ポケモン ソード メガシンカ。 メガシンカ

【画像あり】メガシンカポケモンって何種類いるの?|登場作品ごとにまとめてみた

ポケモン ソード メガシンカ

メガシンカとは? メガシンカは第六世代 カロス地方 で実装され、リザードンなど既存のこれ以上進化しないはずのポケモンが「進化を超える進化」を起こす現象です。 メガシンカするには、• キーストーンをトレーナーが身に着けること• メガストーンをポケモンが身に着けること が必須となり、原作では 1回のバトルで1体だけがメガシンカできるという条件付きでした。 メガストーンはポケモンごとに違うものが必要となり、違うポケモンのメガストーンを使ってもメガシンカできません。 例えば、ルカリオがメガシンカするには「ルカリオナイト」というメガストーンが必要です。 なお、メガシンカはバトルが終わると元の姿に戻るという「 一時的な進化」です。 バトル中に元の姿に戻すことはできず、倒れるかバトルが終了するまでメガシンカは継続します。 また、 メガシンカすることでタイプが変わるポケモンもいます。 メガシンカするポケモン メガシンカするポケモンの一覧です。 【予想】どうやってメガシンカする? 以下は今後のアップデート内容を予想したものですので、以下の内容が必ずしも実装されるとは限らないことに注意してください。 メガシンカポケモンの入手方法はまったくわかっておらず、「既存のポケモンがメガシンカするようになる」のか、「メガシンカした状態のポケモンが手に入る」のかもわかっていません。 既存のポケモンがメガシンカするようになる場合、トレーナーが持つ キーストーンはほぼ確実に実装されるでしょう。 ポケモンGOではポケモンにアイテムを持たせるという概念が現状無いため、対応するメガストーンを持っていればバトル中にメガシンカ可能、というのが有力でしょう。 メガストーンの入手方法としては専用のスペシャルリサーチ報酬の可能性が高そうです。 ラティアスやラティオスなど伝説のポケモンは、GOロケット団のサカキ勝利報酬というのもありそうですね。 メガシンカした状態のポケモンが手に入る場合、「既にメガストーンを持ってメガシンカした状態のポケモン」が手に入るため メガストーンは実装されない可能性もあります。 原作ではメガシンカはバトル中限定の進化ですが、「 ポケモンGOならではのメガシンカ」と紹介されているためこちらの可能性も否定できません。 この場合は スペシャルリサーチ報酬やレイドバトルでゲットできる可能性が高いでしょう。 メガレックウザやメガディアンシーはEXレイドに登場する可能性もありますね。 また、これはどちらの場合でも言えることですが、メガシンカは第六世代で登場し、「2020年にメガシンカが実装」されるということは、 2020年のうちに第六世代のポケモンが実装される可能性が高いでしょう。 唯一メガシンカにメガストーンが必要ないレックウザは、レガシーわざとしてメガシンカ条件のガリョウテンセイが実装される可能性がありそうです。 第六世代のポケモン登場や、メガストーン・キーストーンの実装となると、ポケモンボックスやバッグの上限は今後も拡張される可能性が高いでしょう。 【予想】メガシンカの実装時期 メガシンカの実装時期ですが、どんなに 早くてもPokemon GO Fest 2020の終了後と予想されます。 理由として、7月下旬にPokemon GO Festが予定されていますが、GO Festの前には3週間のウィークリーチャレンジが入っています。 また、GO Fest時点で登場する予定なら、ユーザーに期待させるためにもGO Festの画像に第六世代のポケモンを出していたでしょう。 そうなると、GO Festが終わって落ち着いた頃、 早くても8月中旬になると思われます。 第四世代が2018年10月、第五世代が2019年9月頃に実装されましたので、8月~9月頃に第六世代が実装、9月~10月頃にメガシンカ実装という可能性が高いでしょう。

次の

メガストーンの入手方法

ポケモン ソード メガシンカ

メガシンカ、Z技 廃止のソースは? ダイマックスの戦闘場面。 なお、本作ではメガシンカや、Zワザは登場しない 出展: しれっと記載してあるが、公式からの発表だ。 はこちら。 登場するポケモンも制限される!? そしてもうひとつの重大発表がこれ。 過去作の全ポケモンが登場しない、ソード・シールドに連れてこられるポケモンは限定される メガシンカ、Z技 廃止の理由は? 直接、メガシンカが廃止されたのはなぜか?という聞き方はされていないが、記事の内容などから理由はこのように考察できる。 ハードがNintendo Switchに変わったことによる、グラフィック制作のコストが上昇。 個体数の増加と特殊要素による対戦環境のバランス調整の難しさ• 新しい要素に力を入れたかった このあたりだ。 正論といえば正論だが、正直かなしい。 世間の意見も賛否両論ありそうだ。 実況者の反応は? ライバロリ ネタにしつつも、そこまで否定的ではない模様。 とはいえ、相棒のメガ進化ポケモンがいなくなるのは悲しいようだ。 メガシンカの図鑑がひどすぎると話題に メガシンカの図鑑説明によると、メガシンカはポケモン自身をとても苦しめていた設定らしく、こんなひどいメガシンカなら廃止して当然だと話題になっている。 サメハダー 黄色い 模様は 過去の 古傷。 メガシンカの エネルギーが めぐって ズキズキ 痛んで 苦しいらしい。 アブソル 本来 争いを 好まないため 戦いの ための この 姿に 変わることを とても 嫌っている。 ヘルガー 赤いツメや シッポの 先端は ヘルガー 自信が 苦しむほどの 高温で すでに 溶けかけている。 たしかにひどい。。 個人的な見解 まず過去作の個体については、永遠に引き継ぎ続けるのは無理で、どこかでこうなる運命だったはずなので仕方がないとは思う。 Zワザについては、そもそも Zクリスタルがアローラ地方のものなのでなくなって当然とも思う。 また、グラフィックなどについても基本タイプごと固定だし、そんなに惜しむほどのものでもないと思う。 ただ、メガシンカの廃止は非常に残念。 まずグラフィックがめちゃくちゃカッコよかった。 メガリザードンXYは、ポケモンセンターにでっかく飾られるほどの人気。 そして性能面でも、見た目に負けない圧倒感。 特によくつかわれている ボーマンダ、リザードン、ゲンガーなんかは、今後も使われるとしても、どうしても物足りない感覚が残ってしまいそう。 ダイマックスはメガシンカの代わりになれるのか? 正直この喪失感はダイマックスでは補えない。 ダイマックスは単純な巨大化だからグラフィックかっこよくならないし、 メガシンカは一部のポケモンの特権だったからこその興奮があった。 心配なのは、こういった要素によってソード・シールドから過去作に戻ってきてしまう現象が起こってしまうこと。 普通に起こりえる感じはする。 『ポケットモンスター X・Y』、『ポケットモンスター サン・ムーン』に続くもとのとして考えていただいてよいと思います。 レーティングバトルに似た通信対戦機能もお楽しみいただける予定です 出展: まぁ正直、これのクオリティによるところは大きいだろうけどね。 もしレーティングバトルがなくなったら相当ダメージ大きい。 まとめ メガシンカとZ技がなくなってしまうことは、もはや確定事項だ。 だからウルトラサンムーン環境が終わるまでのあと数か月、 ウルトラサン・ムーンで思いっきりメガシンカとZワザを楽しもう! 実はまだウルトラサンムーンを持っていないという人も、いまからでも十分まにあうぞ! ストーリーを楽しむのはもちろん、オンラインでのレート対戦も楽しめるぞ! いまのポケモンは、難しい厳選や育成ができなくても QRレンタルチームを使ってすぐに強いポケモンを使ってレート対戦ができるのでぜひ挑戦してみよう!.

次の

【ポケモンソードシールド】メガ進化ポケモンの予想と一覧【ポケモン剣盾】

ポケモン ソード メガシンカ

メガシンカ・Z技廃止、ダイマックス追加の影響 メガシンカ 特定のポケモンのみが使用出来、種族値が100加算されるという強力なシステムでした。 特性なども攻撃的なものになるポケモンが多く、環境全体の火力上昇やメガシンカに対抗する為のポケモンを入れざるを得ないなど構築の際にポケモンの選択肢を狭める原因にもなっていました。 これが無くなる事で「耐久種族値が高く攻撃性能も非常に高い」といったような誤魔化しの効きづらいポケモンが減り、環境上位のポケモンにも 工夫次第で様々なポケモンが活躍出来るようになると考えられます。 また、一部のメガシンカによってアイデンティティを得ていたポケモンは活躍の機会が減少してしまう場合もあります。 Z技廃止の影響 アタッカーの瞬間火力が非常に高く、フィールドや攻撃上昇の積み技などと合わせると並みの受けでは成立しづらくなっていました。 役割破壊や役割集中のような崩しに拍車をかける要因になってもいましたがこれが無くなる事で受けなどの役割も遂行しやすくなり、比較的大味でない 落ち着いたゲーム展開が見込まれます。 また、「トリックルーム」や「おいかぜ」など一部の変化技Zは「ちょうはつ」で止められないという特徴があった為、これらが使用されやすいダブルバトルでは発動の安定感がやや下がりました。 ダイマックス追加の影響 全ポケモンが使えるダイマックスですが攻撃ステータスは上昇せず、ダイマックス技もZ技程の上昇は無いが3ターン持続と瞬間的な火力ではなく数ターンで見て火力増強としての意味合い、そしてHPが上昇する事から高火力技なども受けやすくなりました。 仮に火力が足りないポケモンでも ダイマックス技の追加効果によって活躍が見込まれ、覚える技のタイプによって様々な戦術を組み込む事が可能になっています。 特にシングルバトルよりも天候が戦術に組み込まれやすく、ダイマックス技の影響も大きいダブルバトルでは多彩な選択肢が生まれる可能性があります。 まとめ Z技・メガシンカの廃止によって瞬間的な火力が減少した事で構築の選択肢が、全ポケモンが使えHPで受ける選択肢や追加効果を利用するダイマックスで戦闘中の選択肢が広がり、 よりプレイヤーの発想力やプレイングが試されるゲームになったと考えられます。 どんな環境でもやはり強力なポケモンや構築というのは存在しますが、それを崩す楽しみを十分に探す余地のある仕様変更であると考えます。

次の