早稲田実業 性動画。 早稲田実業の「出場辞退」理由は衝撃の『性動画』拡散!!

【早稲田実業】性動画とは何なのか?出場停止の理由はなぜ?

早稲田実業 性動画

情報をまとめると、学校の発表では「部員9名による問題行動」となっています。 高野連の処分では、「都道府県・校名非公開」での発表がありました。 これが早実ではないかと言われています。 まず、「問題行動」との発表で「触法行為」とは学校は行っていません。 「いじめ」「飲酒・喫煙」(もちろん触法行為だが被害者はいない)「暴力」の場合は内容まで発表するし高野連も同様に発表します。 ですので別の理由でしょう。 「部員9名」との発表なので不純異性交遊とかでもないでしょう。 犯罪行為の場合、未成年で実名発表はないでしょうが、内容は警察が発表し、場所等から推測できます。 万引きなど窃盗の場合は高野連が発表します。 ということは、被害者がいる行為で、内容を発表してしまうと被害者が特定されてしまうケースだと推測されます。 また犯罪行為だけれども、警察が被疑者を逮捕等していないのでしょう。 示談交渉中であるのでしょう。 暴力行為などでは、逮捕後に示談交渉になるケースが多いので、おそらく性犯罪ではないでしょうか。 性犯罪なら被害者擁護の観点から示談交渉中は逮捕しないし、学校も被害者を特定されないように隠すでしょう。 人数が8人と多いのですが、性犯罪の場合、見張り役なども同罪になりますので、直接行為に及ばなくても人数にカウントされるでしょう。 現時点での情報では、部員による女子部員に対しての性犯罪、もしくは、同校の女子生徒に対しての性犯罪と考えて矛盾はないですね。

次の

早稲田実業【早実】の野球出場辞退の原因の動画とは?ハレンチ部員はだれ?

早稲田実業 性動画

<保護者の皆様へのお知らせ> ・中・高等部「 」 (2020. ・中・高等部「 」 (2020. ・初・中・高等部 緊急お知らせメールで「 新型コロナウイル感染症拡大に伴う家計急変家庭に対する支援について」を送信しましたので、ご確認ください。 (2020. 30) ・ (2020. お知らせ• <早稲田実業学校 家計急変支援のための奨学金へのご支援のお願い> (2020. 15) このたび本校では、今般の新型コロナウイルス感染症拡大に伴う休業等により家計が急変し、本校児童生徒が修学を継続するうえで困難な状況にある保護者に対して援助を行うため、早稲田実業学校奨学金(緊急特別給付)制度を設けました。 児童生徒が家計急変を理由として修学の継続を断念することがないよう、緊急での支援をおこなうことといたしました。 つきましては、その原資となる奨学資金へのご寄付を、教職員、保護者、卒業生をはじめ、ご支援をいただける個人・団体・法人の皆様にお願いする次第です。 皆様の厚いご支援とご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

次の

早稲田実業の「出場辞退」理由は衝撃の『性動画』拡散!!

早稲田実業 性動画

早実野球部の出場停止の不祥事とは?性動画とは何なのか? 早稲田実業が出場辞退の理由を明かせない理由としては、『教育上の観点から答えられない』と説明していますが、この回答が返って世間の注目を集めてしまうことになりました。 なぜなら、『公表できないほどの理由とは何なのか?』と逆に同様が広がっているからです。 しかし、週刊文春が野球部関係者に行った取材では、次のような理由だと調査したようです。 「辞退の原因は、部員がハレンチな動画を撮影し、それを別の生徒が学内で拡散させたことでした」 引用:週刊文春 文春の取材が正確であれば、 『複数の部員に問題行動があった』との記載から、 集団で性的な動画を撮影したかのように感じ取れてしまいますが、実際はどうなのでしょうか? これまで、高校野球では数多くの不祥事が起こってきました。 部内でのいじめ、暴行、窃盗、飲酒・喫煙など法律に抵触するものも含まれています。 もし今回の早実の性動画が、いわゆる性犯罪に関わるような動画であれば、その理由を高野連に伏せて報告することは不可能です。 知恵袋にも同じような見解がありました。 引用:Yahoo知恵袋 つまり、早実の野球部員が彼女(?)とのキス動画を撮影して、それが学校内でばらまかれるような事態があったということになりますが、たったそんな校内の珍事件で大会を出場辞退するのは、少し大げさな気もしますよね。 もちろん、拡散されてしまった本人にとっては大問題だと思いますが。 今回、この出場辞退の理由を非公開としたのは、『早稲田ブランドを守る』ためとも言われていますが、実際はもう少し不適切な動画だったのではないかとの意見もあがっています。 引用:Yahoo知恵袋 しかしながら、未成年の教育に携わる学校側が【非公開】の判断をしたことから、無用な詮索はしないほうがよいかもしれません。

次の