エアコン うるさい。 車のエアコンをかけるとカチッ、ブーンと頻繁に鳴り、うるさい

【弁護士が回答】「隣のエアコンの室外機がうるさい」の相談15件

エアコン うるさい

そもそも完全に静かなエアコンはない photo credit: via ただ、いざ静かなエアコンを探そうと思っても、静かさを謳っているエアコンて全然ないんですよね。 気になって調べてみたんですが、どうやら静音性を売りにしているエアコンメーカーは一つもないようです。 というのも、 エアコンというものを動かせば、大きな室外機が動き、エアコン本体に風が送られ吹き出すわけですから、ある一定の音が出るのも致し方ないことなのだそうです。 一応家電量販店に行って、エアコン担当の店員さんに「静かなエアコンてありますか?」と聞いた事があるのですが、基本的にどのメーカーも変わらないそうです。 道理でネットで調べても、エアコンの音に関する情報が少ないはずです。 ただ、エアコンがうるさいのはメーカーのせいではないことは分りました。 ただ僕の持っていた古いエアコンは、普通のエアコン運転音以上のうるささを明らかに醸し出していたので、さらに原因となるものを調べてみました。 エアコンがうるさい原因 photo credit: via では何がエアコンがうるさい原因なのか?それは、主に以下に紹介する3つが原因のようです。 原因1. エアコンそのものが古すぎる そもそも、エアコンそのものが古すぎる場合は、それはうるさくて当然です。 基本的に、同じパワーのエアコンであれば古いほどうるさい傾向にあります。 機械が古くなればなるほど、部品にガタが来ていたりしますから。 そういえば昔、おじいちゃんやおばあちゃん家で見た(色が白ではなく、当時茶色とかだった)エアコンは音がうるさかったなと。 こんなの。 photo credit: via この場合は、我慢できないようなら買いかえるしかないです。 うちのエアコンも1999年製と15年前のものでした。 相当使い込んでいて年季が入っていたので、それでうるさかったのかも。 原因2. 部屋の大きさに合ったエアコンではない 部屋の大きさに合っていないエアコンも運転音がうるさい原因となります。 僕の部屋のエアコンの場合、古かったのもあるんですが、どうやらこれが原因だったみたいです。 というのも僕の部屋は、木造家屋で15畳あるのですが、僕の部屋についていたエアコンは、なんと木造9畳用のエアコンがついていたのです。 それの何がだめなのか?というのを説明すると、9畳用のエアコンで15畳を暖めようとすると、エアコンがものすごく頑張らなくてはいけません。 そういった、いつも全力疾走状態になると音もうるさいですし、機械にも負荷がかかってよくありません。 これが、ちゃんと部屋の大きさに合ったエアコンを選ぶとエアコン自体が余裕のある運転をしますので、エアコンは基本的にそれほどうるさくなりません。 僕の新しく購入した木造15畳用のエアコンは、余裕のある運転のおかげで、かなり静かになりました。 エアコンに適した部屋の大きさは説明書などでみることができます。 エアコンがいつも頑張っててうるさいという場合は、一度確認してみてください。 ただこれが原因の場合も、基本的に買いかえるしかないようです。 部屋の大きさを変えるわけにもいかないですからね。 原因3. エアコンが故障している、もしくは汚れている エアコンが壊れていても当然うるさいです。 うるさいというか、変な音がします。 これは明らかに変な音がすることが多いので、明らかに気づくでしょう。 あと、エアコンが汚れすぎていても、うるさい原因になることがあります。 汚れていると、風の通り道がふさがった状態になるので、機械に負荷がかかりエアコンにとって、好ましくない状態になります。 そういう状態になると、エアコンにものすごく負荷がかかります。 そうすると部品などにガタがきて、うるさい音がすることもあります。 そういった場合は、エアコンの掃除がお勧めです。 掃除といっても、ホームセンターなどで売ってて自分でやる スプレー方式の掃除方法は絶対だめです。 スプレー方式のものは、吹き付けた薬剤を洗い流したり、拭き取ることがないので、付着物により逆にエアコンの寿命を縮めます。 今はエアコンも自動清掃機能などがついて、かなり複雑化しているので、掃除をするならハウスクリーニング業者に頼んだ方が良いでしょう。 僕は以前、おそうじ本舗にエアコン掃除を依頼したことがありますが、ものすごく綺麗にしていただきました。 ハウスクリーニング業者に頼む判断としては、「エアコンから変なにおいがするな」と思ったら汚れているサインだと思っていいと思います。 エアコンの掃除なら、 にて、全国何処からでも気軽に依頼することができます。 僕も以前、依頼して丁寧に掃除をしていただきました。 まとめ それにしても、僕の古いエアコンは、部屋を改装した時に、その時の業者さんがつけて行ったのですが、プロが何でそんなものをつけたのか…。 いまさら昔のこと言ってもしょうがありません。 それにしても最近エアコンの音がやけにうるさいなぁと思ったら、「エアコンの製造年」「エアコンの汚れ」「エアコンに適した部屋の広さ」を確かめてみてください。

次の

エアコンの室内機から出る音が気になります。:日立の家電品

エアコン うるさい

室外機は空気を循環させるために使用する物です。 そのため、ペットの毛やごみ、ほこりが中に詰まってしまうと、うまく空気を循環させることができなくなり、暖房機能や冷房機能が劣ってしまうことがあります。 部屋の中がうまく暖まらない、または部屋の中の温度が冷えない、といった場合には、室外機のモーターにほこりが詰まっていないかどうかをチェックしてみましょう。 また、フィルターにごみやほこりがついてしまうと、空気の吸い込みや排出がうまくいかないことによりうるさい音が出る場合があります。 エアコンからうるさい音が出た場合は、フィルターの掃除をする必要がありますが、もしも室外機が 2階の足場がない部分といった場所に設置されている場合には、ご自分で想像するのが難しいため、専門の業者にお願いし、掃除を行ってください。 基盤の不良 エアコンには、基盤がつけられています。 エアコンに取り付けられている基盤には、「電源基盤」と「制御基盤」の二つのものがあります。 この電源基盤とは室外機と室内機のファンやコンプレッサーの電力を供給するためにつけられています。 この基盤が壊れることにより、ファンやモーターがうまく回らずうるさい音が出る場合があります。 冷却ガスが漏れている エアコンは冷却ガスを使って室内の熱を外へ排出し、冷たい空気を室内へと送り込みます。 通話この冷却ガスが漏れることはありませんが、長年使用することにより配管が腐食してしまい、冷却ガスが漏れてしまう場合があります。 また、取り付ける際に何か不具合があると冷却ガスが漏れてしまうことがあります。 冷却ガスが漏れていると、エラーコードが表示されますが、冷却ガスがそれほど少なくなっていない場合やメーカーによってはエラーをコードが表示されない場合もあります。 室内の温度があまり冷えない場合には、この冷却ガスが漏れている場合も考えられるでしょう。 冷却ガスが漏れていると、アルミ製の熱交換機に霜が付いてしまうことがありますので、確認してみましょう。 冷却ガスが漏れている場合、電器店や専門の業者にお願いすると2千円から 3千百円程度の費用がかかります。 特に古いエアコンの場合は、冷却ガスが漏れている場合が考えられます。 振動が原因の場合 エアコンからうるさい音がする場合は、振動が原因になっている場合があります。 振動が原因になっている場合は、室外機やエアコンの本体と壁や窓枠と接触していないかどうかをチェックしてみましょう。 エアコンの室外機が壁や周りに置かれているものと接触することにより、うるさい音が生じる場合があります。 その場合は、電源をつけたり消したりおく理解してみて、どこからうるさい音がするのかを確認してみましょう。 室外機の設置場所を少し移動させるだけでも、うるさい音がしなくなる場合があります。 パーツの交換が必要な時は修理を頼む エアコンはそのメーカーによってほとんどしないものと、多少音がするものとがあります。 エアコンを購入される予定のある方の場合は、どういったメーカーが良いかについて、よく考慮してから購入しましょう。 最近のエアコンはうるさい音に対しても考慮されていますので、音が気になるという方はあまりいらっしゃいませんが、音に対して敏感な方にとっては、注意する必要があります。 また、設置場所によってもうるさい音がする場合がありますので、設置する場所についても注意しておきましょう。 日立のエアコンはうるさいか 日立のエアコンは、デザインとコストパフォーマンスの良さで人気がありますが、その一方で室外機の音がうるさいといった評判もあります。 例えばトタン屋根の上に室外機を直接設置してしまうと、振動が伝わりうるさい音がする場合があります。 そのほか、うるさい音がする原因として考えられることに、プラックが向いている場合が考えられます。 エアコンの室外機を斜めになっている屋根やベランダに置くと、室外機が水平にたもたれず振動がおこりうるさい音がする場合があります。 また、コンプレッサーを固定するためのビスが緩んだことでビうるさい音がする場合もありますので、設置場所が斜めになっていないか、取り付け器具が緩んでいないかどうかをチェックしてみましょう。 とはいえ、エアコンを使用する場合は、室外機からは音がするものですので、音に敏感な方は室外機を部屋から離す必要があります。 コロナのエアコンの場合 シンプルなデザインが人気のコロナですが、コロナのエアコンはインバーター式がもちいられている場合があります。 このインバーター式のものは音がほかのものに比べてうるさい場合がありますので、ご自分のエアコンがどういったタイプのエアコンであるかどうか確認してみましょう。 また、コロナのエアコンからうるさい音がするという方もいらっしゃいます。 その場合は、送風機の油切れが起きていないか、設置するための器具が緩んでいないかどうかをチェックしてみましょう。 また、エアコンの室外機の周りに何か物を置いている場合は、うるさい音の原因になっている場合がありますので、室外機の周りを片づけてみましょう。 それでもうるさい音がするという場合は、専門の強者に相談してみましょう。 箇所別エアコンがうるさいときの対策 エアコンのモーター音がいつもより大きいと感じた時には、不具合や故障している場合が考えられます。 例えば就寝中にエアコンを運転してみて、いつもの音と違う場合やいつもより音が大きいという場合には、室外機が振動していないかどうかについてチェックしてみましょう。 また、フィルターにほこりやごみが付いている場合もうるさい音がする場合があります。 室外機から継続的にうるさい音がするのではなく、軋んだような音がする場合は、外の温度と室温に差がある場合にうるさい音がするときがあります。 これらのことを確認し、それでもうるさい音が解消できなかった場合には、電器店、または専門の業者に修理をお願いしましょう。 ファンからうるさい音がする場合 どんなに静かなタイプのエアコンを使用しても、室外機からはどうしても音が出ます。 ですが、いつもより音が大きい場合や、聞き慣れない音がした場合は次のことが考えられます。 まず、故障かどうかを確認するためには、エアコンにエラーコードが出ていないかどうかを見てみましょう。 エアコンの本体には左右どちらかにランプがつけられていますので、このランプに明かりがついている場合は、故障である可能性が考えられます。 ファンから音がする場合は故障ではない 室外機のファンが回転する際には音が出ますが、暖房としてエアコンを使う場合にはコンプレッサーとよばれる空気を圧縮して温風を出すためのものが取り付けられていますので、これにより音が発生する場合があります。 これは特に故障というわけではありませんのでご心配にはおよびません。 そのほか、フィルターや排水ホースからうるさい音が発生する場合がありますが、これは、フィルターやホースにほこりやごみが詰まることにより音が発生している場合があります。 フィルターやホースの汚れに関してはなるべくこまめにチェックをし、ごみが付いていた場合には取り除いておきましょう。 霜取り運転になっていないか エアコンは寒い時期に暖房として用いる場合もあります。 この場合、雨や雪が降っている場合などに暖房運転をすると室外機の熱交換機に霜や氷が付いてしまうことがあります。 アルミフィンが凍ってしまうとうまく暖房機能が働かなくなってしまいます。 それを防ぐために、エアコンには「霜取り運転」といった機能がつけられています。 これは、室外機についてしまった氷を解かすために行われ、霜取り運転を行っている間は暖房機能を一旦停止させる必要があります。 霜取り運転中は、普段は聞き慣れないうるさい音がする場合があります。 この場合は、うるさい音がしたからと言って故障ではありませんので、霜取り運転が完了するまで待ちましょう。 窓に取り付けるタイプのエアコン エアコンには、窓に取り付けるタイプのエアコンもあります。 壁に取り付けるエアコンに比べ、音が気になるという方も多くいらっしゃいますが、これは防振ゴムを利用することによりうるさい音を解消することができます。 防振ゴムは厚手のものから薄手のものまで数多くありますので、ご自分の状況に合ったものを選びましょう。 これは、エアコンを固定している外枠と窓枠の接着部分を確認し、ステンレス同士がこすれて音が出ないよう枠と枠のすき間に防振ゴムを取り付けます。 防振ゴムはホームセンターなどで200円前後で購入できますので、窓に取り付けるタイプのエアコンを購入し、音が気になるという方は防振ゴムを使ってみると良いでしょう。 エアコンの掃除の仕方 フィルターのお掃除は、エアコンの掃除の中でも手軽に行えます。 まずエアコンのカバーを外し、掃除機でほこりを吸い取りましょう。 次にフィルターをはずします。 掃除機では吸い取りきれないほこりもありますので、フィルターを外したら外刈お風呂場で水を使って汚れを洗いおとしましょう。 フィルターの汚れを洗いおとす場合には、水よりもぬるま湯を用いた方が汚れが落としやすくなります。 水をかけただけでは落としきれない場合には、スポンジに洗剤を含ませてフィルターを傷つけないようやさしく洗い落として下さい。 洗った後はベランダや日当たりの良いところに干して乾かしましょう。 フィルターを乾燥させた後は、元のとおりにフィルターを戻します。 外した後で取り付け方が分からないということが内容、説明書を確認するか外す際にはどうやって外したかを覚えておきましょう。 エアコンのフィンの掃除の仕方 エアコンのフィンは、熱交換機ともよばれるアルミの部分のことを言います。 細かい縦長の上条になっていますので、これを掃除するには専用のスチームクリーナーを使いましょう。 ない場合には、エアコンクリーナーを使ってください。 エアコンクリーナーはドラッグストアやホームセンターでも販売されています。 まずコンセントを外したら、それをビニールで覆っておきます。 洗剤が下に落ちることを防ぐためエアコンの下にはピクニックシートやビニールを強いておきましょう。 カバーを外すには、ねじで固定されている場合がありますので、ドライバーを使ってカバーを外します。 カバーを外した後は洗剤や水が付いてしまわないよう、電装部分にラップやビニール袋でカバーしておきましょう。 フィンの掃除の仕上げ フィンの部分を掃除機のブラシを使ってごみを吸い取ります。 このアルミの部分を傷つけないよう注意しながら掃除機をかけ、次にフィンの部分を洗浄液を使って掃除します。 フィンの掃除をするときには、フィンの向きに沿って丁寧にスプレーをかけていきます。 お掃除が終ったら、付いた洗浄液をきれいに拭きとっておきましょう。 防振ゴムを張ってみる 室外機から出るうるさい音が気になるようであれば、防振ゴムを利用するという方法もあります。 これは、室外機を固定するパーマの部分につけることで、周りに振動が伝わるのを防にうるさい音を解消できます。 また、防振ゴムを付けた後には、室外機を固定しているビスをもう一度締め直して、しっかりと固定させましょう。 室外機の位置を変えてみる エアコンのうるさい音は、室外機が周りに置かれているものに接触したためにおこる場合があります。 エアコンの室外機があまりにも壁に近い位置にあると振動が伝わりうるさい音が生じます。 そのほか、風や雨をまともに受ける場所に室外機を設置してしまうと、ファンが風や雨を受けることによりうるさい音が生じる場合があります。 この場合は、風や雨の影響をうけない場所に室外機を移動させることによって解消することが可能です。 室外機の土台に注意 室外機が設置されている場所の土台が不安定になっていると振動してうるさい音が発生する場合があります。 また、室外機の土台としてもちいているものの素材によっても、うるさい音の原因となる場合があります。 そのため、室外機の土台として用いているものを変えることによって、うるさい音を解消することができる場合があります。 室外機の土台として用いるのであれば、コンクリートブロックまたはプラスチックでできているものを選びましょう。 ですが、土台として用いるのではあれば、中が空洞になっているものを選ばないでください。 中が空洞になっていると、室外機が振動することによりうるさい音の原因となります。 自己診断機能を使う エアコンには、自己診断機能がつけられるものがあります。 エアコンからうるさい音が発生している場合には、自己診断機能を使い、エアコンにエラーコードが表示されるかどうかをチェックしてみましょう。 またエアコンに異常があった場合には、エアコン本体またはリモコンにランプがつく場合もありますので、ランプの異常を点滅がないかどうかを見てみましょう。 エアコンを買い替える前にまず自己診断を.

次の

室外機やエアコンからカタカタ異音がする!原因や故障についてご紹介|生活110番ニュース

エアコン うるさい

エアコンの室外機がうるさい! うるさすぎて眠れない! …みなさんはそんな経験ありませんか? エアコンで快適なお部屋になり、いざ寝ようと思っても、室外機がうるさくて寝付けなかったら 最悪ですよね! 今回は、そんな悩みを解消すべく、 ・エアコンの室外機の基本的な仕組み ・エアコンの室外機がうるさい理由 ・エアコンの室外機を騒音を解消する方法 ・エアコンの室外機の賢い使い方 ・騒音トラブルへの対応 をどどんと紹介していきます! ちなみに、我々編集部で20~50代の女性100人に 「エアコンの室外機のお掃除をしたことがありますか?」と聞いてみたアンケート結果がこちら…! なんと、YESと答えたのは たったの10%。 想像以上に少なかったです……。 室外機を掃除してあげると、音が解消されるだけでなく、 電気代の節約にも繋がるので、ぜひ試してみてくださいね! 目次• エアコンの室外機の基本的な仕組みとは? まずは、エアコンの室外機がどんなものなのか、なにをしているのかを解説しますね! エアコンの室外機とは、一言で言うと 「外部との熱のやり取りをする」役割があります。 あまりピンとこないと思うので、 冷房を運転したケースで考えてみましょう! 図のように、エアコンは 室内機と室外機がパイプでつながっています。 室内機(エアコン本体)は、部屋中の暖かい空気を吸い込み、その際に発生した熱は、パイプを通って室外機の方にどんどん流れていきます。 その際室外機では、 ・流れてきた熱を再び冷やす ・熱を外に放出する の2つの工程が行われており、これこそが エアコンの室外機が存在する意味なんです! ちなみに、一般的には冷房と暖房では、 暖房の方がより多くのエネルギーを必要とするため大きな音がすると言われています。 対策をするのは難しいですが、 冬場の方が室外機がうるさくなりやすいと覚えておいて損はないと思います! エアコンの室外機の4つの部品! さて、室外機の仕組みがわかったところで、ここからはエアコンの室外機についている 4つの部品を紹介します! エアコンの室外機は大きく、 ・熱交換器(フィン) ・プロペラファン・ファンモーター ・コンプレッサー ・吹き出しグリル の4つの部品から成り立っています! 熱交換器(フィン) 熱交換器とは、その名の通り 熱を交換するところのこと! 実際に空気を温めたり冷やしたりする 室外機の核となる部分になります! 室外機だけでなく、室内機にも入っている部品で、エアコンにとって必要不可欠です。 プロペラファン・ファンモーター 基本的に室外機は、 ファンとモーターがセットになっており、ファンモーターの力でファンを回転させ、風を起こす部品のこと。 室外機を正面からみたときに、扇風機のようにぐるぐると回転しているので、ある意味室外機の顔ともいえる部品かもしれません! 熱を効率良く外に出すうえでは欠かせない部品です! コンプレッサー コンプレッサーとはなんぞや!と思うかもしれませんが、日本語でいうと「 圧縮機」のことです。 冷媒ガスと呼ばれる 熱を運んでくれる ガスを圧縮し、高温にさせる部分なんです! あまりイメージも湧きにくいし、目にも見えにくい部分なので、 室外機の裏方的な役割を果たしています! 吹き出しグリル 室外機を正面から見たときに見える、金属の網状の部分のこと。 室外機の内部にゴミが入り込むのを防ぐ役割があります! 蜘蛛の巣や枯葉など大きな汚れがつきやすいので、 一番お掃除のしがいがあるところかもしれません…! 室外機はなぜうるさくなる? それでは本題に移っていきましょう。 エアコンの室外機は一体どうしてうるさくなるのでしょうか! どうしても理由が知りたかった我々編集部は、エアコンクリーニングのプロに「」とインタビューしてみました! プロのお話をまとめると、室外機がうるさくなる主な原因は大きく、 ・室外機にゴミが詰まっている ・室外機の振動 ・経年劣化してしまった の3つが考えられるようです! 室外機にゴミが詰まっている 屋外に設置される室外機には、葉っぱなどの大きな汚れに加え、 私たちの目では見えないレベルに細かいホコリやチリなども付着します。 「塵も積もれば山となる」ってよく言うと思いますが、まさにその通りで、その汚れが フィンなどに蓄積していくんです! その結果、空気の循環がうまくいかなくなり、音が鳴ってしまうというメカニズム。 カラカラ音がなり始めたら枯葉などがつまっている可能性が高いです! 室外機の振動 振動によって、室外機のカバーが壁とぶつかり合うことで音が発生していることもあります。 そんな時は、 室外機の周りを片付けたり、位置を変えたりすれば静かになるケースも多いんです! 室外機の位置を確認してみて、壁と近すぎないか確認してみてください! 室外機は、置く場所を間違えると音の原因になるだけでなく、 ゴミもたまりやすくなるので注意してくださいね。 経年劣化してしまった ゴミもしっかり掃除したし、置く場所も直した! それなのに、なぜか騒音が改善されない…。 そんな時は、 経年劣化してしまっている可能性が高いです。 経年劣化とは簡単に言えば 故障ということですから、実はお掃除のプロも解決は難しいです。 一度プロの方に相談してみるのもいいですが、交換する必要があるかもしれません…。 1つ1つのプロの声は「」に集めています!プロの確かな意見は参考になること間違いなしです。 ほうきでまわりのゴミを取り除く まずはほうきで軽く掃いて 、枯葉やホコリを綺麗にしましょう。 小さめのブラシなどで掻き出しても良いですね! 場合によってはクモの巣や枯葉がひっかかっている場合もあるので、払い落としちゃってください! 注意 ほうきを無理に突っ込まないようにしましょう! 内部の機械を壊してしまう恐れがあるので、ほうきは押し込まず、表面だけ優しく触れるようにしてあげてください! フィン部分は意外と鋭利で手を切る危険性がありますし、モーターなどに水がかかったら、とても危険なんです…。 自分で分解できるものもありますが、分解する必要が出てきた場合は 無理せずにプロにお願いしましょう! 2. 掃除機で汚れを吸い取る 続いて、ほうきでは綺麗にできなかった細かい汚れ、ちょっと奥の方に入りこんだ汚れを、掃除機で吸い取って綺麗にします。 泥汚れが気になる場合は、濡れ雑巾で拭く 泥汚れなど、ほうきではとりきれない汚れが気になる場合は、濡れ雑巾でまわりを拭いてください! 内部は水に弱い部品が多いですが、外側は水に弱いということはないので、水をたっぷりつけても問題ありません! これで完了です! 室外機の故障にも繋がるので、注意しながらささっと済ませちゃいましょう! フィンのお掃除は慎重に! 続いて、室外機の裏側にある フィンをお掃除していきましょう! 繊細な部品なので、丁寧に優しくお掃除してくださいね! 用意するもの ・ブラシをつけた掃除機 ・歯ブラシ 手 順 1. ブラシをつけた掃除機でゴミを吸い取る 掃除機のブラシの部分だけが室外機に触れるようにしてください。 フィンはデリケートなので、近づけすぎると故障の原因になってしまいます! 注意 室外機の後ろの金属の板は、優しく触れましょう! 室外機の後ろの金属は壊れやすいので、優しく触れてあげてください! 中でも、室外機の裏にある細かい金属の板は 特別繊細です! プラスチックなどの硬い部分がガツンと当たっただけで倒れてしまう恐れもあるので、特に気を使って対応してくださいね! 2. ブラシで細かい汚れを綺麗にする 掃除機を使った後は、ブラシで細かい汚れも綺麗にします。 このときも ブラシの部分だけが室外機の後ろに触れるよう注意してください! 正直なところ、自分でできる室外機のお掃除はここまでが限界です。 繰り返しになりますが、あまりに凝ってしまうと故障の原因となるので、気をつけてくださいね! 徹底的にお掃除したい場合は、プロに頼むのが吉かもしれません! 室外機はスプレーで掃除してもいい? 網目の向こう側、手の届かない部分のお掃除は困りますね。 無理にほうきを突っ込むわけにはいきませんし・・・ ここで多くの方が思いつく手段としてスプレーなどを使った掃除方法があります。 空気なら、手などが入りにくい場所にも届きますからね! しかしその発想、室外機にはあまり良くありません。 なぜ使わない方が良いのか、どうしても使いたい時の注意点はなにか、見て行きましょう! 室外機のお掃除は基本スプレーNG! まずはなにが問題なのかです。 気を付けたいポイントは4つあるので、それぞれ見ていきましょう。 ホコリが詰まる原因になる スプレーを使用すると、確かに一見ホコリは除去できたように感じます。 しかし本当にそうですか?? まとまっていたホコリは砕けて小さくなり、より奥へと入り込んでしまいます。 パーツのスミなど、よりやっかいなポイントにホコリが溜まり、固まるかもしれませんね。 取れたように見えていたホコリやチリは、別の場所に移動しただけだったのです。 これが原因で大事な部分にホコリが詰まり、故障に繋がる可能性もあるのです。 汚れは落ちていない 上でお話したように、ホコリなどの軽いものは吹き飛ばすことはできます。 しかし室外機の汚れはさまざま。 一度濡れて固まったような頑固な汚れは、そもそも掃除できないのです。 カビの原因になる スプレーの成分にはカビを防いでくれるものもあります。 しかしこれが問題点に。 内部に残った成分が、逆にカビの温床と化してしまうのだそうです。 室外機の内部は拭き掃除ができないので、対処は難しそうですね。 メーカーが推奨していない まずメーカーは、基本的にスプレーでの掃除を推奨していません。 理由としては、うえで上げたことがほとんどですが、予期せぬ故障も考えられるのだとか。 もともと室外機は外に置かれることが前提で作られているので、汚れには強いです。 スプレーで内部から故障を招く方が、危険なのかもしれませんね。 それでもスプレーで掃除したい時の注意点は? それでもスプレーを使って掃除がしたいという方もいると思います。 ですので、ここでは最低限気を付けて頂きたいことを書いておきます! くれぐれも故障にだけはお気をつけください。 電源コードを抜く スプレーによる液だれでショートしてしまっては大変です。 まずは確実に電源コードを抜いておきましょう。 拭ける範囲でお掃除を 先ほど、残った成分はカビの原因になるというお話をしました。 ですので、お掃除をする時はきちんと拭ける範囲で行いましょう。 内部の汚れが気になることもありますが、カビが生えては逆効果ですからね。 最悪の場合はプロに任せてしまうのも手です。 メーカーが推奨しているのはむしろこちらなので、お掃除は無理のない程度にしましょうね! 室外機を固定して騒音を解決しよう! 室外機の振動が気になる場合は、固定してあげることで解決するかもしれません! なんか室外機のガタガタが大きいな…。 そんな時にオススメしたいのが、こちらの「 防振パット」というアイテム! カッターナイフで切るだけで簡単に加工ができ、室外機の角に置くならもってこいなんです! 室外機の重さにも耐えられる耐久力もあるので、荷重の大小にかかわらず安定した防振効果が得られますよ! これを図のように室外機の下の部分つけるだけで効果が得られます! 壁にあたってるわけじゃないのになんとなくガタガタうるさい そんな時は、室外機に敷いてあげるといいですね! 室外機の使い方を工夫して賢く節電せよ! 実は、室外機の使い方を工夫すれば、 電気代の節約にも繋がるんです! 2つの方法でお得に使えるようになるので、ぜひ試してみてください! 室外機の周りはスッキリと まず一つ目は、室外機の周りを片付けてすっきりさせる方法。 室外機の周りにものがたくさん置いてあると、 熱を放出する効率が悪くなるんです。 そのため、 室外機の正面や半径20cm以内には物を置かないようにしてみてください! 夏は涼しく、冬は暖かく 室外機の置き方も、実は節約に繋がるんです! 具体的には、 夏は室外機が日陰になるように、 冬は日光が当たるようにするのがGOOD! 室外機も人間と一緒。 騒音のクレームはどうする? エアコンの室外機があまりにもうるさいと、 ご近所トラブルに発展する可能性もあります! そこで、エアコンがうるさいと苦情が来た時はどう対処するべきなのか、その極意を一緒に学んでいきましょう! 住宅の種類によって対応も変わってくるので、 ・一軒家の場合 ・賃貸の場合 の2つにわけてご紹介しますね! 一軒家の場合 ちょうど自分でも気になっていたなど、 あきらかに音が気になる場合は原因を解明して修理するなり対策する必要があります。 しかしごく稀に、 そこまで音がうるさくないはずなのに苦情が来ることもあると思います。 その場合は、 自治体の騒音対策課に連絡して「騒音」とされる地域の基準値(デシベル)を確認し、それをクリアしているか確認してみてください! 賃貸の場合 お住いが賃貸物件の場合は、 ・賃借人が取り付けた場合 ・自分が取り付けた場合 で、対応が異なります! 賃借人が取り付けた場合 契約内容にもよりますが、基本的には 賃借人が管理する事になっています! もしクレームが来たら、まずは管理会社に相談して、不良箇所がないかチェック・修理して欲しい旨を伝えましょう。 管理会社が対応し、近隣住民に報告までしてくれるはずです! 自分が取り付けた場合 もともとエアコンの室外機がなかったけど、欲しくなって自分で取り付けた! そんな時は、一軒家と同じ対応をする必要があります。 管理会社も責任を取ってくれないので、自分で解決するようにしてくだい! 騒音トラブルで、無駄なお金を使いたくないですよね。 適切に対処して、お財布にも、ご近所さんにも優しい対応をしましょう! まとめ エアコンの室外機の仕組みとうるさくなる原因は分かりましたか? 自分でも解決できるケースもあるので、少しでも気になった方はまず試してみるのがオススメです! 室外機は、エアコンの中では意外と気にしない部品ではあり、一方騒音トラブルの1番の原因となる部品でもあります。 デリケートなパーツも多いので、優しく丁寧に扱い、うるさい音を解消しちゃいましょう!.

次の