よふかしのうた 歌詞。 WEBサンデー|よふかしのうた■コトヤマ

Creepy Nuts/よふかしのうたの歌詞考察|堕天狗|note

よふかしのうた 歌詞

小さい頃って、何故だか よふかしに憧れる気持ちがありませんか? 遊び疲れて眠たいのに「早く寝なさい」と言われると駄々をこねたくなってしまう…。 大人たちから仲間外れにされるのが嫌なのか、今日という日が終わってしまうのが嫌なのか。 ここでは、そんな誰もが経験した気持ちをまっすぐリリックにのせています。 「お前」というワードがこの楽曲には何度か登場します。 もっと知りたいと続いているので、恋人か好きな人かな?と思ってしまいそうな呼び名。 しかし、これは 「夜」を擬人化したワードです。 楽曲の主人公は幼い頃から夜に興味津々だったのですね。 そんな主人公は14歳の頃にはじめて日付が変わり、丑の刻(午前1時から3時)まで起きていたのです。 夜は多くを教えてくれる はじめてよふかしを経験した主人公。 まだまだ子供ですが、 夜にしか味わえない魅力をたっぷりと味わいます。 夜中にやっている番組を見たことはありますか? 通販番組や音楽の番組、そして夜中にしか放送できないちょっと大人な番組…。 主人公にとっては刺激的で、でも楽しくてしょうがないのです。 しかも家族が寝静まった真夜中。 よふかしをしたら何だか大人になった気分になるので、悪いこともしたくなってしまいます。 そこで主人公は タバコやお酒に手を出してしまうのです。 14歳はだいたい学年でいうと、中学2年生。 世の中には「中二病」なんて言葉もあるくらいですから、背伸びしたい年頃ではあります。 しかし、これが主人公を変えてしまうきっかけになるのでした。 よふかしの罠.

次の

よふかしのうた(ライブDVD盤)

よふかしのうた 歌詞

By - 公開: 2018-10-25 更新: 2018-10-25 10月20日 土 、オードリーの若林正恭と春日俊彰がパーソナリティを務めるラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」 ニッポン放送 が放送。 現在開催中の「オードリーのオールナイトニッポン10周年全国ツアー」のテーマソング『よふかしのうた』を初解禁し、楽曲を手がけたヒップホップユニット・Creepy Nuts クリーピーナッツ のR-指定とDJ松永の2人がゲスト出演した。 今年で放送10周年を迎える「オードリーのオールナイトニッポン」。 それを記念したツアー「オードリーのオールナイトニッポン10周年全国ツアー」が青森、愛知、福岡、東京の全国4ヶ所で行われ、ツアーファイナルの東京公演は来年3月2日 土 、日本武道館で開催される。 ツアーテーマ曲を手がけたCreepy Nutsは、毎週火曜日27時から放送の「オールナイトニッポン0」のパーソナリティで、DJ松永が「オードリーのオールナイトニッポン」のヘビーリスナー、さらにDJ松永と若林は友人関係と、その関係性は深い。 若林が楽曲制作の依頼をした際には「オープニングで舞台に出ていくとき、ワーってなるような凄くカッコいいものをお願いしたい」とCreepy Nutsに伝えていたが、想像以上だったクオリティの高さと、「オードリーのオールナイトニッポン」への深い思いが所々に詰め込まれた楽曲を聞き、感極まった様子だった。 若林:Creepy Nutsが作ってくれた『よふかしのうた』、これを武道館ライブでかけて、我々がステージに登場するというわけで。 ……いや、痺れましたね 春日:かっこ良すぎるんじゃない!? もうちょっとダサい方が 笑 若林:この曲でオードリーが出ていきますから 笑。 武道館もそうだけど、オードリーのテーマソングとさせていただきます。 営業で袖から出てくるときもこれを使ったり 春日:かっこ良すぎる 笑 もっと、「笑点」の曲みたいな感じかと思っていた DJ松永:やっぱ、真剣に作って、けっこう真面目な感じになってしまい…… 若林:(この番組の)要素をもの凄く入れてくれて、この歌詞は嬉しい。 曲の終着地点もシリアスにしよう、熱い感じにしよう、って話して。 思ったよりも真剣になっちゃったんですよ R-指定:そう。 結果、僕らの熱さが…… DJ松永:思いが強すぎて…… 若林:そう、それはね事前に番組ディレクターから聞いていたのよ。 「Creepy Nutsの思いが強すぎて、曲が完成するまでもう少しお待ちください」って。 じゃあ大丈夫だね」と納得していた。

次の

オードリー、全国ツアーの“テーマソング”完成に「痺れました」

よふかしのうた 歌詞

小さい頃って、何故だか よふかしに憧れる気持ちがありませんか? 遊び疲れて眠たいのに「早く寝なさい」と言われると駄々をこねたくなってしまう…。 大人たちから仲間外れにされるのが嫌なのか、今日という日が終わってしまうのが嫌なのか。 ここでは、そんな誰もが経験した気持ちをまっすぐリリックにのせています。 「お前」というワードがこの楽曲には何度か登場します。 もっと知りたいと続いているので、恋人か好きな人かな?と思ってしまいそうな呼び名。 しかし、これは 「夜」を擬人化したワードです。 楽曲の主人公は幼い頃から夜に興味津々だったのですね。 そんな主人公は14歳の頃にはじめて日付が変わり、丑の刻(午前1時から3時)まで起きていたのです。 夜は多くを教えてくれる はじめてよふかしを経験した主人公。 まだまだ子供ですが、 夜にしか味わえない魅力をたっぷりと味わいます。 夜中にやっている番組を見たことはありますか? 通販番組や音楽の番組、そして夜中にしか放送できないちょっと大人な番組…。 主人公にとっては刺激的で、でも楽しくてしょうがないのです。 しかも家族が寝静まった真夜中。 よふかしをしたら何だか大人になった気分になるので、悪いこともしたくなってしまいます。 そこで主人公は タバコやお酒に手を出してしまうのです。 14歳はだいたい学年でいうと、中学2年生。 世の中には「中二病」なんて言葉もあるくらいですから、背伸びしたい年頃ではあります。 しかし、これが主人公を変えてしまうきっかけになるのでした。 よふかしの罠.

次の