ご 送付 ください。 上司や顧客に使える!ご送付について 手紙やメールに添える言葉の解説

契約書の送付状

ご 送付 ください

ご送付の効果的な使い方 この「ご送付」という言葉は、2通りの使い方ができます。 こちらから相手へ何かを送る場合。 「先日の会議の資料をご送付させていただきました」(先日の会議の資料を送りました) 「ご注文のお品を本日ご送付させていただきます」(注文してもらった商品を送ります) このように、私が何かを送ります。 という場合に使うことができます。 何か、は手紙でも物でもなんでも構いません。 実際の郵送や宅配便で送る場合でも、メールで情報だけを送る場合でも使えます。 相手に何かを送って欲しいと丁寧に依頼する場合。 「お手数ですが、資料をご送付願えないでしょうか。 」(すみませんが、資料を送って欲しいです) 「申込用紙に署名、捺印後、弊社までご送付ください。 」(申込用紙にサインと判子を押してからこちらへ送ってください) 相手に対して、こちらの要望を丁寧にリクエストすることができます。 「お送りください」でも通じますが、言葉が柔らかいため、強制力が低く、送る、送らないは先方の裁量に任せるというイメージがあります。 丁寧ですが、強めのリクエストをするならば「ご送付ください」の方が伝わりやすいでしょう。 似ているけど間違えやすい言葉 「ご送付」の他に似ている言葉や言い換え可能な言葉も多くあります。 郵送 郵便で送ること。 郵便で送る前提で「ご送付」としてもいいですが、送られてくる手段を明確にした方が相手も受け取りやすいでしょう。 そのため、「郵送」または「郵便にてご送付」と表現する傾向にあるようです。 送信 比較的新しい言葉で、「電報を送信する」など電子信号を送る場合に使います。 主に現在では「eメール(またはファックス)で送ること」を示します。 添付 文章に付属する資料を一緒に送ること。 「詳細は添付の資料をご確認ください」の様に、補足的な役割をする何かを追加している時に使われます。 まとめ 書類が紙からWordデータに変わっても誰かに届けることは同じですね。 「ご送付」を使いこなせるとビジネスでの表現がぐっと広がります。 ぜひ活用してください。 執筆:山河丸々(さんが まるまる) 海外で外国人に日本語を教えている兼業ライター。 現在はアジア某国在住。 日々生まれてゆく新しい日本語と、日本語能力試験に出る日本語との乖離に悩む。 趣味はB級グルメ食べ歩き。

次の

「ご送付」の意味と使い方・敬語の正しい表現|ご送付ください

ご 送付 ください

「送付状・添え状」についての基本知識 「送付状」「添え状」の役割 ビジネス文書を送付する時は、送る書類の内容や送付者の名前などを書いた送付状や添え状を書類に添えることで、内容がすぐにわかるとともに丁寧な挨拶も行うことができます。 逆に送付状を添えずに書類だけ送付することは、ぶしつけで失礼ですので注意しましょう。 「送付状」「添え状」の構成と書き方のポイント 送付状(添え状)の書き方は、3つに分かれる構成にしたがって作成します。 ビジネス文書は「社外文書」用と「社内文書」用がありますが、基本的な構成は同じです。 【前付け】発信年月日 宛名 差出人・住所• 【本 文】件名 前文 主文 末文• 【前付け】:「発信年月日」「宛名」「差出人・住所」を書きます。 発信年月日の年は、西暦か年号のどちらかで統一させます。 受信者名は会社宛ての場合は「御中」、担当者宛の場合は「様」と書きます。 「差出人・住所」は文書によって住所や電話番号を省略することもあります。 【本文】:「件名」を20文字以内位ではじめに書き、次に「前文」として「挨拶」と「日ごろのお礼」を書き、次に「主文」である用件を簡潔に書きます。 「末文」には「何卒~お願い申し上げます」「まずはご通知申し上げます」など結びの言葉を書きます。 【後付け】:「記書き」の形で主文と分けて書類の内容を別記します。 一項目に一用件の箇条書きとします。 別記したい注意事項などの追伸文がある場合は「なお、~」として最後に書き入れます。 「送付状・添え状」の目的別テンプレート(例文・文例) 送付状・添え状の文例を書類の目的別にテンプレートで紹介します。 一般的なテンプレート以外は、【本文】と【後付け】部分のみを紹介しますので、用途に応じてアレンジしてください。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。 さて、早速ではございますが下記の書類をお送りいたします。 よろしくご査収くださいますよう、お願い申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、〇月〇日に納品させていただきましたご注文の商品の代金は、同封いたしました請求書の通りでございます。 何卒ご確認のうえ、〇月〇日までに代金をお支払いくださいますよう、お願い申し上げます。 敬具 記 ・同封書類 請求書一通 以上 領収書に同封するテンプレート 書類送付のご案内 拝啓 貴社ますますご清栄のことと心よりお喜び申し上げます。 平素は一方ならぬご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 つきましては、下記の通り領収書をお送りいたしますので、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。 敬具 記 ・同封書類 領収書 〇通 以上 その他の「送付状・添え状」の書き方 英語の「送付状・添え状」の書き方のポイントとテンプレート 英語の書き方のポイント 英語のビジネス文書にも決められた形式があります。 書く順番にしたがって説明します。 差出人住所: 右上に差出人住所を記入します。 住所の書き方は日本と逆の書き方となり、地番から始まり郵便番号で終わります。 最後に「JAPAN」を書きます。 日付: 日付の書き方はアメリカ式とインターナショナル式があります。 アメリカ式は月・日・年の順(例:May 15,2019)、インターナショナル式は日・月・年の順(例:15 May 2019)に書きます。 宛先人の名前と住所: 左上に受取人(会社名)、住所の順に書きます。 呼びかけ: 日本語の「拝啓」にあたる部分です。 「Dear Mr. Mrs. Smith,」のように書きます。 男性はMr. 既婚女性はMrs. 未婚女性はMiss と以前は表記していましたが、昨今は女性はどちらにも使える Ms. を使うのが一般的です。 会社宛ての場合や担当者名がわからない時は「関係各位」という意味の「To Whom It May Concern」と書きます。 本文: 時候の挨拶などは不要で、すぐに用件に入ります。 結論から入り、簡潔にまとめるのがポイントです。 結び: 日本語の「敬具」にあたる部分です。 ビジネスでは「Sincerely Yours」「Yours Sincerely」「Truly yours」「Truly yours」が一般的です。 署名と差出人氏名: 右下に直筆で名前をサインします。 漢字の名前でも問題ありません。 サインの次の行にはローマ字の名前を書きます。 性別や既婚・未婚を明らかにしたい時は自分の名前に「Mr. 」「Miss」をつけることができます。 英語のテンプレート 〇〇〇 Co. , Ltd. 1-2-3 Sakuragaoka Shibuya-ku, Tokyo 150-0000 Japan 20 Dec. 2019 ABC Co. , Ltd. 123 ABC Dr. Chicago, IL 45678 U S A Dear Mr. Smith, I would like to ~ Sincerely Yours, サインを記入 Namie Sakamoto 履歴書の「送付状・添え状」のテンプレート 履歴書を応募先に送付する時は「送付状・添え状」を添えればビジネスマナーをわきまえていることを伝えられます。 送付状の構成は先に説明したとおりです。 例文をテンプレートで紹介します。 さて早速ではございますが、この度貴社の求人に応募させていただきたく、履歴書と職務経歴書をご送付させていただきます。 是非ともご検討いただき、ご面談の機会をいただけましたら誠に幸いに存じます。 ご査収のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 敬具 記 ・履歴書 1枚 ・職務経歴書 2枚 以上 社内用の「送付状・添え状」の書き方のポイント 社内文書の送付状を作成する場合は、儀礼的な要素は必要ないため、「本文」には件名と主文のみ書き入れ、前文と末文は必要ありません。 宛名の敬称は個人宛の場合は「殿」、複数人に配布する場合は「各位」とします。 「各位殿」とすると二重敬語となり好ましくありません。 その他の文書構成は社外用と同じです。 まとめ 日々のビジネス文書はメールのやりとりで済んでしまいますが、郵便で書類を送る場合は送付状(添え状)を同封するのがマナーです。 基本のテンプレートを作成しておき、季節にあわせて時候の挨拶をアレンジできるとさらにマナー力がアップします。 「時候の挨拶」を用いたビジネスレターの書き方は以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

次の

「ご送付」の意味と使い方とは? ビジネスシーンでの「郵送」「送信」「添付」との使い分けを解説!

ご 送付 ください

「ご送付」の読み方と意味 「ご送付」の読みは「ごそうふ」 「ご送付」は「 ごそうふ」と読みます。 「送付」について解説します。 「送」は、音読みで「そう」と読み、訓読みで「おくる」と読みます。 「送」には、「おくる」という意味があります。 「人をおくる。 見おくる」という意味の他に「 おくりとどける」という意味があり、「送信」や「運送」といった言葉にも使用されている漢字です。 「付」は、音読みで「ふ」と読み、訓読みで「つける・つく」と読みます。 「付」には、「物を手渡す・授け与える」という意味や、「 よせる・届ける」という意味があります。 「ご送付」の意味は「送り届けること」 「ご送付」の意味は、「 送り届けること」です。 「送付」とは、上記で説明したように、「おくりとどける」という二つの漢字が使用されている言葉で、「 品物や書類を送り届けること」という意味があります。 「送る」や、「送信」といった言葉と同じ意味をもちます。 「ご送付」をお願いするときの正しい表現《尊敬語》 「ご送付」は、「送付」という言葉に尊敬を表す接続語の「ご」をつけた言葉です。 敬語を表す接頭語の「ご」は文脈や使い方で尊敬語、謙譲語、丁寧語のどれにもなります。 そこが「ご送付」を使う上で一番注意すべき箇所です。 「ご送付ください」が正しく最もよく使われる表現 「ご送付ください」は、最も多く使われる表現です。 「ご送付ください」の「ご」は尊敬語、「ください」は丁寧語で、この表現は 尊敬語が元になっています。 何か相手に送ってほしいものがある場合に、お願いする言葉とて使用します。 ただし、「ご送付ください」のみで使用すると、「すぐ送ってください」と言ったように受け取る人によっては、「きつい言い方だな」と感じる人もいるので気をつけましょう。 「ご送付してください」は誤用 「ご送付してください」はよく見かける誤用です。 「ご送付ください」は「ご送付」を名詞として使い、名詞「ご送付」+「ください」の形になっているが、 「ご送付してください」は動詞「ご送付する」+「ください」になっていません。 また、「ご送付」は謙譲語になるので、丁寧語であり、尊敬語の「してください」をつけてしまうと、 謙譲語と尊敬語の二重敬語というものになってしまい、間違った敬語の使い方になってしまいます。 したがって、「ご送付」の敬語の使い方として「ご送付してください」は誤用ということになります。 「ご送付なさってください」は正しい 「ご送付なさってください」は、正しい表現方法です。 「ご送付なさる」は、「名詞」+「なさる」で、相手の動作を敬う敬語として使用することができます。 「ご送付願います」は正しいが目上の相手には注意 「ご送付願います」は、「ご送付」という言葉に「願います」をつけて「送付してほしい」という意味で使用する言葉です。 ここで使用されている「ご」は、尊敬を表す接頭語です。 文法的には正しいのですが、「送ってほしい」というお願いをする立場として、目上の相手やビジネスシーンで賞する場合は、もっと丁寧な言葉をつかってお願いするほうが適切であると考えられます。 特に、 ビジネスメールなど顔が見えないといった状態でお願いをする場合は、失礼だと思われない為にも注意が必要です。 「ご送付いただけますでしょうか」は丁寧で正しい 「ご送付いただけますでしょうか」は、「送ってもらえますか?」という意味の丁寧な敬語です。 「二重敬語にあたるのではないか」と思う方もいるかもしれませんが、「ご送付いただけますでしょうか」は、丁寧で正しい敬語です。 「~いただく」は、「~してもらう」の謙譲語です。 「ご送付」についている「ご」は謙譲語であり、「ご」+「いただく」で正しい謙譲語の使い方となります。 「でしょうか」は、「~だろうか?」という意味の敬語として使用されています。 よって、 「ご送付していただけますでしょうか」は、「送っていただけますか?」という丁寧な敬語であるといえます。 「ご送付いただきたく存じます」はかしこまった文章にも使える 「いただく」という言葉は、何かをしてもらうときなどお願いする場面で、相手への敬意を表す表現方法です。 「存じます」は、「思う」の謙譲語として使用されています。 つまり、「ご送付いただきたく存じます」は、「送ってほしいと思います」という意味の丁寧な敬語です。 「ご送付いただきたく存じます」は、かしこまった文章にも使用することができます。 「誠に勝手ながら、〇日までに請求書をご送付いただきたく存じます」 「必要書類にご捺印のうえ、ご送付いただきたく存じます」 自分が送付するときの正しい表現《謙譲語》 ここまで、相手へ「送ってください」とお願いする場合の「ご送付」の 使用方法を紹介してきました。 ここからは、自分が相手へ送付する場合の正しい表現(謙譲語)えお紹介します。 ご送付します 「ご送付します」とは、「ご送付」に、丁寧語の「ます」つけた「送ります」と敬語です。 自分は、 相手へ何かを送付するときに「~をご送付します」というように使用します。 「ご送付します」という表現方法は、自分の行動に対して「ご」をつけていることから、違和感を感じる人も少なくないかと思います。 しかし、上記でも説明しているように、この場合の「ご」は、尊敬を表す接続語ではなく「謙譲語」として使用しているものなので、誤用ではありません。 どうしても違和感を感じてしまうといった場合には「送付します」という使い方をしても間違いではありません。 例文 「契約書を〇日までにご送付します」 「注意事項を記載した資料をメールにてご送付しますので確認をお願いいたします」 ご送付いたします 「ご送付いたします」は、 「送付」という言葉に、謙譲語の「ご+いたす」を使用した敬語です。 「送ります」という意味の丁寧な敬語になります。 「ご送付」と同じく、違和感を感じるという場合には「送付いたします」でも間違いではありません。 一般的に、「ご送付します」という表現よりも、「ご送付いたします」という表現をしたほうが、丁寧で印象がいいとされています。 例文 「指定の資料をご送付いたしますので、ご査収ください」 「アンケート結果についての資料をご送付いたしますのでお目通し願います」 ご送付させていただきます 「ご送付させていただきます」は、 二重敬語なのではないかと思われがちですが、二重敬語ではありません。 「ご送付させていただきます」は、「送付」に「させてもらう」の謙譲語である「させていただく」をつけた敬語であるからです。 しかし、 「ご送付させていただきます」は、「送付させてもらう」という意味になります。 「させてもらう」は、「相手方への許しを求てめ行動する」といった意味のある敬語になります。 「ご送付いたします」で十分丁寧な敬語表現として使用できますので、「ご送付いたします」と使用するほうが一般的です。 例文 「指定の住所に確認書類をご送付させていただきましたので、よろしくお願いいたします」 「会議資料をご送付させていただきましたので、お目通しお願いいたします」 ご送付申し上げます 「ご送付申し上げます」は、「送付いたします」という意味です。 ここで使用されている「申し上げる」とは、「申す」つまり「言う」という意味で使用されているのではありません。 「申し上げる」には、「ご」のついた自分の行為を表す体言につけることで、相手への敬意を表す表現になります。 よって、この場合の「申します」は、「致します」という意味で使用されています。 例文 「新商品のカタログをご送付申し上げますので、よろしくお願いいたします」 「企画書をご送付申し上げますので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください」 「ご送付」の使い方 手紙やメールで資料などを同封・添付した場合も使う 「ご送付」は、手紙やメールで資料などを同封・添付した場合にも使用される言葉です。 資料だけでなく、カタログや領収書などを同封・添付して手紙やメールを送る際に使います。 例えば、「 メールで会議の資料を添付した」といった場合や、「確認事項を記載した資料を添付した」というような場面です。 そういった場合は、「資料をご送付させていたできました」というような一言を文面に入れるといいでしょう。 また、資料を添付したといった場合は、件名に一言入れるのも丁寧で印象がいいです。 件名については後述するので参考にしてください。 例文 「調査結果のデータをご送付させていただきました」 「注意事項を記載した書類をご送付いたしましたので、確認いただきたく存じます」 添付資料をメールで送る場合の件名 「ご送付」は、添付資料をメールで送る場合の件名にも使用することができます。 例えば、「会議の資料を添付した」といった場合に、件名に「〇日の会議資料ご送付の件」というように入れます。 件名に「~ご送付の件」のように入れると相手にとってとてもわかりやすく内容を伝えることができます。 例文 「会議資料ご送付の件」 「アンケートご送付の件」.

次の