中 日 スポーツ。 オリンピック中止・延期なら、海の日、スポーツの日、山の日はどうなる?【追記あり】(前田恒彦)

横浜市中スポーツセンター

中 日 スポーツ

概略 [ ] 歴史 [ ]• 当時、中部日本新聞(現:中日新聞)では、プロ野球関係の記事については「中日ウィークリー」〔(昭和23年)・発刊〕で掲載していたが、プロ野球が・による2リーグ制に移行したのを機に、(昭和25年)に週刊紙(。 8ページ。 10円)として独立した。 1面を写真で見せたほか、プロ野球の戦評・サイドニュース、や記事なども独立させ、その当時中部地区へ進出を狙っていた東西の各スポーツ紙の出ばなをくじく事になった。 (昭和28年)から日刊紙へ移行する計画が練られていたが、広告スポンサーが集まらず、最後まで日刊紙計画を阻んでいた。 しかし当時の社長の松波金弥が広告を全て買い切ったことが、日刊紙への足がかりとなった。 (昭和29年)、当時の旧社屋にあった編集局の西側に「 中日スポーツ編集部」が12人体制で発足、全国の日刊スポーツ紙では6番目の「中日スポーツ」が誕生した。 (昭和39年)4月1日からは10ページに増やす。 (昭和41年)にで開催されたを前に、東京中日新聞(現・)と共同で3010電子データ選別装置による出走馬11頭の戦力分析を行い、「 中日が初めてギャンブルにコンピュータを使用した」とで話題になる。 販売エリア [ ] (、、、)、(、、)の全域だが、、の一部地域も販売エリアである。 東海地方向けの紙面は、名古屋本部が制作・印刷・発行を担当する。 の南部やの都心部の一部地域 、中日新聞大阪支社 では、を含む・、スタンド売り店舗において、最終版(5版)を発売している。 北陸地方と向けの紙面(「福井・滋賀版」)は、のが印刷・発行を担当するものの、発行元クレジットは名古屋本部のものが使われている。 ただ、北陸本社版の題字の下に「 金沢印刷版」と記載されていた時期があった。 なお富山・石川向けは2017年10月からの予定で、石川県における競合地方紙となるの系列である「」の工場にて委託印刷を行う。 では、内のを含む・において、福井・滋賀版 を販売している。 かつては京都市内の駅売店に限って、名古屋版を販売していた。 では、西部は中日スポーツのみの扱いで、中部・東部・伊豆の大部分で発行のとの併売扱いになる。 中日スポーツ・東京中日スポーツの双方とも、宅配のほか、やでの即売を行っている。 なお、静岡県向けの中日スポーツはのが印刷・発行を担当している。 販売エリア以外に居住している場合(東京中日スポーツの販売エリアに居住している場合も含む)に限り、による購読が可能。 反対に東京中日スポーツの郵送による購読は東京中日スポーツの販売エリア以外に居住している場合(中日スポーツの販売エリアに居住している場合も含む)に限り可能。 いずれの場合も送料が加算される。 紙面構成 [ ] 1面トップ及び2〜3面は、ほぼ毎日のように子会社であるの記事を中心に掲載している。 勝利した翌日はもちろん、敗戦・引分けした翌日も、試合がなかった翌日も、そしての時期も、他ジャンルで重大な話題が出てこない限り原則 ドラゴンズ一面にこだわる。 このため、東海地方を中心とする多くのドラゴンズファンが愛読している。 1993年からはによるを掲載している。 では中日新聞社が出資参加しているを中心にした記事が多いが、他に販売エリア内に本拠地を置くや関連の記事も掲載される。 ではに所属する、及び、に所属する、(全て愛知県内が本拠地)、及びの、、さらに(全て愛知県内が本拠地)の記事は掲載されるが、同様に販売エリア内に本拠地を置くの関連の記事は、初頭までは掲載されなかった。 「販売エリアである中部地方出身のスポーツ選手・チームを応援する」というスタンスの記事作りが心がけられており、(岐阜出身、中日新聞)を広告キャラクターに用いたり 、(愛知出身)や(石川出身)(イチローは高校生時代から、松井はメジャーリーグ進出後ではあるが)、の(三重出身)やいずれもの、、・姉妹(全員愛知出身)といったアスリートの応援記事を書いている。 2005年秋以降、地元志向を一層強烈に打ち出すようになり、同年11月15日付では自社主催事業ながら軟式野球大会の結果を一面トップとした。 中央競馬面については従来、中京従場開催 主に3月・12月 以外の西日本主場及び中京従場開催の全レースとそれ以外の特別・最終レースの馬柱を掲載していたが、2012年6月30日付からは、開催場全レース(最大36レース)の馬柱を掲載を開始した。 2015年10月31日付以降のG1ウィークの土・日限定で、中央競馬面を(と同様)にし、さらに2020年2月1日付以降は中央競馬全開催日にも拡大した。 但し、本紙(スポーツ・中央競馬以外の公営競技・テレビ面・芸能など)と区分けするために、別刷りのページ数を数字の「1・2・3…」ではなくの「A・B・C…」に代えてある。 芸能面では関連の記事が多く、モータースポーツをテーマとした、、の連載コラムも掲載されている。 以前は最終面をに当てたが、2003年春以降は最終面の前の見開き2ページで掲載しており、右面に当該地域のテレビ欄を(・の番組欄には2行の解説記事を掲載)、また左面にはテレビ番組の解説とラジオ、BSデジタル、衛星放送(J SPORTS)の番組を掲載しており、最終面はニュース面( 主として芸能関連)としていた。 しかし2008年3月下旬に行われた紙面刷新で、最終面を再びテレビ欄に戻し(休刊日前日は全面広告となり、中面2面分に2日分のテレビ欄を掲載) 、テレビ解説とBS等は最終面の前の芸能面と新設の特報面よりさらに手前の頁に掲載されるようになった。 の大阪・名古屋・西部版も最終面はテレビ欄が掲載されていたが、日刊が2011年4月の紙面刷新で最終面がダブル1面になったため、中日スポーツが日本のスポーツ紙で唯一、最終面は一般紙と同様にテレビ欄である。 主に2面に掲載される「きょうのプロ野球」の欄には当日の対戦カード、予告先発に加え、カードごとに東海地方で視聴可能なTV(BS・CS含む)、ラジオの局名、放送開始時刻(中日戦の場合は解説者)も表記される。 他紙があまり扱うことのなかった関連の記事を、F1ブームが起こる前より掲載している(姉妹紙『東京中日スポーツ』も同様)。 前述の2008年3月の紙面刷新で、『東京中日スポーツ』に掲載している「F1 EXPRESS」 3月より「MOTOR EXPRESS」に改題 面が、本紙においてもほぼ同じ内容で掲載されるようになった(以前は独自編集の記事だった)。 家庭で安心して読めるスポーツ新聞を基本理念にしているため、風俗店などの広告は掲載しているものの、駅売り版・宅配版ともアダルト面は設けていない(この事もあり、創刊当初からスポーツ紙でありながら、宅配件数は全国でも有数)。 創刊以来、題字ロゴの形式を一度も変えていない。 他紙が題字をやや左に寄せて、右端に1頁の大見出しを出しているが、中スポの場合、創刊当初から1990年代序盤までは1頁上段右端に題字を載せ、左側に広告や主要記事目次(3項目程度)を載せて、その下に1面大見出しを掲載していた。 その後、他紙同様題字をやや左にずらし、右端上段から大見出しを出すようになっていった。 付まで『中スポ』(赤地白文字で130円と記してあった)を1頁右端に出し、『中日スポーツ』は左端に小さく出ている(もほぼ同じようなデザイン形態である)。 目次は「中スポ」の文字の下に入れている。 また現在の小サイズの題字になる前まで(概ね前半まで)は「中日スポーツ」の上に「ス」を挟む形で白抜き文字「 THE CHUNICHI SPORTS」を入れていた。 2020年付から『中日スポーツ』の題字(空色)が『中スポ』に代わる形で1面右端に掲示している。 姉妹紙・関連紙 [ ]• (発行) - (、、、、、、、西部を除く。 以前は名古屋でも一部駅売店などで販売されていた) 中日スポーツの紙面には、「 東京へ行ったら 東京中日スポーツ」という小さな広告が載っており、逆に東京中日スポーツの紙面には「 名古屋へ行ったら 中日スポーツ」という同様の広告が載っている(どちらも記事などの都合でこの広告が載らない日もある)。 (中日新聞社本部発行)・・(以上発行)・(発行) - 販売エリアなど詳細は関連項目を参照。 中日新聞のスポーツ面に関しては、運動部が担当していることもあり、中スポの一部解説者が論評を行う程度で、特に交流などはない。 (発行) - 基から芸能・社会と一般スポーツ(九州地方関係は除く)の記事については中スポ、トーチュウからの記事提供を受けているが、より中央競馬面の記事も中スポからの提供を受けて掲載している(同までは(大阪本社版)からの提供だった)。 この他、(発行)とも連携し、中スポ・トーチュウ・西スポ・デイリーの4紙では共同で特別企画や「アタック4」と称した読者プレゼント企画を年に数回実施している。 番組表 [ ] 放送局末尾の数字は。 最終面 [ ]• 2011年10月のBSデジタル放送のチャンネル追加に伴い、これまで中面に4分の1サイズで掲載していた民放BS局の内、主要6局が最終面に移動し、ハーフサイズに拡大された。 広域(愛知・岐阜・三重)• フルサイズ - 3()、 5、 1、 10、 6、 4• ハーフサイズ - 7、 8、 2(NHK名古屋放送局)、 BS1、 BS3、 BS4、 BS5、 BS6、 BS7、 BS8、プライム BS9 静岡• フルサイズ - NHK総合 1()、NHK Eテレ 2、 8、 5、 6、 4• 3分の1サイズ - CBCテレビ、東海テレビ、テレビ愛知• 4分の1サイズ - メ〜テレ、中京テレビ BSのサイズ・配置は不明。 北陸(石川・富山)• フルサイズ - NHK総合 石川1・富山3(・)、 8、 6、 5、 4、 8• ハーフサイズ - 1、 6、NHK Eテレ 石川2・富山2(NHK金沢放送局・NHK富山放送局)、NHK BS1、NHK BSプレミアム、WOWOWプライム、BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSテレ東、BSフジ 福滋(福井・滋賀)• フルサイズ - NHK総合 1()、NHK Eテレ 2(NHK福井放送局)、 8、 7、 4、 8• ハーフサイズ - NHK BS1、NHK BSプレミアム、WOWOWプライム、BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSテレ東、BSフジ• 3分の1サイズ - 、、• 4分の1サイズ - 中面 [ ]• 番組解説、(AMおよびFM)およびBSの番組表を掲載。 なお、ラジオ以外は各地域共通サイズ。 番組解説においては、番組名・名古屋での放送局・時間を書いた後に・・・・・・の順でネット局を掲載している。 ただし、テレビ愛知で放送されるの番組で、・()で放映される場合でも、「テレビ大阪」「びわ湖放送」の表示はない。 また、テレビ東京の番組であっても、ぎふチャン、三重テレビで放送される場合は掲載される。 局名表記で明記する場合は次の通り。 太字は名古屋地区での放送局。 の放送局表記についてははに「あさひテレビ」、はに「だいいち」と変更しているが、に同局の呼称が「Daiichi-TV」に変更されてからも引き続き「だいいち」のままであったが、2016年10月から「静岡第一」の表記に戻された。 テレビ静岡は、局名表記をそのままで記載していたが、2019年からは「テレしず」の愛称で表記している。 福井・滋賀版に掲載されているは、まで「毎日テレビ」と表記されていた。 また福井・滋賀版ではにの表記が「関西テレビ」から「カンテレ」に変更された。 広域(愛知・岐阜・三重)版に掲載されている放送局表記は、まで「CBC中日」「東海THK」「中京CTV」と表記されていたのが翌日()から「CBCテレビ」「東海テレビ」「中京テレビ」の表記に変更された。 TBS系列については、チューリップの次に福井県の局が実在してないため、福井県では加入者の多い前述のMROなどを入れている。 BS [ ]• 4分の1サイズ - WOWOWライブ BS9、WOWOWシネマ BS9、 BS10、 BS11、 BS12、 BS4K 1、 BS8K 2、、、、(J sports 1、J sports 2、J sports 3、J sports 4) ラジオ [ ] 広域• 3分の1サイズ - (は未収録)、、 、、、、、• 小サイズ -• 極小サイズ - ぎふチャン 長野• 3分の1サイズ - NHK-FM、NHKラジオ第1、、、CBCラジオ、東海ラジオ• 4分の1サイズ - NHKラジオ第2• 極小サイズ - ラジオNIKKEI 静岡• 3分の1サイズ - NHK-FM、、 FM、、NHKラジオ第1、CBCラジオ、東海ラジオ• 4分の1サイズ - NHKラジオ第2• 極小サイズ - ラジオNIKKEI 北陸• 3分の1サイズ - NHKラジオ第1、、、NHK-FM、、• 4分の1サイズ - NHKラジオ第2• 極小サイズ - ラジオNIKKEI 福滋• 3分の1サイズ - NHKラジオ第1、、、NHK-FM、、• 4分の1サイズ - NHKラジオ第2• 極小サイズ - ラジオNIKKEI 競技別解説者 [ ] 野球解説者(現在) [ ] 一部を除き、系列のの評論家を兼任しているので、便宜上名古屋本部・東京本社ごとに分けて記載する 名古屋本部担当 [ ]• (1990年〜1994年、1996年〜)• (1995年〜)• (1998年〜2001年、2005年〜2011年、2014年〜)• (1998年〜2017年、2018年〜)• (1999年〜2011年、2014年〜)• (2002年〜2011年、2014年〜)• (2010年〜)• (2016年〜)• (2019年〜)• 2020年~• (2020年〜) 東京本社担当 [ ]• (1997年、2003年〜2007年、2009年〜)• (1996年〜)• (1995年〜1999年、2003年〜、MLBも担当)• (2019年〜) サッカー解説者(現在) [ ]• (兼任)• (コラム「Jファイル」を執筆している)• (元名古屋選手、現・サッカー部監督)• (元名古屋選手、現・監督)• (元名古屋選手、現・中京大学体育会サッカー部チームディレクター)• (元名古屋選手)• (元名古屋選手・現・監督) 競馬解説者(競馬担当記者) [ ]• (解説者)• (・中京編解説者、パドック〔中京開催分〕解説者)• (KEIBA BEAT・中京編解説者、グリーンチャンネルパドック〔中京開催分〕解説者)• (KEIBA BEAT・中京編解説者、グリーンチャンネルパドック〔中京開催分〕解説者)• (KEIBA BEAT・中京編解説者、グリーンチャンネルパドック〔中京開催分〕解説者)• (獣医師でもあり、アカデミックな切り口のコラム「競馬は科学だ」(毎週金曜)、「馬券は科学だ」(開催日の予想)を連載中。 グリーンチャンネルパドック〔関西主場開催分〕解説者、トラックマンTV出演 ) その他競技解説者 [ ]• (、兼任、本紙ではコラムを掲載)• 東京中日スポーツ兼任。 本紙ではコラムを掲載) コラム [ ] セブンデイズ [ ] 2008年3月までは「 セブンアイ」のタイトルで連載されていた。 毎日日替わりで各界の著名人によって執筆されている。 東京中日スポーツでも連載されている。 現在の執筆者 [ ]• (スポーツジャーナリスト)• (スポーツジャーナリスト、元中日スポーツ記者・編集委員)• (作家)• (作家)• (教授)• (落語家) 過去の執筆者 [ ]• 私は見た! [ ] 作家・のに関するコラム。 1990年から2012年まで大相撲の本場所開催中は毎日掲載された。 東京中日スポーツでも同様に本場所開催中に毎日掲載。 広告 [ ] CMについて [ ]• 東海地方でシェアが多いことなどから、同様に頻繁にCMは放送されていない。 過去には、地元民放ラジオ局の・、でラジオCMが放送されていたが、現在は放送されていない。 現在放映されているTVCMに関しては、数種類のCMの内容は10年近く変っていないほか、過去に中日ドラゴンズに在籍していたがで放ったサヨナラホームランの紙面を使用しているCMもあった。 また競馬での(が優勝)の写真を用いたCMも長年に渡って使用していた。 提供番組• - 制作。 ネット局ののみ 取材協力・協賛• ( 毎晩22時台(平日は第2部)、平日23時台のミニスポーツニュース) 広告その他 [ ]• - 天井に近い部分にある、広告ポイント(ナゴヤドームをほぼ1周している部分) 発行所 [ ]• 460-8511 名古屋市三の丸一丁目6番1号 中日新聞名古屋本社内 印刷拠点 [ ]• (三の丸・金城・辻町)、、、、、 脚注 [ ]• が東海地区で発行する「」は略称は「中スポ」ではなく「中京スポ」である。 中日新聞三十年史・発行当時の鈴木副社長(日刊紙計画当時は編集局長)談より。 中日新聞三十年史〔(昭和47年)12月1日・発行〕より• やの駅売店など• ビル内• 名古屋市内・近郊向けの紙面。 かつては早版〔3版〕を発売していた。 北陸本社発行で、のみ差し替え。 ただし、伊豆の一部地域では東京中日スポーツのみ。 がをトップに採り上げるのと同じ• エピソードなど詳細は倉橋のページを参照のこと。 関連本も販売されている。 ちなみに高橋がで金メダルを獲得した翌日の中日スポーツは、1面から7面まで高橋の記事で埋まり、同日にセ・リーグ優勝を決めたに関する記事は9面下方にモノクロ写真付の2行記事で掲載されただけ(中日ドラゴンズに勝利して優勝を決定したという要因も大きい)であった。 2015年10月25日 お知らせ• 大きなスポーツイベントや重大な事件・事故を報じる場合など、不定期でダブル1面にする場合もある。 左にAMとFMを区切るように東海ラジオの広告枠(プロ野球シーズン中の中継カードの紹介。 不定期で尾張温泉や下呂温泉湯元館の広告も掲載される)がある。 グリーンチャンネル出演時は当初として白衣姿で登場していた。 関連項目 [ ]• - 報道部記者。 ノンフィクション作家でもあり、2011年度を受賞している。 外部リンク [ ]• chuspo -.

次の

新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について:スポーツ庁

中 日 スポーツ

というのも昨シーズン終盤、中5日のローテーションを上手く回して、CS初出場を果たしたチームがあったからだ。 広島カープである。 9月4日から30日までのローテーションをそれまでとは全く変え、投手4本柱の登板間隔を縮めて勝負をかけたのだ。 エースの前田健太と大竹寛(現巨人)、野村祐輔がこの間すべて中5日以内で投げ続け、2試合に登板したバリントンも中4、中5日だった。 この期間の成績は、7連勝を含む14勝7敗1引き分け。 広島が逆転で初のCS出場を決めたのは、勝負所で良い投手を多く起用するという戦略に出たからだった。 良い投手が投げる試合を増やす、という理由。 そもそも米球界が中4日を採用する理由の一つとして、良い投手が投げる試合を増やすという狙いがある。 費用対効果を考えれば、ダルビッシュなどのようにそれ相応の金額を払っている投手には、できるだけ多くの試合に登板し、勝利に貢献してもらいたいのだ。 米球界はともあれ、昨季広島が採った、終盤の中5日ローテーションは奇抜な采配のようで、合理的なものだった。 エースの前田は「これまでのカープがCSに出たことがないという中で、チームとしてCSに出たいという戦い方だった」と話している。 ではこれをシーズン終盤だけではなく、通常の戦術として採用するとどうだろうか。 当然、故障や中5日への慣れ、戦術の浸透度合いなどさまざまな要素は検討していかなければいけない。 現場はどう思っているのだろうか。

次の

新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について:スポーツ庁

中 日 スポーツ

新型コロナウイルスの影響で2020年7月の開催が危ぶまれている東京オリンピック。 「体育の日」から「スポーツの日」へ いつが祝日になるのかについては、「」で定められている。 そのうちの一つが1964年の東京オリンピックを記念した「体育の日」だったが、法改正で2020年1月から名称が「スポーツの日」に改められた。 「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」というのがその趣旨であり、本来は10月の第2月曜日が祝日となる。 オリンピックの中止・延期があっても、この「スポーツの日」の名称が「体育の日」に戻ることはない。 2020年だけ祝日を移動 問題は、この「スポーツの日」を含めて特別に3つの祝日が、2020年に限り、五輪シフトのために移動していることだ。 すなわち、「」により、「海の日」「スポーツの日」「山の日」が次のとおり変更されている。 大会の円滑な準備や運営などを図るというのがその狙いだ。 再変更には法改正が必要 ただ、これらはすでに特措法によって移動が実行済みとなっている。 この特措法の改正が行われない限り、たとえオリンピックが中止・延期になったとしても、2020年の「海の日」「スポーツの日」「山の日」はそれぞれ移動となった7月23日、24日、8月10日のままで変わらない。 また、その特措法によって2020年限定の措置とされているため、2021年以降は、例えば「海の日」が7月の第3月曜日であるなど、祝日法の原則に戻ることになる。 もし延期が半年後や1年後、2年後といった時期になれば、新たな開会式・閉会式の日に合わせ、改めてその年の祝日を移動させる法改正が必要となる。 一方、中止・延期が決まったからといって、先ほどの3つの祝日をもとに戻せば、カレンダーの表記と異なるなど大混乱が予想される。 2020年の祝日はオリンピックの中止・延期と関係なくそのままにしておく、といった措置が望ましいだろう。 (了) 【追記】 政府は、東京オリンピックの開催が2021年に延期されたものの、2020年の祝日に関する特措法の規定は改正せず、そのままにしておくとした。 このため、2020年の「海の日」「スポーツの日」「山の日」は、それぞれ7月23日、7月24日、8月10日のままとなる。 一方、政府は、2021年のオリンピック開会式や閉会式にあわせ、2021年も祝日を移動することとした。 国会で改正特措法が可決成立したら、2021年の「海の日」「スポーツの日」「山の日」は、それぞれ次のようになる。 ~序章 1 逮捕2日前 夜半、携帯電話に着信履歴。 大阪地検の特捜部長からだった。 折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。 検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。 検事正には部長も同席するようにと言われた。 用件は不明や」とのこと。 日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。 地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。 ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。 捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。 元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。 検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。 後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。 (続).

次の