はせから。 ハセカラ (はせから)とは【ピクシブ百科事典】

「ハセカラ騒動」とは?その原因や経緯まとめ!ハセカラの現在も

はせから

長年にわたる不快で悪質な発言により、多くのネットユーザーの怒りを買っていた「八神太一」ことH君は、2012年3月7日に自ら大学の合格証書を公開したことをきっかけに特定され、あらゆる個人情報を暴き出され、掲示板ユーザーの総攻撃に遭うこととなりました。 このページでは、八神太一=H君が特定されるまでの流れと、その後様々な個人情報が判明してしまった経緯を解説していきます。 なお、掲示板ユーザーに特定されてしまったH君はその後、「ネットに強い弁護士」こと唐澤貴洋弁護士を雇い、反撃を試みます。 しかし、掲示板ユーザーには「自業自得の炎上事件で被害者ぶって弁護士に泣きつき反撃してくるという前代未聞の行動」とみなされてさらなる反感を買い、ますます炎上してしまいます。 それどころか、唐澤貴洋弁護士のユニークな言動が大いにウけたことで、唐澤弁護士を巻き込んで炎上そのものが一大ムーブメントになってしまいました。 さらには、皆が興味を失い鎮火しかけた頃に唐澤弁護士が新たな動きを見せ、騒動が再び盛り上がってしまうことで騒動が長期化。 「H君最大の悪手は弁護士を雇ったこと」とまで揶揄されています。 H君が特定後、ネットユーザーから受けた攻撃についてはをご覧ください。 コテハン・八神太一は、2ちゃんねるへの書き込みの中で「自分は高校生で、指定校推薦で大学合格済み」という情報を公表していました。 しかし、八神太一はもともと虚言癖があることで知られており、非常に嫌われていたため、「大学に受かったというのもいつもの嘘だろう?証拠でも上げてみろよ、どうせできないだろうけど」という趣旨の発言が集中することになります。 (すべての始まりの日・2012年3月7日) これに反論するため、八神太一は大学の合格証を撮った写真を自らアップロードすることとなります。 「大学名」や「自分の氏名」を隠した画像でしたので、これなら、個人を特定する材料にはならないと考えたのでしょう。 しかし、インターネット上には「あらゆる大学の合格証をまとめたサイト」が存在していたのです。 そのサイトで調べると、八神太一の合格大学は K大学であることが簡単に判明してしまいました。 さて、合格大学がバレてしまった八神太一は焦り、「指定校推薦というのは嘘で、実際はAO入試だった。 こんなこともあろうかと滑り止めのK大学の合格証を晒した。 4月から通うのは別の大学」という趣旨の言い訳をし始めます。 しかし、あまりに必死に言い訳するその姿に、掲示板ユーザーは「八神太一が4月から通うのはK大学」との確信を逆に深める結果になります。 さらに、掲示板のログから、K大学のAO入試の日にも八神太一は元気に書き込みをしていたことが判明し、AO入試という言い逃れは通用しなくなってしまいます。 もともと、八神太一の過去の発言から、出身高校が千葉県の私立高校であることは周知の事実でした。 八神太一の通う大学名が判明したことで、次は八神太一の出身高校を特定してもっと追い込んでやろう、という気運になった掲示板ユーザー達は、膨大な量の過去の書き込みを洗い直します。 八神太一の発言には嘘や誇張が多く含まれていたため、使える情報と使えない情報があり一時は混乱を招きましたが、ほどなくして具体的な高校名の候補が幾つかに絞り込まれていきます。 そして、候補となった高校のカリキュラム、部活動、学校行事の日付と、八神太一の過去の発言をすりあわせた結果、八神太一が卒業したのは C高校である可能性が極めて濃厚になっていきます。 C高校の推薦指定校にK大学が含まれていることも確認され、八神太一の出身高校がC高校である可能性はほぼ確実なものとなります。 C高校出身、K大学入学予定という2つの情報を手に入れた掲示板ユーザーは、八神太一のさらなる個人情報の入手を期待し、当時最大手のSNSであった「mixi」に目をつけます。 mixiのプロフィールに「C高校」「K大学」と記載されているユーザーを検索したところ、なんと、「つい数分前に自身のプロフィールの『K大学』を『亜細亜大学』に書き換えた形跡がある」という怪しすぎる青年のアカウントが見つかります。 その青年の本名を、以後 H君と呼称します。 H君のmixiアカウントは、H君の個人ブログやTwitterと繋がっていました。 そこで、それらのブログ・Twitterの書き込みをよく調べてみると、態度や口調こそ全く異なるものの、書いている内容には八神太一の発言との一致点が数多く見つかりました。 こうして、八神太一=H君説はどんどん濃厚になっていきます。 とはいえこの段階では、「八神太一=H君」は99. 9%確実とされながらも、言い逃れできないほど決定的な証拠はまだありませんでした。 そのため、ここでH君が白を切り通せば最悪の事態は防げたのかもしれません。 しかし、何を思ったか突然H君は、mixiアカウントのプロフィールに 「開き直る、ワイが八神や」と記載してしまいます。 本人の開き直りにより、 八神太一=H君が100%確定した一瞬でした。 この瞬間から、八神太一の本名Hが掲示板じゅうに拡散しはじめます。 この後の流れを見ればわかるように、mixiは個人情報の宝庫であり、H君自らの手で99. 9%を100%に確定させてしまったのは、どうしようもない悪手でした。 なぜH君がわざわざ「自分の首を差し出した」のかは、諸説ありますが、「特定の恐怖より目立ちたい欲望が勝ったのでは」とも指摘されています。 さて、H君のmixiアカウントの「マイミク」(友達)を検証すると、ほとんどがM小学校、M中学校の出身者であることが判明しました。 それで、H君自身の出身校もM小学校、M中学校であることが容易に推察されました。 このことから、実家の住所が千葉県M市のごく狭い範囲に限定されることとなりました。 (ここま でが、合格証書がアップロードされた2012年3月7日に起きた出来事です。 ) それから時は流れ、約1年後。 ゼンリン住宅地図を用いた机上調査や実地調査などにより、この頃までにH君の自宅候補は2~3軒にまで絞られていました。 候補となった2~3軒のうち、どれがH君の家なのかは決め手を欠く状況でしたが、「犬を飼っていない」という理由によりある一軒(通称 ニーナハッサン)が目下最有力候補とされていました。 これは、とにかく自分語りが大好きなH君は、犬を飼っていたとすればその話を何度かしていたはずだ、という推理によります。 ニーナハッサンの不動産登記簿謄本の取得により、H君が今の場所に引っ越してきたと語っていた時期とニーナハッサン新築の時期が一致することも確認され、H君の実家=ニーナハッサンが99. 9%確定。 ついでに、不動産の所有者であるH君の父親の名前も特定されてしまいました。 この頃から、人違いのリスクが低まったことで、ニーナハッサンの住所を広めようとする者が増えてきます。 さて、住所特定までの1年間の間に、とある関係者がC高校の卒業アルバムを公開していました。 高画質なH君の顔写真を入手した掲示板ユーザー達は、様々な写真にH君の顔を合成する「コラ画像」を作成し、面白半分でTwitterやブログなどで拡散しはじめます。 そんな中、コラ画像の一つ「大学生にありがちな髪型」が、H君の元同級生たちの目に止まってしまいます。 元同級生の一人、S氏はTwitterで 「これHじゃないの?」と発言。 そして、元同級生たちとTwitter上で盛り上がる中、ついにこのような発言をしてしまいます。 「てかね、住所特定までされてんだよ?しかもちゃんとHの家だったし.. さて、H君特定の嚆矢となったのは、「4月からK大学に通う」という情報でした。 しかし、入学前にこれだけの騒ぎを起こしたH君は本当にK大学に通うのか(通えるのか)が当然話題になっていました。 また、もしK大学に通っているならば、何学部の何学科なのか・担当のゼミ教授は誰なのか・サークルは入っているのか・どのような学生生活を送っているのか等々、掲示板ユーザーの興味は尽きません。 その答えは、意外なところから判明することとなります。 皮肉なことに、IP開示の裁判を起こしたことがH君の個人情報の1ピースを埋めてしまったのでした。 これについては、「裁判の内容からして原告の学部・学科の情報はまったく不要であり、わざわざ余計なことを書いた唐澤弁護士の失敗ではないか?」「高い報酬を払って、慰謝料も期待できない裁判で、被害者の余計な個人情報を公開するとは、唐澤弁護士はいったいどっちの味方なんだ?」と批判が相次ぐこととなりました。 ・大学の同級生を名乗るリーク者によって所属サークルとそこでのH君の扱いを暴露される。 ・「H君を名乗った欠席報告メールを、学内のゼミ担当教授に総当たりで送る」という手法により、所属ゼミが割り出される。 ・玄関マット盗難・ゴミ漁りにより、母親の名前が特定される。 ・mixiやTwitterからの発掘により、弟の名前が特定される。 など、H君の個人情報や私生活が、次々と暴露されていくのでした。 しかし、2016年3月をもってH君はK大学を卒業したことが確認されています。 その後の現住所や勤務先などについては一切知られておらず、 H君は掲示板ユーザーの魔の手から完全に逃げ切ることに成功している のが現状です。 現在、ハセカラ騒動関係の掲示板では、唐澤貴洋弁護士や、本騒動から派生した別のターゲット等が話題の中心となっているため、H君の特定・嫌がらせは完全に下火になっています。

次の

H君特定までの軌跡

はせから

概要 「 」とは、元は「」から生まれた言葉である。 しかしpixivでは、主に、もしくはその派生アニメ作品である「 」の用語として用いられる。 他のでも単語自体は登場しているが。 また、そこから派生した、また別の意味を持つ言葉としても使用されている。 以下、三つの用例について解説する。 「相対性理論」の「世界線」 「の世界線」とは、簡単に説明すると、 「 四次元時空の中で、ある粒子(、もしくはの物体)が動く経路」 のこと。 「」や「」で使用される。 このの提唱者は「」である。 とは言っても、の、その更に高度な理論における言葉なので、詳細は下記の関連リンクを参照のこと。 「Steins;Gate」の「世界線」 : : 「シュタインズ ゲート」の世界線とは、「過去から未来までを含む『一本線の世界の歴史』」のこと。 元ネタはが使用した用語である。 「これから構築される歴史」の中には「様々な方向へと進む可能性」が含まれており、ちょっとした出来事であらゆる方向へと進む。 しかし、どの過程を経ても、「」と呼ばれる現象により、奇跡的な偶然が起こるなどして、「決まった結果」に行き着くことになる。 また別に、「別の結果に行き着く歴史」の可能性も存在し、なんらかの理由で歴史の結果が変化するような時は、「別の歴史を持つ世界」へと再構成される。 つまり、「シュタインズ ゲートの世界」は「常に一つ」であり、「世界を移動」するごとに「前の世界は消える」ことになる。 そのため、別の世界、つまりは「」は存在しない 当然ながら公式アンソロジーなどの疑似的なパラレルワールドなどを否定しているわけではなく、あくまでタイムパラドックスの解消法としてパラレルワールドが存在しないという意味。 タイムパラドックスで発生する問題の解消方法すべてのいいとこどりをしたもの、と思っておけばとりあえずは問題はない。 主人公:は、送信・削除とをしていくことにより、となる「」を目指すことになる。 更に詳しくは下記のリンク先を参照のこと。 いずれも重大なネタバレがあるので注意。 また、以下に「シュタインズ ゲートの世界線」の関連タグを記述しておく。 「世界線」関連用語 () () () 「世界線一覧」 () () () () () こういうタグもある 基本的には「世界線」の意味を問わず、「シュタインズ ゲート」関連作品に付加されるタグとして使用されている。 一般用語化した「世界線」 上記の「シュタインズ ゲート」の用語から派生して、 現在では「」と同じ意味で「世界線」の言葉が使用されることがある。 例:この作品には様々な「世界線」が存在する。 但し、この用例の「世界線」は、「別の世界が横に並んでいる」状態となっている。 そのため、あくまで「一本線の世界しかない」「シュタインズ ゲートの世界線」とは意味が異なることになる。 一般用語としての「世界線」はこちらのリンク先を参照のこと。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

3分でわかる!ハセカラ騒動

はせから

ネット掲示板・2ちゃんねるの「なんでも実況J板」に、「八神太一」と名乗るユーザーがいました。 「八神太一」は、出身地や学歴で人を激しく差別する投稿や、執拗な自分語りでとても迷惑がられていました。 くわえて、東日本大震災の被災者を嘲笑し侮辱する発言や、児童ポルノの「オススメ作品」を挙げるなど、誹謗中傷や犯罪自慢の悪質な書き込みでも知られていました。 そのうえ「自分を特定して追い込んでみろ。 それが出来ないお前らは怖くもなんともない」「俺は嫌な思いしてないからお前らが嫌な思いをしようと関係ない」などと、他のユーザーを挑発する発言を繰り返していました。 そんなある日、掲示板上の言い合いにカッとなった「八神太一」は、自分の合格した大学の合格証を自らネット上に公開してしまいます。 これをきっかけに、日頃から彼の書き込みを不愉快に思っていたユーザー達により、彼の本名や住所などの個人情報が次々に特定されてしまいました。 以下、この高校生を H君と呼びます。 (別名 チンフェ。 本名は有名ですがこのサイトには掲載しません) H君は特定された直後も、その状況を楽しんでいるかのような余裕の発言を繰り返し、「有名人になった」などとはしゃいでいました。 しかし、過去の悪質な書き込みと自分の個人情報が紐づけられることの重大さに気づくと、一転して自分の個人情報などを書かないように要請しはじめます。 とはいえ、H君自身過去に炎上したユーザーの個人情報をばらまいていたこともあり、掲示板ユーザーはまったく聞く耳を持ちません。 追い詰められ八方塞がりになったH君は、ここで最終手段に出ます。 「ネットの誹謗中傷対策に詳しい」と称する弁護士 唐澤貴洋に依頼し、法的措置をちらつかせて鎮火を試みたのです。 まさかの弁護士の登場に、H君の本名などを書き込んでいた多くの掲示板ユーザーは驚き、震え上がりました。 このとき、H君に対する反感はさらに高まりましたが、唐澤貴洋弁護士を逆恨みして攻撃する者はほとんどいませんでした。 むしろ、自業自得で炎上したクソガキの弁護をしなければならない唐澤先生が可哀想だとか、こんなくだらない案件でも業務の一環として真摯に対応する唐澤さんは立派だ、という意見さえみられました。 しかし、唐澤弁護士の過去の職務上の不手際や、非常識な言動が次々に発見されてしまい、次第に彼の弁護士としての能力や人間性に疑問符がつくようになります。 そのうえ、唐澤弁護士のとった法的措置(IP開示請求)には実際にはほとんど意味がなく、こけおどしにすぎない、という見解がユーザー間で多数を占めるようになります。 こうして、掲示板上には唐澤弁護士を小馬鹿にする書き込みや「無能弁護士」などと評価する書き込みが次第に目立つようになっていきました。 この時点で唐澤弁護士の受けた被害といえば、「ひょんなことから掲示板ユーザーに注目され、茶化されたり馬鹿にされたりした」だけでした。 このような炎上騒ぎはネット上ではままあることですが、たいていは黙っていれば自然に鎮火し、忘れ去られていくものです。 しかし、プライドを大いに傷つけられた唐澤貴洋弁護士は、掲示板ユーザーからの悪口や茶化し、さらには純粋な批判にさえ、いちいち過剰反応してしまいました。 特に、自らを話題にした書き込み239件に片っ端から法的措置(IP開示請求)をとったことは有名です。 このとき法的措置をとられた書き込みの中には、「うんこたれ弁護士」などの小学生レベルの悪口や、「唐澤貴洋さんを犯罪者呼ばわりするのはやめようよ」などの擁護意見すら含まれていました。 この「無差別開示」は、唐澤弁護士に対する掲示板ユーザーの心証を決定的に悪化させてしまいました。 その後も、唐澤弁護士は突如Twitterでポエムを披露したり、Facebookで演説を始めたりします。 これらの発言は、掲示板ユーザーの目には「奇行」と映り、面白がられたり、ふざけて真似されたりしました。 こうして、唐澤弁護士を茶化せば茶化すほど、普通なら見られないような反応が返ってきたことから、「唐澤貴洋弁護士をもっと馬鹿にして、もっと面白い反応を見たい」という機運が高まってしまいました。 唐澤弁護士の反応を引き出すために、嫌がらせやおちょくりはエスカレートし続け、唐澤貴洋弁護士は「ネット上の玩具」のような扱いになってしまいます。 ついには、ネット上の空気に乗せられて、半ば冗談のつもりで唐澤弁護士への殺害予告をする者まで現れてしまいます。 こうした流れの一方で、掲示板ユーザーたちは唐澤弁護士のルーツや弁護士としての活動実績について着々と検証・考察を進めてゆきました。 その結果、唐澤弁護士は勝ち目のない裁判を受任したり依頼を放置したりする悪徳弁護士であるとか、上流階級の世間知らずなお坊ちゃまであると結論づける者も現れました。 (もご覧ください。 ) もともと、唐澤弁護士はH君の炎上騒動を解決するために登場した人物でした。 しかし、自己顕示欲のきわめて強いH君がネット上で活動をやめた後も、唐澤弁護士は「面白い反応」を続け、ネットユーザーとバトルを繰り広げてしまいました。 そのため「ハセカラ騒動」はまったく鎮火することなく、H君への攻撃も止むことなく延々と続いてしまいました。 このことから、唐澤弁護士はインターネット上の誹謗中傷を解決するどころか、唐澤弁護士のせいで炎上規模が拡大し、騒動が長期化してしまった、との見方さえあります。 事実、同時期に炎上していたユーザーは弁護士など雇わなかったため、今ではすっかり忘れ去られています。 こうして騒動が長期化した結果、唐澤貴洋弁護士とH君は、発端の「2ちゃんねる・なんでも実況J板」だけでなく「Twitter」や「ニコニコ動画」など、ネット上の他のコミュニティでも次第に知名度を上げていきます。 その結果、普段は他のコミュニティに所属する多くのネットユーザーが、騒動に興味をもち集まってきてしまいました。 良くも悪くも多様なユーザーが集結してしまったことにより、次々に新しい茶化し方・嫌がらせが考案され、実行に移されていきます。 訴求力のあるコンテンツは騒動をさらに広め、ネットユーザーをさらに呼び寄せます。 こうして騒動はひとり歩きし、「自給自足」の時代に突入します。 ここまで膨れ上がると、もはや誰にも鎮火できません。 H君と唐澤弁護士への茶化し・いじり・嫌がらせは「不謹慎で面白いネットコンテンツ」の一種と化してしまったのです。 例えば、 唐澤貴洋弁護士を「尊師」と呼んで崇拝する新興宗教( 恒心教)が成立したり、 唐澤貴洋やH君を茶化す歌が多数作曲されたり、 唐澤貴洋やH君のCGアニメーションが作られたり、 唐澤貴洋をモチーフにしたシールが街中いたるところに貼り付けられたり、 唐澤貴洋の法律事務所を勝手に宣伝する10円硬貨が流通したり、 唐澤貴洋と同僚や父親との倒錯的な官能小説が多数投稿されたり、 唐澤貴洋を名乗って多数のウェブサイトがハッキングされたり、 H君の実家の玄関マットや傘立てや置物が盗難されたり、 H君や唐澤貴洋が凶悪事件の犯人であるというデマが拡散されたり、 H君や唐澤貴洋の誕生日を記念する競馬の協賛レースが行われたり、 H君の父親の自動車が汚損されてGPSを取り付けられたり、 H君や唐澤貴洋になりすまして近所に年賀状が送られ、電子書籍が勝手に出版され、 爆破予告のメールが公的機関に送りつけられたりしました。 こうして「インターネットに強い弁護士」唐澤貴洋弁護士は、日本のインターネット史上類を見ない規模の炎上の爆心地になってしまいました。 ネットユーザーのおふざけ・嫌がらせと、それに対する唐澤貴洋弁護士の反応によって長年続いてきた「ハセカラ騒動」ですが、2017年頃から事態は大きく動き始めます。 唐澤貴洋弁護士が、一連の騒動を自身の営業に利用し始めたのです。 唐澤弁護士は「インターネットの炎上事件に詳しい弁護士」兼「国内最大のインターネット炎上被害者」として、数々のメディアに精力的に出演。 「ネット炎上の被害者である高校生の依頼を受けた瞬間から誹謗中傷の被害を受けるようになった」 「弁護士として活動しただけなのに100万回殺害予告を受けた」などと騒動の原因を分析したうえ、 「私のような炎上被害者に対する法整備は不十分だ、発信者をもっと容易に特定できるような法改正が必要だ」と主張しはじめます。 特にNHKでは1時間近いドキュメンタリー番組が制作され、一連の騒動についての詳しい紹介が唐澤弁護士に寄り添った視点でなされました。 さらに唐澤弁護士は、「炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか」 「そのツイート炎上します! 100万回の殺害予告を受けた弁護士が教える危機管理」と題する書籍を上梓。 バラエティ番組に出演した際は、サイン本のプレゼント企画まで行っています。 「炎上弁護士」というアンデンティティを得た唐澤貴洋は、ついにはYouTubeチャンネル『弁護士唐澤貴洋のCALL IN SHOW』を開設し、YouTuberデビュー。 こうした動きに対してネットユーザーの間では「100万回空き巣に入られた人の防犯術を誰が欲しがるのか」と呆れる声や、「H君の炎上を解決できなかったことに何の罪悪感もないのか」と批判する声もみられました。 その一方で、唐澤貴洋は政治活動団体「しばき隊」や「NHKから国民を守る党」などと親交を深め、政治的発言を繰り返すようになります。 さらに、AV監督とコラボした「おっさんずラボ。 」なる企画や「唐澤貴洋のゲーム実況」など、面白コンテンツとして自らを売り出し始めます。 こうして「ハセカラ騒動」は、今日では唐澤貴洋弁護士を中心とした炎上事件として知られるようになりました。

次の