中田 カウス やくざ。 吉本興業の近代化、カウス、大崎洋

中田カウスには息子がいるの?山口組との関係がヤバい?優しいとの噂も?

中田 カウス やくざ

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! のが「週刊朝日」(2月17日号)で、「と暴力団 本当の仲」と題する告白インタビューに応じているが、この記事にある大手芸能プロのオーナーは「カウスは、たけしを潰す気か?」と激怒している。 事の発端は、東京都で暴力団排除条例が施行される直前に発売された「週刊文春」(2011年9月29日号)に掲載されたビートたけしの告白記事だった。 「ビートたけし『暴力団との交際』すべて語った」との見出しがついたこの記事の中で、たけしは「山口組5代目には、ある芸人にウソをつかれて、無理やり会わされたんだ」と語っている。 文春は「ある芸人」をカウスと断定して、名前を公表した。 これが気に食わなかったのが当のカウスだ。 記事を見たカウスは、たけしに「会いたい」と連絡を入れたが、たけしはこれを拒否。 自分がカウスの名前を出したわけでないし、07年の吉本のお家騒動以降、カウスと距離を置いていたことや多忙なこともあったためだ。 すると、カウス周辺から「九州の暴力団がたけしに怒っている。 暴力団とのツーショット写真が出るかもしれない。 早くカウスと会わないと、写真を止められないかもしれない」という話が伝わってきた。 しかし、たけしは一切耳を貸さなかった。 その後、写真誌「フラッシュ」(光文社)に、同様の話と暴力団関係者とたけしのツーショット写真が掲載された。 しかも、「フラッシュ」によるとそのツーショット写真は、6年くらい前の写真だという。 だが、たけしファンなら、着ているセーターを見れば一目瞭然。 それは、15年前くらいに着ていたセーターだった。 髪型だって6年前のものとは違う。 "6年前"とすることで、比較的最近まで暴力団との交際があったような印象を与えているが、要するに「フラッシュ」の記事は"たけし潰し"のために、"何者か"によって仕組まれたものだった。

次の

吉本興業の近代化、カウス、大崎洋

中田 カウス やくざ

暴力団との黒い交際が引き金となった島田紳助の引退騒動は テレビ界に大きな波紋を広げました。 しかし、暴力団とつながっているのは 島田紳助だけではありません。 今回はそんな裏社会と繋がってる芸能人リストを紹介します。 押尾学には暴力団関係者のファンも多かった。 清水アキラ 伊豆あたりのホテルと独占契約して、 月給100万だかなんだかを「いただきます」で自慢してたようです。 夜の宴会でモノマネを披露するだけで100万。 これもヤクザ繋がりかもしれませんが、 芸能界以外で食う道を作ったのは賢いかもしれませんね。 EXILE 武闘派で知られた某組幹部が事務所を経営するダンスユニット。 地方コンサートでその土地の893幹部が 招待席にいるって噂があるようです。 伊藤英明 関東連合やS会との交流が指摘される売れっ子俳優。 吉幾三 神戸市内であった食事会で 指定暴力団山口組の直系組長と同席していたことがわかった。 兵庫県警も事実関係を把握し、 兵庫県暴力団排除条例が禁じている暴力団への利益供与が ないかどうかなどを調査しているが、 条例違反はないとみている。 食事会は神戸市内で開催された吉のコンサートの前に、 同市内の焼き肉店であった。 会費は1人2万円で食事会を開いた吉の支援者が一括して支払い、 参加者は後日、支払ったという。 北島三郎 北島三郎を紳助の次に危ない演歌歌手とする見方が広がっているが、 田岡とひばりのレベルから見れば、 恒常的なつながりとはいえそうにない。 北島は原譲二の別名で作詞、作曲も手掛けている。 稲川会の幹部には演歌ファンやカラオケ大好き人間が多く、 自ら新曲を吹き込んでCDを出し、知り合いに配る幹部さえいる。 北島はこうした幹部たちに原譲二などの名で詞や曲を提供し、 おまけに稲川会のテーマソングとされる「神奈川水滸伝」も歌っている。 同曲はもともと稲川聖城総裁(故人)をモデルにした 『修羅の群れ』の主題歌で、 稲川会の式事ビデオなどにも多用されている。 松本人志 過去に元暴力団関係者梶山進受刑者と交際、 舌渦問題で右翼対策として暴力団を利用。 浜田雅功 舌渦問題で右翼対策として暴力団を利用。 矢部浩之 親族が暴力団関係者と交際がきっかけで暴力団関係者と交際。 岡村隆史 相方矢部浩之が暴力団関係者と交際がきっかけで 暴力団関係者と交際。 細川たかし 暴力団のゴルフコンペに出席、 反社会団体から億単位の支援。 松山千春 暴力団関係者の葬儀に出席、 反社会団体元会長浅田満被告と交際。 公になったものだけでも複数ある。 京都市に本拠を置く指定暴力団会津小鉄会の会長の 就任10周年パーティーに出席して、歌を披露。 さらに、10年には指定暴力団稲川会の3代目会長・稲川裕紘氏の 葬儀に参列したことが明らかになっている。 中田カウス 暴力団組長と交際。 笑福亭仁鶴 暴力団組長と交際。 田村淳 関東連合関係者と交際。 中居正広 複数の暴力団関係者と豪遊。 上原多香子 暴力団関係者と不倫関係に。 内田恭子 夫の木本公敏が松本人志、浜田雅功の舌禍問題で 暴力団を利用して解決。

次の

(2011年9月15日)

中田 カウス やくざ

暴力団との関係が常に取りざたされる、吉本興業の 中田カウスさん(59)。 1月9日の夜、正体不明の人物に突如として 金属バットで襲撃を受けました。 いったいなぜ、カウスさんは襲撃されたのか。 ほんで、何回かウィンドウを叩かれているうちにガラスが割れて、金属バットが助手席のボクの目の前に飛び込んできた。 その後も、犯人は何度もバットを撃ちつけようとしてきたんで、 『こら、アカン、弟子にケガさせたらいかん!』 って、無我夢中でバットを掴みましてな。 もみ合ってるうちに、犯人は逃げましたわ。 襲われてた時間は、正味1分くらいやったと思います。 犯人は、フルフェイスのヘルメットに、黒っぽい覆面もかぶってました」 (以上引用 FRIDAY) カウスさんは、襲撃の瞬間を、警察でこのように説明したそうです。 犯人が使用した金属バットには、 ガラスクラッシャーという、ガラスを叩き割るための先が尖った用具が取り付けてありました。 犯人は、カウスさんが「なんばグランド花月」を出た時から追ってきていたようで、 カウスさんが助手席に座っていることも知っていたようだといいます。 カウスさんのベンツの後方、数十メートルのところには逃走用のバイクも用意しており、 かなり周到に準備していたことが伺えます。 カウスさんは頭部や顔面を打撲するなど 全治2週間のけがを負いました。 犯人について、 カウスさんは心当たりはないと話しています。 しかし…。 黒い噂 吉本興業のベテラン芸人はこう語ります。 (以下引用) 「 カネの貸し借りを巡って、危ない筋とトラブルになっていると噂されています。 カウスが芸人仲間の間で力を持っているのは、暴力団との付き合いが深いことと、 カネの貸し手、関西でいう金主をやっているからなんです。 カウスは芸人仲間や金融屋にカネを貸し付け、利息を取って儲けるということを繰り返してきました。 中には、コワモテが相手の場合もあるんですが、そういう時こそ暴力団との関係がモノを言う。 実際、5~6年前も楽屋で、名古屋の金融屋とモメた件を言い出して 『 芸人風情が何を言うと凄まれたから、ワシのバックに誰がついてるねんって言い返したったら、あっさりと解決したわ』 と自慢気に話していたものです。 今回も、そういう類のトラブルらしいと聞いています」 (以上引用 FRIDAY) しかし、暴力団とじっこんなハズのカウスさんが、今回に限ってなぜ襲われてしまったのでしょうか? 今までは暴力団の存在をちらつかせるだけで終わっていたはずなのに…。 それについて、別の吉本興業関係者はこう語っています。 (以下引用) 「カウスが暴力団との交際を声高に吹聴していたのは五代目の時代(渡辺芳則・山口組五代目組長時代=89年~05年)で、渡辺組長と親しい関係にあると事あるごとに言い触らしていたんです。 ところが、 山口組が(05年夏に)六代目体制になってからは、山口組に一線を引かれた。 特に、一昨年のお家騒動でカウスの暴力団交際が表面化した際には、山口組上層部から呼びつけられて 『 我々と親しい関係にあるなどと、二度と言うな』 とキツく言い渡されたという話もあるほどです。 つまり、 今のカウスは闇社会の力を以前ほど利用できなくなっていて、トラブルが起きても守ってもらえるわけではない。 07年3月、週刊現代が報じた記事が始まりでした。 それは、吉本興業副社長・大崎洋氏が、創業家当主である林マサ前会長夫人と交流のある山口組系暴力団幹部に呼び出され、 林前会長の子息を取締役に就任させるよう脅迫されたというもの。 これに対し、マサ氏は週刊新潮に反論を発表。 その後、カウスさんは週刊現代誌上で、 「 創業家こそが暴力団と癒着している」 と反撃。 この騒動の責任を取り、 カウスさんは特別顧問を辞任しています。 (週刊ポストより要約・引用) 警察の見方 吉本興業内部では、 「 カウスさんが闇社会とモメている」 という説が濃厚なのですが、大阪府警の暴力団対策捜査関係者は違う見方をしているようです。 (以下引用) 「襲撃の本当の目的は、カウスの命を奪うことではなく 『次は容赦しない』 とのメッセージをこめた脅しなのだろう。 命を狙うなら、クルマ越しに襲わず、生身の身体を刺せば済むのだから。 問題は、その標的が カウス自身なのか、それとも 吉本興業なのか、だ。 普通に考えればカウス個人のトラブルなのだろうが、吉本興業自体にもカネにまつわるキナ臭い噂が聞こえており、暴力団が付け入る隙がないとは言い切れない。 吉本と闇社会の接点とも言うべきカウスを襲うことで、吉本を揺さぶる狙いがあったということも考えられる。

次の