東京 ヴェルディ 掲示板。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ

東京ヴェルディ

東京 ヴェルディ 掲示板

サッカーオランダ代表(Nederlands voetbalelftal)は、オランダサッカー協会 KNVB によって編成されるオランダのサッカーのナショナルチームである。 旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家、かつてオランジュの領主だった)にちなんでユニフォームの色をオレンジとしており、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られている。 オレンジという国旗にない色をチームカラーとする世界でもまれなナショナルチームであり、ほかの例としては日本やイタリアの青、ドイツの白がある。 世界的な強豪国として知られる。 特に1974年W杯に参加したチームはリヌス・ミケルス監督の下、ヨハン・クライフを中心にトータルフットボールと呼ばれる戦術でサッカー界に革命を起こしたと言われる。 しかし決勝では西ドイツに敗れた。 EURO88ではファン・バステン、フリット、ライカールトのいわゆるミラントリオを擁するチームで参加。 準決勝で仇敵西ドイツを下し、決勝ソ連戦では今尚語り継がれるファン・バステンのボレーシュート等で勝利し優勝。 これが現在に至るまでのオランダ代表の唯一の国際タイトルである。 しかしこのチームでもイタリアW杯では勝てなかった。 フランスW杯では一部で大会一と絶賛される試合内容を見せたもののベスト4。 地元開催となったEURO2000でも優勝候補に挙げられるもやはりベスト4に終わった。 さらに日韓W杯では予選敗退の憂き目に遭い、ドイツW杯では決勝トーナメントに出場するものの一回戦でポルトガルに敗れ、ベスト16で終わった。 (もともとポルトガルとは相性が悪い) このように多くの名選手を輩出しながら、ワールドカップ優勝に未だに縁が無い。 それは攻撃的サッカーを志向するあまりの大一番での勝負弱さが原因、という説もある。 また、南米スリナム系をはじめとする黒人選手たちと白人選手との間の人種差別をはじめとして、チームとしてまとまりが薄く、他の強豪国がトーナメントを勝ちあがるにつれてチームが結束し、まとまっていくのに対し、オランダ代表は前評判こそ常に高いものの、トーナメントが進むにつれてそのチームが自壊していく姿が見られることが非常に多い。 サッカーギリシャ代表は、ギリシャサッカー連盟 HFF によって編成されるギリシャのサッカーのナショナルチームである。 1980年のEURO1980に出場するも未勝利に終わったが、1994年のアメリカW杯に出場。 ナイジェリア、ブルガリア、アルゼンチンと対戦したが、ここでも勝利を挙げることができなかった。 その後、しばらくは国際大会への出場機会がなかったものの、2004年のEURO2004では開催国ポルトガルやフランス、イタリアといった強豪を抑えて見事優勝を果たした。 EURO2004を制したことで、2006年のドイツW杯への出場も期待されたが、ヨーロッパ予選でウクライナ、トルコ、デンマークに次ぐ4位に終わり予選敗退の憂き目に遭う。 2006年7月3日から10日間FIFAからサッカーの国際活動を禁止された。 EURO2008予選は、ドイツW杯予選でも同組になったトルコをはじめ、ノルウェーなど実力が拮抗したと見られるグループCに入った。 緒戦3戦は僅少得点ながら無敗を続けたが、第4戦となる2007年3月24日アテネでのトルコ戦にて1-4の大敗を喫する。 翌3月25日が独立記念日(1821年、ギリシャ独立戦争の開戦日)にあたっていた事もあり、トルコのメディアからは屈辱的な報じられ方をしたという。 この敗戦はギリシャ代表チームにとって少なからぬ危機となったが、その後見事に立て直し、逆に第10戦となる10月17日のアウェー戦・イスタンブールではヨアニス・アマナティディスのループシュートで0-1の勝利を収め、ホーム戦での雪辱を果たすと共に予選通過を果たした。 結局敗戦はアテネでのトルコ戦だけ、10勝1分け1敗の勝ち点31で予選首位通過を果たした(なお、予選で勝ち点30を上回ったのはギリシャだけである)。

次の

日テレ・東京ヴェルディベレーザ

東京 ヴェルディ 掲示板

日テレ・東京ヴェルディベレーザ 原語表記 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 呼称 日テレ 日テレ・ベレーザ 愛称 ベレーザ クラブカラー グリーン 創設年 所属リーグ 所属ディビジョン なでしこリーグ1部 ホームタウン ホームスタジアム を参照 運営法人 東京ヴェルディ株式会社 代表者 監督 永田雅人 公式サイト テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 日テレ・東京ヴェルディベレーザ(にっテレ・とうきょうヴェルディベレーザ、NIPPON TV TOKYO VERDY BELEZA)は、を本拠地とするに所属する女子サッカーチームである。 主要のアジア・全国タイトル獲得数は、 なでしこリーグ所属チーム中最多の計50回である。 概要 「ベレーザ」とはで「美人」を意味する。 運営会社は東京ヴェルディ1969フットボールクラブ((Jリーグ)に加盟するの運営会社)である。 東京V同様に、下部組織として「メニーナ」(ポルトガル語で「少女」を意味する)及び「メニーナ・セリアス」(同「真面目な少女」)を有し、女子ユース代表他に多数の選手を輩出している。 1981年:の前身となるの女子チーム「読売サッカークラブ女子・ベレーザ」として発足。 東京都リーグ2部に参加した。 当初は読売クラブの女性ファンを対象に「選手に近づける」ことを目的として作られた面もあったが、本格的なコーチングを行うことにより女子サッカーの普及・向上を目指すことになった。 1984年に都リーグ1部に昇格。 なお、には(1983年)から出場している。 1989年:が発足した際は、創設メンバー(6クラブ)のひとつとして参加。 との開幕戦(9月9日)で勝利を収めた。 このでは清水FCレディースに次ぐ2位• 1990年:から4連覇し、、、、、らを擁したベレーザは常にリーグ戦、全日本女子サッカー選手権大会でも優勝を争った。 1994年:スーパーマーケットのとスポンサー契約を結び「読売西友ベレーザ」と名称を変更。 1998年:西友とのスポンサー契約解消により「読売ベレーザ」へ名称を変更。 1999年:完全出資のNTV FCに変更 されてから「NTVベレーザ」に変更。 2000年:日本テレビがロゴ変更及び略称を「日テレ」に統一するが導入されたのに合わせ、「日テレ・ベレーザ」となる(なお2001年からNTV FCは稲城市などとの共同経営となった)。 この間、ベレーザは1994年からリーグ優勝を逃していたが、1998年ので3連覇を成し遂げたが同年度限りで廃部、続く1999年ので優勝したプリマハムFCくノ一が翌2000年からはとして再編・規模縮小するなど、いわゆる「女子サッカー冬の時代」。 で7年ぶりに優勝。 2002年シーズンまでリーグ戦で3連覇を果たした。 2004年:、、酒井與恵(2007年の結婚によりに改姓)、が(なでしこジャパン に選ばれ、チームの主軸として支えた。 2005年:からが移籍。 L・リーグで3年ぶりの優勝を21戦18勝3分の「無敗優勝」を成し遂げ、更に 、も優勝。 日本の女子サッカー史上初の単独チームによる「事実上の」三冠を無敗により達成。 更にリーグ戦前に行われたでもPK戦により勝利しているため、これを含めると「四冠」というリーグ随一の強豪クラブとなった。 2006年:リーグ最終節・TASAKIペルーレ戦で2年ぶりのリーグ戦における敗戦を喫したが、プレーオフでは3戦全勝し連覇を達成。 この年に誕生した「1億円のティアラ」の初戴冠チームとなった。 2007年:リーグ戦でシーズン10度目の優勝を果たすと共に、なでしこスーパーカップ、 この年に新設 、そしての全てに優勝して「四冠」を達成した。 2008年:、及びに(なでしこジャパン)へ選手が招集される中、ケガ人を多く出す苦しいシーズンとなったが、チーム一丸となって、リーグ戦での4連覇とでの連覇を達成した。 2009年10月21日:ベレーザを運営していた日本テレビフットボールクラブ(後に東京ヴェルディ1969フットボールクラブへ商号を変更)の株式を日本テレビが外部に売却して、クラブ運営から撤退した。 なお、日テレは運営撤退後もチーム名のを保有し、チーム名は「日テレ・ベレーザ」のままとなった。 2010年:深刻な経営危機に陥ったヴェルディが一時的にJリーグ管理となった。 その後、を筆頭株主とした新たな経営陣が発足 する事でこの危機は免れたものの、さらなる経費削減策がとられた結果、同年に2年ぶりのリーグ優勝を果たしたベレーザでもプロ選手の澤穂希 とシーズン得点王だったの2人と契約更新を行わなかった。 その結果、アマチュア選手ながらなでしこメンバーとなっていたとを加えた4人がベレーザを退団し、2010年7月にベレーザ監督を解任されたを監督として同年度ので優勝していたへと揃って移籍した。 2010年は開幕前の1月に、7月にがそれぞれ海外リーグへ移籍し、さらに3月には荒川恵理子がへと移籍、12月のシーズン終了後にはが引退するなど、ベレーザ生え抜きの主力選手の多くがベレーザを離れる事となった。 2011年:前年11月に新監督となったが引き続き指揮を執り、なでしこジャパンメンバーの をはじめ、小林弥生やらのベテランと・・ら若手FW陣との融合が図られ、リーグ連覇は逃したもののINAC神戸に次ぐ2位となった。 岩清水は初優勝と予選での本大会出場権獲得の中心選手ともなり、メディアからも大きく注目されるようになった。 10月にはベレーザが岩清水と2015年1月までのプロ契約を結び、岩清水は将来のクラブ運営参加に備えてクラブプロデュース部に所属する事になった。 また、ワールドカップでは岩渕、オリンピック予選では永里も出場して、チーム力の向上につながる経験を積んだ。 年末のではに準決勝で敗れた。 2012年:9月9日に行われた決勝でINAC神戸を破り大会3連覇を達成。 11月、リーグカップ王者として出場した第1回では大会3位の成績を収めた。 2015年:1月1日に行われた決勝でを破り5年ぶり11回目の優勝を達成。 また、なでしこリーグでも2010年以来5年ぶりに優勝。 2016年:9月3日に行われた決勝でジェフ市原を破り大会4年ぶりの優勝を達成。 また、なでしこリーグでも2連覇を達成。 2017年:なでしこリーグで3連覇を達成。 では、決勝でを破り3大会ぶり12回目の優勝を達成。 2018年:なでしこリーグを4連覇、なでしこリーグカップも2年ぶり5回目の優勝を果たす。 更に翌年のも決勝でINAC神戸を破って優勝、国内タイトル三冠を達成した。 2019年:なでしこリーグを5連覇、なでしこリーグカップも2年連続6回目の優勝を果たす。 また、も決勝で浦和を破って優勝、国内タイトル三冠を達成した。 更に、AFC女子クラブ選手権も優勝し、年間獲得タイトル四冠を果たした。 2020年:チーム名を日テレ・東京ヴェルディベレーザに変更し、チームエンブレムも新調することを発表。 成績 回 年度 チーム名 リーグ チーム数 試合 勝点 勝 分 敗 リーグ順位 監督 1989 読売サッカークラブ 女子・ベレーザ JLSL 6 10 17 8 1 1 2位 - ベスト8 1990 6 15 29 14 1 0 優勝 - ベスト4 1991 10 18 34 16 2 0 優勝 - 準優勝 1992 読売日本サッカークラブ 女子ベレーザ 10 18 34 16 2 0 優勝 - 準優勝 1993 10 18 -- 15 -- 3 優勝 - 優勝 1994 読売西友ベレーザ L・リーグ 10 18 -- 12 -- 6 2位 - ベスト4 1995 10 18 -- 9 -- 9 5位 - 準優勝 1996 10 18 -- 12 -- 6 3位 優勝 準優勝 1997 10 18 -- 16 -- 2 2位 準優勝 優勝 森栄次 1998 読売ベレーザ 10 18 -- 14 -- 4 2位 準決勝敗退 ベスト8 1999 NTVベレーザ 8 14 32 10 2 2 2位 優勝 ベスト4 2000 日テレ・ベレーザ 9 12 30 9 3 0 優勝 - 優勝 大須賀まき 2001 10 14 40 13 1 0 優勝 - ベスト4 2002 11 11 29 9 2 0 優勝 - 準優勝 2003 13 22 46 14 4 4 2位 - 準優勝 2004 L・リーグ1部 L1 8 14 35 11 2 1 2位 - 優勝 2005 8 21 57 18 3 0 優勝 - 優勝 松田岳夫 2006 なでしこリーグ1部 8 17 44 14 2 1 優勝 - ベスト4 2007 8 21 53 17 2 2 優勝 優勝 優勝 2008 8 21 53 17 2 2 優勝 - 優勝 2009 8 21 43 13 4 4 2位 - 優勝 2010 なでしこリーグ 10 18 49 16 1 1 優勝 優勝 ベスト16 星川敬 -2010. 7 森栄次 2010. 8-10 2010. 11- 2011 9 16 35 11 2 3 2位 - ベスト4 野田朱美 2012 10 18 37 11 4 3 2位 優勝 ベスト8 2013 10 18 38 12 2 4 2位 準決勝敗退 ベスト8 2014 10 28 24 6 1 3 2位 - 優勝 2015 なでしこリーグ1部 10 23 16 3 1 1 優勝 - ベスト4 森栄次 2016 10 18 44 14 2 2 優勝 優勝 ベスト4 2017 10 18 47 15 2 1 優勝 準決勝敗退 優勝 2018 10 18 45 14 3 1 優勝 優勝 優勝 永田雅人 2019 10 18 42 13 3 2 優勝 優勝 優勝• 1992年まで「勝ち点制」(勝ち2、引き分け1、負け0)を採用。 前後期制を採用した1993年から1999年までの成績は年間順位。 予選(地区)リーグと決勝リーグを採用した2000年から2003年までの成績は年間順位。 チーム数は両地区の合計チーム数。 1999年から「勝ち点制」(勝ち3、引き分け1、負け0)を採用。 2004年から二部制に移行。 チーム数は所属リーグのみ。 2006年は、8チーム2回戦総当たりの「レギュラーリーグ」 RL 後、その順位に基づき上位と下位の各4チームによる1回戦総当たりの「プレーオフ」 PO を実施。 試合数はRLとPOの合計。 成績は年間順位。 2014年から10チーム2回戦総当たりの「レギュラーシリーズ」後、その順位に基づき上位6チームと下位4チームによる2回戦総当たりの「エキサイトシリーズ」を実施。 試合数は両シリーズの合計。 成績はエキサイトシリーズの年間順位。 獲得タイトル• AFC女子クラブ選手権:1回• 2019年• :1回• 2011年• :17回• , , , , , , , , , , , , , , , ,• :14回• , , , , , , , , , , , , ,• :6回• 2007年, , , , ,• :2回• 1996年, 1999年• :2回• 2005年, 2007年• :1回• 2005年• 清水市長杯・全日本チャンピオンズカップ:4回• 全日本選抜女子サッカー大会:2回 エンブレム 東京ヴェルディ同様、中央に始祖鳥が描かれている。 -2009年 円形の上部にFC NIPPON、下部にBELEZA。 2010年-2012年 円形の上部をTOKYO VERDY 1969に変更、始祖鳥の右下に創設年である1981と書かれている。 2013年 円形の上部を日テレ BELEZA(日テレのロゴは、2012年12月まで使用したもの。 )、下部をTOKYO VERDY 1969にそれぞれ変更。 2014年- 日テレのロゴが現行(2013年1月から使用)のもの(つまり「0テレBELEZA」)に変更。 スタジアム ホームゲームを開催するスタジアムは、、、、味の素スタジアム西競技場などである。 味の素フィールド西が丘 下部組織 多くのなでしこリーガーを輩出する日テレ・メニーナを有し、ベレーザも多くの選手がメニーナ出身。 中学生から高校生が所属するチームだが、最近では2014年1月に全日本女子ユースを4連覇するなど、日本女子ユース世代を牽引している。 2012年春には、日テレ・メニーナ・セリアスを設立、Jr. ユース世代の育成にも本格的に取り組み始めた。 メニーナ、セリアス共に厳しいセレクションにより選ばれた選手で構成されており、高い技術に裏打ちされたパスサッカーは、ベレーザのスタイルを受け継いでいる。 日テレ・メニーナ 獲得した全国タイトルは、 全国女子ユースチーム最多の計8回である。 優勝8回(1999年度、2005年度、2010年度、2011年度、2012年度、2013年度、2014年度、2018年度)• 優勝1回(2006年度) 日テレ・メニーナ・セリアス 獲得した全国タイトルは、計2回である。 優勝2回(2001年度、2014年度) ユニフォーム ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 緑 緑 緑 FP(2nd) 白 白 白 GK(1st) ピンク ピンク ピンク GK(2nd) グレー グレー グレー GK 2nd チームカラー• グリーン ユニフォームスポンサー 掲出箇所 スポンサー名 表記 備考 胸 都市型保育園 ポポラー 背中 MJS 袖 パンツ BRI ユニフォームサプライの遍歴• 2012年 - チーム名変遷• 1981年 創部 - 1991年 読売サッカークラブ女子・ベレーザ• 1992年 - 1993年 読売日本サッカークラブ女子ベレーザ• 1994年 - 1997年 読売西友ベレーザ• 1998年 - 読売ベレーザ• 1999年 - NTVベレーザ• 2000年 - 日テレ・ベレーザ• 2020年 - 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 歴代監督 開幕以降• 1989年 - 1996年 1992年のみ・• 1997年• 1998年 - 1999年• 2000年 - 2001年 大須賀まき• 2002年 - 2004年• 2005年 - 2008年• 2009年 - 2010年7月• 2010年8月 - 2010年10月 森栄次 コーチ兼任• 2010年11月 - 2012年• 2013年1月 - 2014年• 2015年 - 2017年 森栄次• 2018年 - 選手 現在所属している選手 2020年現在 ポジション 名前 前所属 備考 1 GK 2 DF 日テレ・メニーナ 3 DF 日テレ・メニーナ 4 DF 日テレ・メニーナ 5 MF 日テレ・メニーナ 6 DF 7 MF 日テレ・メニーナ 8 MF 日テレ・メニーナ 9 FW 日テレ・メニーナ 10 FW 日テレ・メニーナ 11 FW 13 DF 日テレ・メニーナ 14 MF 日テレ・メニーナ 15 FW 16 GK 17 MF 日テレ・メニーナ 18 FW 19 DF 日テレ・メニーナ 昇格 20 MF 21 GK 日テレ・メニーナ 22 DF 日テレ・メニーナ 23 MF 日テレ・メニーナ 24 MF 大宮日進SS 下部組織選手登録 かつて所属していた選手• 指導者、解説者、監督、元U-21日本代表選手の大竹夕魅(旧名・由美)は双子の妹• 元サッカー選手の妻、元日本代表選手の大竹七未(旧名・奈美)は双子の姉• 指導者、解説者、日本女子代表監督• 指導者、解説者、元日テレ・ベレーザ監督、前日本サッカー協会女子委員長• 指導者、元栃木SCブランカ監督、U-19日本女子代表コーチ• 指導者、監督、U-19日本女子代表コーチ• 指導者、解説者、• 指導者• 指導者、タレント、職員• 指導者• 山﨑由加(指導者)• (指導者、女子サッカー部監督)• (指導者、女子サッカー部監督)• :メニーナのみ所属• (スタッフ)• (解説者)• 勝ち点17(8勝1分1敗)で並び、得失点差で清水FCを下回った。 がヴェルディへの出資を引き上げた事によるもの。 特に深刻だったのは、ベレーザからも大竹・酒井・澤など8選手が参加したでのグループリーグ敗退により、日本代表がへの出場権を逃した事だった。 国体は通常、単位で参加となるが必ずしも県内の複数のクラブ・学校などから選手を集結させた「選抜チーム」である必要はなく、単独チームによる参加もできる。 2005年は東京都(ベレーザ)のほか数県が単独チームだった。 リーグ、国体、全女選手権の「三冠」は2003年にも達成しているが、その時は国体にの選手も参加の混成チームであった。 澤は2009年と2010年に WPS のワシントン・フリーダムに参加し、シーズン終了後にベレーザに復帰していたため、試合出場数は少なかった。 2008年ので8人、2010年ので5人いたベレーザ所属選手のうち、岩清水は2011年にベレーザへ残留した唯一の選手である。 優勝はINAC神戸レオネッサ。

次の

【掲示板】ヴェルディ横川東[リバーテラス]ってどうですか?|マンションコミュニティ

東京 ヴェルディ 掲示板

東京ヴェルディとは、全域を本拠地とするである。 概要 東京ヴェルディ 基本 創設 本拠地 スタジアム[] 前身 名の由来はで「」。 アウェーは。 スタジアムはスタジアム(スタジアム=)。 は君()。 前身は。 に創設された、の部ではない「」の先駆けである。 旧(L)では5度のを誇り、を代表するの1つとなった。 、、、柱哲二らをはじめとした個性的で厚い選手層に、の参加から2年連続、もを制すが、選手のなどで低迷。 終了後に社が経営から撤退。 が経営権を持つ。 開始当初はをとして参戦したが、元がののため志向が強く、、スタジアム(現・スタジアム)のを機にへと移転し名を「東京ヴェルディ1969」とする。 発足以後、 を移転したのはまでこののみである。 ちなみに、の前身である部が、を本拠地とした活動を始めたのはのことである(参入はより)。 にはこの年限りで「」も実現した(の1勝1分)。 ・07年を2部()で過ごし、の1部()復帰を機に「東京ヴェルディ」とめる。 以降は再びでの戦いが続いている。 はで通算10年のとすっかりのに染んでしまった感がある。 中にが経営から撤退。 これによりはから全に手を引いた。 このによりに経営が明るみに出る。 一時は途中でのも噂されたものの、が直接経営に乗り出してこのを回避。 を確保し、は存続を決めている。 約00人収容のスタジアムも経費節減のためにタンドをすることがほとんどである。 のは剛一だが、時代からが交代する頻度が高く、0~までの2年半揮を執った良一が最長である。 と伝統のあるだけに、を据えた経営と戦略でを期してもらいたいところではある。 主なタイトル• …2回('、'04)• ナ…3回('、'、') その他• 設立当初、の名排除・地域密着のとしく強く対立したため(はかなり合わせている)界では的扱いになることもあるが、に至るまで、のを重視した攻撃を長く伝統とし、のころ選手が多く在籍したため、根強い支持がある。 また、前身の頃からの伝統でユース世代の選手の育成にも。 近年では、とユース権を連覇。 強のも入り混じって行われる高円宮杯8でも、にを制してに進むなど、そのは今もなお健在。 当然、下部組織から昇格する有望も多いが、経営やの低迷もあって程なくして別のに移籍することが多くなった。 の・ベレーザは、(その名から想像できる通り)同じ系列で、が経営から外れたでも関わりが強い。 をに制覇したのはよいのだが、それ以後はよりも下のを前に敗退することが多くなってしまった。 該当するのは、の(当時は所属)戦、の戦、の戦、の(当時は所属)戦 関連動画 関連商品 関連チャンネル 関連リンク• 関連項目•

次の