臨月 お腹の張り 頻繁。 臨月にお腹の張りが頻繁に続く!問題ない?陣痛?病院に行くべき?

妊娠中のお腹の張り、原因と対処法 [妊娠後期] All About

臨月 お腹の張り 頻繁

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 臨月になると、おなかの張りに敏感になってしまうものです。 出産予定日も近づいているので、「もしかして陣痛?」「赤ちゃんに異変が起きているのでは?」など、心配になってしまう妊婦さんもいますよね。 今回は臨月に感じるお腹の張りについて、原因や予防法、病院に行く目安などをご説明します。 原因などを知っておくことで、精神的に余裕を持って対処でき、ストレスがより少ない状態で分娩に臨むことができますよ。 出産に向けて妊婦さんの体は変化していますが、臨月はお腹の張りが引き起こされやすい時期です。 臨月のお腹の張りの原因には、下記のようなものがあります。 前駆陣痛 前駆陣痛は、本陣痛の予行練習のようなものです。 本陣痛とは症状も頻度も異なるため、落ち着いてお腹の張りを感じてください。 前駆陣痛は本陣痛よりも痛みが弱く、痛みの程度が強まったり弱まったり、間隔が短くなったり長くなったりと、不規則です。 痛みや頻度の規則性のなさを「生理痛のようだ」と感じる人もいるようです。 前駆陣痛であれば、少し安静にしていると、いつの間にかお腹の張りが治まります。 逆に、本陣痛であれば段々と痛みは強くなっていき、間隔も規則的で、徐々に短くなります。 関連記事 臨月のお腹の張り予防のために便秘を改善しよう お腹の張りの原因が胎動や前駆陣痛にあるときは予防が難しいのですが、便秘が原因の張りであれば、ある程度は予防することができます。 便秘によってお腹の張りが生じている可能性が高い人は、以下の方法を試してみてくださいね。 食物繊維をとる 食物繊維をしっかりとると、お通じがよくなり、便秘解消につながります。 食物繊維が豊富に含まれる、海藻、豆類、キノコ類などを積極的に食事に取り入れてみてください。 決まった時間にトイレへ行く 決まった時間にトイレへ行く習慣を身につけると、体がそれを覚え、トイレに行く時間に合わせて便意をもよおすようになることがあります。 特に朝食後は便意をもよおしやすい時間です。 旦那さんが出勤したあとなどに、ゆっくりとトイレに行けるといいですね。 ストレス解消をする ストレスも便秘を引き起こす原因のひとつです。 臨月はお腹が大きく、動くのもひと苦労ですが、好きな本を読んだり、友人と会ったりして、リラックスする時間を意識的に作ってみましょう。 いつの間にかお腹の張りが軽くなるかもしれませんよ。 軽い運動をする 軽い運動を行うと、腸の働きが活発化され、便秘の解消につながります。 臨月に無理は禁物ですが、階段の昇り降りやウォーキングなど、手軽にできることをやってみましょう。

次の

痛くはないけど、お腹の張りの間隔がどんどん短く…?念のため行った病院でスピード出産に

臨月 お腹の張り 頻繁

妊娠9ヶ月目の胎動に変化が!そしてお腹がめちゃくちゃ張る…。 胎動にも種類があると言われていて、胎動を感じ始めた20週目あたりは 「ポコポコ」する感じでお腹にガスがたまって、ガスが下から上にあがってくるようなイメージでした。 しかし、それも次第に 「ドタバタ」と動き出すようになり、いよいよ人がお腹の中にいる!と感じるようになってきます。 それが妊娠後期に入ってくると、 「ぐにゅ」「むぎゅー」っというような感覚に変わってきます。 これは、赤ちゃんが子宮壁を押していることによるもので、お腹の外からでも手足の形がわかりそうなくらいに、なかなかパワフルなパンチとキックをかましてくれます。 そして、以前よりも頻繁にお腹が張るようになりました。 ちなみに お腹が張る感覚というのは、普段はぷにぷにのお腹だけど、そのぷにぷにがカチカチになるのです。 本当にお腹にスイカが入っているんではないかと思うくらい。 そうなると、かなりお腹自体を重たく感じて、とってもしんどいので、ちょっと歩いたらすぐに休憩します。 こんな日々を過ごしていると、気分はすっかりおばあちゃん。 でもこれは自然なことのようで、少し休めばもとに戻ります。 臨月に入る前に入院の準備をしておこう あと1ヶ月もすれば、正規産に入るので、いつ産まれてもいい状態になります。 これからラストスパートでさらにお腹も大きくなるし、お腹もさらに張るようになるようなので、その前に!今動けるうちにできることをしておく必要があります。 というわけで、我が家もようやくあらゆる準備に手をつけはじめました。 4月に出産した友人からアドバイスをもらって、必要な赤ちゃん用衣服を購入。 直接買いに行けなくても、オンラインで購入が簡単にできる時代だから便利だよなあ。 そして!我が家は「おむつなし育児」に挑戦してみようかと思い、こんなものも購入しました。 写真のようなちょっと四角くなったホーローや、コロンと丸みを帯びたホーローなどがあり、我が家は四角いホーローのものにしました。 こちらもAmazonや楽天で購入可能。 ただまわりでこのおむつなし育児を取り入れてる友人・知人によると、• おむつを取る時期が普通の子より早い• おむつ代の節約になる• 排泄リズムを知ることで、体調の変化にも鋭くなる• コミュニケーションの一環になるので、絆が深まる などなど…。 メリットも多くみられるようなので、これはぜひとも我が家で取り入れてみたいと思ったのです。 とはいえ、そこまでストイックにやるつもりもなくて、出先では紙おむつを使ったりするつもりだし、わたし自身が赤ちゃんからしばらく離れるときがあるときなんかは布おむつで対応しようかと思っています。 いよいよ産休に入ります! そして再来週からようやく産前休暇に入ります。 長かった…。 予定日より6週間前から取るのが一般的ですが、わたしの場合はそれに年休を加えて7週間前から取ることにしました。 1日立ちっぱなし、座りっぱなしという体勢がすでにしんどくて、お腹が張ったり少しでも疲れを感じたら横になりたいんですよね。 家にいれば、それがいつでも自由にできるので、すごく気が楽なわけです。 世の中の働く妊婦さん、本当にすごいなと思うけど、お腹の中の赤ちゃんの声を聞いてあげて、無理をしないようにしてあげてほしいなと思います。 そういうわたしも、わりと無茶をしてきた妊婦に入ると思いますが、最近では無理なく、日常生活にもゆとりを持って暮らせるようになったので、休むべきタイミングがわかってきたのかなあ。 もうすぐ赤ちゃんも2000gに突入しようかというくらい順調に育っていて、母体のほうも、なんとか体重もそこまで増えすぎずにきているので、あとちょっと! お腹の中にいてくれている貴重な期間、大切に過ごしたいと思います。 それでは今回はこれにて。 ではまた!.

次の

【医師監修】臨月(妊娠10ヶ月)のお腹の張りの対策と過ごし方|Milly ミリー

臨月 お腹の張り 頻繁

前駆陣痛は無理をせずに安静にしよう 臨月のお腹の張りは前駆陣痛の可能性が高いです。 この前駆陣痛は陣痛の予行練習のようなもので、妊娠出産を経験している人の多くが体験しているお腹の張りです。 前駆陣痛は強制的に抑えることが難しいのですが、安静にしていると収まることが多いので、まずは無理をしないことがおすすめです。 子供がいると安静にしていることはなかなかできないかもしれませんが、しかし無理をすることで破水する可能性が高まりますので家族の協力を得てできるだけ安静にしてましょう。 胎動でお腹が張る場合も安静に お腹が張る原因の1つの胎動があります。 臨月に入ると胎動が少なくなるのですが、全くしないわけではありません。 臨月になると赤ちゃんは骨盤の中の下方に降りてくるようになり、胎動を感じる位置が今までとは違ってくるようになります。 この時の胎動により中から押される感覚が出るようになるため、お腹が張っていると感じるようになります。 この場合の対処法も前駆陣痛と同様に辛い時は安静にしておくことがおすすめです。 安静にしていても辛さを抑えられるわけではありませんが、動けなくなりパニックになることを避けられるため辛い時は無理せず安静にしましょう。 便秘が頻繁に起きて苦しいときは? お腹の赤ちゃんが大きくなればなるほど便秘になりやすいです。 臨月時の子宮容量が通常の1000倍近くになるため、腸を圧迫してしまい従来の働きができなくなるため便秘になります。 さらに陣痛に対する不安だったり赤ちゃんのことでストレスが発生してしまい、それが便秘につながることもあります。 便秘になると姙娠をしていなくても張ってしまいますので、便秘解消することで張りを抑えることができます。 ただ、便秘解消したいからといって無理するのはよくありません。 食物繊維を多く摂取したり、ストレス解消する程度なら良いけれども、無理に運動をしたりいつも以上に力んで出そうとするのはおすすめできません。 軽い運動程度なら問題ありませんが、無理すると破水する可能性が出ますし、力むのも同様に破水する可能性があります。 無理がない程度でできることで便秘解消をしていきましょう。 痛みはお腹の張りなのかそれとも陣痛なのかの見極めを! 臨月の時のお腹の張りは痛みが伴ってしまうことが多いけれども、しかしその痛みが必ず便秘や胎動などが原因とは限りません。 臨月時の痛みで最も重要な陣痛の可能性もあるため、何が原因で痛みが出ているのかを見極める必要があります。 ただ、2人目3人目と出産を経験している人は陣痛とそうではない痛みの違いはわかるけれども初めての人はわかりません。 どうすると見極め可能になるかですが、それは安静にしていても張りが治まらず規則的に続くかどうかです。 陣痛時もお腹が張るようになっていて安静にしていても治まりません。 さらに陣痛は規則的に痛みが出たり治ったりを繰り返すようになっており、便秘や胎動など不規則な痛みとは異なります。 これらの違いで見極めることが可能なので、まずは安静になり張りの状態と痛みの規則性で陣痛かどうかの判断をしましょう。

次の