存在。 「1年間全くゴールを許した事がない」データから「パーフェクトキーパー」の異名を持つ。 全日本の前に立ちはだかった。 MF ファン・ディアス 天才的センスの持ち主。 幼少の頃から徹底して技を磨き続けてきた。 個人技もさることながら、幼馴染のパスカルとのコンビプレイも驚異的。 自分と同じ天才である翼にライバル心を抱く。 MF エル・シド・ピエール 攻守ともに高い実力を誇り、「フィールドのアーティスト」の異名を持つ。 岬とはライバル関係。 高いカリスマ性を有し、キャプテンとしてチームをまとめ上げる能力が非常に高い。

次の