足 の むくみ ひどい 原因。 足のむくみがひどい!痛い!いますぐできる5つのむくみ対策

足のむくみ解消法!即効でひどいむくみを改善する5つの対処法

足 の むくみ ひどい 原因

水分不足で体が水分を溜め込んでいた!? デスクワークでも、外回りの営業でも、接客などの立ち仕事でも、足のむくみに悩まされている人が多いよう。 「むくみを気にして水分を摂らないようにする人が多いようですが、水分不足からむくみを引き起こしていることもあります。 水分不足を感じた身体は水分を溜め込んでしまうんです。 むくまないためには、飲んで流すことも大切。 体重50キログラムなら1. 5リットルの水分が必要何ですよ」(代官山クリニック 蘆田英珠先生)。 むくみケアのために水を飲むべきとは目からウロコ。 水分なら、コーヒーやお茶などでもOKですか? 「コーヒーやお茶に含まれるカフェインには、利尿作用があるので、水分不足を補うものとしてはオススメできません。 また、ジュースや炭酸飲料など、糖分の多い飲み物も避けてください」(蘆田先生)。 デスクワークの人は、1時間ごとにトイレへ! デスクワークのしごとなでしこさんなら、集中して書類作りをしていて、午後は1度もトイレに行かなかった、なんてこともあるかも? 「1時間に1度はトイレに立つように意識して欲しいですね。 実際にはトイレに行かなくてもいいのです。 何時間も座りっぱなしでいるのではなく、1時間に1度は立ち上がって足を動かして欲しい、という意味。 ふくらはぎの筋肉がポンプとなって、血液やリンパを流しているのですが、ずっと同じ姿勢でいると、このポンプ機能が働かなくなってしまうからです。 立つ暇も惜しい! なんていうときは、デスクで足首を回したり上下に動かしたりするだけでも、ふくらはぎの筋肉を動かすことができますよ」(蘆田先生)。 立ち仕事なら、かかと重心を意識してむくみを撃退! 外回りで1日中歩き回っていれば、ふくらはぎを使っているからむくまないはず。 なのにむくんでしまうのはなぜ? 「歩くときに前重心になっていませんか? この状態では脚の筋肉の使い方がアンバランスになり、使われ過ぎる部分の筋肉が硬くなり、リンパの流れが悪くなります。 重心がカカトの真ん中にくるようにしましょう。 歩くときは股関節から脚を動かし、必要以上に踏みしめて歩かないことも大切です。 立ち姿勢や歩き姿勢が正しくなれば、ふくらはぎを始め、脚のあらゆる筋肉が効果的に使われ、むくみにくくなるはずです」(蘆田先生)。 同じ姿勢で立っている時間が多い接客などの立ち仕事の場合は、カカトの真ん中重心で歩くこと、そしてデスクワークの人と同じく、「足を動かすこと」を意識するようにしましょう。 帰宅したら、ヒザ裏をマッサージしてリンパを流そう! 足がむくむと、自然にふくらはぎをもんでいるけれどこれは正解?「間違えではありませんが、むやみにもんでも効果を得られないことが。 余分な水分を運んでくれるリンパがたくさん集まる膝の裏を押して流してあげることをおすすめします。 膝を立てて座り、指の腹で膝の裏を押します。 痛みを感じない気持ちいい力加減で30秒ほど押して」(蘆田先生) 足のむくみはツライだけでなく、美脚を遠ざける原因に。 正しい立ち姿勢に気をつけること、同じ姿勢を続けないこと、膝裏のリンパを流すことを毎日の習慣にして、快適に過ごしましょう。 初出:しごとなでしこ.

次の

高齢者の足のむくみに要注意!?原因は?予防と対策は?

足 の むくみ ひどい 原因

[目次]• 足のむくみ(浮腫)のメカニズム むくみは血液の循環と深く関わっています。 心臓がポンプのような働きをすることにより、私たちの体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供給する役目を果たしています。 それと同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。 しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。 足のむくみの原因とは 足のむくみの原因はさまざまですが、以下によるなんらかの危険サインである可能性があります。 一過性のもの• 心臓の障害 それでは、具体的に原因について見てみましょう。 長い時間立っていることが多い 長い時間立っていると、重力により血液は足に溜まってしまいます。 すると、静脈は圧が高くなってしまい、戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまいます。 立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、このような原因があるからです。 冷え性や血行不良 足の筋肉は収縮することにより血液を循環させるポンプの役目を果たします。 運動不足によって足の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下してしまい、足に水分が溜まりやすくなってしまうのです。 さらに、足先の毛細血管まで血液がスムーズに流れなくなり、冷え性や血行不良をともなうむくみが起こります。 水分・塩分の摂りすぎ 水分や塩分を摂り過ぎることにより、血液中の水分が増えてしまいます。 それにより余分な水分が溜まりやすくなり、むくみの原因になります。 足のむくみで疑いのある病気 足のむくみで考えられる病気をいくつかご紹介します。 血液が足に溜まり静脈弁がこわれる下肢静脈瘤 静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れることで血液が逆流し、血液が足に溜まってしまう血管の病気が原因でむくむことがあります。 悪化すると、溜まった血液により肌の黒ずみや、湿疹やかゆみの元にもなります。 肝臓の病気により水分が溜まりやすくなる 血管内に水分を保持するアルブミンという成分があります。 これは肝臓で作られるのですが、肝臓が弱っているときにはこの成分がうまく生成されなくなります。 そのため、動脈の水分が血管の外に出やすくなり、静脈では血管に水分が戻りにくい状態になってしまい、むくみを引き起こすことがあります。 腎臓の病気により尿が排出できない 腎臓がなんらかの原因で弱っていると、身体の中の余分な水分を尿として排出できなくなり、むくみの原因になることがあります。 その他、血液を送り出す役目をしている心臓が弱っていて、むくみの原因になっていることもあります。 女性のための足のむくみ解消法 このように、むくみにはさまざまな原因が考えられます。 普段と変わらない生活や立ち仕事などをしていないのに突然足のむくみに悩まされたり、慢性的なむくみが1週間以上続く場合には、内科など専門医を受診しましょう。 足のむくみの解消をめざすマッサージ方法・ツボ押し 足のむくみ解消のためには、血液の循環を促進する• マッサージ• ツボ押し• 足湯 などのセルフケアが有効です。 ご自身・ご家庭でいわゆるマッサージや指圧(ツボ押し)などをする際の注意点• マッサージや指圧などは身体に影響を及ぼす行為です。 ご自身・ご家庭で行う場合は、部位の把握や力の加減が難しく、身体への影響には個人差があります。 病気やケガ、痛みがある場合は、マッサージや指圧などをするまえに医師の診断やアドバイスを受けましょう。 食後、飲酒時、妊娠中など、普段と異なる体調の際は、自己判断によるマッサージや指圧などは避けましょう。 マッサージや指圧などをしたことで体調が悪くなったり、痛みなどが出た場合は、すぐに医師に相談しましょう。 また、症状が改善しなかったり悪化したりするようなら、医療機関を受診しましょう。

次の

高齢者の足の甲 むくみが「パンパンで痛い!」

足 の むくみ ひどい 原因

体重増加でむくみがひどい! 一日中たち仕事をしていても、一日中座って仕事していても、 夕方になると足がむくんでパンパンになっていませんか?足がむくむと本当にだるくていたいですよね。 トイレに行って出てしまえばいいのですが、それでもなかなか出て行かずにそのまんまだし、 足首にはむくみすぎてシワが寄ってきたり、朝すっと入った指輪が夕方はなかなか抜けなかったりすると、 足だけじゃなく全身むくんでいるのかな?と思いますよね。 このむくみをそのまま放っておいていいものなのか?むくんでいるから体重が減らないのか? 昔は寝て起きたらスッキリしていた足も、今は寝てもむくみが残った感があってだるい。 そのだるさなんとかしたいですよね。 なんでなかなかむくみが取れなくなったのか?その原因を見ていきましょう。 むくみの原因 塩分の取りすぎ 普段どんな食事を食べていますか? 今、 日本人の食事は塩分量が多すぎる人がほとんどです。 厚生労働省は日本人女性の1日の塩分摂取量は7グラム以下を推奨していますが、実際は平均9グラムほど。 国際基準は1日5グラム以下を推奨していますので、約半分くらいまで塩分摂取量を減らす必要があるんですね。 塩分の中のナトリウムが体内に多いと高血圧など病気のリスクを引き起こし、 ナトリウムは水分を溜め込む習性があるのでむくみの原因にもなっています。 カリウムをたくさん撮っていれば、カリウムがナトリウムを外に排泄するので、カリウムを取ることも重要。 新鮮な野菜にはカリウムが多いので、カット野菜などでなく、 できるだけ切り立てのサラダのように自分で調理して食べたほうがいいですね。 バナナにはカリウムがたくさん含まれているので、 塩分を取りすぎたなと思うときはバナナも一緒に食べておいてください。 筋肉量の低下 年齢とともに筋肉量も実は減っていっています。 筋肉、特に 足のふくらはぎの筋肉は、第2の心臓と呼ばれるくらい重要な筋肉で、 足に溜まった血液やリンパ液を心臓に戻すという重要な役割があります。 ところが、年齢とともに筋肉量が減り、その役目を十分に果たせていなければ、 水分や血液が足に溜まったままで心臓に戻らないということが起こると、足がむくみ始めます。 巡りが悪いと、老廃物が排泄されずに、そのまま体に残った状態になり体が重い感じになってしまいます。 また 溜まった老廃物は冷えの原因となり、冷える場所には脂肪が巻きつくという悪循環に。 足のむくみを放っておくとどんどん脂肪が巻きついて像のような足になってしまうので、 むくみは撃退しておかなければなりません。 水分量の低下 むくみとは、水分が溜まった状態なので、これ以上むくんでは大変と水をとるのを控えてしまうと、 ますます流れが悪くなり、むくみが改善されません。 そのむくみ実は水分の不足が原因かも。 水分といっても、お茶やコーヒーなどでは水分補給に実はなっていません。 めぐりを良くするには、「水」を飲むこと。 今は、「水」もペットボトルで簡単に手に入る時代。 普段の水分補給は水だけで1日1500ml〜2000mlを飲むように心がけて。 一度に大量に飲むと体液が薄まり水中毒になりますので、コップ一杯程度をこまめに分けて飲むように気をつけてくださいね。 特に 入浴前後や寝る前にはコップ1杯のお水は飲んでおきましょう。 そうすることで、朝起きた時のむくみがぐっと改善されます。 運動不足 立ちっぱなしも、座りっぱなしも、体をあまり動かさないので血液循環が悪くなり、むくみが改善されないのです。 日本人は世界一座っている時間が多い国民だそうなので、気がけて体を動かすように。 立ちっぱなしで仕事をする方は、時々屈伸や足踏みを入れてみたり、座りっぱなしの人は、 30分に1回は意識してたって体を動かしてください。 それでも1日の終わりには、前述したように、塩分の取りすぎ、筋肉量の低下などの理由で足はむくんでいます。 家に帰ってから、 お風呂上がりや寝る前にしっかりストレッチなどで体を伸ばしてむくみ解消につとめましょう。 ひどい足のむくみを取る方法 ふくらはぎの筋肉を鍛える ふくらはぎの筋肉が落ちたことがむくむ原因の大きな理由。 何も運動をしなければ、 筋肉はどんどん無くなりますので、象のような足にならないようにするには、 ふくらはぎを鍛えましょう。 一番手っ取り早くふくらはぎにきくのは、つま先立ちです。 その場でつま先立ちをリズミカルに繰り返しましょう。 1回に20回かかとをゆっくり上げ下げしてつま先立ちをします。 それを1日5セットぐらい。 筋トレは地道ですが、足の形も引き締まって美しくなるので是非頑張って。 湯船に浸かってしっかり入浴 お風呂はシャワーだけで済ませていませんか? 足の疲れは入浴から。 湯船にしっかり使って水圧で足の血流を良くします。 湯船に15分は最低浸かってふくらはぎをしっかり揉みだしましょう。 足の裏から、足首、ふくらはぎ、太ももと下から上に向かってよくマッサージを行います。 入浴前には水を飲んで脱水にならないように。 体内に水分が入ることで巡りも良くなりますから、水分補給は忘れずに。 お風呂上がりはしっかりストレッチ&マッサージ 足だけのマッサージだけでは不十分で、全身の血流をよくしないとむくみは改善しません。 体が温まったお風呂上がりに筋肉をしっかりほぐして血液の流れをよくしていきましょう。 筋肉は伸ばさないと縮んで硬くなっていますので、ストレッチがベスト。 前屈や開脚など全身の筋肉を気持ちよく伸ばしていきます。 足のだるさが強い時は、壁にお尻をつけて足を高く壁に沿ってあげます。 ゆっくりと開脚をして自分の足の重さで内側の太ももの筋肉を伸ばしましょう。 寝る前には水分補給 寝る前に水分を取るとトイレに起きるからと水を飲むのを控える人がいますが、 夜寝ている時は水分が蒸発して体が乾燥しています。 溜まった老廃物を血液に流す作業も寝ている時に行われるので、 水分補給をして流れをよくしてあげないとむくみがいつまでたっても解消されません。 夜寝る前には最低コップ一杯のお水を飲んで就寝してください。 それでもむくみが取れないときはサプリも使おう むくみは癖になりやすく、むくみを放っておいた期間が長ければ、 長いほどよりむくみやすくなりますし、なかなか改善されません。 疲れていると腎臓の機能が弱まっていることもありますので、 そんな時は我慢せずに むくみを改善するサプリも併用しましょう。 おしっこが出る出ないも体のくせ。 体の中に水分を溜め込まずに、 出すということを体に覚えさせるためにも、サプリでしっかりサポートしてあげることが重要です。 マッサージやストレッチをしてもむくみが改善されない方はこちらのサプリを飲んでみて。 【オススメむくみ解消サプリ】きゅきゅっと小町の詳細はこちら マッサージ後は睡眠時間をしっかり確保しよう お風呂あがりに、ストレッチやマッサージで血流を良くしたら、横になってたっぷり寝ましょう。 寝ている間に代謝が行われますので、睡眠時間が少ないと老廃物が十分に排泄されず、 むくみが残ることに。 夜はしっかりと横になって寝ることが朝スッキリするために重要です。 むくまないように予防が重要 むくみが解消できるようになったら、まずは 日中にむくまないように対策をすることが重要です。 筋肉をつける、こまめに筋肉(足)を動かすなどするとともに、 着圧ソックスを履いてむくみがたまらないように補助してあげるのも有用です。 普段はストッキングなどを履かないといけないので靴下は無理という方は、 お家に帰ってからの1時間でもこの着圧靴下を履くとスッキリしますよ。 私も愛用していますが、こちらの着圧ソックスもでオススメです。 むくみは軽く考えずに、毎日リセットしてあげることが大事。 筋肉量が減ってくる40代は、自分でしっかりお手入れをしてあげないとむくみが残りがちです。 塩分の取りすぎは腎臓にも大きな負担をかけますから、 食事と運動でむくまない体づくりを行いましょう。 お水も、体の中の細胞にしっかり水を届けるには解離水がベスト。 本来は小腸でお水を解離させているのですが、年齢とともに解離する能力が落ちて、解離させることができなくなっています。 お水を購入して飲んでいる方も多いと思いますが、プラズマ解離水はすでにお水を解離させた状態なので、水分が細胞にすぐに届く状態になっています。 老化が進む40代以降の世代は、どうせ飲むならプラズマ解離水を飲まれることをお勧めします。 【体を潤す水プラズマ解離水】 はら やばみ 1972年生まれの47歳。 20歳と18歳の2児の母。 39歳の時離婚。 現在シングルマザーで大学生と高校生を子育て中。 30代後半から太り始め、妊娠時代と同じ体重になったため、別居中にこのままではダメだ!綺麗になって、すっきり離婚しよう!と決意し、半年で8Kgのダイエットに成功。 すっきり身軽になって、旦那も断捨離。 そのままキープして楽しく暮らしていたのだが、2016年の熊本地震にあい、避難生活を続けている時あっという間に太り始め、そのまま体重が減らないまま食べてもないのに太るサイクルに突入。 ダイエット前の体重に戻ってしまう。 色々今まで成功した我流ダイエット法を試すもむなしく撃沈。 年齢相応の正しいダイエットで、健康と美貌を取り戻すべく奮闘中。 1年間続けてきた結果、お陰様でついにマイナス10kgのダイエットに成功! 会う人会う人に「痩せましたね!」「色っぽさが増してます!」と言われるように。 目標体重もすんなり通過してさらにマイナス2kgです! すっかり20代の頃の体重プラス体型に。

次の