エクセル ファイル が 破損。 破損したエクセルを修復する無料な方法

Excel ファイルが破損しているため開くことができませんを解決する方法

エクセル ファイル が 破損

Excel(エクセル)ファイルを開こうとすると、 「ファイルが破損しているため開くことができません」 というメッセージが表示される場合があります。 これは、 ネットワーク経由(メール等)でエクセルファイルを受け取った場合に起こる現象です。 Office2010以降のエクセルは、メールやインターネット経由でダウンロードされたファイルはセキュリティーセンターによってチェックされ、「保護されたビュー」によって表示されるような設定になっています。 ところが、「 ソルバー」や「 分析ツール」等のアドオンが有効になっていると、「保護されたビュー」で表示出来ない不具合が発生します。 もし、利用しているExcel エクセル のバージョンが2010以降の場合、アプリケーションの設定変更するか、ダウンロードしたファイルのブロックを解除する必要があります。 スポンサーリンク 設定が終わったら、Excelをいったん閉じて先ほど開けなかったファイルをダブルクリックして開いてみましょう。 Excelのセキュリティーが原因の場合はこれで開く事ができます。 ファイルの設定を変える Excel本体の設定変更では、保護されたビューをすべて無効にしてしまいます。 「保護されたビュー」は編集機能を無効にし、読み取り専用で開くモードのことです。 インターネット経由でダウンロードしたファイルは有害なコンテンツなどが埋め込まれている可能もあるので、できるだけ読み取り専用モードで開いた方が安全です。 そこで、Excelの設定を変更するのではなく、ダウンロードしたファイルの設定を変えて開く方法もあります。 開きたいエクセルファイルを 右クリックします。 メニューが表示されるので、「 プロパティ」をクリックしましょう。 関連記事 バックアップのススメ パソコンやスマホのデータは意外と簡単に消えてしまうので、可能な限りバックアップを取ることが重要です。 バックアップさえとっていれば、衝撃や水濡れなどで重篤なシステム障害になってしまっても簡単にデータを取り戻すことができます。 私は、を使い、データは2か所に保管するようにしています。 さらに、定期的に手動でバックアップを取っていますから、データ障害が起きてもデータそのものが消えてしまうことはありません。 データ復元できない時は? データが復元できなかった場合、闇雲に操作するとデータ復旧確率が下がってしまいます。 必ず成功するとは限りませんが、今できる最善の方法について紹介しますので、是非参考にしてください。 「」参照 悪徳データ復旧業者に注意 現在、一部のデータ復旧業者による利益を重視した営業活動が問題となっております。 こうした業者は積極的にメディアに露出する 広告費をかけている 為、一見して信頼できる業者に見えますが、 単純にぼったくり価格を提示するだけでなく、返品されたHDDに傷が付いていたというブログ記事も発見しました。 業界内でも嫌われており、この業者が復旧作業を行ったデバイスは復旧拒否する企業も少なくありません。 「データ復旧成功の鍵」参照 データ復旧メニュー• 11 パソコンのファイルが消失してしますと、頭が真っ白になり、どんな事をすればよいのか分からなくなってしまいます。 しかも、正しくデータを復元したり、パソコンを復旧させたりする為には、パソコンの情報保存の仕組みや、データが消えてしまう仕組みをよく理解しなければなりません。 やみくもにパソコンを操作しても、データが元に戻る事はありませんし、下手な事をすると復元可能なはずのファイルでさえ、復元不可能になってしまうのです。 逆に、なぜ消えてしまうのかという事や、データ復元の原理を理解していれば、簡単に復元させる事は可能! 万一、大切なデータやファイルを消去してしまったら、このサイトを参考にデータ復元にトライしてみませんか?.

次の

Windows 7/8/10で破損ファイルを修復する方法

エクセル ファイル が 破損

ファイルを開こうとしたとき、このように『ファイルが破損しているため開くことができません。 』と表示されたことはないでしょうか。 インターネットから取得したファイルを編集しようとしたときなどに表示されることがあるのですが、突然表示されたときは驚きますよね。 今回は『ファイルが破損しているため開くことができません。 』と表示された場合の対処方法をご紹介します。 そのファイル、本当に破損しているの? 今回の問題は、インターネットから取得したファイルをサーバ(ネットワークドライブ)上で開こうとした場合に頻発します。 まずはインターネットから取得したファイルをローカル(デスクトップ)などに移動して開いてみましょう。 無事、開くことができた方は安心してください。 セキュリティの設定を変えればサーバでも開くことができます。 本来、サーバ(ネットワークドライブ)上にあるファイルにアクセスする際はエクセルのセキュリティで、『保護されたブラウザ』で開くように設定されています。 サーバ上のファイルは不特定多数の人が編集することができるため、悪さをするマクロなどが埋め込まれている可能性もあります。 そのような場合でも安全に操作してもらうことができるようにセキュリティ設定が用意されています。 ただし、社内ネットワークなどの場合、悪意のあるファイルを作成、および保存する可能性は低いため、以下設定を変更することで対処が可能です。

次の

Windows 7/8/10で破損ファイルを修復する方法

エクセル ファイル が 破損

Excelファイルを開いたときに「ファイル破損しているため開くことができません」というメッセージが出て焦ったので解決方法を紹介します。 筆者の環境は Excel 2010 32ビット版 なのですが、開こうと思ったファイルはファイルサーバー上に置いてある Excel 2003 xls で作成されたものでした。 これはネットワーク経由でファイルを開いた場合に起こる現象のようです。 解決方法としては 一度ローカルに保存して開いてみてください。 筆者の場合はこれで開けました。 ここでは Excelファイルを開いたときに「ファイル破損しているため開くことができません」というメッセージが出た場合の解決方法 を紹介します。 Sponsored Links ファイル - オプションを選択します。 セキュリティセンター - セキュリティセンターの設定 を押下します。 保護されたビューから• インターネットから取得したファイルに対して、保護されたビューを有効にする• 安全でない可能性のある場所のファイルに対して、保護されたビューを有効にする• Outlook の添付ファイルに対して、保護されたビューを有効にする のチェックを外します。 筆者の場合、これで開けました。 ただし、これらの設定を無効にしたままですとセキュリティが低下します。 自分の意志とは別に、悪意ある添付ファイルが開かれようとした場合、何のフィルターもなくなってしまいますので注意が必要です。 ファイルが開けて情報が確認できたら、ただちに元に戻すことをおすすめします。 Sponsored Links Office の添付ファイルがある電子メール メッセージを受信したときに「ファイルが破損しているため開くことができません」というメッセージが表示されることがあります。 Excel: ファイルが破損しているため、開くことができません。 Word: ファイルを開こうとして、エラーが発生しました。 PowerPoint: [ファイル名] のコンテンツに問題が見つかりました。 プレゼンテーションを修復できる可能性があります。 これらの問題を解決するには Microsoft の Fix it で解決できます。 Microsoft のサイトより Fix it を実行してください。 おつかれさまでした。

次の