ファンザンテン。 ヤーコプ・フェルトハイゼン・ファン・ザンテンとは

ファン・ザンテン機長 en Foursquare

ファンザンテン

経歴 [編集 ] オランダので生まれた。 1947年6月21日に自家用操縦士ライセンスを、1950年4月18日に事業用操縦士ライセンスを取得した。 1950年からで飛行ディレクターとして働き始め、1951年にはダグラスでとしての任に就いた。 1952年9月22日に Flight radio telephone operator ライセンスを、1956年10月19日にはAirline transport pilot ライセンスを、1963年8月6日には Flight navigator ライセンスを取得した。 1971年1月23日、フェルトハイゼン・ファン・ザンテンはのタイプレーティングを得た。 同年、彼は2人の同僚とともにアメリカのに向かい、KLMオランダ航空として初となるボーイング747(愛称「ミシシッピ」、PH-BUA)の引き渡し飛行に加わった。 1977年にテネリフェ空港事故が起きるまで彼は1万1700飛行時間を経験し、そのうち1545時間がボーイング747によるものであった。 彼は、航空路線での普段の業務に加え、ボーイング747の主任飛行教官にも抜擢されたていた。 1977年に彼が亡くなった時点で、KLMのボーイング747パイロットは全員が彼の担当下で訓練を受け、またKLMの飛行訓練部門の長も務めていた。 の会長であり1978年までKLMで機長を務めていた Jan Bartelski はフェルトハイゼン・ファン・ザンテンの同期で、個人的な親交があった。 彼の著書『Disasters In The Air』ではフェルトハイゼン・ファン・ザンテンの人柄について次のように述べている 彼は他人との協力関係を大事にし、フライト中は副機長たちに自分のことを「ファン・ザンテン機長」ではなく「ヤープ」 と呼ばせるようにしていた。 テネリフェ空港衝突事故の直前、KLMのにフェルトハイゼン・フォン・ザンテンの写真が使われていた。 これは一般には社内での高い地位を反映したものと受け止められているが、 Jan Bartelski によると、彼が起用されたのは単に当時KLM広報の取材に応じられる機長が彼しかいなかったからだという(彼は教官を務めていた一方で他の機長たちはフライトに出払っていた)。 事故の報を聞いたKLMの幹部たちは、フェルトハイゼン・フォン・ザンテンに社内調査を率いらせようとしたが、彼自身が事故に巻き込まれてしまっていた。 フェルトハイゼン・フォン・ザンテンはオランダのサッセンハイムに暮らしていた。 妻と2人の子どもが残された。 テネリフェ空港の事故 [編集 ] 詳細は「」を参照 1977年3月27日、スペインのにあるロス・ロデオス空港(現:)の滑走路上で2機のが衝突する事故が起き、583人が死亡した。 これは航空史上最悪の死者を出した事故である。 KLM航空4805便に乗っていたフェルトハイゼン・ファン・ザンテンを含む248人の乗員乗客全員と、1736便の335人が亡くなった(パンナム1736便の61人が生存)。 事故当時、同空港唯一の滑走路は濃霧に覆われていた。 フェルトハイゼン・フォン・ザンテンのKLM機は離陸許可なしで離陸を試み、管制の指示で滑走路上をバックタクシングしていたパンナム機に衝突した。 滑走路上を移動する間にKLMの乗員たちは背後をパンナム機がバックタクシングして来ていることに気付いていたが、離陸開始の段階では既に滑走路上から退去していると信じ込んでいた。 濃霧のためパンナム機の視認は不可能だった。 フェルトハイゼン・フォン・ザンテンの行動の原因には他にも、管制とのコミュニケーションの問題(アクセントや非標準的な表現法)などのいくつもの要素があった。 彼は管制から出発準備許可 departure clearance を得たことをもって離陸許可 take-off clearance を得たと誤解し、一方で管制塔側はKLM4805便が指示通りに滑走路上で待機していると考えていた。 タイプ・レーティング [編集 ] フェルトハイゼン・フォン・ザンテンは以下の航空機の タイプ・レーティング ()を得ていた• :1951年9月28日 - 1962年6月20日• :1952年8月23日 - 1962年6月20日• :1952年10月1日 - 1962年6月20日• :1957年2月12日 - 1962年6月20日• :1957年6月6日 - 1962年6月20日• :1959年6月11日 - 1967年7月21日• :1967年3月16日 - 1971年6月9日• :1971年1月23日 - 1977年3月27日 参考文献・脚注 [編集 ]• Project Tenerife. 2010年1月23日閲覧。 Project Tenerife. 2010年1月23日閲覧。 Airlife. 978-1-84037-204-5. Meisler, Stanley 1977年3月30日. : p. ヤーコプの愛称• KLM advert• Smith, Patrick: "A look back at the catastrophic chain of events that caused history's deadliest plane crash 30 years ago. 6 April 2007. Retrieved on 21 December 2012. Sterk, N. 1997年3月22日. Dutch. Reformatorisch Dagblad: p. 2013年10月26日閲覧。 Job, Macarthur 1994. Air Disaster Volume 1. Fyshwick, Australia: Aerospace Publications. 174. 1875671110 外部リンク [編集 ]•

次の

産業革命への道 : 中世における「ヨーロッパの奇跡」の起源についての仮説と推論(大会特別講演)

ファンザンテン

概要 [ ] の決勝大会でと互角に勝負して、その後の所属となる。 パイロットとしては天性の素質の持ち主で、アードラー曰く「機動兵器に対する適応力が非常に高く、どんな機体でも少し扱えば本人が意図せずともコツを掴み完璧に乗りこなす」という。 性格は、ゲームでも戦場でも同様に敵を撃ち落とすことを快楽とする享楽主義者。 戦場ではその異常なイデオロギーが爆発し、道徳心や命の価値観をあまり持ち合わせてはいない。 DCが崩壊したあとはの下に付き、が与えられる。 だが、アードラーが仕込んだに取り込まれて自身のイデオロギーが暴走、発狂状態へと陥る。 最期はリュウセイにより引導を渡される形でヴァルシオン改ごと葬られた。 しかし、それは自分自身さえも完全に失ってしまう「」の始まりに過ぎなかった…。 登場作品と役柄 [ ] [ ] 初登場作品。 この作品のみ決勝以前にDCに行ったらしく、大会は不参加。 主人公双方のストーリーがほぼ同時進行といえる前半部分で、テンザンの初陣の相手は選んだ主人公による差の1つである。 なお同様のケースであるリクセントへの救援時にも登場する。 アニメ版の設定に基づき、バーニングPTの優勝者がテンザンとなった。 また、最期のリュウセイとのやり取りが『DW』準拠のものになった。 リュウセイとの出会いなどが描かれた。 最期はゲームと同様死亡してしまうが、エアロゲイターに「 」に改造される事なく、地球人テンザン・ナカジマとして死亡した事を考えるとある意味救われたと言えなくもない。 基本的な部分はDWに準拠するが、撃墜されてコクピットブロックごと海に沈んだ後にそれらをエアロゲイターに回収される様子が描かれており、その後はゲーム本編と同じくゲーザに改造されてしまう。 パイロットステータス設定の傾向 [ ] 射撃と命中が高いが、あくまでゲーム慣れの延長という扱いなのか天才は持っていない。 リュウセイは念動力を持っているため作中ほどの差はなく、実際のステータスよりも強敵扱いされている部類といえる。 を持っているのは、粘着質な彼らしいところか。 人間関係 [ ] リュウセイのダークサイド的側面といえるキャラで、『新』時代のリュウセイと対応させられることもある。 彼とはゲームで繋がりがあるが、同類と見ていた。 逆にリュウセイは命の価値を知らないテンザンを否定した。 リュウセイと同じくゲーム繋がりで、DCの元同僚。 気弱だった彼のことは特に見下していた。 「自分と同じようになる」と指摘したが、リョウトの心は真っ直ぐであり続けた。 初戦闘の際にラトゥーニを欠陥品呼ばわりしたため、リュウセイの怒りを買ってしまう。 彼からは適当にあしらわれており、テンザンはその「スカした」態度が気に食わない。 その才能をアードラーに高く評価され、目を掛けられていた。 内部では最終的にアードラー派に付き、が与えられた事に喜んでいたが、彼に利用される形となる。 ゲイムシステムの暴走で錯乱した後、アードラー本人も血祭りに上げると言い放ったが、実現することはなかった。 彼の代わりにウェーク島基地の司令官となった。 この際に家族の仇討ちに拘る彼の姿勢をバカにするような発言をしたため、殺意をも込めた警告を受けている。 戦争をゲームと考える点でよく似ている。 しかし彼は戦争をビジネスだとも考えており、引き際を見極めて手を引いた。 一方テンザンは自分の実力で相手を倒すゲームを純粋に楽しんでいた。 名台詞 [ ] 通常時 [ ] 「ホッ!」「~だっての」 口癖。 「たかがゲームじゃねぇか…。 そんなに熱くなるなって…」 『ディバイン・ウォーズ』第1話でリュウセイに突っかかられての一言。 彼らしからぬクールな発言であり、このシーンを契機に彼のファンが増えたとか。 「へへッ、こいつ…ビビってやがんのか? それとも、ビギナーか? いよーし、栄光のPT撃墜マーク一つ目…頂きだ!」 『OG1』リュウセイ編4話「フィアー・ゲーム」でのリュウセイとの戦闘前会話。 「チェッ、仕損じたか。 それにしても、あいつ…機体の動きがバーニングPTくせえな………」 「ッ、まさか…な」 同話でのリュウセイとの戦闘後、一戦交えただけでリュウセイの癖を見抜いている。 「ちっ!リセットして出直しだっての!」 撃墜時のセリフ。 他にも「セーブ」「コンティニュー」などの再開に関するゲーム用語を含んだセリフがしばしばあり、ゲームプレイヤーに対するメタ的発言が目立っている。 「へ、へへっ……マジでゲームオーバーたぁな……」 「忘れんじゃねぇぞ、リュウセイ……てめぇは俺と同類だ……いずれてめぇも同じ目に遭うぜ……」 「そう! 戦争っていう最高のゲームでなぁ!! ハッハッハッハ!! ヒャーッハッハッハッハッハァ!!」 『OGs』と『ディバイン・ウォーズ』でリュウセイに撃破された台詞。 戦いをゲーム感覚で行なっているものの現実との区別がついている為か、狂乱時と違い最後の最後で正気に戻っている。 狂乱時 [ ] 「血祭りだ…血祭りに上げてやるぜえ…どいつもこいつも!ヒャーッハッハッハッハァ!!」 に取り付けられたゲイム・システムに精神を冒され、狂気を剥き出しにした後のセリフ。 狂乱時は顔アイコンも白目になっている。 テンペストよりはマシだが、結局同じ事である。 「ヒャッハッハ、相変わらずカッコいいなァ、てめえは。 ああカッコいい、カッコいい!だがな、てめえだって同じ人殺しなんだぜえ!?プチプチプチッと敵兵を殺す人殺しなんだぜえ!?」 「そんなになってまで…!」と歯噛みするリュウセイに皮肉を飛ばしつつ、お前も自分と同じだと突きつけるが… 「馬鹿言ってんじゃねえ!コンティニューすりゃいいんだよ、コンティニュー!そうすりゃヒットポイントも全回復だっての、ヒャハハハ!!」 「それでレベルを上げりゃ、日本どころか世界制覇も出来るっての!!ヒャハハハ! ヒャーッハッハッハッハ……!!」 ゲイム・システムに取り込まれた状態でリュウセイに撃墜された時のセリフ。 もはや現実とゲームの区別がついておらず、彼は高笑いを残して爆散した。 だが…。 「プチプチッ?そうだよプチプチ。 プチプチぷちプチプチプチプチィィ プッチぷちプチプチィィィィッ」 『Record of ATX』の対の一幕。 もはやこの状態から発せられる言葉は「プチプチ」のみ。 このときのテンザンの顔は八房氏の描き込みの細かさも手伝ってもはや顔芸レベル。 凄まじいことになっている。 搭乗機体 [ ] ・タイプT 初搭乗機体。 早く戦いたいがために強引に受領したものだが、アードラーの意向により見逃された。 ぶっつけ本番での操縦な上にテストタイプ故の不安定な機体だったにも関わらず、難なく乗りこなしていた。 リュウセイ編では、遭遇したリュウセイらの部隊と初実戦まで行い、複数を相手取って優勢に立ち回る活躍を見せた。 しかし、元々バーニングPTでも重装甲・高火力の機体を好んで使っていたテンザンには、リオンは肌に合わなかった模様。 『OG1』キョウスケ編で搭乗。 この機体での訓練も行っていたが、リオン同様お気に召さなかった模様。 『OG1』リュウセイ編のウェーク島基地攻防戦にて搭乗したが、戦闘は行わずそのまま撤退した。 この機体での訓練も行っていたが、リオン同様お気に召さなかった模様。 、 正式に受領した機体。 バーニングPT時代のスタイルとも合致する性能のためか気に入り、以後愛機とした。 余談 [ ]• 名前の由来は恐らく、日本海軍が九七式艦上攻撃機(以下、九七式艦攻)の後継機として開発・実戦配備した艦上攻撃機『天山(てんざん)』と、それを開発した航空機・航空エンジンメーカーの『中島飛行機』であろう。 対比される相手であるの名前を、同じく日本海軍の艦上攻撃機である『流星(りゅうせい)』と読み替えて引っ掛けたネーミングだと思われる。 スパロボシリーズのプロデューサーの一人「菊池博」からと思われる。

次の

テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故

ファンザンテン

経歴 [ ] オランダので生まれた。 1947年6月21日に自家用操縦士ライセンスを、1950年4月18日に事業用操縦士ライセンスを取得した。 1950年からで飛行ディレクターとして働き始め、1951年にはダグラスでとしての任に就いた。 1952年9月22日に Flight radio telephone operator ライセンスを、1956年10月19日にはAirline transport pilot ライセンスを、1963年8月6日には Flight navigator ライセンスを取得した。 1971年1月23日、フェルトハイゼン・ファン・ザンテンはのタイプレーティングを得た。 同年、彼は2人の同僚とともにアメリカのに向かい、KLMオランダ航空として初となるボーイング747(愛称「ミシシッピ」、PH-BUA)の引き渡し飛行に加わった。 1977年にテネリフェ空港事故が起きるまで彼は1万1700飛行時間を経験し、そのうち1545時間がボーイング747によるものであった。 彼は、航空路線での普段の業務に加え、ボーイング747の主任飛行教官にも抜擢されたていた。 1977年に彼が亡くなった時点で、KLMのボーイング747パイロットは全員が彼の担当下で訓練を受け、またKLMの飛行訓練部門の長も務めていた。 の会長であり1978年までKLMで機長を務めていた Jan Bartelski はフェルトハイゼン・ファン・ザンテンの同期で、個人的な親交があった。 彼の著書『Disasters In The Air』ではフェルトハイゼン・ファン・ザンテンの人柄について次のように述べている 彼は他人との協力関係を大事にし、フライト中は副機長たちに自分のことを「ファン・ザンテン機長」ではなく「ヤープ」 と呼ばせるようにしていた。 テネリフェ空港衝突事故の直前、KLMのにフェルトハイゼン・フォン・ザンテンの写真が使われていた。 これは一般には社内での高い地位を反映したものと受け止められているが、 Jan Bartelski によると、彼が起用されたのは単に当時KLM広報の取材に応じられる機長が彼しかいなかったからだという(彼は教官を務めていた一方で他の機長たちはフライトに出払っていた)。 事故の報を聞いたKLMの幹部たちは、フェルトハイゼン・フォン・ザンテンに社内調査を率いらせようとしたが、彼自身が事故に巻き込まれてしまっていた。 フェルトハイゼン・フォン・ザンテンはオランダのに暮らしていた。 妻と2人の子どもが残された。 テネリフェ空港の事故 [ ] 詳細は「」を参照 1977年3月27日、スペインのにあるロス・ロデオス空港(現:)の滑走路上で2機のが衝突する事故が起き、583人が死亡した。 これは航空史上最悪の死者を出した事故である。 KLM航空4805便に乗っていたフェルトハイゼン・ファン・ザンテンを含む248人の乗員乗客全員と、1736便の335人が亡くなった(パンナム1736便の61人が生存)。 事故当時、同空港唯一の滑走路は濃霧に覆われていた。 フェルトハイゼン・フォン・ザンテンのKLM機は離陸許可なしで離陸を試み、管制の指示で滑走路上をバックタクシングしていたパンナム機に衝突した。 滑走路上を移動する間にKLMの乗員たちは背後をパンナム機がバックタクシングして来ていることに気付いていたが、離陸開始の段階では既に滑走路上から退去していると信じ込んでいた。 濃霧のためパンナム機の視認は不可能だった。 フェルトハイゼン・フォン・ザンテンの行動の原因には他にも、管制とのコミュニケーションの問題(アクセントや非標準的な表現法)などのいくつもの要素があった。 彼は管制から出発準備許可 departure clearance を得たことをもって離陸許可 take-off clearance を得たと誤解し、一方で管制塔側はKLM4805便が指示通りに滑走路上で待機していると考えていた。 タイプ・レーティング [ ] フェルトハイゼン・フォン・ザンテンは以下の航空機の ()を得ていた• :1951年9月28日 - 1962年6月20日• :1952年8月23日 - 1962年6月20日• :1952年10月1日 - 1962年6月20日• :1957年2月12日 - 1962年6月20日• :1957年6月6日 - 1962年6月20日• :1959年6月11日 - 1967年7月21日• :1967年3月16日 - 1971年6月9日• :1971年1月23日 - 1977年3月27日 参考文献・脚注 [ ]• Project Tenerife. 2010年1月23日閲覧。 Project Tenerife. 2010年1月23日閲覧。 Airlife. Meisler, Stanley 1977年3月30日. : p. ヤーコプの愛称• KLM advert• : "A look back at the catastrophic chain of events that caused history's deadliest plane crash 30 years ago. 6 April 2007. Retrieved on 21 December 2012. Sterk, N. 1997年3月22日. Dutch. Reformatorisch Dagblad: p. 2013年10月26日閲覧。 1994. Air Disaster Volume 1. Fyshwick, Australia: Aerospace Publications. 174. 外部リンク [ ]•

次の