エクセルでグラフの作り方。 Excel(エクセル)での円グラフの作り方|割合(パーセント)の表示や分割(切り離し)の方法

エクセルでグラフを作成する方法。棒グラフ・折れ線…|Udemy メディア

エクセルでグラフの作り方

グラフに表示する文字列は選択範囲に含める 項目名や、凡例に表示する文字列は、グラフの範囲に含めなければなりません。 例えば、下の表で先月と今月を比較する棒グラフを作成する場合、 選択範囲は以下の場所を選択すべきです。 すると、下のように出来上がります。 これを、下のように凡例に表示したい、「D2」の「今月」と「E2」の「先月」を抜いた状態で選択していると・・・。 下のように、凡例には「系列1」「系列2」と表示されてしまいます。 また、「商品名」の「C2:C8」を抜かして選択すると・・・。 下のように商品名が表示されず、意味が分からないグラフになってしまいます。 いっそ、数字だけ選択したら・・・。 こんな感じです。 もう、何が何だか分かりません。 この凡例と項目名は、後で追加することも、自分で作成したり、他の場所を参照したりも出来ますが、楽をするには 最初に選択範囲に含ませるのが1番です。 [データ範囲が複雑すぎるため、表示できません。 データ範囲を選択し直すと、[系列]タブのすべての系列が置き換えられます] というメッセージが表示されています。 簡単に言うと、「その範囲じゃ複雑すぎて、グラフは作れないよ」ということです。 やはり左上の角は必要なようですね。 エクセルは左上の角を基本として右方向、下方向に系列を読み取ります。 その場所の文字列が必要なくても、 エクセルに自動で範囲を理解させるには、ちゃんと 角を含めなければならないのですね。 四角い範囲で選択する 先ほどの「左上の角は入れる」話と繋がるのですが、選択範囲は綺麗な四角形で選択する必要があります。 例えば、右下を抜いてみたり、 頑張って、複雑な選択をしても、 結局、想定していたようなグラフは出来上がりません。 例えば、下の表で「単価を比較するグラフ」を作成する場合、どの範囲を選択するかというと、 この範囲になりますね。 では、「先月」と「今月」を比較するグラフを作成したい場合はどこを選べば良いのでしょう。 答えは、下の画像です。 離れた場所を選択する必要があるわけですが、遠くから眺めるように見てみると、選択範囲が四角形になっていることが分かります。 分かり易く赤い四角で囲むと下の画像のようになります。 左上の角を入れて、全体が四角形に収まる範囲で選択するのがポイントです。 このような離れた場所を選択する場合は、ついつい角を抜かしてしまい、四角形ではなく複雑な形で選択してしまうことがあるので注意が必要です。 離れた場所の選択は「Ctrl」キーを使う これまでの説明でも使用していましたが、離れた場所を選択する場合は「Ctrl」を押しながら追加していきます。 もう少し、正確に言うと、 選択する範囲の 2か所目以降から「Ctrl」キーを押しながら選択。 ということになります。 最初から「Ctrl」キーを押していると、最初にクリックしていた関係ない場所が選択範囲に入ってしまうので注意しましょう。 まとめ グラフを手早く作成するには、エクセルに理解できるように選択範囲を指定してあげる必要があります。 角を含めて四角く選択する このポイントをしっかり覚えておきましょう。 また、後から選択範囲を変更する方法に関しては、をご覧ください。

次の

【Excel】エクセルで片対数グラフを作成する方法(方対数ではない)

エクセルでグラフの作り方

グラフに表示する文字列は選択範囲に含める 項目名や、凡例に表示する文字列は、グラフの範囲に含めなければなりません。 例えば、下の表で先月と今月を比較する棒グラフを作成する場合、 選択範囲は以下の場所を選択すべきです。 すると、下のように出来上がります。 これを、下のように凡例に表示したい、「D2」の「今月」と「E2」の「先月」を抜いた状態で選択していると・・・。 下のように、凡例には「系列1」「系列2」と表示されてしまいます。 また、「商品名」の「C2:C8」を抜かして選択すると・・・。 下のように商品名が表示されず、意味が分からないグラフになってしまいます。 いっそ、数字だけ選択したら・・・。 こんな感じです。 もう、何が何だか分かりません。 この凡例と項目名は、後で追加することも、自分で作成したり、他の場所を参照したりも出来ますが、楽をするには 最初に選択範囲に含ませるのが1番です。 [データ範囲が複雑すぎるため、表示できません。 データ範囲を選択し直すと、[系列]タブのすべての系列が置き換えられます] というメッセージが表示されています。 簡単に言うと、「その範囲じゃ複雑すぎて、グラフは作れないよ」ということです。 やはり左上の角は必要なようですね。 エクセルは左上の角を基本として右方向、下方向に系列を読み取ります。 その場所の文字列が必要なくても、 エクセルに自動で範囲を理解させるには、ちゃんと 角を含めなければならないのですね。 四角い範囲で選択する 先ほどの「左上の角は入れる」話と繋がるのですが、選択範囲は綺麗な四角形で選択する必要があります。 例えば、右下を抜いてみたり、 頑張って、複雑な選択をしても、 結局、想定していたようなグラフは出来上がりません。 例えば、下の表で「単価を比較するグラフ」を作成する場合、どの範囲を選択するかというと、 この範囲になりますね。 では、「先月」と「今月」を比較するグラフを作成したい場合はどこを選べば良いのでしょう。 答えは、下の画像です。 離れた場所を選択する必要があるわけですが、遠くから眺めるように見てみると、選択範囲が四角形になっていることが分かります。 分かり易く赤い四角で囲むと下の画像のようになります。 左上の角を入れて、全体が四角形に収まる範囲で選択するのがポイントです。 このような離れた場所を選択する場合は、ついつい角を抜かしてしまい、四角形ではなく複雑な形で選択してしまうことがあるので注意が必要です。 離れた場所の選択は「Ctrl」キーを使う これまでの説明でも使用していましたが、離れた場所を選択する場合は「Ctrl」を押しながら追加していきます。 もう少し、正確に言うと、 選択する範囲の 2か所目以降から「Ctrl」キーを押しながら選択。 ということになります。 最初から「Ctrl」キーを押していると、最初にクリックしていた関係ない場所が選択範囲に入ってしまうので注意しましょう。 まとめ グラフを手早く作成するには、エクセルに理解できるように選択範囲を指定してあげる必要があります。 角を含めて四角く選択する このポイントをしっかり覚えておきましょう。 また、後から選択範囲を変更する方法に関しては、をご覧ください。

次の

Excelグラフの作り方と凡例・単位・縦軸/横軸などの編集|Office Hack

エクセルでグラフの作り方

Excel 2016で人口ピラミッドグラフを作成する:エクセルの使い方• Excel 2016で人口ピラミッドグラフを作成する スポンサードリンク• 下図は (平成28年10月1日現在)から抜粋しました。 グラフを作成しやすくするためにデータを並べています。 ピラミッドグラフを作成するデータ範囲を選択します。 下図では B4:D25セルを選択しています。 集合横棒グラフが作成できました。 系列「女」の横棒グラフをダブルクリックして、書式設定の作業ウィンドウを表示します。 または、系列「女」の横棒グラフをクリックして選択します。 グラフツールの[書式]タブで[選択対象の書式設定]をクリックして、書式設定の作業ウィンドウを表示します。 グラフの横軸を選択します。 書式設定の作業ウィンドウは横軸の書式設定に変化します。 作業ウィンドウを閉じてしまっていたら、横軸をダブルクリックして作業ウィンドウを開きます 軸のオプションで「軸を反転する」にチェックを入れます。 すると、下図のようなグラフになります。 軸のオプションの境界値で、最小値を -100000 としました。 目盛りの間隔は 2万 になっていますので、中央の軸ラベルが入る間隔は目盛り幅と同じ 2万にします。 棒グラフを書く部分は8万ですが、縦軸のラベルの幅 2万を含めると、マイナス側は10万となります。 よって、最小値はマイナスの10万 -100000 としています。 細かいことですが、最大値の8万は自動になっていますので、何らかの仕業で勝手に変わる可能性があります。 最大値が変わらないように、80000. 0 を80000 と書き直して[リセット] にすることも考えられます。 第2軸を選択します。 軸のオプションの境界値で、最小値を -100000 としました。 なお、こちらは「軸を反転する」にチェックを入れません。 軸ラベル 年齢 のすべてが表示されるようにするにはグラフの大きさを大きくします。 グラフエリアを選択するとハンドルが表示されますので、ハンドルをドラッグしてグラフを拡大します。 すると、軸ラベルがすべて表示されるようになります。 軸ラベルの表示位置は軸の書式設定のラベルで、軸からの距離を変更して変えることができます。 下図では 100 を 0に変更しています。 わずかですが左に寄っています。 グラフツールの[デザイン]タブで「スタイル5」を選択しました。 グラフのスタイルが設定できました。 横軸のマイナスの数値が不要ですので消したいと思います。 横軸をダブルクリックして、書式設定の作業ウィンドウを開きます。 軸の書式設定で表示形式の表示形式コードに , 0; と入力します。 0 の後ろに ; カンマ を入力します。 [追加]ボタンをクリックして、種類のところに , 0; が表示されたのを確認します。 横軸の負の値が非表示になりました。 第2軸も同様に表示形式を , 0; に変更して負の値を非表示にします。 グラフタイトルを選択して、「鹿児島県の年齢別人口」と入力して変更しました。 凡例も移動してみました。 凡例はクリックして選択します。 凡例の枠線をつかんでドラッグすると移動することができます。 横棒のスタイルを[書式]タブの図形のスタイルで変更すると下図のようになりました。 ちなみに、鹿児島市の人口ピラミッドグラフを作成すると下図のようになりました。 上記の人口ピラミッドグラフは軸ラベルを中央に配置していましたが、左端にすることもできます。 ほとんどが上記と同じ操作になります。 水平対称横棒グラフ(左右対称の横棒グラフ で、データをマイナス値にして作成する方法は で説明しています。 ここから5までは、上記と同じ操作になります ピラミッドグラフを作成するデータ範囲を選択します。 下図では B4:D25セルを選択しています。 集合横棒グラフが作成できました。 系列「女」の横棒グラフをダブルクリックして、書式設定の作業ウィンドウを表示します。 グラフの横軸を選択します。 書式設定の作業ウィンドウは横軸の書式設定に変化します。 作業ウィンドウを閉じてしまっていたら、横軸をダブルクリックして作業ウィンドウを開きます 軸のオプションで「軸を反転する」にチェックを入れます。 すると、下図のようなグラフになります。 ここから、ちょっと設定値が上記と異なります 軸のオプションの境界値で、 最小値を -80000 としました。 最大値が8万なので、最小値は8万のマイナスという同じ大きさにしています。 第2軸を選択します。 軸のオプションの境界値で、 最小値を -80000 としました。 なお、こちらは「軸を反転する」にチェックを入れません。 中央から左右に棒が伸びているのがわかります。 縦軸の書式設定をしたいのですが、グラフからの選択がしづらいので、リボン操作で行います。 グラフルールの[書式]タブで「縦 項目 軸」を選択します。 軸の書式設定の作業ウィンドウが表示できました。 ここからは書式設定になりますので、上記と同様の操作になります 上記のように書式を整えると下図の項目軸は左端にある人口ピラミッドグラフができました。 最初の作成方法から変更する場合は下記の操作を行います• 軸ラベルを中央にしたグラフからは、縦軸のラベルの位置と横軸の境界値の最小値を変更することで同じグラフを作成できます。 中央に軸ラベルをダブルクリックして、軸の書式設定を表示します。 横軸を選択します。 軸のオプションの境界値の最小値を最大値と同じ大きさに設定します。 ここでは-80000 とします。 最大値に負の値に設定します• 第2軸も同様に設定します。 軸ラベルが左端に表示できました。 スポンサードリンク ||Excel 2016で人口ピラミッドグラフを作成する.

次の