亜 塩素 酸 ナトリウム と 次 亜 塩素 酸 ナトリウム の 違い。 【医師監修】次亜塩素酸水とは?次亜塩素酸ナトリウムと何が違うの?

亜塩素酸水

亜 塩素 酸 ナトリウム と 次 亜 塩素 酸 ナトリウム の 違い

次亜塩素酸水とは 次亜塩素酸水とは、「塩化ナトリウム」と「希塩酸」と「水」を混ぜて作った生成水です。 さまざまな細菌やウイルスを除菌できますが、 合成界面活性剤などの化学合成物質を使っていないため、人体への影響はなく、万が一目や口に入っても大きな問題がないされるのが特徴です。 もともと次亜塩素酸水は、塩化ナトリウム水溶液や塩酸水、塩酸と塩化ナトリウムの混合液などを電気分解して作られており、適切な濃度で使うぶんには人体への影響がほとんどないとされることから、医療機関での手術者や介助者の手指消毒、医療器具の洗浄・消毒、食品加工や関連機器、手指の消毒などに使われていました。 細菌やウイルスを不活化できる理由は、メインの殺菌力を発揮する次亜塩素酸(HClO)のほか、オキシドールとして古くから消毒薬に使われていた過酸化水素(H2O2)、ヒドロキシラジカル(OHラジカル)などの成分が細菌やウイルスの細胞膜・タンパク質・核酸などに作用し、損傷を与えるからだと考えられています。 また、医療器具の洗浄・消毒に認められてから20年以上経っていますが、 使い続けてもこれまで耐性菌の出現は認められなかったことがわかっているほか、今後も理論的には耐性菌の出現は考えられないと判断されています。 しかし、有効塩素濃度が規定未満の場合は十分な殺菌効果を得られないため、使う前には必ず有効塩素濃度を確認したほうがよいでしょう。 とくに、 アルコール(手指などの消毒)やポピドンヨード(うがい薬)では殺菌できないボツリヌス菌、ウェルシュ菌、破傷風菌などの菌や、ノロウイルスなどにも殺菌効果を発揮することから、人体への影響が少なく、有害な菌やウイルスを殺菌できるとして注目されています。 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いは? 「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は、字面としては似ていますが、性質は全く違うものです。 最大の違いは、 次亜塩素酸水は人体への影響はないとされ安全性が高いものですが、次亜塩素酸ナトリウムは皮膚に触れると火傷のようなケロイド症状を引き起こすという非常に危険な薬剤であるということです。 その他にも、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムには以下のような違いがあります。 項目 次亜塩素酸水(微酸性電解水) 次亜塩素酸ナトリウム 主成分 次亜塩素酸 次亜塩素酸イオン pH pH5. 0~6. 一般的に広く使われる次亜塩素酸水は食品添加物としても使われるレベルの80ppmや、医療機関で使われる200ppmのものが多いですが、原液と呼ばれる400ppmであっても皮膚に付着しても人体に影響はなく、安全であるとされています。 一般的に、医療関連施設では細菌の種類に応じ、アルコールやクレゾール、グルタールアルデヒドなど、さまざまな消毒薬を使い分けていることが多いです。 しかし、次亜塩素酸水はこれらの消毒薬で除菌できるほとんどの菌に作用し、同じような除菌効果を発揮できることがわかっています。 次亜塩素酸水の使い方は? 次亜塩素酸水は、用途によって異なる濃度のものを使うと良いでしょう。 ハンディスプレー 外出時にも手軽に持ち運びOK。 いつでも除菌・消臭で使える 50ppm程度:消臭・ウイルス対策などに 家庭用スプレー 調理器具の除菌、洗濯機やお風呂場のカビ対策、トイレの除菌・消臭、生ゴミや汚物などの除菌・消臭など 100ppm程度:焼き肉、トイレ、タバコ、寝室などの消臭に 200ppm程度:キッチンや台所周り、その他の除菌に 400ppm(原液):家具の除菌・消臭、ウイルス対策 拭き掃除 床や家具、子どものおもちゃなど、どこにでも使える 50ppm程度:赤ちゃんが口に入れてしまうようなおもちゃ、ペットのエサ容器など 200ppm程度:ゴミ箱やエアコンの除菌・消臭に 400ppm:汚物処理や処理後の除菌にも使いやすい 食品添加物にも使えるレベルの次亜塩素酸水は、厚生労働省の基準によって80ppmまでが安全な範囲内とされています。 つまり、体内に直接入るものを除菌するのであれば、この濃度までの次亜塩素酸水を使うと良いでしょう。 ただし、 感染症の吐瀉物・排泄物などの汚物処理に使う場合や、お風呂場のカビ取り、トイレの便器内清掃などは、確実に菌を除菌・滅菌したい状況です。 この場合は、400ppmの原液をはっきりと水滴がついて垂れるくらいにたっぷり使いましょう。 次亜塩素酸水を使うときの注意点は? 次亜塩素酸水を使うときは、以下のような点に注意しましょう。 除菌する前に汚れは洗浄しておく(特に油汚れ)• 清掃に使う雑巾は清潔な状態のものを使う• 有機物の多い場所や食材は、必要に応じて使う次亜塩素酸水の濃度を濃くしたり、流水にしたりする• つけ置き洗いの際は、撹拌するなどして微生物と次亜塩素酸水が直接触れるようにする• 余った次亜塩素酸水は冷暗所で保管し、使う分だけ小分けにして使う• 高温所や直射日光で濃度が低下するほか、時間経過でも濃度が低下するので、早めに使い切る• 密閉容器で冷暗所で保管していた場合でも、使用期間の目安は約3カ月• 塩素系の除菌剤ではあるものの、漂白作用はほとんどない• 他の薬品や洗剤と混ぜて使用しない 次亜塩素酸水は、微生物に直接触れることで除菌・殺菌作用を発揮します。 しかし、反面、菌やウイルス以外でも、有機物に触れると反応してどんどん消費されていってしまいます。 そのため、汚れが残っている場所に使用しても十分な殺菌効果は得られません。 まず、 その場所に付着している汚れは洗浄してから使いましょう。 とくに、油汚れは次亜塩素酸水を弾いてしまうため、殺菌力はさらに弱まります。 同じ理由で、食材を殺菌する場合でも必要に応じて次亜塩素酸水の濃度を濃くしたり、調理器具をつけ置き洗いにするときは何度か撹拌するなど、 微生物と次亜塩素酸水が直接触れるようにする工夫が重要です。 また、次亜塩素酸水は高温や直射日光、時間経過によってどんどん濃度が低くなっていってしまいます。 このため、余った次亜塩素酸水の保管は冷暗所で行い、 約3ヶ月以内には使い切るようにしましょう。 そして、単体で使うには安全なものですが、他の洗剤や薬品と混ぜると思わぬ化学反応を起こす可能性もありますので、他の洗剤などと混ぜずに使いましょう。 おわりに:次亜塩素酸水は一定の除菌効果が期待できるが長期保管には向かない 次亜塩素酸水は、人体への影響がなく、80ppm以下なら口腔内や食品衛生にも使えます。 また、400ppmの原液はノロウイルスなどの強い感染性を持つウイルスの除菌などにも使え、強力な殺菌力を発揮します。 反面、時間経過で濃度が下がっていって殺菌力もなくなっていってしまうため、長期保存には向きません。 余った場合は冷暗所で保管し、早めに使い切るようにしましょう。

次の

次亜塩素酸ナトリウムと安定化二酸化塩素。同じ消毒剤だがどこが違う?

亜 塩素 酸 ナトリウム と 次 亜 塩素 酸 ナトリウム の 違い

「次亜塩素酸水」とよく似たものに、「次亜塩素酸ナトリウム」があります。 「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」は同じような名前で、両者とも漂白・殺菌・抗菌効果があるので、よく混同されるのですが、実はまったく違う性質をもっているものです。 使用するときにゴム手袋をしたり、他の製品と混ぜないように注意書きがあるように、誤った使い方をすると非常に危険な場合があり、取り扱いには注意が必要です。 緑色のボトルにピンクのキャップ、どこのお宅の台所にも必ずあるのではないでしょうか? つけ置きするだけで、すみずみまで除菌・漂白・消臭ができる台所用漂白剤(塩素系)です。 食器だけでなくふきん、スポンジ、そしてまな板まですっきり漂白&除菌してくれますよね。 厚生労働省は以上のように定義しています。 次亜塩素酸ナトリウムとの違いは、溶液中での存在状態に違いがあります。 食品や調理器具の消毒剤として使用する際には、次亜塩素酸ナトリウムであれば100ppm以上の濃度が必要となるのに対し、酸性電解水では10〜60ppmという低濃度でほぼ同等の効果がみられると言われています。 「次亜塩素酸水 」と「次亜塩素酸ナトリウム」 次亜塩素酸 HClO の殺菌力は次亜塩素酸イオン OCl- の約80倍! 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの特徴の比較 項目名1 次亜塩素酸水 次亜塩素酸ナトリウム 使用 そのまま 希釈して 有効塩素濃度 20〜60ppm 100〜10,000ppm 化学的性状 弱酸性 強アルカリ性 主成分 次亜塩素酸 次亜塩素酸イオン 化学式 HClO ClO- 手荒れ 少ない 多い 環境負荷 少ない 多い トリハロメタン 生成なし 生成あり どちらも強い殺菌力がありますが次亜塩素酸水の殺菌力は次亜塩素酸の存在比率が高いため、次亜塩素酸ナトリウムよりも高い殺菌活性を示します。 どちらも「食品添加物」に指定されていますが、前者(次亜塩素酸ナトリウム)は使用するときにゴム手袋をしたり、他の製品と混ぜないように注意書きがあるように、誤った使い方をすると非常に危険な場合があり、取り扱いには注意が必要です。 そして、これまでのペットに安全と謳っている消臭・除菌剤には、この次亜塩素酸ナトリウムを原材料として使っているものがほとんどなのです。 分かりやすい例として 感覚的に、ご理解いただくための分かりやすい例をあげると、 学校のプールに白い錠剤を先生が撒いていたのを覚えていませんか? あれが「塩素」です。 塩素を入れることで、プール内の雑菌の繁殖を抑えていたのです。 しかし、塩素には強い刺激性があります。 で、プールのあとは目を良く洗うように言われましたよね。 横着して洗わないと、目が真っ赤になってきたりしませんでしたか? ある程度の濃度にしないと除菌効果がないが、その濃度では刺激になる、 という分かりやすい例ではないでしょうか。 あの液体を犬の目や口には入れられないですよね・・・。

次の

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いは? | ハウスクリーニングなら東京品川のおそうじ革命品川旗の台店

亜 塩素 酸 ナトリウム と 次 亜 塩素 酸 ナトリウム の 違い

目 次• さっそく結論からいきますと・・・ 最も使い勝手が良いのは 次亜塩素酸水(電解水) 体内、体外除菌なら 二酸化塩素 体内、体外除菌(強力)なら 次亜塩素酸カルシウム お掃除除菌なら ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム これらは全て塩素系の消毒剤となります。 細かな特徴については、これから少しずつ解説していきます。 ちなみに、除菌剤で最も有名であるハイターは、「次亜塩素酸ナトリウム」という種類の塩素です。 アルコール除菌はどうなのか? アルコール除菌は病院をはじめ多くの施設で使われています。 塩素系と比較した、メリット・デメリットは以下になります。 メリット デメリット アルコール系 ・扱いやすく、素材の劣化も招かない ・吸入毒性が低い。 ノロウイルス(ノンエンベロープ系)などにはあまり効かない 塩素系 低濃度でもノロウイルスを含めた幅広い細菌・ウイルスに短時間で効果を発揮する ・濃度を維持するのが難しい ・吸入毒性があり、独特の臭いがあり、扱いにくい ・成分の分解が早い ・金属素材への劣化に注意 ものすごくザックリいうと、 アルコール系は、 安全だけど弱い 塩素系は、 強力だけど危険 という違いです。 だから、病院では危険性の低い無難なアルコール除菌液を、そこらじゅうに置いてるわけです。 塩素系で倒せる細菌の一例 0. ところが、その 次亜塩素酸ナトリウムは、有機物とナトリウムが化合して「トリハロメタン」という発ガン性物質が生成されるという問題が指摘されています。 『トリハロメタン』とは? 浄水場やプールなどで使用される塩素と水中の物質が反応してできる化合物(有毒物質)の一つです。 〈 トリハロメタンの代表的な一覧 〉 フルオロホルム、クロロジフルオロメタン、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム、ヨードホルムなど。 中でもクロロホルムは、水道水に含まれるトリハロメタンの6~9割を占め、発ガン性や奇形児のリスク、肝障害や腎障害を引き起こす環境汚染物質として、しばしば取り上げられることが多い物質です。 世界をはじめ日本でも、次亜塩素酸ナトリウムは水道水やプールの除菌に一般的に使用されているため、トリハロメタンが水道水の中に含まれることは必須です。 そのため、WHOや日本の厚生労働省ではトリハロメタンの基準値を設けています。 ところが、 諸外国では残留塩素濃度に上限を設けています。 日本と海外の塩素濃度の違い 例えば、 ドイツ0. 05ppm、フランス0. 1ppm、アメリカ0. 5ppmが上限 一方で日本の法律では、水道の蛇口レベルで、 0. 1ppm以上の塩素が残留していることが定められ上限がありません。 上限がないということは、住んでる場所によって、かなりの差があるということです。 一体、WHOの基準値って何なのか…? 恐ろし過ぎる「死海」の濃度 ちなみに、ふつうの海水の塩分濃度は3. 1~3. ケタ違いです。 実際、魚類の生息は確認されていません。 まぁいずれにせよ! 次亜塩素酸ナトリウムからトリハロメタンが生成される可能性がある以上、注意するに越したことはありません。 ところが 塩素系の中でも、トリハロメタンを生成しないタイプがいます。 トリハロメタンが発生しないセーフティ塩素 それが、一番最初にあげた「 次亜塩素酸カルシウム」です。 僕が調べるかぎり、次亜塩素酸カルシウムでは、トリハロメタンなどの有害物質の生成は起こらないので、そのへんの安全性を加味して次亜塩素酸カルシウムを推薦しました。 また、「 二酸化塩素」も、一般的に使用されている次亜塩素酸ナトリウムとは大きく異なり、有機物に作用しても塩素化反応がおこりにくく、トリハロメタンを生成しにくいという特徴があります。 「次亜塩素酸カルシウム」と「二酸化塩素」いずれも極めて安全性が高いことから、これらを飲んで体内のデトックス(毒素排出)に使っている人もいます。 それが、『MMS』という解毒療法です。 過塩素酸 HCl O4 塩素酸 HCl O3 亜塩素酸 HCl O2 次亜塩素酸 HCl O 塩 酸 HCI つまり、くっついてる酸素数の違いです。 亜塩素酸は、酸素が2個 次亜塩素酸は、酸素が1個 わずかな違いに見えますが性質はずいぶん変わります。 「酸素数」と「酸化力」は無関係です 酸の強さ(酸素数)は、 HClO < HClO2 < HClO3 < HClO4 ですが、酸化力の強さは HClO > HClO2 > HClO3 > HClO4 となり、酸化力は酸の強さと逆になります。 そもそも『酸化力』とは? 相手を酸化し、相手から電子を奪い取る力。 電子が不足しているほど酸化力は強くなる。 電子を引き寄せる強さ(力関係)は、を参考に まぁ要は、 酸化剤(殺菌)=相手を酸化して、代わりに電子をもらうことです。 pHによる違い pHとは? その 水溶液中に含まれている水素イオン濃度のこと。 水素イオンが多いほど酸性、少ないほどアルカリ性 pH(酸の強さ)と酸化力は関係ありません。 pH(酸の強さ)は相手を酸化させる 速度に関係しています。 pHが低い(酸性)ほど、次亜塩素酸の割合が大きくなり、殺菌スピードが増します。 反対にアルカリ性だと、塩素は次亜塩素酸イオンに変化して、殺菌スピードは低下します。 あくまでもpHは、酸化(殺菌)活動の起爆剤でしかありません。 「無機系」と「有機系」の違い 塩素系殺菌剤には、無機系と有機系の2種類があり、それぞれの違いは以下になります。 ・水に溶かした時の塩素濃度の飛びやすさが違う。 有機系の方が、格段に飛びにくく安定している。 ・有機系の方が、断然、塩素臭がしない。 とのことですが、僕が実際に有機系を使ってみた感想としては、濃度が濃いせいか「めっちゃプール臭じゃん」でした。 ・水に入れてすぐに塩素濃度が急上昇し、一気に急降下する。 ・塩素臭が少ない。 ・水で完全に溶解する。 有機系は、水に溶かしてから徐々に塩素濃度をあげて濃度をキープしながら徐々に下がっていくので長い時間、塩素濃度を保たせる事ができます。 まさにプールの消毒にぴったりです。 水の温度は塩素にどう影響するのか? 基本的には2つ考えられます。 これらの理由から、浄水場などでは夏は多めに、冬は少なめに塩素量を調整して使っています。 皮膚、頭皮などへの影響 塩素は、酸化剤です。 そして、人間の皮膚や頭皮など人体の大部分はタンパク質で出来ています。 シャワーや風呂などで長時間、 塩素を浴びまくると、塩素の酸化作用によって、皮膚や頭皮のタンパク質が酸化し傷つきます。 タンパク質が酸化する(サビる)ことで、結果的に肌トラブルや、髪のダメージなど様々な部分まで影響が及びます。 「塩素は嫌だ。 けど、長時間お風呂につかりたい」 という人は、こちらを試してみるといいです。 そういう時には、 中和役として働いてくれる、ビタミンC(アスコルビン酸)を少量、混ぜるだけでカルキ抜きできます。 しかもパウダータイプだから安いです。 <水道水の塩素は、クエン酸や重曹でも中和できるの? > クエン酸も重曹も、還元力が低いため塩素中和には効果は薄いと考えます。 やはりビタミンC(アスコルビン酸)が中和剤としては最適です。 そして、締め切ったシャワー室では塩素が濃縮され、塩素濃度が高くなるとの指摘もあります。 シャワータイムを短時間で済ませればいいですが、それが無理であれば、シャワー時の塩素除去対策として、5000円ぐらいでシャワーヘッドを塩素除去できるタイプに交換してしまうのが確実です。 しかし、発ガン性物質トリハロメタンは高温になると発生しやすいので、塩素が入った水道水を沸騰させることで一定時間トリハロメタンが発生します。 塩素とトリハロメタンの両方を除去するには、少なくとも15分以上の沸騰が必要で、これを毎日やるのは、なかなかの労力です。 それなら、ビタミンCをぶち込んで、塩素中和したほうが100倍効率的だと思います。 よっぽど白湯が飲みたい人は別ですが。 塩素系 それぞれの性質 【参考サイト】 亜塩素酸ナトリウム 亜塩素酸ナトリウムは、有機塩素化合物を作らないため、塩素臭が残らず、カット野菜などの最終段階での洗浄殺菌に適します。 通常の次亜による殺菌洗浄後に仕上げとして亜塩素酸ナトリウムを使用している業者もあります。 二酸化塩素 【参考サイト】 弱酸化剤で、 殺菌効果がpHに影響されないのが特徴です。 一般的に使用されている次亜塩素酸ナトリウムとは大きく異なり、トリハロメタン(有害物質)が生成しにくい特徴をもちます。 極めて安全性が高いことから、これを飲んで体内のデトックス(毒素排出)に使っている人もいます。 それが、『MMS』という解毒療法です。 精製方法は2種類 塩化ナトリウム水溶液(いわゆる食塩水)と希塩酸等を電気分解して生成する「 電解水」と、 次亜塩素酸ナトリウムを希塩酸と水で希釈混合し、中和して生成する「 中和水」の2種類あります。 メリット ・目や口に入っても問題なく、歯周病にも使えます。 人体には全く影響はなく、皮膚に直接付着したとしても、皮膚を除菌するのみです。 ・一般に医療関連施設などでは細菌の種類に応じてエタノールなど消毒剤を使い分けています。 ですが、次亜塩素酸水なら、弱い菌から強い菌までほとんど除菌が可能です。 ・最も一般的な消毒剤である次亜塩素酸ナトリウムの約80倍の除菌力。 そして、最も強い除菌剤(危険性も高い)グルタラールアルデヒドと同等の除菌力をほこります。 とのことですが、実際のところはまだ何とも言えません。 もちろん金属を腐食します。 代表的なものとしては、 水道水の殺菌に使われていますが、有機物と遊離塩素の反応でトリハロメタンという毒性物質を生成するといわれています。 低コストで扱いやすいという理由から、食品衛生や環境衛生など幅広い分野で使用されています。 極めて安全性が高いことから、これを飲んで体内のデトックス(毒素排出)に使っている人もいます。 それが、『MMS』という解毒療法です。 掃除でもプールでも使えますが、塩素が飛びづらい性質を持つので、特にプールにはうってつけの塩素です。 実際、僕が通っていたプールでも、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムが入った「ハイライト」という商品を使っていると聞きました。 ちなみに、肌の調子はいい感じでした。 プールで使っているのはどれ? プールでの塩素濃度規定は0. 4~1ppmです。 phの管理は5. 8~8. 6の中性です。 特に、次亜塩素酸カルシウム、トリクロロイソシアヌル酸、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム これらは家庭用としてはあまり使われませんが、プールや浄化槽の消毒剤としてよく使われます。 塩素なので洗浄剤や漂白剤としても使用できます。 塩素を使う時の参考濃度 ここでの数字は、最も一般的に使われている次亜塩素酸ナトリウムでの参考濃度です。 8ppm 空間除菌、加湿器 25~50ppm 居住空間 寝室・部屋・下駄箱・トイレ・洗面台・テーブル・ドアノブ等 50~100ppm 生野菜、果物の除菌 100ppm キッチン キッチン用品全般・まな板・食器・冷蔵庫・調理台・生ごみ等 100ppm 手足の殺菌、体臭、炎症 50~200ppm ペット周辺 ゲージ・えさ入れ・ブラシ・ペット臭 100~200ppm 嘔吐物処理 200ppm 浴室、浴槽、便器 600ppm シミ抜き、漂白 600~2000ppm まとめ 体の芯から除菌したい人は、死海へ行きましょう・・・ 次はこちら!•

次の