面接 欠席日数。 医学部受験における欠席日数の影響はあるのか?

医学部と欠席日数

面接 欠席日数

1,373• 1,602• 464• 910• 436• 244• 1,098• 487• 253• 538• 336• 1,768• 220• 751• 796• 826• 405• 195• 101• 188• 117• 431• 107.

次の

医学部で面接落ちはある?落ちる人の特徴とは?

面接 欠席日数

不登校の高校受験での面接について あくまで私の経験談なのですが、一つの経験談として少しでもお役に立てれば幸いです。 私が受けたのは私立の全日制高校を受験したときの面接。 通信制高校についての面接は「」で別途まとめています。 面接で不登校のことについて聞かれたら、正直に答えて大丈夫だし、嘘はダメ。 なぜなら、内申書の欠席日数を見ればあなたが不登校だったことは既に把握できているので、嘘をついてもバレるだけ。 また、不登校だったことに対して攻めたり追い詰めたり、批判したりといったいわゆる圧迫面接はまずありません。 就職だと圧迫面接といって、ストレスをあえてかける面接手法もあるんですけど、高校受験ではまずありません。 そこは安心していいと思います。 私の時は集団面接だったが、結果的に個人面接になった まず高校受験での面接が集団面接か個人面接かによって、聞かれる内容も違います。 集団面接だと他の生徒もたくさんいるんで、不登校のことはプライバシーにも触れるデリケートな質問になるから、他の生徒の前で聞くのも難しいんです。 その生徒1人だけの個人面接だったら聞きたいことを聞けるので、まず高校が面接の人数をどうするのかを事前に知っておくといいかも。 で、私の高校受験での面接は7~8人程度の集団面接でした。 そこで何を聞かれるかなーとやはり心配していたのですが、自分に順番が回ってきた時に面接官の先生が「じゃあ、とりあえずあなた飛ばして次の方」と私だけ飛ばされました。 私はもちろん、他の生徒も「 !?」という状態でしたが、とりあえずそのまま面接は進行し、他の生徒の面接が終わって皆退室した後、個人面接が開始というイレギュラー対応でした。 面接での質問内容、どんなことを知りたがっているか で、そこで何を聞かれたかというと、まず欠席状況に関しての理由を聞かれました。 まぁ、数字を見れば学校に行っていないことは明白ですから、その理由が病気なのか怪我なのか、他の理由で学校に行けなかったのかを簡単に確認するといった感じです。 また、 学校に行けていない間にどんなことをしたか、そこから復帰したことの経緯、不登校経験から学んだことなどを聞かれた記憶があります。 私の場合、学校に行けていなかったときに短期の海外留学に行っていましたのでその話とか、そこで知り合った友人との話とか、不登校期間中に学んだことなど話しました。 不登校で欠席日数が多くても、その間にどんな勉強をしていたとか、塾に行ってたとか、フリースクールや適応指導教室に行っていたのなら、それを話せば十分です。 不登校ではないけど中途半端に欠席が多くて正直に話せないような休み方をしてしまった場合はやっぱり「風邪」とかが無難。 もしくは、「その時は悩みがあって休むことが増えたが、今はもう乗り越えた」とかのサクセスストーリー的な過去話にしてしまうか、「体が弱く苦労したが、高校入学後は部活に入って体を鍛えたい」とかの前向き系ストーリーにするかですね。 高校に入ってから再び不登校にならないか?を心配しているようだった あとは高校に入学してから同じような不登校にならないかどうかを気にしていて、その点についてはどのように考えているか?の質問もありました。 もう、この時点で合格を前提にした質問だとすぐに分かりました。 「 もともと私は友人がいなくて学校にいけなくなったわけではなく、なんとなく疲れて気付いたら学校にいけなくなってしまった。 復帰してからは周囲の友人との関係の大切さを知ったので、入学後も互いを支え合えるような友人が出来れば問題なく馴染める」と答えました。 (結果、馴染めず中退しましたw) 一通りの質問が済むと他の生徒と同じような質問(入試はどうだったか、何が難しかったか、部活は何をやっていたかなど)があり、最後に「 私達の学校は出席日数で合否は決まらない。 その人の人間性で全てを決める。 欠席日数がどうか、不登校がどうとかそれらの点は一切心配しなくても大丈夫」と伝えられ、面接が終了。 ありがたい話です。 心の中では「いやいや、さっきやった入試のテストは意味なしかよ」とツッコミましたけども、まぁお察しの通り、学力レベルがすごく低い高校なので仕方がない。 面接の基本は聞かれた質問に対して答えること 面接では聞かれていないことを自分からズケズケ話す必要はありません。 「聞かれたことに対してきちんと答えを返す」というのが基本です。 不登校だったことに対して何を聞かれるかを心配するのは当然ですが、相手もそれをわかっています。 圧迫した雰囲気ではなく、普通に会話形式で質問をする感じですから、相手が知りたがっていることに対して自分の考えを答えるだけでいいと思います。 用意したような立派な言葉を並び立てても、自分の言葉ではないのはすぐにバレてしまいます。 素直に自分の考えと整理しておいて、それをわかりやすく端的に、そして自分の言葉で返す練習をしておくといいと思いますよ。

次の

【中学不登校】欠席が多いと高校には行けない?【大丈夫】

面接 欠席日数

看護専門学校について。 私は今年高校三年生になります。 県内の看護学校を志望しているのですが、 出席日数に問題があります。 1,2年トータルで欠席が35日あります。 欠席理由も 救いようがなく、 ほとんどが仮病という始末… 深く反省しています。 最近、看護への道を志し始めたので 今更ですがすごく後悔してます。 三年生では無遅刻無欠席を 目指し、頑張りたいと思ってます。 成績には問題ありません。 でも、やはり看護は出席日数に 厳しいらしく推薦入試はまず無理。 でも、一般入試では確実に受かりたいです! 考えが甘いでしょうか? ちなみに私が志望している所は 入試条件項目に出席日数についての 記述はいっさいありません。 私(42歳)は看護師ではありません。 看護学校に進学するかを悩んだあげく、実家の余裕がないことで、高卒後医療助手(人件費節約のため看護師代理の、診察室補助)医療事務として、600症余の私立病院で20年余働いていました。 働きながら附属の看護専門学校へ受験を受けようかとも真剣に考えもしました。 大切なのは欠席日数の多さではなく、あなたが看護の道を選びたいのだという強い意志です。 正直さを貫きたいのであれば、「仮病とか、なんとなく…」と過去を告白するのは簡単です。 ただしろ重要なのは、看護職への強い気持ちを持っている今のあなたです。 その動機を面接ではメインとしてよいのです。 成績は問題ないということですので、仮病で休むにしても、自分でうまく気づいていないなにかしら理由はあったのかもしれません。 振り返ってみる時間は十分あります。 仮病だったとかけたあなたはある意味、正直なのです。 仮に面接で聞かれたとしても、そのままに告白して、自分でもわからない高校生活に不満や悩みを持っていましたが…、二年生の後半にこういった理由で看護職に強い進学希望を持ちました、それは嘘や偽りではないのですから。 最後に、看護専門学校は途中で退学した場合や、卒業後三年以内に退職した場合。 ある程度免除があった授業料の変換義務が生じます、結構高いです。 成績が足りているなら看護大学(専門がとりやすいようです)、。 家計にあまり余裕がなければ、夜間準看学校から、また夜間の学校へ行く道も確かまだあったはずです。 正式な看護師さんからのアドバイスも、きっとつきますから、早めに締め切らないで、今はただ自分の心に正直にいてください。 気を悪くされないならば、なぜ看護職を目指したくなったのか、補足をいただければ幸いです。

次の