だら しない 類語。 敬語についての質問です。 「無理だったら、大丈夫です。」を敬語にす

「可否」の意味と使い方、類語、「是非・有無」との違い、英語表現

だら しない 類語

「ご遠慮ください」と「お控えください」の違い 「ご遠慮ください」も「お控えください」も、「 やめてください」という意味の言い回しです。 「ご遠慮ください」は「 漢語」で、 元々は中国で使用されていた言葉 「お控え下さい」は「 和語」で、 元々は日本で使用されていた言葉 であるという種類の違いがあります。 漢語は、「漢語」はストレートに物事を伝える言葉であり和語に言い換えて表現を柔らかくするという場合がります。 例えば、 〈漢語〉 謝罪 〈和語〉 お詫び 〈漢語〉 希望 〈和語〉 望む といった例があげられ、同じように「ご遠慮ください」と表現するよりも和語である「お控えください」を使用したほうが印象が柔らかくなります。 「ご遠慮ください」の意味と使い方 「ご遠慮ください」は、 「遠慮」という言葉に接頭語の「ご」と丁寧語の「ください」をつけたものです。 「遠慮」には、 ・相手に対して、控え目に行動すること ・事情や状況から判断して、やめること ・遠回しに断ること という意味があり、基本的に相手に対して自分が抑え気味に立ち振る舞うことを表します。 「ご遠慮ください」の「ご〜ください」は相手に要望・懇願する意として使用されています。 つまり、「遠慮してください」とお願いをしている表現になります。 「ご遠慮ください」は、遠慮気味であればしても大丈夫というわけなのではなく、遠回しに「 やらないでください・やめてください」という意味を伝えている表現なので誤解のないよう注意してください。 例文 「館内での喫煙はご遠慮ください」 「関係者以外の入室はご遠慮ください」 「個人情報に関する質問はご遠慮くださいますようお願い申し上げます」 「他のお客様のご迷惑となりますのでご遠慮いただきますよう、ご理解くださいませ」 「私有地につきこの先の立ち入りはご遠慮ください」 「素人保存のため、神経質な方のご購入はご遠慮ください」 「お控えください」の意味と使い方 「お控えください」は、 「控える」という言葉に接頭語の「お」に、「くれ」の丁寧語である「ください」をつけた言葉です。 「控える」には、 ・分量や程度をおさえて度を越さないようにする ・あることを配慮して自分の行動を抑える ・差し控える といった意味がある、 相手に「抑制してほしい」と禁止を促す表現です。 「お控えください」は「しろ」の丁寧語であるため、命令をしている表現になりますが「ご遠慮ください」ほど強制的なニュアンスはありません。 そのため、相手に注意を促す場面では、「お控えください」や「おやめください」といった言い回しを使うことが多いです。 例文 「公演中に席をお立ちになることはお控えください」 「喫煙所以外での喫煙はお控えくださいますようお願い申し上げます」 「映画の内容に関する郊外はお控えくださいますようご理解とご協力お願い申し上げます」 「開場前のご来園は、お控えいただければと存じます」 「選手に関するご質問はお控えいただきたく存じます」 「お子様のみでのご利用は危険ですのでお控えください」.

次の

索引「だら」

だら しない 類語

友人の母親に大事な話をしました。 それをその人がいろいろとみんなに話していると聞き 「すみませんがこのことは口外して欲しくないのです」と メールしたのですが 口外と言う言葉を 「タメ口で友達に使う言葉だ。 なんて非常識なの」と その人を含めその友人の母親が私のメールを見せた3人に もう口もききたくないと怒られてしまいました。 口外という言葉は そんなに失礼な言葉なのでしょうか。 見下した言い方なのでしょうか。 友人に「なんでかな」と言ったら 「私はその口外という言葉すら知らなかった」と言っていました。 私はその母親が「口外」という言葉を 勘違いして「口出し」と受け取ったのではないかと思ったのですが やはり口外というのは 常識では使うべきでない言葉なのでしょうか? もし、本当に非常識な言葉であるなら すぐに謝ろうと思っています。 回答ありがとうございます。 そうですか。 強く聞こえてしまったんでしょうね。 というか「親切にしてあげなきゃ!!」と 意気込んでいたとき 出ばなをくじかれたというのもあり 何もかも腹が立っていたのでしょう。 友人の母の性格からして 自分が悪かったとは絶対に認めないので (本当に悪かったことがあっても、それに至らせた周りが悪いということになる) きっと私からの謝罪メールを読んで ほらみたことか!!と思っていることでしょう・・ ただ、友人は 母親が怒っていろんな人に 「口外っていう言葉使われたの!!ひどいでしょう」と 言ってまわっていると程度がしれる、恥さらしだと言っていますが 友人の言葉ももう届きません・・ おそらく「して欲しくない」が「していただきたくない」でなかった事にご立腹されているのではないでしょうか。 そこに「『口外』はタメ語ではありません。 『口出し』と勘違いされたのですか?」 なんて馬鹿にしたようなメールが来たら猶のこと怒りがつのるでしょうね。 もし本気で「口外する」という言葉を「タメ口だ、けしからん。 」などと思われているなら諦めるしかありませんね。 ・「口外する」という言葉は使う対象とする人を選ばない ・実際に「口外」されて迷惑している ・すなわち 「口外」という 言葉の使い方は正しい この状況で、むかつきながらも ・堪忍の心得をもって、こちらから謝罪した あなたは大人として立派だと思います。 まぁ親は親として、その友人とこれからも仲良くされればいいと思います。 回答ありがとうございます。 下にも書いたのですが 彼女はいずれ姑となる人です。 いずれ娘になるということで 喜んでくれているのですが その嬉しさのあまり? 利用できる人間が増えたことも嬉しいようで・・ さんざん振り回されて利用されてます。 ただ、今回は私の親のことです。 私のいないところで 会ったことのない私の親の話を親戚にしているのが どうしても「憶測でしかない話」にすぎず また、パチンコの話で嘘が入っていて 私の人格まで否定された話になっていたので もう本当に腹が立ちながらもお願いしたのです。 彼女はこの件で電話に出ないので 彼がメールを送っていました。 でも、こうやって派手な親子喧嘩にまで発展させてしまったことに対しても もう一度謝罪メールを送ってみようかなと思ってます・・ 口外、という言葉が人を見下しているとは、私も思わないです。 別に「口もききたくなくなる」程、目くじら立てるような事でも全然ナイんじゃないかな?と思います。。 お話を伺うかぎり、できるだけ秘密にしていてほしい事なのに「デリカシーなくペラペラとしゃべってしまった」っていう、後ろめたさからきた逆ギレ的なものじゃないかな?と思いますが、どうでしょうか?(その場に居合わせた訳ではナイので、断言はできませんが・・) もしくは何か他に、相手の方との解釈のスレ違いがどこかで起こってしまっている、とか。。 「友人の親」という立場でありながら、本当にそれだけの理由で、大人げなくも怒っている様な人達であれば・・相手が悪かったんですね。。 そういう事があると怒りというか驚きで「??」ってなってしまいますよね。 私ならさっさと諦めて、その人と縁を切ってしまうかもしれません。。 先日は失礼しました。 やはり少し考えたのですが「すみません」という言葉自体、 お友達感覚の言葉で誠意が伝わらないと思います。 遠慮の姿勢ですね。 しかし、何とでも受けとれる言葉ですから余り心象が良くないです。 私は以前バイトでよく上の言葉遣いを注意されました。 相手への配慮が感じられません。 「口外を禁ずる」とかに使うので、無理やり口に蓋をするよう高圧的ですね。 間違いなく目上の上司に使えば干されます。 いくら言葉遣いが丁寧でも、口外はやはり駄目だと思います。 「私が平気で人に口を滑らすと思っているのかっ!」と怒鳴られそうです。 対面では問題なくても文面では伝わらないことが多いです。 その場の雰囲気で察知できたり、つくろえるのはご友人までですよ。 (私もひとのことを云える立場ではありませんが・・。 ) この場合、多分先日のことが尾を引いているのでしょうけどね・・。 それと使い方を誤ったのであれば、 直接会った時に簡単にひとこと謝るべきです。 ただでさえ不愉快に思っているなら、 メールなんかでわざわざ返事しませんよ。 向こうが言い過ぎたと思っている時もバツが悪いので、 メールでは返事したくないですね。 どうとっても相手を悪者にしないと気が済まないのでしたら、 それはそれで構わないですけれど。 レシピを下さる行為を恩着せがましいと考えておられるのか、 ただご友人のご両親に悪態つくのは、どうしても解せませんけどね。 実生活で、堪忍の心得を大切にできてこそ大人だと思います。 回答ありがとうございます。 実は友人の母と書いていましたが 将来姑となる人なのです。 結婚の話が進んでいて そこで私の親のことを話していると聞き 憶測で話が進んでおり もうこれ以上やめてほしいという気持ちがあったのです。 レシピは恩着せがましいとは思っていません。 先日までは本当に仲良くしていたのです。 ただ 大事な話をする日に 約束をパチンコですっぽかして それを正当化させるために 親戚に嘘を言ってしまった彼女が (私がパチンコに行って約束を破ったと言っていた) 謝りたくないから逆切れしているように見えたのは確かです。 そのことも腹が立っていますが その件もぐっとこらえて謝罪しました。 彼が言うには 「きっと、あ、しまったとは思ってると思うけど 絶対謝る親じゃないから」とのことで・・ 何度も実際に会ってもらえるまで 何度か謝罪メールを送ってみようと思います・・ なるほど。 質問の趣旨が分かりました。 口外といえば、確かにきつくなりますね。 ビジネスではよく使いますけどね。 でも、はっきりいって「口に出して欲しくないのです」 と云っても腹が立ちますね。 で、どうしたら良かったかといえば、 せめて、『できれば』と相手を縛り付けない言い方にして、 「伏せておいて(内密にして)戴けると幸いなのですが」 とぐらい低姿勢にする方がよかったと思います。 口外しようとしまいと結局は相手の気持ち次第ですよ。 あなたの無理を真剣に受け留めて訊いてくれている素敵なお母さんじゃないですか。 尚更、丁寧に慎重に接するべきだと思います。 無視するという意見がありますが、それは良くないです。 大人としては未成年に馴れ馴れしくされるのは不快だったりします。 傲慢な態度は目上の方(人生の先輩)に大変失礼ですし。 謝罪もね。 あまりベラベラ話すと逆効果ですよ。 きっちり自分を抑えて一言きっちり謝罪すれば和解できることです。 でも、その「一言」はご自分で考えて下さい。 しっかり事態を受け容れて、人に頼ってばかりでは成長もしませんから。 お返事ありがとうございます。 今、読み返してみたのですが 「すみませんが、できればあまり口外してほしくないのです」 と書いています。 メールの内容も「ここまで低姿勢じゃなくても」 というくらい丁寧に言葉には気をつけて 友人も傷つかないように配慮したのです。 あ、ちなみに私は未成年ではないです・・(汗) もっと気軽に話しなよ~と言われても敬語です。 agileshiftさんの意見は落ち着いていますね。 参考になりました。 冷静に考えることができたと思います。 口外という言葉を知らなかったのですか?とは 聞くことはできませんので 私は口外という言葉が 非常識な言葉なのか調べました。 口出しという意味で書いたのではないので 非常識にはあたらないということでした。 でも、その言葉で不快にさせてしまったのであるならば 私はその言葉を使うべきではありませんでした。 と謝罪メールを送りました。 でも、その前日に ちょっと問題行動があったのですが(友人の母が) それも私に罪をなすりつけられているくらいなので メールの返事は来ません・・ 話をしたことを悔やんでいます A ベストアンサー 方法の如何を問わず一切、口外しない の部分を、 開示もしくは漏洩しない と直せばok。 というか、目的論解釈でいけば、口外する=情報漏洩 とならざるをえないので、 となるから、念書どおりでも問題ないと思うが。 (何故、契約書に書かなかったのかは棚上げとします。 ) あと、「いかなる者」の部分に例外があって、 ・弁護士、税理士などに相談する場合 ・官公署、裁判所等の公的機関に回答、届出等をする必要がある場合 ・社内において、本検討に参画する必要最小限の範囲の者 などは、「いかなる者」の中に該当しません。 (業務が回らなかったり、法律が契約書に優先するため、 契約で縛っても無意味となる。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー ご理解なさっている内容で間違いありません。 が、もし言葉の読み方や意味で悩んだら、一度辞書で調べてみては、と思います。 ネット上でもyahoo辞書などがあり、十分調べられます。 「旨を伝える」ですが、「伝える」の意味はご存じのようですから、 「旨」を調べてみて下さい。 ネットなら読み方が分からなくてもコピー&ペーストでいけますね。 「旨」は(述べたことの)中心や趣旨となります。 単に中心という意味もありますし、質問者様のおっしゃるように「内容」という意味もあります。 ですから、例えば電話を受けていた人が「上司にその旨を伝えます」と言っていたら、電話の相手の言っていた内容を上司に伝えるということですね。 A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。 可否= 可否(良し悪し)を論ずる。 可否(賛否)を問う。 当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、 是非と可否は同じ意味です。 当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。 二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。 類語として、否応(いやおう)があります。 意味は断ることと承知すること。 使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた) A ベストアンサー 昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、 形容詞や動詞には付かないとされていました。 (ただし推量の「でしょう」は例外的に許容) しかし現在では、「~い・です」は、平明・簡素な丁寧形 として認められています。 その根拠は、昭和27年4月の 国語審議会建議「これからの敬語」にある下記の一節です。 -------------------------- これ以降、学校文法でも「形容詞+です」を正しい形とし て認めているはずです。 半世紀以上も前のことです。 ただし、過去形についてはどうなのか? という話ですね。 なお、「動詞+です」は、今でも正しくないとされています。 (ただし推量の「でしょう」は例...

次の

だらしないの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

だら しない 類語

そもそも減価償却とは• 減価償却ってなぜするの?• 減価償却の用語を知っておこう• 減価償却できる資産• 減価償却できない資産• 中小企業の特例• そもそも仕訳って何?• 減価償却はいつから始める?• 耐用年数はどこで確認する?• 定額法と定率法って?• 固定資産が中古だった場合は?• 会計ソフトなら自動計算できる!• 税理士をお探しの方 事業を経営するうえで避けては通れないのが「減価償却」です。 減価償却は、決算や財務分析、キャッシュ・フローなどに影響を与えるもののひとつであり、経理作業を行ううえでは欠かせない知識ですが、初心者には分かりにくいものです。 そこで、この記事では徹底的に初心者目線に立って、減価償却の意味や仕訳の方法などについてご紹介します。 減価償却費とは 減価償却費とは、固定資産を使用可能期間にしたがって、少しずつ費用を計上する時に使う勘定科目のことです。 勘定科目とは、「ペンを買った」「電話代を支払った」などの取引を、その性質ごとに記録するための項目をいいます。 たとえば、ペンを買った場合には、「事務用品費」という勘定科目で記録し、電話代を支払った場合には「通信費」という勘定科目で記録します。 このように勘定科目ごとに記録することで、事業を行ううえで「お金がどのように入り、何に使ったのか」が分かるようになっています。 そして、減価償却費は、パソコンや車、機械装置などの固定資産を購入した時に使う勘定科目です。 減価償却の対象となる固定資産を「減価償却資産」といいます。 そもそも減価償却とは 減価償却とは、 少し金額の高い車やパソコン、応接セットなどを購入した時、その購入代金を、購入した年に一度に経費とするのではなく、分割して少しずつ計上するルールのことをいいます。 たとえば、250万円の車を買ったとします。 この時「今年は車を購入したので、250万円かかりました」と、250万円すべてを経費とするのではなく、「今年は50万、翌年に50万、翌々年に50万円…」というように、250万円を何年かで少しずつ経費にするというルールがあるのです。 これが減価償却です。 減価償却ってなぜするの? 減価償却のそもそもの考えは、「年月が経つことによって劣化したり性能が落ちたりしてその価値が減っていく固定資産は毎年一定額や一定の割合で、分割して費用にしましょう」というものですが、減価償却をすることは、事業を行ううえでも重要です。 たとえば、パン屋さんの例で考えてみましょう。 パン屋さんが新しくパンを焼く機械を500万円で購入したとします。 それを減価償却しなかったら、どうなるでしょうか。 500万円をそのまま経費としたら、それまで毎年黒字だったのに赤字になってしまうかもしれません。 赤字になれば、銀行からの融資を打ち切られてしまう可能性すらあります。 そこで、 500万円の機械を減価償却して少しずつ購入代金を経費としていくことで、毎年の利益が正確に表されるようになるのです。 減価償却の用語を知っておこう 減価償却の大まかな意味が分かったところで、次に減価償却をするうえで必要となる関連用語をおさえておきましょう。 用語 意味 減価償却費 減価償却の対象となる資産 減価償却資産 減価償却した分の経費となる金額 取得価額 その資産の購入代金 耐用年数 その資産の使用可能期間 事業併用日 その資産を使い始めた日 減価償却累計額 減価償却した今までの合計額 未償却残高 その資産でまだ減価償却されていない部分 未償却残高=取得価額-減価償却累計額 上記のなかでも、減価償却の計算をする時には「いつから使い始めたのか」「その資産の使用可能期間は何年か」が特に重要となるので、まずは取得価額と事業併用日、耐用年数の意味は理解しておきましょう。 減価償却できる資産 これまでご紹介してきたように、減価償却できる資産を「減価償却資産」といいます。 減価償却ができる資産は、以下のいずれにも当てはまる場合です。 減価償却する有形固定資産 建物、構築物、機械装置(パソコン、プリンターなど)、車両…など 減価償却する無形固定資産 ソフトウェア、特許権、商標権、意匠権…など 減価償却できない資産 固定資産であれば、何でも減価償却できるというものではありません。 以下に該当している資産は、減価償却の対象とはなりません。 また、稼働休止中の資産も減価償却をすることはできません。 稼働が休止している状態では、業務に使用中であるとはいえないからです。 減価償却できない資産 土地・借地権等、電話加入権、書画・骨董等、稼働休止中の資産…など 中小企業の特例 これまでご紹介したように、減価償償却の対象となる資産は、耐用年数に応じて長期間で費用計上しますが、中小企業の場合には、30万円未満の固定資産について一度に必要経費にすることができる特例があります。 固定資産の購入予定がある場合には、この期限に注意して検討することをおすすめします。 参照: 減価償却の処理 減価償却の処理を行う際には、まず固定資産が減価償却の対象となるか、耐用年数はどれくらいかを確認して、「減価償却費」という勘定科目に仕訳をする必要があります。 そもそも仕訳って何? 「仕訳」とは、2つ以上の勘定科目を使って、取引の内容を記録していく作業のことをいいます。 たとえば、「広告宣伝費の代金50万円を、普通預金から振り込んだ」という取引は、以下のように仕訳します。 「電話料金3万円の請求書が届いたので、現金で支払った」という取引は、以下のように仕訳をします。 そして、「営業用の車両を100万円で購入し、決算時に当期分の減価償却費10万円を計上した」という場合には、以下のように仕訳をします。 減価償却はいつから始める? 減価償却をいつから始めるかについては、「その固定資産を事業のために使った時から始める」というルールがあります。 支払いが済んでいたか否かは関係ありません。 たとえば、固定資産を購入しても、納品が遅れるなどしてその期中に固定資産が稼働しなかった時には、その期の減価償却費として計上することはできません。 耐用年数はどこで確認する? 耐用年数(その資産の使用可能期間)とは、「その資産がどれくらい使えるのか」という期間のことで、その資産ごとに異なります。 たとえば、金属の事務机、事務椅子、キャビネットの耐用年数は15年、ベッドの耐用年数は8年、パソコンの耐用年数は4年です。 耐用年数が5年なら、5年にわたって減価償却費を計上していくことになります。 税法では、固定資産の種類や構造、利用方法によって固定資産の耐用年数を規定していて、これを「法定耐用年数」といいます。 法定耐用年数は、国税庁や東京主税局のページで確認することができます。 参照: 定額法と定率法って? 減価償却費の計算方法は、毎年一定の金額を償却する「定額法」と毎年一定の割合で償却する「定率法」があります。 定額法は、1年目から耐用年数の最後の年まで定額で償却する計算方法で、費用負担は毎年同じです。 一方、定率法は、1年目の負担額が最も大きくだんだん小さくなる計算方法です。 建物や無形固定資産は、定額法に限定されますが、そのほかは固定資産ごとに定額法か定率法かを選択することができます。 会社や個人事業主の場合には、早く費用化できる定率法を選ぶのが一般的です。 初期の費用負担をどうするかなど、個々の状況に応じて選択するようにしましょう。 また、 決算整理時には、減価償却の仕訳には「直接法」と「間接法」があります。 直接法は、固定資産から減価償却費を直接減らしていく方法で、間接法は新たに減価償却累計額という勘定科目を設ける方法です。 直接法と関節方の主な違い 直接法と間接法の主な違いは、間接法だと毎年の固定資産の価額が残るように表示するか否かという点です。 決算書の表示としては、間接法の方が、価額が残ることになるのでこれまでの償却費が分かりやすいので、間接法を選ぶのが一般的です。 固定資産が中古だった場合は? 固定資産が中古だった場合でも、取得価額の決め方に違いはありません。 新品か中古かで最も大きく変わる要素が「耐用年数」です。 中古資産は、それまでに他の人に使われてきた資産なので、資産としての価値は減り、残りの使用可能年数も、中古の方が短くなります。 そこで、中古資産用の耐用年数は短くなり、早い年数で経費を計上することができることになります。 会計ソフトなら自動計算できる! ここまでご紹介した内容から「何となくわかったけど、減価償却って、面倒くさそう」と思う方も多いのではないでしょうか。 そんな時に活用したいのがです。 なら、登録すべき内容さえ間違えなければ、あとはソフトが自動で計算をしてくれます。 では、固定資産台帳へ資産登録することでこの減価償却費の記帳を自動で行います。 まとめ• 見積書とは、仕事の注文を受けた時に発行する「証憑(しょうひょう」のこと。 見積書は、仕事の注文を受けて正式に仕事を受ける前に発行する。 取引条件を検討したり、受注するか否か判断したりするための資料となる。 以上、減価償却の意味や関連用語、仕訳方法、計算方法などについてご紹介しました。 最初はとっつきにくいイメージのある減価償却ですが、ここでご紹介した基本ルールをおさえれば、特に難しい処理は必要ありません。 また、記事内でご紹介したような「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」を利用したり、固定資産を中古で購入し耐用年数を短くしたりすれば、節税効果も期待できます。 固定資産を購入する場合には、事前に税理士に相談して節税につながるような購入方法を検討してみるのもよいでしょう。 会計freeeなら減価償却の計算もかんたんです。

次の