新幹線eチケット 在来線乗り継ぎ。 新幹線で途中下車して改札口の外に出るには?|JR新幹線ネット

「スマートEX」とは|JR東海

新幹線eチケット 在来線乗り継ぎ

新幹線は一般的な在来線と異なり、「乗車券」と「特急券」の2種類が必要です。 【乗車券】 乗車券とは、電車を利用する際絶対に購入しなければならない券のこと。 いつも在来線で購入している切符と同じものです。 自宅の最寄駅〜目的地の最寄駅が、乗車券の区間となります。 【特急券】 特急券とは、新幹線や特急列車に乗るために必要な券のこと。 普通列車よりも、速くて快適に移動できる利点に対するプラス料金と考えましょう。 特急券には、新幹線が停車する駅の区間が記載されていますので、購入後は買い間違えていないかチェックしてみてください。 通常、乗車券と特急券は各1枚ずつ発行されますが、場合によっては1枚で発券されることもあります。 また、複数の新幹線を乗り継ぐ場合は、特急列車に乗る回数分の特急券が必要です。 特急券にはさらに「自由席」と「指定席」の2種類があります。 新幹線の種類によってはグリーン・グランクラスといった上のクラスの券もありますので、希望する席を決めてから購入するといいでしょう。 【自由席特急券】 自由席特急券は、席を指定せず、乗る列車も指定されていません。 自分の好きな時間の新幹線に乗れること、最も安価というのがメリットですが、席が決まっていないため、混雑時には移動区間中ずっと立ちっぱなしということもありますのでご注意を。 【指定席特急券】 指定席特急券は乗る新幹線の時間を指定して、席を確保できます。 必ず席に座れるため、電車での移動に慣れていない方や荷物が多い方、小さなお子様を連れている方は指定席特急券を選択するのがおすすめ。 また、当日購入だと希望の時間帯が満席だったということもあるため、繁忙期は事前予約をしておくとよいでしょう。 新幹線の切符はJRの窓口、みどりの窓口、自動券売機、旅行代理店、インターネットなど様々な場所で購入できます。 慣れている方はいつでもどこでも購入できるインターネット、初心者の方は窓口購入がおすすめ! 窓口購入時は ・乗車区間 ・日時 ・人数 ・指定席か自由席か を伝えるだけでOKです。 禁煙が良いのか、窓側か通路側どちらが良いか、などの詳しい選択は販売員さんから聞いてくれます。 順番に答えていきましょう。 支払は現金以外にも、クレジットカードや金券が使用可能。 切符は当日でも購入可能ですが、満席で希望の時間を取れない場合や、グループで席が離れてしまう場合もあります。 前日までに購入しておくのがベターでしょう。 特にGWやお盆、年末年始などの繁忙期は事前購入が必須です!切符は乗車日1か月前の午前10:00から発売が開始されます。 また、トラブルを回避するために、切符購入後は日付や時間をきちんと確認するようにしましょう。 在来線と新幹線の改札口は異なります。 必ず「新幹線」と書かれた改札口を探してください。 新幹線の駅まで在来線で来た場合は、構内にある新幹線乗換口へ向かいます。 改札機では、乗車券と特急券の2枚を同時に通しましょう。 改札を通ったら2枚とも忘れずに回収します。 取り忘れると大変なことになりますので、切符は最後まで大切に保管しておいてください。 新幹線にあまり慣れていない方は、発車時刻より少し早めに駅についておくのがよいでしょう。 新幹線の駅は大きくて広い駅にあることが多いため、改札口を探すのに迷ってしまうかもしれません。 乗り遅れてしまうことのないように、時間に余裕をもって行動することを心がけましょう! 改札を通ったあとでも待合所やお土産屋があるので、乗車時間までゆっくりと過ごすことができますよ。 駅弁を買って、新幹線の中で食べるのも旅の醍醐味ですね! 【乗り方】 改札を通ったら、自分が乗る新幹線のホームを電光掲示板で確認しておきます。 また、自分の席がホームのどの位置に到着するのかまで確認しておくと、スムーズに乗り降りができます。 16両編成もある新幹線のホームは非常に長く、位置を間違えてしまうと端から端まで歩くことに。 【乗車中】 乗車後は、しばらくすると車掌が切符の確認に回ってくることがあります。 その際は持っている切符をすべて見せてくださいね。 【降り方】 新幹線の乗降時間はとても短いです。 到着のアナウンスが流れたら、荷物をまとめてすぐに降りられるよう準備しておきましょう。 無事に降りることができたら、出発同様、2枚の切符を通して改札口を出てください。

次の

新幹線eチケットサービスでの新幹線同士の乗り継ぎについて

新幹線eチケット 在来線乗り継ぎ

新幹線のチケットレスサービスは、以前はモバイルSuicaの会員が利用できる「モバイルSuica特急券」として提供されていました。 モバイルSuicaの利用には、Felica対応のスマホが必要で、会員になるにはビューカードを登録するか、もしくはビューカード以外のクレジットカード情報の登録&年会費が必須でした。 しかし、2020年3月、気軽にチケットレスサービスを利用できる「新幹線eチケット」がスタート。 JR東日本・JR北海道のチケット予約サイト「えきねっと」かJR西日本のチケット予約サイト「e5489」からSuicaなどのICカード情報を登録のうえ新幹線の予約をすると、ICカードを使い東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にチケットレスで乗車できるサービスです(東海道・山陽新幹線と山陽・九州新幹線は、eチケット対象外)。 手数料や会員費などもかからず利用でき、チケットレスの利便性がグンとアップしました。 また、「新幹線eチケット」で予約をすると、指定席の場合は、通常料金より200円引きで購入できます。 さらにえきねっとでは、「トクだ値」という早期予約割引サービスが利用できる便もあります。 「新幹線eチケット」の利用方法 今回はえきねっとでの「新幹線eチケット」の利用方法を紹介します。 1)えきねっとの会員登録をする まずはえきねっとの会員登録が必要です。 氏名や住所、連絡先などの他に、チケットの購入にはクレジットカード情報、乗車日までにSuicaなどのICカード情報(モバイルSuicaもOK)の入力が必須です。 ・通常料金より200円引きになる ・「トクだ値」で通常よりもおおよそ5~35%割引(期間限定で最大半額も)の料金で購入できる ・チケット予約後、窓口や発券機できっぷを受け取らなくて良い ・チケットを無くしたり忘れたりする心配がない また、「新幹線eチケット」に限らず、えきねっとは、予約内容の変更や払い戻しの手続きもサイト上で可能なのでとても便利。 Suicaなどにチャージ可能なポイントが貯まるなどのメリットもあります。 「新幹線eチケット」のデメリット たくさんのメリットがある新幹線eチケットですが、一点気をつけたいのが、乗り継ぎなどを利用する場合。 新幹線eチケットでは、「東京都区内」などの特定都区市内制度(「東京都区内」「〇〇市内」などの記載があり、そのエリア内であればどの駅からでも乗車や下車できる制度)が適用にならないので、新幹線eチケットと在来線を乗り継いで利用する場合は、通常のきっぷでの金額を上回ることがあります。 乗り継ぎをする場合は事前に料金を確認しましょう。 スマホで新幹線チケットの購入手続きが完結できる「新幹線eチケット」。 新幹線利用がよりスムーズになりますね。

次の

きっぷを受取って乗車する|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

新幹線eチケット 在来線乗り継ぎ

モバイルSuica特急券(モバトク)とは、JR東日本が運行する新幹線(東北・山形・秋田・上越・北陸)の自由席・指定席の特急券が、 ネットで簡単に予約・購入できる、モバイルSuica独自のサービスでした。 2020年3月13日にモバイルSuica特急券は終了し、同月14日から新幹線IC乗車サービス 「新幹線eチケット」が開始されました。 新幹線eチケットでは、全国相互利用対応の交通系ICカード(モバイルSuicaを含む)を利用して、チケットレスで新幹線に乗車できます。 モバイルSuica特急券は「モバイルSuica」、新幹線eチケットはJRのインターネット予約サービス「 えきねっと(JR東日本・北海道)」や「 e5489(JR西日本)」でのサービスとなり、使い勝手や料金などにかなり違いがあります。 当記事では、新幹線eチケットの使い方や、交通系ICカードで新幹線に乗車できる「タッチでGo! 新幹線」や「スマートEX」との違いを、わかりやすく解説します。 JR東日本のネット予約サイト「えきねっと」、またはJR西日本のネット予約サイト「e5489」に会員登録• 会員情報に、手持ちの交通系ICカードを登録• 新幹線の自由席・指定席を予約時に、利用する交通系ICカードを指定• 新幹線自動改札機に交通系ICカードをタッチして入出場 在来線への乗り換えには別途で料金がかかる 新幹線eチケットサービスには、紙の乗車券・新幹線特急券とは違い、「東京(都区内)」「名古屋(市内))」「仙台(市内)」など、 特定都区市内制度がありません。 在来線に乗り継ぎする時は、 在来線の料金(交通系ICカード残高や、紙の切符で用意)が別途必要になります。 在来線がICカードエリア内 モバイルSuicaや交通系ICカードにチャージした電子マネーや定期券、紙の切符(乗車券)で乗り継げます。 ICカードを利用する場合はそのままタッチするだけ、紙の切符の場合は切符投入後に交通系ICカードをタッチします。 ほかの交通系ICカードを利用する際は、一度、新幹線改札口や在来線改札口を出てから再入場をします。 在来線がICカードエリア外 事前に在来線区間の乗車券(紙の切符)を駅窓口などで購入します。 新幹線と在来線を乗り換える際の改札機では、先に在来線区間の乗車券を投入して、交通系ICカードやスマホをタッチすると通過できます。 えきねっとトクだ値、お先にトクだ値は新幹線eチケットサービス限定に えきねっと限定の割引きっぷ 「えきねっとトクだ値」や 「お先にトクだ値」は、2020年3月14日以降、新幹線eチケットサービスの利用が必要不可欠になりました。 えきねっとトクだ値 対象列車:新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸)、特急列車(JR東日本・北海道) 申込み期限:乗車日1ヶ月前の10時~乗車当日1時40分 お先にトクだ値 対象列車:新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸)、特急列車(JR東日本・北海道) 申込み期限:乗車日1ヶ月前の10時~乗車日13日前の1時40分 今までえきねっとトクだ値で、安く新幹線のきっぷを購入していた方は、必然的に新幹線eチケットサービスの利用が求められます。 通常料金はモバイルSuica特急券より割高に 新幹線eチケットサービスを利用すると、 指定席が通常料金から一律200円引きになります。 モバイルSuica特急券と違い、料金は繁忙期・通常期・閑散期によって変動します。 さらに、自由席は通常料金と同額なので「安く新幹線に乗車できる」といったメリットはありません。 モバイルSuica特急券は、自由席・指定席に関係なく年中同じ料金で利用でき、さらに値引きが大きかったので、利用者からは「改悪」との声も挙がっています。 タッチでGo! 新幹線やSuicaFREX定期券との併用も可能 交通系ICカードを利用した新幹線への乗車には、 「タッチでGo! 新幹線」や 「SuicaFREX定期券」もあります。 交通系ICカードの残高の範囲内(2万円)で、特定区間の新幹線自由席に乗車可能なサービスです。 新幹線eチケットサービスは、交通系ICカードの残高に関係なく、東北・上越・北陸新幹線の全域&指定席でも使えるのが、大きな違いといえます。 タッチでGo! 新幹線、SuicaFREX定期券ともに、新幹線eチケットサービスとの併用が可能です。 タッチでGo! 5%還元) SuicaFREX定期券 新幹線定期券「FREX」に、Suica機能がついた定期券。 利用パターンによっては、出場と運賃の支払いができず、精算窓口で料金を支払う場合もあります。 スマートEXは東海道・山陽新幹線が対象 新幹線eチケットサービス 東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線 スマートEX 東海道・山陽新幹線 スマートEXは、JR西日本・東海が展開する、ネット予約&チケットレス乗車サービスです。 新幹線eチケットサービスとは違い、スマートEXは紙のきっぷも利用でき、2名以上の乗車はきっぷでの乗車になります。 スマートEXの料金は、駅窓口での販売価格より200円安く、通常期・閑散期・繁忙期や、列車種別によって値段が変動します。 EX早特やEX早特21などの早得商品もある点は、新幹線eチケットサービスと同じです。 ちなみに、JR九州でも2022年春にスマートEXを導入予定です。 紙のきっぷを手にすることなく、交通系ICカードやスマホ一つで全ての新幹線に乗れる時代が、すぐ近くまで来ています。 ビューカードの登録・支払いでポイント1. 5%還元 えきねっとの登録クレジットカードは、JR東日本グループのクレジットカード 「ビューカード」が、もっともお得です。 きっぷの支払いにビューカードを利用すると 「1,000円ごとに15円相当のJRE POINT」が貯まります。 ポイント還元率は1. 5%と高還元なので、高額な新幹線代も多くのポイントが貯まる分、お得感があります。 かずあるビューカードの中でもおすすめなのが、ビックカメラと提携した 「ビックカメラSuicaカード」です。 年会費は初年度無料、2年目以降は年1回以上の利用で無料になります。 ビックカメラで買い物する機会が少なくても 「年会費実質無料で使えるビューカード」として、多くの方が愛用しています。 もちろん、えきねっとだけではなく、SuicaへのクレジットチャージやSuica定期券の購入でも、ポイント還元1. 5%の対象になります。 新幹線やSuicaをよく利用する人は、持っていて損はない1枚です。

次の