支払いの問題で apple id がロックされました。 「支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】」というメールがiPhon...

【実体験】iPhone Apple詐欺メールに引っかかった僕が見分け方を教えます!支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】

支払いの問題で apple id がロックされました

度々、失礼致します。 もし、 名前を入力している場合は、今後 Morris16 さんの本名(フルネーム)が記載された、より本物らしいフィッシングメールが届く可能性が有ります。 メール本文の内容が Apple ID に関する物である場合、以下のポイントの内1つでも違っていれば偽メール ですのでご注意を。 apple. com」になります。 apple. Apple Footer 本サイトにはユーザが投稿したコンテンツ、コメント、意見が、参考を目的として掲載されています。 Apple は、提供された情報をもとに可能な解決方法を提供または推奨する場合があります。 すべての潜在的な問題は、電子フォーラム上の議論に詳しく記述されていない、いくつかの要因を含むことがあります。 そのため Apple は、本コミュニティフォーラムにて提案された解決策の有効性については保証いたしませんApple は本サイトの利用に関連する第三者の作為/不作為に関して一切責任を負いません。 本サイトへの投稿や本サイトに掲載されているコンテンツの利用についてはすべて に準拠するものとします。

次の

支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】というメールを受信したらやるべきこと!フィッシング詐欺対策とは?

支払いの問題で apple id がロックされました

僕もに届いた詐欺メール 僕に届いたのはこの詐欺メールです。 メールの全文は以下の通り。 AppleID (XXXXXXX XXXXXX)のために必要なアクション。 私たちは、App Storeでお支払いの同期が失敗していることがわかりました。 サービスへのアクセスを失うことを避けるために必要な支払い方法を更新します。 このような理由から、あなたのアカウントがフォローアップまで、一時的にロックされます。 Appleの詐欺メールには数種類あるみたいです。 登録情報が欠落しているから、ログインして補足してね。 支払い方法を変更してね。 詐欺グループもあの手この手で、やり込めようと必死w 今回のパターンはクレジット情報を抜き取るメールでした。 罠にかかる僕… Appleに限らず、ネット系の詐欺メールには超気をつけていた僕。 はっ!と気づいたのは、クレジットカード番号を入力する一歩手前。 おい、俺。 何やとんのや! 送信元、noreply youtube. com やし、メール本文に俺の名前が一つもないし。 これ完全に詐欺メールやん(汗 幸いにして、クレジットカード番号の入力には至りませんでしたが、Apple IDとパスワードは入力してしまいました。 どないしましょ(汗 個人情報を入力してしまったら… 僕のように、 わかってるつもりだったけど… いや、寝ぼけてたのよ… 詐欺メールに個人情報を入力してしまった場合、すぐにApple IDとパスワードの変更をしましょう。 クレジットカード番号を入力していなくても、Apple IDはクレジット情報と繋がっています。 そのまま放置しておくと、身に覚えのない請求が来てしまいます。 仮に、Apple IDやパスワードを入力していなくても、詐欺メールにある、「支払い同期」をクリックしてしまった場合は、念のためApple IDとパスワードを変更しておきましょう。 不覚にも、クレジットカード番号を入力してしまった! その場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡です。 休日や時間外の場合は紛失として届け出ましょう。 サービス時間外でも紛失の場合は対応してくれるカード会社がほとんどです。 メール題名や本文のあなたのフルネームがない= 詐欺メール 送信元のアドレスが「appleid id. apple. com」となっていました。 その前に、迷惑メールフィルターで選別してくれよ!って話ですが、Yahooメールに関して言うと、どスルーで受信箱にINします。 もし、ご自身で詐欺メールかの判断がつかない場合は、一度、Gmailへ転送してみましょう。 Yahooメールからの転送時に以下のメッセージが表示された場合は詐欺メール確定です。 仮にGmailに送信できたしまった場合も、Gmail側で以下のようなメッセージが表示されていないかをしっかりと確認するようにしましょう。 メッセージはメール本文先頭に表示されます。 このメッセージにはご注意ください。 個人情報を盗むメールに使用されることのある内容が含まれている可能性があります ちなみに、Apple公式では、詐欺メールの判別について、以下のように回答しています。 メール本文の内容が Apple ID に関する物である場合、以下のポイントの内1つでも違っていれば偽メールです。 apple. com」になります。 apple. (Apple ID はメールアドレスなので、偽メールに記載されていても不思議ではありませんが、「本名(フルネーム)」が記載されていない場合は、偽メール確定です)利用する側の知識も必要 利用する側の知識も必要 インターネット関連は一限管理することで、めちゃくちゃ便利に利用することができます。 「ONE ID ONE PASSWORD」で、色々なデバイスやサービスを利用できる。 故に、利用する側も最低限の知識が必要ですね。 なんでも、「任せきり」「頼りっぱなし」では搾取される側にいるだけになります。 搾取する側になれと言うことではありませんが、安全に利用するには、便利さの向上と合わせて、僕たちのネットリテラシーも向上していかないと多方面で翻弄されるだけになってしまいます。 インターネットを利用するなら、しっかりとコントロールできるスキルが重要ですね。 まとめ 詐欺メールにApple IDとパスワードを入力してしまった僕。 数日が経過した現在、クレジットカードの利用履歴をチェックしていますが問題はおきていません。 また、自分以外の何者かが自分のApple IDを利用してログインしたなどの通知もありません。 と、言うことで、万が一、詐欺メールに個人情報を入力してしまっても、迅速に対応をすれば、大きな問題にならずにすみます。 やばい!と思っても、焦らず、正確に対処しましょう。 参考にしてください。

次の

【実体験】iPhone Apple詐欺メールに引っかかった僕が見分け方を教えます!支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】

支払いの問題で apple id がロックされました

最近、Appleから不審なメールが多数送られています。 いや、Appleのふりをした、危険なメールです。 皆さん、気を付けてください。 Appleをかたる不審メールの例 私の元にも、Apple IDがロックされたという内容の不審メールが届きました。 以下の様なメールです。 ——————————————————————— 【件名】 最近、あなたのアカウントは新しいデバイスからiCloudへのログインに使用されました。 xxx. xxx. あなたのIDはこの問題を解決するまでロックされたままです。 解決する Copyright c 2017 Apple Inc. All rights reserved. Privacy Policy Terms of Use Legal Site Map ——————————————————————— IPアドレスは、xxx. xxx. xxx. xxxに変換していますが、私のところに届いたAppleからの不審メール本文に記載されたIPアドレスは、 中国のIPアドレスでした。 ロケーションは、 インドネシアって書いてあるのにね。 とても怪しいですね。 しかも、 宛名が書いていない。 ちょっとした変なところに気付くか否か、とても重要です。 IDやパスワードを入力する様なメールが来たら、基本あやしいと疑う事から入るべきですね。 フィッシング詐欺攻撃と言います 正規の企業のふりをしたメールを送り付けて、アカウントID、パスワード、他にもクレジット番号などの個人情報を 不正に盗み出すことを、 フィッシング詐欺攻撃といいます。 もし、フィッシング詐欺に気付かず個人情報を入力してしまうと、リスト型攻撃をされたり、金銭的な被害を被ることになります。 リスト型攻撃については、以前の記事をご覧ください。 最近では、Apple以外にも、 Amazonや Microsoftや Adobe、 LINEや Google Playなど、誰もが利用しているサービスを模してメールを送りつけています。 身に覚えのないメールを受信した場合は、本文のURLや添付ファイルなどを 安易にクリックしないで、まずはネットなどから情報を集めるように心がけましょうね。 フィッシング詐欺攻撃の被害に遭わないために フィッシング詐欺攻撃に遭わないためには、どんなメールに対しても 常に用心することです。 そもそも、正規の企業がメールでアカウントやパスワードを入力しろとか、クレジットカード番号を入力しろなんてことは、絶対に行いません。 そのようなメールは、すべてフィッシング詐欺だと疑っていいでしょう。 また、今回のApple IDロックのメールもそうですが、怪しいと思ったら、ネットで情報を集めることが大切です。 メールの件名をコピペでググるだけで結構です。 フィッシング詐欺メールは、多くのメールアドレスにばら撒かれていますので、ネット上で直ぐに情報がアップされます。 また、正規の企業も、なりすまされたメールが出回っていることを認識すると、ホームページ上にすぐ掲載されます。 他にも、メールに記載のあるURLのスペルが正規の企業と違っていたり、本文内の日付が古かったり、宛名がそもそもなかったり、少し注意するだけで、被害を防ぐことが出来ますよ。 もし、被害に遭ってしまったら? どんなに注意していても、攻撃者もあれやこれやと攻撃手法を変えてきます。 そのため、被害に遭ってしまう場合もあるでしょう。 では、 被害に遭ってしまった場合は、どうすれば良いでしょうか? ・アカウントやパスワードを入力した場合 残念ながら、あなたのアカウント、パスワードは、世の攻撃者の手に渡ってしまいます。 しかも、結構安い金額で売られます。 パスワード管理ソフトを使用すると、運用も楽ですよ。 ・クレジットカード番号を入力した場合 こちらも残念ながら、クレジットカードが悪用されるでしょう。 直ぐに、クレジットカード会社に連絡して、停止措置をお願いしましょう。 ・住所、氏名、年齢、電話番号などの個人情報を入力した場合 これも怖いですよね。 この情報は、簡単に変えられるものではありませんしね。 間違いなく、これらの情報も闇のネットワークで売買されてしまいます。 今後、これらの情報が悪用されることも考えられます。 十分に注意してくださいとしか、言いようがありませんが、変えられるものは変えましょう。 いつでも細心の注意を払いましょう こうやって書いてみて、私も改めて気を付けなくてはと思いました。 ネットは便利で豊かな生活を与えてくれますが、一方で危険と隣り合わせのツールです。 私のブログでも、最新のセキュリティ情報を掲載していきます。 お互いに細心の注意を払って、上手にインターネットを使っていきましょうね。 label, , , , , , , , ,.

次の