おり もの 匂い。 おりもの検査の結果でわかる病気一覧・おりものの異常 [婦人病・女性の病気] All About

古着独特のあの匂いを取る方法12選 │ イチロクゴ

おり もの 匂い

実際に大麻の匂いを嗅いだことがある人も大麻風のブレンドに挑戦しています。 カナビスとバニラを調合することで近い匂いを再現できるそうです。 カナビスは大麻(当然麻薬成分は取り除かれてますが)のことです。 それにバニラの甘ったるさを加えてあげると近い匂いになるようですね。 ただし、若干本物よりも甘ったるすぎる香りになるようで、これにチャンダンとココナッツを追加すると更に再現度が増すようです。 また、意外とローズ+バニラもかなりの精度で再現できるとのことです。 また、外で吸う機会が多い人は持ち運びやすいタイプを選ぶとよいようです。 外国旅行の記念に1回吸ってみたい、という人はヴェボライザーではなく水煙草系のボングを利用するとよいようです。 安いものなら使い捨てくらいの金額で購入可能です。 最近では見た目がお洒落な携帯用ヴェポライザーが人気.

次の

知ってビックリ!「匂い」と「香り」の違い

おり もの 匂い

日本では1948年 昭和23年 に大麻取締法が制定され、違法薬物として取り締まられることになりました。 第二次世界大戦 太平洋戦争 の終結が1945年 昭和20年 ですので、戦後間もない時期に規制が始まっています。 この背景には、当時の大麻吸引の実態が影響していたそうです。 敗戦国日本には、進駐軍と呼ばれるアメリカの兵隊が数多く駐屯していました。 そのアメリカ兵らが自国から持ち込んで吸引していたのが大麻です。 したがって、直接的にはアメリカ兵らの大麻吸引を取り締まるため、また、間接的には戦後の混乱期に日本国内に麻薬吸引が蔓延しないための法律制定だったと考えられています。 ちなみに現代の日本では、毎年約2,500人前後が大麻取締法違反で逮捕されています。 大麻は医学上の治療で用いられる場合があります。 これは一般に医療大麻と呼ばれているものです。 医師の責任の下で行われる医療大麻であれば違法にはなりません。 ただし、日本の場合、現行法では医薬品としては違法でNGですが、治験として用いられる場合は可能という指針が出ているそうです。 このように大麻には治療法として認められる側面もあるため、世界にはさらに踏み込んで一般人の嗜好用としても合法としている国があります。 それはウルグアイとカナダです。 また、アメリカ合衆国の場合は州ごとに制度が異なりますが、大麻が合法化されている州も複数あります。 一方、ヨーロッパ諸国の場合はもっと様子が複雑です。 大麻を合法または一部合法としているオランダのようなケースもあれば、合法ではないが個人使用については犯罪として取り締まりをしないとする国が複数存在します。 大麻の匂いを紐解いていく前に、人間の臭覚について考えてみましょう。 臭覚は人間の五感の1つですが、五感の中では際立って個人の主観に左右されるものだと言われています。 特に今回のように大麻の匂いを何か別の物の匂いに例えようとする場合は、一層顕著になります。 それは、各個人がそれまでの人生で個別に体験してきたものがベースとなるからです。 以上を踏まえた上で、大麻の匂いの例えで並行して多かったのが「オナラ」「スカンク」「焚き火」でした。 しかし、この3つが同系統の匂いと呼べるのかは、はなはだ疑問です。 そこでさらに調べてみたところ、スカンクについては別の理由が判明しました。 大麻の中でも薬物の濃度が高いものにはスカンクという通称があったのです。 これは、匂いが強い=悪臭を放つといった米国英語のスラングに由来するともいわれています。 そのため、この呼び名から類推されて大麻の匂いはスカンク臭いという伝承になったのかもしれません。 次にオナラという匂いの例えについてですが、これはそれこそ個人の経験によって千差万別の匂いが存在します。 オナラはそもそも匂いに個人差があります。 それどころか同一人物であっても、その時々で匂いが変わる人もいるほどです。 したがって、オナラという例えから大麻の匂いを想像するのは、少し難しいものがあります。 もしかしたら、一般社会に大麻が蔓延するのを危惧する警察機関などが、あえて嫌な匂いの例えを広めているのかもしれません。 また、もう1つの例えの焚き火の匂いについてですが、これはある意味、核心をついていると考えられます。 なぜなら大麻は乾燥した植物の葉です。 焚き火で燃やすのも普通は木々ですから共通性を見い出せます。 木の種類によって燃やす時の匂いに違いがあるため、何の木で焚き火をした時の匂いかまで言及があればリアルに想像できたでしょう。 大麻の匂いの例えとして挙げられるユニークなものに、猫が草の上にかける尿の匂いがあります。 違法薬物の大麻の匂いは当然、一般には経験できません。 そうかといって、猫が草の上にかける尿の匂いと聞いて「なるほど」と合点がいく人もそうそうはいないでしょう。 強いて言えば、何となくキツそうな匂いだなぁという感想を持つ程度です。 それにしても不可思議なのが、猫の尿の匂いではなく、わざわざ草の上にかけた猫の尿の匂いとなっている点です。 猫の尿は草にかけると匂いが変質するのでしょうか。 それとも、猫の匂いと草の匂いが合成されて醸し出される匂いこそが大麻の匂いの神髄なのかと推測できないこともありません。 恐らくは本来植物である大麻ですから、やはりこの例えをした人の場合、草の匂いというのが重要なポイントを占めているのでしょう。 大麻の匂いの例えの中には、草っぽい匂いというものも散見されました。 大麻はもともと大麻草という植物ですから、これはある意味、正解です。 もう少し広げた解釈をすると、草を燃やす時と同じような匂いが大麻を吸引する時の匂いだというのが妥当でしょう。 しかしその場合、この例えには少々の疑問が生じます。 それは、一般に草の燃える匂いを嗅ぐ機会があったとしても、その草は大麻のように乾燥はしていないことがほとんどだという点です。 それなのに乾燥させた大麻の燃える匂いと同等の匂いとなるのかと疑問を抱く人もいるでしょう。 この例えをした人が体験した大麻は、乾燥が不十分な不良品だったのではないかと思う人がいてもおかしくありません。

次の

大麻の匂いは例えるとどんな香り?匂いの消し方や匂いがわかる人とは

おり もの 匂い

新技術、誕生の地はやはりアキバ 取材班が訪れたのは東京・秋葉原にあるDMM. make AKIBA。 JR秋葉原駅から徒歩5分ほどのビル内にフロアを構えるDMM. 基盤実装機からプロ仕様の刺繍ミシンまで、多くの機材や検査機器が備わっており、設備をそろえるだけで云千万円ほどかかっているのだとか。 工作機械が配された作業部屋。 取材時にも数十人が作業していた 各作業ルームをのぞいてみると、3Dプリンターで作ったフィギュアや、何かの基盤、アイドルが着るのであろうフリフリ衣装といった制作中のものがずらり。 ちなみに、会員登録(有料)すれば使用機材の制約はあるが、誰でも使うことができるそう。 会議室に向かうと… 出迎えてくれたのが、VAQSO(バクソー)のCEOである川口健太郎氏だ。 しかし、シリコンバレーやサンフランシスコといった世界の本場で「ザ・スタートアップをやりたい」と思い立ち、同社を起業。 社名のVAQSOは「爆走」に由来しており、個人的なチャレンジプロジェクトでもあるそう。 早速、目当てのデバイスを見せてもらった。 パッと見では何の変哲もない黒い物体。 現在は市販前のプレ機のver. 0の段階だそう。 使用時は、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の下部に内臓したマグネットで鼻の前に来るように装着。 HMDとはBluetoothでリンクし、VR映像と連動して匂いが出る仕組みになっている。 小型で軽量と言われても、比較対象がないだけにピンと来ないかもしれない。 しかし、世界を見るとヨーロッパなどのベンチャー企業2、3社が、類似のデバイスを開発しているが、それらは防ガスマスクのような顔全面を覆うほどのサイズ感。 世界的に見ても圧倒的に「小さくて軽い」と言い切れるのだ。 小型化できた理由は一つだと、川口氏は言う。 「普通の製品開発とは違い、匂いの特性をマスターしていないとこの大きさにはできません。 一番に押さえなければならないことは、匂いを出したい範囲を決めること。 それによって構造が決まるんです」 VAQSO以前に20製品ほど匂いに関わるプロダクトを作ってきたことでノウハウが蓄積され、初期に制作したプロトタイプからサイズはほぼ変わらないそうだ。 では、どのような構造になっているのだろうか。 「中に入っている主だったものは、匂いカートリッジ、射出システム、それと基盤、バッテリーです。 匂いの成分は、筐体側面にある小さな穴から射出しています」 詳細な構造は、現在特許出願中のため公開できないが、造りとしてはかなりシンプルにできているらしい。 手前の3つの溝がカードリッジ部。 それぞれの中央に匂いを射出する小さな穴がある VAQSO VRは、なるべく小さく、匂いを確実に切り替わらせる、ことをテーマに据え、それに合わせてカートリッジなどを最適化。 射出部の穴を小さくして匂いの指向性を高めたり、匂い漏れを防ぐために密閉方法を試行したりと、HMDにつなげたときの使用感を重視している。 ver. 0と先述したが、実際に市販されるのは4. 0で計画しているそう。 ver. 0では匂い漏れを解消、開発中のver. 0ではカードリッジの差し替えをできるようにし、ver. 0で量産化できる形に。 市販品ではカートリッジを10枚入れられるように拡張されるそうだ。 ちょっと恥ずかしくなるいい匂い 構造などは理解したが、果たして本当にVR映像に合わせて匂いが出るものなのだろうか。 現在、展示会などで使っているデモ版を見せてもらった。 VAQSO VRを設定、装着したHMDを頭に着け、手にはコントローラーを持つ。 HMDの下部に装着。 ちょうど鼻の手前に来る形になっている 視界には、夕暮れどきの教室が広がっている。 「下の方を見てみてください」と川口氏。 HMDで見えているVR画面。 夕暮れどきの教室の机の上にコーヒーとチョコレートが置かれている コーヒーとチョコレートが置かれている。 「手を近づけて好きな方をつかんでみてください」 コントローラーを持った手を近づけて握ると、コーヒーが持ち上げられる。 「では、顔に近づけて、匂いをかいでみてください」 手を顔に近づけるとコーヒーカップが顔の近くに コーヒーの匂いがする! 入れたてのあの香りが、鼻腔をくすぐる。 顔から離すと残り香と共に匂いが消えていき、また近づけると匂いがする。 チョコレートも試してみると、同じように匂いが。 「チョコレートはコンビニで買えるようなチープな匂いにしています(笑)。 ゴディバのような高級感を出すこともできますよ」 交互にかぐと、より匂いの変化が顕著になる。 筐体の穴から鼻の周囲に向かってビームのような形で匂いが射出され、広がる範囲を限定することで拡散を軽減。 ゲームに使うことを前提にしているため、匂いが瞬時に切り替わるということこそが、VR世界への没入感を高める。 粒子である香りの特性を生かした性能こそが革新的であり、先端を行くVAQSO VRのストロングポイントだ。 コーヒーの香りに没入していると、「では、両手のものを置いて、左を見てください」と川口氏。 顔を向けるとそこには… 女子。 「ハグするくらいに近づいてみてください」と言われ、照れながらも距離を縮める。 その昔、体育の授業終わりに教室でかいだことのある、あの制汗スプレーの匂いがした。 視界に映る女子のビジュアルとさわやかな香り。 久しく感じたことのなかった胸の高鳴りに気づいた瞬間、取材班はある種の危機感を抱いて、彼女から顔をそむけていた。 もうすぐゲームの未来がやってくる HMDを外すと、川口氏はにこやかに笑っていた。 これらの香りのほんとんどは、ほぼ独学で川口氏本人が作っているそう。 幼少期に通っていたアトリエで絵具を混ぜて色を作っていた経験が、香りの調合にも生きているのだという。 「フライドチキンのサンプルもありますよ。 ちょっとファミチキ風ですが(笑)」と現実世界に存在するものであれば、だいたいのものは作れるそうだ。 他にも土を掘り起こしたときのにおいやパンストのにおいなど、約10年で調合した香りは300~400種類。 左からパンスト、コーヒー、土の香り。 例えばガンアクションなら、火薬、土、森、家の中といったゲームの中でひんぱんに登場する香りのカードリッジセットを、ソフトと一緒に買うイメージだ。 すでにゲームソフトの販売店とも話を進めているそうで、ソフト購入時の新しい楽しみになるかもしれない。 これを機に、自宅に届いたチラシを開くと焼き立てのピザの匂いがしたり、駅にあるポスターから温泉の香りがしたり、煙の臭いを道しるべに避難訓練をしたり、匂いの活用が広範囲に広まる可能性もある。 VAQSO VRは、2018年春に市販化を予定。

次の