ペイペイ 三菱ufj チャージ。 paypay(ペイペイ)にチャージできない・本人認証サービスなど、よくある質問を説明します

【PayPay】ペイペイのチャージ方法とおすすめの使い方!残高が減らない理由とは

ペイペイ 三菱ufj チャージ

銀行口座を登録する4つのメリット• PayPayに現金をチャージできる• チャージ金額の支払いにタイムラグがない• オートチャージができる• 出金できる 2019年9月30日以降 それでは、それぞれのメリットを詳しく解説していきます。 PayPay ペイペイ に現金をチャージできる PayPayに銀行口座を登録しておくと、PayPayの残高に現金をチャージできるようになります。 チャージされたPayPay残高で決済をおこなうと、最大で決済金の1. なお、 銀行口座の登録や口座からのチャージに、登録料や手数料は一切発生しません。 詳しい銀行口座の登録方法はこのあと解説するので、このまま読み進めてください。 また、銀行口座からする方法やより詳細なメリットは、以下の記事を参考にしてください。 チャージ金額の支払いにタイムラグがない 登録した銀行口座からチャージをおこなえば、 チャージされた時点で口座から即時引き落としされるので、支払いにタイムラグがなくて済みます。 これはクレジットカード決済のようにあとから請求されないので、家計管理が非常にシンプルになって便利です。 オートチャージができる 銀行口座を登録していると、オートチャージという機能が使えます。 オートチャージは、設定した金額を下回るごとに自動的にチャージをしてくれる機能 で、頻繁にPayPayを使うような方にはとても利便性の高い機能です。 出金できる 2019年9月末以降 2019年9月30日以降、PayPay残高の仕様が大幅に変わりました。 具体的にPayPay残高は、 PayPayマネー、 PayPayマネーライト、 PayPayボーナス、 PayPayボーナスライトの4種類に分けられます。 この4つのマネーの中でも、銀行口座からチャージされたお金は「PayPayマネー」に統一され、このマネーは唯一出金できるようになります。 なお、PayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトに関する詳しい情報は、以下の記事を参考にしてください。 機種 OSバージョン Android Android 5. 0 以上 iPhone iOS 10. 0 以上 また、 PayPayに銀行口座の登録をするには、銀行に登録した暗証番号・パスワードなどが必要になります。 銀行によっては、お金の引き出しに使う暗証番号とは別のパスワードが必要になるため、あらかじめ準備しておきましょう。 ちなみに現在はYahoo! JAPAN IDなしでも銀行口座の連携ができるようになっているため、IDの準備は不要です。 PayPay ペイペイ に登録できる銀行と登録できない銀行 登録可能な銀行、つまりPayPayの残高へチャージができる銀行口座は、公式サイトで紹介されている指定の銀行口座のみとなっています。 以下では、PayPayに登録できる代表的な銀行を紹介しています。 2019年10月末時点で、PayPayに登録できる銀行は60以上あります。 現在の登録可能な銀行の一例は以下のとおりで、今後も対応する銀行が増えていく可能性があります。 登録できるネット銀行• イオン銀行• ジャパンネット銀行 もしも上記に該当する銀行口座を持っていない場合は、開設までの期日が短く手続きも簡単な「ジャパンネット銀行」での口座開設がおすすめです。 2019年10月末時点では、ネット銀行を中心に未対応のところがあります。 また、登録できない銀行のなかには以前は登録が可能できたが、現在は新規登録を一時停止もしくは中止しているケースもあるので、古い情報には注意してください。 登録方法が解説されている銀行• ジャパンネット銀行• ゆうちょ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• イオン銀行• 住信SBIネット銀行• マネーは2019年9月30日でサービスを終了しました。 現在、Yahoo! マネーはPayPayに統合されていますが、登録済みの情報 預金払い用口座情報 や、Yahoo! マネー残高は、引き続きPayPayに引き継いで使うことができます PayPay ペイペイ に銀行口座を登録できないときの原因と対処法 さて、ここまでの手順を踏めば、基本的にはPayPayに銀行口座を登録することができます。 ただし、稀に登録ができない場合があり、主な原因は「PayPayに登録可能な金融機関でない」か「正しい口座情報が入力されていない」のどちらかが考えられます。 PayPayと連携できる金融機関は、前述の「PayPay ペイペイ に登録できる銀行」もしくは公式サイトをご覧ください。 金融機関を確認したうえで、口座情報が合っていれば基本的には口座登録は完了します。 PayPay ペイペイ に銀行口座からチャージする方法 PayPayに銀行口座が登録できたら、次はPayPayの残高にチャージしてみましょう。 PayPayに登録した銀行口座からPayPay残高へチャージする方法は、以下のとおりです。 PayPayの銀行口座の登録変更手順• PayPayアプリを起動• 「アカウント」から「支払い方法の管理」を選択• 「チャージ用の銀行口座を追加」をタップ• 追加する金融機関を選択し、画面の指示の通り登録を進める ちなみに2019年10月現在、Yahoo! マネーとの連携をしていなくても銀行口座の追加ができるようになっています。 PayPay ペイペイ に登録できる銀行口座は最大5件まで ちなみに、PayPayに登録できる銀行口座は、 最大同時に5件まで可能です。 とはいえ、仮に最大の5件を登録しても、チャージや引き落としがどの口座からされたか把握しづらくなるだけでなく、万が一情報が漏洩してしまった際のセキュリティリスクが高まります。 よって、銀行口座の登録変更をおこなったあとは、なるべく前回登録した銀行口座情報を消去することをおすすめします。 PayPay ペイペイ に登録した銀行口座を削除する方法 PayPayの銀行口座の削除は、PayPayのアプリから可能です。 口座の削除手順は、以下の通りです。 PayPayの登録銀行口座の削除手順• PayPayアプリを起動し、「アカウント」をタップ• 「支払い方法の管理」を選択し、登録口座を表示する• 削除したい口座の右上にある「…」をタップ• 「削除する」を選択• 本当に口座情報を削除してよいか確認し、再度「削除する」をタップ PayPayは口座情報の削除も非常に簡単なので、セキュリティ上のトラブルを防ぐためにも不要なものは早めに消しておきましょう。 PayPay ペイペイ にメイン銀行口座を登録するときの注意点 同時登録はセキュリティリスクがあることを解説をしましたが、普段の生活費の引き落としや給与の振り込みがおこなわれているメインの口座をPayPayに登録するのも、セキュリティリスクの面からなるべく避けた方が良いでしょう。 そして、可能であればメインに使っている口座とは別の銀行口座をPayPayに登録してください。 普段はあまり使っていない銀行口座 もちろんPayPayに登録できることが前提ですが があれば、それを登録するようにしましょう。 もしくは、PayPayに登録するために新規に開設しても良いでしょう。 ここまで徹底しておくことで、万が一のセキュリティリスクに対して、一定のリスク回避をすることができます。 PayPay ペイペイ の銀行口座登録などに関するまとめ アプリから簡単にできるようになったPayPayの銀行口座登録。 登録できる銀行口座の数も非常に多いので、PayPayを利用しているなら、銀行口座を登録してお得に活用してみてください。

次の

三菱UFJ銀行が使えないモバイル決済(PayPayやOrigamiPay)使えるモバイル決済(LINEPay)

ペイペイ 三菱ufj チャージ

なぜならPaypayはヤフーとソフトバンクで設立した決済システムだからです。 「銀行口座」からのチャージだとヤフーIDとの連携は不要に思えますが、実際は銀行口座から「Yahooウォレット」に入金して、「Yahooウォレット」経由で「paypay」にチャージされます。 つまり銀行チャージルートはYahoo! につながっています。 が、最近のチャージ方法にセブンイレブンで現金チャージが可能になりました。 この方法ならばヤフーIDが無くても大丈夫です。 ヤフーメールを持ってる人なら問題ないですが、無い人はYahooに登録するところから始めなくてはいけません。 Yahoo連携が出来ていない場合は銀行チャージできません。 ヤフーメールのIDとパスワードがYahoo! JAPANのIDとパスワードです。 Yahoo! JAPANのサービスのひとつとしてヤフーメールがあるのです。 プロフィール画面の下部の「Yahoo! JAPAN IDと連携する」をタップして、自身のヤフーアカウントにログインすると連携完了です。 連携されているなら、「Yahoo! JAPAN IDと連携する」の表示が「連携済」に変わります。 これを済ませると、銀行口座からのチャージかヤフーカードでのチャージが可能となります。 これを済ませないとチャージが出来ません。 paypay(ペイペイ)にヤフーカードでチャージする これが一番簡単です。 クレジットカードからのチャージはヤフーカードでしか出来ません。 登録したクレジットカードがYahoo! JAPANカードならそれだけでチャージできます。 ただし、本人認証サービス(3Dセキュア)を登録済みのYahoo! JAPANカードに限ります。 ヤフー連携してYahoo! JAPANカードを登録していても、本人認証サービス(3Dセキュア)していないとチャージできません。 本人認証サービス(3Dセキュア)については後述します。 詳しくはこちらの記事でどうぞ。 paypay(ペイペイ)に銀行口座からチャージする ホーム画面右下にある「アカウント」から「お支払い方法の管理」をタップし、「チャージ用の銀行口座を追加」をタップします。 登録できる銀行は限られていますが、「ゆうちょ銀行」も選べますので大丈夫だと思います。 paypay(ペイペイ)に登録できる銀行一覧 ジャパンネット銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行 ゆうちょ銀行 愛知銀行 青森銀行 秋田銀行 足利銀行 阿波銀行 池田泉州銀行 伊予銀行 岩手銀行 愛媛銀行 大分銀行 北日本銀行 紀陽銀行 京都銀行 近畿大阪銀行 熊本銀行 群馬銀行 京葉銀行 山陰合同銀行 滋賀銀行 四国銀行 静岡銀行 七十七銀行 親和銀行 十六銀行 常陽銀行 仙台銀行 大光銀行 第三銀行 大東銀行 千葉興業銀行 中京銀行 筑波銀行 東邦銀行 東北銀行 徳島銀行 鳥取銀行 トマト銀行 富山銀行 長野銀行 南都銀行 八十二銀行 百五銀行 百十四銀行 福井銀行 福岡銀行 北越銀行 武蔵野銀行 山梨中央銀行 銀行を選択すると、Yahoo! ウォレットの登録画面となります。 Yahoo! ウォレットとは、簡単にいうと、Yahooのネット決済システムです。 この決済システムを利用して、paypay(ペイペイ)にチャージするという図式です。 銀行口座から直接paypay(ペイペイ)にチャージではなくYahoo! ウォレットを挟むので、Yahoo! ウォレット登録が必須となっています。 一度登録すると簡単にチャージ出来るようになります。 その他のチャージ方法 上記の他に、ヤフオクの売上金でチャージやセブンイレブンでの現金チャージ、ソフトバンク・ワイモバイルでのまとめて払いによるチャージ方法があります。 この3つの方法はいずれもクレジットカード登録や銀行登録が不要ですので、そういうのが嫌いな人にはうってつけのチャージ方法です。 paypayの利用を躊躇う一つにカードや銀行登録がありますが、これらのチャージ方法なら大丈夫です。 詳しくは下記の記事になります。 れっつPaypayしましょう。 本人認証サービス(3Dセキュア)について paypay(ペイペイ)のクレジットカード登録が簡単過ぎて、不正に入手したクレジットカード情報を登録する輩がいました。 これを防ぐ為にクレジットカード登録時に誤った入力を何度してもOKだったものから回数制限を付けました。 更に本人認証サービス(3Dセキュア)を入れて、これをしていないと 一か月5千円しかpaypay(ペイペイ)を利用できない仕様となりました。 本人認証サービス(3Dセキュア)すると、利用限度額が、「一日2万円」「一か月5万円」に伸びます。 つまり、本人認証しないとたいして使えない。 それでは本人認証サービス(3Dセキュア)をどうするかを説明しますね。 本人認証サービス(3Dセキュア)のやり方 これはpaypay(ペイペイ)で行うのではなく、各クレジットカード会社で行います。 また、各ブランドにより名称が違うので混乱しやすいです。 いくつかのクレジットカード会社の本人認証サービスのページを貼っておきますので、参考までに。 Paypayアカウント解約手順 1PayPayアプリ右下の[アカウント]をタップします。 2[その他]をタップします。 3[アカウントの解約]をタップします。 4注意点に同意いただける場合は[解約手続きに進む]をタップします。 5パスワードの入力が表示された場合は入力します。 6詳細な注意事項が表示されます。 すべて確認し、問題なければ[以上、同意します]にチェックをいれ、ページ最下部に表示される[同意して解約する]ボタンをタップします。 7該当の携帯電話番号に届いたSMSの認証コードを入力し、[認証する]をタップすると、アカウントの解約が完了です。 解約すると、登録していた携帯電話番号にログインできませんし、同じ電話番号では180日間は新規登録が出来ません。 また、解約してしまうと、残高を捨てる事になります。 もちろん、今ある残高だけじゃなく、後で付与される予定だった残高も捨てる事になりますので、注意しましょう。

次の

PayPay(ペイペイ)残高にチャージする方法について解説! 銀行口座、クレジットカード、コンビニから現金でチャージする方法とは?|まるわかりキャッシュレス

ペイペイ 三菱ufj チャージ

なぜならPaypayはヤフーとソフトバンクで設立した決済システムだからです。 「銀行口座」からのチャージだとヤフーIDとの連携は不要に思えますが、実際は銀行口座から「Yahooウォレット」に入金して、「Yahooウォレット」経由で「paypay」にチャージされます。 つまり銀行チャージルートはYahoo! につながっています。 が、最近のチャージ方法にセブンイレブンで現金チャージが可能になりました。 この方法ならばヤフーIDが無くても大丈夫です。 ヤフーメールを持ってる人なら問題ないですが、無い人はYahooに登録するところから始めなくてはいけません。 Yahoo連携が出来ていない場合は銀行チャージできません。 ヤフーメールのIDとパスワードがYahoo! JAPANのIDとパスワードです。 Yahoo! JAPANのサービスのひとつとしてヤフーメールがあるのです。 プロフィール画面の下部の「Yahoo! JAPAN IDと連携する」をタップして、自身のヤフーアカウントにログインすると連携完了です。 連携されているなら、「Yahoo! JAPAN IDと連携する」の表示が「連携済」に変わります。 これを済ませると、銀行口座からのチャージかヤフーカードでのチャージが可能となります。 これを済ませないとチャージが出来ません。 paypay(ペイペイ)にヤフーカードでチャージする これが一番簡単です。 クレジットカードからのチャージはヤフーカードでしか出来ません。 登録したクレジットカードがYahoo! JAPANカードならそれだけでチャージできます。 ただし、本人認証サービス(3Dセキュア)を登録済みのYahoo! JAPANカードに限ります。 ヤフー連携してYahoo! JAPANカードを登録していても、本人認証サービス(3Dセキュア)していないとチャージできません。 本人認証サービス(3Dセキュア)については後述します。 詳しくはこちらの記事でどうぞ。 paypay(ペイペイ)に銀行口座からチャージする ホーム画面右下にある「アカウント」から「お支払い方法の管理」をタップし、「チャージ用の銀行口座を追加」をタップします。 登録できる銀行は限られていますが、「ゆうちょ銀行」も選べますので大丈夫だと思います。 paypay(ペイペイ)に登録できる銀行一覧 ジャパンネット銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行 ゆうちょ銀行 愛知銀行 青森銀行 秋田銀行 足利銀行 阿波銀行 池田泉州銀行 伊予銀行 岩手銀行 愛媛銀行 大分銀行 北日本銀行 紀陽銀行 京都銀行 近畿大阪銀行 熊本銀行 群馬銀行 京葉銀行 山陰合同銀行 滋賀銀行 四国銀行 静岡銀行 七十七銀行 親和銀行 十六銀行 常陽銀行 仙台銀行 大光銀行 第三銀行 大東銀行 千葉興業銀行 中京銀行 筑波銀行 東邦銀行 東北銀行 徳島銀行 鳥取銀行 トマト銀行 富山銀行 長野銀行 南都銀行 八十二銀行 百五銀行 百十四銀行 福井銀行 福岡銀行 北越銀行 武蔵野銀行 山梨中央銀行 銀行を選択すると、Yahoo! ウォレットの登録画面となります。 Yahoo! ウォレットとは、簡単にいうと、Yahooのネット決済システムです。 この決済システムを利用して、paypay(ペイペイ)にチャージするという図式です。 銀行口座から直接paypay(ペイペイ)にチャージではなくYahoo! ウォレットを挟むので、Yahoo! ウォレット登録が必須となっています。 一度登録すると簡単にチャージ出来るようになります。 その他のチャージ方法 上記の他に、ヤフオクの売上金でチャージやセブンイレブンでの現金チャージ、ソフトバンク・ワイモバイルでのまとめて払いによるチャージ方法があります。 この3つの方法はいずれもクレジットカード登録や銀行登録が不要ですので、そういうのが嫌いな人にはうってつけのチャージ方法です。 paypayの利用を躊躇う一つにカードや銀行登録がありますが、これらのチャージ方法なら大丈夫です。 詳しくは下記の記事になります。 れっつPaypayしましょう。 本人認証サービス(3Dセキュア)について paypay(ペイペイ)のクレジットカード登録が簡単過ぎて、不正に入手したクレジットカード情報を登録する輩がいました。 これを防ぐ為にクレジットカード登録時に誤った入力を何度してもOKだったものから回数制限を付けました。 更に本人認証サービス(3Dセキュア)を入れて、これをしていないと 一か月5千円しかpaypay(ペイペイ)を利用できない仕様となりました。 本人認証サービス(3Dセキュア)すると、利用限度額が、「一日2万円」「一か月5万円」に伸びます。 つまり、本人認証しないとたいして使えない。 それでは本人認証サービス(3Dセキュア)をどうするかを説明しますね。 本人認証サービス(3Dセキュア)のやり方 これはpaypay(ペイペイ)で行うのではなく、各クレジットカード会社で行います。 また、各ブランドにより名称が違うので混乱しやすいです。 いくつかのクレジットカード会社の本人認証サービスのページを貼っておきますので、参考までに。 Paypayアカウント解約手順 1PayPayアプリ右下の[アカウント]をタップします。 2[その他]をタップします。 3[アカウントの解約]をタップします。 4注意点に同意いただける場合は[解約手続きに進む]をタップします。 5パスワードの入力が表示された場合は入力します。 6詳細な注意事項が表示されます。 すべて確認し、問題なければ[以上、同意します]にチェックをいれ、ページ最下部に表示される[同意して解約する]ボタンをタップします。 7該当の携帯電話番号に届いたSMSの認証コードを入力し、[認証する]をタップすると、アカウントの解約が完了です。 解約すると、登録していた携帯電話番号にログインできませんし、同じ電話番号では180日間は新規登録が出来ません。 また、解約してしまうと、残高を捨てる事になります。 もちろん、今ある残高だけじゃなく、後で付与される予定だった残高も捨てる事になりますので、注意しましょう。

次の