ペルソナ 5 スクランブル 評価。 『ペルソナ5 スクランブル(P5S)』|評価 感想 レビューまとめ

『ペルソナ5 スクランブル(P5S)』|評価 感想 レビューまとめ

ペルソナ 5 スクランブル 評価

良かった点 1, しっかりとペルソナになっている 冒頭でも書きましたが、「ペルソナ無双」にはなっていません。 基本的に 戦闘はシンボルエンカウント方式 敵に接触して戦闘が始まる になっており、戦闘中にはペルソナスキルの使用や総攻撃といったシステムを入れることで体感的にはしっかりとペルソナになっています。 ジェイル ダンジョン 内をギミックを解きながら探索するのも過去作のような印象を受けます。 また戦闘以外では今までの作品のように訪れる街の探索やBANDイベント 絆イベントのようなもの もあります。 こちらでは仲間との会話やご当地の名産を買う等で楽しむことができます。 2, 戦略性を盛り込んだアクションが面白い 難易度が上がる程 敵の弱点とこちらのキャラやペルソナの相性を考えて効果的な手段を探す、無心で敵を殴るだけではないアクションが面白いです。 ペルソナスキルを使う際 上画像 は周りの動きが全て止まります。 このシステムのおかげで上手くアクションと戦略性を両立できているなと感じます。 またこのシステムは アクションな苦手な方にもおすすめできる理由になります。 歯ごたえのある戦闘をしたい方は2周目からになってしまいますが特定条件で解放される難易度でプレイすると強敵と戦うことも可能です。 3, とにかくかっこいい・スタイリッシュ これもペルソナシリーズ恒例ですが 本作もしっかりかっこいい・スタイリッシュです。 特にメニュー画面は何か選択する度にキャラが動いてかっこよく表示されるのでかなり手が込んでいるなと感じます。 実際は少なくはないのでしょうがこのシステムのせいで少なく感じてしまいます。 過去作では好感度によってキャラクターと特別な関係を築くことができましたが今作ではできません。 また前作で特別な関係になれたキャラでも今作では会話すらできないキャラもいてこれが残念に感じるプレイヤーも多いかと思います。

次の

ペルソナ5スクランブル(P5S) クリア後の評価と良かった・悪かった点

ペルソナ 5 スクランブル 評価

旅行で行ったのが懐かしい ただ、『P5S』はコープがなくアイテムを買うぐらいしか探索することがなかったのがちょっともったいなかったかな。 もうちょっと何か(ミニゲームとか観光?)できることがあればより楽しめたんじゃないでしょうか。 管理人が一番良かったのがラストシーン。 旅が終わり、夏休みも終わり、それぞれの場所へ帰っていくあの感じはたまらん。 騒がしくて無鉄砲な竜二だけど、あの時だけはまじで最高&最高。 ペルソナ5って基本的に暗めのストーリーなのに、エンディングだけは爽やかで良いですよねー(ザロイヤルよりは無印派)。 ペルソナ5が好きなら間違いなく買いです。 怪盗団メンバーとキャンピングカーで旅できるとか最高じゃないですか? そういえば、なぜか本作について大衆認知では「ペルソナ無双」ってことになっていますね。 「アクションRPG」ですのでご注意ください。 気になること 続編がプレイできるだけで大満足&ペルソナシリーズ初のアクションRPGとしては及第点だったんですが、単体で見ると気になる点が数点あることも事実。 というわけで気になる点は以下の通り• 前作未プレイ者は置き去りのストーリー• ラスボスは無印&ロイヤルに続いて同じような展開• UIのテンポの悪さ• ロード時間の長さ• ベルベットルームの使いづらさ• 前作コープキャラ不参加 <前作未プレイ者は置き去り> はっきり言って、無印版orザロイヤルのどちらかはプレイしないとストーリーは理解できません。 最悪アニメの視聴はしてください。 <ラスボスへの展開> ネタバレ防止のため詳しくは書きませんが、無印版&ザロイヤルとほとんど同じなのは残念…。 とはいえ認知訶学を題材にしていることをを考えると仕方ない…かも。 <UIのテンポ> シリーズ特有のおしゃれさは引き継いでいてかっこいいです。 ただ、動き終わるまで若干長い。 よく使う部分なので気になりました。 前作はシャキシャキ動いていて気持ち良かったのに…。 SSD換装or外付けでロード時間の短縮するしかありません。 <ベルベットルームの使いづらさ> ペルソナ合体の時、手持ちのペルソナを確認させてくれ! 各属性一体ずつ持っておきたい派なので、いちいち強化画面に行って手持ちペルソナを確認するのはかなり面倒。 あとペルソナの種類がかなり減ってるのも気になりましたね…。 <前作コープキャラ不参加> 費用(声優起用・モデリング)の問題があったんでしょうけど、ほぼいないのは違和感満載です。 出てきたのは惣治郎ぐらい。 同じ町に住んでる武見先生ぐらいはいてほしかったなー。 トロコン難易度 『ペルソナ5S』トロコン!(約52時間) ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ 真の大怪盗 プラチナ 全てのトロフィーを取得 — ずぶ@ゲーム垢 zubugame プラチナトロフィーの獲得は簡単な部類に入ると思います。 ただ、一つだけ作業感が半端ないトロフィーがあります。 管理人はそのトロフィーのためだけに約10時間作業してました…。 それだけは辛かった…。 『P5S』概要.

次の

【ペルソナ5スクランブル】ボリュームはどのくらいある?やり込み要素やレビューまとめ

ペルソナ 5 スクランブル 評価

ストーリーボリュームは短め 冒頭でもちょっと触れましたが、全体のボリュームは前作に比べてかなり少なめで、ざっくり言ってしまうと プレイ時間は約50時間弱くらい。 プレイ時間は遊ぶ人によってそれぞれなのでなんとも言えませんが、私は基本的にRPG系のゲームには育成などのやりこみ要素も含めて100時間は遊ぶことが多いです。 ただ今回は、ペルソナの育成や収集にはそこまで時間をかけず、割とサクサク進めてしまったことでプレイ時間は控えめになりました。 笑 ちなみに ゲームの難易度は、「EASY」「NORMAL」「HARD」の3つで、いつでも変更することができます。 出典元:ペルソナ5スクランブル パーティーメンバーは4人。 バトル中でも操作プレイヤーを自由に切り替えることが可能で、操作キャラ以外のメンバーは自由に動いて戦います。 ペルソナ5スクランブル P5S のキャラクター・ペルソナ育成の感想 本作でもキャラクターやペルソナの育成&合成があり、RPGとしての面白さは健在です。 キャラ育成はBANDポイント割り振りで初心者でも簡単 ペルソナ5スクランブルのキャラ育成は、実際にキャラを操作することで自動で覚える「マスターアーツ」と、バトルやイベント、クエストなで獲得する「BANDポイント」を消費して覚えるものがあります。 どちらもそんなに難しくないので、 RPG特有の育成が苦手な人でも大丈夫かなと思います。 ただ、本作では前作ほど手持ちのペルソナ同士を自由に合体させずらかったり、作成画面も見づらく感じました。 総合評価 3. 8 ストーリー 4. 0 システム 4. 0 ボリューム 3. 5 音楽 4. 0 総合評価は5段階評価で、星3. 8とやや低めとしました。 バトルはアクションが苦手な人でも楽しめる難易度で良かったのですが、やっぱりペルソナを長く遊びたかったファンとしては、ボリュームが短くなってしまう要因も含めちょっぴり物足りなかったです。

次の