虚構推理 琴子 下ネタ。 虚構推理の岩永琴子と九郎との関係は?過去の事件や一眼一足の理由についても

【虚構推理】琴子の「破瓜の痛み」発言にファンがざわつく!

虚構推理 琴子 下ネタ

CV:(アニメ版)・ コミックス発売時CM) 概要 作「」の主人公にしてヒロインである。 元はとあるセレブのお嬢様であったが、11歳の時に地元の妖怪変化達に誘拐され、彼らのトラブルを相談・解決する『知恵の神』になる事を求められ、これを承諾しとなる。 妖怪変化達からは『おひいさま』『一つ目一本足のおひいさま』と呼ばれている。 怪異達は基本的にはそれぞれの本能に従って生活しているため、人間のような考え方・合理性等に欠けるところがある為、問題解決の人材を求めていた。 神となるため古事記の久延彦神に擬えて、 右目をくりぬかれ左足大腿から下を切除されるという。 メチャクチャスプラッタな状態となっている(しかも事後承諾)。 失った部位はとで補っており、定期的に通院しているが生活には然程支障は無い。 大変小柄なので、20歳目前でも中学生に間違われていることもしばしば。 全国から相談に訪れる怪異達のトラブルを解決し、恋人となったとイチャイチャ(笑)するのが本作の彼女の在り方である。 人物とスタンス 11歳という年齢で甚大なレベルの障害を負ったにも関わらず、すんなり受け入れる辺り、現人神になる前から、結構な精神性をもっていたとは思われる。 15歳時に偶然した九郎に執着して、常日頃から看護師から情報収集したり、彼が恋人であると別れた時は大喜びし、再会の機会があれば全力で阻止しようとしたり怪異が苦手な彼女に幽霊をけしかける等、かなり粘着質かつ俗っぽいところがある。 ある一件で九郎の部屋の合鍵を手に入れるやら、関係を持つためにウナギやら何やら手段を選ばず。 欲望を我慢しない肉食系である。 ちなみに彼女の発言が正しければ非処女らしい。 一方、真面目モードに入ると凄まじい頭脳を発揮し事件解決に動く。 本人の思考能力も他人が戦慄するほど高いが、妖怪や地縛霊から情報収集も行えるミステリーなにそれ美味しいの?的なチート手法を使う事を一切躊躇わない。 琴子の役割は『知恵を出して事態を調整する」であり、怪異絡みの事件は、「妖怪を倒して終わり」など明確な『結果』を出すことが難しく。 人間の起こした事件も、「殺人事件のトリックを明かす」はともかく、当事者の内心などは知り得ることではないので、最終的には『 関係者が納得できる終わり方を作る』というのが主なスタンス。 時に人間の起こした事件で怪異に関わっても、調停者としての立場からその人間に罪を問う事は無い(その代わりその人間が霊障で苦しんでいても助けはしない)。 ちなみに霊障絡みの事件で実家にアドバイスして、儲け話になったりしているため、セレブの間ではそれなりに有名だったりする。 彼女を敢えて言うなら「冷徹な頭脳と、欲望に忠実な子供っぽさが合わさったような感じ」であろうか(城平京作品ではのに近い) 身体能力など 義眼・義足の為に制限はあるが50m走を9秒台で走れる。 (小学生女子高学年の平均が9秒台くらい)、その上、残った生身の方の片足だけでも十分な跳躍力を有する。 現人神になったことで常人が触れることの出来ない怪異に触れる為、直接戦闘することもあり、そこそこ高い(頭脳労働担当なので荒事は基本的には九郎に任せるが) 普段は杖を使用しているが、両親が心配して持たせている物なので無くても別に問題は無い(ちなみに特注品で相当の値段の代物だったり)、が別に嫌がる訳でもなく普段の歩行時の足の負荷を抑えたい時などに活用している。

次の

【虚構推理】知恵の神となった虚構推理の主人公『岩永琴子』を紹介!

虚構推理 琴子 下ネタ

岩永 琴子(いわなが ことこ) 声 - 本シリーズの主人公。 作中世界の名家・岩永家の令嬢で、大学生。 一人称は「私」。 人間だが、11歳のときに怪異たちの知恵の神になるという契約を交わしており、それ以来、社会の秩序を守るため怪異に関するトラブルの解決に尽力している。 怪異が関係している事件・事故を人間社会において受け入れられる表向きの答えの必要性や、また人智を超えた価値観である怪異に真相を詳らかにすることが必ずしも適格ではないことから詭弁や架空のストーリーの構築に長けている。 可愛らしい容姿の美少女だが 、小柄で、作中ではしばしば中学生に間違われる。 また、怪異たちの知恵の神になることと引き換えに片目と片足を失っており、右目には義眼、左足には義足をはめている。 風貌はお嬢様然としているが、しばしばその風貌にそぐわない言動を見せる。 特にを言うことが多く 、この点については複数の作中人物から「品がない」と指摘されている。 桜川 九郎(さくらがわ くろう) 声 - 、(少年) 琴子と同じ大学に通う大学院生。 琴子の彼氏。 一人称は「僕」。 人間だが、幼いころに祖母(声 - )からとの肉を食べさせられた影響で、不死身の身体と「未来を自分の望むものに決定できる能力」を有している。 ただし、未来を決定する能力を使う際はその都度死ぬ必要がある。 好きな女性のタイプは従姉の六花であり、六花と似ている紗季と長期にわたって交際していたが、婚前旅行先で発生したトラブルが遠因となり別れる。 その後、琴子から告白され、琴子が高校3年のときに恋人として正式に付き合うようになり、現在に至る。 琴子のことをぞんざいに扱うが、彼なりに琴子の身を案じており、特に六花の魔の手が琴子に及ばないよう苦心している。 弓原 紗季(ゆみはら さき) 声 - 真倉坂市の警察署の交通課に勤める女性警官。 琴子が通う大学のであり、九郎の元彼女。 九郎とは結婚も視野に入れていたが、婚前旅行先で発生したトラブルが原因で九郎の体質を知り、恐怖から彼との別れを選ぶ。 真倉坂市で鋼人七瀬と遭遇したところを琴子に救われ、琴子や九郎と協力して鋼人七瀬への対処に当たる。 九郎と別れた後も彼のことを引きずっており、琴子とはいがみ合うこともあったが、鋼人七瀬消滅後、九郎のことを吹っ切る。 桜川 六花(さくらがわ りっか) 声 - 九郎の従姉。 人間だが、従弟の九郎と同じく不死身の身体と「未来を自分の望むものに決定できる能力」を有している。 琴子も通院していた病院に裏取引による長期の検査入院をしていたが院長の退任により退院させられ、一時岩永家に居候していたが現在は失踪中。 人間の想像力が怪異を生み出す力を持つことに注目しており、そのことを利用して、自身の身体を普通に戻せる怪異を生み出そうと企んでいる。 自身の能力で状況を絶えず操作しており、生活費もそれを利用してギャンブル等で稼いでいる模様。 寺田 徳之助(てらだ とくのすけ) 声 - 真倉坂警察署の刑事課に勤務する。 紗季に好意を寄せる。 鋼人七瀬の事件を追っている最中に鋼人七瀬に出くわし、七瀬かりんと同じく鉄骨で顔を潰され死亡する。

次の

想像力の怪物が描く、最高の嘘に酔う【本格ミステリ大賞受賞作】|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部

虚構推理 琴子 下ネタ

当記事の目次一覧• 【虚構推理:35話】最新話ネタバレ 目の前でベッドに下着を並べられ、一体これからなにをするのか問いかけたい九郎だが、彼女に何か言ってもムダだとわかっていた。 もちろん、彼女からは今の光景を目にしても、男性のシンボルに反応が無いことは失礼に当たるのではないかと非難される。 そして、その少女から九郎は過去の話として、琴子と六花の2人が協力していた話を聞かされるのだった。 六花に愚痴る琴子 光が差し込むきれいな部屋で六花が絵を書き進めている時、横では琴子が電話口でボーイフレンドに冷たいあしらいをされていた。 望むような結果がでなかった少女は、電話を投げ出し、ソファへと身を投げ打つ。 同時に、彼女は六花に対して従弟の教育に関して行き届いていない趣旨を述べると同時に、もっと彼には積極性を出してほしいと愚痴るのだ。 だが、彼らは不死の肉体を持つ変異体。 通常の人間が持っている欲などというものは、彼らの中には薄まってしまっているのかもしれない。 もしも、それが違う場合は、どんなことが考えられるのか。 無論、六花は琴子に対し、どストレートに魅力が足りないと切り捨てるのだった。 琴子が六花に提案したこととは 六花は彼女につれられ、上から街を見渡せる道路に連れてこられます。 そこから下はコインパーキングがあり、琴子は六花を連れてきた理由と、ここで起きた事件について解説していきます。 今回の事件は、ここで行われていた殺人事件についてです。 琴子の元に寄せられた話ではスネコスリが目撃した男性が2人いるそうです。 片方はコインパーキングで行われていたことを目撃し、そのまま警察等に通報せず逃げ出しました。 彼女の話を淡々と聞き進める六花は、途中で犯人の行為は満足そうであったか尋ねます。 もちろん、その答えはイエスだった。 次に琴子が六花を連れて行った場所 バスに乗り、そこでも今回の事件について話を進めていく2人ですが、そこでは事件の事を絡めつつも軽口の応酬が繰り広げられます。 目的地近くのバス停で降りた2人は、犯人を目撃した人物が開くラーメン屋へと向かいます。 目的は相手から情報を聞き出すことでした。 そして、目の前のラーメン屋には賞金&罰金制の激辛担々麺が展示してあります。 琴子が自分を連れてきた理由を察した六花は、彼女の顔を見てため息を付きながら、自分の仕事を理解し、店内へ優雅に入っていくのでした。 店主の駒木は六花に恐怖する 自信満々で取り出した彼女のオーダー表を見て、駒木は改めて正気か確認しました。 しかし、彼の確認は意味がなかったのです。 常人では1杯どころか半分も食べきらない激辛担々麺を、六花はひとりで5杯も食べきり、涼しい顔をしていたからです。 驚く駒木に六花は人間の味覚について解説しつつ、手元にある爪楊枝を1本取り、彼の目の前で自分の手の甲へ突き刺します。 ドン引きする彼に対し、自分には痛覚がない事を示した後、6杯目の準備に移らせます。 商売あがったりな彼に対して、六花は6杯目が食べきれなかったら賞金は全額没収を提示する。 同時に琴子を見て、彼女に満足したか問いかけるのでした。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊少年マガジン最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 今回は異例のペアである琴子&六花が主役です。 凸凹コンビではあるものの、同性という共通点もあるゆえか、わりと物事はスムーズに運んでいる印象です。 しかも、六花もどこか悪い気がしない上に、どこか乗り気な感じである印象も受けました。 まだ今回の話は事件の導入部分のため、次回から一体どのような形で物語に幅をもたせていくのでしょうか?.

次の