ペイパル 登録 できない。 Paypalにクレジットカードが登録できない

【Paypal】クレジットカードが登録できない場合の対処法

ペイパル 登録 できない

PayPalのアカウント登録方法 PayPal(ペイパル)の個人アカウント開設には手数料はかかりません。 登録方法もとてもシンプルで難しくはなく、手順を踏めば 誰でも簡単にできるのでそれぞれ確認していきましょう。 PayPalの個人アカウント登録方法は、以下の3つ。 個人アカウント(パーソナルアカウント)を作成する PayPalには 個人アカウントとビジネスアカウントの2種類があります。 アカウント種類 対象 パーソナル 個人 アカウント 商品購入時の支払いや、個人間送金が利用できるアカウント ビジネスアカウント 主に個人事業主や法人が商用で利用するアカウント 本記事では、パーソナルアカウント(個人)の登録手順を紹介していきます。 まず初めに入力する必要がある 個人情報は、以下の通りです。 メールアドレス• 生年月日• 電話番号• デビットカードまたはクレジットカード パーソナルアカウントの大まかな作成手順は以下の通りです。 公式サイトにある「新規登録(無料)はこちら」をクリック• 「パーソナル(個人)アカウント」を選び、新規登録に進むをクリック• 「国・姓・名・メールアドレス・パスワード」を入力して次へをクリック• 「郵便番号・住所・電話番号」を入力し、「同意して、アカウントを開設」をクリックして完了 住所を入力する際、 ワンタッチ機能を設定するかどうかを決めます。 ワンタッチとは、対応しているアプリやオンラインストアで素早く支払いができる機能のことです。 ワンタッチを利用している間は 常にログインしたままの状態を維持でき、買い物のたびに パスワードを入力する手間が省けます。 必要であればチェックを入れましょう。 PayPalを使って 海外通販サイトを利用する人は、住所を 英語で登録しておくと便利でおすすめです。 住所は いつでも編集可能なので、用途に合わせて変更すると良いでしょう。 住所を編集する手順は、以下の通りです。 アカウント設定画面を開き、「住所」下にある「すべての住所を管理」をクリック• 変更したい住所の下にある「更新」をクリックし変更内容を入力• 入力をし終えたら「住所の変更」をクリックして完了 PayPalのアカウント登録は、以下からできます。 >> クレジットカードや銀行口座を登録する アカウントの開設が完了したら次はクレジットカード・銀行口座の登録を行いましょう。 PayPalのアカウントにクレジットカード・銀行口座を登録する方法を詳しく紹介するので参考にしてください。 まず先に、登録可能なクレジットカードは以下の通りです。 VISA(ビザ)• MasterCard(マスターカード)• JCB(ジェーシービー)• AMEX(アメックス)• DISCOVER(ディスカバー) クレジットカード以外にも、UnionPay(ユニオンペイ)、Visaデビット、楽天デビットカードなど 国際デビットカードなら登録可能です。 クレジットカード・デビットカードの登録手順はこちら• ペイパルにログインしてアカウント管理画面を開く• 「メールアドレスを確認しましょう」をクリックし、「メールの送信」をクリック• PayPalからメールが届くので「メールアドレスの確認」ボタンをクリック• ログイン画面に遷移するので、ログイン情報を入力• ログインしてアカウント管理画面に「アカウントが作成されました」「メールアドレス確認済み」「カード登録済み」の表示がされていたら完了 もし確認メールが届かない場合は 迷惑メールフォルダに入っていることがあるので、入念に確認しましょう。 PayPalのアカウント情報が登録できないときの対処法 アカウント登録方法の通りにしても登録できないときは、以下の対処法を1つずつ確認していきましょう。 メールアドレスの登録・変更ができない場合 メールアドレスが登録できない・変更できない場合の対処法を紹介します。 メールアドレス認証にて確認メールが届かない場合は 迷惑メールフォルダを確認の上、もう一度 送信のリクエストを行いましょう。 送信リクエストをしても届かない場合は入力した メールアドレスに誤りがあった可能性があります。 メールアドレスを変更するには 本人確認手続きが完了している必要があるので、を参考に、先に本人確認を済ませましょう。 本人確認が完了したらメールアドレスの変更です。 サブアドレスを追加してメイン変更する方法は以下を参考にしてください。 ペイパルにログインしてアカウント管理画面を開く• メールアドレスの横にある「+」をクリックして新しいメールアドレスを入力し、追加をクリック• 確認メールが無事に届いたらメールアドレス認証を済ませる• 設定画面のメールアドレス横にある「編集」をクリック• 「このメールアドレスを通知を受け取るメインのアドレスに変更」を選択• メールアドレスの変更をクリックして完了 参考: 銀行口座が登録できない場合 PayPalに銀行口座が登録できない場合は、 銀行口座情報に誤りの可能性があります。 銀行口座を削除してから改めて追加しましょう。 銀行口座情報を登録する際は、以下の注意点があります。 登録内容 注意点 口座名義 ・全角カタカナ ・スペースは不要 支店コード 半角英数字で入力 当座預金・普通預金 必ずいずれかを選択 口座番号 半角英数字の7桁を入力 銀行口座の中でも特に注意が必要なのが ゆうちょ銀行の口座です。 ゆうちょ銀行の支店コードおよび口座番号の入力をする際は、キャッシュカードや通帳に記載された記号番号に気をつける必要があります。 支店番号は5桁の記号番号の 真ん中にある3桁の数字、口座番号は8桁の記号番号の 最初の7桁になります。 いずれも正しく入力できているにも関わらず登録できない場合は、以下の原因が考えられます。 すでに持っている別のPayPalアカウントに銀行口座が登録されている• 銀行のページで「PayPalに戻る」ボタンをクリックしなかった• 通信エラーで銀行のページにリダイレクトされなかった• ウェブブラウザが原因 もし別アカウントを持っている場合は、銀行口座を変更することで登録できるようになります。 別アカウントを持っていない場合は、改めて銀行口座の登録を行うことで解決できる場合があります。 各銀行口座は、同時に1つのPayPalアカウントにしか登録できないので注意してください。 クレジットカードが登録できない場合 クレジットカードが登録できない場合は、以下のような原因が考えられます。 海外のクレジットカードまたは家族名義で登録されたクレジットカード• すでに別アカウントに登録済みのクレジットカード 登録できるクレジットカードは 自分名義かつ 日本で発行されたカードである必要があります。 また友達や家族への個人間の支払いには、 クレジットカードまたはデビットカードを使用することはできないので注意しましょう。 すでに別のPayPalアカウントに登録済みの場合、カードをアカウントから削除して使用するアカウントに追加し直すことで登録できます。 いずれも原因でない場合はPayPalに問い合わせすることをおすすめします。

次の

PayPal(ペイパル)に、ゆうちょ銀行の口座登録が出来なくて、お問い合わせをしてみました

ペイパル 登録 できない

PayPalで登録関係が理由で決済と支払いができない PayPalの登録ができていない まずPayPalで決済や支払いをするには、まずPayPalに登録をする必要があります。 登録方法は別記事で紹介しまので、その手順で進めていってください。 必要なものはメールアドレスと電話番号になります。 PayPalアカウントの認証失敗 PayPalでは登録をしたあとに、メールアドレスに認証の通知がいきます。 この認証作業ができていない場合もありますのでメールアドレスを確認して認証をしましょう。 paypalにログインできない PayPalで支払いをする時はログインをする必要があります。 登録をしたメールアドレスとパスワードが必要になります。 もし、メールアドレスやパスワードを忘れてしまった場合は、カスタマーサポートに問い合わせをしましょう。 再発行をして頂き、ログインをして決済と支払いをしましょう。 PayPalでクレジットカードが理由で決済と支払いができない クレジットカードの限度額で支払いができない PayPalでは登録をしているクレジットカードで決済や支払いをすることができます。 クレジットカードの限度額が支払い額の分がないとエラーになってしまいます。 この場合はクレジットカードに限度額を確認して、クレジットカード会社に限度枠の増枠、もしくは使用金額の支払いを繰り上げをして枠を確保します。 限度額の増枠、支払いの繰り上げで枠を確保できましたら、再度PayPalで決済の手続きしてみましょう。 またPayPalにはクレジットカードを複数枚登録することができるので、別のカードを登録をしてそのカードで決済の手続きをすることもできます。 クレジットカードの有効期限のエラー PayPalではクレジットカードを登録することができます。 この時に有効期限を誤って入力してしまうとエラーになります。 またカードの有効期限がすぎましたら新たな有効期限を入力し直す必要があります。 クレジットカードの有効期限が間近になり、カードが更新されましたら、PayPalに登録しているクレジットカードを更新しておきましょう。 デビットカードの支払いの銀行口座の残高不足で支払いができない クレジットカードでなく、デビットカードを利用されている方はデビットカードの引き落としの銀行口座に残高がない場合は、エラーとなり決済と支払いはできません。 デビットカードの残高を調整してから決済の手続きをしましょう。 PayPalアカウントがマイナス残高で支払いができない PayPalアカウントから支払いをする時に、PayPal内の残高が足らない、マイナスになっている場合は決済と支払いをすることができません。 PayPalに残高を補充をしてから、再度決済をします。 PayPalでWebが理由で有効期限が打てない こちらはPayPal側で起こる現象になります。 PayPalでクレジットカードの有効期限を打とうとするとできないという現象です。 この時の対処方法は、まず一度PayPalからログアウトをして、再度ログインをしましょう。 こちらでもう一度有効期限を入力期限を入力することができるか試します。 それでもだめな場合は、キャッシュ 履歴 の削除をします。 多くはこちらで解決をすることができますが、もし解決ができなかった場合はパソコン方はスマホで。 スマホの方はパソコンにするなど、端末を変更をしてみましょう。 PayPalアカウントの制限で支払いができないエラー 支払いをしようとした時に、「今すぐしはらう」のボタンが押せないというエラーがあります。 この場合はPayPalのアカウントが制限されている可能性があります。 この場合は何かしらの理由でPayPalのアカウントの制限がかかっているので、カスタマーポートに確認をしましょう。 PayPalの問題を解決するカスタマーサポートの連絡先 PayPalの決済と支払いの問題は解決しない場合は、カスタマーサポートに連絡をして確認をしてもらいましょう。 PayPalのカスタマーサポートはこちらになります。 状況と上記の内容を確認したことを、オペレーターに伝えましょう。 03-6739-7360(携帯電話・スマホから) 0120-271-888 受付時間:9:00~20:00(年中無休) Paypalで決済を支払いができない原因と対処法のまとめ PayPalの決済と支払いでエラーとなった時は、クレジットカード、デビットカード、口座の残高, PayPalの残高であることが多いです。 それでも解決しない場合は、キャッシュの削除や使用している端末を変えてきましょう。 またそれでも解決しない場合は、 PayPalのカスタマーサポートに確認しましょう。

次の

【PayPal】個人アカウントの登録方法!登録できないときの対処法

ペイパル 登録 できない

1.PayPal(ペイパル)とは PayPal(ペイパル)とは、全世界で利用されているオンライン決済サービスのことです。 PayPal(ペイパル)公式サイトは 2.PayPal(ペイパル)のメリット・デメリット 2ー1.PayPal(ペイパル)のメリット PayPal(ペイパル)を利用するメリットは3つあります。 クレジットカードが相手に伝わらない• 保証が効く• いちいちクレジットカード情報を入力する必要がない PayPal(ペイパル)決済では、支払い先に自分のクレジットカード情報が伝わることがないので、セキュリティ面で安心して取引ができます。 それに加え、PayPal(ペイパル)決済で行った取引はPayPal(ペイパル)で保護されるため、先にこちらが支払いをしたものの相手から商品やサービスの納品がない場合、取引を無効にすることができます。 さらには、PayPal(ペイパル)に一度クレジットカード情報を登録していると、他のサイトでPayPal(ペイパル)決済をする場合は、いちいちカード情報を入力したりする必要がないので、数クリックで決済が完了できます。 取引の安全性、信頼性、利便性を考えれば、PayPal(ペイパル)を使った決済には多大なメリットがあります。 2ー2.PayPal(ペイパル)のデメリット PayPal(ペイパル)を利用するデメリットは、決済手数料が4%程度掛かるという部分。 これはPayPal(ペイパル)の仕組み上、本来は支払請求側が負担する形になっているのですが、ほとんどの業者は決済代金にこの決済手数料を上乗せした上で、支払い側に負担させる業者が多いです。 その理由としては、請求側としては現金で商品・サービス代金を支払ってもらえるのが、最も総合的にコストが掛からないからでしょう。 クレジットで支払うのであれば、その分のコストはあなたが負担してくださいね、という感じですね。 中国輸入代行業者などはこの形が9割以上を占めています。 ただ、前途の通りで、あなたは顔も見たことのない業者といきなり多額の現金取引をしようと思うでしょうか?普通の感覚であれば、絶対にしようとは思わないはずです。 現金仕入れはPayPal(ペイパル)の手数料が掛からないというメリットはある分、常にリスクは大きく存在することになります。 PayPal(ペイパル)決済では、手数料が4%掛かりますが、全取引が保護され、セキュリティ面、利便性も高いです。 なおクレジットカードを使った仕入れであれば、ポイントも大量に貯まりますし、資金繰りも改善されます。 総合的に考えれば、PayPal(ペイパル)決済はデメリットを補って余りあるほどのメリットを享受できます。 3.PayPal(ペイパル)の登録方法 PayPal(ペイパル)の登録は、下記の3種類があります。 パーソナルアカウント• プレミアムアカウント• ビジネスアカウント パーソナルアカウントは個人で普通に買い物をするためのアカウントで、プレミアムアカウントは個人で支払いを受け取り方が利用するアカウント、ビジネスアカウントは大規模な支払いはもちろん豊富な請求機能などが使えるアカウントです。 3ー1.PayPal(ペイパル)パーソナルアカウントの登録方法 仕入れをするだけの場合は、パーソナルアカウントで十分なので、今回はパーソナルアカウントの登録方法についてお教えします。 まずは をクリックしてPayPal(ペイパル)を開き、「新規登録(無料)はこちら」をクリックします。 パーソナルアカウントにチェックを入れ、「続行」をクリックします。 上から順に情報を入力し「次へ」をクリックします。 メールアドレス• パスワード• パスワード再入力 上から順に情報を入力し、ユーザー規約、プライバシーポリシーにチェックを入れ、「同意して、アカウントを開設」をクリックします。 生年月日• 郵便番号• 都道府県• 市区町村• 建物名・階・部屋番号• 電話番号 上から順に情報を入力し「カードを登録する」をクリックします。 カード番号• 有効期限• 確認コード(セキュリティコード) これでPayPal(ペイパル)パーソアルアカウントの登録が完了となります。 「アカウント管理画面に進む」をクリックすれば、ペイパルのマイページに移動できます。 このページをブックマークしておくと後々支払い状況などを確認することができ便利です。 4.PayPal(ペイパル)本人確認手続きの方法 PayPal(ペイパル)では、高額決済(1回100万円以上)する場合、事前に本人確認手続きを完了しておく必要があります。 ビジネスが大きくなってくると、1回100万円以上決済をするケースは普通に出てくるので、現時点で事業規模がある程度大きい方は、必ず先に本人確認手続きを済ませておきましょう。 5.まとめ• PayPal(ペイパル)とは、世界中で利用されているオンライン決済サービス• PayPal(ペイパル)のデメリットは、決済手数料が約4%ほど掛かる• PayPal(ペイパル)の登録はパーソナルアカウントでOK• PayPal(ペイパル)で1回100万円以上の決済をする場合は事前に本人確認手続きを完了する PayPal(ペイパル)はクレジットカードで仕入れを行う場合、必ず利用することになります。 登録は誰でも簡単に無料でできるので、必ず当記事を参考に登録を済ませておいてください。 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の